しらなかった

ロシアがまたサハリンと北海道の間に橋をみたいなことを言ったんですよね?
絶対に実現しないだろうけど、話としては夢が膨らんで面白い。
やるならトンネルですよね。こんなスケールで橋なんてあるわけないじゃんか。
この長さじゃ車を勝手に走らせるんじゃなくて鉄道トンネル方式にしなきゃまずいよね。
技術的にはきっと問題ないんだろう。
でも色々政治的に問題だらけでやれないよねえ。
とりあえず現実的にやれそうなのは直流送電ケーブルを海底に設置して電力融通とかかな?
でもこじれるとすぐに電気止めるぞとか言いだすんでしょう?

1107.png
稚内に行ってぼーっと北の方をみているとサハリンが見えました。
ロシアって見えるような位置にあるんだよな。
普段住んでいるここでは、全然実感できないので・・
チャイコフスキがーいて見て感じたロシアとは全然違うんだろうけど。



チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番は冒頭の序奏の印象が圧倒的すぎることが良くも悪くも大きな特徴だと思います。
一度聞いたら忘れられないあのffで打ち込まれるピアノの分厚い和音・・
聴いた人間の心を話さず、この曲の人気の不動のものとしている・・
半面、せっかく変ロ短調の主部があるのに序奏の圧倒的な印象がかぶってきちゃて・・・
最初の音楽がまた出てくるのを心待ちにしたまま終わっちゃったという人もいるかもしれない・・

1099.png
ピアノという楽器も時代とともに大きく進化してきていたと思うんです。
あのffが生かせる鋼鉄フレームのピアノみたいいなのに触れて初めて生まれた発想なんじゃないでしょうか・・
こんだけぶち上げた序奏を回想させないままにしとけるというところがまたすごい人なのかもしれない。


恥ずかしいけど・・
チャイコフスキーの楽譜を見るとよくあるんですが私、休符で始まる音楽を実際のスコアとずれて認識していて
3276.png
こんな風に聴いちゃっているんですよね。 全員でバン!っていうのを3拍子の1拍目ととらえて・・・
ピアノが出てくるところでスコア通りになるから、途中変拍子なの・・・
!は2拍目なのね・・・
演奏するわけじゃないから、認識がおかしくても音楽は止まらないし、逮捕されるわけでもないんですけどね。


ネットをみていると初稿らしきものがあったのでみてみるとびっくりしました。

1097.png 


1098.png

あのピアノの分厚い和音がない・・f ひとつでアルペジオ・・・なんだこれ・・
ニコライ・ルービンシュタインにこんなもん弾けるかといわれ、ハンス・フォン・ビューローが初演したときもこの楽譜だったのかな・・
頭の中で思い浮かべてみると・・あぁ、クルミ割り人形とかのあのチャイコフスキーっぽいかなぁ・・
これしか知らなきゃいい曲だなーと感じると思う。
でもあの問答無用の存在感はないかなぁ・・

molto maestosoって書いてありますよね・・・絶対現行の方がいいと思う。
でも作曲家も人間で一発でそこへたどり着けたわけじゃないんだね・・
答えを知ってると・・もっといい解決法があるのに・・にやにや・・なんて言いたくなるけど・・
そういうこと言いたがる人いますよね・・


演奏があった。
一つ目の音はアルペジオじゃないところが耳に残りますよね・・
現行を知っていてあれがすごすぎるから・・でもこれはこれでいいとも思う。

チャイコフスキーがいつどうして改訂を行ったのか等よく知らないけれど、何となく使ってた楽器の音色が発想と強く関わっているような気がします。
現代ピアノでこの盤を弾くのも面白いけど、当時のピアノでというのもきいてみたいかな・・探せばあるのかな・・

これは、知ったら面白かった話ですね。
世の中には知らないほうが良いこともたくさんあると思う。
大切なものを失うこともあるかもしれない。

いらんことは知らないまま楽しく生きられたらいいですかね。

ずれてる

私は道北が大好きです。住んじゃいたいくらいだ。
でも、冬の生活なんか大変を通り越して私には無理だろう。
たまにしか見られない・・・今はもう行くこともできない・・これくらいがいいのかもしれない。

山道なんか走ると北キツネだらけだった。
住宅街にもいたけど、ちょっと様子が違った。
一度人から食べ物をもらってしまうと、頭の中の餌をとるための大事な部分が壊れてしまい、もう死ぬまでひとから餌をもらうしかできないんだそうだ。
そういう狐にも何度かあった。
山奥にもいた。誰かが車から何かあげたのか、ああして道沿いでずっと待っているのか・・・
人はいいと思って与えようとするけれど、それは殺すということなのか・・


