少し休んでいるだけ

4095.png
2両の蒸気機関車。
前のC10は火が入って現役、先程まで列車を引いてきて今最後の入れ替えの仕事をしているところ。
観光用に復活したスターみたいなもんなんだろうけど、お客を下ろした後に構内をすばしっこく動きまわって日常業務としての入れ替えをやってるシーンは見ものだった。生きてんだよなぁ・・みたいな。
一方後ろのC12もかつては火が入りここで動いていたはずなんですが、いまは火を入れてもらう事もなくこの転車台の上で事実上展示物化しているみたいです。
凛々しく活躍する仲間を見ながら寂しくここに・・
この機関車、実は大井川鉄道ではなく別な寄付金で活動する団体の所有で、資金的な問題で動かす為の処置が行えないという。

今こうして休んでいるけどな、俺だってまだまだやれるよ。

シューマンの交響曲第4番もちょっと変わった感じによくまとまってとてもいい曲です。
一見ベートーベンが残したドイツ人への宿題みたいなのに乗っていて
おおざっぱに言えば、立ちはだかる運命的困難に頑張って立ち向かってパーッと開けた明るい勝利を手に入れた!
みたいな曲です。 

4123.png

その第2楽章というか第2部分にオーボエとチェロの半分がユニゾンで歌う旋律があるんですが、ここだけ何だかカビが生えたようなみじめな人みたいに思っていました。



それで「みじめな人」みたいな記事をいったん書いた。予約間違えて一瞬公開しちゃったら拍手いただいてしまい・・
でもこの曲、頑張って勝利する人の曲なんですよね。
この部分もロマンツェなわけで、かび臭い4畳半みたいな話じゃないだろう・・
この後すぐ運命のテーマみたいなのが再び出てきてこのヘロヘロ感の原因は運命的困難なんだとよと教えてくれる。
そこへ
4124.png
ヴァイオリンソロが歌が歌い始めます。
これよりずっと後に作曲されたマーラーの交響曲第1番に傷ついた青年が菩提樹の下で休んでいると優しい風に包まれる・・みたいなシーンがあるんですがあれを思い出します。
風のような、小川のせせらぎのようなこれはまた、恋人の姿を思い出しているようにも聞こえる。
みじめな人なんかじゃないです。
今、傷つき弱ってみじめに見えるかもしれないけれど、
ちょっと休んでいるだけ。
また闘える。
そんな感じがします。
この後また黙々と働くようなスケルツォが来るんですよね。
そこにもまたこの救いのテーマみたいなのが顔を出していて・・
その後は勝利の歌。

人間、頑張るはいいけど休みも必要だよね。
ただ頑張ってすり減ってなくなちゃったらどうしようもないじゃんか。
私はちょっと休みすぎだけどね。ちゃんと仕事はしてるけど。

ベートーベンとは違う詩のような交響曲を作ろうとしていたのを感じるなこの曲。
この曲自体は大好き。
ずっと全然聞かなかったシューマンに最近妙に目覚めてきた・・
ちょっと嬉しい。

一度なくなちゃったらもう2度と戻らないものというのがあると思うんです。
全く新しく作られた蒸気機関車なんてあんまりおもしろくない気もする。
私はこういうのが好きだからそう思うけれど、興味のない人には鉄くずに見えるのかもしれない。
全国の公園で静態保存されたSLが腐ってしまって自治体の負担となりどんどん解体廃棄されているというのをどこかで見ました。
文句を言っても私にはどうにかする力もないので仕方がない。

今は動けないこの機関車を復活させる動きがあるそうです。
ぶっちゃけ寄付金次第みたい。
偉そうなことを言っても残念ながら私にはお金はありません。
お金のある人は助けてあげてください。

