またマーラー ソロの位置

12.png
マーラー 交響曲第9番第2楽章

後半に出てくるヴァイオリンソロですが、この楽譜は古いものなのでしょうか、”第2ヴァイオリンソロ”
となっています。
しばらくワルター・コロンビア響を聴いていて、この盤ソロは第2ヴァイオリンの位置から聴こえてくるのでそういうものだと思っていました。
でもコンサートに行ったら普通にコンサートマスターが弾いていてびっくり。
楽譜が改定されて普通のソロになってたんですね・・
お前が知らないだけだろ・・ということですが、
ここ、いろんな演奏を聴くときどっちが弾いてるか興味対象箇所ですね。
もともとなんで第2なんだ?というのもあるでしょうが、あえて第2ヴァイオリンがちょっとよちよちな感じで・・っていうのもなかなかいいと思うんだけどなぁ・・・
なんでこうなっていて、どうして変更されたんだろう?

この曲、ほかにも思ってるのと違うという場所があります。

Comment

Comment Form
公開設定