おいしいもんでも食おうか

10643.jpg
春ですね。
穏やかで明るい気持ちというのはやってくるんじゃなく打って出て勝ち取ってこなくちゃいけないんだよとかなんとか一人自分に言い聞かせてるけどどうも寄り切られ気味。
そういうの書くと不評なのでご飯食べましたでも。
10447.jpg
何度か行ってるおしゃれ系取り放題のお店でよせばいいのにまたピザをたくさんとってきちゃう。
タイミングが合えば焼き立てが食べられるけどこの日はちょうど全冷え
でも嫌ではなかった。
10449.jpg
取り放題があると思うとメインのパスタは一番安いのでいいかと思ってしまってなんか小さい人みたいか。
外が雨寸前の曇りなので絵が暗い。
毎年春ごろに梅雨かよこれはなんて思う記憶があるけど、この雨でいろんなもんが芽生えて伸びてくんだろうから暗いんじゃなくてめでたい雨なんでしょうねこれ。
ここは街づくりに成功して急に若い人たちが沢山入ってきて住み始めている街。
窓の外には近くの保育園から子供を連れて帰る絵にかいたようなおしゃれ親子が何組も歩いてる。
でっかいマンションや今風な戸建てで丁寧な生活みたいなのやってんだろうななんて考えるのも大きなお世話だな。
自分の年が増えるにつれて関係ない感が増してゆく。
10451.jpg
このシーチキンやけに味が濃いなと思ったら鳥のささ身だった。
自家製豆腐は調子に乗って薬味をかけすぎなんだかわからない。
この後すぐ近くのちょっと高級系スーパーに行ったけれど、くだらないものまでいちいち高くてなんにも買う気がしなかった。
勝ち組負け組みたいな話が思い浮かぶけれど今自分と勝負中なのでそっちはどうでもいい。
10453.jpg
別な日。
腹痛の影響を考えあそこならと思って行ったお店。
玄米ご飯を核にして肉は使わないがポリシーだったと思う。
メインはブリのなんとか蒸し。
そのほかいつも通りいろんなものがうまい。
しめ鯖と胡麻のかかった何かがうまかった。
玄米ご飯がお替り可能なんだけど、お代わりしてくださいねと言ってくれる店員さんと何も言わない人がいる。
何も言われないとどこにも書いてないので知らないままかもしれない。
お代わりしてねと言ってくれたこの日の店員さんはオーナーさんをしのぐ存在感を持っておりいろんな人と色々話してた。
私たちへは男の人なのにこんな肉も出さない店へきてくださってありがとうございます・・うちは息子も旦那もあんなとこ行かないと言っていて・・
その調子で一人で来ていたおじいさんに話しかけると、おじいさん話がしたいスイッチが入っちゃってでっかい声でしゃべりだし止まらなくなっちゃった。
それを微笑ましいととれるか今めし食ってんのにうるせーんだよととってしまうか・・・
前者のような人でありたいと思うけれど若干後者気味だった私は今駄目ね。
ダメじゃない自分は自然にやってくるんじゃなくてやっぱりそこを目指して自分から行かなくちゃいけないのね。
10454.jpg
さらに別な日。
またあの鳥の来るお店。
でっかいねヒヨドリ。
リンゴにバクバクがっついてるのがおもしろかった。
後ろにはちょっとだけ富士山。
10455.jpg
以前肉の上にフルーツサラダみたいなのがのっかってきた時は驚いたけれど、今日は普通のデミグラスソース。
ほんとに普通の。
パンとスープはいつも美味しい。
10457.jpg
いつも通りホットレモンでほっと・・
したいところだけどこの時あることが迫っており気持ちは追い詰められていた。

https://www.youtube.com/watch?v=mwHr4D17D2c
この日お店は大盛況。
どうもお店の奥さんの友だちか顔見知りの方が結構いたみたいだ。
10458.jpg
標高的に少し高い所にあるので河津桜がちょうど見ごろだった。
次にこの花を見ることがあるとしたらそのときは穏やかな気持ち全開でありたい。
来年駄目ならその次でも。
必ずいつかそうなります。

Tag:ラフマニノフ  Trackback:0 comment:2 

昔を思い出してばっかり

嫁さんお気に入りのお店にいってみたけど駐車場満車でやめた。
嫁さん行きたそうだったしあの店すごくよくしてくれて私も好きだけど、どんどん有名になっているらしくいずれ行ける場所じゃなくなると思・・そんなことばっかり言っていける店も見る物も自分でどんどんなくしてるのが私の人生だったのかなと思いますけどしょうがないね。
ちょっと寂しくどこに行くかと走ってると嫁さんが目にはいったラーメン屋に行きたいというから。
派手な看板にでっかくつけ麺とあり、入ると自販機、厨房には若い人という典型的な今風の店で
10415.jpg
鶏白湯細麺。
私の感想は今あえて言いませんなんて最近のレッスンみたいだけど、嫁さんおいしかったって言ってたからいいや。
人気店らしくお客が結構いたけれどみんなべらべらしゃべったりもせず静かに食ってて、ギャーギャー騒々しいおしゃれカフェよりよかったかもしれない。
店員さんが一生懸命な感じなのもよかった。
20年くらい前に何度か九州まで車で自走したことがあり、どこかのサービスエリアでおすすめだという白湯ラーメンがを食ったらものすごく美味かったという記憶がある。私の白湯はいまでもあれ。
あれどこだったか・・今は調べればすぐわかるんだろうけど思い出ってそういうことじゃないから。
10416.jpg
ギョーザと半チャーハンを嫁さんと半分づつ

