気の持ちようで

3294.png
車で家を出るとここを通っていくわけですが、右側のコンクリが白くなっているのは私がホイールをぶつけたところです。
2トン車でも通れるし、今まで15年以上ほぼ毎日通っているわけで狭くもなんともないのに、ぶつけてからここが結構怖い・・
またぶつけることにおびえているのである。
逆に言うと、怖いと感じるようなことは皆気の持ちようで実は何の問題もないという事かもしれない。

先日整体に行って、年中首が凝ってると言ったら首のあたりを矯正してくれた。気のせいかあれから首が凝らない。
正確にはいったん凝りかけるんだけど、いつの間に勝手に治るきがする。
正直に言うとまだ整体というものを疑っていてだまされてるんじゃないかとも思うんだけど、だまされてコリがなくなるんならそれでいいじゃないかとも思う。

気にしないと一度は吐き捨てたはずのものがもやもやするので状況・原因等を分析して違う側面から見ると、ひどい失敗に見えるそのことが実は発展的に良い方向へ進んだ一歩なのではないかと思えたりもする。
そう思えればその瞬間は心が軽く明るくなった気がする。
またすぐに戻っちゃうんだけど。

人間の心は事実と関係なく気の持ちようなんじゃないか。
今、ほっとくとばねで押したようになんでも悪い方向へシフトするのでばねの向きを変えて何でもいいほうへ考えられたらいいんだろうな。
ちょっと難しいのでとりあえずニュートラルになれるように・・

マーラーの交響曲第1番という曲があって、その第4楽章は若者の心の嵐です。
完成が28歳と作者自身も若いので死んじゃうような苦悩の正体は失恋だったりするわけですが、途中でその苦悩を踏み倒し、圧倒的な勝利の上に立つ!みたいな場面があるんです。



音楽的にはハ長調からニ長調へというすごい転調をやっているわけなんですが、
この曲を初めて聴いたとき、ここでたまげた。
宝箱みたいなもののふたが勝手に開いて中から光があふれだしているのをみた。。

3295.png
転調の瞬間にルフトパウゼ(ふっと間をあける)の指示があってこれもみそなんですが、ワルターは無視してますね・・

3296.png

マーラー自身、誰かの手紙へ天から光が(だっけ?)降ってくるような効果を出したくて、この転調を思いついたみたいなことを言っています。
ここでうまいなともうのは、この転調のすごさを聴き手に印象付けるためこのすぐ手前で
3297.png
暗示というか妄想というか
転調しないでハ長調のまま行くファンファーレを一回聞かせてるんですよね。
普通だったらこうなるでしょ・・と。
すぐに吹き飛ばされちゃうんだけど。
その後にあれを聴くとさらにものすごい事になっちゃってて余計びっくり!みたいな・

このすごいニ長調への上昇の後ずっと勝利の歌が続くかというと‥森に入って冷静になり、またハ長調の世界へ降りちゃうんですよね。
この勝利は気のせいというか強引な勘違いだったのか・・・
勘違いでも、そうだと思えばあんなところまで登れるよという事か・・

この後曲の終わりにかけてこの勝利のファンファーレがまたでてきます。
今度は最初からニ長調で、、有名なホルン奏者は立って吹きなさいという指示を含む強い音楽で強引に勝利を確定しようとして終わります。

でも、この作曲家の曲だから・・このニ長調の勝利の叫び、実はやっと苦悩に勝利したと思ったらあの世だった=死んでた
みたいなオチなんじゃないかとも思うんですよね。

ものすごくハッピーエンドな曲にも見えますが、実はものすごくブラックな悲しい曲かもしれません。
どちらで聴いてもいいんですよ。
裏まで読み取ったほうが偉いとかそういうことが言いたいんじゃなくて、気の持ちようで何でも違って見えるんだなと・・

