座禅しようかな インバル都響の葬礼と大地の歌

芸劇のエントランスホールみたいなところはガラス張りの巨大空間で、あれを空調で完全に冷やすのはもったいないと判断しているのか結構暑かった・・でもそれで全然問題ないと思いますよ。あの長いスカレーターに乗ってる間だけの辛抱だし。
最近テレビも見ないけどむかし、人のうちをリフォームする様子を見せる番組があった。
最初はああいいななんて思っていたけど、そのうちネタ化が始まって壁一面でっかいガラスとか、天上がガラス張りとかやりだしてた。
あんなの暑くて住めないだろと思うけど実際どうなんだろう?

マーラー:交響詩《葬礼》
マーラー:大地の歌 *
指揮/エリアフ・インバル
コントラルト/アンナ・ラーション *
テノール/ダニエル・キルヒ *
東京芸術劇場コンサートホール
2日目


1175.png
今日の席は昨日よりさらにステージに近いこんな席。
あれ写真だと同じに見えちゃうのね・・全然違うんだよ近さ感が・・
楽器間での音の位置的移動が視覚的にだけでなく、実際の音でも感じられるというとてもすてきな席だった。
それだけじゃない、音のブレンド感、裸の楽器音の音色・・絶対に昨日よりもこの場所方が音楽的に好ましく聞こえる。
席で全然違うんだね聞こえる音って・・
いろんな席のいろんな音があるはずで・・オーディオの言う原音なんてもんはないんじゃないかと思うんですよね。
どうでもいいかそんな話は。

1174.png

たとえば、この大地の歌第1楽章の終結音。
昨日はホルンとかトロンボーンが別々に雑な音でブォ!とかいってる感じだった。
えー?みたいな。
今日はちゃんとブレンドされた音楽としてのひとかたまりを聴かせてくれた。
場所だけでなく、演奏自体も昨日よりよくなってると思う。

コントラファゴットの低いゴー!と言う音も昨日は唐突なノイズみたいだったけど、今日は音楽の中の必要な音として聞こえてきた。
マンドリンも昨日は浮いて聞こえたのに今日は溶け込んで聞こえたなぁ・・
マンドリンの人は新日の8番で見た人と同じ人かなぁ・・あの世界で有名な人だったりするのかなぁ・・
今日はちょっとい顔してたよなぁ・・

マラ2は二人のティンパニ奏者が派手に暴れているのをみて笑う・・笑うじゃなかった楽しむ曲ですが、葬礼はティンパニ一人なんですよね。ハープもか。
歌劇場指揮者をやって2対のティンパニを使いまくれることを知る前のマーラーが書いたということなのかな。
ティンパニ、マラ2で鳴るところで鳴らなかったり、鳴らないところで鳴ったりという驚きはありましたが、不思議と一人じゃ物足りない感は感じないんですよね。
演奏がいいからだよいうのももちろんあるんでしょう。
やっぱりマラ2の1楽章で二人いるのは音よりも視覚効果が大きいんじゃないかなぁ・・・

関係ないけどティンパニっていろんな鉢をたたくために事務所の課長の椅子みたいなのに座ってぐるぐる回ってるんですよね。
あれって楽器メーカー製なのかな?コクヨの事務機器だったりするのかな?
ぐるぐる回る性能が特別に強化されたすごい椅子なのかな?

テューバはほとんどC管(多分)で吹いていましたが、コーダの最後の方だけF管で吹いていました。かなり高い音域だった。
現行のマラ2ではその部分テューバは削除されていると思う・・

1日目は最も面白いと思われる展開部の頭で第1主題が出てくるところ・・
いつもは音があるのに音がない!・・・という驚きの場所で狙ったようにくしゃみ・・
まぁ、ああいうのはしょうがないけど。
2日目はよかった・・・1日目の人はかわいそう・・

展開部の衝撃的なルフトパウゼはやってなかったからまだ書いてないんだろうな・・

交響詩として書かれた葬礼からマラ2への改訂は楽器の扱いのほかに、音楽が停滞してしまう部分をカット、変更し、全体を一定の推進力が貫いている交響曲の第1楽章・・へと変えていってんじゃないかなぁ。と感じた。

