こたつがまだ稼働している家というのは何件くらいあるんだろう?

13104.jpg
先日雨の中こんな店に行った。
ここの店主も癖のある人だと感じていておっさんが一人でいたらどうかと思ったけどちゃんと相手をしてくれて。
女性3人組くらいのが仲良く話してる会話が聞こえてくるけど嫌な感じは一切なくて、先日行った別なカフェで真逆なことを感じたのを思い出す
いろんな人がいる事と、自分はどうありたいかと、だけど実際の自分はどうなのかと・・
13106.jpg
前からこのジンジャーラテというのを飲んでみたかったんだけど駐車場みていつも通り過ぎてた
イチゴのタルトもおいしかった。
タルトの下の堅いところを割ろうと思うとフォークがさらにガシっ!っとか当たっちゃうけど静かに食べるにはどうやったらいいんだろうか。わからないまま終わる。
なんか食べるのもそうだけどこんなところに行ってしばらく過ごしたとかいうのが心の糧みたいになるのかなぁ・・
とはいえ、こういうのお店が素晴らしいんであって自分が何か努力した結果でもないよなと思ったり。

今日は仕事。
当たり前か。
帰って嫁さんと甘いものをちょっと食べ、こたつに入ってみればもう楽器を練習する時間。
この温暖な静岡県、井川とかそういうとこじゃなくて平野部でこたつがまだ稼働している家というのは何件くらいあるんだろう?
意外にたくさんあるのか、そんなバカはお前だけみたいな話なのか
毎年しまおうとすると嫁さんがそうやってしまった後風邪をひいて一か月くらい長引かせているんだから出しとけという。
今年は素直に従った結果やけに肌寒い今日も暖かくいられる。
炬燵からなかなか出られないのはもういい加減寒いからじゃない。
練習に立ち上がらないこの感じは仕事未消化なまま帰ってきて気持ちがざわついてるからか、いくらやっても基本からできるようにならないことがまた露呈しちゃって嫌気がさしかかっているからか
そうはいってもはじめた楽器、今日も自分で自分に自分は本当にダメなんだと思い込ませることをしただけだった・・けど、最後の方でちょっと違う事をしてみて少しだけ持ち直す。
明日は練習の順番をこうしようとか思って終わった。
毎回俺はダメだと思い込んで次のレッスンへとちゅ乳というのなんとかないのか。
今日と同じことをしても変わらないだろうし。
とはいえ、何をどういう順序でとかここに具体的に書かないあたりに自分で人に言えないようなインチキ臭い話だと思ってる感じが出ちゃってるわけで

https://www.youtube.com/watch?v=FV9B2yk8AxM
まあいいさ。
またがんばろう。

Tag:ベートーヴェン  Trackback:0 

逃げてないけど胃にきた

レッスン当日、朝方まだ全然な時間から目が覚める。
あー、心がめげてるな。
昼休みに先生から今日はレッスンですというメールが届き、その明るいトーンにこんな状態の自分を持っていくということがいたたまれなくなる。
前回は返信に実は私こんな状態ですと書いたりもしたけどまた同じとはもう書けないよ。
12106.jpg
断頭台への道を進む。
いつも同じ時間に家を出るからいつも途中の無人駅に電車がいるのを見かける。
警報機が鳴ってるけどまだ電車が来てなければ今日は少し早いな、降りたお客が駅前を歩いてると今日は遅いのか・・
途中から人に言えない真っ暗い記憶で塗りつぶされてる高校生時代は初めに明るい記憶がわずかに残っていて、部活の先輩とラーメン食ったりした後に乗ったのは時間的にあれだよなとか。たぶん、30年たっても時刻ほとんど変わってないと思う。
部活というのは吹奏楽部で、あの頃もいつまでたっても楽器の音が出せるようにならない異常な自分に悩んでいた。

レッスン場に入り先生から笑顔で話しかけられれば笑顔で明るくこたえてしまい今日も全然だめですと伝える隙は見つけられない。
内心数分後にどうなるか・・
かなり悲惨なことになるだろうと予想はしていたけれど、最初の一音はその予想をはるかに超えたひどい状態に。
昨日自分でひどいと思っていたあの状態すらどこかへ消えて届かない。
先生は‥今までならいらだちを隠さず私の人間性に言及し・・でもそうなりかけたのを押さえてこの人でなしにゼロから教え続けようとする。
私も動かせないのに意味不明には動く体と心でやれる限りやろうとして。
また、来週レッスン行ってきます。

レッスンを終えると気分は一番高いところへ戻る。
翌日から練習を始めるとまたレッスンへ向けて下がっていく。
そんなことは書かなくていいか。

https://www.youtube.com/watch?v=LFFSdNVZ58E
この曲に楽器のこと、30年前のこと、レッスン場のことなどいろいろ絡めてここに長文を書いてあった。
でもレッスンに行く前のプレッシャーに押しつぶされた心が書かせたものだから人前に出せない真っ黒記憶の方を書いたりして。

帰り、車に乗るとなんかおかしい。
腹は痛いわ、胃が痛いわ気持ち悪いわ・・こんなことは初めてだけど病的に緊張して胃酸が出すぎたらしく
なんか斜めになりながら車を運転して帰った。
でも、なにしろまだつながってるから。

Tag:ベートーヴェン  Trackback:0 

1月3日とまた来ちゃった

これを書いてるのは1月3日の夜
12024.jpg
いま楽器の練習はメトロノームを聞きチューナーを眺めながらひたすら・・真剣にやっているけれどたまに頭の中によそ事が浮かんできたりして、
今日あの喫茶店やってるんだよな午後から行こうか・・自転車も乗りたいけど・・あっ、自転車で行こうか
え遠いよ?
12025.jpg
私にとっては車か電車で行くようなところで自転車でニコニコ行くような距離じゃない。
距離よりも地形的に帰りがずっと登り勾配の連続になってかなりきついはず。
昔あの近くまで自転車で行ったじゃない・・でもあれもう30年も前の話だよ。
12027.jpg
こういう旧街道みたいなところは自転車がいると後ろに抜かせない車が列を作ったりする。
学生の頃にアパートから学校まで自転車で通った道もこんなだった事を思い出した。最初は馬鹿正直に昼も帰って炊けた飯を食ってたりしてたな。
12028.jpg
幹線道路を超えると古い市街地というか。

12030.jpg
狭いのに車だらけな道をもう少し行けば喫茶店到着。
結構混んでていったんここで待っててくださいと笑顔でカウンターに案内され、ここでもいいよと言いかけたところで片付いた小さなテーブルに案内してもらえた。
12029.jpg
カウンターのが静かでよかったなとかいちいち考えないの。
今日はキャラメルウインナーティーというのを
カフェドモカのが好きかな。
正月だとは言えBGMで雅楽がかかってて笑った。神社かここは。
絶対冗談半分でかけてると思う。

さあそして帰りは延々登り。
幹線道路で車道なんか走ったら死んじまうからできるだけ裏道を走り、
12033.jpg
最後はこんな田舎道に逃げ込む。
普段車で走ってると気づかないけど結構な登りがあるのね。
もうこのころはヘロヘロだった。そして暑い。
だけど意地でも止まらない歩かない・・
すごく腹が減ってきたりしてカロリー摂取してますよな感じはする。
12034.jpg
ふと見れば富士山がきれい。
私はやっぱり、田舎が好きかな。

https://www.youtube.com/watch?v=M2AqfCMB3gg
交響曲の田園は作者が書いた表題だけどピアノソナタの田園は別な誰かがそう呼んだんじゃなかったか。
とはいえ作者の頭の中にもそんな景色があったでしょうねこれ。

家について自転車を降りたら足に感覚がなくそのまま倒れこんでしまった。
年取ってきてんのかな。
まだ息が上がって体も熱いまま楽器の練習に突入。
スランプからは戻れたしちょっと進めた

もーちゃん今日は寒いね。
雪が降ったんだよ見た?

