漏れてる

昔の写真をなんとなく眺めてたら正月休みに思い付きでふらっと大阪へ行ったときのものが出てきた。
今じゃ思い付きでふらっと行ける場所では全然ないけれど、あの頃はそのありがたさをちゃんとわかってなかったかも。
10356.jpg
お好み焼き食ったのか
全然覚えがないな
席で目の前で焼いてる
これどのあたりでだったのかな?
この頃はまだキタとかミナミとか、言葉は知ってたけどどこが何だか全然わかってなかった。
梅田がどこか知るのは十年後。
10357.jpg
あれ?
自分たちでやったら絶対こうしないはず。
全く何も覚えてないのになぜか
若いお兄さんがやってきてなんか言いながらソースをかけてるシーンが頭の中で再生された。これが、
今自分の頭が状況に合わせかってに作ったものなのか、遠い記憶が引っ張り出されて出てきたものなのかどちらかわからない。
全くどうでもいいそのことを延々・・
こんな全然関係ない昔の話を書いてるのは現在状況に書けることがなかったから。
一度はこれに絡めた別な話を続けてみたけれど自分で嘘くさい気がしたのでやめ。

頭の中に充満していることを書きだせば止まらないけれど。一つはこんなところに書くこと自体がまずく、もう一つは書かない方がいいと思う。
素直に現状でも書いてみると・・事態が好転することを願ってみても逆方向へ進んでしまい今日も楽器の練習はできず、数日後に迫るレッスンへ行ける可能性も負け戦の様相を呈してきてる。
なんかこうものすごく落胆というかどうしようもない気分になちゃってるけど冷静に考えればいけなくてもその週にもレッスンが予定されているのだから問題ないはず。
今日練習できないとまたおかしくなるのかもしれないけれど、もともとおかしい人なはず・・
なのに5分でいいからとかやりたい気持ちが止まらない。
いいことのようだけど、その奥に自分はまたダメだなんだみたいな稚拙な強迫観念みたいなものが渦巻いてのを感じる。
怒られることに怯える小さな子供のというか・・あとは今無くなるともう一生手に入らないみたいな意味不明な焦り・・
昔からの長い長い積み重ねが心の奥からそういうのを言わせてるなと自分で思う。
あれだよね、すぐ目の前ばっかり見てるからそうなるんで
もっとどっしり構えて遠くを見据えろよ
というところでしょう。
あのね楽器咥えて口の形がおかしいと息が漏れるのね。
漏れてるときは多分いろいろ間違ってるから変な音が鳴るし、息を無駄に捨ててるから早くなくなるしその分押し込もうとして変な力を入れるから余計変になり・・と暴落の加速が始まる。
わたし楽器に限らず持ってるエネルギーを変なほうに漏らして消費しちゃって生きてきたからこんななんじゃないのか
今まさにこれも自分で自分を貶めようとしてるけどこのエネルギーをほめるとかいい方へ持ってけないのか・・
落ち着いてポジティブ気味に書いてみると、長く休んでリセット・・の言葉に乗ってやってみたところ楽に音も出てタンギングもできる所を今度こそつかめたはず?とか思ってるの。だからこれを確保したいし失いたくない
また言ってらってなもんでしょうけど。
本人はいつも今度こそと思って・・

色々いいことを書いてみても収まらない。
これも、その外にある書けない昼間の大問題も、みんな導かれて起きていることだとすれば意味のある必要なことなんだろう・・・・だんだん宗教みたいになってきた。
ああいうのがどうして生まれてくるのかちょっとだけ解るような気も・・
私なんかよりずっと悲惨だったり不安だったりいろんな状況に直面している人がたくさんいると思う。
それはわかるんだけど、現実的には他人のことは全く別なはなしでじゃあいいかとはならないから。

昔嫁さんとよく行ったお好み焼き屋はつぶれて無くなってしまった。
だけど家で食うようにはなったなぁ・・それがどうしたってなもんだろうけど。
なんかいろんなもんがやたらに入ってるようなお好み焼きが食いたいなぁ・・

https://www.youtube.com/watch?v=6bNjnx__b5I
何の関係もないけど、頭の中で鳴ったから。
この曲、なにと戦いどこへ行こうとしてるんだろう?
これも中2のときには聴いてハマって・・若い頃は激しい曲に魅かれるもんだし自分もそうだったととワルターも言ってたな。
最初はルーヴィンシュタインじゃなくてサンソン・フランソワだったかな。
10363.jpg
去年あんなだったからいけなかったけれど、時々チャンスが来たら特攻する日帰り遠征で神戸か20年以上前に仕事で短期間滞在した大阪のある街に行こうと思ってた。
もう一つ、震災直後に代行バスに乗って通過させてもらった神戸の街、あの時用があってだったとはいえ問答無用罪悪感みたいなものを感じた。
行って何をするでも何ができるわけでもないけど、一度行きたいなぁ。
今すぐじゃなくていいから。
色々あるけどみんな乗り越えて・・乗り越えられなければそれなりに起き上がってみたりして・・来年出も再来年でもいいから

Tag:ショパン  Trackback:0 comment:1 

奪われてない

あの時は学生で休日明けの朝だったと思う。
目覚まし代わりのテレビにタイマーでスイッチが入り、
どうしてこんなことになったしまったんでしょうか?という声が聞こえた。
目に入る複数の黒煙があがる街、南米とかどこか全然知らない国でクーデターでも起きたのかと思った。
違うこれは・・と気づいたのは阪神高速の高架から投げ出されたトラックの積み荷に日本語を見たからだったか・・
直接だけじゃなく間接的にも突然あるはずだったこの先を奪われた人がたくさんいたと思う。
もう26年なのか
奪われることもなくここまで生かせてもらって思うのは、うまくやれなかったのは分かったから残りをできる限り・・いう程うまくいかないけれど
10339.jpg
先週だったか、屋外のクレープ屋で・・おっさんがクレープなんか食ってどうすんだ。
おいしかったけど。

