たいやきに助けられる

気分というか考えの調整に失敗してしょうもない感じになっていた日。
気を取り直して、
嫁さんが行きたいというところへ向け出発するけれどもうちょっと時間的には遅すぎる感じ。
途中昼食にと先日行きそびれたお店に行った。
ランチもあったけれど通常メニューをめくって
7792.jpg
このお店を知っている人たちの間では名物らしい牛トロ丼。
夫婦だと思うお店の人はとてもいい感じで、初めてかと聞かれそうだというと丁寧に食べ方を教えてくれる。
牛トロ丼って十勝だったっけ。
何度か食ったなぁ・・狩勝峠で・・稚内でも食った‥ああそこは豊富か、あそこなんて名前だったっけ・・でっかい器に大量に入っておいしかった・・・
目の前に料理があるのによそ事をずっと考えているのはちょっと失礼だしそんなやつは馬鹿だ。
そうですね、ごめんなさい。
これに絡んで思いついたあることをここに書きたい衝動に駆られる。
それは人を攻撃する内容で今ここに書く必要があるわけでもなく、うまくいかないことへの代償行為だなと自分で思う。
主張すれば同調してもらえるはずだという思いに甘えが感じられ、そうはならないだろうことを思い出してみれば嫌な思いを一つ余計に増やしただけじゃないか。

お店を出るともう結構ないい時間。
行きたい方角には分厚い雲・・
今日はやめる?
やめようよ。
代わりに青空の見えるあっちの方へか・・
と進んでみればこっちもどんどん曇ってくる。
たくさんいる観光客の笑顔を見るとなぜか気分が落ち着かないのは別に今日に限らない。
山はまだ赤くはないけれどここがこれから紅葉しますよーと準備しているのがわかった。
すすきで有名な・・ここでなくてもねぇ・・
何度もここを曲がってこのまま家へ帰ろうかと思いつつもうちょっと・・
7793.jpg
見慣れたこの景色も誰かにとってはいい絵なんですよね。
いっぱいいる外人さんに日本にせっかく来たのにこんなもん見たってしょうがないだろとか心の中で毒づく自分に駄目だね今日は。

中学の頃、山の上のこの場所に自転車できた。
自転車で来るような場所では全然なくちょっとした冒険、冷たく強い風に吹かれつつ白鳥がぷかぷか流れてくるのを眺めて・・昨日のような記憶の中で一緒にいるあいつはもう子供が大学生くらいだっけか。
実家に見た高級外車が彼のものかわからないけれど、あんな感じのところにいると思う。
同窓会では私はあなた方とは違いますみたいなお堀を自分の周りに回してるのを感じた。
その後のそれ系LINEではもっと露骨な感じで・・あんなだったっけ?
でも皆楽しそうに会話してんのね。
私が一人でいちいち変なことを言ってるだけなんでしょうね。
それがあってもなくても、誰ともつながれないんだから関係ないけれど。
何思い出してもこうなっちゃうね。
もう帰ろう。

まだ返りたくない嫁さんに言われて最近できた観光施設によってみるけれど盛り上がらないどころか人を見るとろくでもない考えばかり出てくるので車の中で寝てた。
カフェのようなところに行きたいというので工事渋滞から逃げ山中にある農家なカフェへ・・
店の前に車はないけれどお店のおばさんが仁王立ちしてる・・嫌な顔でもされるんじゃ・・されないんだろうけどね。
他の店を探してもなかなか見つからず、もうここでいいやと向かった店まであと一歩というところで・・・
もう今日はよそうよ・・
殆ど何にもしていないという意識のなか、日が暮れていく。
いつものスーパーで買い物をし、帰ろうとすると嫁さんが
たい焼き買っていい?
たいやき?

何をやっても何を見ても何を聞いてもノイズみたいにしかとらえられなかったこの日の心に入ってきたのは
7794.jpg
このたい焼きであった。
お、おいしいね。
たい焼きってこんなに美味しかったっけ?
別に有名店でも何でもないスーパーの前の移動販売なたい焼き屋さん。
しょっちゅう見かけるけれどいつも素通りだった。
しあわせって、こんなとこにあったのか。

たい焼きなんて食ったの何年ぶりだろう?
実際は10年ぶりくらいかもしれないけれど気持ち的には40年ぶりくらいだ・・
この包んでる紙のガサガサいう感じがまたいいですよね。
なんて言うか最近心がビニールみたいだし。
7795.jpg
あんなにどんよりと空を覆っていた雲はみじんもなくなっていた。
行けばよかったかな?と思うとき、
あのまま行ってたらきっと事故ってたんだと思う事にしている。
また夢を見た。
あることに対しほんとはどうしたかったのかを自分が教えてくる。
ああよかったぁ・・と持ち上げてから目覚させ突き落とすのはやめろ。
でももう大丈夫、たい焼き食ったから。


https://www.youtube.com/watch?v=co_Bvm0A99A
この曲なんかたい焼き食ってるみたいでしょ?
誰もそんなこと思わないかもしれないけどいいの。
ほんとは教本に出てきた練習曲の出だしが似てるってだけなんだけど。
楽器、ずっと緩やかに上昇している思っていたのにまた急に下降し始めた。
どうしてそうなるのかわからない。
そもそも出来てると思ってるのは勘違いなんだろう。
でもいいよ。
諦めないしやめないよ。
たい焼きおいしかったし。
7796.jpg
夕景が美しいのはたい焼きがおいしかったからか。
違うかいつもか。
家のそばから見えるこの影絵みたいな夕焼けが好き。
夏の間は見られないような気がする。
もう冬が来るのか。

Tag:ベートーベン  Trackback:0 comment:2 

呪いと発達性協調運動障害と彼岸花と音楽

7761.jpg
これを書いている今は休日の午後。
窓の外には秋の奇麗な青空。
まだまだ勢いのある緑には日の光が当たって・・
ススキを揺らす風は爽やかで・・天気予報と全然違うね。
どっか出かけたいかなぁ。
でも出かけるとあっという間に曇が広がって雨が降りだしたりするんでしょうね。
7791.jpg
昨年この場所で多分これと同じ株の彼岸花を眺めながらふと思った。
楽器、習いにいこうか?
駄目に決まって・・
そういえばなんで俺はやっちゃいけない事になってるんだろう?
そもそもやっちゃいけないことになっていたんだっけ?
あのことは今心配しなくてもいい。
いってもいいのかな?
いこうか?
ぱぁーっと明るくなったような気がして・・
もう一年なのか。

私は、
幼い子供が目で見て数秒で理解し習得するような動作をできるようになるのに何か月とか10年、もっと・・と要することがあります。誇張じゃなくてほんとに。
不器用という言葉では足りない異常をもっている思う。小さな子が普通にこなすあることができるようになったのが二十歳すぎ。説明のために書こうと思っても・・やっぱり書けない。
昔は今みたいに多様性に配慮なんてないから勢い馬鹿の一択だ。わざと反抗的な態度をとっていると解釈されることも多かった。
物心ついたあたりから罵られ殴られの方が先に来てしまい、時間をかけて習得する前に集団から排除されたり自分で逃げたためできないままとなる。できる大多数の前で吊るされ辱められることを恐れるようになり、その流れを予感すると回避のため事前に逃げるようになる。
常に人の内情に怯え過剰に読み取ろうとするようになり、敵視するようになる。
本人は決してそうではないと思おうとしたけれど客観的にはダメ人間の誕生である。
私は、何もできないことを隠し持つ人間として生きてきた。
とにかく他人から自分を隠そうとして生きてきた。
何もしてはいけないし、どこへも出ていってはいけない。
ずっと自分が何かおかしいと感じつつそれが何なのかわからずにいたのだけれど、最近知った発達性協調運動障害(発達障害とは別)はその説明を大きく進めてくれた。特に診断を受けたとかじゃないしそれで具体的に何かが解決するわけではないけれど。
7762.jpg
高校で吹奏楽部に入ったけれど何か月たっても楽器をまともに鳴らすことができなかったのはかなり異常な事で本人だけではなく周囲にも理解ができなかった。恐れていた周囲からのあの視線を意識するようになる。
集団で結果を出していく内容である以上一定の水準に達しないものはそこにいる訳にはいかず、耐え切れず途中で投げ出した。
自分に何が起こったのかをきちんと理解できず未消化なままであったためそれは長く私を縛り続ることになる。
同じころから私の頭は学校だけでなく街中の人間から嘲笑され罵られ唾をかけられていると感じるようになっていった。
私の身内には時折精神に異常をきたし常軌を逸した言動をとる人がいる。
むかし夜中に大声を出して暴れるなどしたらしく、いまでもある地域で知らないものはいないらしい。
今思えば、その息子も電車や駅周辺あの人と同じ地域で唾をかけられるような変人として有名になった。

