とどかない


1199.png
新宿湘南ラインに乗ってボーっと外を眺める。
新宿を出てちょっとすると西武新宿駅が見える。
皆が入ってる新宿駅には入れず、仲間外れになったようになところに・・
もともとレールはさらに前進して新宿駅に到達するはずだった。
それまでの仮駅のはずであったが、新宿駅へ入ることをあきらめ本設としたらしいことを何かで読んだ。
駅が入る予定のビルの構造的問題とかなんとか書いてあったけど、そんなことより政治的陰謀みたいなものがあったんじゃないだろうか?


重い交響曲よりも重いんじゃないかと思えるブラームスのピアノ協奏曲第1番ニ短調。
知らないけどピアニストにとっては内容的にも体力的にも重く大きな曲なんじゃないだろうか?
そんな曲なのに、曲の終結部は最終和音を目前にして

764.png
ピアノは終わってしまいます。

西武新宿線である。

ベートーベンの皇帝とかピアノは手前で弾ききってオーケストラが締める曲は他にもありますね。
でもこの大曲を弾いてきたら最終和音を豪快に鳴らしたいんじゃないかなぁ・・なんて
昔、N響アワーでアルフレッド・ブレンデルがこの曲を弾いていたのを見ました。彼はピアノで最終和音を弾いてた。

ピアノのおしまいの部分、オーケストラと対等にその歌を歌い継ぐという豪快な場面でもあるんですが、聞きようによっては主役が大見得を切って終わるというより、コーラスみたいなのが
きょーうもいい天気(^o^)
とか歌ってるみたいにも聞こえて・・・妙に軽いようにも・・
若者の、どこへぶつけていいかわからない巨大なエネルギーが炸裂している音楽・・
第1楽章の冒頭なんかマーラーもびっくりの重戦車爆走的音楽(演奏にもよるけど)なのに・・
でも、それこそがまさに狙いだったりするのかな・・

この直前でピアノがカデンツァを弾き、トリルで締める部分がある。
あそこが高田馬場だろう。
バカなことばっかり書いてごめんなさい。


この曲を書いていたころのブラームスは
318.png
こんなブラームスなんじゃないか。
こんなのが超絶才能をちらつかせて登場したわけである。
クララ・シューマンだってそりゃ特別目をかけてやりたくなるだろう。
こんなに好条件がそろっているのにこの男はそっち方面は煮え切らない感じで終わってしまった。
ワーグナーみたいに人の嫁さんでも何でもバンバン手をだして・・とはやらなかった・・
みたいな話になっているわけですが・・
実際はどうだたんですかね。
歴史的にはなかったことになっているけど、実は・・とかないのかな。

技術的にはさらに難しいらしいピアノ協奏曲第2番の最後はピアノが華麗に上昇した後分厚い和音をたたいて終わる。
あの曲は技術的難易度もラフマニノフみたいなすごいところにあるらしいのですが、リストみたいに技巧をひけらかす系の曲ではなく、むしろ隠すような曲だ。
妥協のない、これ以上ないというものを用意はするが、解るものにだけ解ればいい。みたいな。
聴き手はある程度能動的に探るように聴きに行かなくてはならない。
女性にも、能動的に来てくれる事を求めちゃったタイプじゃないかなぁ。

西武新宿線には用もないのでほとんど乗ったことがない。
所沢のホールにオルガンを聴きに行くときに乗った。
航空公園という駅だったと思う。
いいホールで選曲も演奏もよくてあの時は楽しめた・・
だから西武新宿線には少しいい印象がある。
あの時は新宿からじゃなくて中央線のどこかから支線を乗り継いて行った。
いろんな私鉄を買収していった結果からか、あの辺りは路線が綾取りみたいに絡まっていて面白いといえば面白い。


ちょっとだけ調べると、西武の新宿駅乗り入れ計画についてはいろんな説や噂があって、想像の域を出ていないもの、検証すればすぐに違うとわかるものなども含みどれが真実というわけでもないらしい。
書籍やネットに真顔で言うような書き方で書いてあるとすぐになんでも真実だと思ってしまう。
でも、みんなあやしいのか。
クラシック音楽の伝説的解釈みたいだな。
オーディオマニアの格言とか・・