この週末は出かけたり楽器を吹いたりしてる場合じゃなかった。
理由を書けばいいのに書けない所が歪んだ人間感を示してるのは置いといて、もともと飯屋に行ったりするのはまずいなと思っていたからいいとのだけど楽器の練習をしたかった。
週が明けると楽器のレッスンが予定されていて何としても行きたいところだけど行けるかどうか微妙。でも諦めてない。
本当に正しい形を押さえられているのなら、1日10分音を出すだけでもやるとやらないで全然違ってくるものらしい。
らしいと書いてるのは私に断言する資格はないと思っているからで、3年毎日・・もういいから。
また下唇に歯が当たって口内炎になりかけてるしちょっと休ん方がいいという事にしてがまんしろや。

https://www.youtube.com/watch?v=nqEk73LvnzQ
前にも書いたけど雨に濡れてるようなこの曲、中間部は夢を見てるんだと思うんですよね。
夢って寝てる夢じゃなくて未来への希望と野心みたいなの。
誰にも言わず、一人自分の中だけにしまって。
最後に、何かを決意したか誓ってるようにも聞こえる。

異常な形でできるようにならない楽器に幼少期から積み重ねられた自己否定感を呼び出されで打ちひしがれちゃっても、それはそれでここに何か書いたりして心が動かされてるんだろうなとは思う。
なにもしないと、何も浮かばない。
嫌な事ばっかりで悲惨な自己認識を煮詰めた煮凝りみたなって死んでいくのも悲しいけれど安全圏へ逃げて何もせず心を動かされないまま時間が過ぎていくと、俺の人生は無駄に消費され何もなかったとか言い出すのかもしれない。
かもじゃなくて、そんな過去30年間だったなと自分の中で一つの総括がある。
10358.jpg
帰宅すると小松菜が置いてあるの図。
もらってる生きてる人みたいだからここには書かないつもりだったけど他に貼る写真もないので。
もらえるのには訳があって別に私が特別好かれているとか言う事では全然ないのだけど、嫌われ排除されてるわけではなさそうなところは大変ありがたい。
ひどいときにはそう思い込んでいた。

また、夢を見た。
とっくに死んでいないはずの人がすぐそばにおり長時間何かを話していて、そこにあったのは攻撃や罵りではなくポジティブで暖かい内容だった気がする。
夢の中でもあれ死んだはずの人間となぜ話せるのかよほど伝えたいことがあったんだろうなんて思ってた気がする。
誰があの夢を見させたのかはわからないけれど何を言おうとしたのか・・全部人のせいにしないでくれという事?
あの後なぜか外国にいて目の前に飛行機が落ちたりしてたけどあれは関係ないかな?
目覚めると今度は私の子供のころからの数々の事件、自分の不具合を不特定多数の前であぶりだされその後周りからの表情と視線・・私の人格形成上に寄与してきたそれらがみんな同じ一本の原因の上に乗っかってつながっていることがサーっと理解できた。
それで何かが解決するわけでも自己認識が変わるわけでもなんでもないけれど、全部を自分の人格のせいにするなと言われているようにも思えて何だかわからないけれど少しだけ明るいものをもらった気がした。
完全に放電してしまうともう充電できない電池があるというけれどそこまでいかずいつもほんの少しでも自分を擁護する気持ちがあれば、また充電するチャンスもあるだろう。

ほんとは我慢できずに10分くらい吹いちゃった。
いける・・と思う・・何とかレッスン行かせて・・その先もつぶさないで。

どうか
うまくいかないにしろ挑戦する場を奪わないで残しておいてください。

Tag:ショパン  Trackback:0 comment:0 

しっかりしろ

10351.jpg
車の点検で待っている間。
これも飲食だよなと思ったけど他に誰もいないしいいや。
飲みながらあーっなんて声出したりしてなにやってんだ。
地域の対応病床が満床になったというのを読んだことを思い出しながら。

帰ると楽器。
修理で留守中の愛器に代わり2号として注文した超絶安価な楽器はすぐきた。
細かいことをいろいろ書こうかと思ったけど思うところがあって省略。予想よりかなりちゃんとしてた。
超絶安価と言えば大体中国製で、大方の予想に沿ったひどいものも平気で流れていたようだけど今はだいぶ改善されたのかたまたま当たりが来たのか
段ボールから出しケースを開けながらああ日本人の目が入ってるなこれなんて思ったり。
合奏に入るとかちゃんとした人がレッスンを受けに行くのにこれをもっていくのはまずいだろう。
だけど少なくとも今の私練習用としてはこれで十分というよりオーバースペックなくらいだと思う。
そんなにへりくだらなくても・・いや俺そんななんだよ。
10352.jpg
全く関係ないけど中国へ行って食った何か・・
うまかった。

