日本語?  ラヴェル 「子供と魔法」

あんまり読まないですけど、小説みたいなものを読んでいると頭の中にその世界観が形成されてきますよね。
映画化されたとか言って見てみると・・自分の中にあったものとのギャップが大きくて・・
みたいなことがあります。

ラヴェルの「子供と魔法」という小さなオペラが1時間もかからないのと音楽だけを聴いていても楽しめてしまうため、ずっと音楽だけを聴いていました。

YouTuubeで「子供と魔法」をいくつか見たんですが・・・
自分は音楽だけでいいかな・・これは・・

有名な話なのかもしれませんが、このなかに日本語が出てきます。
9分くらいのところで
中国製(を模した?)ティーカップがカンフーとか言いながら歌いだすところがあるんですが、

690.png

はらきり
せっしゅぅはやかわ!

このあと「ほら中国風!」とかいうんでしょ?

それ中国じゃないよみたいな・・
当時のフランス人には、いや今もかもしれないけどに日本も中国も似たようなもんなんでしょうね。
意味なんてわかんないけどそれ風の言葉が入ってくればいいんでしょう・・
そういう私もフランス語の歌詞なんて聴いたってどこで何言ってるんだかさっぱりわかんないです。

腹切りという言葉が独り歩きしていてラヴェルの耳に届いたのはわかる気がします・・
早川雪洲は海外にも進出していた日本人の俳優だそうです・・
本名金太郎だって・・
689.png
「戦場にかける橋」にも出てるんだって・・
ラヴェルが誰のことかわかってたかは知らないけど、ラヴェルに名前を覚えてもらえるなんてすごいな。
でこの人はラヴェルの作品に自分の名前が残ることを知っていたのかな?

恥ずかしながらここを世襲、早川、腹切りだと思っていたことがあります。
世襲て日本らしいのかなみたいな・・
実際そこらじゅう世襲だらけですよね。
ニュースになってるフランスの大統領候補の女性も親父の後継で世襲かなと思ってたら・・まぁ関係ないか。

クラシック音楽を好んで聞いていますが、ドイツ語もフランス語もラテン語も聴いて理解できません。
声楽を含む曲も好きでよく聞いていますけど、歌詞をリアルタイムに理解することはできません。
大好きな曲はスコアと対訳を見てこの部分は何を言っているのか・・なんてしてみたこともありますけど・・で感動したり。
声も器楽みたいな感じで聴いちゃってるところがあると思う。
でもずっとボカリーズみたいにアーアーアーとかだったら全然ダメなんでしょうね。
何言ってるかわからないけど、なんか言ってることは表現として伝わってきてたりするんだよなきっと・・
逆に、魔法がかかって急に歌詞をリアルタイムで理解できるようになったとしたら・・・
歌詞と音楽との関連性に感動するかもしれないし、、古典のつまんない歌詞みたいなのは意外にシラケるかも・・
ショスタコーヴィッチのプロパガンダ的な歌詞は聴こえたらいやだろうな・・・
そこが重要なのにというところなのかもなぁ・・

かえるが教えてくれたこと ラヴェル 子供と魔法

575.png

4月になると冬眠していたカエルがぼちぼち出てきて鳴き始めます。
ここは田舎なので田んぼに水が入ると恋の季節で驚きの大音響となります。

ラヴェルの子供と魔法、 庭に出たところが音楽的に面白いと思っているんですけど・・
冒頭

561.png

soliの弦楽器はフラジオレットのトレモロ・・虫の音が響き渡り、
残りの弦楽器はあやしい月明りと風・・
ピッコロのナイチンゲール・・ラヴェルらしいですよね。

581.png


582.png


鳥を生き生きと扱う作曲家が何人かいると思いますが、ラヴェルもですね。

583.png

ちょっと先に出てくるこれなんかは明らかにベートーベンの田園交響曲のパロディーですよね。

  584.png
これはベートーベン、超有名なところ。

もしかすると皮肉なのかもしれません。
「そんな鳴き方しないよ」みたいな・・・

ラヴェルはベートーベンは性に合わなかったと思う。そんなことも言ってたんじゃなかったかな。・・
でもそれは一般人の好き嫌いレベルじゃなくて。ちゃんと知った上でみないな話じゃないかなぁ・・

586.png
歌手にも歌わせちゃう・・トリルって難しそうですね・・
楽器の後に同じことって嫌じゃないのかな・・

これだけで十分面白いんですが、ピッコロの下にいる何とかフルートっていうのが・・これスライドホイッスルというんですか・・
トロンボーンみたいに長さの可変できるおもちゃの笛・・イベントの演奏でよく打楽器奏者が吹いてたりしますよね・・
585.png

