ハチ

帰宅すると妻が変な顔をしている。
うちのなかにはちがいる・・

窓開けときゃ出てくんじゃないと言うと
開けといたら4匹になった・・

あっ

3184.png
長い梯子がないと届かないようなところに巣を作り始めたのを見つけてはいたんだけど、届かないからほっといたらこうなってた。
アシナガバチで温厚なので、悪いけどうちの中の4匹には殺虫剤で落ちてもらった。

翌朝また妻が騒いでいる・・
あっ
3185.png

ボンタンの木で休む働きバチの群れ・・・
よし殺虫剤2本で落としてやる・・・と近づくと・・
もっとうじゃうじゃな集団が他の所にも・・・
あまりの数に圧倒され、一匹でも仕留めそこなうと痛いかなぁなんて思ったら気分で負けてしまった。
業者さんに聞くと忙しいのでいけるのは来週以降になります・・・
まぁいいか。じっと見て目が合うと?羽を広げて威嚇したりもするけど、ほっとけば襲ってこないのは知ってる。
来週巣ごと外してもらおう。

蜂なんて自然のものだから風流だなくらい言っといたっていいのかもしれない。
かわいいと思えばそう見えなくもない。
スズメバチだったらそうはいかないけど。

生きていると、いろんなことが起きたり、起きそうだったり、何かが変化したり・・
いちいち過剰に受け止める癖があるので心が大騒ぎをして、疲れる。
でも、あれらは何かを私に教えてくれるために誰かが提示してくれているヒントなんじゃないかと思ってみたりする。
ただ具体的に何を示していてどうしたらいいかなんて言うのは教えてくれない。
自分で勝手に考えなさいということみたいだ。
考えを間違えると無駄に疲れたり、ふさぎ込んだりする。
ハチの騒ぎで出掛けるのが遅れたけどお陰で会うかも知れなかった事故を避けられてたりして。
本当にヒントだと思って眺めてられるようになれば楽だろうなぁ。
なんか、インチキ本の気休め能書きみたいだけど。


なんとなく読んだだけだけど、ストラヴィンスキー「兵士の物語」には心惹かれます。
何か勝手に深読みというか別な意味を考え続けていてもいいと思う。
自分に置き換えてみたり・・
自分を陥れる方向に働くあの悪魔は実は自分自身なの?

この曲、プルチネルラより前なんですね・・
初めてCDを買ってきたとき、ペトルーシュカみたいなのを勝手に想像しながら聴いてあまりの違いように倒れた。
それっきりしばらくほったらかし。
今はネットで曲の情報や、動画や、裏話や何でも分かるようになった。
昔は聞いてみて受けた印象感想そのもので勝負というか・・

どうでもよくなったころにどうでもいい気持ちで聴いてみたら意外に引き付けられた。
作曲者自身の編曲による室内楽版も面白く聞ける。
音楽だけ聞くなら室内楽版のが面白いかも・・

サラウンド

オーケストラ音楽でステージとは全然違う場所からも楽器の音が聞こえてくるというのがあります。
舞台裏というのが多いですが、客席後方とか客席の中というのも面白いですね。
そういうの聴けるのかな?と期待をもってホールに行ってみるとステージ後方のバルコニーの上くらいに譜面台が・・・
なんだあそこか・・なんてがっかりしたりして・・・
ああいうのは指揮者が指定するのかな。
曲の内容と後方からの特別な音みたいなものがうまくあってくるとものすごい感動が襲って来たりするんじゃないかと思うんだけどなぁ・・
いろいろ考えや事情もあるんでしょう。