いるよ

1026.png
犬と散歩に出かけ、いつもの場所でいつものようにぼーっとしていると・・・
カモが一羽だけいるなぁ・・いつもつがいなのに・・
あっ!子ガモだ・・・
母さんの周りにたくさん展開している・・何羽いるんだろう・・日向ぼっこだね。
ここなら猫も蛇も来ない・・あっここで蛇が泳いでるのみたことあるよ・・気を付けて・・
悲しいことだけど日を追うごとにその数は減っていく。
食べるほうも命がかかってるし。
世の中は厳しく恐ろしいところなんだよ。
鳥のあかちゃんだって、おいしいなぁとか気持ちいいなぁとか楽しいなぁとか感じるんだろう。
せめて生きている間はめいっぱい楽しんで。
みんながんばれ、みんな無事大人になれ。


1027.png
この人は作曲家としては最高峰の勝ち組ですね。
ピアニストとしても一流であったらしい・・どんな演奏してたのかなぁ・・
ほとんど聞こえない瘻管の録音が有名です。聴こえたところで、極端にシャイだった彼はやっつけ仕事みたいに弾き飛ばして終わらせちゃったらしい・・むしろそのエピソードが興味深い。
ピアノロールは残さなかったんでしょう?

昨日トリルがどうのこうのとか書いていて・・・
トリルって面白いですよね・・トリルネタだけでいろいろありそうです。

ブラームスのピアノ協奏曲第2番の第3楽章は独奏チェロが出てきてピアノとチェロのための2重協奏曲みたいです。
ノクターンですよねこれ・・地平線まで見渡せるような美しい夜の光景・・
初夏の・・・・日本のこんなじめじめした夏じゃなくて・・
イタリアに行って着想したんでしたっけ?・・
イタリアなんか行ったことがないけど北海道の道北か道東のどこかでいつか見たあの感じ・・

999.png

1000.png
色々あって後半の再現部、歌うチェロをピアノがトリルで飾っていく部分があって素晴らしいんですが、その素晴らしい部分が夢のように始まっていくところでトリルの開始が音符で具体的に書かれているんですよね。
だから何だって話かもしれませんが・・・
始めてみたときに感動したんですよ。
ブラームスがどんな演奏をしていたかを知るすべはもうないわけですが、ここに関してはブラームスがトリルを弾いて聴かせてくれているみたいじゃないですか・・・
このトリル、オーボエとも絡んでいくんだよね。
なにしろ充実してるよなぁこの曲・・

1001.png
同じ楽章の最後、ちいさなカデンツァみたいになっていますが、トリルが夢のように登っていく・・
ピアノが全部持っていっちゃいそうなのを見てチェロがいや俺もいるんだよって感じで締めにくる・・でもやっぱり最後に語るのはピアノ・・
最終和音は夢から覚めてまた地平線まで見えるような夜景・・を感じます。
いい曲ですよね。
聞こえている間、どんな嫌なことも忘れる。

誰がじゃなくて

「立場的な壁を外して考えろ!」みたいな話がよくあるわけです・・
そうはいっても実際は構造的に立場とか上下関係みたいなものが出てきてことを進める弊害になっていたりします。
それを取り除いて改善、前進するのだ!みたいな取り組みに行ったわけなんですが、その冒頭からある立場の人間が「我々はあなた方から何かを得られて当然なのだ」みたいなあいさつを始めていたりする。
それじゃあなんて思って腹を割って問えば今まで通りの定型文みたいな返事。結局何の覚悟もできてないな・・みたいな。
これじゃなんのことかわからないですよね。
とはいえ、これはチャンスだ頑張ってみようという気にはなった。

仕事じゃない方面でもちょっとした状況があった。
でもそちらは面白くないので適当に逃げることにした。
こんな人間で申し訳ないです。

794.png


ブラームスのピアノ協奏曲は初演時ピアノのオブリガード付き交響曲なんて揶揄されたという話が有名でよく書いてあります。
でも彼が目指していたのはまさにそれだったわけでしょう。
ピアノの名人芸を見て聴いて喜んでねみたいなのじゃなくて、重い聴き方にも耐えられる音楽作品だったわけで、芸披露曲を期待して人たちには受けなくても未来のそういうのを待ってた人には掛け外のないものを残してくれた。
オケがピアノの伴奏とかそんなこと言ってないで両者が対等でひとつの音楽を作る・・
基本的に他の曲でもそういう考え方が貫かれてるよな気がすることがあります。