整体師も最初の問診でちょっと見ただけで全部お見通しなんだよ的な・・
「いつも足組むとき左を上にするでしょ?」
「右だけどなぁ‥」
「そうね右だよね・・」
「花粉症ありますね!?」
「ないです」
「ないよね~」
こういうのでいちいち、インチキくせーなとか思うから人生損してるんだろうね。
良かったなー効いたなぁーとかだけ感じてられればいいんだ
何でも治るとか言ってたけど
歪んだ精神も矯正してくれないかな。
治りますよとか言いそうだなあの人。

暗雲の正体

821.png

マーラー交響曲第1番の第1楽章、明るく爽やかな音楽と見せかけて暗雲が立ち込めてますよの続き。
序奏が終わると明るい日差しのもと美しい野を歩いた・・みたいな音楽が提示されます。
ここだけ聴いていると本当に明るく幸せな音楽ですね。
同じ音楽が別な歌曲の中にも存在します。ほぼ同時に作曲されているそちらの歌曲も聞くとこの交響曲に描かれている世界、人間、何が起こっているのか・・が読めてくるという・・
おもしろいですがあんまりこだわりすぎてると狭く凝り固まった範囲内で曲を聴くことになってしまい危険だとも思ったりして。


この曲は交響詩として発想され、改訂を重ねながらそれを交響曲というフォーマットでまとめることを考えていったようです。
交響曲という形の中で大きな何かを表現しようという作曲家マーラーの誕生なわけです。
交響曲の第1楽章ということでソナタ形式感を明確に打ち出すべく?提示部にリピートが追加されました。
816.png
後付けなので提示部が終わるところの繰り返しを歌いだすチェロの記述が何だかいかにも後付けです。
提示部はいくつかの要素が提示されますが、明確に第1主題、第2主題という感じではなくて連続する一つの歌みたいなイメージですよね・・
私はリピートをしないワルターのCDでこの曲の洗礼を受けたので今でもリピートに違和感を感じるようになってしまいました。

提示部が終わると再び序奏の朝霧が戻ってきます。
弦楽器の霧が一小節ずつ高い音へ登っていくんですが、各パートタイミングをずらしながら徐々に徐々に上っていくんですよね。
ぼかされているんだからぼけっと聴いとけばいいんしょうけどその変化を聞き取ろうとしてしまう癖があるんですよね。
オーディオとか言ってるとそうなっちゃうのかな。

817.png
鳥が鳴いていたりするんですが・・
先ほどまで楽しく歌ってたあの旋律がチェロに出てきて・・・何だか不穏な空気感です・・

で13から不穏な空気そのもののテューバ登場です。
その前にヴァイオリンの霧がひそかにオクターブ下がっているんですがふと気が付くと急に暗くなってたみたいなすごい効果が出てると思います。・・・
またここでppで鳴らされるバスドラがラップ音みたいじゃないですか・・お寺の裏で鳴ったりするやつ・・・聞いたことないけど・・
欄外に”テューバ奏者がこの低い音をpppで吹けなければコントラファゴットに吹かせること”みたいなことが書いてあります。
そんなこと言われたら奏者は意地でもやりますよねきっと。それよりこの伸ばし長いんですよね。ブレスどうするんだろう?
2人いる楽器だとひそかに継いでとかできるんでしょうけど、テューバが二人というのはないですもんね。
外人だといけるのか?

818.png

4楽章第1主題から来ているあれが早速出てきます。
今度はハープに・・・
この曲を初めて聴いたころ、ハープといえば天使みたいなひとが天上の音楽をというイメージがあったのですがここは低音で怪しく・・
結構インパクトがあった。
ここはまだ意味不明なんですが一歩進んでアウフタクト(前の小節に一つ音があります)から始まっています。

819.png

その次、アウフタクトは無くなっちゃうんですが、三連符が8分音符2つになっている・・・これは

820.png
4楽章、心の嵐の主題なんです。
やっと正体を現すみたいな・・

朝日と嫌な予感

748.png

マーラーの交響曲第1番の冒頭の音楽についての続きです。
以前、序奏の舞台裏トランペットは1・2番と3番で居場所が違うんじゃないかというようなことを書いたんですが・・なんとなく続き