先日のレッスンで得たアンブシャが今までイメージしていたのとまったく違うことに驚いた。
でも翌日練習してこの形初めて知るものじゃないないことに気づく。その時は何かが足りずちゃんと鳴らないためどうすればいいか探ってるうちにまた全然違うところへ。
もう少しやってるとさらに思い出す、もっとずっと前というより楽器を始めた時はこの形で吹いてたのだった。
確か最初のレッスンで先生に私こんなところがリードに当たってますけどこれでいいんですか?
普通と違うけど・・鳴ってるんだからそれでいいんです・・
3回目かなんかであなた吹けてたはずなのにどうしたんですか!何を変えたんですか!から2年間・・
なんかこう道もわからず遥か天竺みたいな遠くを目指しているような気がしているけれど、行きたい場所は常にすぐそばにあって並行する小さな小川の向こう側だったりするんじゃないか。
歯並び指摘されて思い出したけれど、高校の吹奏楽部でお前その歯並びじゃいつまでたっても吹けるわけないと笑われ、最近やって駄目だった楽器の解説を読んでても歯の間から空気が駄々洩れなのは・・大人になってからの歯に矯正について調べたりしたこともあった。
そういう歯並びでもでちゃんとやってる人もいると思うしそこを言い訳にいてはいけないと思う。

https://www.youtube.com/watch?v=HruGWkZrnOc
そばに小川がなんて書いたら思い出したけれど、小学校に入ると帰り道は普通の道路じゃなくわざわざ田んぼのあぜ道を歩いた。
人の家の裏庭を抜けて・・江戸時代に掘られたような小さな用水路を飛び越え・・
ものすごく晴れてた午後、遠くの丘の上にある建物から風に乗って断片的に聞こえてくる音楽は・・
私の頭はさっきからやけに具体的な記憶を見せてくる。
何かを感じてるんだけどいまいちよくわからない。
あれはもう40年前だ。
昔話じゃなくて今を作らないと後でまた・・
今いるここを、昔のことだと思い出す日はあるだろうか?

Tag:ラフマニノフ  Trackback:0 comment:2 

つづけさせて

10384.jpg
富士山の下の方で光っているのはスキー場。
今は知らないけど20年くらい前は日本一早くオープンして24時間営業とか言ってたような。
昔、平日仕事が終わってから行った記憶がある。
人工降雪機が使えないうちからやるために製氷設備をもって砕いた氷を敷いてあり、粗い砂糖の上を滑ってるような他のどこにもない感覚が面白いと言えば面白かった。
あのまま続けてたらどうなってたか・・いまの楽器でも明らかなように繰り返しているとつかんできてできるようになるという構造を持ってない私はあのまま100年続けてもちゃんと滑れるようにはならなかったと思う。
どっかへちゃんと習いに行くべきでは?とか思う前に別な事に飲まれて終わってしまった。
考えてみれば今通ったっていいんだよな。でも一つもできない私に今考えられることは一つだけ。

仕事中によそ事を考えてちゃいけないし実際それどころじゃないはず。
なのに午後からやたらと緊張して心を締め付けられたような状況になってた。
楽器のレッスンがあるからでなにやってんだとか自分で思ったり。
この数日自分の何かが変わりまたおかしくなり始めてることに気づいていた。
考えてみればそこを見てもらうチャンスなので喜んでいけばいいんだろうけど、断罪裁判に出頭するような気分で
10383.jpg
到着すると先生から何本ものリードを譲っていただけた。
何度かあった全然音のならないこの変な人の原因がどこにあるか探るべくというのとは違う空気。
アルコールで消毒したとおっしゃってたから未使用じゃなく鍛えられたもので、いろんな銘柄があって非常に興味深い。
喜んでその場でつけて・・あ・・いやな予感がしたので持参したこれつけときゃ絶対大丈夫リードに変える。
どうですか?と明るい先生にいいですこれと答える場面だろうけど、今はやっぱり慣れたリードで・・と小声で
最初の曲で、先週のがよかったな。リード変えましたか?
いえ
じゃあ吹き方が変わったな。
もちろん悪い方へであろう。
その言葉で余計な力が入り体のいろんなところを悪い方向へ締め付けたのを自分で感じるけどそれは練習不足度胸不足。
ずっと音が閉まってる、噛みすぎだと言われ
もうこれ以上緩められない所へ緩めこれ以上奥へやれない所までもっていっても
音が出た瞬間それは違う!
最後の最後にふと、息を思いきり弱く入れてみると
そう!
弱くじゃなくてこれが普通で、また馬鹿みたいに息を入れてたのか。
ずっと咥えが深すぎると言われていたことが頭に強くありかなり浅くくわえようとする意識が強くあって、そうすると息漏れしだすからやたらに強く締め付ける・・締め付けると息が入らないから無理やり力で吹き込もうと・・
初めて知ることじゃないので一瞬で悟るんだけど、じゃあとやってみればすぐに戻る。
でも、自分では気づけない問題が明確になったことは得難くありがたい。
そこを踏まえて練習できる。
毎週レッスンていいな。
勘違いしがちでまた罠っぽいのはどんな管楽器もみんな最弱音であっても息を弱く入れるというのは絶対的な間違いである・・らしいこと。
先週すごくよかったレッスンの前は、何日間も曲はいいからロングトーンだけずっとやってたんだった。
やっぱ、あれが必要なのかもな。
まあいいや練習しよう。
練習したいとかうまくなりたいとか思えることは得難くありがたいことだと思う。

https://www.youtube.com/watch?v=G0EBMHFsEwY
また夢を見た。
自分の家は墓石で作った柱の上に建てられていたことに気づいたという・・へんなところが変にリアルで非常に嫌な気持ちに。
墓石は自分には関係のない他人のもので今の自分があるのは先祖のおかげみたいないい話ではなかった。
なにがあの夢を見せたのかもわかるけれど墓石って。
この先どうなっちゃっても楽器は続けられるように、どうか頑張らせて。

