マーラー交響曲第3 番のコントラバス

24.png
マーラー交響曲第3 番第6 楽章
愛の楽章ですが何度か悲しみの底へ落ちます。
落ちたところ、コントラバスとヴァイオリンが同じ音を弾いてる。
ここはとても効果的。苦しい、しぼりだすような叫び!
実演に行って驚いたのは、このコントラバス、高い音のせいか奏者が前のめりいなって指を抑えていた
それが視覚にはいることでこの叫びが強調されて聞こえます。

Comment

Comment Form
公開設定