742.png
クラリネットのファンファーレが終わるとオーボエが合いの手というか何か言います。
指揮者の岩城の本だったかな、ブルーノ・ワルターがウィーンフィルとの練習でこれを
「春になり冬の眠りから目覚めた花の芽がでたところなのだ」・・飛び出るようにだったかな・・と言っていたいうのを読んだ気がします。へー
ここは朝のシーンだろとかそういうことじゃなくてニュアンスを伝えるためにそういうイメージを語っていたということでしょう?
ハンブルク稿はただ弦楽器が伸ばし続けるだけでしたが・・ヴィオラがやめると第1ヴァイオリンがオクターブで・・

741.png
舞台裏のトランペット1・2番はすごく遠く、遅れる3番はただ遠くとも読める・・・


743.png
ハンブルク稿はトランペットは2本しかないのでホルンが答えてたんですよね・・
だからTrp3番は別の場所、という事にはならないかもしれないけど・・

744.png

その後のカッコウはいまオーボエ→フルートですがもとは普通にフルート→オーボエだったんですね。
バスクラもないから最後はファゴット。

この後出てくるホルンは遠くの山に朝日が当たってるんですかねいいですよね。

745.png

その美しい光景の中、ティンパニの衝撃とともにチェロとコントラバスに現れるこの旋律は第4楽章第1主題によるものです。
あの嵐をすでに暗示しているわけですよね・・
でもここではまだちょっと意味不明な感じですね・・この後
749.png
もにょもにょ言いながら立ち上っていきます・・・

この曲最初の2楽章は明るくすがすがしいような印象もありますが、いえいえ冒頭から暗雲が顔を出しているんですよ・・
ここ、ただの美しい朝の情景では全然ないんですよね。

これなぜか、
746.png
第3交響曲にも出てくるんですよね・・
多分関係ないんでしょうけど・・

第1印象が肝心だっていうもんね

323.png
グスタフちゃん。この頃軍隊ラッパが刷り込まれたのかな・・・

マーラーの交響曲第1番巨人の最初のページです。
324.png

霧の立ち込める朝・・・弦楽器がフラジオレットでのAの伸ばしで、いきなり鷲掴みです。
第2ヴァイオリンとチェロの第1グループは序奏の序奏みたいな最初の2小節だけやって消えます。
一見、pppで始まるように見えますが、消える第2ヴァイオリンはppです。
木管がカッコウの主題を予告するので、伸ばしは落とす・・ということなんでしょうけど、消えた感がある程度はっきりわかると面白いかなぁ。

その下で同じようにやっている第1チェロはしかしpppです。
第2ヴァイオリンのppにはないsempreという表記が第1チェロのpppにはあります。
印刷譜の初期段階では第1チェロもずっと伸ばしていたのを、後から2小節+1で止めるように変更したのかなと想像してみたり・・
スケルツォのティンパニもそのときに?
ついでに上の予告音型もみんなppなのにフルートだけpだったりして、音色への配慮というかこだわりというか・・・細かいですね。

最下段のコントラバス第3グループはフラジオじゃなくてppですが、欄外に“この最も低いppのaは非常にはっきりと聞き取れること“という指示があります。この音で空間感みたいなものが認識されるような気がします。上の音は霧とか空気ですが、このppのAは大地というか・・・固定されていて微動だにしないもの・・
7小節目にsempre pppとありますが、ここから先はpppにしろということではなくて、ほかのパートと同じように旋律が履いてきても同じ状態を維持しているようにという指示ですよね・・えっ?ちがう?