Tag:ベートーヴェン  Trackback:0 comment:1 

私の犬だと言いたい

11917.jpg
クリスマスイブはまず歯医者に行ってきた。
気付かないふりをしている個所があったのだけど、長生きするっていうんならちゃんとしとかないとという気持ちが急にきて。
もしかするともんちがそう言ってるのかなと思ってみたり。
診てもらったら予想より大ごとになってしまい身構えたけれど、痛みのほか苦痛が全くない事において子供の頃の記憶からすれば天国みたいだ。
やってるうちに20年位前に親知らずでここにきたときにもそう思ったことを思い出したり。あの時は最初の塗る麻酔がバナナ味だった。

太陽の光が精神面に強く影響するとすごく思う。
今朝起きたときはなんとなくよかったのだけど曇天を感じたらだんだん下がってきて、日が出てきたらまた上がって。
俺は植物か。
もんちがいたから休日は何も考えなくても日に当たって歩く時間があった。
モモを散歩に連れて行ってると思ってたけど、モモが私を散歩に連れて行ってくれてたんだと今思う。
11916.jpg
風がものすごく強くわざわざ出歩くのもどうかと思うような日、こんなところをほっつき歩く。
風にさらされ首の後ろが冷えちゃってあっという間にものすごい凝りが来たりしてなんだこれ?
もう若いころとは違うということ?
これも腹痛を促進させたかな?

腹痛になったらまた最小限のおかゆ生活。
それから嫁さんがほとんど野菜だけななにかを作ってくれるようになってきて
近所からもらったセロリがシャキシャキしてて香りも素晴らしくおいしかった。
別な人からもらった自家製沢庵も美味しかった。
モモがいれば散歩でいろんな人と顔を合わせるのでお礼も自然に言えてた。
この一か月、誰とも会ってないなそういえば。
人と一言二言話すだけでも全然違うんだけど、まったくないというのは危ないな。
いろんなことが、みんなもんちのおかげだった。
11930.jpg
とんでもない急坂を登る。
この先今度は長い階段があって、飼い主がぜーぜーいいながら登ってる横を余裕で楽そうに。
もーちゃん速いねーっていったらすんごい満面の笑顔になって・・
もう、いないのか。

ハーネスは何度か買い替えたけどリードは写ってるあれが手になじんじゃったもんだから結局15年使い続けた。
リード外しても大丈夫かな?と最初に思ったのはこの先の無人地帯でだったと思う。
どっか行っちゃたりもせず、また人のいそうなところに戻ったらその紐つけなくていいの?って聞いてくれたりして。

ハーネスもリードもまだ今まで通り散歩に出かける感じで玄関に置いてある。
仏壇じゃないけど明るくモモの遺品を収めるところを準備中で、いずれほかのいろんなものと一緒に置く予定。

モモと歩いた道を一人で歩こうかなとも思うけれど、まだちょっといろいろ思い出しちゃって湿っちゃうかな。
なんか隠遁生活みたいだし。

https://www.youtube.com/watch?v=_VYrqO0YUC4
聴いてたらもんちと歩いたことを思い出し泣きそうになった。
この曲について思うことを書こうと思ったけどやめる。
誰にも通じなくてもどこにもなじめなくても嫁さんともんちがいてくれればいいかなんて思いながら、すぐそばに横たわる毛むくじゃらを眺めていたんだけど。
11934.jpg
モモと散歩しだしたころはどこまででも歩いていけそうな感じだったから毎回全然違う方向へ飽きるまで歩いたけれど、そういえば行く先々で俺も昔犬を飼ってってさ・・と話しかけてくる人に出会った。
なんでそんなにと思ったりしたこともあったけど、今わかる気がする。
自分も誰かにやっちゃうかも。
俺も昔犬と散歩をよくしてね・・
11933.jpg
市役所にモモの死亡届を出しに行ってきた。
30日以内にとか書いてあるから今日が期限かと思って。
ハンコを押すでもなくさらっと終了。
最初に登録の届け出をしたのは私じゃなく手帳の名前も私じゃない。
もーちゃんはもーちゃんで誰のものでもないけど、
でもモモは私の犬だと、そこだけは誰にも譲らず言い張り続けたい。

Tag:ベートーヴェン  Trackback:0 comment:9 

腹が痛てーよ

11914.jpg
出かけた話もあるのだけど久しぶりに大腸付近に痛みが勃発。
経験から対処法も即入院につながるものではないこともわかるのだけどかなり痛い。油断があったな。
今日はそれとは別なかかりつけ医に採血他してもらいに行く予定。行った先で痛むのも困るけどこんな時に採った結果で向こう数か月分の判断をしていいんだろうか?
とはいえ今日行かないと年末を控え薬がなくなっちゃうし。

調子が悪いとき、ブログを書いたり消したりしていると気がまぎれていいですよね。
11913.jpg
これは先日出かけた先で。
自転車置き場で泥棒に訴える目なのはわかるけれどこれ元絵はベートーヴェンじゃない?
なにやってんすかこんなとこで。
そんなものには全く縁がなさそうなところだったので一人笑う。
11907.jpg
これも出かけた先だけどもう帰る途中。
電車まで少し時間があったので駅に隣接する百貨店の入り口にあった喫茶店でコーヒーでも飲んでこうかと。
ケーキは最初から頼まないつもりだったけど軽い焼き菓子というのが目に入り・・でも我慢。
11908.jpg
ウインナーコーヒーのクリームみたいなのがあっという間になくなっちゃって驚いたけど、そうじゃなくて先日行ったところのがすごすぎるのか。
この時もう腹は怪しかった。
コーヒー飲むと痛くなるんだよなとか思っていたのになにこれ頼んでるんだよ。
下のコーヒーはちゃんとコーヒーだった。
あたりまえか。
喫茶店に行くと仕事中にさっと来て気の利いた話をしながらっと飲んでさっそうと出ていくみたいなおやじを結構見るけど、わたしはなんかだらだらぼーっとしていたい感じ。
だったらゆっくりすればいいのにありそうで実はなかった時間を気にしてばかりであんまり落ち着けず。
11909.jpg
電車から光るYAMAHAの看板とでっかい建物群が見えた。本社と開発棟とかそういうのだろう。
別に用もないけど私の吹いてる楽器はYAMAHA。
昨年末、夜遅くに楽器を吹いて元旦目覚めとともに割れた楽器を見た。
できてたつもりのことが全然できなくて焦り、冷え切った楽器を吹いちゃったのね。
11911.jpg
練習中は足元に置いたこんな小さなファンヒーターが熱源で。もーさんそんなにくっついて焼けちゃうよ。
今年はあの時代替用に買った中国製楽器で練習しようか。
コピー品ながらかなりちゃんとしてて驚いた。
素材は樹脂なので割れたりもしないだろう。
11910.jpg
別路線に乗り換えてベートーヴェンがいたところに帰ってきた。
本数少ないし周りに店なんかあるわけのないようなところだから気を付けないと一時間くらい寒風のなかでまたなくちゃならない。
だからコーヒーもゆっくり飲めないんだけど。
ベートーヴェンといえば大規模なソナタもいいですが

https://www.youtube.com/watch?v=k-7Ykuj0sgM
突然こんなのをさらっと弾けたら素敵ですよね。
弾けないけど。

ここから車で帰る。仕事がらみでまだ新幹線に乗るわけにはいかなくて。
田舎のローカル線ならいいかなんて思っててそれはそんな感じだったけど、一瞬都市間路線に乗っちゃったらやっぱりいるねいろんな人が。注意したら殴られて半身不随みたいなニュースを思い出したり。
この日だったか、サントリーホールでカーテンコール中に客席で暴力沙汰が発生というのがニュースになってた。
どうでもいいしありそうだなと思うけど、そこに書いてあったクラシックのコンサートで?みたいな逆偏見が引っかかる。
私も実際通っていろいろ遭遇したけどむしろ・・
そういうの多分無くならないんだから、じゃあ自分はどう対処していくかを考えないとね。

