嘘も方便とオーディオ原理主義

また海に行きました。
先週とはまた全然別なところ。
4030.png
不定形な波を見てると飽きない。
波の音っていうのもいまたいいですよねぇ。
4024.png
すごくいい砂浜で、広くて、きれいで、雲に遮られながらの微妙な日の光もいい感じ。
これはスマホで適当に撮っただけだから何だかわからないけど、
いい写真や絵は波の音、風の冷たさ・・潮のにおいまで感じたりするものがありますよね。
匂いまで・・
とてもいいところだったけど近くに汚水処理場があるらしく、海がものすごく下水くさいの。
波が砕けて飛び散るから辺り一面の空気も汚水の臭いに染まっちゃって・・
よかった臭いまで撮れなくて。
何でも全部伝わればいいってもんじゃないですよね。

昨日のデュトワ/モントリオール響のサンサーンス交響曲第3番のCDについて・・
・・この先はクラシック音楽系オーディオ趣味をやってる人でないと?な感じかもしれません・・
この録音が行われたのが1982年。レコード会社はこれから民生品もデジタル化することを踏まえた録音をラインナップしようとしていた。
装置の性能が上がることに対応するわけだけれど、その主眼はただリアルを追求することではなくいかに聴き手がよりよく音楽を聞けるようにするかという昔からあった考えが貫かれていたと思う。
一部オーディオ原理教の経典”原音再生”とはちょっと違うと思う。

この録音30年前からずっとジャケ写は
4017.png
これだと思う。
トランペット管も持つ巨大ファザード・・
教会の壁一面を埋め尽くし・・
数千のストップを持つ5段鍵盤・・
64フィート管・・
みたいな超巨大ロマンティックオルガンを思い浮かべます。
実際聴いてみてもアダージョはオルガンの分厚い低音とビロードみたいな和音があたりをすべて埋める。
有名なマエストーソの冒頭は、オケの乗ったステージの後方上部から巨大オルガンの圧倒的、重厚、荘厳、華麗な和音が炸裂。
みたいな(当時の)オーディオマニア御用達な音作りとなっています。

こういうCDはみんなただの記録じゃなくて誇りをもって制作された録音作品なんですね。
ジャケットには作曲者演奏者だけでなく録音年月日の他プロデューサーやエンジニアの名前、録音会場などがしっかりと明記されています。
この録音はモントリオールの聖ユスターシュ教会で録られている。
しらべてみるとこんな写真を見ることができた。
4029.png
シンプルな2段鍵盤のコンソールと
4027.png
飾りっ気のない実用的なオルガンが
4026.png
協会背面の3階席みたいなところにこじんまりと・・・・

ジャケ写全然違うじゃねーかよ。
・・・いや、別にいいんですよそんなの。
商売だもん売れないようなそっけない写真じゃ勝負できないもんね。

そもそも協会なのでステージなんかない。
録音時は椅子をどけてそこにオケを展開するので想定される客席というのもない。
CDの中にあるあの世界は作られたものなのであって、実際には存在しないのだ。
実際、オケとオルガンは同時に録らずにオケの演奏をヘッドフォンっで聴きながらオルガン奏者が別に演奏する・・
とかやって後でミキシングしたものだと思う。
オルガンはオーディオマニアが期待するような超低音が出るような巨大管も持ってない。
マイクの配置とミキシングでどんな風にも聴かせることができるんですね。
芸劇なんかで聴いたあの大地の底から振動しているような超低音が聞こえないのは自分の装置のせいかと思ったりもしていましたが、そもそもそんなもんが出るオルガンじゃないんだろうしあれでいいのかも。