うちで聴くオーディオの場合、理論的には前方2本のスピーカーだけでも自分の後ろから音が聞こえたりするはずなんです・・
残響や拍手なんかで周りを音で包まれる・・というのは体感できることがある。
でも普通の2チャンネルオーディオで楽器がはっきりと後方に定位するというようなことはかなり難しいのではないか・・
よくある後ろの壁からの射音を誤認して喜ぶというのじゃいやです。
人工的なエフェクトでそう聞かせる・・みたいなのなら聞えなくてもいい。
SACDでスピーカーをたくさん並べたサラウンドみたいなのには全く興味がない。
長岡鉄男を読んでると時々出てくるスピーカーマトリクスには少しだけ興味があるけど、あれで後方バンダが再生できるかは不明だ。
基本的には2チャンネルオーディオでステージを立体的に聴くというのを死ぬまでやっていたい。
マーラーの8番の曲尾のバンダが後ろから聴こえたりしたら泣いちゃうと思うけどな。
ベルリオーズのレクイエムなんかもものすごいけどどうもあの曲苦手で・・・


1160.png

ストラヴィンスキーのバレエ音楽「火の鳥」はもともとバンダも伴った4管編成のオーケストラによる音楽ですが、いくつかのいい曲を抜粋した2管編成の組曲版というのが有名みたいです。
ローカルオケでも演奏できるよう小規模な2管編成でかいてあり、チェレスタもなければなくていいよ、その分ピアノがなんかやるよみたい工夫がされています。
だからスコアかってねみたいな。
でも4管編成の長大な原典版にはまっちゃうと組曲版では物足りなくなっちゃうけど・・
ただ単位縮小してあるだけじゃなくていろんな楽器がはったりをかますとか版の違いを楽しめるようにしてあるところが商売上手というか・・本当にどうやったら楽譜が売れるか考え抜かれているところがあの人ですよね。

火の鳥も超絶オーケストレーション音楽の代表というか、全曲ネタだらけで沢山記事が書けそうです。
でもホルン4、ティンパニ1とか馬鹿みたいな巨大編成というわけでもないんですよね。
聴きに行くとハープが3つ並んで音をリレーしたりしているのはやっぱりインパクトが大きいです。
コントラファゴットも2本立ってると見慣れない景色になって印象に残ります。
ロシア民謡とかの影響を受けてるのかもしれない素朴で印象的な旋律にあふれているところも魅力ですよね。

バンダも出てくる原典版のここ、火の鳥が飛んでくるシーンで3本のトランペットが場所とタイミングをずらして吹きます。そして本設のトランペットに受け継がれる・・


2080.png

音が空間的に移動するんですよ。
実演にいったときは客席にスパイラル状に3人が配置されて、音がステージに向かって回転しながら降りていった・・
残念ながら一番後ろの方で聴いていていて楽器のベルも向こう向きだったからサラウンド感みたいなのはあんまり感じられなかったんだけど・・
あのスパイラルの内側にいて音が後ろから回りながら降りていくのが聴こえたら萌えるだろうな・・

2081.png
またバンダになって遠ざかっていく・・





これどこで吹いてんのかな?
指揮者なんかいいから変わったことをやってる楽器があったらそっちが解るような絵をながしてほしいなぁ・・
この曲が好きなら、こんな編集しないと思うんだけど。
文句ばっかりごめんなさい・・

2082.png
すぐ先、ステージ外のどこかで鳴らされる鐘の連打・・
吠えてるのはバンダの3本のトランペット

この曲で面白いと思うのはこの3人のトランペット、アルプス交響曲みたいにこれで終わりじゃなくて全曲の最後でかなりかっこいい役目をもらっているんですよね。
1157.png

これ聞こえない演奏も多い。
デュトワMSOのはものすごくよく聞こえるというよりこれが主役になってます。

実際聴きに行ったとき、この3人のトランペットがずっと同じ位置にいたか、途中で移動したか・・わすれちゃった・・
鐘の人は譜面台のライトを消してどっかいっちゃったような気がする。

