うどんとロマンティック

3406.png

最近行ってないんですが、少し前に「吉田のうどん」というのが自分の中で流行った。
山梨県富士吉田市付近で昔から食べられている・・的なうどん。細かいところまで明確な定義みたいなのはないと思う。
やたらに腰の強いうどんが煮干しの出汁に入って馬肉がのって・・

普通の民家の玄関を上がると仏壇間みたいなところに通され、台所で作ったうどんが出てきて食べ終わるとお金を払う・・
みたいなのから始まって民家の庭先にプレハブを建ててやっているとか、そこそこのお店のなりでやってるとか・・
皆お昼に食べさせて早々にしまっちゃう夜はやらない・・そんな感じでしょう。
民家のに行ってみたかったけど、異常に混むらしいので庭先のプレハブ的なのに何軒か行きました。
3405.png

太くて腰のあるうどんが特徴だけど、その入っている出汁は田舎のその辺の家で普段の味噌汁を「あんたもくってきな」といわれて食ったみたいな・・素朴な素朴な味・・・ちゃんとしたお店でこれが出てきたら、え?っと思うかもしれない。
でもそういうつもりで来ているのでこれで大満足。なんかおいしいものを腹いっぱい食わせてもらったような気になって帰る。
素朴の勝利である。
すごく混んでる超絶有名店より、発見に苦労するようなところのが雰囲気的に面白い。

ブルックナーの交響曲第4番変ロ長調は「ロマンティック」なんていう愛称がついていてブルックナー入門みたいな雰囲気もある曲です。自分もそう思ったのか初めてCDを買って来たのはこの曲でした。高校に入ったばかりだったと思う。
ロマンティックなんていうからバラの花みたいな音楽かと思っていましたが、聞いてみると想像していたロマンティックとは全然違う・・
何だか素朴な・・・そのへんに鶏が遊んでいそうな田舎の景色・・・ちょうどこの吉田のうどんみたいな音楽だと思った。
今はもう少し違う印象も感じています。
あの頃、まだブルックナーの音楽がわからずなじめていなかったというのもあると思う。
ちなみにシューマンのピアノ協奏曲はバラの花園だと思っています。


買ったのはこれもワルター・コロンビア響でした・・シリーズになって出ていたものそろえていく感じで。
ブルーノワルターは若いころはブルックナーの音楽が理解できなかったが、ある時大病をし、その後急に目覚めた・・
みたいなことを言っていたと思う。
その目覚めたのがいつ頃なのかは知らないけれど、戦前くらいまでのブルックナーは弟子が勝手に改悪したと悪名名高い「改訂版」による演奏だったんでしょう?ブルックナーのオリジナルじゃなかった・・
ブルックナーの音楽になじめない聴衆やオーケストラ団員にブルックナーを知らしめようと、弟子たちが当時のはやりのスタイルに編曲した・・・ブルックナーは当然嫌だったはずだが・・・人柄的にダメとはいえなかった・・みたいな。
原典版が耳になじんだ私から見ると改訂版のスコアは確かに作者を無視して好き勝手に遊んでしまったようなひどいものにも見えます・・
ある段階で徹底的に否定されたのもうなずける。でもその改訂版と彼らの熱意が、ブルックナー音楽の普及に一役買ったのも一理あるんでしょう?知らないけれど。後ろの時代から単純な批判を投げつけるのもいけないか・・

指揮者の朝比奈隆が本でフルトヴェングラーがいたので挨拶をすると、「ブルックナーをやるなら原典版でやるべきだ」と言われ慌てた。という話が何度もしています。
彼もブルックナーだと思っていたものは改訂版で、当時原典も何も知らなかったんだそうだ。
彼はその後ブルックナー指揮者となっていったんでしょう?