口径があってなくてマウスピースはまんなかったりとかいうのもなくいい感じでちゃんとはまった。
10日以上ぶり、楽に音が出るはずのリードをつけて
最初のひと吹きはお前へりくだっとけ状態となりその原因は楽器のせいではなく自分の口にあることが自分で分かる。
これ買ってよかった。レッスンの冒頭これだったら・・
どこかで読んだ久しぶりに楽器を手にしたら思い切り吹かないで鳴りやすい音をちょっと探るように吹いて終わるくらいでというのを思い出しつつまたいつものようになんで出来ないんだとかガンガン吹いちゃって。それでも一時間くらいでああこうかなみたいなところに落ち着き。
しばらく休んで体がみんな忘れちゃったんなら、間違ってどうにも直らなかった癖をリセットするチャンス・・みたいなのを読んだ翌日、
一番最初に聴いた基本をゆっくり・・
慣れてくるととても楽に音が鳴るようになってきた・・これはリセットしていい感じで吹けているからなのか楽器のせいなのか・・・
とか書いても、
私だともう何の説得力も真実味もないですかね。
それでも、自分の中でよかった・・これ買ってよかった。
よし練習しようと強く思ったからいいか。
もらった蕪はポトフにしてくれて、とてもおいしかった。
・・・まで書いてあって、3日目
最初の音出しからまた壊れてんのに自分でもうんざりだけどめげずにたしかこう・・とやってたら10分くらいでいい感じになってきた。
そこから10分吹いて・・・
別な理由で楽器やってる場合じゃなくなる。
来週のレッスンは長く間が空いてしまっている上にその先レッスン禁止になる可能性もあるからどうしても行きたい。
けどまたしても怪しくなってきた。
ちょっといい感じかなと思ったところでなんでこうなっちゃうの?
行けない残念もあるけど、なんかやる気がないか自信がなくて逃げてるみたいじゃね?
こどもじゃないんだから、どっしり構えて粛々と対応してこう。
10353.jpg
餃子は日本のラーメン屋にあるような焼き餃子じゃなくて蒸したようなの。
ほうれん草のギョーザとかエビいりギョーザってのが出てきて薬味のたくさん入ったつけ誰で食べる。
これもうまかった。
食いきれないくらい頼んで並べ、残して帰るというのが彼らのもてなしの考え方だそうで
10354.jpg
この魚の煮つけは意外にも日本のやつを思い出すような・・
さっきから何関係ない写真貼ってんだ。
私は仕事で中国企業と関わっています・・・何を作ろうと向こうで作った方が圧倒的に安くなっちゃうからみんなあっちへ行っちゃうのはだれにも止められない。
よく言われるような粗悪品や低倫理観に悩まされることもある。
あるけど・・まいいや。

今年はいろいろと厳しい年になると思ってる。
楽器が割れたのはそれを暗示している気もする。
おまえ、わかっているだろ?

https://www.youtube.com/watch?v=wuHvpXmRym4
もともとこれが張ってあったんだけど、気分がまったくもって落ちてしまったので暗い曲に変えようかと・・
そんなことするからそうなっちまうんだからよしましょう。。

どうか、乗り切ることができますように。


Tag:ブラームス  Trackback:0 comment:0 

光を

10345.jpg
冬の富士山と言えば雪が積もってるもんだったはずだけど最近は降っても浅いというか薄い雪がすぐなくなってしまい1月なのに真っ黒って・・
山の稜線付近結構高い位置に観光道路のビューポイントみたいなこの場所は今これを書いてる部屋の窓からも見えて、歩いて行けるんじゃないかと思ったりもするけれど実際行こうと思えばすごく遠いし今歩いての到達は不可能ですごく遠い。私にとっての音楽みた・・ネタはいいから
この道沿いに湧水に鳥居と立て看板みたいな場所があって、説明書きにはだれだったか・・昔の有名武将がここで水を飲んだかなんか書いてあるんじゃなかったかな。
昔に詳しい地元の人に聴いたらあんなの観光会社が勝手に書いたもんで嘘だぞ。
あんなとこに昔から道なんかなかったしそんな奴来てねーから・・
あれもネタなのね。
家から見えるのなら
10346.jpg
ここからもこの家が見えているはず・・もう目が悪くて肉眼だと何だかわかんないけど。
ここから夕景を眺める車のヘッドライトが光って見えるのはまあ驚かないけれど、誰かがカメラのフラッシュ炊いたりすると家からその光が見えるのね。
すごく遠いのにあんなちっちゃいところから出る光が・・
報道によればこの田舎も短期間で危機的状況に陥ってしまった。
そのことに対して自分は何ができるかというところだろう。
予定されていた出張は急遽中止。
レッスン延期してもらった件はもう今更なのでそのままで。
それはいいけど全く別な理由でそんなのみんな飛んでしまう可能性を含む事態に接しており
こまった
逃げ出したいところではあるけれど横へ逃げれば落ちて死ぬだけ。
後ろはない。前へ進むしかないから進んでいくけれど・・
袋小路へのやり取りで真っ黒な頭の中でこれが流れ出した

https://www.youtube.com/watch?v=q41cdVuD-v4&list=PLAARTOoCRekVTKffiFln82KTDE7WIxLWv&index=3
前半に嘆き訴え
神に向かいあなたの前では私たちの命なんてあってないようなものです・・みなあくせく働き積み上げようとするけれども・・
ドイツ語を聴いて理解はできないし聖書も知らないけれど音楽がすべて語って教えてくれてる気がする
そこへニ長調の後光みたいなのがさしてきて
1342.png
このラッパが・・私はプロテスタントじゃないしなんでもないけど苦しいとこころにこの響きが光となってあたりを照らしたりして。
聴いてる間だけだけど。
この後にくる素晴らしいフーガで言ってるのは
正しい者の魂は神の手に守られ、 そこにはいかなる苦痛も届くことはない
だそうだけど私は正しいものじゃないかもしれないからなぁ・・
しかしみんな、最後は苦しい時の神頼みなのねなんて言ったら怒られるのか。

誰でもそうでしょうけど好きでしょうがなくて聴きまくったい音楽は何にも持ってなくても頭の中で勝手に鳴らせるようになりますよね。
今頭の中で聴こえる流れてるこれを歌ってるのは誰なのかな?と考えると
あの名盤でもないし上に張ったこれでもない、あの愛聴盤でもないし最近聞いたあれでも・・
歌ってるのは多分10代の頃最初に聴いたあの演奏。
もう脂が抜けて枯れた声だったのかもしれないけれどそこがよかったと思う。
悪く言えば最初の刷り込みに支配されてるだけだけど。