ダンプで突っ込んだ思い出

4093.png
港に行ったらこんなのがいました。
パワーショベルみたいだけど違いますね。
4094.png
先端のこれが電磁石になっていて鉄くずを扱おうというものでしょう。リフティングマグネットというみたいです。
永久磁石と併用することで停電しても落下事故が起きないとか色々あるみたい・・すげーな。
これも行けるかわかりませんが、私はバックホー(ショベルカー、ユンボとかいうやつ)やブルドーザーに共通の免許で車両系建設機械というものをなぜか持っています。持ってるだけですどね。
人生はどこでどうなるかわからない。
プラントの電気設計をという話で入社した会社、入ってみたらその計画はとん挫したので現場へ出ろ。
という事でもっとも適性のなさそうな建設会社の作業員になってしまいました。
投げ出したらいけないみたいなのを真に受けて3年くらい頑張ってみたけれどやっぱりこれは違うと思ってやめた。正しくは逃げた。
今思えばそれに関しては大正解。人生は短い。間違った内容で頑張っていると取り返しがつかない。
それは置いといて。
ブラック企業だったので夜まで現場で働いてそれから事務所で書類か何かやったりして
晩飯を食おうとカレー屋だったかと思うけれど1人2トンダンプで行きました。
食事も終わり帰ろうとダンプをバックさせると・・ドン! あっ・・
逃げようとちょっと動いて・・・戻って降りてみると建物の壁を傷つけている。そこはおよそ私には縁のないブティックというのか高級婦人服みたいな店だった。
謝って弁償しなきゃ・・・
今考えると謝るんだったらテナントじゃなくて建物のオーナーとか事務所とかなんとかだと思う。
でもまだ何にもわからない子供みたいなもんだったんだよ。
意を決してそのお店の戸を開けるといかにもという感じの女性二人がびっくりしたような顔でこちらを見ている。
壁を壊してしまったので弁償しないといけないと思うんです・・
・・・・あっ・・・・・すごい音がしたよ・・・みたいな短いやり取りの後、優しい笑顔で
それはいいから、今度彼女を連れてきてね。
今考えれば外壁なんかどうでもよかったし、訳の分かんないのがパニックになってるのを見て適当に相手をしてくれたのかもしれない。
私は「はい!」なんていったはいいものの彼女なんかいないし、できるとも思えなかった。
約束を果たしようもないまま数年・・彼女というものが奇跡的にできた時、最初に浮かんだのはお店とその時のことだった。
結局行かなかったけれど。
もうその町を離れてからも20年近くになり、どのあたりのなんという店だったかも思い出せない。
また行って探してみようかそこを・・
もういないだろうなぁあの人。
あの時、ありがとう。


ショパンをピアノの詩人と言ったりするけど、私的には詩人と言えばシューマンのような気がしますねなんとなく。
彼のピアノ協奏曲へは優れたピアニストであった嫁さんへのプレゼントだと思う。
音楽に男性用、女性用なんてないけれど、この曲は女性用(もちろん男が弾いていいんだけどそういう事じゃなくて)のイメージがあります。
私からは最も遠いところにある女性用の服やとかデパートの位階の化粧品売り場みたいな・・
ちょっといいすぎか。
私にも楽しめるのでそこまで行きません。バラの刺繍のある音楽・・みたいな感じ。
間奏曲という第2楽章は素敵な音楽ですがその中間部は

バラの花園みたいな音楽なんですよね。
愛をささやくチェロの歌が高弦に受け継がれていくところなんか素晴らしい。 
3153.png
そういう歌だから、ベートーベンとかブラームスみたいに起承転結、論理的!みたいにがっちり語ったりしない・・
ずっと同じようなことを繰り返し唱えているのね・・・
これがね、中学生の頃に聴いたとき全然理解できなかった。
何うだうだ言ってんだよこれは?
だらだらしていて全然前に進まねーじゃねーか・・なんて思ってた。
その場にとどまって寄り添ってたいんだから前進なんかしちゃだめでしょ・・
そういうのわかんない子供みたいな心でずっと行っちゃったからダンプもぶつけるんだよ。

まあいいや、嫁と知り合えたしこの人生も捨てたものではありません。

かくれてた

休みの日は犬と散歩。
気温が高いと犬がバテてしまいあまり遠くに行けないので冬こそ散歩シーズン。
以前はとんでもないほうまで二人で歩いて行ってたのしかったけど、最近は双方寄る年波に・・
4012.png