新東名は走りやすく制限120kmだったりやっぱり早いなと思うけれど、交通量も多くて結構疲れた。
むかしはそんなんで疲れたりしなかったけどな。
晩飯をどこかで食べながらゆっくり帰ってもいいところだったけれど、練習を一日休むと・・みたいなのが頭によぎり音の出せる時間に帰りたいと思ってた。
次の列車だともう音出せないし。だからコーヒーもゆっくり飲めな・・

病院で採血はやってきたし歯医者も行ってあっという間に処置をしてもらった。
あとはこたつの中で病人ずらしながらブログを書いたり消したり・・
こたつっていいよねなんか幸せで。
11912.jpg
こたつから出ようとした時ふと足がモモの足の先に触れたような感覚があったり、モモが体を押し付けてくる気がして触るとこたつ布団だったり。
そのこたつ布団をしばらく撫でたり揉んだりしてやった。きっとモモが今ここにきてるんだと思って。

どうしても出かけなければならない用事がもう一つあったのだけどキャンセルしてもらった。
どうしてもとか思ってるのは自分だけで相手はそうでもないのね。
そういう無駄な思い込みでだいぶ損してきた。
風邪をひいたら絶対に練習してはいけないみたいな話をどこかで読んだ。
いつも通りでないものを無意識に補正しようとしてしまい、無意識についた悪い癖はもう意識しても抜けなくなるからというところだろう。
違う話だけどプロオケ奏者の日記を読んでいても悪いリードを一瞬吹いてしまったことで自分が変になっていないかをすごく心配していた。
昨日も調子が悪いなと思いながら吹いたけれど、さすがに今日は休もうか。

Tag:ベートーヴェン  Trackback:0 comment:4 

手を離せば死んじまう

11186.jpg
海が荒れてる。
遠くに台風が来てたんだったか、16年前の写真なので細かいことは忘れた。
こんな写真に何年前とか関係ないな。
そこにいればすぐ死んじゃうような危機的状況が目の前にあるわけだけど、頑丈な柵のこちら側にいる今は絶対に大丈夫だという安心感があるにはあるか・・
11187.jpg
日が沈む。

これを書き始めたのは休日だけど朝から調子がよくなく、少し昼寝して目覚めてみるとなんにもできない自分はダメだ病がはじまっちゃってた。
患っている腹の炎症が気持直結の病気なのでそれじゃ困るけれどなっちまうものを止めるすべもなく。
今次の日。
楽器やんないせいかなと思ってたけど強烈なネガティブ震源は他所にもあることを感じ、最初の写真で波に洗われてる鉄柱にしがみついてるよう気持ちになったり。
あそこで、なんで俺がこんな目に合わなくちゃならないんだ!とか叫んだって誰にも聞こえないし波は止まないわけで今どうやったら生き残れるかを瞬時に考え実行するというその一点しかないわけだ。
あそこだとしがみつくくらいしか思いつかないけど。
じゃそうするか。
11188.jpg
沈む。

帰宅して犬と散歩しながら数日前から感じていた妙な調子の悪さは服用している抗生剤の副作用だと気づく。点滴のは全く副作用感じなかったけどな。それのせいだということにしてしまいたいだけかな。
何もせず考えなくていい病棟から出ればすぐにいろんなことに直面するのもあると思う。
ほんとは、強めの抗生剤打つよりも楽器の音が楽に自然に出せるるようになった!とか仕事の問題が解決する道筋がつけられそうだとかそんなのが来たら炎症の数値も一発でノーマルに落ち着くんじゃないかと思ってみたり。
幸い熱はないし明日で抗生剤は終わる。
問題はそこから。
11189.jpg
日が沈むのとほぼ同時に反対側から月が出てきた。
何か音に呼ばれてそちらを見たら月がぽっと飛び出てきて・・みたいな記憶。
11190.jpg
結構な速さで登る月を見てるとその音が聞こえるような気がした

間にごちゃごちゃ変なこと書いてたけどやめようか。
ゆっくり月でも眺めてるような
そんなふうでいられるといいよね。
窓からこんな景色が見える部屋に住んだらいいかなと思うけど、
実際風でぶっ飛びそうだなとか塩害すごそうだとかすぐ詰まんないことを考えちゃってだめね。
11191.jpg
星が写ってるようにも見えるけど飛行機かな?
ただのノイズだったりして。
柵の内側まで波がぶっちゃってるな。

今日も波かぶる場面があり自己批判的なのがでてくるわけだけどでも、
よくかわして流されずにしがみついてられた・・よくやったよと考えてみれば。
でもその反対方向の印象で頭も体も勝手に埋め尽くされちゃう感じがちょとまずいな。
11192.jpg
月がきれい。


https://www.youtube.com/watch?v=jjhC80M4ScE
ある種の人からすると受け入れがたい間違いみたいな演奏かもしれないホロヴィッツの月光だけど、私は音楽を知るのと同時くらいにこれを昔何度も何度も聴きいた。
最初に知った一曲というより最初に知った音楽だったかもしれない。
実際はそう思う曲が何故か3つあってどれが最初かわからないんだけど。
ピアノ習ったりしないし楽譜も読めないのにクラシック音楽に目覚めちゃった人間の多くがやるんじゃないかと思うけど私も楽譜を入手して第1楽章を弾いた弾いた。ピアノなんかなかったけどあるもんで。
弾いたの意味が世間で通用するものと別なのもわかるけどとにかく毎晩弾いた・・
だけどそんなの違うと知った時の虚しさというか。
俺も音楽がしかったけどなぁ
まだ終わっちゃったわけじゃないか。
月の写真に月光ソナタじゃいかに安っぽいけど急に聴きたくなったので。
耳の奥にこびりついてるような演奏を久しぶりに聴くと少し落ち着く。
もう35年くらいじゃないか。
すぐに、無駄に35年も過ぎてしまったとかいう意識が出てくるけどそうじゃない、
なんだかんだとここまで生きてこれた。

もう一枚写真があればいいんだけど後は嫁さんか私が写って出せないようなのだけなので12年後、この近くで
11193.jpg
このお店開店したばかりだったけどコーヒーを入れるマスターのすごくうれしそうな表情からコーヒーへの愛情が伝わってきた。
でもそれだけに、
砂糖ください
の一言が言えず。

Tag:ベートーヴェン  Trackback:0 comment:4 

世間を知らずに生きてる

11105.jpg
休日の朝、犬と玄関の戸を開けると自転車の籠にスイカが。
近所で畑を作ってるおばあちゃんか、どうもありがとう。
畑の人って朝早いですよね。
日が昇って何かやってたら死んじゃいそうですもんね。
11106.jpg
夜にレッスンを控え、逃れようのない罪人みたいな気持ちがちょっと出てた。