Tag:ラフマニノフ  Trackback:0 comment:2 

凋落実況

書けないけどまずいことを抱えていて・・
みんな、外には言わないだけで色々抱えてるんだと思う。
忘れていられる時間が持てるうちはそこを大切にしよう。

犬と散歩してたら畑のおばあちゃんに会ったからもらったキャベツのお礼いうと、
10381.jpg
またいっぱい持ってきてくれた。
素直に喜ぶことが何よりの恩返しなのは知ってる。
ずっと、人間とは・まいいや。

どんな楽器でもみんなそうだろうけど演奏中にこの音はこの指なんて考えてたら間に合わない。
音符の風景を見ると指が勝手にうごき先行して頭の中に音程が浮か・・後半が怪しいことは今置いといて・複雑なパッセージだとみたいな話も私には遠いので置いといて、新しい曲の普通に通過していたある部分でここだけ指が他と違う動きをするななんて一瞬考えちゃったらさっきまで出来てたもんがいきなりできなくなるのね。
指が勝手に動かなくなりこの音はなんて考えてるから止まっちゃったり違うとこ押さえたり・・
最初からできないのならわかるけどできてたもんが出来なくなるところが面白い。いや全然面白くないよどうすんだこれ。
その日は何回やってももうだめだった。
次の日、何も考えないように・・あなんとなくうまくい・・何も考えないって難しい。
10382.jpg
実は最近複数個所からいろいろいただけて
キャベツは鳥と炒めたの昨晩食べた。写ってない蕪みたいなのは浅漬けになって一緒に。
野菜っておいしいね。

その次の日だったかどうも調子がおかしい。あれまた始まっちゃった?
ちがう、おかしいのはリードだ。
こういう時、リードを変えても調子は悪いままもどらない。
なんとかしようと自分のどこかを変えたりするからどんどん壊れてゆく。
以前先生からそのリードはおかしい!すぐ捨てろ!とものすごい勢いで言われたことがあったしプロオケ奏者の日記みたいなのを読んでたら調子の悪いのはリードのせいだと気づいてすぐ捨てた、翌朝吹いて下手になっていないことを確認し安心みたいな記述があった。
悪いリードってこわいんだな。
最近、調子が崩れたらこれをやるといい状態に戻るという練習法を見つけた。
なんかわかんないけどこれは今度こそ行けるかな?
新しいエチュードは苦戦してるけど絶対できるようになる気がする。
ミリ単位でも昨日できなかったことが出来るようになったり、できると思い込んで力を抜くと自分でも驚くような・・
これ、何日も少しづつ書き足しているんだけどこの時こんなこと思ってたんだな。なんだかんだ言っても調子がよくやれる気がして、少しうれしい感じが数日続いていた。

https://www.youtube.com/watch?v=8xCR3HjYwyw
今ここはレッスンの前々日。
譜読みをして吹けるようになっていかないといけないエチュードが2曲あるのに1曲は不完全だしもう一曲は全然だめでまだ全部さらってない。
ずっと安定した発音確保のため時間のほとんどを基礎練習にあて曲なんていいからと思ってやってきたけどでもこの日はあれやんなくちゃなんて考えながら最初の音出し、
いきなりおかしい。
またリード?・・リードだリード変えろ。
咥えただけでああこれならいいなと思うリードに変えて・・
あれ?
元に戻るあの練習を・・あれ?
しかし痛ってえなーなんだこれ?下唇が異常に痛いのはこの楽器特有の歯が当たってできた口内炎のせいじゃない。
異常なほど噛んでるんだ力みすぎ。コントロール失ってる。
とか言ってる間に練習予定時間の半分以上が終わる。
口内炎の痛いのをかばったからか、曲を仕上げなんて考えちゃったからか
力を抜いて・・時々いい感じになるんだけどまたすぐ・
咥える深さをこうでなければなんて考えるから浅くなりすぎて変になっちゃってることに気づき、じゃあと深くすれば深くなりすぎ変な音が。
時間を超えたのでリードを薄く鳴りやすいものに変えて・・
かえって鳴らないじゃないなにこれ?
疲れか酸欠か知らないけど自分でも信じられないような単純なミスをしたり楽譜が読めなくなったりしだすのね。
もう今日はやめるべき。
非常に後味の悪い感じで終了。
次の日、ずっと基礎連をやってるうちに変わってないと思ってた口の形が動いちゃってることに気づく。
気づけば直るかというとそうじゃないのか‥と思ってると今度は呼吸も悪い癖が出て浅く上の方で吸ってるから・・
10380.jpg 
私は自分のことを楽器をやっている人ではなくてそう思えるところを目指してる人だと思ってて、楽器をやってる人にここを見られたくないとかなんとか思ってって・・だけどそんな訳の分かんない人のここへ、
時々なにか楽器をやって合奏の場に出ていらっしゃると思われる方から静かで好意的なコメントをいただくことがあります。
それは、私にとっては少し驚きとてもうれしいことです。
直接お礼もできないままですが、どうもありがとうございます。

