人生は思い込みでチューブ

あの店に行くなら連休中にしようと思っているところがあった。
どこも劇混みなはずなのに
7414.jpg
さっぱりとしたこの静けさ。
いたお客さんは1人だけだった。
いつ来ても空いていてありがたい。
7416.jpg
料理がまずいとか、ボッタくりとかそんなことは全然ない。
美味しいし良心的な価格、接客にも何の不満ものない。
謎のガラガラ感・・
でも通りがかりに除くといつも窓からお客さんの姿は見える。
ちょうどいいくらい固定客をつかんでるのかな。

BGMは相変わらずショパンの名曲集みたいなのがループして・・
あ?でも盤が変わったのかな?

https://www.youtube.com/watch?v=SvcSjzXcvqw
これは流れてなかったけど。
一人異国異文化の中へ出てって勝負しようとしたショパンにとっても故郷の音楽は血や肉みたいなもんなんでしょう。マズルカはワルツよりずっと多いですよね。
でも私はなぜかあんまり魅かれることなくいまだに全曲をちゃんと聴いてない。マズルカとは何なのか、ワルツとどう違うのか・・どこかで読んだ知識棒読みじゃなく自分で感じること・・はなんとなくあるけれど聴き数が少なすぎてちゃんと説明できない。
別にそれは落ち度でも何でもないから恥ずかしいような書きようでなくてもいいんだと思うけど、何書いててもこんなこと書いちゃったら・・とか思うのも病気だな。
7536.jpg
聴き手はボーっとしてたって成り立ついい加減な立場だけど、弾く人にはそことても大事なんでしょ?
クラシック音楽を興味を持って聴くようになったのは実際中学二年生だったのだけど中二病みたいなので俺がショパンなんか聴いたらおかしいと思ってたのでCDを買ってみるのは少し遅れた。
これはとっかかりに買ったいろいろ詰め込まれたお楽しみ弁当みたいな一枚の中にあった。
10代の頃に聴いた音楽って理由に関係なく頭に焼き付いて一生頭の中で鳴り続けるのね。
途中聴かなかったからか久しぶりに聴くと、あの頃に見た光景がふと脳裏に浮かんだりする。
戻りたいなんて間違っても思わないけれど、大きな時間が過ぎ去たんだなぁという気はする。
同時に残り時間も意識するようになってきたなにかこう・・
接着剤とかムヒとかが入っているチューブ。
中身が半分以上なくなっちゃって後ろの方はもうペッちゃんこになっているチューブみたいな感じ・・
でもまだ残ってるよ。
残ってるのに捨てちゃわないようにしないと。