いつか別途書こうと思いますが、私はベートーベンの交響曲第4番を初めて聴くより先にこの曲を知りました。
なので順序が逆かもしれませんが、ベト4冒頭を初めて聴いてときびっくりしました・・・・これがルーツだったのか?・・とか思って。

降りてきたカッコウ主題は霧のAと半音でぶつかったまま停止します。
そこへ遠くから軍隊ラッパのファンファーレが・・・
カッコウはオーボエとファゴットがやっていますが、ファンファーレを邪魔しないようにか止まったところでオーボエがフルートに入れ替わります。
第1ヴァイオリンの霧もすっと消える・・

また話が飛んじゃいますが、マーラーが大好きだったと思われるショスタコーヴィッチの交響曲第11番冒頭、同じように弦のユニゾンの持続音が動かない空気を表現していますが、ユニゾンでゆっくり動く旋律が空気と半音でぶつかるところがあります・・
意識したかな・・・これ・・・偶然そうなってるだけかな・・



面白いので最初のハンブルク稿を見てみますと・・・

321.png
322.png

弦楽器は普通の奏法、pppの伸ばしがずっと続くだけです。
その後を知っているからチープに見えますが、普通に考えるとこうなりますよね・・
と書いてから楽譜をよく見ていくと
この先、展開部に入るところで再びこの音楽が出てくるところにはフラジオレットの記号がありました。
フラジオのアイディア、この時点で全く思いついていないわけじゃなかった・・

予告とカッコウの楽器配置も違います。ピッコロとフルートがオクターブユニゾンだったり・・なんというか普通なんですよね。
言いたいことは、巨人冒頭の楽器配置もなんとなくおかれたのではなくて相当工夫して書かれているんだということですよね。

でファンファーレ、4楽章でこの部分が再現されるときと同じく、最初はミュートをつけたホルンだったんですね。ここでファンファーレにクラリネットを採用という暴挙に出たわけですがダイナミクスはpppじゃなくてppなのではっきり聞こえなくちゃいけない、でも影絵のようになって・・素晴らしいよね冒頭から・・

piu mossoとあってファンファーレは早く演奏するのは巨人も同じですがですが、最初は途中からaccelerandoするようになっていたんですね。
縦線みたいなのが書いてあるところが加速開始点かな?
やめているんだから、大げさに加速する演奏があったとしたら間違いいだということ?
書いて無くたって自然にうまいことやるだろということ?

このファンファーレ、この曲のいたるところで鳴るだけでなく、交響曲第9番でも鳴っています・・3番でも鳴ってた・・
単なる軍隊ラッパの描写じゃないですね。
彼の心の奥底に刻まれていたと思う。

なんでこうなっているのか? マーラー交響曲第1番「巨人」第2楽章のティンパニ 版の違い?

マーラーが交響曲第1番「巨人」を完成(どの段階かわからないけど)させたのが28歳でしたっけ・・・
316.png
この曲を初めて聴いたのは聴いたのは14歳くらい。TVでだったと思う。
当時ベートーベンとかブラームスを聴いていたけどマーラーなんて初めてだったので冒頭から最後まで衝撃の連続でした。
早速買ったCDがワルター・コロンビア響のもの。ワルターがマーラの弟子だったという知識はなんとなくあった気がする。
あれ?初めて聴いたときのクールな衝撃があんまりないな?と思いつつ暖かいその演奏の虜になって何度も聴きました。
最初に聴いたTVの演奏は3楽章のフォークダンスみたいな音楽・・非クラシック音楽が乱入・・みたいな感じをもっと強調していたと思う。
でも、こんな音楽があるのか・・とかなんとか思いながら繰り返し聴いた覚えがあります。