晩年のワルターのロマンティックは改訂版ではなくて基本的にはハース版なのかなと思います。
でも序奏から
3407.png
このあたりは弦のトレモロとフルートがオクターブ上を歌っていてとても感動的‥だけど楽譜と違う。

3408.png
きっと改訂版のこのアイディアを取り入れているんですよね。
若いころにブルックナーを知ったのは改訂版でだったんでしょう。
しかしこのスコアもその手前は弦楽器の旋律は2パートの掛け合い、2番はトレモロじゃないとか・・
なれない聴衆にわかりやすく・・というのではなくて面白がってやりすぎてるようにも見える・・
これじゃ怒られちゃうよなぁ・・

この直後にトロンボーンをはじめ金管がわっと出てくるところ・・高校生の頃はにどうにもなじめず違和感を感じだ。
なんだこりゃ?田舎くせーななんて思った。
でもまさにこれがブルックナー特有のオルガン音楽の影響を強く受けたオーケストレーションなんですよね。
スウェルだっけ?柔らかい弱音系のパイプで始まった音楽がふっと止まると・・ストップを引いて鍵盤も変えてでっかい音でジャー!!みたいなの・・・
あの頃はまだオルガンといってもバッハばっかりしか知らなかったしなぁ・・
まぁ、なつかしいなぁ・・

自分から遠いと思っていたこの曲に急に近づいた気がしたことが2度ほどありました。
一度目は15年くらい前。
精神的に疲れ行き詰っていた時、ふと息抜きにこの曲のスコアを遠くの店まで買いに行ったんだった。
訳の分からない巨大な塊に見えていたものがスーッと解けてよく見えるようになったような気がした。

ずっと嫌いだった第2楽章が急に好きになったのは5年くらい前。
我慢ばかりの俺の人生は何なんだとか思ってオーディオに少しお金をかけたとき。
チェロとビオラがずっと暗い歌を歌っていてなんだこれなんて思っていたけれど、暗いんじゃなくて味わい深いいい音楽だと思うようになった。誰にもこびないおっさんの心の歌というか・・
あともう一度くらい何か波が来ればこの曲も本当に大好きになれると思うんです。

聴いてすぐに気に入る音楽もあるけど、30年とか40年かけてその魅力に気付いていく曲があってもいいと思う。
俺の人生にも意味があったみたいじゃないか。

臨死体験

1108.png
ブルックナーの最後の交響曲、9番。
その第3楽章は冒頭から尋常でない雰囲気につつまれています・・
ベートーベンの音楽に感動し、オーストリアの自然や信仰を音楽化した作曲家という枠を遙かに越えたところへこの人はいってしまったんだという気がします・・



新しい表現をねらってとかじゃなくて・・
この人自体がいっちゃったんだどっかそういうところへ・・


1102.png


始まってすぐに音楽は盛り上がっていくと弦のトレモロに乗ってトランペットとホルンが叫ぶ部分がやってきます。

1103.png
異様な光に包まれているこの場所はもう地上の光ではなくて神々の世界の光を見ているんじゃないかと思う。
臨死体験みたいだ。

時間は結構残されていたらしいのに、その死によって完成されることがなかったフィナーレ。
残された資料から補筆演奏される試みが行われています。
私は、
ブルックナーは本当のあるべき4楽章の霊感を受けるまで待っていたのだ・・
書いていたものは4楽章となるべきものではなく、元々破棄される運命にあった時間つぶしののようなものなのだ・・
という誰かの唱えていた説が感動的で大好きです。

3楽章で臨死体験が来ちゃってるんだとしたらフィナーレは天国の音楽以外にないんじゃないか・・・
でもまだ天国にいってみたことのないブルックナーにはそれがかけなかったのではないか・・・
やっとその天国へいくことができて・・・

あの世ではもう満足して続きを書いたりはしていないでしょう。
ベートーベンが交響曲第279番を作曲していたり、バッハの最新作がBWV32768だったり・・
めんどくさい世界があるんだろうか?

2103.png
この絵時々見ますよね。

作者のブルックナーへの愛情が感じられますが、
個性と主張の強い作曲家たちがこんなに一堂に会しちゃったら、喧嘩になるんじゃないだろうか?

人が死ぬときに迎えが来ると言いますよね。
私の近親者も何かやってましたよ空中と・・

マーラーの最後の言葉がモーツアルトル!だったというのは有名な話ですね。
普通に考えると大好きな作曲家の名前を叫んだだけ・・ということでしょうけど、
迎えに来たんじゃないかな?