生ゴミみたいなところからは長い時間をかけて這い出ることができた。
しかし自分に子供というものはないのだと悟ると心が不安定化した。
自分を押さえられなくなり家を飛び出し放浪した先で携帯にかかってくるのは発狂した人間からの狂った電話であった。同じ状況の人は知っていると思うけれど病識のない狂人に対応する唯一の方法はいいなりになってみせることだ。
私は、誰かが追わなければならないその役目を果たすために生まれ他は何もできないように固定されたのかもしれない・・
と考えてみたけれど特に感情も動かなかった。
同じ日、突然お告げみたいなものが来たような気がして生きる理由は好きに作ればいいアマチュア吹奏楽団に入ろうと思った。
もう一度やり直してあの続きを見たい。中学では吹けていた記憶のあるあの楽器なら・・
自分でも驚きの行動力であっという間に事は動いたけれど、高校生の時と全く同じ、一年を過ぎ2年すぎてもまともな音が鳴るようにならならず、誰にどれだけ教わっても手掛かりを感じることもできなかった。
昔できていると思っていたのは勘違いであったのだろう。
そしてあの時とまったくおんなじ経過をたどり結局逃げ出した。
冷静に考えればそれはただ趣味にとん挫しただけなんだろうけど、私の頭は私という人間は失敗であるのだと認識し・・
7789.jpg
でも、
また楽器やりたいと思ったの。
どうせやるなら昔から自分には無理だと思ってたけど本当はやりたかったものを・・
やればどうなるかはわかってる。
それでもやろう。
あまり迷う事もなく実際動いてもうすぐ一年。
本当に絵にかいたように予想通りの非人間的全然できない感を経て、やっと今スタート地点に立つかまだ立ってないかくらい・・
でも諦めないでここまで来てよかった。
この先また糞みたいになっちゃうかもしれないけれど。
まだいろいろ問題だらけなんだろうけど、今練習していて楽しいのね。
私にとってはあるわけのない幻の大陸に足をつけたのかもし・・調子に乗って変なこと書くと消えちゃいそうだからあれだけど。
そこに自分の人生を重ねているなんて書いてもみんな馬鹿のたわごとくらいにしか見えないかもしれませんけどいいの。
ずっと途中で止まっていた教則本のページをめくると練習曲としてこれが出てきた。
練習用に第1主題を抜き取っただけだけれど。
吹いてみるともう聞きたくてしょうがなくなり聴けば萌える。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=1882&v=R3YfBGR-WSo
スコア上にあるほんとのクラリネットパートを吹いてみたいなぁ・・B管だし、音域的にも・・
駄目です。
調子に乗るとまたみんな取り上げられちゃたかのようにめちゃくちゃになっちゃうから。
2楽章のカッコウくらいは・・
7763.jpg
写真撮ろうとすると日陰るもんなのね。

ああもっと早い時期に習いに行けばよかったか・・
いや、若い時には状況に耐えられずすぐ投げ出していたと思う。
色々あったことがすべてここへ向かうために必要な道筋だったんだよね。
酒が飲めなくても、誰とも話が合わなくても、何にもできなくても、音楽が聴ける頭でよかった。
いかれているのかもしれないし、たりないかもしれないけれど、好きなものと憧れるものが感じられる頭でよかった。

Tag:ベートーベン  Trackback:0 comment:8 

風と天国と地べたの人

7314.png
あららそんなとこすわっちゃったらお尻濡れちゃうよ。
かえろうよー
この日、台風みたいな風が吹いてた。
動かないのはその風に当たるのが面白く、気持いいかららしい。
風にあおられた耳がパタパタして見てる方も面白いけど。

いつも散歩に行くとある家の前で立ち止まり高い庭を見上げる。わざと足音や鼻息を鳴らしてみたり・・
その家の犬が姿を見せなくなってもうかなり経つ。
あんなに狂ったように吠えあっていたけれど、ほんとは楽しかったのか。
あの犬もそうなのかもね、今はどこかから見ているでしょう。
風になってかまってくれたりしているかもしれない。
7316.png
風が渡ってゆく・・
なでられる稲もなんだか気持ちがよさそう。
風ってどこから来てどこへ行くんだろう・・
この日、先日寂れた商店街の路地裏に発見した天ぷら屋へ行った。
途中寂れた狭い路地で何気ない光景にふと目が釘付けになる・・・なんで?・・・どっかでみた?
雑居ビルのどうでもいいしなんでもないその景色は、40年くらい前に何度も見ていたものだった事を思い出すのに一瞬の時間がかかった。
その時その場にいた人間と一言二言会話をかわしたような記憶も戻ってきて・・
懐かしいとは違う、妙な衝撃を受ける。
多分別なところにあった20年ほど前に一度行ったんだと思う天ぷら屋は安価なのに山盛りで、あんな場所なのにお客さんが絶えないのはわかる気がするし何だかいい話を見たような気がした。
帰り道、もう一度あの景色を見てみると・・・もう何も来ない。
記憶の奥にしまわれていたものは、泡みたいに表へあがってくるとはじけて消えちゃうみたいだ。
もうこの世にいないある人間に対しての私の感情や考えは人前で口に出しちゃいけないというやつだと思う。
突然みせられたあの景色と記憶はどこか遠くから
お前そんなことばかりじゃなかっただろう?
と伝えてきたのかと考えてみたり。
とはいえそれで自分のなかの何かが変わるということもない。
そんなもんじゃないだろう。


https://www.youtube.com/watch?v=qvyMbMek4hM&t=1140s
ピアニストであったベートーベンにとってピアノソナタは特別な音楽だったはず。
その最後の曲の最後の楽章はジャズみたいなのが出てきて驚かされるとその後空へむかってゆっくり登り始め、
7332.jpg
風のように到達したそこはきっと天国なんじゃないかと思う。
その後に何か言ってるのを聞くと、ちゃんと自分というものを確立させてからでないとそこへは行けないような気もする。
自分は自分。

自分が不安や不満でつぶれそうになると誰かのせいにしたり貶めようとするのね。
多かれ少なかれ人ってそういうものなんだろう。
私がその対象にされたことも多々あったし、これからもあるんでしょう。
いろんな嫌な風にさらされなければならないと思う。
うちの犬みたいに、気持ちいいねーとかいって笑っていられたらいいよね。
7315.png
♪~

Tag:ベートーベン  Trackback:0 comment:6 

気に入った店と輝く人と沈む夕日

ブログのためにカフェに行くってのはやめようと思った。
嫁さんがどっか行きたいっていうから思いついた店名を言ってみる。
またあそこ?とか言うようなら今日はもう帰ろうよと・・
と思ったらちょうど行きたかったというようなことをいうので。
7123.png
戸をあけ放って・・それだけのことだけどなんかいいね。
ここのシフォンケーキはなんでか知らないけどほかのどこよりもとびぬけておいしい。
入り口に季節のケーキはレモンとあった。
7124.png
アイスティにしようかと思ったけど西浦のレモンジュースというのがあったから頼んでみる。
レモンのシフォンケーキと重なっちゃってるけどいいよそんなの。
レモンジュースはちょっと多めなくらいにシロップを入れて、氷が全部溶けちゃったくらいからおいしくなってきた。
シフォンケーキはそんなに強いレモン感でもなくやっぱりおいしかった。