同曲の別な有名盤はたしかオケはアメリカで、オルガンはヨーロッパで録ったのもをミキシングしてみたいな内容で発売されていたと思う。
原音再生を唱えるオーディオ原理主義者から見ると犯罪的な内容なんじゃないかと思うけれど、寧ろそれを宣伝文句にして売ったんじゃないかなぁ・・
CDを買ったのは中学生くらいか・・そこそこのオーディオ装置を持てたのはもっとずっと後、さらにこの曲を実演で何度か聴き、CDみたいには聞こえないんだと知ったのはもっとずっと後。
この曲のLIVE版なんかだとオルガンをうまくとらえきれていないものもある。実演を思い出して好ましく感じる反面、細部を聴きとろうとするとストレスを感じたりもする。

で何が言いたいかというと、別になにもなくて。
いろんな考えや手法があっていろんなものがあることを知り、
それぞれを楽しめばいいんでしょう。
でもね、これがなかなか難しい。

今日も寒い。

Tag:サンサーンス  Trackback:0 comment:6 

デュトワ退任

指揮者のシャルル・デュトワがセクハラ疑惑で英ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団の芸術監督と首席指揮者を1月10日付で辞めさせられたそうです。本人は疑惑を全面否定。まあそりゃそうだろう。
ポストを狙う一派に陥れられたとか濡れ衣、誤解の可能性は?と書いてはみるけれど、
この人昔からその手のうわさがいろいろあったような。
擁護しようとも思いませんが実際を知らない人間が何か言っても無意味だ。
先月はジェイムズ・レヴァインも似たようなのでどっか辞めさせられていたと思う。
4017.png
音楽に興味を持ち最初にはまったのがパイプオルガンでした。ラジオで「オルガン」という名を持つ交響曲をやると知ってテープに録音した。それがデュトワがN響とやったサンサーンスの3番でした。
何度も何度も聴いて頭の中で指揮をしていた覚えがあります。
音楽を頭に思い浮かべると音が幾何学模様みたいなものになって脳裏に浮かぶ事がありますが通常は楽譜と同じく左から右方向へ移動していく・・でもサンサーンスの3番だけ後半は右から左へ動いていた時期があった。
録音したテープが途中でリバースし、テープが右から左へ巻き取られるのを見ながら聴いたからだと思う。

その後同じ公演がテレビでも流れた時はビデオなんてなかったため思い切り目に焼き付けようとした。
だから31年くらいたった今でもいくつかのシーンの映像が脳裏に浮かびます。

この曲に興味をもったところですぐに別な演奏がラジオで流れたので録音しました。いまもある夜の8時頃の番組じゃなくて夜中に録ったような記憶が・・
それはジェイムズ・レヴァインとベルリンフィルによるものでした。
あのころ二人とも若手指揮者だったと思う。
30年後に二人ともこんなことになるなんてその時は思わなかった。当たり前か。
なにやってんだ。

その後デュトワとMSOが録音したCDも買ったけれどあれは細かいところがこなれていなくて、N響とのほうがずっと良かったと思う。

4018.png
Adagioでヴァイオリンの掛け合いだけになる部分。
わーっとクレッシェンドして・・すっと落ちる・・
演奏の基本みたいなのだけど、何にも知らない中学生はここに感動した・・・
ここCDだとなんかあんまりな感じなんですよね。

4019.png
曲の最後、この曲想なのに溜めもないまま最終和音に突っ込んでいくCDの演奏は私の感じるところではちょっと間抜け。
少なくとも録ったときにはこの曲にはまっていなくて、仕事をした・・みたいに聴こえて萎える・・
客もいないし、オルガン別録りとかだとあんな感じになっちゃうのかな・・

ちょうどそのころデュトワMSOをデッカが売り出し中で新譜が毎月に様に出ていたのでいろいろ買って聴きました。
今でも聴く。
N響にもよくきたのでテレビで指揮姿をよく見た。
本当にいろいろ聞き比べた結果のファンじゃないところがインチキ臭いけど、まあいいじゃない。
私はデュトワファンだと言ってもいいと思う。
若手指揮者だと思っていたけどもう81歳か・・・
80歳前半というのは指揮者にとっては総決算的な一番いい時期なんじゃないのか?
どこかでもう一度いくつかの曲を録ってCDにしてくれないかなぁ・・なんて思ってた。
でももうないのかもね。
なにやってんだ。

