廃盤セールの思い出

もう25年前なのか、日本レコード協会というところが企画したCDの廃盤セールというものがありました。
廃盤になったCDは産業廃棄物として処分されてしまう。それを格安で消費者に譲りましょうみたいなもの。
経費も掛かかるし赤字ではあるが消費者への感謝の気持ちを込めて全国4会場を巡回・・・というような。
大阪へいきました。

247.png


248.png

新大阪駅のすぐ前、あれどこだったんだろう・・そんなに広くもない部屋で床に青い絨毯?・・いろんなジャンルのCDが混ざって置かれてたような・・
ほしいものがいっぱい!・・ということもなく結局買ったのは2種類。
レジのところで記念のシールをくれた。なんとなくその時に貼ったんだろうけど25年後にその写真を撮ることになるとは思わなかった。

こんな企画、今の時代はやれるわけないんだろうなと思っていたらやっているんですね。ネット通販だそうです。

人と話すと結構前から音楽はダウンロード、CDなんか売ってないでしょ・・というような話を聞きました。
そりゃそうだCD屋もないもんな・・
クラシックしか聴かず、それ系のブログしか見ないのでまだ世の中にCDは沢山あるイメージがありましたが、私の認識は世間とずれてるんだろうな。昔からずれていたので驚かないけど。
でもCD、まだ生きてるんですね。

ポリカーボネートって再生できるのかな?廃盤はどこへ行くんだろう?チップになって補助燃料とか?
埋めちゃうだけ?

その後日本橋に行った記憶が。
よくあったようなレコード店でCDをちょっと買い、マンションの一室みたいなところに輸入盤だけ置いてあるような店に入った記憶も・・雰囲気になじめずすぐに出ちゃったような・・
それ以外、何も思い出せない・・
あれ以降、大阪へは何度か行ったけど日本橋は行ってない。
いまもあるのかなあそこ。

驚いたのは最近のことのように思っていたのにもう25年もたっていたという事ですね・・あっという間だな・・
いいこともあったんだから・・
まあいいか・・・


Comment

Comment Form
公開設定