音楽とか楽器とかに全然興味がなくてもここまで読んでくれる方がいらっしゃるとしたら、
それも私にはうれしいことです。
どうもありがとうございました。

Tag:ラフマニノフ  Trackback:0 comment:0 

またがんばる

雪でいけないのかと思ったレッスンへの道中、見上げてみれば
10374.jpg
後で聞いたら雪は雨に変わって積もった雪を溶かしてくれたそうだ。

年が明けると同時に楽器が割れてしまい暫く吹けない日が続いた。
それは固着した悪い癖を切り離しまっさらなやり直しのチャンスをくれるということだったのかと、今は思ってる。
得られた結果がすごくうれし・・・だけど、今までもここに何度も何度もそんなことを書いて結局・・
あのね、どうもみてると楽器のすごくうまい人って仮に不都合を抱えてもそんなこと一切言わない人なんだよね。
自惚れじゃなく、俺はうまいと信じ切ってないとそうならないんだろうなみたいなの。
私がここに強気なことを書いてみたってそれで楽器がうまくなる訳はないけど、でも否定形思考ばっかりしてれば実際そうなるしそれだけしかないまま終わっちゃうんだろう。
リセットして得られたと思うものをもってのレッスンは自分で思っていた以上にやれたというか、滞ったままだったエチュード3曲は合格でページをめくった新しい曲を初見でさらって終了。
時計を見たりはしないけど時間を少しオーバーしてみてもらえたかもしれない。
先生は昨年最後の壊滅的な私の印象を強く持っていてそのギャップの大きさに驚いたみたいだからそこにご祝儀相場みたいなものが乗ってたかもしれない。
とはいえ、帰り道はなんか
10379.png
こんなイメージが浮かんでた。
もし楽器が割れてなくて予定通り最初のレッスンに行ってたらまたダメダメだったと思う。
その次別な理由でもう一度レッスンが延期になったおかげで、手に入りかけたものを固着させる練習ができたのかもしれない。
どこかから俺に楽器をやめろと言っているのか?と思ったことを、今度は自分を助ける方向に導いてくれたのかもしれないなんて都合よく考えたりして。

https://www.youtube.com/watch?v=5q-7WeFsooM
レッスン中に
喜んでる場合じゃありませんどんどん次へ行くんです
ときつめに言われたけど、
ほんとにそうだなと思う。
すすみたい。
何が怖いって、また戻ってしまう事。
こんなところにめでたくよかったなんて書くとまたなくなっちゃうんじゃ‥
翌朝夢の中でよく知る曲を演奏している場に自分もいた。
またいつも通り自分だけそこに参加できないという夢。
まあいいよ。
あれから2日たち、今のところまだ崩れてない。
それだけでちょっと明るくなるというか、もうそれしかないし。
新しいことをやろうとしてムキになると危ない。いままた新しい曲を・・

家の中でピアノの音楽が聞こえてくるので行ってみると
10375.jpg
嫁さんがピアノを弾いてた。
行きつけのスーパーで毎回聞こえ洗脳されてるあのBGMをちゃんと曲にして弾いてんの
嫁さんが習ったのはエレクトーンでピアノじゃないけど、そこにああこの人なんかやってた人だなと分かる何かがちゃんと出てんのね。
10381.png
どうでもいいけど、レッスン室の脇から奥へ続く廊下の先にトイレがあることを今頃発見した。
あそこに通うようになって2年くらい、いつも建物へ入りロビーみたいなところを通過しレッスン室の戸を開けるまで決死の覚悟で突入し逃げるように帰るので周りなんか見てなかった。
考えてみればあそこにはそこそこの広さの楽器屋があるはずだけど目に入ったことがないな。時間が遅く閉店してシャッターが閉まってるか何かだろうけどそれにしても何も目に入ってない。
レッスンの契約を交わすため一度その楽器屋へ行ったときそこに展示されたエレクトーンを嫁さんが眺めていた。
買ってあ・・あっ・・
びっくりするほど高かったけれど今のじゃない一つ前、カモとして乗せられてると思いつつ買っちゃったあの楽器がなければ・・
間違えでも、やってみないと間違えだとわからなかったし今のここへはたどり着かなかった。
だからいいの。

Tag:ラフマニノフ  Trackback:0 comment:4 

それでいいよじゃないの

10360.jpg
蔵王へ行った写真の次にこれがあった。
ブログに載せるようなもんじゃないとその時は思ったんだろうけど載せるものがない今見てたら貼りたくなったりして。
紙コップのお茶、食券を渡すとポケベルみたいなのを渡されて系のところだけどなぜかステーキがあって安価なので何度か行った。
ごはんが無料で大盛になるどころかおばちゃんがもっと食いなよくらいの勢いで超大盛にみたいなのここだっけ?
もう大盛禁止時代だったので自重した気もするけどこういうとこへ来るともう一つある罠はやりたい放題のマヨネーズだ。
私には変に高級なのよりこのくらいのがちょうどいいのかも。
今ちょっと自分で自分が変だと思っているけどこれ見ててこれまた食いたいなと思うから大丈夫だろう。何も感じなくなったらちょっとおかしいし拒否感みたいなのが来るようになったら危ないと思う。
10365.jpg
いろんな人のブログでスキーに行ったという話を見かけた。
ちょうど眺めてた蔵王の山を下りてくる写真
ここも超巨大スキー場だから登りは超満員のロープウェイも下りはガラガラ
眼下には長い長いコースが見えていた
10366.jpg
ああいいなぁ‥
私も昔、妙高とかで上から下まで10kmとかあるようなのを滑ってへとへとになったことが・・と書くといかにもやった人のようだけど残念ながら楽器と同じ
それは楽器の音じゃない!やめろ!
みたいな状況だったと思う。
思うじゃなくて一緒に行った人がくれた滑ってる私の写真を見た瞬間、わかっていたこととはいえ凍った。
知人も他人もみな、何も言わずにいてくれたんだと思う
いや色々聞こえてもいた。
そもそも普通の道具じゃ滑れないからそっからおかしかったし。
スキーに関係ない場所であっても写真の私は異常な恰好で写ることが怖く写真拒否症でもあった。
2度と直視しなかったそれは捨てるわけにもいかず伏せた状態でどっか置いてあったけどあれももう20年前か
10367.jpg
2年か3年やったんだったか、おかしなことをやってるので上達しないし、あのまま続けてたら大けがをしてたかもな。
それでも、変にはまって最後は一人でどっか行って一日中滑ったりとかしてた。
多分、なんにもできないはずの自分が何かできるようになったという錯覚が嬉しく暫く酔っていたかったんだと思う。