親しく話しかけてくれる先生にどのタイミングで今日はまともに音も鳴らせませんと言えばいいか・・から始まったレッスンは当然のように最低な内容となる。
先生は裏切られたような気持ちかもしれない。
どうしていつも登ったなと思うと最初の何もないところへあなたは落ちてしまうのか?
何か自分の信ずるところがあるんですか?
そういわれるのも当然だなと思いつつ考え何てないし何も変えてないつもりなのにこうなってしまうと訴えて・・いろいろあって
問題点と対応する練習法を教えてもらったのでやろうと思ってる。
書いてて思ったけどこれまでも同じ展開が何回もあって建設的な気持ちも次のレッスン直前にはまた・・じゃない。
今度こそと思ってる。
11108.jpg
その日の昼飯。
夜は知らないけど昼間なら連休中でも絶対混まないだろうというお店に行ってみるとやっぱり空いてて。
痩せたいさなかだけどさすがにご飯小盛りでとは言えず普通盛指定。
焼き肉食うとは何事だというところかもしれないけど揚げたり調味料ドバドバ入れないので以外に・・と思ったり。
体重見てるとご飯と揚げ物控えればたまにこういうの食っても大丈夫な感じかな。
とはいえ食いすぎた感があり、嫁さんが買い物をしている間その辺をほっつき歩く。
11109.jpg
小さな用水路にでっかい鯉がいたから眺めてみれば電車が走ってくるし開通時からのレンガ積み橋台。
1889年開通なのでブラームスが4番を書いてるころに積まれ・・いつも思うけれど彼は最後の交響曲から死までの間にかなり時間があり、間に合わなかったのではなくあえて書かなかったのか。
水路は300年くらい前に掘られたもので・・写真を撮ってると通りががったおじさんが話しかけてくれる。
あれは・・これは・・といろいろ説明してくれるのを、知らないふりでえ?そうなんですか!とかやれば話も弾むんだろう。だけど気分的にああそうですねもう100年以上前ですよねとかこっちも知ってる体で答えちゃうからそんなに盛り上がらない。
でもおじさんいい人そうだった。相手にしてくれてありがとう。
別なところへ移動してまた歩く。
11110.jpg
もうすぐレッスンだなと思いながら見上げる空。
車も入れないような細い路地と生垣に囲まれた古く大きな家々・・だった場所は相続というやつだろう切り分けられ新しい家々やマンションが建ち、広い道路が貫通して別な場所のようになっていた。
それでもわずかに残ったいくつかの絵に思春期の思い出を拾う。
小さな女の子を連れたお父さんが笑顔で挨拶をしてくれたのに驚き世の中捨てたもんじゃな・・捨てたもんなのは世の中じゃなくて俺の方なのはわかってますよ
がっちりとした大きな体がたくましい彼は私よりずっと年下なはず。
私はここまで何して生きてたんだろう。
店に戻るとで何十年たとうともう2度と顔を合わせられない人と遭遇する。何も見なかったことにしつつ長い年月が経ったなと思ったり。
カートのカゴがいっぱいになったらしい嫁さんを見つけ、基本的に失敗だったような印象に支配されてる自分は別にそんなに全部失敗なわけでもないのかなと。


有名すぎて逆に皇帝なんかもう聴かないんじゃないかと思うこともあるけどこれ書いてる間ずっと頭の中で鳴ってたから。
とりあえず聞いとけみたいな有名曲だけど思春期のころには聞かず大学へ入って最初の夏休みくらいにバイトの合間に買ってきて・・
もうちょっと思い出す価値のある思いではないのかとも思うけれど、ないものを探してもない。
11103.jpg
富士山には山小屋の明かりがたくさん・・写ってないけど。
これを書き始めたときやけに明るかったけれど、新しい練習法や自分に手ごたえを感じたからではなく次のレッスンまでまだ日があるという余裕がそうさせてるだけ。問題はこれから。
レッスンめちゃくちゃだけど行ってよかった。
理由を作って逃げたりせずとにかく行こうと思ったというそこだけが唯一進歩したところと言えなくもないか。

Tag:ベートーヴェン  Trackback:0 comment:0 

リンゴのケーキ

11067.jpg
ニトリじゃないけどそれ系な店でタンスを買った。
組み立て時間約1時間なんて書いてあったけどやる前から絶対そんな時間じゃ終わらないだろうという感じ。
地道な下処理から始まって組んでゆくとそのうち形ができてくる。そんな経過を写真に撮りつつ別な話を絡めてネタにしようと思ってた。
途中ある外観上の不具合に気づいたけれどこれも中国製かまあそんなものだろうとそのまま組み続け、中断を含み汗だくになってやっと完成。
しかし物を見た嫁さんはこんなものは受け入れられないと普通の人の常識的な反応を・・いやまあきっと私が思うのよりずっと思い入れがあるんだろうなタンスに。
店へクレームを付けて返すのは普通の流れだと今は思うけれど、その時私は変に仕事と絡めちゃってうんざりしたような気分になってたかもしれない。
そうかじゃああした店に・・とかいいながら頭の中で完成していたブログ記事はとりあえず没。

もうひとつ、昼食は記念日を祝う意味で嫁さんが行きたいというレストランに出かけた。
料理や店内の写真も撮ってちょっといい感じの記事にまとめようと・・だけど座るとすぐテーブルの上に用意されてるナプキン?に謎のシミを見つけちゃって、しわの感じとかから先客が使わずに避けたものをそのまま出しやがった?とか思っちゃった。
文句を言おうかとも思ったけどせっかくの場が嫌な感じになるかなと思って使わないしと・・
自分がそうしたんだからそれでいいんだろうけど、そのことを伏せたままよかったようなことを書くのも馬鹿みたいだと思っちゃったのでそれも没。

そういえば昔老舗料亭が食べ残しを次の客に出してるのがばれてテレビネタとなった。あの時レストランに努める嫁さんの友達がパセリを再利用とか当たり前にやってるよというようなことを言ったらしい。
そういうもんなのかもしれない。
最近はSNSでたまに騒ぎになるらしいけどまだブログもない20年位前のネット上でもコンビニのバイトで床に落ちたから揚げを客に売りつけてやったと書いて喜んでる人がいた。
その人は確か管理栄養士みたいなのになりたくて昼は学校に通い夜バイトをしていたと思う。
資格を取れたことを報告しつつバイトによって人間的に成長できたと結んでいたけど落ちたもの人に食わせるようなあの人はほんとに栄養士になったんだろうか?
そんなことを思い出したり。


https://www.youtube.com/watch?v=rjQ7TxpMizc
ベートーヴェンのピアノソナタ第32番はこの世の喜びから始まって天国に登っていくような変奏曲の前に自身の集大成的なソナタ形式の第1楽章が置かれている。
その序奏から主部に入って行く
1369.png
ここを聴いてるといつも
マーラーの2番終楽章の
1370.png
ここが頭の中で鳴っちゃったりして。
ただ似てるってだけで引用でも何でもないかもしれない
あまり語られないけどマーラーもまずピアニストとして世に出た人だしこの曲弾いたんでしょう?
いや絶対パロディーだよこれ。聴いた人がひそかに笑えばいいと思って書いてると思うけどな。
この先あの世に向かっていきますみたいな点でも共通してるじゃない。

翌日、家具屋へ電話すると新規品を発注して家へ交換に来てくれるそうだ。
それより予想をはるかに上回るちゃんとした対応にちょっと驚くというか。
最近、少し前なら非常識と言われたような話がそれで陶然とまかり通る世の中だという印象が強くあるので。
飯屋のナプキンも普通にこれなんですかくらい言えばよかったのかもしれない。
色んなストレスがとにかくめんどくさいことを見たくも聴きたくも感じたくも対応したくもないと極端な反応を返していたかもしれない。
いろんなことがうまくいかなくなり自棄になりかける。
目線が手前に置くのをやめて、遠くを見て地道に・・なんて書いてたけどいよいよ見えてきたよ八方ふさがりが。
やけになったり投げ出すわけにもいかない。行けるとこまで行って
なるようになるだけ

最初の写真は嫁さんが作ったリンゴのケーキ
切ろうとすると仕込んであるリンゴがみんなとれちゃうんだけど嫁さんはちゃんと切って食べてたから俺が不器用すぎなんだろうな。
美味しかった。