1152.png
このキツネはそうじゃない。
道路を渡ろうとしていたのだけど、こちらに気付くと逃げるどころか、若干近寄ってきて私たちの方をじっと見ながら何かを訴えてきた・・
その時は取った獲物を見せながらどうだすごいだろう・・と自慢してくれたのかと思っていた・・・
あぁかっこいいよ!なんて思ったりして・・
とてもいい思い出のつもりだったんだけど・・

今この写真を見るとくわえているのは子ぎつねのように見えなくもない・・
何枚かある写真を見ていると動きが感じられない・・・

こっちをじっと見てるでしょう?
写真を通して尚、何かを訴えているようにもみえる・・

でっかいしっぽだな・・本体くらいあるじゃんか・・


この後稚内へ行き、

1153.png
ロシア料理というのを食べた。
実現するとは思えないけど、稚内からサハリンまでの海底トンネル構想というのがあるようだ。
技術的には青函トンネルよりもむしろ難易度が低いらしい。
船でもいいから稚内から樺太へ渡り、シベリア鉄道でヨーロッパまで行くとかやってみたいなぁ・・
鉄道好きではあるけれど、多分何日も同じ車窓が続くのには耐えられないかもな。

チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番。
30年前、音楽に興味を持たころにみたN響アワーのオープニングがこの曲だったんですよね。
もっと前、テレビの鳥人間コンテストとかいうのの開始でちょっと流れてた・・
クラシック聴き始めの頃って、とにかくなんとなく知ってる曲に耳が行っちゃうからこれを聴きたいと思った。
友人宅にあったクラシック全集みたいな中にこのCDがあったのでカセットテープにダビングしてもらい繰り返し聞いていました。
ギリレスのピアノとメータ・ニューヨークフィルのやつ。
後に別な本で知ったけどエミール・ギリレスはソ連の共産党政権下であんなすごいピアニストなのにアパートに住んでアップライトピアノで練習していたそうだ。

始めは序奏が再現されないことに違和感を覚えた・・
今は違和感は感じないけど、あんなすごい素材を用意できたらどこかで再現させてくなるものじゃないかと思うのにスパッとあそこだけにできてることがかえってすごいと思う。
ただ、あれを第1主題と誤認してしまい混乱してる人もいっぱいいるんじゃないでしょうか・・
解ればその後の変ロ短調の音楽もわかりやすいんだけど。

その2楽章で、
822.png
ピアノが伴奏に回りオーボエとチェロが歌う場面なんですが、ピアノの頭に休符があるんですよね。
ンタンタンタ、ンタンタンタ、となっているんだけど、初めて聞いたときにこのピアノの音を博の頭と感じてしまい、
ピアノがタンタンタン、タンタンタンと鳴っているんだと思ってしまった。
結果、オーボエとチェロが妙に早めに出ているようなおかしな演奏に聞こえてしまっていたという・・
恥ずかしいのはあれから30年たった今でもその聴き癖がのこっていて、ここに来ると休符を意識してンタンタンタ、ンタンタンタとか言いながら聴いているという・・

もう一曲、交響曲第5番の第2楽章、中間部のクライマックスを抜けたところ
823.png
爆発の後間がいて、全弦楽器のそろったピッチカートが鳴り始めるんですが、最初に休符があります。
2拍目に音があるんですが、ここも最初の休符を感じないままだと1拍目に音があるように感じ、自分感覚が音楽と1拍分ずれて聴いてしまう。
そうするとチェロの入りが一拍早いようなあれ?ということになる。
こういう感のない私は音楽聴いちゃいけないんでしょうかね・・勝手に聴きますけど。
実演だと指揮者が見えるから・・あれか・・

4番の2楽章にもこんなのがあったと思う。
この人こういうのが好きなのかな・・
こういう時、聴き手が居場所を見失わないように目印的な何かをわざと鳴らしたりという作曲家もいると思う。

鈍い私は鈍く聴きゃいいや・・
ずっと、みんなが簡単にできることができない自分に失望して・・・みたいだった。
最近はどうでもいいわと思うようになって来た。
歳をとって図々しくなることは素晴らしい。




劇的な改訂で国際化してた

753.png
いい顔してますね。

チャイコフスキーの幻想序曲ロメオとジュリエット
この曲、気のりしない感じで書き始めたんでしたっけ・・かなりの難産だったみたいですね。
作曲を提案し、相談にも乗った人がいて調性や一部メロディーを提案して・・
でもそんなことされたら余計やりにくいんじゃないかと思っちゃったり・・・そんなことないのか。

228.png
最後はなんでしたっけロメオとジュリエットは二人とも死んじゃうんですよね。
曲のおしまいに葬送行進曲があります。
情熱的に愛を歌っていた旋律がここにいるというのがね・・・・
ここでテューバがずっと裸で伸ばしをやっているんですよね・・・結構長いなーと思って
ブレス持つのかな?なんて言うときっと怒られるんでしょうね楽器やってる人には。
ホルンとかバスクラじゃなくてテューバ・・