今日も少し楽器2号をやれた。
音階的ロングトーンだけ。
全然できるようにならないのは分かったから、それでもちゃんと先生についてちゃんとしたところに乗ることを目指したい。
どなたかに言っていただいた「周りに合わせる必要はありません、自分が楽しむことが重要です」が好意的な指摘であることは私にもわかるしありがたいことだと思う。
だけど言われた当人にとってはこれまで言われ続けてきた
お前にできるわけなんかないだろそこでそんなことでもしとけ!
と等価であって受け入れるわけにはいかないの。
ほかならぬ自分が自分にそう言い聞かせてきた結果がこれなので。

https://www.youtube.com/watch?v=1qoPDQzXVmk
これを弾いてる人が最近引退したらしいことをどこかで読んだ。
一度サインをもらったことがあって、ありがとうと言ったらえ?みたいな表情で顔を上げた彼と目が合った。
そのあと嫌な顔でもされたら一生もんだったけどこれ貼ってるところを見るとそういう記憶はないのか。
ピアニストとしても指揮者としても一級の全世界的超絶有名人だけど実際ものすごくちっちゃいおじさんだったことに衝撃を・・ピアノじゃなく大曲を指揮した後で倒れる寸前みたいなへとへと状態なのを見て大変だなというかこの人いい人なんだろうなんか思ったような。

ダイアモンドダストを見たとか、冷たい空気を感じながらのいろんな記憶が残っているのは行ったからやったからなわけで、なにもしなければ何もなかった。
客観的にはどうしようもない記憶も、
なんにもないようはあったほうがずっといいか。

Tag:ラフマニノフ  Trackback:0 comment:2 

すてたもんじゃない

10122.jpg
山には赤く色づいた木が点在し・・写らないし。
今年は紅葉がいいみたいで何でもない所にすごくきれいな・・去年そんな写真をのせたっけ?と自分が書いたブログ記事を読んでたらレッスンネタが出てきて
先生から、あなたには一生無理かもしれないといわれた
とあった。
ものすごい話だけどそんなこともあった気がする。
はたから見れば今だってあんたやめた方がいいですなのかもしれないけど、今日の私があるのもあの時の私のおかげ。
ありがとう。
10152.jpg
日陰っちゃっててよくわからないけど、ブルーベリーにそっくりな・・
なんだろうこれ?
ブルーベリーの店で実のなる時期を教えてもらったし、これ違うな。
誰も採ってかない所を見ると食ってもうまくないんだろう。
10125.jpg
泳げばみんな死んじゃうようなところで泳いだらいけないだろう。
私は、泳いでいい場所で泳げと言われても泳がなかった。
みんなが笑う場面でも笑わ・・
この看板見た瞬間にそんなネタをブログに書けるとか考えちゃってるところがくだらない人ね。

https://www.youtube.com/watch?v=zwfPtU6TFn8
この曲、第一楽章はなんだか知らないけどものすごい推進力で突き進んでく感じがあって練習するぞみたいな気持ちを得たこととを絡めようかと・・
これを初めて聞いたのは学生オーケストラのコンサートだった。卒業を前に最後のみたいのなんだろう、お客は降り番の下級生とその知り合いという感じ。なんでもいいから何か聞きたかったおっさんが一人紛れ込み・・
演奏的には素人のそれで崩壊してる部分もあれば部分的に変にうまいやつがうまかったり・・そんなことより、
うらやましかった。
なんで・・・
なんであそこに俺はいないんだろう?
なんでって、やらないからだけど。
いやそんな掃いて捨てるような一言じゃないだろう。
10126.jpg
この後雨になっちゃった。
少し早めについて車の中で待ってる間、いつも自転車に大きめの楽器ケースを抱えて帰っていく人を見かける。
あれなにかな?サックスかな?どっか所属してたりするのかな?・・しらないけど、頑張ってんだろうね。
後で分かったけれどできないものを無理に練習している間に私は色々壊れてしまっており、最初の音出しからまずかったみたいだ。
いろいろ怒られつつ基礎練習からエチュードの一曲目まで行ったところで見かねた先生から一番基本となるロングトーンをやるように指示され、怒られるかと思ったら治ったみたいだ。
歌う要素がかなり大きいエチュード2曲目は
まさかのいいですよ・・
とはいえ、いいにもいろいろあるだろう。問題点も指摘される。
3曲目・・これも散々練習したんだけど・・途中でばてて最後はめちゃくちゃになる。
うん・・・いいで・・全然だめだけどいいですよ。
言葉だけ書くと矛盾してるけど全然完成してなくて人に聞かせられるものじゃないとはいえ、いくつかの押さえるべき基本的要素は抑えられている、もしクワ押さえかけている。
自分で問題点がわかっているはずだろうから底を直すべく練習するようにみたいなはなしで。
実際はもっと具体的な細かい話があるんだけど省略。
また、がんばろう。
10141.jpg
休みに入って、家にずっといると変なことを考えだすので自転車でどっか行こうかと・・
ずーっと登り坂で体はきついけど嫌だとは思わない。
膝もいつの間にかかなり良くなった。
日が差してちょっと気持ちがいい。
10146.jpg
ブルーベリーが素敵だったカフェの裏側。
しかし自転車で来れるようなとこなんだな。
ブルーベリーの木が紅葉してた。
当たり前なんだろうけど海にあったのやっぱりブルーベリーじゃないな。
10148.jpg
レッスンに行ったことを書こうと思ったんだけどあっという間に晴れから雨空に代わってく写真の上に書いたら暗い話になっちゃった。読み手がどう思うかを考えるとこれじゃまずいかなと思ってみたり。
日の光に当たってきた写真を貼るとそれだけで明るい気分になるのね。
学生の頃そう思って日に当たろうと一人海のほうまで・・まいいや。
あたりまえだけど日に当たっただけじゃ何も変わらない。
楽器練習します。
10153.jpg
畦道にコンクリ打っただけの細い道を走ってたら向こうからも自転車がやってきた。
手前の広くなったところで待ってたら向こうも待ってんのね。
事が動かないから自分が進ませてもらってありがとうなんて声をかけると高校生くらいの子が何か分かんないけど好意的な挨拶を返してくれた。
世の中自分のことばかり文句ばかりなのかと思ってたけどちがうのね。
そんなに全部悪い事ばっかりじゃない。