ブラームスのドイツレクイエムで
第1曲
512.png

練習記号Aから・・・合唱がSelig sindと歌うと木管と弦がそれに答えます。

513.png

再現される部分では先に木管がSelig sindと歌い、合唱が答える・・
そんなのどこにでもあるよと言われそうですが、私にはこれが合唱が主、オケは伴奏というのではなく、両者でひとつの音楽を作っているんだ・・というのの象徴のように聞こえるんです。

792.png
第1曲のこの部分 
涙とともに種をまく人は
喜びとともに刈入れるだろう

793.png
このチェロとコントラバスは伴奏じゃなくてwerden mit Freuden ernten.と歌っている気がするんですよね。
実際歌詞がはまるかとかは知らないんだけど・・
合唱が歌い手でオケが伴奏なんじゃなくて、どのパートも歌うし、音楽の重要な柱みたいな・・

私はあたまも悪くドイツ語なんか全く理解できないのですが、この曲も自分の気持ちが欲していているときに聴くと本当に心に響いてくます。
言葉の重要性というのはあるんだと思うんですが、音楽ってそういうのも超越したなんかすごいものがあるんじゃないかと思う。
私があほだろうが、人から批判されていようが馬鹿にされていようがそんなことは関係なく求めれば音楽は響いてくれる。
音楽っていいよなぁ。音楽があってよかったなぁ。

自筆譜を見て思った

789.png


449.png
ブラームス交響曲第3番の第2楽章
第1楽章ではすごい勢いで闘ってた人の休息の時というか・・
非常に穏やかな気持ちの・・そこへちらつく正体不明の漠然とした不安・・・
という音楽ですが、再現部に熱く歌っていたのに急に瞑想にふける・・というような部分があります。


448.png

自筆譜を見たらティンパニのトレモロを一度は書いて削除した跡がありました。
よくある感じですよね。
ティンパニが鳴っているとここは不安を感じている感じに聴こえるかなぁ・・
この楽章は謎の「漠然とした不安」ほのめかす大事な場面を持っています。
ここはそれとは別な場面なのでここまで不安になっちゃうとあれかなぁ・・
ティンパニを削除したことによって・・瞑想をしている感じですよね。なんだか深いなぁ・・

ここで下から上がってくる十六分音符は主題からとられたものなんですが、なんかこう心の何かを表しているように感じるんですよね。
このあとこれに支えられて
791.png
安らぎの旋律みたいなのが歌われます。

790.png
終楽章の最後、悟りを開いてすべてを受け入れるような境地になっているところの16分音符もこれと同じものじゃないかと思うんです。

ブラームスがこの曲を書いたのは50歳くらいでしょうか・・・
私はまだ50にはなりませんが、若いころとは違う気持ちでこの曲を聴いてると最近思います。
そうかぁ‥とか思うんですよ。

チャイコフスキーがブラームスと会った時の日記だったか手紙で「才能はあるのかもしれないが嫌なやつだ」みたいなことを書いていた気がします。
グリーグだったかほかにも似たようなことを言ってる作曲家がいたと思う。
ブラームスほどの人だからチャイコフスキーの才能はすぐに理解したと思う。
でも自分と全方向性の違う才能にうまく接することができず、自分を守るような嫌味を言ってしまうんじゃないかと・・
挙句、自分で傷ついたりして・・・
何を勝手に想像しているんだという話ですが・・・

若いころ、疎外感、孤独感を感じながらふらふら歩いていた時にときにこの曲の2楽章が頭の中で勝手に流れていたのを思い出しました。
なんでそういうどうでもいいことほど覚えてるんだそう。
あの頃は曲の意味なんて考えてなかった・・ただ好きだった。
意味なんて分からなくても音楽があってよかった。



湖とオーディオとブラームス

陽気も良くて気持ちがいいし、近場でいいからどこかへ出かけようか・・
と思っているのにうちのオーディオがいまだかつてない良い音で鳴り始めて・・
空間感、定位感だけじゃなくて聴いたこともなかったような細かい音が温かみ、柔らかさ、その他いろんなニュアンスとともにそこで鳴っている・・
なんだこれ出かけられないじゃないか・・・
30年前の中学生のころになめるように聞いた盤なんかを聴いてみるともう溶けそうです。
想像するしかなかったあの場所に今降り立ち、演奏者たちと同じ時間にいる・・・みたいな
ちょっと大げさか。
何も変えてないので・・体調のせいかな?体調良くないはずなのにね。
経験的にこれずっとは続かないんですよねきっと。
のめりこんで聴いていたらひどかった肩こりが少し楽になってきました・・
音楽って素晴らしい。

