遠い自演に思いをはせる

マーラー同時代の良きライバルだったリヒャルトシュトラウスは長生きできたからか沢山の録音を残してくれたみたいですね。
いくつかCDをかって聴いてみましたが、意外と普通というか、今風のどこにも違和感のない演奏だったような印象があります。
ブラームスや、いろんな人間にすごい指揮者がいるといわせたマーラーの演奏を聴いてみたかったと誰もが思うでしょう。
でもないんだから仕方がないですね。
ピアノロールを残したというのは有名ですが、これもいろいろ考えさせられます。


5番の1楽章・・
961.png
いろいろ調べてみると、まずピアノロールというものが
そもそもどれだけ正確に記録できたのか?
どれだけの再現性があるのか?
という問題があるみたいですが、それどころか
ロールの穴を加工、編集して、実際以上に音数を増やしたり、間違いを修正したり、実際引いたテンポよりずっと早く再生されるように加工して販売する・・という事が普通に行われていたんだそうです。
今から見ると不正、インチキという考え方をしてしまいそうですが、時代や状況が変わるとそういうもののとらえ方も変わりますので批判しても仕方がないでしょう。
マーラー自身はなんだっけリスト直系の・・ヴィルトーゾ系ピアニストでもあったらしいですね。
それを前面に打ち出したような曲を残していないところがかえって面白いですか・・
指揮活動を縮小して作曲に専念しようと考えていたらしいですが・・・実現していれば何か聴けたのかな・・不毛だけど
結構有名になってからのコンサートで何曲かピアノを弾いてた記録も見たような・・
ショパンのスケルツォ第2番があったと思う。
言いたいことは、テクニックごまかさなきゃならなかった系の話はここに持ってこなくてもいいんだと思います。
ただ再現性がパーフェクトだって、誰も保証できないんですよね?

仮に、マーラーのこれらにはそういった問題が全くなかったとして・・・
そもそも同じ曲、音楽であったとしても大オーケーストラが大ホールで演奏するのと、ピアノを小部屋で演奏するのではベストなテンポ、その他が待ったく違うと思うんです。(もちろん一致することもあるでしょう)
マーラーはピアノで演奏せる際はピアノで聴いてよく聞こえるように弾いたはずです。
なにでこれを聴いてマーラーの指揮のテンポを論ずるのは危険というか的外れになってしまう可能性もあると思います・・

これじゃ文句ばっかりでじゃあ聞くなよみたいですね。
そりゃぁ、聴くにきまってるじゃないですかこんな面白いもの。

962.png
1楽章の中間で大荒れになる部分がありますが、一本のトランペットのファンファーレをかき消すように始まります。
これ聴いてると左手で低いDesも弾いてるんですよね。
これ面白いですよね・・

オケ曲をピアノで弾くとき、オケの音楽をそのままピアノで鳴らそうというのと、ピアノで聴いていい音楽に聞こえるように弾こうという2種類のやり方があると思う・・
マーラーはどちらでしょうか・・・
トレモロ多用は前者の典型ですが、後者的な感覚もあると思う・・
あそこで低いDesを鳴らしているからといって、オケでも鳴らすかというとそんなことなないんでしょう。
今弾いてるここで鳴った方がいいから・・・

自分の曲だし、オペラの監督だからオケ音楽をピアノで弾くのは日常茶飯事なんでしょう・・
これやるために楽譜作ったりしたのかなぁ・・
その楽譜みられるのかなぁ・・
オケのスコアが頭に入ってるとピアノで弾けたりするのかなぁ・・
1905年だから最新作かな・・
元々ピアノで弾いて作曲したんだもんなぁ・・


その先の・・
964.png
木管とヴィオラなんかが歌う旋律はもう捨てていて、荒れ狂うヴァイオリンをやりだすんですが、ここ2つのヴァイオリンパートは同じ音なんですね。ピアノオクターブですごいスピードで暴れだしています・・
ここだけテンポアップしているんだけど、これ生のテンポなのかな・・
これ何気なく聞いちゃうけど結構すごいんじゃないのかなぁ・・

963.png
違う人の2手編曲・・はもっとシンプル。
この編曲者はピアノロール聴いたのかな?マーラーはこの楽譜よりもっと音を拾って弾いているようにも聞こえます。

話が中途半端で終わっちゃいそうですが、いろいろ興味深いですね・・
後半の木管が歌いだすところでハッとさせられるんですが、それが実際の演奏によるものなのか、ピアノロールというものの特性でそう聞こえてしまってるだけなのか・・

マーラー以外の曲でもいいのでもう少し何か残してほしかった気もします。
これを録ったのが1905年なら時間は何年かあったはず。
面白いと思たらもう少し何か残そうとしてくれたのでは・・

ただ、これを作ったその場にはマーラーがいてピアノを弾いたことは嘘じゃないんだから・・ちょっとだけマーラーに会えたような気がして感慨深いです。


Comment

マーラーのピアノ・ロール、興味深いです。
ご無沙汰してます・・・ でも毎回 読ませて頂いてますよ “スケルツォ倶楽部”発起人です。今日も 大好きなマーラーの、興味深い話題に 思わず反応(笑 )。
かつてベートーヴェンが 写真技術の一般化される直前にこの世から消えてしまったため その肖像写真が残っていないのと同様、マーラーもまた 録音技術が完成する前に逝ってしまいましたよねー、惜しいなー ああホント惜しい。マーラーの指揮した演奏の録音が、いえ せめてピアノ演奏でも残されていたら、たとえばラフマニノフの古いSP録音を Zenph Re‐Performance のような、目新しい技術で 最新の音に(あれは賛否両論だったけど・・・ )復活させることだってできたかもしれないのに。
ところでマーラーのピアノロール記録って ご存知のとおり第4番終楽章なども残されていますよね。これらを「伴奏 」にして 1992年 Victorが ウィーン・シュターツオパーの専属ソプラノ歌手の協力を仰いで「天上の生活 」などをレコーディングしたという、これまた珍盤が存在しましたね。ピアノロールに刷り込まれた「マーラー」の指は 未来の歌手に合わせようなどという気は毛頭なく(あ、当然 )現代の歌手との架空アンサンブルは結局ぎくしゃくしたフラストレーションに満ちたものに終わるわけですが、それでもオモシロイ、一聴の価値ありです。
Re: マーラーのピアノ・ロール、興味深いです。
発起人さん、こんばんは!
いつもありがとうございます。
ベートーベンの写真も見たかったですね。本当はどんな人だったんでしょうか。
昔ショパンの写真を見た時は衝撃を受けました。

> ピアノロールに刷り込まれた「マーラー」の指は 未来の歌手に合わせようなどという気は毛頭なく(あ、当然 )現代の歌手との架空アンサンブルは結局ぎくしゃくしたフラストレーションに満ちたものに終わるわけですが、それでもオモシロイ、一聴の価値ありです。

そんなものがあるんですね。知りませんでした。
時空を超えたアンサンブルって面白いですね・・
マーラーもやっぱり歌手に合わせて自在に変化するすごい伴奏を聞かせてたんでしょうね・・
そう思うとまた思いが募ってしまいます・・

ありがとうございました。
  • 2017/06/12 23:40
  • unagi
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)