恐山

1101.png

結構前になると思うんですが青森の恐山に行きました。
夏休みだったと思う。
恐山というと薄暗いウズリ湖のほとりで風車がカラカラ回っているような・・霊界との境みたいなイメージだったんですが・・
実際は真夏の猛烈な暑さでそんなイメージとはほど遠かった・・ただただ暑かった・・
あの雰囲気をみたかったら雪の降る直前くらいにいった方がいいのかもしれない。

ブルックナーの交響曲第9番を聴いていると第3主題が終わったところに不思議な場面があります。
第3主題は、すべての人々が悲しみ、苦しみを抱えながらも前に向かって歩んでいる姿・・だと思っているんですが、その音楽の結論としていったん明るく柔らかい日差しのある平穏の場にでる・・

1100.png
へ長調この場でフルートとピッチカートの第2バイオリンが何かいっている・・
鳥?・・その音がHなのだ・・へ長調とぶつかって尋常でない雰囲気となっている。でも攻撃してくるような何かいやなものではない・・
暖かいといえば暖かい・・
でも人知を越えた何かのような感じもする。
人間のか弱さを示しているような気もする。
元々この曲は人間が神へ向けて捧げている音楽だと思うんです。だから、ここは人間界だと思うんですが、オーストリアののどかな田園風景とかそういうのではなく・・・
なにかこう恐山的な・・あの世との境みたいなそんな場にまで行ってしまっているような印象を受けるんです。



音量小さいと聴こえないかも・・
この演奏は、とても感動的だ。
ブルックナーの権威みたいな人なのに暗譜じゃなくてちゃんとスコアめくっていくでしょ。
これはこの音楽に対する一つの態度表明みたいなものだよね。


優良クラシックファンはワルター・コロンビア響のブル9なんて言うと「あんなのアンサンブルも稚拙でダメだ」とか言って笑うんでしょう?
でも私は大好きです。
誰が何言ってようが関係ないです。
ワルターはブルックナーが理解できるようになったのは40歳過ぎてからだった・・みたいなことを言ってたと思う。
この人の愛と歌にあふれた演奏はブルックナー演奏の本筋からは少し外れるのかもしれないけど、私にブルックナーを教えてくれたのはこの人でした。

恐山といえばイタコ。
ブルックナーやマーラーを呼んであの曲の続きはどうするつもりだったんですか?
ここは?
シンバルは入れるの?
とか聞いてみたい。

でもきっとイタコの呼んでくれたマーラーは
「皆と仲良くしろ」
「秋ごろに腰を悪くするから気をつけろ」
とかしか言ってくれないと思う。

エコー

1088.png

ブルックナーって
いがぐり頭で全然おしゃれじゃない服装でやってきて、田舎の方言丸出しで、いつもへりくだった態度で・・・みたいなイメージがあって・・
カリカチュアだっけ?ああいうのも実際より背を低く腰を丸くしてそこを誇張したような感じに描いているでしょう?
1211.png
素朴な人だったとは思いますが、ウィーン国立音楽院の教授になるようなひとなんだから・・
ワルキューレを見て「あの女はなぜ焼かれたのだ?」といったとかいう話が有名ですが本当かなぁ?

ブルックナーの交響曲第2番、第3番をワーグナーに見せたところ好感を持ってもらえた。
ワーグナーは特に3番の主題をトランペットがpで歌いだす個所を気に入った・・みたいな話が有名です。
だけどオーケストラに演奏不能とか言われて・・やっと初演したらお客みんな帰っちゃってて・・・残ったわずかな支持者の中にマーラーがいたとか・・だっけ?
その後何度も改訂して・・
普通に聴くのは第3稿と言われるやつですか・・
フィナーレをカットしすぎで軽くなりすぎじゃねーのとかスケルツォの終わりは違う稿のやつも面白いぞとか思ったりもしますが、この曲も結構好きです。
・・この稿書いた後に聴いてみたけどやっぱりかなり好きです。
フィナーレはソナタ形式だけど再演部が展開部を内包してる・・みたいなかたちなんですよね。
9番の1楽章もこの形ですが序奏の再現+展開みたいなのが長く来くあってから第1主題が出てくるので曲の重心もいいところにきて安定しているように聞こえるんだよな・・
これはボーっと聞いてると第1主題が省略された再現部に聴こえちゃう・・