702.png
ブラームスの交響曲第2番

703.png
第1楽章のコーダに長めのホルンソロがあります。
ブラームスはホルンが好きだったんでしょう・・いろんな曲においしいソロがあります。
ホルンが嫌いな作曲家っていうのもいないか・・
誰かがここを夕日のようだと評したそうですが、確かにそんな感じですよね。
このソロは美しい景色を前に何か強い考えが浮かんで心の中で叫んでいるようなイメージを私は感じます。

言いたいのはそれを支えている弦楽合奏で・・
基本的には伸ばしをやっているわけですが2つのバイオリンとヴィオラパートがちょっとした動きをリレーしていきます。
これ実演を2階席から聴いていた時、弓の動きがパート間で移動していくんですが波が動いていくように見えたんですよね。
ブラームスはこの曲を湖のほとりで作曲してるんですよね。
湖の向こうの山へ沈む夕日・・
そんなに思い切り風景を描写しようとしたわけではないと思いますが・・なんかこういいですよねぇここも。
家で聴いていても音が移動していくのを聴きとることができます。
作曲時は対向配置だからちょっと違う感じだったのか・・

これ、同じ音の繰り返しでもあるので再生系がチープだとただ同じ音型が3度繰り返されるだけに聞こえてしまうかも・・・
それでは悲しい・・
音楽って、音が聞こえるだけじゃないとおもうんですよね。
私がオーディオに求めたいのはなんかそういうの・・

電柱と雷とブラームス

698.png
家のそばの電柱。近所の人になんの写真撮ってるの?と言われて返答に困りました。
ちょっと写ってるこの森にはフクロウが住んでいます。
私がそうだというわけではないですが、電柱にもマニアがいます。面白いんですよ結構。
電柱の電線て3本一組ですが・・興味ないかそんなの。
見にくいですが柱のてっぺんに細い線が一本のっかっています。これを架空地線と言います。
「かくう」じゃなくて「がくう」と読んだら電気屋ですね。
地面と同じ電位にしておいて雷に向かって「余計なとこへ行かないでここに落ちてください」と言ってるわけなんです。
配電線レベルじゃあんまり効果がないんじゃないかという事で最近の電柱にはつけないみたいですね。

こういう、みんなが信じてたけど違ったみたいなことってありますよね。
赤チンの効果とか。
20年以上前、住宅密集地に毒ガスがまかれ、多数の死者が出るという事件がありました。
報道などにより日本中が犯人に違いないと信じたその人は実は犯人ではなく一番の被害者でしかなかった。
音楽もそうじゃないかな・・この曲はこういう音楽で・・皆が信じてるのも・・のちの勝手な誤解を勝手に信じてるだけというのが結構あったりして。

雷といえば、作曲家を刺激するらしくいろんなな曲に出てきますね。
避暑地の美しさに触発されて書いたらしいブラームスの交響曲第2番
650.png
第1主題が一段落したところのティンパニ。
美しい午後のひと時、遠くで雷が鳴っているのが聞こえる・・・
夕立が来るのかな?・・遠いからな来ないか・・みたいな
結局来ないけど・・
いいですよね・・ここ・・

この曲、ブラームスの4つある交響曲で唯一テューバが使われています。
劇的な3曲ではなくて、ブラームスの田園交響曲なんて言われるこの曲にテューバというのが面白いですね。
何かテューバって派手でうるさい曲に入ってそうでしょ?