現行版のが圧倒的にいいと思う反面、カットされちゃった中にもアイディアとして面白い部分があるんだよね。
これからも交響詩「葬礼」はたまに演奏されるんじゃないかな。

インバルの演奏は昔よくやってたゲテモノ感を強調して・・みたいな演奏ではなくて、交響曲との相違部分に驚き楽しみながらも違和感なく聞かせてくれるいい演奏だったと思う。

交響詩「葬礼」は出版されたのが結構最近なんだっけ?だからネット上に見放題の楽譜なんて存在しないみたいだ・・
でもYoutubeに音源はあるからそれでここ面白すぎ・・とかまた書いてみたいです。えっ?いらない?



大地の歌・・1曲目の印象はやっぱり重心高め、あっさり進んでいく、ばさっというアーティキレーション・・と言う感じ。
テノールはやっぱり声でていない。
テノールがもっと声でればオケも重く歌わせたのかなぁ?
指揮もオケもその辺はもう何も言わなくても自動的に合わせちゃうくらいの訓練というか技術というか仕事というか・・を持ってるんでしょう?

1171.png
この第2バイオリンの上昇するグリッサンドを長くしつこく歌わせてたのが面白かった。


この曲、弦楽器と木管がいかに自然を美しく紡ぎだしてくれるかみたいなところがあると思うんだけど、よかったですよーよかった。
いろんなところがいろいろ美しかった。
1180.png
2楽章、ファゴットもよかった他のもよかった・・
終結のホルンは2日目のがよかったなぁ・・


1178.png
6楽章・・これもよかったよね・・
歌が終わるとカデンツァみたいになってて指揮者はフルートにどうぞって渡して自分は腕を下ろして待つんだよね・・

1179.png
もちろんこれも・・




1176.png
終曲で長い間奏の後、後半への幕開けを告げるこのアタックみたいなの・・ルフトパウゼを生かしていた。
最初に聴いた時はハッとしました。


1181.png
ここ、私ここ大好きなんですよね。
木管が明るく歌った言葉の最後が・・いろんな楽器に受け継がれこのEの伸ばしが明るい別世界を呼ぶ・・・
弦楽器がただくクレッシェンドするんじゃなくて分奏してかなり凝ったことをやっています。
ここは実際どう聞こえるの?・・・!!
見てて弓の動きは面白かったけど音はよくわかんなかった・・
一回の一番前で聴けば何か感じるのかな?


私はこの曲、古いタイプの重い演奏を愛聴盤として聴きまくっているので、この演奏は若干あっさり進んでいくように感じる部分があった。でもこれが今のマーラーで、こういうのもこれから聞いていけたらまたいろんな発見があって面白いんだろうなと思わせてくれました。

演奏はやっぱり昨日よりよかったと思う。
客の反応も違うし、拍手の中の指揮者を見てて、自分でそう思ってる気がする。
前にだれだっけ・・アラン・ギルバートだっけ・・との5番を聴いたときにも思ったけど、ポルタメントをかけながらうなったりよじれたりさらっとだったりマーラー節で歌って踊れる都響はマーラーオケなんだろうなと思いました。
今日はよじれずにさらっと行く対応だったけどね。
あーいいな今の弦楽器の歌・・ていうのが何度もあった。

アルトの人も一生懸命何か伝えようとしてくれてたと思う。

昨日よりも若い人がたくさんいた気もする。
みんな二日目をねらうんだろうか?






いやな目にあったりすると、同種のことに過剰に反応してかんしゃくを起こしたりするようになる人がいますよね。
今もしかして自分もそうなっちゃってるのかなぁ?