流れている音楽はジャズでもないな流行歌やクラシックの超有名曲をジャズ風にアレンジしてみたいなのか。
なんとなくいいねと思う反面、原曲をそのまま弾いてる部分にはちょっと一言いいたくなる。

https://www.youtube.com/watch?v=e4BysqPWgfc

これが流れて久しぶりに聴くなぁと思ってるとすぐにつまんないアレンジにはい・・そういうこと言っちゃいけないんでしょう。
これベートーベンの作なのは間違いないみたいだし最後に短調でなんか訴えるあたりでああそうだなぁとも思うんだけど、クラシック音楽を聴く人になってから聴かなくなっちゃた。
聞いちゃいけないみたいなルールが勝手に登場するんだよねこの頭。
曲が嫌いとかつまらないとかそういう事じゃないと思う。
みんながベタベタ触ってる感じが汚くて嫌だから・・
いや違うな。
もうその先は考えないほうがいいと思う。
7125.png
こんばんは!だったかものすごい威勢のいい女性が入ってきた。
元気がいいのは声だけじゃなく、ガタガタごとごととすごい音・・
常連さんなんだろう、カウンターの先客に明るくでっかい声でごめんねーうるさくてぇ・・
相手は内心歓迎してるのにうまい対応が見つからずエンスト気味にぼそっと・・もう一線超えるとトーンを合わせ冗談で迎えられるんだけど今それ出していいものかみたいな。
ちょっと場がしらけかけても明るい人はそんなもん蹴散らしてわらってら。
後ろだから見えないけど、きっと美人で若いころみんなチヤホヤやされ自分に自信があって・・
いいですね。
そういう人に相手にしてもらえるようになったことがあった。
嬉しいどころか生まれ変われるような気がしたけれど、周囲を明るく照らす強い光みたいなので自分が不安定化し腐っていくことに途中で気づいた・・わさびか。
みんな自分のせいなのはよくわかるよ。
それだけに寂しいねえ。

夕日がきれいだったとか言ってる。
夕日かぁ・・もう時間が・・
あでもまだ間に合うかな?
見に行ってみようか。近くの海まで

車に乗り込み通りへ出ようとすると車が切れなくてでられないじゃんかぁ・・
たしかここから・・裏道みたいなのを走ると建物の向こうにかすかに赤く光るものが見えた気がした。
さあ防波堤にのぼって・・
7126.png
あ、まにあった。

リード付けっぱなしで放し飼いになった犬が絡みついてくる。
この状況、許せない人もいるだろうけど、
私も犬と暮らしているので。
7127.png
今度はちっちゃな女の子を連れたお母さん。
やばい嫁さんが・・大丈夫そうか。
よかった。
7128.png
あそこだけ潮の流れが違うんだけどなんでなのかな?
なんかいいことあるのかな?
7129.png
鳶か鷹かと思うと実はカラスだったりするんだけど、
カラスは人にどうこう言われたくらいで落ち込んだりめげたりしなそうだな。
あれでいいんだよな。
この時いい気分だった。
ずっと続けばいいのに。

Tag:ベートーベン  Trackback:0 comment:6 

孤立してても輪に入れるらしい

カフェに行きたいと思って調べると、ああいうのはみんな日没位で閉めちゃうんですね。
もともと空白地域でもあるらしく行きたいと思った店は25km先。
7001.png
夕日というには強すぎる太陽の当たる茶畑を見ながらのんびり走っていくとそこは予想通り見たことがありなんとなく気にもなっていたあの店だった。
7002.png
牧ノ原台地の北端くらいのところになるのか駐車場からいきなりすごい眺め。
大井川がちょうど扇状地に出たあたり。
大井川鉄道でSLが引く客車も見える。
なんであんな変な色に塗っちまったんだろうと思っていたけど目立つしあれでいいのかもね。
7003.png
座ると外を向く席もあったけどなんか座りづらい気がした。
多分暗くなると正面のガラスに自分がうつっちゃって外は見えないかもしれない。
7004.png
日が暮れて、少しずつ明かりが灯り始めた。

奥の席にはまだ定年でもないかなくらいの夫婦と若いカップルがテーブルを囲んでる。
若い女性がいい感じではきはき話すとおっさんが真剣に頷いて見せる。
あー、息子とその嫁さんが親を訪ねてきたというところかぁ・・いいね。
若い旦那は一言も喋んないけどわかる気がする。
嫁さんは非常にうまくというかはっきりいい感じで話を進めて・・頭もいいしいい嫁さんでよかったね。
ほんとは色々あるんだろうけどね。
次に来るときはもう孫がいたりするんだろう。
7005.png
アップルティー。
たくさん飲めるという貧乏くさい理由でしばらく紅茶にシフトしようかと思ったりして。

楽しそうな会話が続いていた向こうの人、
なんか食い終わったら親夫婦がうろうろし始めた・・
タバコを吸っていいのかな?みたいな。
いいと知ってそうなのに席を立つのは吸わない嫁さんに気を使ってんのか、すばらしいねー
いきなりマスターとリラックスした話が始まっちゃってほんとは気まずいから逃げてきた感が出ちゃってるのも微笑ましいよね。やっぱり孫がいないと間が持たないですかね。
しかしおじさん俺の近くに来て吸いやがったら俺が煙いじゃない。
なんて言えるわけもない。
他人にはわからない苦労みたいなものが相当あったりとかするんだろうけど、笑顔で過ごせるいい人生のいい場面て感じでいいね。
7006.png
日も暮れて、夜景。
いいじゃない。
あとから入ってきた家族は定食かなんかをオーダーしてる。
そうかもう飯の時間だね。
久しぶりに集まった家族や仲間御用達みたいなお店なのかもねここ。
普段何とも思ってないけど俺はそっち方向もいかれちゃってないわそういえば。

この次の日だったか嫁さんが出かけたので第9の第4楽章をかなり久しぶりに聴いた。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=3700&v=sJQ32q2k8Uo
なんだこれちょっと速過ぎじゃね?最近はこれくらいが流行りなのか?
私が聴いたのはこれじゃなくて古臭い演奏。
嫁に今の第9でしょなんて言われるのなんか恥ずかしいから・・
7023.png
テレビでここばっかり流すから、みんなここが第9だと思ってるんでしょう?
よく見るとオケのffに対し合唱はfで始まるのね。
自筆譜を見るとみんなfで書いてあるのでその後推敲したんでしょうね。
合唱がオケをかき消してるような演奏があったっていいんだろうけど、楽譜と作者の意図からは外れていると思う。
合唱は後半ffが出てくるのをちゃんと出せるのなら冒頭からでかく歌っても・・・・
実際歌うわけでも弾くわけでもないお前が言うなっていうんでしょう?
と書かずににいられないのも私の病的被害妄想。
しかしここ冒頭からfffで爆発するような印象があるけどそれは間違いなのね。
そもそもなんとなくお祭り騒ぎみたいなイメージで適当に聴いてたけどこの曲ほんとにそういう曲なのかな?
偉い人がそう言ってますとかみんなそう思ってますよじゃなくて、
ちゃんと自分で聴いてないかもいままで。それじゃそれはこれからの楽しみ。