昔は正月だって富士山は雪をかぶってたよなと思いながら古い写真をみてみれば
10347.jpg
これはもう17年か8年前の富士山。
ちょうど今頃でやっぱり雪をかぶってるよね。
変態ネタを書いてもしょうがないけど私はカメラという物を拒絶してずっと持たなかった。
持とうと思ったのは嫁さんと知り合ったことでこれはカメラをもって出歩いた2日目くらい。

成人式だろう近所で振袖の子が眼に入りその子の親は私の同級生だと直感すればまた自分の人生は無駄だったみたいなのにスイッチが入っちゃやったりする・・いつものことでもうどうということもないけど。
いろいろでてくる写真を見てたら
10349.jpg
あたりまえだけどそこに若い嫁さんと私が写ってるのね。
なんか、笑ってた。
何にもないまま無駄に過ぎ去ったわけでもないのか
ちょっとそう思えたから、それでいいか。
他の写真を見てても無邪気というかのんきというか二人とも若くて訳の分かんないような・・
それはいまだに変わらない。
あれからもう17年か、見れば思い出す記憶は一昨日みたいだけどな。
今日の晩飯はほっけの干物にこんにゃくの刺身と大根の煮物。
こういうのがうまいと思う年齢になったことは間違いない。
私は正しい者ではないと思うけれどせっかくここまでこれたんだから
何とかして生き延びないと
小さな光は片手に握り周りに見えないよう隠しておく。
なにいってんだ?

Tag:ブラームス  Trackback:0 comment:0 

おもちゃ

10337.jpg
またなんか野菜をもらった。
帰宅したら玄関に置いてあったけれど、最近二人いる色々くれる方の・・でもだいたいわかる。
これどうやって食えばおいしいのかな?
だいたいこれなんだろう?
大晦日にもらった自家製こんにゃくがうまくて笑う。
こんにゃくってうまいんだな。

割れた楽器は修理してもまた割れる可能性があるとのことで管体を交換することになった。
分割する構造なので一部とはいえ割れてしまった管に申し訳ない。まだ一度も・・
同時にメンテもお願いするので結構な金額だと思ったけど調べると妥当なようでそこは納得しつつ、もうメンテの時期なのに所有者はなんにもちゃんとできない人という点がはずかしいというか
修理期間2週間とのことなのでレッスンには間に合わないけれど先生から楽器をお貸しいただけるという事で大変ありがたい。
だけど練習どうしようか
ネットで多分中国製の超絶安価な楽器があったことを思い出し見てみるといろいろあって多数のレビューがついていた。読んでると
・大人がはじめて吹く程度であれば十分楽しめる
・超初心者の私にも音が出ます。
・孫が大変喜んで早速吹いていた。友達も一緒に楽しんでいた。私も練習しようと思っている
・楽しんでいます

あれやっぱりふつうはそうなるのね。
真剣にやろうとちゃんとした楽器を買いもう何年目かもわかんない大人のつもりでしたが、
先生からあなたは音を出せるようになることが課題といわれている私。
音さえ出れば俺だってと思った記憶が何度もあるけどその先がない私。
楽器をやろうと思って35年、楽しんでますとか思ったことはまだ一瞬も・・
また頑張って練習します。
二度と管割らないように気を付けなくちゃ。

https://www.youtube.com/watch?v=mmV4e5_86ZY
学生時代は音楽をただ聴いてた。
その最後の日に聴いたのがブルックナーとマーラーそれぞれの交響曲第6番だっ・・
ブルックナーの交響曲はみんな両端楽章で巨大神殿みたいな終結に向かって登ってゆく坂を持っているのだけど、この曲の第1楽章は途中で風を感じ周りの景色を見渡すような余裕があって他とまた違う世界があるのね。ゆっくり・・しかし力強く登ってゆく。
ずっと、素朴ではあるけれどゴツゴツして毛皮も入っちゃってる猟師料理みたいな彼の作品は一般人には到底理解されるものではなかった。
この6番で初めて彼はバターやクリームで味を調え外観を飾って都会のレストランのテーブルに出せるような皿とすることを始めてる。
実際それが聴衆に届いて爆発的成功に結び付いたのはこの次の7番であるけれど。
彼は相手にされないどころかけちょんけけちょんに貶され踏みにじられてた若番の曲をそのコンセプトで改定し世に出そうとした。
6番は2楽章なんか彼の全作品中もっと深いんじゃないかと思ったりもするけれど、後半2楽章にまだ魔法が下りてきてない気がする。結局作者の存命中に全曲演奏されることはなかった。
フィナーレにもう少し魔法がかかれば他と違いコンパクトにまとまったこの曲も超絶名曲の仲間い・・そんなの大きなお世話か。
10344.jpg
今朝も練習場で譜面台を前にし周りに他の人たちを感じつつ練習しているとある人から罵るように追い出されるという夢をみた。
実在の人物の聞き覚えのある声が耳元で鳴っていて、内容も至極もっともな・・
だけど夢の中でもうるせーよと自分のできることを強行しようとしてた。夢特有のなんでこんなにすすまないんだ?とかいってたけど

総合的にはおもちゃみたいなものという位置づけの超絶安価な楽器を注文してみた。マウスピースとリードはいつものものを使うし、とりあえずその先がないと鳴らせないから・・
楽器に限らずぱっと見それなりの外観を有しても機能的には不完全なものをおもちゃだと表現する事がある。
書いちゃいけないけど私は子供のころから一見人のようで出来て当たり前のことが出来ないおかしい人だと思われ言われて生きてきた。
言われるのも困るが首を傾げられるのがつらくそうならないようできるだけ人から遠ざかって生きてきた結果がこれ。
頭まではいかれてないので何とかして自分もという思いがずっとどこかにあって今頃出てきてる。
なんとかしたい。
諦められないので頑張ろう。