ロシアには5拍子とか7拍子の音楽文化みたいなものがあるんでしょうか?よく出てきますよね。
このページの左の四分音符も7拍子の音楽です。

この曲、ワーグナーチューバが舞台外で・・というのもあったと思います。
だけど聴きにに行ったとき、そこはいまいち何だかわからなかった。

また機会があれば生で聴いたみたい。
もちろん組曲じゃなくて原典版で。


夏祭り

1167.png
またいつかここ行きたい。

昨日は所属団体のイベント参加というかどこかの自治会の夏祭り参加みたいなのへ行きました。

幼いころ、近所の夏祭りに行きたいという私に両親は
「何んでそんなものにいくんだ。くだらない!」と、この世で最も愚かなことのように吐き捨た。
その後同じことが続いたため自分は無理なのだと悟り、お祭りなど楽しそうなことは耳をふさいで聞こえないようにして過ごした。
「そんなものにはいきません」というと親の機嫌が良いことを覚えて何度か言ってみた記憶がある。
中学生くらいになれば勝手に行動できたはずだけど、その記憶もない。
洗脳されちまってたんだろうな。

いってきましたよ。
いつも通り人見知りの病的疎外感を感じながらもいい人がいて少し話ができたし、
何より楽器を吹いてる間は楽しかったよ。
クラシックなわけがなくて流行歌と演歌。
流行歌はかなり有名な曲で日本中知ってるらしいけど私は知らない。
知らなくても生きていけるし、知りたくない。
演奏して楽しい曲=聴くのが大好きな曲じゃないくていいらしい。
聴くのが苦痛な曲=演奏して楽しい曲でもいいらしい。
人付き合いが広がったらな・・なんて甘えた妄想もしてたけどそっちは多分この先もダメだ。
まぁいいよ、知らねーよ人なんか。
音楽も一時は挫折しかかったけど、でもいいよこれでこのままいけば。
音楽が好きだだけでいいじゃんか。
人の言ったことに引っ張られるのを何とかしないとね。
命令系で言われると従うよう仕上がっちゃってるから。
大抵良い結果に結びつかない。
趣味も私生活も仕事も。
誰かの正解は私の正解じゃないもんね。

夏祭りといえば花火。

ストラヴィンスキーの花火という曲。
Op.4ということで、習作みたいな感じ?



これ、自作自演みたいだ。
ちょっとくっきりはっきり過ぎてもうちょっと幻想的な感じがほしいような気が・・
とても短い曲で特に魅力的な旋律があるというわけでもないけど、スコアは

1200.png
ずっとこんな感じで・・見ていても聴いていても火の鳥を予感させる。
というかもう火の鳥の一部みたいに聴こえる部分も多い。

花火も見るなら人のいない遠くから見るのが好きだ。
今年はあえて人ごみの中に行ってやろうかな。
むりかな。

終わっちゃう

1166.png
予約投稿を使っていまして、これを書いてるのは数日前です。
今日はコンサートに行ったはず。
さぁ、どうだったかな?

演奏の内容以前に周りに演奏中に音を出したり変な動きで視界に入ってくる人がいるかどうかで演奏会の印象は大きく変わります。
そんなものを気にせず音楽に集中できるようになるくらいが本当なんでしょうけどね。
そんな仙人みたいにはまだなれていません。
楽章間(曲の途中なんですよあそこ)でべらべら喋るとか、曲中にカバンの鈴をリンリン鳴らすとか、チラシの入ったビニールでビチャビチャとリズムをとるとか、小さな子供が暴れているのに止めないとか、大きな大人なのに指揮まねで暴れだして止まらないとか・・
これを音楽への妨害としてとらえる人と、「それくらいいいだろう、何神経質なこと言ってるんだ、音楽位リラックスして聞けよ」なんて正義の代表みたいな顔で言える人と・・
意識レベルもいろいろ多様でみんな自分が正しく、異なる考えは間違えだなんて思っているのでどこまで行っても平行線でしょう。
チラシビチャビチャの人は会社の副社長みたいな風情の人でしたが、制止したら頬を膨らまして今にも癇癪起こしそうな子供みたいでしたよ。
そう、注意するはいいけど2次災害が怖いんですよね。
その人からすれば逆に「今日は隣に変なのがいて全く気分が・・」となるんでしょう・・

