ペダルピアノ

元旦ですね。
全然お正月らしくない曲の紹介でも。
77.png
かつて足鍵盤をもったペダルピアノという楽器が存在しました。訳知り顔で書いてますがそんなものみんな知っていることかもしれません。
シューマンがこの楽器のために魅力的な曲をいくつか残しています。楽器はすたれてしまいましたが、オルガンのコンサートに行くとよく弾いて聴かせてくれます。ドビュッシーが2台のピアノ用に編曲した楽譜もあります。
私は6つのカノン作品56という曲の第2番が大好きです。オルガンで知りましたが最近聞いているのは2台のピアノ版。
自分の音源を丸ごと1曲貼っていいかわからないのでYOUTUBEにあったものを。

これは2台のピアノ


これはオルガン。

コンサート用ペダルピアノみたいな動画も発見した。

なんでこの楽器が普及しなかったかわかるような気もする。

イ短調ですが悲しいのではなくて、無垢な美しいものが光の当たり方でこう見えるみたいな・・
とにかく、この曲が好き。

2台のピアノだとカノンの前後を2台のピアノに振り分けるのでとても分かりやすく効果的です。
オーディオ的には2台のピアノが鳴ってる感が・・・みたいな。

シューマンて肖像を見るとおっさんて感じですけど、魂がロマンティックすぎて壊れかけてるような人なんじゃないかな
実際壊れちゃったし。
オルガン版の途中で夫婦の写真が出てきますが40歳くらいのクララって奇麗なだけでなくで人間も魅力的だったんでしょうね。
ブラームスもあれしちゃって。



Comment

Comment Form
公開設定