Tag:ベートーヴェン  Trackback:0 comment:2 

キッチン水道のカートリッジを交換したのともう一つ

11056.jpg
よどんだような気分でいた日、全然関係ないところから突然来たきっかけで
うだうだいってないでリアルになにかしようよ・・楽器練習しろよ
そんなことを考えた。
その勢いで楽器練習したら昨日までの不調が飛んで違う展開となった・・というのは単純すぎでマウスピースをいつものと違うのに変えたことも影響してるんじゃないかとは思う。
まあなんでもいいよ、俺はやっぱり駄目なのかななんて思いかけてたけど
昨日よりいい状態が得られるんだったら先に希望があるわけで
また練習しよう。
11057.jpg
掃除してから撮ろうかと一瞬思ったけれど至らず。
キッチンの水道、水が止まらなくなってきたけどこうやると止まるみたいな変な小技でしのいでいた。
止まらなさ加減がいよいよ深刻になってきたため調べると自分で簡単に直せそうで
貼ってあったラベルのTKJ30U3Rで検索するとカードリッジTHYF7RがAmazonへのリンク付きで出てきたので注文。ほんとにすぐに来た。
まずはレバーを上に引き抜く。
工具はいらなくてただ上に引っ張ればいいだけだと書いてあるけど予想通り全然抜けない。
工具突っ込んでこじったりすると傷がと思ったけど結局マイナスでこじって外す。
次にストッパーというのを回す
11059.jpg
でっかいモンキーがあるからいいだろと思っていたけど対象径が予想以上にでかく及ばないのでモーターレンチというのを急いで買ってきた。
モンキーは自分が買ってきたものだけどその時一回使ったきりで気が付けば触るの20年ぶり。
11061.jpg
難儀せずに回ってくれたストッパーを外すとカートリッジは抜くだけ。
新しいカートリッジを差し込み
11062.jpg
嫁さんが磨いてきたストッパーを取り付け
11063.jpg
レバーを押し込んで終了。
楽器やってて口元で息が漏れる問題ってのがあって、治すといろんなことがいろいろ良くなるのに
治らないんだよ。
それはあなたの練習不足ですというところなんでしょう。
はい判りました練習しよう。

https://www.youtube.com/watch?v=7U726VrX-U0&t=28907s
ベートーヴェンの最後のピアノソナタ第32番は雲の上へ登って行ってしまいもう降りてきませんが、この30番は同じく雲の上に登っていくのかな思わせて最後いここにいるよとすぐそばで優しく語りかけて終わってく気がします。

今日も練習した。調子下降気味だったけど止められたかな?
少し前からこのブログはアクセス数他がわーっと急降下していて、その数字で自己肯定感を得ていた私の気分も下降。ほんとに依存症になっちゃってて。
こういうの気持ちや行動を変えるいい機会かなとも思うけどまたしばらくたつと忘れちゃうのかな。
リアルで自己肯定感を得られる人を目指したい。
ここ数日調子が悪い感じだった犬も今日は長く散歩をしたし、今も元気に遊んでくれた。
楽器の練習をもっと真剣にやりたいと思います。

Tag:ベートーヴェン  Trackback:0 comment:10 

相手が言わないからいいなんて思ってると取返しのつかないことになったり。

11029.jpg
先日、休みの午前中自転車で当てもなく走って踏切を渡った・・それだけ。

書いてる今も休日で曇り空。窓を開けると蝉の声
先ほどは近所の小さな子供の声とピアノの音が断片的に聞こえていた。
素敵な時間とかいえる人になりたかったけれど私にはどちらも聞こえてうれしいものじゃない。
ピアノな家は小さな子がいる家のさらに向こうにあり結構楽しそうだけど多分クラシックは嫌いだと思う。大きなお世話だなそんなの。
しかしうちは離れてるからいいけどあんなでかい音そのままだしてて隣家は文句を言わないんだろうか?
そういう自分はレッスンでゴミのような音だとか言われながらの楽器の練習をしているわけで、道を歩く人にああゴミのような音だなと思われるのは仕方ないにしろ一軒だけある隣家に迷惑をかけてはいけないと思ってる。
一番遠い部屋を閉め切り、時間も決めて・・時々笑顔で話をする機会があるけれど特に苦言を言われたことはない。
ないけど言わないだけかもしれない。もっとも、こちらも揉めてはいけないと言わずに抑えていることはある。
言いたいことはそんなことじゃなくて、今日も練習しましたよ。
まずゴミじゃない音を出せるようになれるまで。
ロングトーン、タンギングとか書いていいでしょうか。
できてませんけど。

小さな子のいる家の前を先日歩いていたら中からエリーゼのためにが聞こえてきて耳を疑った。
小さい孫に習わせようと電子ピアノか何かを・・だけどまだあんなのを弾く年齢じゃないだろう…お母さんはエリーゼのためになんかやる年代じゃないんじゃないか。そもそもお母さん見かけないし、じゃおばあちゃん?
テンポとかちょっとゆがんでるけど相当弾いた感は伝わってくる。何十年ぶりに触ったけど体が覚えてて・・
最近あんまり聞こえないけど、昔は街中で聞こえてたんじゃないかなああいうのが。
全然違うかもしれないし実際どうなのかを知りたくもないけど、そんなことを考えた。

ずっと休日はコンビニというわけにいかないので
11028.jpg
油淋鶏定食に見えるけど肉ではなく大豆を使ったもので吸い物のかつおだし以外はみんな野菜の何とかプレート。正直今の私にはちょっと多めで食べすぎな感じ。
あの紫色のはポテトサラダみたいだけど雑貨屋であるようなオーガニックな香りが効いてた。
ほんとは雑穀米が乗るんだけど今日は白米だとかいろんなメニューがもう終わりなことの伝え方が投げるようにぶっきらぼうなのがちょっと気になったけどおいしかったからいいか。
と思ったけどレジで間違った多すぎな金額を請求される。
違うというとお前が間違ってんだろう的な説明を繰り返し、間違いに気づいたようだから怒らずに紳士的に終わろうなんて思ってりゃ詫びる感じも浅く・・
とはいえ、あれ?とか思いつつ適当にいったん払っちゃった自分も馬鹿だと思い腹は立たなかった。

https://www.youtube.com/watch?v=FV9B2yk8AxM
生涯にわたって書き続けたくさんあるベートーヴェンのピアノソナタのうちなんかこう悟ったかのような境地を見せる最後の3曲は特別なものとしてくくられ聴かれ演奏されてると思う。
その真ん中31番のフーガが頭の中で鳴ることがあったのでまた聴いてみた。
自伝だな・・これ。
嘆きの歌とフーガが交互にでてくるフィナーレ、嘆きの歌というとボロボロでろくなことがなかった悲惨なイメージばかりが浮かぶけれど聞いててそれだけじゃない気がする。
ブ男とか乞食と間違えられたとか言われるベートーヴェンだけど実際かなりモテた人で、身分とか立場があったからあれだけど、いろんなことがあったと思う。
お前らが思う俺の単一的なイメージだけが俺じゃねーんだよわからねーかもしれないけどなという事をうたってる気もする。
フーガは明らかに芸術家としての自分の仕事の象徴であると思う。積み重ね拡大して完成に向かう途中に突然断ち切られてしまいまた嘆きの歌。こんどは歌がつながらずとぎれとぎれで息も絶え絶え・・楽譜に自分で疲れ果て・・みたいなことを書いているらしい。
あのひと芸術家以前のところでもかなりの苦労人で苦悩した人だったしね・・それでもフーガーは再開し見事に完成されてゆく。
そう思うと子供の純粋な心が走ってるような第1楽章や、わらべ歌とも違うけど子供な遊びながら歌う歌のエコーが聞こえる気がするスケルツォも素直に入ってきて・・
それがどうしたってなもんでしょうけどそんなことを考えながらこの曲聴いたよという話です。
11037.jpg
また近所の(別な)おばあちゃんから野菜をもらった。

楽器練習してて昨日までここにあった基本がなくなっておかしなことをやってることに気づく。
新しいことをやろうとするとき余計な所を意識するからなのはわかる。
意識したのはどこかはわかるのだけどもう何が正しかったのかどうすれないいのかわからない。
まずい、あのパターンだ。
こういう時無理に直そうとすると永久に戻らないところへ落ちていくので問答無用的に楽器をしまう。
しばらく時間をおいたところでどうしてもやりたくなってまた楽器を出す・・おかしい・・
とやっていたら気づいた。
口の中を意識したため腹で吹かず口で吹いていた・・腹で吹くことが戻ってくるといろんなものが安定し元通りの・・
こんなだから一向に進まないけどまた明日一からやろう。
と書いてたけど後日また違う要素を発見する。めでたいようで抗すると良くなるなんて意識するとまた変なことをしはじめ・・
まあいいか。
11040.jpg
上に書いたベートーヴェンのソナタ31番、疲れ果てちぎれてボロボロだった人が再び立ち上がって行くところ・・
何も知らず何もわからず聴いてた頃は何でこんな何回も和音連打してんだなんて思ってた。
これすごく大事なことですね。

