夢だったのか?


3597.png
これは昔通った中学校への階段。この時点で結構登ってきていて息切れなしには登れません。
あのころはこんなにきつくなかったと思う。思い出して浮かんでくる光景は昨日のようです。
中学校はなんとなく楽しかった。

高校1年生の後半くらいから卒業まで私の記憶は、どこまで書いていいのか・・
強迫性障害を発症して、みたいなのから始まるんですが真っ暗闇です。
自分に何が起きているかわからず、誰にも相談できなかった。
なんとか学校へは通い続け、進学で誰も知る人のいない遠隔地へ移住したことをきっかけに最悪な状況からは脱することができました。

あの時、自然に今の自分は仮の自分で本当の自分じゃないという意識が出来上がっていたと思う。
そのせいか自分の人生はそこで中断していて、空洞のままだというような意識がどこかにずっとある。
最近、あることでその空洞を少しだけうめられたような気がしました。
見たかったその先は少しもいいものではなかったし結局途切れてしまった。
でも考えてみればいかにも自分らしいし、これが本当だなと妙に納得している。
あの時何があったのか、ほんの少しだけ知ることができた気もする。
本当は少しだけいいこともあった。

メンデルスゾーンの「夏の世の夢」という音楽があります。
結構行進曲が超絶有名で最初の部分を聴いたことのない人はいないかもしれません。



この音楽、序曲は作者が17歳の時に完成しています。
姉と弾いて楽しむために書いたものをオーケストレーションしたとか・・
天才っていうんでしょうこういうの。
その後に続く劇音楽みたいなのは40歳になって書いたものなんですね。
17歳の続きを40になって・・それでちゃんとつながっちゃうんだからまた天才ですね。

序曲の第1主題は弱音で動きまわるヴァイオリンは飛び回る妖精の姿だ・・
すごく速い動きが連続しているところに
3581.png
ポンと月明りが入る。
楽譜の景色が妖精と上空の月明りに照らされた雲・・みたいに見えたりして・・
クリアな光を得るため、オーボエは休んでいるところが・・
音楽的にもここでいったん連続したいたパターンに変化が入ることが何だかものすごく印象的で効果的です。
それが、曲の最後の方でまた出てきた・・
3582.png
と思うと月明りが固定したまま妖精はもう出てこない・・
ここはいつも急に時間を止められたようなすごい感覚になります・・
こういうの他にもあるといえばあるけど、
へーと思って聴いたのは私が17歳くらいの頃だった。
あのころ、音楽だけが支えで楽しみでした。聴くだけですけどね。
40過ぎた今も同じ。

変なこと書いてもいけないんでもう笑って終わります。

3606.png
こんな感じの気分で。

なかがいいね

2040.png

ぼんたんの葉にセミの抜け殻が
仲が良いのー

セミがあんなに鳴いてるのは嫁さん探しのアピールなんでしょう?
一世一代の熱唱なんだろうな。

より美しく鳴いた方が・・とかじゃなくて音量勝負らしい。でかい声で鳴いて目立ったもん勝ち。
うるせーと思うけど、勝負かかってんだね。
ツクツクボウシなんか、あんなテンポ変化や変拍子みたいなのを含む音楽を歌ってるんだから演奏で評価してもらえたりしないのかな?

フルトベングラーみたいな劇的な加速を見せるセミ。
トスカニーニみたいなザッハリヒなセミ。
マーラーみたいに勝手に編曲しだすセミ・・

うるせーけど、みんながんばれ

セミは土の中に7年でしたっけ・・
昔は振り返ると遠かった7年って。
今は7年前なんて振り返っても昨日か一昨日みたいだ。

2034.png
2042.png

鶴のダンス。
標茶かな・・帰りの空港にむかって走っていた時。
道端でやってた。
一緒に踊っているんだからもういい仲なんでしょう?
彼らはどちらかが死ぬまでずっと一緒にいるんだよね。