今日も寒いですね。

Tag:サンサーンス  Trackback:0 comment:4 

非日常

3357.png
調子に乗ってこんな湖のほとりの・・みたいなところへ・・
いかにも非日常という感じで・・

でも向こうに見えるあの山を超えてそのまま下っていくと私の家があります。
その間に家はなく、延々杉の植林地帯。杉花粉が噴煙みたいに渦巻いてるのを見たことがあります。
ここへ来るには車で結構大回りしながら山を登ってくるのでかなり遠い別世界の観光地的印象もあります。
でも、近所の生きていれば100歳をずっと越えるだろうというおばあちゃんに聞いた昔ばなしで、
旦那さんは午前3時に起きると「馬をつれて山へ柴刈りに出かけたんだよ。」
「峠を超えて湖までいってたんだよ。」
と聞いた。それはまさに見えている対岸のあのあたりだろう。
私にとっては非日常なこの光景が、昭和初期くらいまでの家の近所じゃ日常見る景色だったわけだ・・
今はもうその道はだれも通らないので途中で途絶えていると思う。
山の中腹程度まで、馬はいないので犬を連れて自分も登ったことがあります。
あの倍以上をしょっちゅう往復して・・それからまた別な仕事もしてたんだから・・
昔の人はすごいな・・

ホテル経営のここは、何を頼もうにもかなり値段高め・・と思ったけど
ポットに入って出てきた紅茶はものすごい量があっていくら飲んでも終わらない。
混んでるわけでもないのでゆっくり気が済むまで飲み続けてたら
3358.png

日が暮れちゃった。
私は紅茶なんて全然よくわからないけど、なんだかおいしかったよ。
20代の頃にここへきて、店の外のメニューと価格を見て逃げたっけな・・・
いい時間を過ごしたと思えば高くもない・・またこよう。

非日常というか、異常な音というか・・・

サンサーンスのピアノ協奏曲第5番は「エジプト風」という名前がついていて、実際エジプト旅行の印象をもって書かれているらしいです。
第2楽章は仕掛けだらけでちょっと狙いすぎじゃない?というくらいエジプトになっています。
色々ありますが目立つこれ・・

変な音がして面白いでしょう?

仕掛けの種明かしはこれで
3345.png

左手がコアで、右手で怪しい倍音みたいなのをまとわりつかせるんですか・・
こういうの昔からわかる人はわかって遊びでやってたんでしょうね。
でも芸術作品に堂々と取り入れちゃうっていうのはあんまりないんじゃ?

サンサーンスって、ものすごいインテリで低俗と見るや嫌味ばっかり言いそうなイメージがあるけど、自分もこんなもん作るんですね。

そういう人いますよね。
笑顔で「さすがですね!」とか言っとけばOK。

Tag:サンサーンス  Trackback:0 comment:4 

十字架

861.png
サンサーンスについて書かれてたものを読んでいるとこの人インテリを絵に描いたみたいな人だったみたいでなんだかおもしろくありません。
でも悔しいことにこの交響曲第3番はよくできたいい曲ですよね。
オーケストラにパイプオルガンを内包した音楽というのが最大の特徴で、その後似たようなのがいっぱいありますがバランス、効果・・あとなんすかそういう巧さはこれが一番じゃないかと思っています。