この記事最初はセルフネグレストとか孤独死とかそういうことを書こうとしてた。
そういうのやめられてよかった。

Tag:ベートーヴェン  Trackback:0 comment:0 

くじ引きみたいなもんか

自分が病人で行けなかったけど犬を病院に連れて行った。
10927.jpg
帰ろうとする犬。
犬にも病院選びという物があると思う。
え?なことがあったりもしたけどちゃんとやることはやってくれる今のここでいいと思ってる。

私自身歯医者に行きたいのだけど今飲んでる抗生剤が終わってからにしようと思ってる。
以前歯医者に通ったのはもう20年くらい前か、近いので通ったその歯医者はいつまでたっても終わらずあこれ人を金蔓的につないでる?なんて思ってやめちゃった記憶が。
知らない間に新しい歯医者が沢山出来ていて、せっかくだからあたらしい方がいいかどこがいいかなぁ・・とか。
そうだそんなことを考えてるときに腹痛が勃発したんだった。
あまりの痛みに病院へ行こうと考えた時思うところあっていつものかかりつけ医には行かず別な病院へ・・と思ったけど運転してくれる嫁さんがこっちの方がというさらに別なとこへ・・
始めていったその病院はイタリアンレストランみたいな建物とか問診の入力が自分のスマホでとか・・もいいけどあまりにしんどく待合室で待っていられないと訴えるとフードコートで出てくるピーピー呼び出し機を貸してくれたので車で寝た。どのくらいたったのか呼ばれて建物へ戻ろうとするときはもうまっとうに歩けなくて。
簡単な検査をしてもらい点滴を打っていうるところへところ先生がすごい顔でやってきてunagiさん白血球の数が!・・
?みたいな顔をしたかもしれない数字の意味を教えてくれて、あなたはすぐ入院すべきですと入院の手配をし救急車を呼んでもらうことになった。
入院先として行きたい病院もしくは入院経験のある病院はありますかと聞いてくれたので、一度は行ったことのある病院名を答えると先生はそこに入れるよういろいろ手配してくれたようだったけどそこへは行けないという話になった。
なぜいけなかったのかは結局よくわからない。
それで運ばれた病院は私にとって初めてのところだったし自分で選んだところでもなかったけれど、結果的にはそこへ行けてよかったのかなと思ってる。
途中いろんな分岐点があったわけだけど、もし違う方へ曲がっていたらどんな経過があったかなと思ったりしている。
くじ引きみたいですねなんていったらいけないでどでもそうかなぁ・・

くじ引きと言えば今年のおみくじは何が書いてあったっけ?
あんまりパッとしなかった気がするかなぁ。
そういえば今年は初詣に行ったのが2月か3月だった。
年が明けた朝に楽器が割れてその後車のガラスが割れて自分の体が壊れて・・今年はおかしいかな?
お祓い行こうかなとちょっと考えてみたり。

ベートーヴェンの交響曲第2番は昔聴いていたけど

https://www.youtube.com/watch?v=hDZeTnTpuzI
1番を聴いてみるとほとんど初耳。
クラシックしか聴かない人を35年やっててそれはいかがなものかというところだろうけど大きなお世話で。
最初の一音から普通じゃないのがあーベートーヴェンねと思うけれど、しかしこの後出てくる第3番がいかにとんでもないものが突然現れちゃったのかという事を感じさせてもくれる。
その後に並んだあの個性的な作品がベートーヴェンという人は何者だったのかを・・今頃そんなことを考える。
楽章が進むごとにその個性が強くなりいい感じに乗ってくるのは2番と同じ。フィナーレはどっかで聴いたような。
誰にも通じないだろうけど聴き終わって鰤の照り焼きを食ったような感じがした。
10929.jpg
犬と散歩に出かける。
犬を散歩に連れて行くんじゃなく、犬が老体に鞭打って私を外に連れ出してくれてるんじゃないのかと思ってみたり。
仕事も動き出せば容赦ない感じだけどあたりまえか。いやちがう、実際まだかなり容赦してもらってるんだろう。
全開でやると腹にくるけれどもうそれを主張してるとまずい。まずいけど全開でやるのもまずい。
うまいことやってくだけ。
毎日少しずつやって慣らしていくつもりだった楽器は腹の患部を押すらしいのでちょっと中止。
また止まるのかと思うけどそんなこと言ったって仕方がない。
他の人は知らないけど人生くじ引きかもしれません。
ひいた結果なりにやれるようにやっていくだけ。

Tag:ベートーヴェン  Trackback:0 comment:10 

調子いいと見せかけて実はといういつもの

10925.jpg
雨の上がった朝、久しぶりに犬と外へ出ると犬があっちへ行こうと誘う。
いつまでも病人面してないでそろそろ少しは・・
帰ってくると私の腹の上に公然と乗っかってくる。ずっと腹が痛いので乗っかるの厳禁だったんだけど。
久しぶりだね。
10926.jpg
近所のおばあちゃんからもらった豆で豆ごはん。
となりのお吸い物にそうめんが入ってるのは前日までの病人食の名残。
急にご飯を食べられるようになった。
・・・と思ってた
奥にあるのはスーパーの総菜だけどほうれん草の白和えとかタケノコとかひじき煮とかごぼうのきんぴらとか・・
人のいるとこにも行けるようになりなんか食ってみようと思えるようになった。
ずっと、トンカツどーん!とかそういうのばっかり食ってたけど最近和食のいろんなのがちょっとづつ・みたいなのに憧れる。
いつやるとかよく知らないけどなぜか時々見かけるNHKの5分くらいの番組で沢村貞子の献立帳を再現みたいなのが好き。
自分でやろうとは思わないけど見ていてなんだかきれい。
昆布をいれた鍋に魚のあらを入れ・・酒と・・とか
4216.png
ここはちょっと高いんだけどどのお皿も超絶丁寧ですごく美味しく・・だったけれど別な理由でいかなくなった。
若い頃にちゃんと埋めるべきところを埋めてないとその後急にうまくやろうったってそうはいかないのよ。

夕方犬とちゃんとした散歩が出来た。
一か月ぶり。
犬は腰が悪いし私はこんななので二人ともゆっくり小一時間。
それでも歩けた気分の良さに乗って楽器・・ちょっとやったら腹が痛くなってくんのね。
まだだめなのか?明日はやめるか。
そのほかいろいろ思う事を考えたりここに書いたりするとまた腹に穴が開きそうだからやめる。
この話いい感じで終わる予定だったのにうまくいかねーな
まあでもそういうもんだろう。
翌朝、腹痛で目覚める。

ベートーヴェンは交響曲という形式を特別なもの捉えて9曲の・・いいけど第2番というのがあるわけで、高校生の頃よく聴いたなぁと思い出したはいいけどどんな曲だっけと頭で鳴らそうとすると鳴らない
久しぶりに聴こうと思った。

https://www.youtube.com/watch?v=iqEfqDQi8Rk
そんなつもりもなかったけれど私はこれを30年間くらい聴かずにいたのかもしれない。
序奏の辺りは完全に忘れてしまっていて初めて聞くような・・主部に入れば確かに聞き覚えがあって口ずさめなくもない。
はっきりとああこれ聴いた聞いたと思ったのは2楽章に入ってから。
スケルツォに入るとよく知った景色を再び見たような気になり、フィナーレに至るとよく知った懐かしい人に会ったような気がした。
ベートーヴェンが何をしたかはいろいろありすぎて言い切れないけどその一つにあの人あんなしかめっ面の肖像画だけどものすごく冗談を言うというか、まじめの親玉みたいなフォーマルな世界に堂々と冗談を組み込んで芸術化するというとんでもないことを常にやり続けた人なわけだ・・でこのフィナーレなんかもうそれそのもので・・
聴き始めはなんか古典派っぽいななんて思ってたけどフィナーレはもう間違いなくベートーだねーって感じで・・
こんなの書いたところで・・とシラケたら終わり。

