一生もの

1025.png
今は行けないんですが、ここが大好きなんです。
いまは花も咲いて一番いいころでしょう・・

いろんな人のブログを見ていると特殊領域の追求みたいなのは興味深く楽しいし、普通に晩飯のおかずが載ってるだけなのに見入ってしまったりもします。
そんな人たちが、ふと弱音をこぼしていたりすることがあります。
みんな色々抱えているんだね。

いつも風邪をひくと治った後も2か月くらい咳が残ってしまう。医者へ行って薬をもらっても治らない。
人から「検査受けて来いよ」と言われました。心配していただけてるのと、迷惑なんだよなんとかしろよという意味もあると思う。
ありがたいし申し訳ないと思いながら「そうですね肺がんかもね」なんて悪態をついたりして・・
この歳になるとほんとに癌だったら・・という思いが一瞬よぎる。

癌で死にたくないと強く思いながら死んでいった人間を見たことがあります。
一方的に迫る死の前での無念と後悔、無力感は想像を絶するものだと思います。
日ごろ死んでもいいやなんて思って生きてきたとしたらそんな自分を殴ってやりたくなると思う。

あれを思い出すと、死ぬときの後悔を少しでも減らすことができるように残りの人生を生きたいと思います。でも難しい。
いろんな縛りを解放できず・・・

そんな中年にも音楽は鳴ってくれる。
バッハのコラール前奏曲「装え、おお愛する魂よ」BWV645
ほとんど何も知らない頃にラジオで聴き、コラール前奏曲というものを教えてもらったのがこの曲でした。



Youtubeのこれはちょっとテンポが速すぎるかな。
いろいろ探したけど、気にいる演奏がなかなか見つかりませんでした。
頭の中に勝手に出来上がっている演奏があるためでただのわがままでしょうね。


1002.png

コラールの旋律の最後の音が伴奏の上で長くのばされるというのがよくあるんですが、この曲極端に長いところがあるんですよね。
初めて聴いた時、そこに萌えた・・


1009.png
コラールの歌詞は知りませんし調べる気もないのですが、この辺りでは何かすごく熱いものを訴えています・・
生きなきゃいけない気がする。


1010.png
いったん落ち着いて冒頭に戻るかのような・・二つの声部が冒頭とは逆の立場でちょっと歌ってみて・・・やっぱりという感じで冒頭の音楽に戻る・・
この音楽はただ流れているんじゃなくて、聴こうとする人の心に向かって流れているんだという気がする・・
人は一人じゃないんだ見たいな気もする。

聴けば聴くほどやさしさに満ちているこの音楽の虜となってしまい、今でもこの曲は最も好きな曲の一つです。
確かメンデルスゾーンもこの曲が大好きだと言ってたんじゃなかったっけ・・


バロック音楽を聴いているときの楽しみに装飾音があると思う。
トリルとか前打音とか、古典、ロマン派以降のものとは違う意味というか趣というか奏法というかを持っていると思う。
バッハが息子のために書いたとかいう奏法の解説みたいなのが有名ですが、古典派以降には出てこないような多様なへんてこな記号がたくさん出てきます。
その解釈というかセンスというか演奏者によってまちまちなんですよね・・同じ曲なのに全然違うものが聞こえてくる。
またバロックの場合は何にも書いていないところにも装飾を入れますよね。名人芸的な話なんでしょうけど、、そういうものにも自分なりに好みがあるんですよね。
いいなと思える演奏とそうでない演奏・・・
トン・コープマンとかいい時はいいんですが、やりすぎでうるせーよとか思っちゃうことも・・
古い録音でトリルがロマン派みたいに下の音から始まってたりすると萎えたり・・
同じトリルでもゆっくり初めて加速して・・その具合とか・・
この曲もいろんな演奏を聴いてみると、各部色々あります。

1011.png
自筆譜を見ることができた。
紙を倹約するためできるだけ詰めて書こうとしている・・なのに読みやすく温かいバッハの筆跡。
よくは知らないですが、これは作曲時ではなく後にまとめて清書したものらしい。
書いているとき、300年後の誰かに見られると思っただろうか?

あれだけやってきたバッハだから、死ぬ時は穏やかに行けたんじゃないかな?
事実と伝説は違うのかもしれませんが、彼の最高の技術が結晶化していると思われる最後の作品は
BACH(シ♭ラドシ♮)自分の名前によるフーガ主題を登場させたところで中断したまま残されました。

最後の光を見たバッハ、
あのフーガまだ終わってないんですどうか最後まで・・・
先祖か天使か知らないけどでてきて、
「もう十分やったんだから休みなさい・・」
いや、最後まで・・
「未完で残したほうが絶対うけるから・・」

あれ、何また書いてるんだこれ
くだらないことを書いてごめんなさい。

Comment

こんにちは
ステキな景色ですね。
このままじっと眺めていたいですね。

2年前に咳が続くので病院で診てもらうと・・・
喘息と言われました。
非アレルギーの軽い喘息らしいのですが
季節の変わり目は辛いです。

unagiさん 検査をして何もなければ安心ですね。
お大事に♪
Re: こんにちは
花梨さん、こんにちは

この場所は稚内から少し南へ来たところで見えているのは利尻島です。
今行くと花の香りもするんじゃないかなぁ・・
喘息ですか・・大変でしたね。
私もなめてないでちゃんとしようと思います。

ありがとうございました。
  • 2017/06/18 17:49
  • unagi
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)