そのなかで第2楽章のスケルツォ、トリオの後のこの部分、楽譜上にティンパニはないのですが、
290.png

ワルターの演奏を聴いているとここでティンパニがガンガン叩いて大騒ぎとなっています。

291.png
292.png

ハンブルク稿でしたっけ、マーラーが最初に書いたもの。がネットで見られるんですね・・・
その該当箇所にはあの聴きなれたティンパニがありました。

これはしかし交響曲第1番の前身ではありますが、別な曲といった方がいいかもしれません・・音楽的には完成されていますが、マーラーのあのびっくりオーケストレーションはまだまだ全然完成されていません。
冒頭のあの衝撃的な弦のフラジオレットはまだなくて単純な伸ばしがあるだけです・・出たり入ったりもなく伸ばしっぱなし・・
遠くの3本のトランペットの位置関係は・・・2本のトランペットにホルンが答えてた。。
これを見てるとトランペットの3番は1・2違う場所でやった方がいいかなと思ったり・
また細かく見てみようかな・・楽しいな・・
興味深いのは、ここから「巨人」へオーケストレーションは全く違うのに、音楽としては同じ(旋律とか和音とか構成とか・・)なことです。
花の章外したとか、この前の稿は4楽章が普通のソナタ形式だったとかは今別な話として。
このひとオーケストレーションを常に改変していたのは有名ですが、曲の内容まで変わっちゃた・・というのは少ないですかね。。
それはこの人のもつ大きな特性の一つを示している気がします。

このティンパニも昔の事情をいろいろ知っているワルターの追加指示かと思ったりしていましたが、
印刷譜でここにティンパニのある版も存在するんでしょうか?

こればかり聴いてきたのでこれが刷り込まれちゃって・・
ここはティンパニ鳴ってほしいなーと思うように・・

最初に買ったのは88年ころに発売のマックルーア盤と呼ばれるものです。大理石みたいなデザインの・・このジャケット写真は少し違います。
ヒスノイズがそのままでかなり聞こえますが、暖かく生々しい音が聴けます。
あの頃は田舎の小さなレコード屋でもワルター何とかシリーズ第1段発売!
みたいなことをやってたんだよな・・

その後のSBMでしたけ、ノイズはなくなりましたが、音も後退したというか・・
99年くらいのDSD盤というのはエッジが立つように加工されていてチープなシステムではくっきり良い印象で聞こえるのかもしれません。購買層を考慮して狙ったのかな・・
数年前のボックスに入っていたやつも音が不自然だと感じました・・

なんだか昔はよかったを繰り返す典型的な年寄りに自分もなってきちゃったんでしょうか・・・

マーラー交響曲第1番「巨人」の舞台裏トランペット

252.png

253.png

マーラー 交響曲第1番 第1楽章序奏部
朝霧に包まれ、遠くのほうから軍隊ラッパが聞こえる・・
初めて聴いたとき、弦楽器のフラジオにもびっくりしましたが、伸ばしがAなのにクラリネットで出てくるファンファーレが変ロ長調主和音でぶつかってくるところに大変衝撃を受け虜になった記憶があります。
自然と人工的な音のぶつかりでしょうか・・
その後聴きなれちゃうとあの衝撃を感じなくなっていっちゃうんですよね・・・

続いて聴こえるトランペット、1・2番には“ものすごく遠くに置かれる、幅広く”?みたいなことが書いてある。
遅れて入る3番には“遠く”とだけ。
遠く感を出すため舞台裏で演奏されますが、注目したいのは1・2番と3番の指示の差で、後からの3番への指示を念押しとみれば3本とも同じ場所で吹けばいい。
でもマーラーの楽譜は深読みしまくらないといけないんじゃないか・・
1・2よりも3番は近いところにいる感かなんかが出てると感動すると思います。
2度ほど聞いた実演はいずれも3本同じところでやっていました。
録音の中にはそれぞれに差をつけているものがあった気がします。
愛聴盤はあんまり・・

終わると裏で吹いてた奏者が袖から入ってきてオケの定位置に座ります。
木の台の上を革靴で歩くからゴトゴト足音がしちゃってたことがあった。
周りが神秘的にやってるだけに台無し感が・・・
交響曲第2番のフィナーレのスコアには一時的に裏へ行ってやる奏者に対して「戻るときに足音で合唱の邪魔をしてはならない」みたいなことが書いてありますよね。
邪魔されたことがあったのかな?
僕だと譜面台倒しちゃったりして・・・・楽器のうまい人はそういうとこもすーっとうまくこなすんでしょうね。