怪鳥に王子が乗って飛んできそうな第1主題と、村の祭りの踊りみたいな素敵な第2主題が・・・いいですね・・
の後に突然出てくる第3主題・・

1072.png
木管と弦楽器のユニゾンをタイミングを遅らせた金管が追いかける・・
エコーなんだろうけど、旋律が動いていくといろいろ重なってぐしゃぐしゃになって聞こえるんですよね・・
今は慣れてしまったけど、初めて聴いたころは驚いた・・
なんだこれ!?
こういうので演奏不能とか言われちゃうんじゃないかと思うけど、反面新しすぎ、面白すぎ、個性的過ぎ・・

昔、朝比奈隆と金子 建志の本の中で彼らが、これは大聖堂でオルガンを弾いているときに聞こえるエコーをオーケストレーションしたものじゃないかと指摘していた。あれちがたっけ?

オルガンって、あんな建物みたいな楽器だから、自分と発音原に距離があるため自分の弾いた感覚よりずっと遅れて音が聞こえる、音を聴きながら弾くことはできない・・というのを読んだことがあります。
これはそれとまた違いますが、石造りの大聖堂だと先の音が向こうの壁に当たって大音量なまま帰ってきたりするんでしょうかね・・
普通の人はそれを音楽とは分けてとらえ、もっと言えば邪魔のものとして切り離して考えるんでしょうけど、ブルックナーはそれらが合わさった独特の音のカオスみたいなものを音楽としてとらえていたのかもしれません。
それをそのまま作品化しようとするところでちょっと凡人とは違うわけですようね。

こんなのマーラーにもストラヴィンスキーにもないような・・
調べりゃいっぱい出てきたりするのかもしれないけど・・


この曲、周りが文句ばかり言うから何度も改訂してそのたびにカットをして・・
ちょっとバランスが・・とか思っちゃいますけどね。でも、最後に怪鳥のテーマの上でワーグナーがほめてくれた第1楽章の第1主題が高らかに歌われるのを聴くと、全世界を抑えて勝利したなーって気持ちになりますよね。
私が勝利したわけじゃないけど・・教授!やりましたね!とか言ってあげたいあの人に。



神へ向けた音楽 ブルックナーの9番とブラームスとマーラー 

504.png

ブルックナーの交響曲第9番
大改訂でロマン派のスタイルを取り入れ大成功した8番から、またブルックナー独自のスタイルに戻っていますよね。
ブルックナーの最後の本音というか。
この曲、神に捧げられているんですね。
バッハもそうだと思うんですがこの人は神に向けて作曲をしていたんだと思っています。
だからその辺の凡人に理解されなくても問題ないんですよきっと。理解された方がいいには決まってるけど。
その代り、すべてを見通す力を持った究極の聴き手があいてなんだから持てる最高のものを出し切らなければならない・・
バッハも聴いたってわからないような数字的な暗号を曲に仕込んだり・・神は全部お見通しだから・・

マーラーはリアルに人間に向けて書いていたと思う。高度に複雑なものを一般人にも聞いたその場で感じさせるということに心を砕いていた・・・仕込んだ暗号も何時か誰かに気づかれることを楽しみにしていたと思う。
ブルックナーはそれがないということはないんでしょうが・・・ずいぶん苦労したと思う。