オーケストラって、変わったものが出てくると打楽器奏者がやるということになっているようです・・
前衛なんかだと変なことがいっぱいなので・・
昔、打楽器奏者の本でこんなのを読んだ・・
偶然性を狙った音楽で、弦を貼った入れ物(だったっけ?)にボールを投げ入れるという曲があった・・
本番になると誰かが小声で「おい、指揮者にぶつけろ!」と言った。
演奏中、みんなで指揮者に向かってボールを投げつけた。
指揮者は真っ赤になって怒っていたが、前衛なのでそういう曲だと思っているお客はみな真顔で聴いていた。

これも直線じゃなくて音符で半音階的に書いてありますね。
管楽器は音符で書くという事になってるんですかねラヴェルの中では・・ですね・・というかこれも立派に管楽器の扱いなんですね・・

このスライドホイッスル・・なんかこう人魂でも飛んでそうな・・
この先のトンボに恋人はどこにいるの?と問い詰められるところでもう一度だけ出てきますよね・・
じぶんも子供のころを虫を取ったりしたけどと・・結構むごい被害者目線で見ると結構むごいねぇ・・

515.png

ここ笑っちゃうんですけど・・
交互にケケケケケとか鳴いてるソプラノはアマガエルかな。
その下のクゥェックゥェックゥェッはヒキガエル・・
第2バスのこれはヒンフンヒンフン?・・これもかえる?・・
みんなnasalと指示があります・・鼻声のことだそうで・・・鼻つまんで歌ったりするのかな・・・
そういえばうちにある鼻水を止める薬の名前がこんな感じだった・・

フルートとハープの怪しいなにかもいいですね・・
ラヴェルの魔法がかかっていると思いますこのあたり・・

うちのとなりも田んぼで蛙が鳴きますがこんなに幻想的な世界じゃありません。
すべてを塗りつぶす超大音響です。
ラヴェルよりリヒャルト・シュトラウスみたいな・・

考えてみると鈴虫と蛙が同時に鳴くってないよな・・
フランスだとそうなのか?

猫が教えてくれたこと・・ラヴェルと魔法

493.png

桜が少し咲いていました・・

ラヴェルの「子供と魔法」というオペラに2匹の猫がいい感じになっているシーンというか音楽があります。
ここだけ大人の魔法みたいな・・
491.png
                                 ミィーヤゥ!

492.png
調子に乗って引っかかれたりして・・
最後はよくなってどっか行くっちゃうんだよね。

507.png
盛り上がってどっか行っちゃうここ、猫や弦楽器のポルタメントは直線で書いてあるのに管楽器は音符的に書いてあります。
トロンボーンはスライドで・・そりゃそうでしょうけどホルンなんかも指は使わずに唇で上下するんでしょう?これ・・

この部分オペラの目玉になりそうなのに、そんなに超有名曲という訳でもないですよね・・
こんなことを言ったら怒られるかもしれないけど
ラヴェルだったらもっと何かやれた気がするんです。
ラヴェルの魔法がたりない・・・
演奏次第なのかな・・
もしかすると全体の中でのバランスを考えてわざとそうしているのかもしれない・・
怒られますね。
※個人の感想です。
とか書けば許してもらえるのかな。



学生のころ、祖母のうちに飼い猫がいました。
プライドが高くてしっぽのないトラという名のおばあさんでした。
何度か訪れるうちに心を開いて仲良くしてくれた。
弱音を吐いたら慰めてくれたことがありました。
その後、1000Km以上離れた会社の寮で朝起きると顔中猫にひっかかれたような傷が・・
ドアを閉めた個室で一人寝ていたのに・・・
その日にトラが車にひかれてあの世へ行ったのを知ったのはもう少し後でした。

硬いハープ ラヴェル ピアノ協奏曲ト長調

ハープについて先日書いたわけですが・・

410.png

もう結構前になりますが、
チョン・ミュンフン指揮 東京フィルハーモニー だったと思う。ラヴェルのピアノ協奏曲(両手)をコンサートで聴きました。
ピアノはエレーヌ・グリモーだったと思います。
当時はやたらに前のほうの席で聴きたがる盛りだったので、ハープがよく見えていたような・・

405.png

第1楽章で Quasi cadenzaとか書いてあってここだけハープ協奏曲みたいですよね・・
楽譜の絵的にはシンプルにも見えますが、2台のハープがやっているような幻想的な世界を一人でやっています。
ハープわからないですが、これ難しいんでしょうか・・難しいんですよねきっと・・
ついでにこのピアノが単音だけ伸ばしているのもちゃんと聴き取りたいですよね・・
ピアノコンチェルトなのにこんなのが突然出てくる・・・しかも違和感なく収まって・・ラヴェルだなぁーという感じですよね。
ここからピアノのカデンツァまで、管楽器のフラッター、弦のユニゾンで上下するグリッサンド、ホルンのハイトーンソロ、オーボエのあれ・・と短い間ですがいかにもラヴェルという面白い音楽となっています。