Tag:ラフマニノフ  Trackback:0 comment:2 

安定性か・・

オーディオ系のことは書かないことにしてるんだけど、マニア的なとでもいっときましょうかオーディオ機器の世界も何年か前から音源の出し入れや操作系にネットワーク機器が入ってきていて
9117.jpg
これはipodだけどこれの中にあるファイルを聴こうというんじゃなく別なところにある機器をWi-Fiを通し制御するためのリモコンとしてつかってるところ。
これが動かなくなると何にもできず音楽は聴けないのだけど久しぶりにそれが起こり、原因は初出なところで経験したことのある問題から確認していくから治るまでに結構時間がかかった。
どうでもいい話だけど心が音楽を聴くモードに入っちゃってるのに動かないというのは結構拷問的なストレスが来たりして・・
パッケージ製品じゃないものをネットワークを介して組み合わせとか言いだすとつないでボタンを押してりゃよかったころにはなかったトラブル感に遭遇するようになることが面白い・・いや全然面白くない。音楽聴くのをを邪魔するものは全部敵だ・・くらいな。
9119.jpg
それでここは嫁さんが気になるとか言うので行ってみたカフェ。
なんか昭和ですね。
事前にレビューで見て感じたのとちがう印象にちょっと面食らうけど、まあこういうのもいいじゃない。
店主というよりマスターな人は多分私よりずっと若い。
違うか、もう世の中の半分くらいの人間はみんな私より若い。
嫁さんが一度来たことがあるというから色々聞いてみるとその時はテーブルじゃなくてインベーダーゲームが・・ってどんだけ昔なのそれ。
ふと脳裏に子供のころに見たんであろうこんな窓にレースのカーテン、インベーダーか麻雀のゲーム卓みたいな光景が浮かぶ。
今思うとあんなところで時間をつぶさなければいけない理由が背景としてあったのかもしれない。
それは多分ろくでもない内容で・・
そんな言い方もないか。
9120.jpg
レビューの写真を見てると最近できたお店のようでもあるので、閉店した喫茶店をというやつでしょうか。
BGMはオルゴールというかオルゴール的音色で流行歌をというやつ。
むかしどこでも流れてたけど最近珍しいような
ああいうの音源的にはシンセサイザーなんでしょうけど打ち込みなのか・・だれかピアニストがバイト的に弾いてとかなんだろうか・・なんでもいいけど。
そういえばピアニストってなんなんだろう?
むかし変な理由で話題になったお天気お姉さんのプロフィールにピアニストとあった。
音大出るとピアニスト?
切符が売れるようになればピアニスト?
文部科学大臣が認定する第一種主任鍵盤楽器奏者とかそんな資格があったりするわけでもないよね。
実際は賞歴とかがそれに相当するの?とか書いたはいいけど私にとってそんなことは極めてどうでもよく、落ちも思いつかない。
一人でも心から拍手させられたらみんなピアニストかな?
誰も何にも言わなくたって、弾きたくて弾いたらピアニストか。

また全然関係ないけどどっかで一度チェレスタ触ってみたいなあ。
9121.jpg
ケーキパフェというのを頼んだら確かにちっちゃいチーズケーキとガトーショコラが乗ってった。
これはこれでいい感じだけどちょっと割高な気も・・
今度はケーキ食ってみようか。

https://www.youtube.com/watch?v=Y4BglPjt-n0
頭の中で流れてたのはこれだったけど。

勤務先の取引銀行がくれる特典カードみたいなのが貼ってあったのでいってみると会計時に焼き菓子をくれた。
小さなお店だけど各種電子マネーに対応する表示があるのは今風ね。
最近よく見かける100均の電卓みたいなリーダーが出てきたと思ったら、店主が自分のスマホを操作し始めた。
それ用のタブレットでってのはよく見かけたけどついに店主が持ってるスマホでいいやな時代になったのね。
それはいいけどなんかお待ちくださいみたいなぐるぐる表示が止まらず一向に進まない・・・
興味を持って聴いてみると
はい、これリクルートのやつで・・・
へー、手数料とか取られるんですよね?
はい、だけど昔のクレジットカードみたいに一律で手数料がかかるんじゃなくて・・
なんかわかんないけど、小さなお店にも導入できるよう費用負担を軽くしてみたいなのがあるんでしょうね。
全然動かないので、じゃあカードでもいいよ。
そうですか。どうもすみません・・
・・・・・・・・・カードも読み込まず・・・
何度も何度もリトライしてくれてありがとう。