ベートーベンの交響曲第9番は合唱が出てくるまでの3つの楽章がとても素晴らしく、そこも含めての第9なんですよね。
でもそのあたりは前座みたいなもので後半の合唱ばっかりが第9だと思ってるような人がいるんじゃないでしょうか。
いたっていいんですけど人それぞれだし。
この曲もオルガンが出てくるトラック2からしか聞かない人がいたりして・・
Allegro moderatoもいい音楽なのでちゃんと聴きたいですね。
その第1主題、トレモロみたいに細かい音を繰り返すのが特徴ですが、
869.png
頭が16分音符一個ぶん歯抜けなんですね。
弾くのはプロなのでこんなの朝飯前でしょう・・問題は私がちゃんと聴けてないことで、どうしても最初に8部休符があるように認識してしまうんですね。
実際にはこの主題は音楽のビートみたいなのといつも不安定な感じにずれて聴こえなければならないはず・・
たまに木管なんかとずれてるのを感じるんですが、全体的には合っているように聞こえちゃうんですよね・・・

890.png
再現部は繰り返す二つの音がタイでつながっています・・ついに本当の姿を現した・・みたいですが、
これ本当は旋律が拍から滑り落ちているように聴こえなくちゃいけないんでしょう・・

891.png
このホルンやトランペットの上昇していく旋律と弦楽器は16分音符一つ分タイミングがずれているはずですよね。
でもおなじに聞こえちゃう・・・

このずれてる主題、

893.png
終楽章の後半のいいところで再び出てきます。でっかく重くなって・・
切り込むように入ってくるオルガンは拍に乗っかっているので緊張が生まれており最高です。


Allegro moderatoからPoco adagioへ移行してく部分・・
862.png
暗闇のような序奏の音楽に戻ってうろうろしていると、2本のホルンがボーとかいってオルガンの登場を暗示します。
でも何も解決しないまま謎めいた感じですぐに消えてしまいます。
もう一度低弦が何か言うと半音上に乗っかるように今度はオルガンのAsが聴こえ・・・突然ペダルのDesと右手のFが鳴って変ニ長調が確定し、弦楽器が祈りの歌を歌いだす・・

このハ短調の暗闇から突然暖かい変ニ長調の祈りの空間へ連れていかれるところが最高なんですよね。
手前でホルンが一回とぼけた感じでオルガンを模倣することが効果につながってるんじゃないかと思ったり。
以前はふっとい音のペダルにのった包み込むようなオルガンが好きでした。‥ppの指定だけど・・
最近は小さいというかかなり遠くで鳴っているようなオルガンも好きかな祈りの世界みたいでいなぁ・・

この柔らかいオルガンの響きにに乗って弦楽器がコラールを歌う・・・もしかすると昔からあったコンセプトかもしれないし、単純なアイディアですが最高ですね。
この後、似たようなことをやってる曲がいろいろありますが、みんな二番煎じ感が・・・
最初にやったもん勝ちですよねこういうの・・

先日聴きに行ったときは入りの直前でオルガニストが鏡の位置を直してた・・鏡で指揮を見ながら演奏するんでしょう?
オルガンはだいぶ奥にあって遠いからオケの音楽を聴いて弾いたら全然合わないんだそうです・・
別なホールは液晶モニターだった。
鏡だと指揮者とオルガニストが目で会話できるんだって、どこかで読みました。

そういえば昔よくN響アワーを見た。NHKホールはオルガンが明後日みたいなところにあって、演奏者はステージ上の電気式コンソールだからさらにやりにくいんじゃないかなぁ・・自分が弾いてるのと聞こえてくる音がすごくずれてるんでしょう?

オルガン+弦楽器の歌が一段落すると、
863.png
今度は弦楽器が伴奏に回って管楽器が歌いますが面白いのはユニゾン管楽器のがクラリネット、ホルン、トロンボーンなことですよね。当たり前なんでしょうけど楽器間のバランスで音色が全く変わります、クラでもホルンでもトロンボーンでもない不思議な音色を聴かせてほしい・・