マニュエル・ロザンタールの本にこんなことが書いてあった気がします。
ラヴェルはこの曲を自分で弾いて初演しようと急にエチュードを勉強し始めた。
皆で何とかしてやめさせようとした・・

この曲は、ピアニストが技巧を披露するための曲として書かれたんじゃなくて、ラヴェルがラヴェルを披露する音楽なんですね。
そんなの当たり前か・・

で、言いたいのは第3楽章で
406.png

後半の山場に向かって登っていくところ、ピッコロ+ハープがでてきてみたいな部分なんですがスタカートのピッコロにハープの硬い金属的な音が合わさって、プラチナみたいに光って硬い何かが踊っているような印象を感じたんですよ。
あ!こここういう音楽なのかぁ!ととても驚き感動した覚えがあります。
記憶違いかもしれませんが、ハープの奏者の指がそういう音を出そうという形に見えたような・・・ちがったかな・

愛聴CDではここ、そんな風に聞こえません。
リオン国立管弦楽団だっけ?でもこの曲を聴きましたが、あの感じには聞こえなかった・・・場所のせいもあるかもしれない・・・
そもそも金属感を狙ってはいなかったのかも・・・

もし今後この曲を聴く機会があったらここはハープに目も耳も集中させると思います。

チェレスタ聴こえない ラヴェル

マ-ラーの6番の楽譜を見ていると面白い箇所がたくさんあってネタが延々続きそうなんですが・・・

先日コンサートへ行ったらチェレスタがよく聞こえたんですよね。
場所なのか楽器なのか聞こえないときは全然聞こえないんです・・・あの音色だもん聴きたいですよね・・
2台並べてやってるのも見たことがあります・でも全然聞えなかった・・

340.png

ラヴェル マ・メール・ロア 終曲
この曲、よく聞く組曲版よりもブリッジでつないだバレエ版が好きです。
ラヴェルとチェレスタ、作風にぴったりなイメージですよね。
この曲にも金色に光る粒みたいないかにもラベル、いかにもチェレスタっという箇所がたくさんありますが、それは置いといて・・

297.png

曲の終わり直前、バレエのストーリーもあるんでしょうけど、そうでなくてもこの音楽は心の大事なものが告白されてる気がするんですよね。
ヴァイオリンのソロをチェレスタが縁取っています。
繊細で大切な金の糸みたいですね。
木管の伴奏はハープが縁取り。特別な大事な場所なんでしょう。

愛聴盤でいまいちその効果が感じ取れないななんて思っていました。
実演も何度か聴いて、チェレスタって単独で出てくれば結構聞こえますが、他の楽器と重なるとあんまり聞こえないですよね。
近くの席に座れば聴こえるのかな・・・
クラシック系人間としては電気的に増幅っていうのはNGでしょう。それなら聞こえなくていい。
最近、録音は演出されているということを意識することがあるんですけど、ここも過度な演出で妙に聞こえたりしたらシラケるかもしれませんね。

296.png

この最後に向かって楽器重なっていき盛り上がる場面、最後の2小節のチェレスタがちゃんと聞こえたら感動でしょうね。
愛聴盤は聴こえません・・
2度実演に行ったけど聞えなかった・・
最後に出てくる鍵盤付きグロッケンは聞こえてしょうがないのにね・・

あの鍵盤付きグロッケンもチェレスタもみると尋常小学校のオルガンかっていうくらい古そうな外観なことが多いんだけどなんでだろ?

298.png

ここも低い音でチェレスタがホルンと弦に重ねてます。
音というより、あのコンっていう感触みたいなのが重なって感じられたらいいのかな・・

10年前くらい・・もっと前か?・・マニュエル・ロザンタールというラヴェルの作曲の弟子だった人がラヴェルについて書いた本がとても生き生きとした内容でよかった。
ラヴェルは作曲とオーケストレーションを分けて考えており、優れたオーケストレーション以前に作曲自体が優れていなければならない・・みたいな事を言っていた気がする。
あまりにもオーケストレーションの魔術師みたいに言われるとラヴェルはいい顔しないかもな・・

ラヴェルはマーラーのスコアを見るか聴いたことはあったんだろうか・・もうラジオで演奏会中継も聴いてたらしいし・・
マーラーなんかやんないか・・聞いても性に合わなかったかな・・
ドビュッシーがマーラーの復活を聴きに行き途中で内容がないとか言って帰ったという話が有名です。
でもあれも後から作られた系の話の可能性があると思っています。