この曲、作曲者の死によって第4楽章が未完のままとなっており、通常完成した3つの楽章のみが演奏されます。
時間はあったはずなのによそ事をやっていて間に合わなかったような話も伝えられている。
505.png
このことについて、完成している過去の曲に破棄された別稿がいくつも存在していることに着目して、ブルックナーはこの曲にふさわしい、第4楽章の着想を待ち続けていたのではないか・・
残されたスケッチは破棄されてきた過去の稿と同じく、ブルックナーの本意ではないのではないか・・
みたいなことを言っている人がいた。
それが正しいかどうかは私はわかりませんが、その話自体に大変感動しました。
神に聴いてもらえるような4楽章のアイディアはまだ浮かんでいなかった・・
過去の曲を改訂したり、よそ事に時間をかけていたのは待っていたんだ・・霊感を・・
今でもこの曲を聴くたびに思い出します。
言っていたのはネット上でみた普通の人でした。どっかいっちゃってリンクも貼れないけど・・

残されたスケッチを基に補筆し、4楽章を演奏する試みも行われています。
マーラーの10番は補筆稿をどうしても聞き続けたいですが、ブルックナーの9番は3楽章まででいいような気が今のところしています。
一度聞いては見ましたけど・・インバルのだったっけ・・
4楽章演奏の試み自体は面白いのでどんどんやってほしいとも思います。
ただ「いつまでも3楽章のみを聴く者は何もわかっていないのだ!」・・みたいな論調はちょっと私には・・
考えはいつまた変わるかわかりません。

第1楽章は3つの主題でできています。
私は大まかに言って
序奏~第1主題は神の作ったこの世、厳しいもの人間には動かしようのないもの・・
第2主題は人間の愛
第3主題は人々の歩み
のようなものを感じています。

第3主題は行進曲となっていて、人々が苦悩しながらも歩んでいく様子のように聞こえるんです。
重く辛かったりもしますが、暖かい瞬間もある・・常に前へ進もうとしているのを感じる。
ここでブルックナーはその苦しみを嘆いたり、闘って打ち負かそうというようなことが一切ありません。すべてを受け入れ、私たちはこのように歩んでいますとただ神へ報告する・・・・
同じベートーベンに端を発する音楽ですが、ブラームスやマーラーと決定的に違うと感じるのはこの点です。
彼らの音楽はネガティブなものと闘い克服しようとするエネルギーがー曲の推進力となっていることが多い。
私はブラームスとマーラーは外観は違うけれど強く結びついた一本の線に乗っていると感じます。
ブルックナーはまた違う道を歩んだと思う。

500.png

501.png

第3主題部、ダイナミクスによる表情付けが結構かかれています。
この突然現れるpppは、つらい道をともに歩く弱い者にやさしく手を差し伸べている瞬間のようにも聞こえるんです。
ここでとても感動します。

ブルックナー 交響曲第5番の子鬼

昨夜は少し時間があったので、ブルックナーの5番を1楽章だけ聴きました。
いい曲だなーなんて思いながら・・・
前からなんとなく思ってたことをまたふと思ったので・・あほだと思われるのかもしれないですけど。

この曲のフィナーレ、有名すぎる話ですが手前の2つの楽章が回想されます。フィナーレの第1フーガ主題がそれを否定して・・とベートーベンの第9を手本としてるんですね。
手本というかもう好きすぎて書くとこうなっちゃうんでしょうね。
1楽章の再現は序奏と主部が出てくるので2楽章と合わせて3回あるところもベートーベンと同じ。
これだけ露骨にアイディアを模倣したら非難か嘲笑の対象になりそうですけど、これはみんな何にも言わなかったんですかね?
もちろん今は誰も文句なんて言わないし私も好きですよ。

その冒頭
205.png


1楽章の冒頭がそのまま再現され、中世のお城か協会みたいな厳かな雰囲気の音楽がいいなーと思ってるとなんかいる。
第1フーガ主題の頭ですが、低弦で始まる第1フーガを阿修羅というか鬼の親分みたいなのだとするとこの冒頭のクラリネットはちっちゃい子鬼が隠れているようで・・・
厳粛な雰囲気のなかに同居する子鬼・・・面白すぎで・・ベートーベンの丸パクリなんかでは全然ないですねやっぱり。

で、第1楽章の再現部第2主題部付近にもその子鬼が隠れてる気がするんですけど・・これどうなんでしょうか?