たぬきもそうらしいと知って先日感動した。
たぬきも嫁さん探しで歌うとか踊るとかするのか?
もう一度会いたいなたぬき。



メンデルスゾーンの無言歌に”デュエット”という名の曲があって
2041.png

聴くと本当に男女が出てきてテュエットしています。
ずっと掛け合いするんだけど最後は二人一緒に・・
これ弾けたらいいだろうなぁ・・


細かい音の伴奏に乗って二人分歌うんだけど、ベースが結構動いてるのがずっと聞えてるところが何だか好き。

超セレブなメンデルスゾーンは絵にかいたようなセレブ結婚みたいな感じだったんじゃないかと勝手に想像してる。
でも彼にも歌手かなんかとの浮気疑惑みたいなのがあるみたいだな。

この曲中学生の夏休みにラジオで覚えてずっと聴いたので、私にとっては夏の思い出。
弾けるわけじゃないから思いでってのもおかしいか。
聴いてたのはバレンボイムのこの演奏だった。

夜になったら鈴虫が鳴き始めた。
もう秋が見えてるんですね。

悲しい歌

病院へ行って変な病気じゃないらしいことを確認して、薬をもらって・・
音楽を聴こうと思ったけど体がもたない。
ブルックナーの3番を3楽章でやめる・・
体調落ちると気持ちも落ちますが、今日は小さないいことが2つあった。
人生は捨てたもんじゃないはずだと言い聞かせて・・寝る。

皆色々あるらしくて、いろんな人のブログを読んでると心をやられちゃったようなことを書いているのに出くわします。
書いていいよね。リアルでそんなことを言うのはいろいろまずいだろうから、せめてブログくらい。お互い様だし。
実際は何も解決しないし、書けば賛同してもらえるというわけじゃないけど、
誰かに聞いてほしんだよね。
猫がしっぽを立ててるのも作曲家が作曲するのも、ブログ書くのもみんな根っこは同じでしょう。


1040.png

まだ嫌なことも知らなかった中学生時代に聴いていた曲です。
メンデルスゾーンの無言歌集第5巻からベネチアの舟歌第3。
ベネチアの舟歌という題名は作者によるものです。
舟歌って船頭が歌うんでしょうか・・左手は船の浮かぶ様子なんでしょう。


歌詞の聞こえないこの歌も尋常でない内容を持っているはずだと思うんです。

1028.png
冒頭に鳴らされる2組の鐘のような音は高低2組あることから男女かなとも思います。
音楽自体はppだって言ってるところにffで鳴らされるんだからたいへんだこれは・・
主人公の魂を表しているのは間違いないでしょう・・

ppで歌われる歌は美しく悲しい、とても悲しい・・
鐘の音を挟んでオクタープ高く歌われるときにはもはや氷のような魂が悲しみで壊れてしまいそうです・・

その後、祈りのような歌が歌われ、クライマックスに達すると

1038.png
すべてを打ち砕いてしまうかのような鐘の音・・
何かとてつもなく恐ろしいことが起こったんでしょう。
裏切りかなとも思いますがその後を考えると違いますね・・
こういう展開はよくあるといえばあります。

この曲のすごいところはここでしょう、祈りの歌が浄化されたかのようにきこえると・・

1039.png
夢のような美しい光の向こうで2人の鐘が明るく寄り添うように鳴っているのが聞こえます。
天国で二人は結ばれることができました。みたいな・・

何があったのかは知らないけれど
一見明るく終わっていくこの音楽は実はとてつもなく悲しい出来事を歌っているのではないかと思うんです。


昔話ならそのほうが劇的でいいけど、
リアル自分はとりあえずこの世の今が幸せなほうがいいよね。


ラジカセ

1069.png
先週みかけた家族と同じかはわかりませんが、ほぼ同時発生だと思うので・・
子ガモ、1週間で大きさが3倍位になっていた・・
数は・・多分減ってる・・
しかし水草みたいなのを食ってあんなにでかくなれるのか・・
この隣の田んぼは草だらけだ・・何がダメかはわからないけどあっちのは嫌なんだろうな・・・
かーさんは時々周囲を見渡して状況を確認している。
通りかかる人たちがみんな笑顔で話しかけてくる。
自分は誰よりもあのカモの親子を見ていて知ってるんだよと・・
大人気でいいなぁ。