Tag:ブルックナー  Trackback:0 comment:8 

とりあえず生きる

10340.jpg
ブログはいつも事前に書き貯めるのにこの何回かギリギリまで書けてない。
考えないようにしようと思っているけれど実際は頭の中が仕事のまずいなぁで埋まっちゃってるからかもしれない。
詳細書けないんならうだうだほのめかしてんじゃねーよという話だし、自分の気持ちのことを書いてみればどんな反応が来るかを予想するとこれは書かない方がいいあれもダメじゃあ最初から書かなければとか頭の中でやってるうちほかのことも含めなんにも書けなくなってくんのね。
免疫暴走みたいだ。

みっともなくても他に強く心を動かされることがあればいいんだけどいま楽器どっかいっちゃったし。
修理の見積もり言ってこないのも待ってりゃいいんだろうけど電話してどうですかなんて聞いてみたりして。
まだきてないのできたらご連絡しますで終わろうとするところに期限を切ろうとしながら仕事じゃないんだからとも思ったり・・
だいたいそんな偉そうに急いでみたところで何年たったってまともに吹けもしねーお前の方がずっとおか
うるせーばか。

じゃ飯でも・・
この数日こんな田舎街でも複数の感染確認が報告され、その内容を繰り返し流す広報無線を聞いてると感染に気付いてない人がその周りにまだいる気がする。
たまたま発症してないだけでそれやりゃ感染するからするなとあれほど・・をやってんだよと自白な人がすぐ近所にもいた。
おしゃれ店は自称上品な人がギャーギャー騒いでいるし、近所の人しか来ない静かな昭和の食堂にそのつもりで入ってみると昼から酔っぱらいが大声で武勇伝というのに複数個所で遭遇した。
色々考え合わせればもうどこに行ったってリアルリスクに遭遇するということだろう。
だれに文句を言ったって仕方がない、自分で判断して自分で何とかしていくだけ。

一対一とはいえ楽器のレッスンだって遠からずまた禁止命令が出るかもしれない。
レッスン取り上げられたからって死ぬわけじゃないけどね。
いや分かんないよそんなこと言ってるうちに楽器どころじゃなくなってああやりたかったなぁなんて思い残して死んでくとか。
なに書いてんだこれ・・仕事がさぁ‥いいから。
今ある場のなかでどううまくやってすり抜けていくかということがあるだけ。
腐ってると時間はどんどん過ぎてくのは知ってるからうまくやるだけ。
10341.jpg
ここはある公共施設のロビー。
曜日もあってほとんどだれもいない。
天井が高いそこそこの空間だからここで楽器を吹いたら結構なエコーがついてすごくうまくなった気がするというか気持ちがいいだろうと思う。
何度かそんな場面に遭遇したこともあるけど俺はそこで好きなように何かを吹くまで行ってなかったから・・なかったからなりたいと思って5年くらいたつのにまだこんなかと思うともう死んじまえばいいんじゃないのとか声も聞こえるけどうるせーよばーか。

https://www.youtube.com/watch?v=NWYMrGb-9hI
パイプオルガンをコンサートホールで聴いたことは何度もあるけれど正直・・の先は書かない。
一度でいいから石造りの高い高い天井を持った教会で聴いてみたい。
神様が奇跡を許してくれるのなら弾いてみたい。
10343.jpg
そこに入ってる小さなレストランにお客は一人もいなかった。
あのとんかつみたいなのは肉じゃなくて麩のフライ。
ササミがあったり、お吸い物に鰹出汁を感じたりで精進料理ではないけれど、でも脂で心まで汚れちゃってる人にはなんだかとてもおいしかった。
セロリのマリネみたいなのもうまかった。煮物も・・あれも・・これも・・

最初の写真は薬膳茶ですといって食べ終わるころに出してもらった。
なんかきれいですね。
綺麗な食事やお茶は心にも効くと思うんですよね。
すぐまた汚れるけどね。
だからこそ、うまくやってくことを考えないとね。
もういいやなんて思うとほんとにすぐ癌になったりすることを何人かの人が教えてくれてる。

Tag:バッハ  Trackback:0 comment:2 

早く治って

楽器屋の営業初日は自分も初出勤。
朝目覚めるといきなりお前生きている意味なんかないだろ?みたいなのが周りを包んでた。
時々あるので驚きもしないけど特になにがあった訳でもないのになんだこれ?
犬とこたつに入ると今度は腹痛が来て何だこれ癌じゃねーのかくだらないこと考えてるからだろと思ったけど朝食をとってる間に忘れ、出社し急ぎの仕事をこなせばなんで生きてんの?もどっかへ消えた。
退社後割れた楽器を預けに楽器屋へ直行。
私は楽器をやってる人コンプレックスみたいな変人だけど楽器屋の人コンプ・・リペアの人はいないにしろちょっとなんか話をしたりするのかなとも思ったけど受付の人に差し出された預かり票に名前を書いて終わり。
開口一番の外注に出すので・・は自分だったら違う言い方をするな思ったけどそんなのどうでもいいな。
10336.jpg
意外に車や人が通り写真なんか撮ってると変態がいると通報されるかと思いながら。
通常2週間くらいかかるとのことなのでその間ないものはない。
マウスピースだけども音は出るけどあれだと苦情が来るだろうな。
もともと全然ダメな人がずっと吹かないとどうなっちゃうのか。

レッスンで通ってる楽器屋はもっと全然違う方にあるのだけどここはその本店。
嫁さんは子供のころからエレクトーンを習ったらしくそれもこの楽器店の別会場でだったそうだ。
また習いたい?と聞いたら暗い返事が返ってきた。
仮面夫婦という言葉があるけれど私はあるころから仮面家・・妹というのがいてエレクトーンを習っていた。ヤマハじゃなかったからエレクトーンじゃないんだろうけどなそんなのんだっていいだろう。
本棚を整理していたらいかにも吹奏楽部な楽譜を挟んだクリアファイルとリードの箱が出てきたことたがあってなんだこれは?なんて思ったけどなんだじゃなくて妹は高校で今私がやりたくてできない楽器をやっていたんだ・・というのを次の日の朝起きた時何の脈略もなく思い出した。
私が中学の吹奏楽部にいたとき隣でトロンボーンを吹いていた女の子も同じ学校へ行って同じ楽器を持っているのを目撃した。
みな、うまい下手は別としてやりたいと思えばすぐ音が出て吹けるのが普通なんだろうと思う。
なんで俺だけその同じ楽器の音が出ねーとかずっと言ってるんだろう?
そういえば返ってくるのは練習しないから