テューバほど柔らかく包み込むような音の出せる楽器もないだろみたいな話もあるんですけどまた・・

651.png
ここで2番を着想したそうです。

悲劇的序曲は悲劇的なのか

346.png
マーラーの「悲劇的」について書いてたらブラームスの悲劇的序曲が頭に浮かんできちゃいまして・・
こちらは作曲者が命名したんでしたよね?
冒頭、運命の衝撃のような2つの音で始まるわけですが、・・マーラーのハンマーみたいなもんですよねこれ。
この曲、変形ソナタ形式ですがおおざっぱに言って第1主題からは悲劇的な運命・・圧倒的で迫りくるもの、第2主題にはそれと闘おうとする人間の心、勇気、希望、あたたかさ、みたいな者を感じます。
ネガティブな運命と戦っていく人間の意志とか姿が描かれて(この曲、決して標題音楽ではありませんが・・)います。
基本的にブラームスってそういうの好きね。

365.png
第2主題は2つの旋律が寄り添い絡み合うようにできていて、一人ではないという事が勇気につながっているような気がして大変感動的です・・
交響曲第1番も過酷な運命に苦悩しながら立ち向かう姿なわけですが、あちらは必至感がすごく気を抜くと沈没みたいな感じもするのに対して、こちらのほうが大人の余裕というか、なんかそんなのが感じられる気も・・寂しいのかなと思うとこも・・

最初の厳しい第1主題が終わった後、
338.png

このテューバの一言をきっかけに空気が変わり、あの暖かい第2主題へとつながっていきます。
これ重要だと思うんですよね。
ブラームスは反ワーグナーはを装わなくてはならなかったせいかテューバをあえて避けていたようにも思えます。。
実際はそんな理由じゃないでしょうけど。
2番とか、ドイツレクイエムとか使った曲もありますし。
そのブラームスがテューバに重要な役を与えています。
私、出来損ないですが自分の楽器がテューバなのでここ大好きなんです。

再現部での該当箇所は
339.png

私はこの付近にこんな視覚的イメージがあります。空は分厚い雲で閉ざされている・・一面の葦原・・遠くには鉛色の海・・・
バイオリンがオクターブでのばしていますが、2小節目の前2拍、ほかの楽器一切が沈黙し、このオクターブだけが浮き彫りになります。
このオクターブだけが光ったところ、厚い雲が途切れて光が差したように感じるんです・・・
そしてまたあの暖かく力強い第2主題を迎える・・・・

この曲、闘っていますが、決して負けていませんよね。
厳しいニ短調で閉じられるのですが、その最後は消して悲劇に負けてボロボロになっている姿ではありません。
”闘いは続く・・(やってやるぜいつでも来てみろ)”みたいな力強く肯定的な終わり方だと思うんですね。。
この「悲劇的序曲」もきわめてポジティブな音楽だと私は思うんですよね、で大好き。 

ブラームスのこれも、マーラーのあれも決して標題音楽ではなくて絶対音楽なんですよね。
具体的な説明書きなんかあるわけないよ見たいな。
でも聴けばかなり具体的な何かを強烈に表現していて・・ロマン派の音楽ってそういうものなのかもしれませんが、この2人の音楽って違うようで強く結ばれた同じ一本の路線の上に乗っかってると思うんですよね。。

気の持ちようで景色も変わる

気の持ちようで赤いものも青く見える・・・・・・・・
暗い気持ちが長く続いているとき、別な側面に気づくことができると意外にも今幸せなんじゃないかと思えたり・・
なかなかそんなふうにうまくやれないけど・・・・

318.png

この若いブラームスのピアノ協奏曲第1番ニ短調、
190.png
1楽章のオーケストラによる提示の締めというかピアノが出てくる直前に盛り上がっている部分
この直前までニ短調の厳しい音楽が続いていましたが楽譜を見ているとこの部分はニ長調で明るく響くはずなんです。
でもなぜか昔から自分にはこの部分も引き続きニ短調の暗い音楽に聞こえてしまっています。
多分、ティンパニを休みにしてみるとニ長調に聞こえるんじゃないかと思ったりしています・・
これ、私だけなのかな・・間違った聴き方になっちゃってんのかな?
大変厳しい音楽ですが、ここが明るく響くと何だかさらに深い感じになっていいかな・・と思うのに・・・なんで・・

この曲、冒頭から最高ですよね。
ニ短調とか言ってベースとティンパニがDを伸ばしてますが、すごい勢いの第1主題は変ロ長調主和音でできてますよね・・・
再現部なんかDの伸ばしの上でホ長調主和音ですよ・・・ものすごく厳しいのに笑ってぶつかってんですよ・・
なんだよこれ・・