今日は両脇にお客さんが・・
でも変なことも起きずに音楽に没頭できたので大満足で終われそう・・・
大地の歌の「告別」に入ると、隣の真面目そうな若い人が飽きちゃったのかプログラムを無駄にがさがさやりだし・・ある程度がんがん行く曲なら気にならないんでしょうけどね・・
あの曲想で・・月の下に静かに輝く世界を見ている横で・・・ガサ・・・ガサガサ・・
初めて聴く人もいるだろうし、歌詞や解説を読むことおかしいことではないと思うんですけど・・・ページをめくるでもないのに音を立て続けるのは別問題だよな・・・・
ごめんなさい。文句言ってる私が病的な神経質になってしまっていて異常かも知れないですね。
精神が弱すぎか、禅寺でも行けばいいんでしょうか・・行きませんけどねそんなの。

まぁ、こうやってちょっと引いてみせたりするとそこに待ってましたとばかりに多数で攻撃してくるのも今の世の中ですよね。



思うんだけど、プログラムもチラシも鞄も持ち物いっさい持ち込み禁止、包み紙に包まれた飴も持ち込み禁止・・
みたいな演奏会を設定してください。
価格250%くらいまでなら私行きます・・
同一公演の初日じゃなくて2日目か3か目で設定して・・・

あのビニールにビラがいっぱい入ったやつ、自分もアマチュア団体に所属しているので誰かにとって大事なものなのはわかります。
でも公演中に落としたりガサガサやったりするから終演時に渡すにはならないのかな・・・ならないか・・

またあした  インバル都響 大地の歌

これも予約で書いたのは昨日です。
話が1日遅れです。

1168.png

都響スペシャル
場所:東京芸術劇場コンサートホールホール
出演者
指揮/エリアフ・インバル
コントラルト/アンナ・ラーション *
テノール/ダニエル・キルヒ *
曲目
マーラー:交響詩《葬礼》
マーラー:大地の歌 *

9番と10番聴いてきたしこれもいかなくちゃ・・
大地の歌はもちろん聞きたいけど、交響曲第2番の元ネタである《葬礼》をやるっていうのが笑っちゃうでしょう・・
絶対行かなきゃと思って発売開始日にチケットを買った。

と、事前にここまで書いておき、はりきって行ってきたわけですが・・・
よせばいいのにいらん心配ごとを書いたりするから・・

隣にバブル期には調子に乗ってましたみたいなおばさんが襲来。その向こうは通ぶって何だか言ってる旦那さん?
※バブルで~自体は悪いことだと思いません。
足を高く組んでこちらへ投げ出し、指揮者が入場して拍手も収まっているのにまだ喋る・・
ぁーダメかと思った通り、ずーっとノイズ出しっぱなし・・
この年代のそのタイプは一番どうにもならないのでほっとくべきと別件で聞いた。
自覚ないだろうし2次災害必須。
ずっと、気にしないように・・・聞こえない聴こえない・・とやっていましたが、
大地の歌の頭くらいで自分の何かが切れてしまい・・・撃沈・・・
早く終わんないかなと思いながら聴いたのは初めてです。
作品と演奏者に対して失礼だよな俺とか思いながら・・
負けてるような私が悪いんです・・
博打と一緒だもん、こういう日もあるよね。

また明日も同じ公演に行きます。音楽的な感想やハッとしたことなど明日かそれ以降に書かせてください。
今日は適当な感じで・・

チケットをとったのが3月頃だったか、もうどんな席を取ったかも忘れていたんですが行ってみると
1170.png
こんな感じ・
あっ俺好みじゃんか・・と喜ぶ。
オルガン使わないと天上の反響版も高さを下げるんですね・・
という事は下手にオルガンを伴う曲をやるとオケもお客さんも音響的に損しているかもという事?

葬礼は面白かったですよ。これをベースにして改良されたものが現在の交響曲第2番の第1楽章なわけですが・・展開部のあたりなんか聞いてて非常に面白い・・
この曲も面白いけど、どこをどう工夫した結果今があるのかがわかることで今の版はどうしたかったのかとうことを考えさせられる。

スコアのホルンとかトランペットなんかはin Fとか楽譜に書いてありますよね?
あれは解放で吹くとFの音が鳴るF管という楽器を使えと作曲家が指定しているんですね。
でもテューバパートというのは作曲家はin Cで記譜します。どんな管を使うかの判断は奏者にゆだねられているんです。
葬礼のテューバはC管?とF管を持ち替えていました。
こんなの興味ないとあれですか?楽器をやってる人は何管ってなことばっかり言ってるんですよ。正直私もあんまり興味ない。
でっかい楽器を2つ置いてたら目立つけどみんなどう思うのかなぁ?