中学の授業でこの部分の詩を丸暗記した。
歌ったんだろうか・・・あの頃病気出てなかったかもな。
フロイデーシェーネル から始まってボーダインザンフテンフリューゲルバ・・・ 
ちょうどクラシック音楽に興味を持ち魅かれたころ、嬉しがってすぐ覚えたと思う。
あれから何年だ35年くらいか、そのまま頭に焼き付いているから今でも歌えるし聴いてて歌詞がやけにはっきりと聴きとれるのね。それがどうしたという話だけどあの頃のまだ腐ってなくてこの先明るい世界があると思ってた、遠くなっちゃった俺とちょっとつながれたような気がして。くだらねーけどなんだか泣けてきた。
そんなものを覚えていたとしても全く何の役にも立ってこなかったしこの先もそうだろう。
でも今日のこれで・・先生ありがとう。
いらんこと書かなくてもいいけれど私の欠陥頭は昔から歌うという事もロックをかけ、具体的にはカラオケがダメでまっとうな社会人生活というのに支障をきたした。
7007.png
再び駐車場で。
後から結構お客さんが入ってくる。
多分みんな地元の人。ここきたの30年ぶりだよ・・
親に連れられ家族出来て、親となって子を連れてくるんでしょうね。
このあと見えているあの橋を渡ったあたりに関東というかうちの近所には全く見られないファミレスがあるので行った。
昔は九州に展開してたような気がするけれどいつごろからか中京地区にもあるみたいだ。
学生の頃や、仕事で鹿児島にいた頃何度か入った。
7008.png
20年以上前にあったものに比べると昨今のコスト的厳しさに対応して頑張ってるんだな感も感じる。
それでも安価なのにすごい量とそれなりの内容。
食器も食洗器でカスが付いたままなのが出てきたりはしてなかった。
大手ファミレスだめでしょ。

俺もだめだなしかし。
酒もカラオケも駄目だけどその他にも一般人が普通にこなす娯楽関係がいろいろできない変態・・それがバレるのが怖いから人を避け口をつぐみ・・そんなこと書かなくていいんだけど。
第九の歌詞の和約を読んでると皆いっしょになろう!とさけんでる中に
誰にも心を開けない様なのは出てけ・・みたいな一文が目に入ってドキッとする。
その出てく人をずっとやって来たのはいいとして、なんだ音楽までそんなこと言うのか?
でもよく見ると、嫁がいるでもいいしなんでもいいから何かあるだろ?それでいいからこっち来いよと言ってるようにも見える。
こんな人間を相手にしてくれる嫁さんと知りあい、
こんな人間なのになんとかなる会社と職種に潜り込むことができ・・
神様はいると思うなぁ。
せっかく神様が教えてくれたんだから、そこを見失わないように大事にしっかり頑張って生きていかないといけないですね。
今抱えたひとつはここに書いたらいけないと思う。
あとはもうとりあえず楽器の練習しよ。
もうそれだけ。

Tag:ベートーベン  Trackback:0 comment:6 

掃いて捨てるようなことも大事

天気は曇り、気分もどんより曇り。
しょっちゅう目にしながらなんとなく敬遠していた店がふと頭に浮かんだ。
3104.png
禁煙になったようなことがどこかに書いてあったし行ってみた。
80年代前半的な木造モルタル造り。こういう店いっぱいあったのに今じゃ貴重ですね。
3105.png
内部もいかにも80年代な感じ。80年代って最新の今だと思ってたのに偉い遠くに行っちゃったんだなといろんなところを見て思う。
そんな訳の分かんない個人の感想とは関係なくお客さん結構入ってる。
地域貢献型実用店という感じ。
出窓、結露で木枠のニスがはげちゃって・・なるよねこれ。目につくところだしホームセンターのでいいからちょっと塗るだけで・・大きなお世話だけど。

3107.png
ミックスグリルはエビフライとハンバーグの他いくつかの候補から選べる一点というのがあってチキンに。
チキンソテーかと思ったらこれもフライで出てきた。
あったかいと何でもおいしいね。
樹脂製の一体プレートみたいなのが印象的。
昔お子様ランチってこんなのに乗って出てきたような。
BGMもいかにも80年代なあの感じ・・こういうのなんて言うんだろうアメリカーって感じの軽い洋楽。
客がいなくなったら店内写真を撮ろうなんて思ってたけど結構後から入ってきて撮れずじまい。
きっと常連さんを沢山持った繁盛店なんでしょうね。
ごちそうさまでした。

この後行く先も思いつかないままだらだら走っていると、小さなショッピングモールみたいなものがでてきて嫁さんが行きたいという。
私はつまんないのであたりをほっつき歩いてみると計らずもある思い出の場所であることに気付く。
その時いじけたような気持ちになりここに訳の分かんないことを書いたりして。
でも安全ばっかりとって何にもないよりいいかもしれないな。
大丈夫、いつかいい思い出を上塗りするから。

ふと目に留まった空き家の門。
3125.png
記憶のはるか彼方に見覚えが・・
見覚えったってここへ来たのは初めてなんだから気のせいではあるんだけど、昔こんな雰囲気の門をどこかで見たことが焼き付いているみたいだ。
この家も誰かの人生や思い出を・・とか考えながら塀の向こうを眺めていると突然、
3108.png
このハンサムがひょっこり現れた。
逃げるでもなく、遊ぼうでもなく・・
あいっちゃうの?
っていうから手を出してみれば
あそんであげないよー
そういいながら自分も手を出してポンとかやってくれたり
しばし、暇なおっさんをかまって遊んでくれた。
すごくいい絵を見せてくたから写真を撮ろうとしたら
3109.png
あら降りちゃうのね。

他にもそういう人はいるけれど、ベートーベンの音楽は崇高な音楽のすぐそばというかほとんど同時に冗談が置いてあったりする。それも少しの違和感も感じさせずに。そしてそれはとても大事なことだとも思う。


https://www.youtube.com/watch?time_continue=3280&v=sJQ32q2k8Uo
誰でも知っているようで古典派の枠を超え新しい世界を切り開いた交響曲としてちゃんと聴いてる人はわずかしかいない気もする第9の4楽章。
バリトンソロが出てくる直前、
3113.png
最後の小節の弦楽器は最初の2小節を引き継いでタンタラタンタラというパターンを積んでるんだけど最後だけタンタラタって三連符。それがどうしたそういう旋律だろといえばそれまでなんだけど、ある時音楽始めたての者がよくやる失敗のように勝手に加速して次の小節に置くべき最後の音を同じ小節内に取り込んじゃってるように聞こえた。
あ時間ないの?そいじゃ・・ってほうきで掃いて片付けちゃったみたいなこのやっつけ感は作者があえて書いた小さな冗談なんじゃないかと思うことがあるんですよね。
ここだけならいいけど手前で木管が同じことをやった模倣だし、勘違いな可能性も大きいけどいちいちそういうこと言わなくていいの。
高尚も世俗も身分や立場の上下も何にも関係ない世界は一つだ我々のものだみたいなことを言っていこうという音楽だからこそ、崇高な音楽が盛り上がっていよいよ!と勢いづいた音楽にブレーキをかける場面転換的なここでおどけてみせるっていうのが生きてくると・・・
と、こういうことを私が感じても、誰かにとってはくだらない事だったりするんだろう。
馬鹿を見下すような顔をして見せたり、お前は何を言ってるんだなんて怒り出す人もいるだろう。まあ他人が何だろうが私には関係がないし、それでいいし、そういうものだ。
たまたま貼ったこの動画はこの部分でそんなことを考えているようには聞こえない。
そんなことを考えている演奏があるかは知らないけれど、愛聴というか時々聴く盤はここでまじめな顔をしながら掃いて胡麻化し、後でくすっと笑っているように聴こえることがある。

猫を飼ったことはないけれど、猫のいる家にしばらく居候したことがある。
だんだん心を開いてくれるようになって、
弱音を吐いたら大丈夫!なんて言ってくれたことがあった。
獣で人のことなんかわかんないふりをしつつほんとは全部ちゃんとわかてるんだよね。
多分一生、忘れないと思う。
3110.jpg
もう少し遊んでくれそうだったけど、嫁さん買い物終わったって電話があったから・・

訳のわかんないおっさんが通り過ぎて行ったことなんかどうでもいいことですぐにわすれちゃうんだろう。
でも俺は楽しかったよ。
ありがとう。

Tag:ベートーベン  Trackback:0 comment:2 

久しぶりにたくさん喋ったお汁粉

口内炎が痛い。痛みで目が覚めたり。こんな大きなのが複数出来たのは久しぶりか初めて。
まあいいや、がんばろ。
私の場合このがんばろにも2種類あって無駄な力を抜けばいいだけなのに出来ずかえって変になってるだけな時が多いのね。
まあいいやと中途半端に切り離すと何だかわからない危機感だけが残留したり・・こういうの他にも連鎖するらしく、今多分自分に関係ないことを俺のせいだと思い込もうとしているのが止められない。全部どうでもいいようなことなのに。
まあ、それが自然にできるようになるまで何度でも。いつまでかかっても・・