電車に女性専用車なんていうのがありますが・・
演奏会もそういうの一切許せない座禅の世界みたいに聴きたい人と、音楽見物でいい人を分けられないかな?
変態集中聴き者専用席・・・場所で分けるともめるか・・・
公演ごと分けて本日は変態集中リスナー専用公演ですみたいなの・・・
間違えてくる人が絶対にいるから、免許制度みたいなのを設定してチケット購入時には認定番号の提示が必要ですとか・・
もちろん私は変態席利用希望です。料金150%くらいなら払いますけどね。
偉そうに言ってるけどまず試験に落ちたりしてな・・それも書類の段階で・・あなたは一般席でどうぞ・・
こちらのCDでしたらお家で楽しめるんですよ・・あなたの場合はおうちで聴かれたほうが・・・
ふと見ると高いところから見下すように笑う副社長・・
あっなんだこれ・・

冗談です。
そういう分離すりゃいいじゃん的な考えは大変危険な面も持ってると思う。
ごめんなさい。

少しは我慢しろよってことなんでしょうか。
今日のようなどうしてもちゃんと聴きたい曲は2日分とることにしました。

昔、コンサートの最中にあることが頭をよぎった。
今それ関係ないじゃんか、音楽聴かなきゃ・・と思えば思うほど、頭の中の敵が逃げるのかと笑っているように思えて、そんなのはおかしいだろ!などと頭の中で怒鳴り続けて・・・
そんなことをやっているうちに曲が終わってしまった・・という事がありました。
心の中に甘えや不満があるからそうなるのであって稚拙なんでしょうね。
コンサートの前はできるだけ頭の中を空っぽにしたいんですね・・
今日は問題につながりそうな一つに手を打ってきた。
もう一つは何とか忘れていられそうだ。
どうでもいいや・・という言葉はとても大事だと思う。


ストラヴィンスキーの

小管弦楽のための組曲第1番という曲の第1曲目
結構好きです。
悲しいでも苦しいでもない・・でも喜ぶような話じゃない・・心を揺さぶられるようで・・無関心でもあるような・・・
この世界がずっと続いてほしいのに、あっという間に終わっちゃう・・・
昔のNHKのラジオ番組の安っぽいタイトル音楽のように聴こえなくもない・・

この曲みたいな心境になりたい。


近所のある家に業者が出入りしていた。
売れたのかな・・リフォームするんだろう。
リフォームかぁ・・お金をためて・・オーディオルーム・・アホか。
だけど考えてみるとなんでなにがアホなんだろう?
何かを欲すると罪悪感が出るように仕上げられちゃってるから
そこから修正しないとね。

その家の方は知らない間に転居されていた。
末期がんでホスピスみたいなところに入るため・・という事だったそうだ。
あいさつに回るなんてできないよな・・
まだ若い、定年にもなってないんじゃないか?
家族が入りそうな一戸建てを新築したのに長く一人でいたその訳も何となく聞いた。

斜向かいのうちも空き家になった。
老人ホームへ入ったそうだ。
ついこの間まで自分の母親が入っていたところへ・・
その人もずっと一人。
実際の年齢はそんなに行っていないはず。

人生は一度きりだ。どんな理由があろうと、周りがどう思って何を言ってくれようがそんなの関係ない。・・終わったら終わり。
今を楽しめるのは今しかない。
いろいろむずかしいけど・・
とりあえず、コンサートいこう。
オーディオ散財はやっぱり違う気がする・・

1165.png
こんな人生だったと思うより・・・
ちがうか、こんな雨でも楽しめたらいいのかなぁ・・

たぬき

うちは田舎ですぐそばに大きな山があります。
山の上へ向かって林道がいくつも伸びていて
良い季節には小一時間ほど歩ける農道を犬と散歩することがあります。
誰も来ない道なのでリードをはずしてて適当にへらへら歩く。

