後ろに隠れて

950.png
人と接する必要のある仕事をしていますが困ることもなくやってます。大変ありがたいことです。
ですがそれ以外は全くダメ。
幼いころからとにかく後ろへ隠れていたい。
私に注目しないで、私に気付かないで、私はここにいないです、この状況早く終わってくれ・・
じゃあ引き籠っていたいかというとそうではない。ブログをやりたいと思うんだから人にかまってはほしい訳だ。
SNSとかいうのはよく知らないけど隠れてたい人間には不要というか無理な気がする。
40歳を過ぎたとき急にこれではだめだと思いあえて人のいる外界へ打って出ることにしました。
出てみたからと言って長くこびりついていた物が急に明転することはない・・
でも想像もしなかったいいことがあったりもしました。
なんだこれ、何書いてんだ。

リヒャルトシュトラウスの交響詩ドン・キホーテ のスコアをぼーっと見ていて・・
本を読んでドルネシア姫を妄想しているところ・・・

528.png

オーボエが姫なんでしょうけど、伴奏のバイオリンに第7、第8Pult.という指定があります。
前のほうの、第1、第2プルトだけが弾いてるっていうのはよくありますが、後ろの方でひそかにやれって・・・
これはもう視覚的効果を狙ったネタですよね。
取り合えず面白がっとくところでしょう。
オーディオ的にもちゃんとそれとわかる位置から音が聞こえないとこのスコアを聴いたことになりません。
書いといてあれですが今のところこの曲あんまり入れ込んで聞いてないんです。なんで隠れたヴァイオリンなのかな・・
このドルネシア姫は妄想上の存在なわけですが、空虚感?チープ感?・・

853.png

その先、
よくわかっていませんが、普通は弦楽器パートが2つに分かれてたらプルトとの二人で分担して半分づつに分かれるんですか?
内容によっては事前に片側を少なく・・とか決めてたりするんですかね・・

ここはスコア上でどのプルトがやるか指示して、バランスの設定までしています。
この人もマーラーと同じ、歌劇場指揮者で作曲家ですもんね。
なんかこの人、弦楽器の分割に異常な執念を燃やしてるんじゃないかと思うようなスコアを書きますよね。
そんなに聞き取れないでしょ的な・・
これなんかはまだ全然おとなしいほうですかね。
よく見ると第1ヴァイオリンンの4,5,6,7,8Pultと第2ヴァイオリンの6,7,8Pultが同じことをやっているというところで・・
対応配置だとステージの両端から聞こえてくるんですか・・


正直に告白すると、この曲はあまり好きになれずにいます。
でも、そう思っていて突然自分の中に曲が入り込んできて大好きになった曲もありますから・・
この曲と自分に期待しましょう・・

作曲家というのは考えてみると究極のかまってちゃんじゃないのか・・
死んで何百年もたっても遠い国のいろんな人が自分の作品を通して自分の心をあれこれ探ってきたりするんだろう・・
すごいよなぁ・・・いいよねぇ・・

Comment

はじめまして。とても面白く読ませていただきました。
リヒャルト・シュトラウスのスコアは読んでいるだけで時間を忘れます。
ドン・キホーテも面白い。究極のかまってちゃんかぁ。
確かにと思いました。
また遊びに来ます。よろしくお願いいたします。
  • 2017/06/08 22:57
  • ちゅら
  • URL
Re: タイトルなし
ちゅらさんこんばんは
初めまして
あっリヒャルトシュトラウスのスコア読まれるんですね。
複雑ですごいですよね。
出てくる音も面白いです。
コメントありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願いします。
  • 2017/06/09 22:26
  • unagi
  • URL
unagi様

はじめまして。貴ブログを恐る恐る拝読しましたところ、とても素敵で感動しました。楽譜の謎を解くスリルと興奮、殆ど楽譜が読めない人間にも感激出来るよう、優しい語り口での御解説、ありがとうございます。

興味深い点としましては、「ドン・キホーテ」に限らず「英雄の生涯」「アルプス交響曲」を鑑賞する席です。unagi様が仰る『オーディオ的にもちゃんとそれとわかる位置』、きっと長年の愛好家は御存知なのでしょうね。

貴ブログ記事【雷と嵐】に御座います『ワルキューレ冒頭のパロディー』『雷が光った瞬間に消える』『雷音はさらに遅れて届く』も又、想像力が豊かなR・シュトラウスの魅力を本当の意味で教えられた瞬間でした。99%スコアは読めないながら、1冊R・シュトラウスの楽譜(交響詩)を購入したくなりました。でも、英雄の生涯など高額でしょうか?

長い間、R・シュトラウスが大嫌いだったのに、複雑な音の交差が高解像度で聴こえてくる実演に接し、みるみるうちに雲が晴れ渡った日のことを覚えています。未だにオペラ作品は苦手ですが(汗)

今日は遅れ馳せながら、unagi様のブログが大人気である理由が分かりました。長くならない言葉で読み手を疲れさせず、とことん作曲家の魅力を解説して下さり、感謝しております。
こんにちは
michelangeloさん、こんにちは
励みになるようなコメントをいただきまして、恐縮です。
正直に告白すると私も楽譜はちゃんと読めません。ただ模様や風景を眺めている感じです。
でもその模様や風景に意味があることが見えてきたりすると楽しくてやめられなくなりますよね。
音楽がお好きなmichelangeloさんもきっとそうだと思いますよ。
R・シュトラウスの音楽もどこまで聴きとれるかな?と言っているような音楽で
スコアを見るとよくわかるという場面がだらけですね。
英雄の生涯はかなりの有名曲で安価なっ物が手に入る気がします。
ネットでも見られますが、大好きな曲御スコアを一冊持っているとその曲を手に入れたような気分になれます。
コメント、ありがとうございました。、
  • 2017/06/11 11:18
  • unagi
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)