これは先週。ボケっと平和な気分で。
Googleマップを見ていると不毛なはずのうちの近くにお汁粉屋ができたらしいことが判明。
私の中でそんなものは絶対にあるわけがないだろうという場所。
でもちゃんとレビューや写真が載っていてどうもネタじゃないように見える。
2892.png
いってみた。
看板が出ているけれど、どう見てもお墓と参拝用駐車場。
こんなところにお寺があったことにすら気づいていなかった。
2893.png
目の前には線路。
ちょうど電車が・・
昔幹線だったこの路線は重量級列車に耐えられる軌道を持っているため、D52というでっかい機関車が爆走していんだって。
みたかったなぁ。
そこにある私の思い出はあんまり書かない方がいいようなもの。何年たっても消えることはない。

とにかくお墓山を登る。
2894.png
なんかわかんないけどいい匂いな花があったりして。
これが沈丁花?
もしそうなら、花を煎じると口内炎の薬になるそうだ。
煎じて飲んだりしなくても、きれいだねとかいい香りだねとか言って和むだけで口内炎の治療になる気もするね。

2895.png
あ、あれか。
まだ登る。
ほんとにお墓の上だ。
2896.png
入り口から覗くと店内という暖簾の向こうの空間は人でいっぱい?
よく見るといっぱいと言っても3人くらい・・せまいのかぁ。
なんだ帰ろうか?というと嫁さんが来た以上は・・とか言ってやけに積極的だ。
この人もあんこ大好き人間だからな。
私たちに気付いた中の人があーどうぞ!ちょっと待って今片付けるからー

2898.png
入るとほんとに狭いけど、でもそこがいいね。
そしていいねー富士山。

2899.png
開口一番、どうしてここをお知りになった?
やっぱりやってる人でもそう思うんだな。
Googleマップに出てたから・・と答えても反応は特になく、そういうの興味ないみたい。
注文をして待つあいだ、これ見ててっと渡されたのはこれまで来店したお客さんと撮った写真の入ったアルバム。
みんなすごい笑顔。超絶アットホーム感。
こんなところでこんな感じでやってるわけだからきっと話好きにちがいない
と話しかけてみれば
お母さんやっぱり話好きだ。
こんな狭いところで無言でとかいうのは逆につらいもんね。

色々話しているとお母さんはだれなのか、なんでお汁粉なのか・・等々見えてくる。
以前別な店の店主から、お汁粉屋さんがあるでしょ?その人がここへきて・・みたいな話をちらっと聞いたことがあって、別なところでやってた人が移転してきたと聞いていた。
でも全然違うみたいだ。こちらの予想した筋書きと違う順番で情報が押し寄せてくるので整理しないと・・
お母さんはそこの客で、お汁粉なんか嫌いだったのにその店のお汁粉に開眼してあんこマニアになったらしい。
あまりに好きで自分でも店を出したいと思ったところへ今度は別なところからオファーが来て・・
なんでこんなお寺のお墓にお汁粉屋さんがあるのか・・もわかった。
その具体的な内容をここに書いちゃっていいのかわからないけれど、
人の縁というか・・よく導かれてこうなっちゃったとかういうけれどそういうの本当にあるんだろうなぁと思う。

2900.png
私が頼んだのは抹茶餡のミニというもの。
しつこくなくってさらっとしている感じ・・すごくおいしい。
ちょっと甘みが強いかなとも思うけれどお汁粉は甘いのが普通か。

そのすごいあんこはお母さんが感動したあの店のオーナーの手によるもので、今はかなり遠方にいるそうだ。
何かよくわかんないけど茶屋ってのは金持ちが道楽でやるものなんだそうで。
誰かが辞めると次のお金持ちがそこでお店をやるんだって。
国産の小豆と和三盆がとか・・
あんこ世界があって同じあんこでもいろんな作り手によるあんこや、いろんな好みを持ったあんこマニアがいるらしい。
俺にはわかんないけどいいよおいしいから。

2901.png
嫁さんのは粒あんの普通のお汁粉。
他にも白あんとかいろいろあってみんな食べてみたい。


https://www.youtube.com/watch?time_continue=1512&v=o1ph_jLOawE
指揮台の上でちっちゃい老人がはねてるからだれかと思ったらバーンスタインで驚いた。大スターも老いるとちっちゃくなっちゃうのね。
昔、海外のオケ団員をやっていた人が書いた本を読んでいたらバーンスタインのリハーサルに言及していた。ぶっちゃけあいつは嫌な奴だって事が言いたいんだなと思ったけど、まあスターってのはそんなもんなんでしょうね。
オケ団員としては指揮者に感じ求める要素の中に人格というのがあるかもしれないし、本の読み手としては非常に興味深い話ではある。でもそういうのは書き手のバイアスがかかってたりするから客観的事実として受け止めちゃうのもちょっと違うかもな。
もともと音楽の聴き手として演奏家に求める要素の中に「いい人」というのは特にない。

ベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番のことを皇帝と呼んだりしますが、それなら私の感じるところ4番は絶対女性ですね。
それもただの綺麗な女性なんかじゃない。いろんな面をもってて・・え?そんなこと言っちゃうの!?みたいな人。
3楽章はおてんば娘みたい。
2938.png
カデンツァのここなんかおどけて冗談を言ってるんだと思うんですよね。
この曲に限っては変にありがたそうな演奏より、こういうとこでは笑わせてくれそうな演奏のがいいなぁ。
FMで適当に聴いた演奏がすごくよかったんだけどあれ誰だったのかな・・

2902.png
お母さんはこの近所の人みたいだ。
私もそうなので話は超絶ローカルな世間話に移行する。
元々厳しい市の財政は今後さらに悪くなっていくし、税金や水道代がこれから上がるんじゃないか?
なのにあそこは何やってんだ?‥みたいなの。
おかあさん、結構いろんな人や団体について露骨に批判を突っ込む。
調子に乗って乗っかりそうになりつつでもブレーキをかける。
空いた席に座ってパソコンを見ている男性は多分お店の関係者かお母さんの知り合い?
地域ネタは意外に危険。どこにどんな立場の人がいるかわからない。
目の前にいる人が今批判した矛先の当事者やネットワークの一端だったりすることが意外によくあるんだと思う。お店やるような人とか。
その男性、途中からいきなりパンチくらわす感じで切り込んできた・・
一対一なら多少意見が対立しかけても先を読んでどちらかが適当に折れて和やかな雰囲気を続行できるんだけど3人になるとそうはいかない・・それでも続けるとなんとなくの位置関係が確定し適当な会話がまた続く。
書いていいのかわからないけれど、写真に写ってない食べ物や飲み物もいただいちゃったりして・・そういうのは「もう帰ってください」なサインの時もあるけれど、そうじゃなかったと思うけどなぁ。
結構長い時間だったかな。
なんだか楽しかった。

2904.png
日が傾いて富士山はまたいい感じになってきた。
おいしそうなものがまだいろいろあったし、また来てもいいかな。
話好きなお母さん、素朴な感じがよかったけれど考えてみると金髪だった・・・
しかし、あんこに感激して人生変わっちゃう人ってのもいるんだなぁ・・

素朴でいい休日の午後をありがとう。
落ち着いた心な時にまた来ます。


Tag:ベートーベン  Trackback:0 comment:4 

巡礼の車窓から

大阪に行ったことを書いたらいろんな人がいろいろ教えてくれて楽しく嬉しかった。
もしかするとそのあたりからもう大阪かなのかも。

昨年吉野山の金峯山寺で「空海はここから山中を南へ1日、西へ2日歩き」というような文言を見つけ、その先にあるんだろう高野山へ自分も行ってみたい思った。
日帰りでは時間的に厳しく躊躇していたのだけど行きたいところがあるならいけるうちに・・そう思って調べると同じ条件なのに日によって異なる結果が出てくることに気付いた。
高野山へ登るケーブルカーは車両と設備の更新のため長期に休業して代行バスが走っていたらしく、新しい車両が運転を開始する日が偶然にも私が行こうかと思っているその日なのだとわかった。
なんだこれ俺呼ばれてるんじゃないのか・・そんなわけないんだろうけど早起きして雨の中始発の新幹線に乗った。
真っ暗な空は愛知県に入ったあたりから青空に変わってゆく・・考えてみるとこの状況、以前吉野に行った時と全く同じな気もする。
奇麗に晴れた新大阪から地下鉄で難波へ。