1173.png
大地の歌はテューバの出番が全曲中で数小節しかないんですよね。
というより、あえてテューバを排した(マーラーとしては特殊な)オーケストレーションを貫いているんですが(声楽とのバランスを考慮した?)、ここだけはどうしてもトロンボーンとテューバのユニゾンじゃなきゃダメだったんでしょうね。
もちろんそこはチューバがん見ですよ。

大地の歌は交響曲か?連作歌曲か?みたいな話があるわけです。
そういう時は深刻な顔で「どちらの要素も併せ持っているね」とか言っとけば通ぶれると思うんです・・じゃなかった本当に両者の中間的な曲だと思ってます。
インバルは少なくとも番号付きの重い交響曲とは違うスタンスでこの曲を受け止めてるのかな・・と今日は感じました。

演奏の感想みたいなのはまたにしますが一つだけ、テノールは今日調子どうだったのかな?
声は歌手にまとわりついてそこから離れていない感じ。
接触不良とかでスピーカーの中高音ユニットが鳴ってないみたいな・・
席のせいか?とも思ったけど、アルトはちゃんと声も届いたし、声がホールを満たしているのも感じた。
素人の楽器練習で音が全然でてないよ!腹から息いれてないだろ!と怒られる状態みたいでしたよ。

オケも開始早々初歩的な数え間違えとか音外すとかあった。あったっていいんだろうけど・・いつもあんな印象ないけどなぁ。
こういうこと言うと、楽器やってたとか音大出たみたいな人は怒るんですよね?
お前ごときが言うなって。
ごめんなさーい

オーディオ的に考えさせられるものもありました。

大地の歌を聴いていて思ったんだけど、大オーケストラが分厚くドーンなんてやっちゃうと声楽一人じゃかき消されちゃって聞こえなくなちゃうんじゃないかな・・
だからそこを考慮した音作りで演奏をする。(と私は今日感じたんです)
ところが録音なんか聴いていると分厚く重いオーケストラが嵐のように渦巻いているその上で声楽がものすごい存在感で朗々と歌っていたりするわけですよね・・
録音編集技術に助けられていて、ある面ではスコアの理想的な姿を実体化させてくれて楽しませてくれているんだと思う。
ありがとう。
一方であれしか知らずに、あれが当たり前だと思いこんでいるのはおかしいというか危険というか・・

やっぱり時々はコンサートに来て現場の音を知る必要があるんだと思ったんですよね今日は。
仮に隣に変なのが来て台無しにされるリスクがあったとしても・・


よく、「大迫力のオーケストラサウンド!!」みたいなのが書いてあったことが昔ありましたよね。
狭い部屋にでっかいスピーカーを置いてみたいなのはそういうのを目指しているのかな?
でもさ、現地に行って実際聴くとそこにあるのはそういう「迫力の!!」ってな音じゃないんですよね・・・
地を這うような低音!!なんてない。
たまにはあるけどさそういう曲も・・

昔、スーパーウーハーを薄く重ねたら弱音のグランカッサが鳥肌が立つような実体感を持って部屋を埋めて・・感動したということがあったんですけど、実際現場いくとあんなのないんだよね・・
美しく実体的な音楽は間違いなく目の前にあるんだけどさ・・

オーディオをやっているとつい理想の虚像を求め出して暴走する・・と言うのがあると思うんです。
もしこの先機器買い換え病にはまったときはコンサートに行きまくろう・・

ということで、演奏会自体はネガティブな印象で終わりましたが、きっと行ってよかったのかな・・
マエストロインバルが、長く深々と頭を下げていたのが印象に残っています。
またなんかやってほしい。
俺行くから。
とりあえず明日また行くけど。
この記事が公開される頃にはそれももう終わっているのか・・

それにしても・・・やっぱり60歳以上の方の割合が圧倒的に多いですよね。
もちろんいてくださっていいんですが、若い人がいないと・・・
この先クラシックコンサートって維持されるんだろうかなんて心配になってくる。
私が心配したってしょうがないんだけど。