エレクトーンを初めて見たのは通った幼稚園である日搬入されたそれはたくさんのレバーやつまみが並び、どっかのボタンを押すとリズムパターンみたいなのが勝手に鳴るのを見てたまげた。
あれはなんだとわくわくしていたけれどそれはついに最後まで私たちの前で鳴らされることはなく一つ下の組の入った部屋で若い先生が弾くのを壁越しに・子供ながらに何この冷遇みたいに思った記憶があるけれど私は新設された幼稚園へ中途で2年だけ入った先行試作組みたいな少人数の集団で先生もなんか弾けたりしない経営者一族のおばあちゃんみたいな人だった。
家に突然運び込まれたエレクトーンは従兄のおさがりで多分70年代初頭の廉価モデル、あんなに触ってみたかった押すとリズムが鳴るボタンとか勝手にコードがみたいなのは一切なかった。ペダルの一本は折れてた。
弾けないんだから関係ないけどね。
それでも楽譜の読み方もわかんないような訳の分かんない私の遊び相手となってくれて、ああ音楽って面白いんだなと私に思わせてくれた。
あれがなかったら、今のこの俺だって楽器を・・につながってなかったかもな。
音色が3つくらいしかなかったけれど、あの頃興味を持ったパイプオルガンのコラール前奏曲なんかにちょうどあう感じで

https://www.youtube.com/watch?v=8UJMxj2R45M
一目ぼれしたこの曲を耳コピで弾こうとしてみたり

先生からはレッスンで楽器がなくても貸しますから心配しないでとおしゃっていただけて・・
しかしよりによって次回レッスン予定日、時勢的には出張禁止を命じられるべき方面への出張を命ぜられている。
そうなる背景もあるのだけれどとにかく時間的に間にあってもその足でレッスンに行くわけにはいかないと思った。
先生に連絡すると出張が取りやめになる可能性もふくめ間をおいて何とかレッスンを組もうとしてくださるメールに頭が下がり、時間がありませんという言葉を思い出す。

・・とか書いていたわけだけど、
仕事上の逃げようのない危機的問題に向かい一歩づつ確実に前進していることを今日も具体的に確認。
こまった。
こんなとこにそんなこと書くのもまずいかな
行けるところまではいかせてもらって

まだ見積もりも聞いてないけど
楽器早く帰ってこないかな。

Tag:バッハ  Trackback:0 comment:2 

箱に入って

10324.jpg
年末年始はドライブスルーとかコンビニで買った何かを車の中で食ってみたりしてた。
家で何か食べると発生する支度や片づけを省略するのが趣旨なのでおせち料理と一緒と言えば一緒・・
え?全然ちがう?
街が見えてて、あそこに人がいっぱいいるんだろうなぁとか思いながら。
10323.jpg
箱に入ってお節みたい・・では全然ないし写真映えもしないか。
見えてないけど下の方にもう一つなんか入ってるのね。
絵になるお正月というのはないのでいつもは昔の旅行写真でなんか書いてみたりしていたけどなんかそんな気にもならず。
10306.jpg
あ? 帰ってきた?

犬と長い時間一緒に過ごせたことはよかったと思う。
犬と一緒にいられる時間というのは実はとても短く突然終わるという事をいろんな人が教えてくれた。
一緒にと言っても炬燵で寝てるだけだけど、でもそれでいいんでしょ?
犬のためになんて思ってるけど犬はこのおっさんのためにそばにいてやろうとか思ってると思う。
10325.jpg
実は年末から犬は膀胱炎勃発疑惑を抱えてた。
でも何とかしのいで回復の兆候を見せてくれてる。
よかった。
私の膝関節炎が新年最初の夜から復活して初夢より先に起こされたことは内緒。
10326.jpg
なんか真っ赤になって怒ってるおっさんみたいに見えなくもない。
初詣も行ってないけど神様も怒らないだろう。
百均で小さな正月飾りみたいなのを売ってるのを見て楽器ケースの上に飾ろうかななんて思ったりもしたけれど結局しなかった。
やってれば楽器割れなかったかな?
楽器割れちゃって個人的に緊急事態。
10334.jpg
割れちゃった楽器は今ケースの中で静かに寝てる。
こんな人のとこに来ちゃってと泣いていたりするだろうか。
楽器に、お前やっとここまでこれたなと言ってもらえる日まで・・
いやそのセリフはレッスンでも言われたことがあるけど次の買いで元に戻ったりしてるのを誰より知ってるのが楽器当人だろう。
どうかまた直って私に付き合ってください。
10335.jpg
食った後嫁さんと地元の人でも知らないような戦国時代の古城に行ったりというのもあったけどそんなの細かく書いてもだれも読まないだろうから。
中学に上がるとすぐそういうのに興味をもって自転車で来た覚えがあるけど今はもう自転車じゃこれないと思う。
兵糧攻めにあってもひと月くらい耐えたんじゃなかったかここにも埋蔵金伝説があってその位置を示すというわらべ歌 
朝日さす 夕日輝く若草の・・わすれちゃった  
中学に入れば急に世の中が開けて見え部活に燃えていろんなことに手を出す時期だけど、なんで古城なのか・・今は公園みたいになってたけどあの頃ただの山でしかなかった。
自分は皆と同じにできないことを隠すためだったと思うそれはその後音楽にとってかわられる。クラシック音楽に惹かれたのは別にみんなと同じになれないからじゃなくほんとに好きになったから。
吹奏楽部に編入されたけれど花が開くこともなく高校に入って人間としてつぶれて今に至る。
35年ぶりくらいできてみたここ、整備されて変わってしまったのとそもそも記憶も飛んじゃってなつかしいでもなかったけれど一面敷き詰められてたあの赤いもみじがさあどうぞと言ってくれてるような気がした。
帰りには風で飛ばされたのかそれがなくなちゃってるのを見ていろんなことを思ったり。
嫁さんの中では城と言えば姫路城みたいなののことらしく中世の山城にはほとんど興味はなかったようだ。
でも適当に森の中を歩くことは気持ちの浄化にもつながっていいと思う。
休み中マラ8ブル6ドイツレクイエムを聴いて