2781.png
でっかいエントランスに圧倒されつつ、窓口でいろんなものがセットになった「高野山・世界遺産きっぷ」を購入する。
ついでに帰りのこうや号の指定を取ろうとすると
いんですか?乗り遅れたら無効になりますよ!
このあとも何度も繰り返していたのは、あそこはそんな短時間で見てこれるところじゃないんですよみたいなことを教えてくれているのかも。
ありがとう。
窓側でと言ってみると
進行方向右側左側?
え?
おすすめは?なんて聞いてみたら、
この時期はねぇ‥太陽の光線の加減で・・こっち側は逆光になるんですねぇ・・とかすごく丁寧に考えてくれ始めた。
聞いても私はどんなところをどう走るのかわからないのでよくわからない・・
こっち側のがいいかも・・
あ、じゃそっちで(よくわかってない)。
ほんとにいんですか?乗り遅れたら無効になりますよ!
おっけーおっけーとか言いながら。
切符買うだけだけどなんかちょっと暖かい感じがするのは大阪だからか?
たまたまいい人だったのかな?

2782.jpg
でっかい駅だね。
ここにも観光に来て関空から帰る外国人がいっぱい。
ラピートだっけ・・鉄人28号みたいなデザインの。
日本はどんな国に見えたんだろう?
2782.png
ここへは10年くらい前に来たことがある。一駅だけ乗って新今宮で降り・・どうしたっけ・・
通天閣よりもアスファルトの上に羽毛布団を敷いて寝ている人や自転車の荷台に玩具みたいなタコ焼き器を置いて(全然焼けてない)商売しようとしているおっさんの方が印象的だった。
2783.png
小田急みたいに特急が20分おきにとかじゃないんですね。
極楽寺まで行く快速急行にのる。
ホームに記されたドアの位置は2種類あり、案内板を見てると私がのる奴だけ他のと違う。この時は気にしていなかったけどその理由は後でわかるというか思い出した。
2784.png
いい歳してまた先頭にたって南海本線と並走する複々線を眺める。
大正時代にはもう複々線になってたらしいですね。
2785.png
天下茶屋を過ぎると本線と別れて地上に降りる。
てんかぢゃや じゃなくて てんがちゃやなのね。
地上に降りてすぐのあたりから水路を渡る橋の橋脚なんかにレンガ積みのものが多数目に入り、この鉄道が明治時代からここにあることを教えてくれる。
この写真はもうだいぶ進んだあたり。
小田急だと厚木を過ぎてみたいな感じかなぁ。
2786.png
気が付けば山中を走り勾配を登っている。
こういうのはまず単線の線路が山をよける形で敷設され、土木技術の進歩したのちに直線のトンネルを掘って複線化したとかでしょう。
知らないとこのまま高野山に向けて片勾配を登ってゆくようなイメージがあるけれど、和歌山県境にある大きな峠を一つ越えるようだ。長いトンネルを抜けると今度は延々すごい勾配で下り始めた。
下りの途中には林間田園都市駅。
東急田園都市線の終点は中央林間。林間都市構想だっけ?なんでもいいや。
南海電鉄が造成した巨大住宅地があるみたいだ。
橋本という駅で都会路線は終わり。
いよいよ山へ登る路線となる。
2787.png
紀の川をわたって・・ああいいねこの景色。
見たいのはこんなのだよ。
2788.png
車輪をきしませ勾配緩和曲線を右に左にのぼってゆく。
でもほんとにものすごくなるのは高野下という駅を過ぎてから。
モードが切り替わったような・・実際なにか切り替えるんだっけ?
全く違う走り方をするようになる。
速度を極端に抑えるがモーターは唸る。
車輪は絶えずきしみっぱなしで旋盤加工場みたいだ。
2789.png
レンガ積みのトンネルポータル・・じゃないか汚れてそう見えるだけか。
登り始めのあたりではレンガの立派な跨線橋もいくつか見た。
コンクリートが使われるようになって100年くらいか、このあたりの開通は大正時代みたいだけど工事は明治のころからやってたということ?
開通の遅かった終点へ近づくほどコンクリートの建造物が増えてゆく。

2790.png
この駅では行き違いのため15分停車。
15分?・・まいいか。
周りには何もない。腹減ったな・・どこで何くおうかななんて考えたりして・・
しばらくしてやってきた対向列車が行っちゃってやってもまだ全然発車しない。
いいよ。
ゆっくり行きましょう。


https://www.youtube.com/watch?v=hoyeAEljidU
これはエミール・ギリレスという人が弾いているベートーヴェンの田園ソナタ。
むかし何も知らずにCDを買ってきてこの遅めのテンポに驚いた。
驚くだけじゃなくて受け入れられずちょっと怒ってみたりして。
でもこの人にとってはこれがこの曲なんだし、こうでなくちゃという聴き手もいるだろうし・・そういう私にもこのテンポがしっくりするときもあるはず。音楽ってそういうもんですよね。

有名なのかもしれないピアノの調律師が書いた本によると、ソ連の人だったエミール・ギリレスは世界的超有名一流ピアニストなのに狭いアパートに住みアップライトピアノで練習していたそうだ。
私にはわからないけれどそれはピアニストにとって・・・まいいか。
ソ連は宗教もコントロールというかタブーにしたんだっけ?
聖書をプレゼントしたら大変喜んだとかいう話も印象的だった。


2791.png
しばらくすると特急が下りてきた。
15分を落ち着いて静かに待てないような心でここを登っちゃいけないんでしょう。
2792.png
周辺に集落もなくて利用者もいないようなところに駅があるのには多分列車交換以外にも意味があると思う。
誰もいないホームに旗を持った駅員さんが立って列車を待つ。むかしは国鉄のどんな田舎の駅でも見られた光景なんでしょう?
話としては列車に何か異常を見つけてあの赤い旗を振れば直ちに停車するんだと思う。
私の幼いころの記憶・・には残念ながらないんだけど。
こんな山岳路線だから普通とは違う安全への緊張感みたいなものがあるんじゃないかと思う。
2794.png
右に左に小さな半径で曲がる様子は見ているとかなり面白いのに写真に撮ろうとするとうまく収まってくれない。
ここを走る車両はみんな急な曲線を曲がれるよう車体長を普通の通勤車より短くしたもの。だからドアの数も少なく、難波の駅でもたくさん並んだほかの列車とは乗車位置が異なっていた。

2795.png
高野山っていうのは人が容易に近づけないようなとんでもない場所にあるというところにも大きな意味があるんでしょう?
崖っぷちもすごいけれど、岩山を素掘りで掘って作った切通の中を線路が必至で曲がっていく様子なんかを見ていると、とんでもないところを何とかして進んでいく苦労感みたいなのが私にも伝わってくるんですよね。
そして
2796.png
極楽橋に到着。
この超絶ロマンチックな駅名は何なんでしょうか。
蓮の花が浮かぶ池でもあるのかと思っちゃうけれど、そういうのは何もないようだ。
ちらっと見えた赤い橋がその極楽橋?
2797.png
中間改札があるのかと思ったけれど、高野線とその先のケーブルカーは一体みたいな扱いとなっているらしくそんなのはなかった。
渡り廊下で川をわたると
2798.png
あーいた。
新しいやつだ。
今日運転開始なんだからセレモニーかなんかあったのかな?
そんな形跡はみじんもなく、普通に地味にやってまーすという感じ。
でもなんかテレビカメラみたいなのがいた。
スタッフがみんな若いのをみて自分が歳くってんだよなとか思う。
よく見れば業者さんや保線の人?がいてなんかああ初運転日なのかもなという・・
2858.png
カーブを描いて行く先が見えないところが神秘の世界へみたいでいいですよね。
最後まで同じ列車でスーッと行けちゃったら場所のありがたみも神聖さもないもんね。
2802.png
さぁついたぁ・・と思ってもまだここからバスなんですよね。
鉄道で大きな川を渡って山へ分け入り、最後にケーブルカーやロープウェイでってところが吉野山とそっくりな気もする。そういえば同じ川だよな。同じ金剛峯寺という名のお寺があったりとか・・と思ったけどあっちは金峯山時だった。
なんとなくここも吉野山と同じように上がってしまえば歩いていける範囲にいろんなものが集まっているようなイメージがあった。
2803.png
でも、全然違うのね。
スケール感が。
この道路はバス専用で一般車だけじゃなく歩き人も入るの禁止だそうだ。バスに乗らないのなら極楽橋から登山?
2804.png
高野山な話はここには書ききれないので・・・