なんだか重くてとんでもないことになっちゃってそうな交響曲が始まったような・・
シューマンとかメンデルスゾーンとは全然違う、のちのネオ古典派みたいなブラームスとも全然違うロマン派の爆発系作曲家ですよね。
この路線のままずっと行ってたらどうなってたのかな・・3管編成でティンパニも2対出てくるようなブラームスとか・・

自分が信じる方向に進んで結果的にあの素晴らしいブラームスになっていったんでしょうけど、
周りが爆発系ロマン派やって盛り上がっちゃってたから、あえて俺はとか言ってネオ古典派でつらぬこうとしたのかななんて思ってみたりもして。そんなわけないか。

本当はマーラーみたいなのも書けたりして・・いややりたかったりして・・
本当はブルックナーの音楽も好きだったんでしょう?立場的に騒ぎになっちゃうから公言しないだけで。

どこか50年後に発見されるような引き出しにそっと内緒の作品を隠しておいてほしかった・・

妄想入りすぎですね。

ヨッフムLPOのブラ1でティンパニ

ブラームスの交響曲第1番のフィナーレ、ブラームスはあえて古典的編成にこだわっているのでティンパニはCとGしか使いません。
これより前に書いたドイツレクイエムなんかではもっとロマン派的なティンパニをやってたんですけど・・・

210.png

その終盤、感動的なコラール、ティンパニはずっと休み。最後の2つ、ほんとはFなところにCを突っ込む・・
で、オイゲン・ヨッフムとロンドンフィルのCDだと


ここティンパニーが楽譜にない音をたたいてますよというネタ。
そんなのみんな知ってるよという話かもしれません。
ちょっと笑っちゃうのは、どうせやるんだったらガンガンやればいいのに、楽譜にない音は結構控えめなところ・・・
最後のC-GもF-Gにしてもよさそうなのにしない・・・
一応、楽譜尊重なんだ・・・

こういうの、誰がやろうっていいだすんだろ?
リハーサルでやりたい口のティンパニ奏者がやってみて・・指揮者も文句言わずに笑ってるからやっちゃったみたいな感じ?
指揮者が、ここベースに重ねられる?とかいうの?

これ、手前の盛り上がり感もいいですよね。
指揮者とかオケの乗ってる感じが見えるよう・・・
現場にいたら感動するだろうな・・ティンパニが何たたこうがもう関係ないかも。

ブラームス交響曲第1番で

ドイツ音楽の総本山みたいなブラームスの交響曲第1番ハ短調。
中学生のころから30年くらい聴き続けてきました。
この曲を好きだといえないとダメ聴衆みたいな気がして無理やり聴いていましたが、正直のちの3曲とは違う何かを感じ、特に1楽章があまり好きではなかった。
この曲に開眼したのはつい最近、40歳を過ぎてから・・あるドイツの指揮者とオケの実演を聴いたとき。
ティンパニが歌ってたのが忘れられない。この音楽の現場の人たちというか、自分たちの音楽を、この曲こういう音楽だよ!と教えてくれた気がする。

195.png
第1楽章提示部 第1主題部の後半

196.png
再現部の同じ箇所。
まずペザンテなんて書いてあるところがまだあの髭じゃない若いブラームスだなと感じます。
再現部では提示部とほぼ同じ内容が再現されていますが、最初の高い音で吠えるチェロとコントラバス、提示部ではffだったのに再現部ではfひとつなんですね。(その分、提示部では黙っていたホルンとコントラファゴットが加勢してきます)
同じじゃないんだという事でしょう?
これみんなちゃんと聞きわけてました?
私はずっとボーっと聞き流してました。
というか演奏者もちゃんと弾きわけてるかな?これから聞く楽しみが増えたかも。

答える第1ヴァイオリンも音は同じことをやってますが、再現部では、A線のほかに隣のEの解放弦も鳴らせという指示が追加になってますね。提示部とおんなじだと思って聴いてたら間違いだということですよね。
ボーっと聞き流さないで、意識して聴けばちゃんと解放弦の音聴こえます。ああ楽し。

その下の低弦が半音階で下がっていくところ、ベートーベンの延長なんかじゃないブラームスの世界ですよね・・この半音階感もしっかり感じ取りたい。。

おっさんになって、もう面白いこともないかと思いましたが、まだまだ・・
音楽細かく聴いてやる。。