https://www.youtube.com/watch?v=VmuXMwqoM4o&list=PLAARTOoCRekVTKffiFln82KTDE7WIxLWv&index=6
この演奏じゃないけれど同じ指揮者が日本に来てというのをビデオに撮って高校生の頃に毎日聞いてた。
最初にはまったのはわかりやすく劇的かつ感動的なこの曲で・・
あの演奏に比べるとCDになってるこれはちょっととか思ってるのは遠い記憶が美化されすぎちゃってるからかもしれない。
ブラームスは一貫しているようだけど作風を大きく変えた人で、30代で書かれたこの曲は編成も表現もロマン派そのもの・・この後彼はこういうのを封印してわびサビみたいな方へ走って行った。
10331.jpg
嫁さんが雑煮を作ってくれた日があって、おかわりと言ったら嫁さんが嬉しそうな顔をしたような気がした。
違ったかもしれないけどいいじゃない。
あれをもって私の正月。
10332.jpg
今年の目標はとにかく生き残ること。
感染症とかじゃなくて・・それもあるのか。みんな色々あるだろうけど私もいろいろ・・でもそこを粛々と淡々と飄々と・・
後はつい言っちゃう大盛とかあい盛とかじゃなくても十分足りることをもとちゃんと自覚すべき。

Tag:ブラームス  Trackback:0 comment:10 

割れても始まる年

割れてしまった楽器は楽器屋さんで修理してもらえるはずですが、楽器屋も正月休みなのとその場ですぐにというわけにはいかないだろうから暫く練習も休み。
楽器の世界も練習を一日休むと自分でそれがわかるとか言ったりする。昨年は多分出張でできなかった2日間以外は毎日楽器を吹いて・・お前が言うなというところだろう。
10316.jpg
大晦日に近所のおばあちゃんからまたいろいろいただいて、今抜いてきたネギに自家製たくあん自家製こんにゃく。
あの沢庵すごく美味しくて一切れでご飯一杯いけそう。
多分昔からの製法で大量の塩を使ってるんだろうなというのも感じる。医者から塩と炭水化物をとりすぎだと怒られている人としては嬉しい爆弾みたいなもんで。
200年とか続いてるらしいあの家、12月30日になると親類が集まって餅つきをする。
そのお餅が近くの馬頭観音にも備えられてるのを見ると大晦日。今年は年越しの前になんかに食われてなくなっちゃってたけどまあいいんだろう。
最近急に野菜を笑顔で頂くと人間になれたような気がしてうれしい。
おばあちゃんの前に大おばあちゃんという人がいて20年くらい前にいろんな昔話を教えてもらった時もちょっとそんな気がした。俺今相手にされてんだな・・あのときもっといろんな話を聞かせてくれと図々しく頼めばよかったと今でも思ってる。
10318.jpg
元旦は朝からお散歩。
もうちょっとちゃんと構えて撮りたかったけど犬のリードを握っており犬は飼い主がどっか行っちゃわないように引っ張ってるつもりだったりしたので
10年くらい前まではあの電線も建物も何にもなくて富士山が超絶絵になる場所だった。今もうそんなところはない。
このお地蔵さまは誰か熱心にお世話する人がいて寒くなるとマフラーを巻いてくれたり・・今日はお餅と大根。
きっとその人亡くなるときには迷わないようにお地蔵さまがエスコートしてくれるんだよね。へんな意味じゃなくてほんとにそう思う。
このお地蔵さまも結構古いんじゃないかな?
いつ頃、だれがどんな気持ちでここにお迎えしたんだろう?
10319.jpg
この馬頭観音には馬の顔が彫ってあって、よく見るとその馬が笑ってるように見えるのね。
彫った人の馬への愛情みたいなものが伝わってきてちょっと泣けてくる。
大おばあちゃんから馬をどんなに大切にしていたか聴いた。
裏を見ると文化十五年寅・・1818年か結構古いな。
ベートーヴェンだと交響曲第8番と9番の間。
個人的に色々あって音楽どころじゃないという人生のどん底みたいなところだったようだけど、そのままつぶれてしまうどころかここからいよいよという高みへ登っていく年・・だったようだ。

https://www.youtube.com/watch?v=06O5TWFMmPs
その幕開けみたいなところにいるらしいこの曲はものすごく有名で、音楽的にも技術的にも飛躍しすぎて作曲当時弾ける人間が作者しかいなかったという・・
はいいけど私はなぜかこれをほとんど聴いてこなかった。
なんでかな?
バックハウスは晩年の録音でこの曲だけ残せなかった。
やっぱり今でも難しいの?
とりあえず体力的に大変そうで聴き終えるとお疲れ様でしたとか言いたくなる。
どん底にいた人が書いたとは思えないねこれ、すごい人だよね。
10320.jpg
帰ったら、でかい樹の日陰で冷遇されてる小さなボンタンに新芽が出てた。
まだ時期的に早いけど・・で、楽器見たら割れてた。
楽器治るまで練習は中止。
年明け最初のレッスンはキャンセル。