帰り。
2805.png
ケーブルカー車内の銘版には2019年3月。
今日はその最初の日。
前の車両は50年くらい使っていたみたいだからこの車両もそれくらい頑張るんだろうか・・
その最初の日のお客になれた。
2806.png
帰りはこうや号で。
幼い頃、誰にもらった絵本の中に私鉄のロマンスカーが並んだ絵があった。
小田急のロマンスカーに名鉄パノラマカー、近鉄のビスタカーに並んでなんかこう、三枚目とは言わないけれどずんぐりむっくりな愛嬌のある形の電車があったのを覚えてる。ヘッドマークにはひらがなでこうや・・
もう少し後で知ったその車両の名前はズームカー
ズームカー?なんだその名前なんて思っていたけど、力強く山を登り降りするための性能と軽やかに平坦区間をぶっとばす能力という全然方向性の違う性能にピントを替えられるところがズームということらしい。
今目の前にいるのは絵本にいた列車の次世代の車両。
絵本の中に見た気になる列車にやっと乗れるよと40年前の自分に言って聞かせる。

2807.png
もっといっぱい走ってんのかと思ったらそうでもないのね。
ここにも近鉄と同じように一般車を改造した専用車両による観光特急が走っているみたいだ。
でも事前に写真を見たところちょっと盛り上がれなかった。

2808.png
皇族を迎える間とかの天井みたいですね。
この駅は乗り換えのための駅だから、改札も一応形だけある感じ。
熊が目撃されてますよみたいな張り紙もあった。
2809.png
ケーブルカーへの渡り廊下。
温泉旅館みたいですね。
2810.png
空いてた。
この路線の車窓、新緑の季節なんか素晴らしいでしょうね。
紅葉も。
雪景色もいいだろうなぁ・・
中途半端な冬枯れの今は一番つまんない感じ?
でもいいの、人があんまりいなそうな今だからここに来ることができたし、落ち着いていろいろ見ることができた。

2811.png
あれが極楽橋?
2812.png
身をくねらせながら降りてゆく。
車両が下に向かって傾いてるのがよくわかるのね。
窓口の人が選んでくれた進行方向左側の席で正解だったと思う。
光線の下限もあるんだろうけどそれ以前に右だと多分山の斜面しか見えないかも。

途中に古い変電所の建物が見える。
勾配を下る電車がモーターを発電機とする回生ブレーキの電力消費用抵抗器が備えられている・・・はず。

2813.png
紀の川を渡る。
複線の通勤路線に戻ると今までとは全然違う音を立ててぶっ飛ばしてた。
さすがズームカー。
いいね、すごいね。
車窓には街があって、床屋があって、人が歩いてて・・
ふらっと降りて適当に歩いてみたいなぁ。

2814.png
なんばの改札付近には551の豚まん。
昔勤めた会社に大阪出身の人がいて「あかん」とか大阪弁が印象的なんだけど、「いこま」とかのほか「551!」とよく叫んでたので、なんかそれ美味いんだろうなぁと思ってた。
土産を買って帰っても誰もいないので今日はスルー。
また、来ましょう。

Tag:ベートーベン  Trackback:0 comment:4 

超低速で遥か彼方を目指す趣味。

私は動作を伴うことを理解し自分の状態を把握しつつ実行できるようになるのに通常の人間の何倍も時間がかかる。どっかおかしくなにかもまずいいんだろう。
今ならだったらゆっくり覚えればいいなんて言えなくもない。
しかし幼い頃からその事が明るみに出ることに異常な恐怖感を持っておりその場から逃げようとしてきた。なんでも逃げちゃうため、ほとんどあらゆることがちゃんとできないままのこの歳である。
それはいいとして、音楽が好きといいつつ自分には楽器演奏は無理なのだとあきらめて生きてきた。
苦もなくいきなり音を鳴らす子供もいるけれど、電子キーボードと違い管楽器などは基本ができていなければ何を何年やってもまともな音をただ鳴らしてみることすらできないのである。その知識はいくらでもあったが何一つ基本から押さえたことのない私にはそれが実感的に理解できなかった。
数年前にあるきっかけで、あきらめきれない夢をとか言ってまた楽器に手を出したのだけれどほぼ同じ経緯をたどって挫折した。挫折じゃないなまた逃げただけ。

9735.png
そして、懲りずにまたやろうとしているのである。
昔から自分はやるどころか近づいても行けないと思い込んでいた楽器。よくよく考えてみればだれからもそんなことを言われていないし、法令や規定で禁止されているわけでもない。そのことに気付いたのが44歳。
我流では一生何もできないことをやっと受け入れることができたのと、歳を食ったせいか人間恐怖症に図々しさが打ち勝ちそうな気がしたので、自分でも信じられないが先生について楽器を習い始めることにした。
なんのやましいところもないけれど具体的な内容は書かけません。
レンタルも可能ですよから始まったけれど楽器は買ってくださいという話になるのは楽器店がやっている教室なのだから当然なのかもしれません。受け取りの時には先生が同席して検品してくださった。
練習用とは言え自分の楽器かと思うと萌えますね。

9734.png
その帰り道、富士山雲に隠れてるのか・・とかいいながら脇道へ入ってみる。
高校へはこの路線で電車通学だった。
まだあんなユニットバスみたいなのは走ってなくて古い形の電車で。
中学で吹奏楽部だった人間を調べるらしく勧誘の電話がかかってきて、断り切れず吹奏楽部に入部した。
僕は酒も飲めないし人間嫌いで人と話すことができませんなんて言ったらお前面白い奴だな!と爆笑しその後かわいがってくれた先輩がいた。部活が終わってからも先輩に連れられて沿線の街をほっつき歩いたりして。ゲーセンとかに行っても何が面白いのか全く分からなかったりしたけれど・・それでも。
新しくやろうとした楽器は結局まともに音を出せるようにならずなぜだと思いながら挫折したのも今思えば上記の通り私の定型通り。
その直後から真っ暗闇みたいな中に突入してゆく。
最近、毎日あの電車を地獄と感じた私の謎の2年間は昔から問題を抱えた近親者が発狂したときの言動と内容が酷似していることに気付いた。
なんであれ、その後しばらくはその街に近づくこともできなかった。
いまでもそうかもしれない。

そして習いに行くことになった楽器屋はその街にある。
遠いからというより昔の呪縛から逃げたくて避けようとしたその店でしかレッスンが受けられないというこの展開は、まあただの偶然なんだろうけど何か感じなくもない。
行けばふと目に入る建物の角みたいなところに小さな記憶の引っ張りしろがあり、封印していた記憶が呼び覚まされる。