チューブといえばシーズン・イン・ザ・サンが流行った年、テレビでやったのをテープに録って聞いてたような記憶が少しだけある。
私は中学一年でまだクラシック音楽は知らなかった。
思い出すと笑っちゃうのは聞きながら自分にもこんな未来があるのかなと思っていたような気がすること・・
笑っちゃうと書かずにいられないのは幼い自分が微笑ましいから・・ではなく、他人から笑われることへの防御みたいなものでしょう。
そのころもう自分がそんなのを好んで聴いてると人にばれたら笑われると思い隠そうとしていたような記憶もあったり。
もう少しするとクラシック音楽を知り目覚めたのだけど、ほぼ同時になぜかいいことが続き自分に自信を持ち世の中も自分も自分の未来もみんな明るく見えた時期があった。
今まで自分は周りから蔑まれていると思っていたのはみんな勘違いだったんだ、俺は卑屈になる必要はないんだ!そう思ったの日のことを覚えている。
革命的に自分が変わるのを感じ、明るい未来に希望を持った。
明るい笑顔が笑顔を呼びどんどん好転させていくような人を時々見かける。
僅かだし勘違いだったかもしれないけれどあの経験からそういう人がどんな心境なのか、何が起こっているのかわかる気がする。
短いけれど間違いなくあったそれが崩れだしたのは突然で、止める方法もつかまる所も見つけられないまま短時間で私は人ではなくゴキブリか排水口のぬめりになった。
今は自分を人間だと思っているし人でなしと言われればお前がだろと思うだろうけど、30年たっても明るいあそこは遠く戻れない他人事のまま。
7418.jpg
ちょっと旧式なエアコンがフル稼働していた。
入ったときは涼しかったけれど飯を食って血が回ると暑い・・このエアコン、灯台下暗しみたいに近くには風が来ないので暑い・・
多分ここ出来てから一度も壁紙張り替えたりペンキ塗ったりとかしていないと思う。
きれいに掃除はされて不快感はないけれど、こうして部分に注目するとなかなかくたびれてはいる・・
暑い時
7417.jpg
ランチについてくる冷たい紅茶がありがたいね。
お盆期間はランチがありませんみたいなことは書いてないし、
そんなこと言ったってしょうがないような、知っている人だけが定期的に通ってくるお店なんでしょうね。
7419.jpg
一人で食べてたお客さんは営業かな・・そういう人が通う定食屋的な側面も持っているんでしょうね。
若干くたびれているように見えなくもない黒いレースのカーテンが外の殺人的な日差しを和らげてくれる。
遠くの方ほど波打ってって、こっちは冷風がきてますよーエアコンの近くに座ったあなたはハズレーって。
人がいないと安心できるのなんて・・まあいいや、今度はあっちへ座ろう。

Tag:ショパン  Trackback:0 comment:4 

美味しいお茶と内緒な人

先日、帯状疱疹か?と書いてご心配をおかけいたしましてすみません。
体に何かあるのは間違いないのですが収束に向かっています。
いろんな方にコメントをいただいて人のありがたさを感じました。
どうもありがとうございました。

この日1人時間があった。
そうだ、フルーツティーのあるあそこへ行こう。
なんでか嫁さんはそこへ行きたがらないので行くならいまだ。
今日はマスター1人。
私の直前に入った男女はカウンターに陣取りでっかい声で常連感を・・
注文を取りに来てくれたマスター、慣れない人には寡黙というか妙にシャキッとした対応なんですね。
ぶっきらぼうとは違うのはわかる。わかるのにそれをそれをどうこう思い始めるのはHSPだけどもういい加減にしようよ。
しばらくするとちっちゃな炎が運ばれてきて・・
7271.png
空になると焦げ付くのでその時はここへ下ろしてください、もう飲めます。
もう飲めますというのは時間とともに何かが変化していくという事を示しているわけでしょう?
何だか楽しみ。
シフォンケーキ余計だったかなと思いつつおいしいのですぐ食っちゃった。
何だかわかんないけれどいろんなフルーツがいっぱい。
まだ飲んでないけれど甘酸っぱいようないい香りが漂って・・
7266.png
小さな炎、いいですよね。
視覚的にもささくれた心にもなんか効きそうですね。

外車が入ってきたなと思うとまたでっかい声の常連氏が登場して声の主役が入れ替わる。
さっきまでの大将は遠慮して沈黙してるのか。
気持ちが浮ついていたので会話の内容が耳に入ってきてしまうけれど・・
あんまり書いたらまずいか。
別にまずくもないのか、これを読んでどの店に誰が来て何を話したかまでを特定する人なんかいる訳ない。
7267.png
リアルで顔を合わせる人にブログをやってますなんて言わないんだけれど時々何気ない会話から、
ぇ!・・・ブログ読まれてる?
なんて思う事がある。
そんなのは勘違いというか被害妄想でしかないはずで、そもそも相手は私に興味なんかあるわけがない。
なのにしばらくものすごく心が重かったり。
読まれるわけがないのに読まれることを考慮して書いたり、読まれることを恐れ書くことをやめたりすることも多い。
私は、何を恐れているのか・・
みられると困るような内容は全然関係ない人が読んでも不快になるような内容かもしれないのでちょうどいいのか。

実はこの週末に私にとってそこそこの出来事があった。
色々感じること考えること驚いたことがあり記事がいくつか書けるような・・でも上記の理由から書けないと思ってる。
知っている人は誰もこんなところ読まないのにね.