出来てもできなくても楽器やるんだに没頭することで私はいろんなことから目をそらしてたところがあって、急にそれがなくなったら蓋してたもんがいろんなところから駄々洩れになってくんのね。
壊れる時って、いつも突然来てあっという間だよね。
もう戻せないのかと気づいた瞬間に、あっあの時とかいくつもの是正ポイントが思い浮かぶ。
気持ちが落ち着かないので自転車で走ることにする。街全体が坂の上にあるので行きが登りになるようにし、とりあえずあそこまでは行こうという目標地点があって
10321.jpg
この踏切なんだけど・・なんでここなのかな。
子供の頃の思い出がここにあるにはあるけど自分に直接絡むものじゃないし
あのころもうあんなだったけどほんとは俺だってとかなんとか思ってるのかな俺が。

失敗な人にありがちな感じで10代のころから正月は敵みたいに思って拒絶してきた。
寂しさみたいなのでつぶれそうになる正月休みも楽器楽器練習練習言ってればそれですぎてゆくだろうと思ってた。
思ってたけどなくなちゃった。
年末くらいからいろんな人にいただけたコメントがとてもうれしかった。
どうもありがとうございました。

Tag:ベートーヴェン  Trackback:0 comment:0 

あけましたら割れてました

10308.jpg
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

私はブログが唯一の話し相手となっておりここに依存しています。
読んでくださる方々のおかげで生きていられるのかもしれません。
どうもありがとうございます。
10315.jpg
昨年最後のレッスンで先生から
あなたは楽譜も読めるし指も動くし音楽的感性もある
あなたの課題は楽器の音を正常に出せるようになることです。
2年か3年通った人間への話ですからね、笑い話の落ちみたいですけど私という人間を一文で表すとそれかなとも思う。
自分の中で何をどれだけ感じ考え思ったところで、結局何もできない人。
自分は触っちゃいけないんだと思って30年くらい遠ざけてきた世界だけど、やっぱり私だって音楽がしたい。
私はまだ一度も自分で音楽したことがないのね。
死ぬまでに何とかかなえたい。
大晦日も元旦も練習。
10312.jpg
練習中となりにはこんな景色が見えていて・・あの毛むくじゃらはずっとあそこにはいなくてあっち行ったりこっち行ったり落ち着かず
こらぁ!こっちもかまえや!とか騒いでいたりする。
大晦日は午前中ちょっとやっていける気がしたから夕方の練習は30分くらいで切り上げ・・るつもりがまたできたことが出来ないのでムキになって・・
10311.jpg
寒波入ってすごく寒いですね。
元旦も練習しようと思って楽器をケースから出す。
実はもうすぐレッスンなんだよなとか頭にありつつ楽器を組み立てていると・・えっ!・・
こういうとき気のせいであってほしいという願いはたいてい空しく打ち砕かれるものだ。
楽器にクラックが入ってる。
やっちゃったのか
冷えた楽器に暖かい息を入れると割れると何度もきつく言われてきた。
気を付けていたつもりだったけれど・・
10313.jpg
あのファンヒーターは最初に就職したブラック企業な頃に買ったものでもう25年くらいの付き合いじゃないか。
このあと犬が押し倒してた。
私は何かうまくいかないとパニック的に没頭してしまうところがあって、そのとき当然抑えるべき事柄が目の前から消えてしまっていることがよくあると思う。
犬が時々吠えて私の練習を止めてたのは、そんな風になっていることを教えてくれていたのかなと思わないでもない。

気をつけたとどれだけ言ったところで起こっている事実がすべてなのであってそれだけだ。
急に温めるなという事は吹き終えてから急に冷えた部屋置くなという事でもあるだろう。
湿った息を入れた状態から乾燥した部屋へというのもあるだろう。
何をいくら考えてももう戻らない。
貫通してないのでだましだましやろうかなんて思ったけど見ているとジョイント部に見えるクラックの深さが最初に見たのよりどんどん深くなっていっているような気もする。
おわったな・・
先生に新年のあいさつとともに楽器にクラックがなんてメールを送ってしまったけれど失礼だったかななんて後から考えたり。
10314.jpg
なんか富士山も急に寒そうな顔になった。
犬の散歩時にこの写真撮ってたらよくすれ違うおじさんはまっくろい富士山で年賀状出しちゃったよ・・と言ってた。
そうですよね。
年賀状か、いいもんですよね。私は思春期くらいに・・
おじさんと話したのは30秒くらいだったかもしれないけれど、人と話すことがあまりにないので小さく衝撃を受ける。

https://www.youtube.com/watch?v=10E_f1k-F94
音を出せる時間は練習をしてるので音楽をちゃんと聴く機会は激減してしまってる。
でもいいの、死ぬときに振り返って音楽を聴いてたしかないのは絶対に嫌だ。
なんであれ、練習は中止。
元旦から楽器割れてとかいかにも俺らしいなと思うけれど何かを暗示してるかこれもお告げみたいなものなのかなと考えたりする。
いいとししてなにやってんだ。
落ち着きましょう。
10307.jpg
しかしあれですよね、こんなことを言ってられるのは小言も言わずに笑っててくれる嫁さんのおかげ。
犬と嫁さんのおかげ。
仕事のことはここへ書いたらいけないと思っているけれど、今年はうまくやらないと大変な事になるかもしれないと感じてる。
楽器が割れて今考えることは練習じゃないなと思ったら急にものすごく寒くなってきた。
私はいろんなことグダグダにしたまま生きてます。
お前落ち着いてよく考えてみろちゃんとしないことあるだろとどこかから言われてるのかもな。
新年の一番最初の話がこの内容とはなんなのか、なにがかわからないけど良かったのかもしれないと思う。

Tag:はじめに  Trackback:0 comment:15 

プロフィール

unagi

Author:unagi
食べて聴いて吹いてみる。

カウンター
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ


PVアクセスランキング にほんブログ村