習うってことは実際、何かしてもらうんじゃなくて自分が練習するということなんですよね。
9730.png
ここは近所のスタジオ。
仕事の帰りに一時間ほど毎日練習をし・・たつもりだった。
2週間たって2回目のレッスン。
音を出してみてください・・
「はい、全くダメです。」
練習しているつもりもいつの間にか余計なことを考えて我流の変なことをやっていただけなのもいつもの通り。
今まで全く使ったことのない筋肉を使わなければならないためなかなかできないし安定もしないしそもそも何がどうなっているのかも把握でてきない。同時に、自分には尋常ではないかなりたくさんの時間が必要なこともよくわかる。
挫折する人というのはみんなアンブシャがうまくいかない人です。
焦らず、丁寧に行きましょう。
い魔までも散々聴いてきた言葉ではあるけれど、今までと違うのは
先生の言われることを聴き、信じ、従うべきなのだという気持ちでいられること。
すぐに普通の人ならこんなことは・・あのときあんなことしなければよかった・・とか言うのが湧いてくるのも押さえつけ・・
大丈夫、まだ大丈夫、今のところ大丈夫。

これを書いている今はレッスンから帰ってきたところだけれど、明日また言われたことを練習したい気持ちでいっぱいだ。
これでいいじゃない。

このスタジオは幼いころ住んだうちのすぐそばにあり、通う道端に昔の記憶を見つけることがある。
区画整理で急速に失われていくその記憶の糸口の最後の頃にここに呼ばれてたのも運命か・・・なんて書くと馬鹿だと思われるかもしれない。大きなお世話だわ。
いつものように終わってお金を払い際に
明日は来れません・・というとオーナーが
本番いつなの?
い、いえ・・明日レッスンだから・・
そうなんだ、この時期だから第九の本番なのかと思って・・
なわけないです。

練習場から帰る道は昔からの細い田舎道だ。
変にライトを明るくした軽自動車がアホみたいにあおってきても腹も立たない。
こういう時は楽器のことばかり考えてみようか。


https://www.youtube.com/watch?v=VP7RnuCmM00
全く何の関係もなく。
クラシック音楽に興味を持ったばかりのころ、ベートーベンのエグモント序曲をテープに入れてくれた人がいて何度も何度も聴いた。
序曲ばっかり聴いていたのでこれだけ独立した作品のような気もしていたけれど、劇に合わせてなる音楽がこのあと何曲かあるのね。交響曲だと5番のあたりで書いた曲だというけれど、終結のピッコロを含めなんか似てるというか。
いろんなところであぁこれベートーヴェンの音楽だなぁ・・と思いますね。

1227.png
弦楽器の圧倒的な唸るうな叫びで始まる・・んだけど最後に P で小さくつぶやく。
ノイズリダクションなんてあるわけないようなチープなラジカセと、どっかで拾ってきたようなテープで聞いていたのでこの最後の小さな音はほとんど聞こえなかった。
だからここは休符になっている音楽だと思っていた。
そんなところから始まって・・
始まってって何も初めてないけどね。
久しく聴かなかったこれを急に聴いてみたくなったことにも何か意味があるんだろうけどまあいいや。
あのころ、まだ頭の中も体も子供だった。


ブログって多分やっている人のほとんどは中年以上で、自分の子や孫の成長について書いている人がたくさんいる。
私は子供がいないと思っていたけれど考えてみると自分がまだ子供にも到達していないかもしれない。
なんでも目標をもってやらなくちゃいけないと思うけれど、目標の持ち方がいつもおかしいのかもしれない。

私はあらゆることを否定的に受け止め、人の視線、しぐさ言葉の裏を読んでその根拠を探そうとする。
後天的な理由もいくつか思いつくけれどもしかすると血の中にもその理由があるかもしれない。
高校生の頃にあった他人に説明できない世界もそこから来ているのかもしれない。
今も、まだ誰も何も言っていないのにお前には無理だという声を自分で聴いてしまう。
なんであれ、このまま私はこうだったで終わりたくない。
死ぬまでに自分をどれだけ育てられるか、ほんの少しでも進められたらいいと思う。

Tag:ベートーベン  Trackback:0 comment:2 

2周年

江戸時代とかから続くらしい近所の山道を登っていくとちょっとした開けた平地に出る。
子供のころ遠いと思ったそこは実はすぐそこだった。
9698.png
最近不調な犬も嫁さんと3人ならここまで歩いてくれるみたい。
今年は台風が吹き当てた潮風でみんな枯れちゃっているけれど、
それでも私には結構いい景色。

9699.png
犬がニコニコなのを見てるとこっちも幸せになるね。

9700.png
畑で一人で作業している人がいた。
生きがいなんでしょうね。
子供のころあそこで重機が土をガンガン削りダンプがバンバン運び出してた。
最近は見ないなああいうの。
その後不法投棄の場になってるのも見たような。
世の中も変わった。
手前の鮮やかな緑が何なのかは私にはわからないけれど、35年前もこうだったのを覚えてる。
ここへ何しに来たのかな。
まわりの子供みたいにカブトムシを捕るようなことに興味が持てない自分にコンプレックスを感じたりして。
釣りもしない野球もしないマンガも読まないプラモデルも知らない、ファミコンもしない
勉強なんかするわけもない。

9701.png
今年は潮で枯れ気味であんまりだったんだろうけど向こうの山の紅葉も終わり。

生きてる意味あるの?なんて言われた記憶が何度かあるけれどいつも大きなお世話だと思った。
とりあえずそう思えてきてよかった。

9702.png
帰ろっか。

9703.png
いいでしょう?

子供のころはもっと開けた山だった記憶があります。
山へ入る人がどんどん減っているんだろう、この数年で加速的に荒れていってるようにみえる。
昨夜もうちの隣で鹿が鳴いてた。
すぐそばの茂みの中で人が歩くような音もする。チカンや強盗でなければ鹿かもしれない。
猪もその辺まできてるらしくけっこう危ないのかもしれない。

9704.png
携帯の中継局へ電源を送る電柱も藪に埋もれて・・
大丈夫なのかなこれ?


https://www.youtube.com/watch?v=BJFRx2xSYwE&t=1s
興味がないとただののんきな音楽にしか聞こえないかもしれませんがこの曲、それまでのしきたりやルールを平気な顔でぶち壊しているんですね。しかし作者としてはこれに満足できず、もっと違う世界に飛躍する強い意志を見せたという。
その結果がどうだったかを我々は知っているわけですが、でもこれはこれ。
前人未到の険しい山、道もないところへ分け入り登ってゆく。
途中、急に開けた明るいところへ出た・・みたいじゃない。
いい曲だと思います。
こんなにわかりやすく聴きやすいこの曲をちゃんと聴くようになったのはつい最近。
超絶有名作曲家ベートーベンの作品も、まだ半分も聞いてないと思う。
まだまだする楽しみがあるか。

気分がいいので
9705.png
近くの農家の納屋なカフェに行った。
以前行ったときには外からの早く終わって出てけよみたいな視線に囲まれて・・
でも今日はだれもいない。

あれ?もうお茶の時間だっけ?
もうランチの時間は終わっちゃってるけど単品なら大丈夫ですよ・・
という事でイチオシの具たくさんナポリタンじゃなく外の黒板にあったボロネーゼを
9706.png
サービスでスープをつけてくれた。
わー!ありがとう
今日はサラダを頼めなかったけれどちょっとだけ野菜も。
あの菜の花?がいつもしゃっきとしててすごいんだよ歯ごたえも味も・・

9707.png
あ、お客さん?
もうクリスマスソングみたいなのがかかってた。
そういえば去年もここへきてそんなこと思った覚えが。
もう1年か。


多分今日あたりで、ちょうどこのブログを初めて2周年になると思います。
読んでくださった方々、どうもありがとうございます。

私の場合なんでブログを書いてるかを一言で言うと、寂しいからなんでしょうね。
コメントを頂けたりするとすごくうれしいし。拍手をいただけたことが励みになっていたりします。
時々訳の分からないようなことを書いているように見えると思いますが、誰かが読んでくれたと感じることで自分の存在をこの世に確認し、生きていられると思っています。
重ねてありがとうございました。
そしてまたよろしくお願いいたします。

Tag:ベートーベン  Trackback:0 comment:12 

プロフィール

unagi

Author:unagi
結構さみしいけど結構楽しいよ。
クラシック音楽が好きです。

カウンター
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