今日も沢村貞子の献立を見てたら生きることがマンネリ化すると腐ってくる、そうなったと気づいたら何か一つでも違う事をしてみなさい
とか言ってた。
音楽を聴く人はもう35年もやってって飽きはしないけどそれがどうしたと思わないでもない。
音楽をやる人になりたいと思って35年たつけどまだなれないよ?
やりたいと思ってできない人にも飽きてきた。
やるけど。

玄関が汚れてるから病気になったりしてるんじゃねーのかと思って急に玄関を掃除したみたり・・
ほうきで掃くだけだけど。
掃き清めるとか言うよなそういえば。
ついでに表の訳の分かんない所に生えてる草を道具でそぎ取り土を片付けて・・
とやってると近所の人が話しかけてきてしばしの立ち話となる。
太陽も出てきて日の光に当たって人と話をする・・が実現したら
鬱病みたいだった変な心が少しだけ晴れた気がした。

Tag:ベートーヴェン  Trackback:0 comment:0 

蛍の光花の香り

嫁さんがホットケーキを焼いてくれた。
ちょっと温めたバターを乗せて・・おいしかった。
10919.jpg
これはどっかのお店だけど。
シーチキンか何かが挟まって飯兼用みたいなのを頼んでみたけど自分はシンプルにバターだけとかなにか甘いのちょっとだけみたいなのがいいかなぁ・・いろんなもののっけて美味しいのも知ってるけど。
10922.jpg
このお店はメニューにパンケーキとホットケーキがあったと思う。
これはどっちだったっけか・・
一件派手なようだけど素朴なものがちょっとずついろいろ味わえ、いいねおいしいと思ったのを憶えてる。
パンケーキもホットケーキも同じでしょという話もあるけどお店的にいや違うよと主張してるわけでもう一つも食べにに行きたいけど。
もし病気になってなくても今頃は外食はひかえてたかもな。

抗生剤は腸の中の善玉菌まで殺してしまうらしくそれを補う整腸剤も処方してもらって飲んでる。
それでというわけじゃないけど40年ぶりくらいにヤクルトが飲みたくなって買ってきた。
急にヤクルト飲んだからって何か画期的な展開があるわけじゃないことはわかるけどさ・・
病気って意外に気持ちで動くよね。
そうでもないか。

なんでか急にベートーヴェンの交響曲第5番が聴きたくなったので聴いた。

https://www.youtube.com/watch?v=RKcAAA1O2sc
この盤は昔超絶名盤としてやたらにいろんなところで見かけたけれどこれももう昔の古臭い録音といつまでも昔物にしがみつく古爺の世界て感じだろうか
個人的にはもっと古い演奏が好きだけど、実演なら今風の新しい演奏を聴いてみたいしこの曲だったら一生懸命演奏してくれればアマオケの演奏でも感動しちゃったりするかもしれない。
そんなのどうでもいいけど久しぶりに聴いてみると・・個人的に特に思い入れもないのでそんなにな代わりにケチをつけることもなく・・
第三楽章は画期的な展開として太い存在感を持っていたはずの主部が輝かしいトリオの後強さを失い脂を抜かれたピッチカート中心のひなびた感じで返ってくる。そこに大きな意味があったりもするのだけど・・
1354.png
そこで最初にppでつぶやくクラリネット、ここがものすごく難しく怖く嫌な場所であるという事をあるプロオケの奏者が日記みたいなのの中で何度も何度も書いていた。そしてそれはその人個人に限らずオーケストラのクラリネット奏者たちの共通認識事項でもあるらしく・・
というこの話のどこがどう面白いのかはいいとして
こんな話をしていいのは旨い下手に限らず自分もこの楽器をやって合奏に出たりしている人なのかもしれないなと思わないでもない。
そして自分は全然そうではなくそこへ近づく資格さえないのかもしれないことが・・いいから
6月もレッスン無理かな・・もう連絡しないといけないか。
10918.png
どうでもいいけどクラリネットがソロじゃなくてソリな楽譜があった・・なにこれ・・

色々調子が悪く腐ったような気分でこんなことを書いている夜、
窓の外に嫌な気配を感じる。
思い切ってカーテンを開けると・・
だれもいな・・・あっ!!
蛍だ。
窓を開けると嫁さんが電気を消した。
ゆっくり浮かぶ光は逃げるとどころかこちらへ寄ってきて嫁さんの足に停まって光ったりして
またゆっくり遠ざかってゆく蛍を背に、ボンタンの花の香が流れてきて辺りを埋めつくす・・
今にも雨が降りそうな最悪の天候なのに。
写真撮ろうなんて気にもならないし、ブログのネタで適当なことを書いてるわけでもない。
こんな腐った中年に素敵な時間が降臨。
またがんばろう

Tag:ベートーヴェン  Trackback:0 comment:2 

治ったんだから直れ

外は嵐、風が轟音を立て家を揺らしていた。
ふっと、それが消えてゆく瞬間に気づくとなぜかものすごく寂しい気持ちが・・
なに言ってんだちょっと調子悪いかな。

普段はならない電話が鳴った。
楽器治ったのか、取りに・・あもう閉店時間か。
どうせ遅れるんだろなんて思ってたけど約束通りでありがとう。
よかった。
次の日は休日だったので早速取りに向かう。
10369.jpg
これじゃ夜汽車に乗って遠い町へ取りに行ったみたいだけどそんなわけなく。
これわかる人にはわかる復刻とかじゃないオリジナルのニス塗に白熱灯な車両で訴えかけてくるものがあり感動した。
50年くらい前まではそこかしこで見られたんでしょう?こんなのに揺られてあてもなく旅をしてみたかったなあ。
もう結構前から田舎へ行ってもステンレスのロングシートが来たりするけど一日中電車に揺られてみたいなことをしたことがあった。
その頃取引先の親しい人と電話で話中、
unagiさん休みなにしてんの?
え?旅行・・
りょこう?そんなの年取ってからでもできるじゃない・・いまやることじゃないよそんなの・・
え?っと思ったけど大先輩の言うことで言ってる意味も分かる。
すぐ浮かびながら自分でねじ伏せた音楽・・楽器・・
同じころ歳の近い別な超お得意様がアマオケでヴァイオリンを弾いてると知った時は崩れるような衝撃を受けた。
その人がどうかはどうでも良くてほぼ同じ年月を生きてる俺はなんでこんな空洞なの?・・そういういろんなものが積み重なって俺がほんとにやりたいのは音楽だ楽器だ合奏だと思って行動に出た・・はいいけどあれから10年以上か、
まだ状況的にはほとんど変わってません。
なんで俺こうなの?

https://www.youtube.com/watch?v=co_Bvm0A99A
最近頭の中でこれのフィナーレが勝手に流れたから。
この曲ずっと聴いてくると、非常に充実した人生半ばの・・午後。みたいな
調子が良ければああいい曲だなと思うんだろうけど今頭の中に浮かんだのは
大げさな英雄とかでもない善良なこの人・・中学校で音楽に目覚めて吹奏楽部に入り・・学生オケから社会人楽団・・息子はほっといても楽器をやりだして今一緒に・・
そのどれにもみじんも掠らないどころか想像をしてもいけないと思って生きてた私は何なの?
最近思うけどほんとになんな・・楽器やろうという人はだいたいこういうことがしたいとか、ああなりたいとか目標に向かってくもんだと思う。
私にもそんなのがあったはずなのにあまりにも進まな過ぎてもう目的地なんかわかんないの。
俺も列車に乗るんだよ!とか言いながら改札で腕掴まれて中入れない人みたいな感じ。
それはいいけどこの曲自由だよね。でたらめとは違う
リストが交響詩というのを確立してとかつづくロマン派の世界をここで準備してるというか。