1169.png
芸劇の前の噴水で鳩が水浴びしてた。
びしょ濡れになってんの・・かわいいね。

今日、車内放送聞いてなくて・・平塚どまりで後続に乗り換えるなら茅ケ崎で・・
平塚ってグリーン車から階段スゲー遠いんだね・・
明日は小田急にしようかなぁ。
でも暑いし乗り換えめんどくさいなぁ

変なわがままじじいだなぁ私。


この曲なんなのか・・・ただ大好きな曲でいいんじゃないか・・

770.png
マーラーの交響曲「大地の歌」について書かせてください。
先に言っちゃうと私はこの曲も大好きです。
第9のジンクスの話は本人と離れたところで勝手におもしろがってるだけのような気がするんですよね・・
この曲、仮に9番目じゃなくて7番目くらいにできてたとして番号ふったかな?

交響曲第8番で「交響曲ではなくカンタータである」と言わなければ気が済まない人がいるのと同様にこの曲も「交響曲ではなく連作歌曲である」とか書かなきゃ気が済まない人がいるんじゃないでしょうか・・えっいない?
じゃ私も・・

もう30年くらい前になるのかマーラーの手によるこの曲のピアノ伴奏版が発見されたとかでその世界初演が何故か日本で行われました。サヴァリッシュのピアノと・・なんだっけ・・
高校生くらいだったかなその初演をNHK教育テレビの芸術劇場でやるというから見ましたよ・・ものすごく楽しみにしていて・・
でもその時はオケの印象が強すぎるところによくわからないままのピアノだったので感動とかいうよりは、思ってたのと違うなぁ・・みたいな感想だったような。
なんでそんな大事なものの世界初演が日本で行われたんでしょうか?
そういえばあの頃はバブルだったんだよな・・雑誌でCDの新譜情報を見てるとマーラーだらけだったような・・マーラーをやる演奏会もそこらじゅうでやってたんでしょう?
いいなぁ・・・でなんでだろ・・

たしかピアノ版とオケ版はわずかながら音楽的に異なる部分があったんだったと思います。
単純に同じ音楽の管弦楽版=ピアノ版ということではなくてピアノ版にはピアノ版の、オケ版にはオケ版のあるべき世界があって同じじゃないんじゃないかと思うんですよね。
作者は両方の世界を意識しそれぞれの可能性を追求しようとした・・んじゃないのかな。
「ピアノ版が存在することから(オケ版まで)連作歌曲であるといえる」という話じゃないよな・・
大オーケストラと声楽による単なる歌曲以上の何かを表現しようとしていた・・みたいな
といって、これは交響曲だ!なんて叫ぶ気もありません・・やっぱり若干叫びたいかな・・
全曲を見通す構成、配置、そのことによる一つの大きな表現には交響曲という言葉をあてがっていいのではないかと思ったりもします。
声が大オーケストラに抱かれ絡み合ったり、オケの1パートとして動いているような部分にはオーケストラ伴奏歌曲以上のものを感じる。
半面、歌曲という印象を強く感じることもある。
交響曲と歌曲、両方の要素を合わせ持った音楽・・でいいんじゃないかと・・

実際そんなもの何が正解かなんて皆それぞれがで好き勝手に感じてればいいんですよね・・
作者本人はなんていうのかな・・それで君はどう感じたんだね?君の感じたそれが正解だよ・・・   
ちがうかな?こいつバカだなとか思われちゃうのかな・・

ピアノ版の楽譜が見たいけど新しすぎてPublic Domainになってないんでしょうかね。
オケ版との相違点に注目するといろいろ見えてきたりすんのかな・・
自筆譜も見てみたいなぁ・・・売ってんのかなぁ・・

この曲のオーケストレーションも細かくてハッとさせられるところもたくさんあっていいですよねー
単なる伴奏ってなもんじゃないよね・・

766.png
こんな弦楽器パートが交錯するみたいなのもたくさんあるんですよね。

188.png
なぜか私こういうのが大好きなんです・・