あっ・・・
右隅、隠れるようにして交差点を凝視するこの人は何をしている人でしょうか?
こんなのだしたら怒られるかな?
スクーターのおばちゃんを捕まえてたのを見たことがあります。

シューマンの謝肉祭という曲集の楽譜に
音にならない曲があります。
曲というか・・・
4011.png

8曲目と9曲目の間にスフィンクス。
*)とあって欄外にスフィンクスは演奏されない
みたいなことが書いてある。

演奏しないのに何で書いてあんだよ・・と言うとこですが。
ここに書いてあるのはこの曲集の鍵みたいなものなんですね。
曲にこれが埋まっているというかこれをもとに曲が書かれていますよという。
でさらにこれは結ばれなかったある女性の何だかを意味していて・・みたいな話で。
バッハだとこういうのは何でもお見通しの神に向けて書いてるのでいちいち種明かしはしない。
こういう個人的裏事情を積極的に作品というか楽譜にのっけて表現しようっていうのがロマン派って感じがしますよね。
ブラームスのピアノソナタもスコアに詩が書いてあったりする・・演奏会で朗読するわけではないけれどその景色を踏まえて演奏するというか・・・このころの流行りというか・・
これがまた実際音にすると印象的で、演奏して聴かせる人もいるみたいだ。


そういうのを集めた動画があった。
ラフマニノフのどろどろしたトリルが印象的で面白い。
ホロヴィッツの衝撃的な音はいかにもホロヴィッツだ・・・
前の音を微妙に残して重ねるところなんかがこの人なのかなぁ・・
音一つたりなくない?
これをお客に作品として聴かせる自信があれば弾いちゃってもいいんのか・・

謝肉祭を聴いているとこのころのシューマンて身も心も絶好調だったんだろうなと思う。



4015.png
このすぐ近くで見たこれ・・
そりゃ、悔しいだろうなぁ・・

これに限らず、悪い奴はみなそうとわからないようにその辺に隠れて人から好かれたりしている。
天罰なんて当たらないらしい。世の中やったもん勝ち。
・・・・若いシューマンのこの曲集を聞いてる間はそんな嫌な気持ちも忘れさせてくれる。
弾けたらさらに素晴らしいだろうけど私には夢のまた夢。

中学生の時みんなからシューマイというあだ名で呼ばれている先生がいました。
おかしなもんは片っ端からぶん殴っていくような若い先生でしたが、シューマンの肖像画に似ていて面白かった。
あの人だってもう定年だろう。

せんべい

3751.png
せんべいなんか食べてるから太るのかもしれない。
けど買っちゃった。
亀田製菓の手塩屋というせんべいはおいしいんだけど一つが大きくて太りそうだとか思ってしばらく買ってなかった。
でも「赤いきつね風味」なんていうのがあったから買ってきちゃった。
食べてみたら・・・確かに赤いきつねだ・・・お、おいしい。
赤いきつねは全国みんな同じ味じゃなくて4つの地域に向けて味付けを変えているそうだけど、このせんべいは東日本向けの赤いきつね味なんだそうだ。だから私の思う赤いきつねの味・・

こういう、全然違う会社のコラボレーションみたいなのはどうやって実現させるんだろう・・
まず一本の電話かなんかから始めるのかな?
レシピ供給の代わりにロイヤリティーをとかなのかな?
何でもいいけどちょっと面白い。


この曲、シューマン作曲のショパン・・・
シューマンの謝肉祭、いいですよね。
ショパンが出てきちゃうところが笑うでしょ。


3752.png
いかにもショパンという感じ?・・・
でも始まってすぐにショパンじゃない・・と感じる・・同時にあぁショパンやってるんでしょとも思う。
もっとショパンらしくできたはずなのにあえてそうならないようにしている気がしなくもない・・
なんだかんだ言って思い切りシューマンだと感じたりも。
ただの物まねと違うところが一流芸術家のなにかなんじゃないかと思ったり・・
ショパンに対して尊敬と愛情みたいなのを示してはいるんでしょう?