木で弾け マーラー交響曲第1番

134.png
マーラー交響曲第1番第3楽章後半
木で弾け、1番にもあった。
欄外にあるのは多分 ”間違いではない!木の部分で弾くこと。”
今は有名曲だけど、始めて見たら間違いでしょと思うんだろうな・・間違いであってほしいのかもな。
二人のソロと、いろんな管楽器がかぶってるから、そっちが聴こえてくるけど
まじめにやると・・声がかれちゃった人みたいな感じになるのかな・
135.png
この楽章、この絵のイメージだといわれていますが、確かに木で弾いてみてほしいなぁ。
実演も行ったけどここでやってたなぁという記憶がないなぁ・・

ニ短調で始まったこの楽章、中間部を挟んで戻ると半音上がった変ホ短調なんですよねここまで・・・ポピュラーミュージック的な・・
でこのあといきなり半音下がってニ短調に戻ってる。
さらっとやっちゃってるけどとんでもないことでしょう?
高校に入ったころだったか、バッハから始まってブラームスくらいまで聞いてた頃だったからこの曲を初めて聞いたときぶったまげました。
ここの直前のフォークダンスみたいな音楽には驚きを超えて嫌悪感を感じた。
神聖な音楽が世俗的なものでけがされてるような気がして・・といいかなら食い入るように聴いてた記憶・・
ちょうど初演時の一般聴衆と似た体験ができたのかなと思ったりしています。
今は慣れちゃってなんとも感じられなくなてしまいました。


マーラー 交響曲第1番のヴァイオリン詳細

同じようなネタ続きで飽きちゃうかもしれませんがもう少し書かせてください。
これは有名かもしれませんね。「巨人」の第1楽章、4楽章を予言する部分、
93.png
みんなでクレッシェンドしていきますが、第2ヴァイオリンだけクレッシェンドするなの文字。
最初の交響曲でこんなのみんな見たことなかったのか、欄外にも書いてある。
これだけ言うんだから表現されなければなりません。トレモロ感が消えていくということでしょうか?
ここもすごく面白いのにボートっ聴いてると気づかないんですよね。第2ppなので。。
最後の小節からは第2にsfがついているのに第1はただのpで・・
これもきちっと感じたいでしょう?

これが再現される第4楽章はこうはなっていません。
なんでこっちだけこうなのかなんて考えてみると飽きませんよね・・・

94.png
第4楽章の該当箇所。

マーラーの巨人で気になるオーボエ

22.png
マーラー交響曲第1番 第4楽章 
鳥(Fl)が鳴いていますが、注目したいのは2本のオーボエ(2段目、3段目)です。
ここは普通に聞いていると
23.png

こういう5度でハモりながら下降する音型が聞こえます。カッコウの声の変形かな。
楽譜も普通はこうなるはず。
でもマーラーの楽譜は2つのパート間で主役が入れ替わってるんですよね!
こんなのを見ちゃうと

なんでこうなってるの?
吹きにくくないの?
だからわざとそうしてるの?
どんな効果が出るんだろう?
実際どう聴こえるんだろう?

と盛り上がります。
で、この部分、注意深く聴いてみると確かに何か違う気がする・・・

マーラーのティンパニ2台続き

10.png
マーラー交響曲第1 番終結部
2 人のティンパニ奏者が交互にD をロールしてます。同じ音ですが実演だと奏者の腕の大きな動きが入れ替わるので視覚的効果が絶大。こういうのよくありますよね。少なくともマーラーには。
オーディオ的になんとなく同じところから音がつながって聞こえるとがっかり。
こういうの興味のない人にはくだらなく見えるんでしょうね。
だけど作曲者があえて指定しているだもん、この曲、この音楽の大事な要素の一つですよね。