ふと前を見ると真っ黒くて毛むくじゃらななにかが道の真ん中にいる・・
立ち止まって、なんだあれなんて見ているとクシャン! なんてくしゃみしたりして余裕だ・・

あーったぬきだ!
逃げるでもなくこちらを凝視するでもなく・・

1154.png
こんなに絵に描いたようなたぬきじゃなかった。

もっとモップを泥の中に入れたらドロドロになっちゃった・・みたいなやつだった。

近寄ってみようとゆっくり歩きだすと、狸も歩きだす・・
その辺のにおいをかいだり余裕な感じで・・

私たちが止まるとたぬきも止まる・・
動くと動く・・
つかず離れず一定の距離を取りながら・・
間抜けそうな人間と犬を見物して楽しんでいるんだろう。。

しばらくの間一緒に散歩してくれた。
脇にそれていったのでこれで終わりか…
綺麗な人が小判を持って立ってたりしたらどうしよう。

そこへ行くとたぬきは手の届かないすこし奥まったような場所に寝そべって待っていてくれた。
しばらく見合った後、おもむろに立ち上がりこちらへ向かって近づいてくる。
手を伸ばせば届きそうなところまできて顔をじっくり見せてくれた後、どこか奥の方へ行ってしまった。

彼か彼女かわからないけど、楽しいひと時をありがとう。
どちらのほうが上という事もなく、何かが通じたような気がする。
好奇心が旺盛なだけでなくて、やさしい心を持った奴だったんじゃなんじゃないかと勝手に思ってる。
また会いたいけどあれから会えてない。

そういう音楽・・

わたしはそんなにコアなストラヴィンスキー聞きじゃないので超絶管弦楽曲の金字塔 春の祭典、火の鳥、ペトルーシュカ・・みたいなのばかり頭に浮かびますが、いろんな作風でいろんな曲を書いていたみたいだ。

ストラヴィンスキーはロシアで法律家になるべく勉強していたんだった・・マニュエル・ロザンタールによると完璧なフランス語を読み書きし、詳細な言い回しの意味まですべて熟知していた・・それはドイツ語でも英語でも同じだった・・
実業家としての才能も見せ、誰も反論できないような理論を常にもっていて・・
要するにものすごく聡明な天才だ!みたいな話だったと思う。
著作権料を得るために自作を何度も改訂していろんなバージョンを作った話が有名で批判的にもとらえらていたりもするようですが、
超天才法学家的な側面もそれを後押ししていたのかなと思う。

一般的に、芸術家は変人だというイメージがあると思う。その変人の中にはちょっとバカだ見たいなイメージも含まれている気がする。
過去に岡本太郎がテレビで見せた仕草や発言などがそれを後押ししている気もする。
でも彼も聡明な天才だったんじゃなかったっけ?
確かに芸術家は一般人から見ると変わった特徴を示していた人が多い。そのことは芸術的才能の反動だったんだろうとも思う。
そういう点をやたらに強調し、馬鹿にしたような論調で何かを言っているのをよく見かけます。
ブルックナーなんか相当ひどい。
あれは、死ねば忘れ去られていく凡人たちの僻みなのかも。
恥ずかしながら自分もストラヴィンスキーは変人だったというような印象を持っていたことがあります。
春祭や火の鳥のスコアを見ているとあんなの理知的な人間じゃないと書けないんじゃないか・・と思う。
変態と紙一重の天才が白目をむいて一心不乱に・・・という印象はマンガの読みすぎ的な誤解なんじゃないかという気がする。

そういえば昔話にたぬきがよく出てくるけどなぜか悪役のイメージが多くないですか?
でもちょっと調べてきたらタヌキ何にも悪いことしないじゃないか・・
みんなタヌキがうらやましくてひがんでたのか?

ストラヴィンスキーのPastoraleという曲がのどかでいいと思う。
1155.png

もとはピアノ伴奏のヴォカリーズだそうだ。



これもいろんなヴァージョンがあるらしくて手元にあったのはヴァイオリンとオーボエ、コーラングレー、クラリネット、バスーンのための版だと思う。


ヴォカリーズのもいいと思う。
いくつか聴いてみたけど、
こういう曲想なのに「さぁ私の歌を聴いて!」という感じで入ってこられると萎える・・
アンサンブルのも。個人の技術なんか感じさせないでほしい。
聴きたいのはこの音楽だから。

たぬきも夫婦仲が良くてどちらかが死ぬまで一緒にいるんだって。
たぬき好きだ。