シューマンて結構砕けた人だったんですね。
逆にショパンは、こういうことしなそう・・
全然知らないけど。

この煎餅もあっ赤いきつねだ・・と思わせるけど天塩屋の存在感が支配してる。

また今日も1枚食っちゃった。
痩せるわけないな。

川のほとりで

どこでもいいからどうしてもどこかへ行きたかった。
新東名に乗ったら制限速度が110kmになっていた。
スピードも出さないしどうでもいいけれど、見慣れない表示が目に新鮮ではあった。

3496.png
この先に何かあるとは思えないし、そもそもここ通っていいのかよ?みたいな道をすすんでみると

3509.png
こんな感じになってきて

3510.png
あっ・・

3498.png
こんなカフェ?にたどり着いた。
木造のいい感じの建物。あとで聞いたらオーナー?が自分で建てたんだって。
地元の人らしき多分70代のおばさんが何人かでお茶を飲んでた。
話してる内容が聞こえてきたけど若い子の女子会みたいだった。

昼ごはんに定食を食べたらケーキもついてきた。
素朴でおいしい。

お店の人と少し話をする。
こんな川沿いに建物なんか建てられないんだけど・・でも建ってる。
大雨が降れば川の水が上がってくる・・
どうしてここがわかったの?

薪ストーブがあったりしていい空間と時間だった。
食べ終わって外に出てボーっと川を眺めていると
3501.png
対岸にSL列車が・・
写真だと何だかわからないけれど、谷間に汽笛がこだましてものすごくいい感じなんだよ。
蒸気機関車ってずっと煙はいているわけじゃないんだよね。
力行してないのとトンネルがあったりすると煙止められるんでしょ?
どうでもいいかそんなの。
お店の人が出てきてまた話をする。
短い間だけど、俺の人生も捨てたものじゃないなと思う。

みっともなくてかけないけど、今複数の問題が同時に襲ってきちゃって気分死んでるんですよね。
今日はここに行けたおかげでいい一日になった。
ありがとう。

川沿いといえばシューマンの交響曲第3番「ライン」
昔テレビで指揮者の岩城がライン川というのは優雅に流れる・・みたいなイメージとは全然ちがうんだと言ってた。
圧倒的な水量がものすごい勢いで流れる四角い断面の川なんだそうだ。

この曲に限らずシューマンのオーケストレーションは作曲当時には好意的に受け入れられたようだけど、その後鳴りが悪いとか言って批判された時代がつい最近まで続いていました。
シューマンの音楽が大好きだったらしいマーラーがオーケストレーションを変更した楽譜を出版したりしています。
マーラーは有能な指揮者でもあったが何より作曲もする創造者であったっため、オーケストレーションの変更だけでなく重要な部分んのダイナミクスの変化など音楽そのものにも手を入れている箇所があるみたいだ・・そこを‥そこも面白いと楽しんどけないいのか。
最近私が何となく聞いているのはズビン・メータがウィーンフィルと録音したものですが、マーラー版もしくはかなり積極的にマーラーのアイディアを取り入れたものなんじゃないかと勝手に思っています。
楽譜がないので詳細は不明。


ロジェストヴェンスキーはマーラー版を録音したんじゃなかったっけ?
ロジェストヴェンスキーなんていうとバルチック艦隊みたいですが、この人のショスタコ11番はものすごいことになっちゃってたりしますよ。

3508.png
例えば終楽章のここ、主題が再現されますが、弦楽器はトレモロで主題を弾きます。
この旋律がむにょーって続いて聞こえるのを問題だと考える人もいるんでしょう。
メータのは16分音符の刻みを8分音符になおして旋律をくっきり浮き立たせています。
このロジェストヴェンスキーのは普通にアレコで弾いていた。
メータのは折衷案なのかなぁ・・
私は何というか昔の即席めんみたいな歯ごたえのオリジナルが結構好きだなここは・・