この時私は別に急いでもないし腹も立たないし逆に面白いくらいだったけど、
商売でというとやっぱり客の前で絶対に崩れない安定性も重要だよね。
とか書くとなんかプロとか言ってステージに乗ってる人みたいじゃない。
大事なソロとかで1回でも落ちたら首くらいの覚悟でやってるらしいとか言うか実際やっとつかんだ座を首になったオケ団員の話を聞いたりもした。
能力があってかつやりたい人ってのがうじょうじょいるわけだし、聴き手の立場からすると・・落ちたってのはないけど超絶重要ソロであらら的に外してるのは何度か聴いた。
現場にいると意外に腹が立ったりがっかりしたりはしないもんなのね。
ちがうか金払ってる聴衆として腹の立つ外しとそうじゃない外しがあるのかな。
最近行ってないしなんか言う資格もないか。

現金でもいいよ・・
申し訳ないです・・
焼き菓子をもう一袋くれた。
9118.jpg
ありがと。
なんかわかんないけど頑張れ。
こんどはランチ食いにこよう。

Tag:ラフマニノフ  Trackback:0 comment:0 

休んだらいい

胃がものすごく痛い。
なんでかというのはここに書いてはいけないと思う。
なんとか凌いで週末へ逃げ込む感じ。
休日に立て直して、なんとかまた・・
9058.jpg
これは先週だっけ
スマホの位置情報もカーナビもつかえない別荘地に前回と違う入り口から入り、迷った末のこのお店には当面営業しません的な張り紙。
へらへら来ちゃたけど考えてみればこのあたりは日本中に移動制限のかかっている頃に都会の人がたくさん来て麓のスーパーへ降りてくると地元から顰蹙を買っていたあたりかも。
そんなよそ事は今どうでもよくて、
人生、一歩踏み外せば奈落の底ですね。
感染症とかじゃなくて。
それは
あれ?え?いま?
みたいに突然訪れる癖にもうどうにも戻れなかったりするんだろう。
罠みたいなものが待ってるのが見えるいろんなとこで。
毎日。
見えてるようなのは気を付ければいいだけだけど・・

嫁さんが行きたいといってた店がちょうど近くにあったので。
9059.jpg
昔一度来たときは満員で入れなかったこの店はこの日誰もお客がいなかった。
普段から人がいないほうが好きだけど、安全性とか言ってるときはまたそこが・・
いいですか?なんて入ってみると、どうぞと案内され。
9060.jpg
女子会とかできそうだけど今風というよりちょっと昭和な感じでしょうかね。
対面にならないように対角に座ってくれと言う指示もあったけど椅子自体が
9061.jpg
座れないように・・・
いいねこの手書き感が。

罠に落ちても終わりだけど、自分で投げ出しても逃げても負けても終わりだ。
もう次なんかない。
そうならないために
ケーキでも食うか。
9063.jpg
嫁さんが写真撮るなら全部写しなとかなんとか言って。
嫁さんのあの三角っぽい物体は富士山を模したモンブランでここの名物らしい。
雪がかかってないなとかいらんこと言わなくていいんだろう、
紅茶の名前は花の家だっけかな・・ローズっぽいとか言っておっさんが飲む感じじゃないけどなんか頼んじゃった。
そして流れてたBGMはポールモーリアだ。
いよいよある種の雰囲気に包まれ始める


https://www.youtube.com/watch?v=fDblE1CcrR4

超絶技巧系ピアノ界に巨大な壁のように君臨する・・かは知らないけどラフマニノフのピアノ協奏曲第3番。
どっか外国の音大の先生だったかが書いた本の中でピアノ科の学生はみなこれの楽譜を持って嬉しそうに歩いているけれどほんとに弾ける人間はまれだと言ってた。弾けるの意味も色々だろうし、また食って掛かるようにに今時これくらい!みたいなのがはじまっちゃう人もいるんでしょう?
いたっていいしどうでもいいけど、この曲聴くならそこも無視できないだろう。
1315.png
そんな曲なのに冒頭は多分わざと一見易しいというかポールモーリア的に始まる・・・と思ったこともあったけど、聴いてみるとポールモーリアってもっと違う感じなのね。
何曲も流れてるのを聴いてるとちゃんとフォーマットというか型がある感じで・・当たり前か。

この曲はラフマニノフ自身がアメリカで演奏旅行を行うために書き持っていった曲であるのだけど、その際ニューヨークでやってた指揮者としてのマーラーと共演したという話が大変興味深い。
練習中、拒否反応気味の団員に対して諸君、これは傑作だ・・
私にとっては人類が月に到達したときの話より興味深く感動的な事件。
9062.jpg
本当はあそこに富士山が見えるんでしょう、その手前に富士山のケーキとかなかなかいいのかもね。
こういうところは結構あるけれど雲っちゃってということも結構多い。
遠くから来た人は残念でしょうね。

最近嫁さんが入浴剤に凝ってて
今日のは香りが鼻から入って頭に抜けていく際、腐ったあたりをなでてくれるような気もした。
別にお香の香りじゃないけど、奈良の古い寺で感じた不思議な気持ちを思いだすような・・