先日、友人が古いラジカセを持っていました。
古いとってもCDが聴けたり、ラジオの周波数はデジタル表示だったり。
今時カセットテープが再生できる装置が現役で存在するんだなんて思ってうれしくなった。
でも考えてみると
1064.png
うちにはもっと古いラジカセが現役で生きていた。
家族がこれでラジオを聴いているようだ。テープ再生系が生きているかはわからない。
私が音楽に目覚めたころに使っていたラジカセもこんな感じのもの。
もっと地味でボタンやつまみも少なかったっと思う。
元々もっと古い2台のラジカセで1台のイヤホンをもう一台のマイクにセロハンテープでくっつけて・・とかやっていたので、こんな物でも画期的だった。
ラジオのチューニング状況に合わせて光るランプがあって、ランプの光量が最大になる位置を狙うという・・・部屋のどの位置にどんな角度で置くかでも受信状況が変化していた。
そんなラジカセでFMを録音して聴いていました。
テープは従兄のお下がりの英会話教材テープをつぶして使った。
気に入った曲をダビングして作った一本のテープを宝のように毎日毎日聞いていました。
最初に作ったテープは記念にと思い今もしまい込んであります。
もう一生聴けないと思っていたけど、ラジカセあるんだな・・
そのテープを思い出すと当時頭に焼き付けられた音が再生されます。
前に録音してあったものが消去しきれずに聞こえてしまっている・・
録音ヘッドがテープに当たって時に起きるボツッ!というノイズとともに曲が始まる。
メンデルスゾーンの無言歌の第1巻、第一曲「甘い思い出」という曲です。
曲名は作者によるものではないようですね。
楽譜の出版社かなんかによるものでしょう。
朝のクラシック番組で時間の余白に流してくれたものを録音した。
7曲くらいだったか、あれから30年、全曲の無言歌全曲のCDを手に入れてから25年がたってもなお、その7曲を選んで聞いてしまう。
あの頃は何か特別な時期だったのかも。


1029.png
自分でも弾いてみたいなんて思って楽譜を買ってきたのも25年位前、弾けるようにはならなかった。
なんでも身の程知らずでごめんなさい。
この曲を聴いていていると小さな白い花が咲き乱れる野原・・という光景が頭に浮かびます。
幼いころの具体的な記憶と結びついていると思うんですが、長くなるので・・

1030.png
このあたり、中学生のころはここが童謡の「小さい秋」に似てると思いながら聴いてた。
ふと立ち止まりハッピーばかりではないというようなことをこぼします・・
その後また明るく進もうとするんですが、単純に冒頭の主題を歌うのではなくて、自分に言い聞かせるような何かを少し歌うんですよね。そしてまた前へ進んでいく・・
甘い思い出なんかじゃない・・今生きているという感じがするんです。
作者が何を思って書いたかは知らない・・超天才だったらしいし、深く感じなくてもこういうこのをサラッと書けちゃうのかもしれない。
こういう曲の世界観は聴き手に委ねられてると思う。
勝手に好きに聴けばいいと思う。

メンデルスゾーンはかなり裕福なユダヤ人の家に生まれ、才能もあって成功を保証されたような人生を送ったために、苦悩を知らない彼は創作者としては三流・・みたいなひがみ的な批判を長くくらっていたみたいです。
何が正しいかは知らないけど、いい曲を聴きそびれた人たちは損をしたという事でしょう・・

この曲はいい曲で好きです。