この曲いい曲だよね。
正直に言うと本当にちゃんと聞くようになったのは去年か一昨年くらい。
ずっと苦手だったんです。
なんかぐにょぐにょ言ってて何言ってんだかわかんないなんて思っていて・・
それはシューマンの音楽が悪いんじゃなくて自分が聴く準備ができていないだけだった。
何やっても遅いからな俺は。

私も子供のころから何言ってるかわからないと吐き捨てられてきた。
傷ついて俺はダメなんだと思ったりしても来たけどべつにそう思う必要もなかったんだよなぁ・・
わからなかった、つい最近まで。

また行きたいなあそこ。



やさしい気持ち

部屋の中の空中を何かでっかいものが水平移動している・・
3374.png
あっ・・
めんどくさいから放っておこうかと思ったけど、嫁さんが腕を差し出すと素直にその上に乗り嫁の案内で外へ帰っていった。
君ら友達なのか?

ずっとうちにいると腐りそうなので当てもなく出かける。
天気悪かったから写真は全然だけど・・
3381.png
樹齢1000年越えの杉・・こういうのが何本もある。
人齢43年程度じゃ・・・いろんなものを見てきたんだろうなとか、1000年前にちっちゃな芽がここに出たのかなぁ・・・いや誰かが苗をここに植えたのか?どんな人だろう?とか考えていると自分の気持ちが静まっていく。

3382.png
しばらく行ったところにあるこの木、数年前に見つけて一目ぼれ。
曇ってる上に日が暮れちゃってあれだけど、この樹晴れた日に見るとすごくきれいなんですよ。
なんの木だろう?わからない。
木に性格があるかは知らないけれど、あるとしたらこの木は優しい心を持ってるんじゃないかなぁ。

3383.png
根本付近に立つと不思議と心が解放されるかのような・・刺の抜けたような気分になります。
勘違い・・でもいいでしょう勘違いできる場があってうれしい。
しばらくここにいたい気分です。
実はこの前に、オーガニックカフェみたいなところにいました。
でもここのほうが気持ちはゆっくりできるなぁ・・

電話線が貫通してるんだよな・・仕方ないのか・・
樹齢何年くらいなんだろう?
畑の人が植えたのかな?木陰を得ようとしてとか・・
人を休ませるのが目的で植えられた気だから、近寄る人を休ませてくれるんじゃないか。

優しい心の音楽といえばシューマン。
シューマンは発狂して死んでいきました。
若いころにもらった梅毒が原因らしいけれど

心がきれいすぎたっていうのもあるんじゃないのかなぁ・・
いろいろあったんだろう・・
全然知らないし、なんのことだかわからないけど。

ペダルピアノ

元旦ですね。
全然お正月らしくない曲の紹介でも。
77.png
かつて足鍵盤をもったペダルピアノという楽器が存在しました。訳知り顔で書いてますがそんなものみんな知っていることかもしれません。
シューマンがこの楽器のために魅力的な曲をいくつか残しています。楽器はすたれてしまいましたが、オルガンのコンサートに行くとよく弾いて聴かせてくれます。ドビュッシーが2台のピアノ用に編曲した楽譜もあります。
私は6つのカノン作品56という曲の第2番が大好きです。オルガンで知りましたが最近聞いているのは2台のピアノ版。
自分の音源を丸ごと1曲貼っていいかわからないのでYOUTUBEにあったものを。

これは2台のピアノ


これはオルガン。

コンサート用ペダルピアノみたいな動画も発見した。

なんでこの楽器が普及しなかったかわかるような気もする。

イ短調ですが悲しいのではなくて、無垢な美しいものが光の当たり方でこう見えるみたいな・・
とにかく、この曲が好き。

2台のピアノだとカノンの前後を2台のピアノに振り分けるのでとても分かりやすく効果的です。
オーディオ的には2台のピアノが鳴ってる感が・・・みたいな。

シューマンて肖像を見るとおっさんて感じですけど、魂がロマンティックすぎて壊れかけてるような人なんじゃないかな
実際壊れちゃったし。
オルガン版の途中で夫婦の写真が出てきますが40歳くらいのクララって奇麗なだけでなくで人間も魅力的だったんでしょうね。
ブラームスもあれしちゃって。