208.png
こことか


209.png


これとか
トランペットが目立って聞こえるけど木管も結構やってますよね。。

多分、そんなの考えすぎで・・
この手前でホルンが第1ヴァイオリンに対してオクターブの合いの手みたいなのをやっていて・・もっと遡ると第1主題の最後でフルートがオクターブ下降に拡大してて・・とか
そっから派生したもんなんでしょうね・・・フーガなんて関係ないよってことでしょ。

でも気になるんだよなー最後のトランペットは他に何もないところでまたf念押しされてて・・・
聞こえるとドキッとするんですよね。

ありがちですがマーラーなんかでたまたま似てるだけのものを引用だ!とか騒いで意味を探っちゃってたりしたら間抜けだな・・なんて思ったりしていて

訳の分かんないこと言ってちゃいけないんでしょうね。
フィナーレの後半で第1楽章の第1主題が急に出てくるところは大変感動的ですが、
最初の楽章のこんなところでさりげなくフィナーレのを予告しているんだとしたら大変面白いです。

昔はブルックナーが好きな人というと狂信的なファンって感じで「そんなことも知らずに聴いてるのか!」なんて怒りだしそうなイメージがありましたけど、これ読んだ人もやっぱりそう言って怒るのかな?

fffの位置 ブルックナー  交響曲第5番

ブルックナーの交響曲第5番 
しばらくとっつきにくい曲だと思っていましたが、いつごろだったかな急に景色が開けるように何か見えてきて、後は大好き。

嫌いな人としてはあれですかね・・・まず冒頭はみんななんとなく好きでしょ? でも急にでっかい音で全然ちがうことを言い出したかと思ったらやめちゃったり、やめたと思たらまだやってたり、なんだよこれ?みたいな感じでしょ? うんざりしたところでなんか違う音楽が始まってるし・・やたら全休止を挟んで音楽が変わるし・・・何が言いたいんだかわからないし、全然流れないじゃんか・・自分はそうでした。
協会で聴くオルガン音楽ってあんな感じなんだよね・・いろんなストップの組み合わせで、極端な変化を見せ場とするというか・・・
音楽をパッと止めて、鳴り響く余韻の中、ストップを変えて次に備える。でジャー!みたいな。
(自分はホールばっかで教会のオルガン生で聞いたことないんだけど)

オルガン音楽をオーケストレーションしようとしたんじゃなくて、これを書いたとき、この人の中で音楽とはこういうものだったんでしょうね。
この後、流れる曲を書くように変わっていきますけど、これはこれでいいですよね。
あぁこういう曲かって見えてくると各部結構ユニークな音楽で・・・もっと見えてくると全体的にもちゃんと流れがあって動いているんだよね。
第2楽章なんてミミズの引きこもりみたいな音楽じゃねーかと思って嫌いでしたが、まさにそこが魅力なわけで・・・その伴奏がそのまま第3楽章の冒頭で走り出したり楽しすぎなんでしょこの曲。

どの楽章もユニークですが、フィナーレで堂々たる2重フーガとソナタ形式の融合を見て感動していると第1楽章のテーマが颯爽と出てきて対位法的同時進行・・わー!なんて思ってもう感動しているのにあのコラール・・感動の大満足にならざるい終えないようなな・・・
多分この曲も意識したマーラーの5番のフィナーレなんかは作曲の超絶技巧を見せつけられてる感がすごいのですが、こっちは腕のある職人がひけらかすでもなく一生懸命仕事をした結果、すごいものができちゃってる的なイメージがあります。(どちらも好き)

132.png
スコアのコラール付近を見ているとfffの指示が何度も出てきます。
オルガンだと全部のストップ全開な状態で最後まで・・ということでしょう。
このページ、最後の小節にもfffがあるんだけど、旋律の途中でちょっと不自然(えっそうでもない?)

133.png

自筆譜があったので見ていると、この小節はページの頭であったことが判明。
ページめくってもfffな音楽が維持されていなきゃという一心で書いたfff。(えっちがう?)
作曲者自身は一度も実演を聴くことができなかったこの曲。
でも彼の頭の中ではこの音楽がずっと鳴り響いてたんだろうな・・・と思うと感動しますね。