866.png

循環主題が怪しく表れた後再び祈りの主題が歌われてクライマックスに至ります。
素晴らしいですよねこのあたり・・
頂点を過ぎてちょっと行ったところでオーボエとがひそかに上っていきます。
神聖な高い高い山を上る・・頂上を過ぎるとそこに十字架が立っていた・・
いや、こんなのただの合いの手だろ・・と言われちゃうんでしょうが・・私には十字架です。
この十字架が聴こえない演奏があるんですよね・・・それは悲しいです。

867.png

最後の転調もなんか変ホ長調和音から変ニ長調和音へ動いてるんですか・・不思議なかんじですよね。
残ったオルガンにmorendoの指示、ここで音量が落ちていく感を味わいたい・・こういうのはオルガンの性能で決まっちゃうんだそうですが・・


若いなぁ

Tag:サンサーンス  Trackback:0 comment:0 

サンサーンス交響曲第3番で

前項でオルガンについて書いて、次にこの曲だとベタ過ぎて負けたみたいですけどね。書きたくなっちゃった。
サンサーンス交響曲第3番ハ短調作品78・・
音楽なんて聴かないようなオーディオマニアも聞くらしいオーディオ名曲。
そんなこと言ってないでまじめに聴いてもいい曲ですよ。
色々ありますがとりあえず最大の見せ場、第2楽章第2部冒頭。
51.png
澄み切ったト長調和音の余韻が消えると、問答無用のハ長調主和音でオルガンが登場ーーー。
マエストーソ=荘厳にってここで覚えた。
楽譜をよく見ると一回目のオルガン、てっぺんの音がGなんですよね!
ここ、その上のCも鳴ってると思って聞いている人いるんじゃないでしょうか?
オルガンて、こういうとき楽譜の音のオクターブ上とか下の音も同時に鳴らすから、そう聴こえちゃうんですよね。
えっ?わたしだけ?
ちょっと聞いてみますか?
初めて聞いたのがデュトワN響だったので。デュトワMSOが愛聴盤です。
でも細かいところ、N響のがよかった気が。。30年たってもまだ耳に残ってます。、このCDの演奏は細かいところ、荒いと思う。
もう一つは最近気に入っている巨大戦艦みたいなスヴェトラーノフ スウェーデン放送交響楽団 ライブ

後者はGな感じ少ししますね。でもどうしてもCが勝って聴こえちゃう。

ずっと先、中間の山場。
52.png
こういうの良くありますが、トランペットの1番、高い音は出ないでしょうからと、途中からオクターブ下に降りる。
こういうとこ、音楽的にほしいからと上の音を書いちゃうと、楽器の扱いを知らないみたいな烙印を押されちゃうんでしょ作曲家は。
このサンサーンスっていうおじさん自身が他人に向かてそういうことばっか言ってそうなイメージがありますね。
当時からすごい奏者は吹けたんだろうし、今の人にとってはわけなかったりするので上でやっちゃう演奏があります。
近年、そういうのは楽譜道理やりましょう・・ていうのがはやりですが、、

われらがデュトワMSOはスカッと上行ってますね。。
いいな!と思う反面、この曲にふさわしい楽音の域を超えてる気がしないでもない。
スベトラさんのほうは・・楽譜道理ですかね・
この演奏の場合、もうそんなことはどうでもよくなっちゃっててこの巨大戦艦的なテンポがいいですね。
作曲者が想定したテンポとはたぶん全然違うけど、異様な説得力があります。
パターンやってるヴァイオリンが一瞬オクターブ上がるとことか、ティンパニーがパターン叩くとことか、あっこういう曲だったの!?みたいな。ティンパニのffなんかテンポが速すぎると生きないもんね。。
よくある、ものすごく遅い演奏、ていうのはイヤーなイメージがあるんですが、これはいいな。
昔聴きすぎてあきちゃた(どんなに聴いても飽きない曲もある)この曲をもう一度楽しませてくれます。
この曲も色々聴きどころがあるのでまたいつか・・

Tag:サンサーンス  comment:0 

プロフィール

unagi

Author:unagi
クラシック音楽が好きです。

カウンター
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