東京芸術劇場ランチタイム・パイプオルガンコンサートに行った1

先日、場所と時間の都合がついたため
東京芸術劇場ランチタイム・パイプオルガンコンサートというのに行ってきました。
平日のお昼休みに30分間(実際もう少し長かったと思う)のコンサート。
芸術劇場はいつも駅から地下層直結で入るのですが、たまにはと地上から入ってみようかと・・・
393.png

オルガンを持ったホールのランチタイムコンサートというのは色々なところでやられてますね。
サントリーホールとかオペラシティなんかは無料です。。助成金とかが出るのかなぁ・・余計なことか。
ここは500円です。余計なことだけどやっぱり無料と500円じゃ違う気がする、係員さんの数がものすごい・・クロークだっけちゃんと空いていてしっかりとしたコンサートの形だ・・当たり前か・・
プログラムもちゃんとしてる・・

ホールへ入り、全席自由なので席を探す・・・オルガンに一番近そうなここにしよう・・
390.png
有名すぎかもしれませんが、ここのオルガンは前後2面の違う顔(ルネサンス、バロックと近現代の3組の楽器)を持ち回転して入れ替わることができます。
全部を一度に回転じゃものすごいことになるのか3つに分けられた部分それぞれが独立しています。この位置から見ると裏側が見えていたりして結構あれ・・面白いです。
後で回転するときにわかるんだけど、意外に薄いのね・・横からオルガンを見るなんてないし・・
この席でサンサーンスの交響曲第3番を聴いたことがあります。近現代のオルガンで。
32フィートパイプが鳴るとオケでは出ないような低音に絞れましたが、オケに対してあまりにも音が低すぎ、オケの音が浮いているように聞こえたところもあった気が・・

このバロック面で
コレア・デ・アラウホ/第2旋法のティエントとディスクルソ
シャイデマン/コラール「天にましますわれらの父よ」
ムファット/トッカータ 第11番
の3曲が演奏されます。シャイデマンの名前を聴いたことがあるくらいで曲を全然知らないのでオルガンの音色を楽しむ・・みたいな聴き方になってしまいました。

音楽に目覚めた中学生の頃は初めての曲でももうちょっと聞けてた気がするんだけど・・録音して繰り返し聞いから分かっただけか・・
年齢とともに新しいものを受け入れる力がなくなってきてるのは感じます。まずいかな。
音楽に目覚めた30年前、パイプオルガンに興味をもちました。
NHKFMで「オルガンの調べ」という番組を日曜の朝早くにやっていることに気付き、毎週聴いていました。
NHKホールのオルガンをいろんな人が弾いて聞かせてくれるというもの。
偶然なのかはじめて聞いた回がマニアックな曲はいっさいなく解りやすい名曲が並んでいたのもよかったかもしれない。
バッハのトッカータとフーガニ短調BWV565、小フーガト短調BWV578、コラール前奏曲装えおお愛する魂よBWV654みたいな。
スウェーリンクの「わが青春はすでに過ぎたり」による変奏曲・・
あの頃はまだ青春は先にあると思っていました・・今、わが青春もすでに過ぎ去ってしまい・・・
あとバロックの明るく解りやすい曲が3連続で・・テープに録音して繰り返し聞いたのて作曲家、曲名を伝えるナレーションが今でも頭に焼き付いています。
なのにこの作曲家名だけは不明確で検索しても見つけられません。
30年前のあの演奏が今でも頭の中にあり、それを聴いています。
そのとき弾いていたオルガニストのコンサートへ行った時サインをもらった。
そこで「あのときのあの曲なんですか?」と聞きたかったけど・・出来なかった。
でも声を振り絞って「あなたにオルガンの楽しみを教えてもらったんです」みたいなことを言ってみましたけど伝わったかは・・

オルガンの調べはその後しばらくバッハを中心にクレープス、ブクステフーデ、あとよくわかんないけど聴きやすい曲・・メンデルスゾーン、シューマン、リスト、ブラームスなんかもあったな・・・フランクのコラール第2番くらいまでは何とか聞けた・・その後ヴィエルヌとかヴィドールだったんだろうか?オルガン交響曲全曲とかやりだしたころからついていけなくなり聴かなくなってしまった・


最初の曲はルネサンスオルガンで、次からバロック・・調律も違うらしいですが・・残念ながら私は調律を聞き分けられる耳をもってはいませんので特になにかも書けません。。
(多分)ペダルなしの曲で始まって次の曲でペダルが出てくるとはやりおぉと思います。とはいえキチンと音楽とバランスのとれた上品な低音です。一部マニアが喜ぶようなドドド低音みたいなイメージじゃないですよ・・ヴィエルヌとかじゃないし・・

389.png
ちゃんと写ってないですが、この星みたいなの、最後の曲の最終場面で回転しだす・・すごい速さで・・同時にオルガンケースの中でたくさんの鈴が鳴っているのが聞こえた・・
前に来た時にも見たし、これ何か宗教的な意味か何かがあるんだろう・・

ここでオルガンを回転。
コンサート中なので写真を撮るなというナレーションが・・
392.png
終焉後、また回転させていた・・撮るなといわないので撮っていいのかと思い・・

大した内容もないですが、残りは次で・・


Comment

Comment Form
公開設定