明日・・その後・・まずいなぁ・・・とか思いながらこんなの書いてたら
ちょっとあなた私がそばに座ってんだから撫でるかなんかしなさいよ
と犬。
いつもより大げさなリアクションで甘えてくれる。
あー、俺は大丈夫だ。

Tag:ラフマニノフ  Trackback:0 comment:4 

20年、35年、45年とスパゲティ

8308.jpg
楽器の練習の基本としてチューナーと鏡で自分の顔を見ながら吹くという事を繰り返しているのだけど、最近鏡を見て自分が老けたなと感じるようになった。あれ?俺鏡見れるようになったのかな?
私は昔から鏡に映る自分の像を正しく認識できないらしく、別な障害と合わせて毎日異様な格好で街を歩き変なのがいると有名になってしまったことがあった。
こんなことを書いても誰にも通じないと思いますけれど。どっか頭か神経がおかしいらしいの。
誰にもなにも話さずっと一人で生きてきたなと考えてたらふと、下手に理解者なんて言うのが現れ縋ってしまったらそこで人生終ってたぞと誰かが私の頭の中に話しかけてきた。

左下にある小さなファンヒーターは最初に就職した会社の寮が寒く休日出勤の途中で買ったものだったと思う。
いつのまにか20年以上たっちゃったけど部屋も内容も寒い練習に今日も付き合ってくれてありがとう。
今風邪から来ていると思われるひどい口内炎で口の中の複数個所が割れ爛れて痛い。それとは別に楽器でしくじり下唇を歯で破ってしまいそこも痛い。
よりによって再開されるレッスンの直前になって・・・はいつものこと。
ずっとできないものが直前の数日でどうにかなるわけもないのに練習ができないとパニック的危機感を感じたりするのは多分心のゆがみ。
幼いころからのみんなの前で自分だけできないことをさらされたという記憶が未処理なまま巣くって強迫的恐怖感みたいなものにすり替えられてるのかもな。
私の頭は自分で異常に気付き封印しようとした12歳くらいで止まっているのかもしれない。
楽器や音楽の前にまずそこから直していこうという練習か。
ブラック企業の寮から夜逃げしたあの時よりも後に生まれた人が成人するという日に考えていることはまだこんなこと。
自分の成人式には出なかったし帰郷もしなかった。

変なこと書いてるけど今不思議と心は明るい。
なんでだろうな?
急にここに書くのも変だけど、いろんな人にコメントもらえてうれしいです。
話的にはあんまりつながらないけれど、

https://www.youtube.com/watch?v=Kl2LKi3fGhg
ラフマニノフのシンフォニックダンスは始めからオーケストラ音楽として構想されたようだけれど、よくあるようにまず2台のピアノ用スコアで完成されたようだ。
その時の楽譜そのままなのかは知らないけれど2台のピアノ版も作者による正式な版として出版され演奏されている。
でいつも気になるのが冒頭序奏が終わって主部に入る直前、
8309.jpg
ティンパニがffでたたくCの連打をピアノが単音でそのまま弾いちゃっている事。
よくあるオーケストラ曲をピアノ用にする編曲で、弦のトレモロやティンパニなんかをそのままピアノの楽譜に移植するとものすごく安っぽく陳腐に聴こえる。そこでピアノの特性を生かし同じ効果を感じさせるための工夫としてどんな処理を見せてくれるかが編曲を聴く醍醐味だみたいな話もあるんだけれど、ここでのラフマニノフの回答はとりあえずの試演とか練習のための編曲みたいにも聞こえる。
彼ならここにももっと全然違うアイディアを盛り込めたはずなのになんでそのまま出版しちゃったんだろう?
この曲に関してはオケ版のがいいかなと思うけれど、分厚いオケではぼやけちゃうようなハーモニーの動きとか細かい音の重なりがよくわかって面白い。

上の写真と同じ日だったか、
8272.jpg
久しぶりに来たこのお店。
お客さんいたけれど私たちと入れ替わりに出ていった。
でもまたすぐ二組入ってきて。
席がうまっても騒々しくないところがいいですね。
一時期納豆とか別路線を探ってもいたけれど
8274.jpg
またこれたのんじゃった。
お皿の色といい感じですね。
チーズはスプーンでかけ放題だけどもういい歳なんだから調子に乗っちゃあいけません。
他にサラダがほっといてもついてきて、おいしいスープは110円でつけられる。

後ろで、懐かしい・・と言う声が聞こえた。
私たちより後から来たのに先に出て行った夫婦らしき二人は会計時お店の人と何か話しているのが聞こえてくる。
35年です・・
どうもその人はここが開店した35年前当時高校生でここによくきたようだ。
駅前だもんね。
私も高校は同郷の大多数と同じくこの駅利用になると思っていたけれど少数派な反対方面へ行くことになった。
その高校時代につぶれておかしくなって今に至る。
こっちへきてたらどうなっていたかなぁ・・
同じであったかな。もっと悲惨だったかもな。
なんであれ、長い年月が過ぎた。
あの人はきっとも子供も成人してるんだろうな。
8277.jpg
よかったらと、ショウガ茶と紅茶のゼリーが出てきた。
なんか書いてあ・・
8316.jpg
そうか、じゃあがんばろうか。

お会計時にお店のお母さんにから
何時もこれたべてますよねー
それだけのことだけど、なんかうれしいのね。
あれ、俺なんかのこと覚えてくれてるの?
何十年も人間拒否症の閉鎖空間で生きてくるとさ。

Tag:ラフマニノフ  Trackback:0 comment:6 

プロフィール

unagi

Author:unagi
食べて聴いて吹いてみる。

ランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター
.

PVアクセスランキング にほんブログ村