お店には預けた時と同じ人、そんなに何か言わなくても話が通じた
割れた管も出してくれて持って帰りますか?に一瞬まよってやめる。持ってると巧くなれるんならあれだけど
物を確認しつつ話を聞いているとあれ?
一瞬、まさかのクラックのようなものが目に入り自分が止まる。多分それに店員さんも気づいて・・
すかさず自分の非常回路みたいなのが起動していやこれ木目のちょっと深めのだからとねじ伏せ、はいわかりました。
お金を払い深くお礼を言って店を出る。
あの場は気が済むまでなめるように見てというところだったかもしれない。
そんなこと言っちゃだめだとか引っ込んじゃうのは私の駄目なところだろう。
いったん家に帰ったものの悶々としたままなのも嫌だと思ってまた店に戻ってんの。
さっきの若い店員さんがいてことを話すと丁寧に対応してくれ理由も含めこれは割れではないと断言してくれた。
今まではただの事務的な処理をする人かと思ってたけどやっぱりちがうのかもしれない。
気になることがあったらいつでも来てくださいと笑顔で・・商売だから当たり前なんだろうけどでもそれが、何か枯渇してる心にちょっと来たというか。いいから来たってことにしときゃいいんだよ。
同時に自分の中でそれに比べてお前はダメ人間だなとかいう声が聞こえてたけどうれせーよ
なんであれ、これをもって今日はいいことがあったという事にしよう。
10370.jpg
いい加減ちょっと気持ちを持ち上げないと。
また明日から茶番世界に戦いに出なくちゃいけないんだから。
その先・・考えるの禁止。
明るく終わっとけばいいの。

訳の分かんない自虐モードはどっかでてって人と話でもしてくれば一発で治るんだけどね。
そのどっかでてって人とってのが・・あまた始まっちゃった。
素敵なめし屋に行ったりするとそこに蓋をしてくれるんだけど今ないから
ほんとは子供のころからみんなと同じにしたかった・・もういいから。
笑っちゃうのは茶番とか言ってるけど仕事でも何でも出てって人と話すだけでこの変な自己否定感が多少改善されることで・・まいいや。
また練習しよう。
やれることやろう。
楽器もう二度と割らないように気を付けないとね。

Tag:ベートーヴェン  Trackback:0 comment:9 

割れても始まる年

割れてしまった楽器は楽器屋さんで修理してもらえるはずですが、楽器屋も正月休みなのとその場ですぐにというわけにはいかないだろうから暫く練習も休み。
楽器の世界も練習を一日休むと自分でそれがわかるとか言ったりする。昨年は多分出張でできなかった2日間以外は毎日楽器を吹いて・・お前が言うなというところだろう。
10316.jpg
大晦日に近所のおばあちゃんからまたいろいろいただいて、今抜いてきたネギに自家製たくあん自家製こんにゃく。
あの沢庵すごく美味しくて一切れでご飯一杯いけそう。
多分昔からの製法で大量の塩を使ってるんだろうなというのも感じる。医者から塩と炭水化物をとりすぎだと怒られている人としては嬉しい爆弾みたいなもんで。
200年とか続いてるらしいあの家、12月30日になると親類が集まって餅つきをする。
そのお餅が近くの馬頭観音にも備えられてるのを見ると大晦日。今年は年越しの前になんかに食われてなくなっちゃってたけどまあいいんだろう。
最近急に野菜を笑顔で頂くと人間になれたような気がしてうれしい。
おばあちゃんの前に大おばあちゃんという人がいて20年くらい前にいろんな昔話を教えてもらった時もちょっとそんな気がした。俺今相手にされてんだな・・あのときもっといろんな話を聞かせてくれと図々しく頼めばよかったと今でも思ってる。
10318.jpg
元旦は朝からお散歩。
もうちょっとちゃんと構えて撮りたかったけど犬のリードを握っており犬は飼い主がどっか行っちゃわないように引っ張ってるつもりだったりしたので
10年くらい前まではあの電線も建物も何にもなくて富士山が超絶絵になる場所だった。今もうそんなところはない。
このお地蔵さまは誰か熱心にお世話する人がいて寒くなるとマフラーを巻いてくれたり・・今日はお餅と大根。
きっとその人亡くなるときには迷わないようにお地蔵さまがエスコートしてくれるんだよね。へんな意味じゃなくてほんとにそう思う。
このお地蔵さまも結構古いんじゃないかな?
いつ頃、だれがどんな気持ちでここにお迎えしたんだろう?
10319.jpg
この馬頭観音には馬の顔が彫ってあって、よく見るとその馬が笑ってるように見えるのね。
彫った人の馬への愛情みたいなものが伝わってきてちょっと泣けてくる。
大おばあちゃんから馬をどんなに大切にしていたか聴いた。
裏を見ると文化十五年寅・・1818年か結構古いな。
ベートーヴェンだと交響曲第8番と9番の間。
個人的に色々あって音楽どころじゃないという人生のどん底みたいなところだったようだけど、そのままつぶれてしまうどころかここからいよいよという高みへ登っていく年・・だったようだ。

https://www.youtube.com/watch?v=06O5TWFMmPs
その幕開けみたいなところにいるらしいこの曲はものすごく有名で、音楽的にも技術的にも飛躍しすぎて作曲当時弾ける人間が作者しかいなかったという・・
はいいけど私はなぜかこれをほとんど聴いてこなかった。
なんでかな?
バックハウスは晩年の録音でこの曲だけ残せなかった。
やっぱり今でも難しいの?
とりあえず体力的に大変そうで聴き終えるとお疲れ様でしたとか言いたくなる。
どん底にいた人が書いたとは思えないねこれ、すごい人だよね。
10320.jpg
帰ったら、でかい樹の日陰で冷遇されてる小さなボンタンに新芽が出てた。
まだ時期的に早いけど・・で、楽器見たら割れてた。
楽器治るまで練習は中止。
年明け最初のレッスンはキャンセル。

出来てもできなくても楽器やるんだに没頭することで私はいろんなことから目をそらしてたところがあって、急にそれがなくなったら蓋してたもんがいろんなところから駄々洩れになってくんのね。
壊れる時って、いつも突然来てあっという間だよね。
もう戻せないのかと気づいた瞬間に、あっあの時とかいくつもの是正ポイントが思い浮かぶ。
気持ちが落ち着かないので自転車で走ることにする。街全体が坂の上にあるので行きが登りになるようにし、とりあえずあそこまでは行こうという目標地点があって
10321.jpg
この踏切なんだけど・・なんでここなのかな。
子供の頃の思い出がここにあるにはあるけど自分に直接絡むものじゃないし
あのころもうあんなだったけどほんとは俺だってとかなんとか思ってるのかな俺が。

失敗な人にありがちな感じで10代のころから正月は敵みたいに思って拒絶してきた。
寂しさみたいなのでつぶれそうになる正月休みも楽器楽器練習練習言ってればそれですぎてゆくだろうと思ってた。
思ってたけどなくなちゃった。
年末くらいからいろんな人にいただけたコメントがとてもうれしかった。
どうもありがとうございました。

Tag:ベートーヴェン  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

unagi

Author:unagi
クラスに一人くらい、常軌を逸した不器用みたいなのがいたでしょう?
私はあれです。
毎日の話し相手がこのブログ
一番不適合かもしれない楽器演奏に挑戦。
全然ダメっぽいけど諦めないでレッスンに通っています。

ランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ それでいいの - にほんブログ村
カテゴリ
カレンダー
05 | 2022/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンター
.

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ それでいいの - にほんブログ村