2度の改訂を経て現在演奏されているのは第3稿になりますが、この葬送行進曲は第2稿で書き加えられたみたいです。
第1稿のこれに相当する部分は
785.png
こんな感じ・・やっぱりテューバ伸ばしてる・・・

この先の終結部も現行とは違います。
783.png
決定稿、第3稿
愛は永遠に!みたいなのが歌われる部分とチャイコフスキーの真骨頂みたいなリズム終止。

784.png
第1稿、
これしか知らなければいいと思えるんでしょうが、現行を知った耳には物足りない。


第1稿(1869)
序奏が決定稿と全く違う長調系の音楽となっています。
主部は変わらないのかな・・
展開部も全然違いますね。決定稿は序奏の音楽を効果的に使って劇的な展開を見せます。
第1稿も序奏の音楽が展開されるんですがのどかで明るい感じが悲劇性と逆行してるんですかね・・
でも聴いてみると悪い曲ではないんですよね。素朴なロシアの作曲家の名曲という感じ。
交響曲第1番を聞いたときのあのチャイコフスキーだなーという。
決定稿はロシアの作曲家・・という殻を出て世界に、歴史に通用する作曲家の作品となっている気がします。
この改訂、鳴りをよくするとか、効果を狙うとかそういうんじゃないですよね。
チャイコフスキー自身がこの曲の持つ意味というかあるべき姿のイメージを変えていった気がする。
どんなものが求められているのか、歴史に残る作品のあるべき姿というか・・
自分の目指すべき音楽方向もここで見えてきたんじゃないかなぁ。
なんでお前がそんなに偉そうなこと言ってんだと言われちゃいそうですが。
また、細かいことを別途書いてみたいと思います。


第3稿
なんにも書いてないけどこれショルティ、シカゴ響だと思うんです。

序曲1812年とちょっとだけ長岡鉄男

朝、適当に1812年序曲のことを書いたのでいい加減で適当な続き。
曲の最後でロシアがナポレオンに勝利したことを祝って祝砲がなり、街中の教会が鐘を鳴らす・・みたいなとこがあるわけですが、
その鐘乱打、スコアにどう書いてあるのかな・・・
マーラーだったらギザギザ線みたいのが書いてあって★)とか書いてあって、欄外に注意書きですね。
でスコアを見てみると
158.png
Cmp.が鐘でまあまあ、これは予想通りな感じ・・・
でもさ、3拍子なのに全音符ってとこが衝撃的じゃない?



もう一個あったやつは
157.png
トレモロが書いてある。欄外には同じピッチの鐘みたいなことが・・・
これ言うとおりに演奏されるとなんか火事みたいじゃない?

馬鹿みたいなこと書いてすみません。
なんで2種類あるんだろう?

もう一つ、あさハイファイなんて書いてて昔を思い出した。ハイファイなんてもう死語ですよね。
いまはやりのハイレゾだっていずれは・・・
なんとなく長岡鉄男が雑誌でクリニックとか言って読者のところへ行ってたのを思い出した。
新婚夫婦なのだけど、奥さんのことをディズニーランドからカタツムリにのってきたような・・と評していた
ディズニーランドにカタツムリなんていたっけ?と思った。
あの夫婦の現在が知りたい・・どうでもいいけど・・孫がいたりするんだろうか。。。

くだらなくてごめんなさい・・・・今こんな気分。

またチャイコフスキーで

11.png
この際もう一つチャイコフスキー。
交響曲第1番の冒頭ですが、2つのヴァイオリンパートが音を入れ替えながらサワサワしています。
トレモロとは違うこの効果を聴き取ってやろう。と思ってしまいます。
冬の日の幻想ってタイトルがいいですね。。この曲

チャイコフスキーで

5.png
こっちは有名ですね。チャイコフスキーの悲愴 終楽章冒頭
2つのヴァイオリン、ヴィオラとチェロ、1音ずつ主役が入れ替わります。
対向配置なら、頭を無理やりゆすられたような効果がでるかもしれません。死に至る衝撃を受けているわけですし、とても効果的・・
でもここ、音楽のすごさが楽譜上の工夫を追い越してしまっている気もします。
ステレオ効果なんかより音楽に耳が行ってしまう。
でもなんかわさわさしてる感は感じます。

聞き取りたいこと

4.png

チャイコフスキ- 交響曲第4番 第3楽章冒頭
ピッチカートが楽しいこの楽章、3,4小節目のCの音は3つ続けて聞こえるわけですが、2つ目音だけ第2ヴァイオリンに割り振られています。
昔の対向配置だと音が左右に飛び回るような効果が得られるのかな。
現代の配置でも音が移動する様子を聞き取りたいと思い、そこに集中してしまいます。
オーディオ的には音像定位なんてことを言って喜んでいる人には解ってもらえるかもしれません。