その時、自分がいかに閉鎖的な狭い世界の中で時間を無駄にしてきているかを感じて・・・こういうの書いちゃうから関係する人に見られたくなくなっちゃうのかな。感じることを素直に書くと人に見せられないというか。
ということは私は人に見せられないような人間なのか?
なんでこんななのか。
それとは別に自分の一方的な考えや主張は誰かに対して失礼に当たることがあるしね。

書かないのは対外的なことだけでなく考えれば考えるほど自己否定につながってしまうからさらっと忘れた方がいいよと、自分が自分に行ってるような気もする。
なんかそんなのばっかだな。
大丈夫、いつかもうちょっと違う感じの自分になる予定。
長微速ながらそこを目指しているはず・・
7268.png
半分くらい飲んだところ。
メロンが入ってますよね。イチゴと・・なんかわかんないベリーとオレンジとリンゴと・・もっと色々入ってると思う。
この甘みはフルーツから出たものかな・・どんどん深くなっていく気がする。
暖かいお茶を飲むとホッと息が出てくる。
もしかするとこの息を楽器に入れるといい音がするかもしれない。
あほか。


https://www.youtube.com/watch?v=NONg06Pf0v8
この日、これが頭の中を流れていた。
流れているんだけどテンポや強弱は自分が支配して・・つまり弾いてる妄想を・・
10代のころに聴いたこの曲は何だか地味だなくらいにしか思わなかったこの曲も、今聴くと何だかいいよねぇ。
情熱的な中間部の後にまた地味に語りだすのかと思ったら、
1255.png
この分三和音になって加速していく感じ、酔っぱらって気障な感じで人生なんて芝居みたいなんよとか言いながら踊りだしちゃう人みたいだ。
俺は酒がダメだし、人と深く語るというのはもう一生遭遇しないとはないけど。
7269.png
このフルーツは食べずに置いとくものなのかもしれないけれど、ケーキのフォークがあったのでいくつか食ってみた。
イチゴとか・・何かわかんないけど何かは結構おいしかったよ・・・
大量のリンゴは味が抜けちゃった印象だった。
おいしかったよ。
飲み始めた時にはこんなにたくさんあって飲みきれるのか?どんだけ時間がかかるのか・・なんて思ったけれど、終わるころにはあっという間だったなぁとか思っているというマーラーの交響曲みたいなお茶だった。
時間を気にせずゆっくり考え事をしたいときにはこれがいいかも。
この日は気持ちがふらふらしていてちょっと落ち着かなかった。
一人本当に休みたい日があったら、ここに来てみようか・・
支払い時のマスターの対応で、ああ俺は別に嫌な客だと思われてたわけじゃないんだなと・・そんなの当たり前なんだけど、そんななの今。
7287.png
前回来たときは若干つれない感じだったけど、今日は愛想よく相手をしてくれた。
ありがとう。
人として腐ってしまわなければ、また来ることができるはず。
また来るね。

Tag:ショパン  Trackback:0 comment:4 

馬鹿とピアノ

7261.png
仕事の都合で急に時間が取れ、楽器の練習がしたいと思った。
いつもの練習場もいいけどたまには違うところにいってみようよ。
いつか見かけた音楽教室はピアノも置いてある部屋を貸してくれるんじゃなかったっけ?
電話を入れると空いているようなので行ってみた。
入るとオシャレなカフェみたいな空間の奥に受付。
案内してくれたのは受付のすぐ前の小部屋。
失敗した!
何時も通っているところは防音でしかも他からか離れた位置にあるため中でどんなにあほな音を出していても誰にも聞こえない安心感がある。
ここは薄皮一枚みたいな軽いドアしかなく、全部駄々洩れだ・・
7262.png
そもそもそんなことが気になるような人間は楽器とか音楽とかをやる資質も適性もないのかもしれない。
だけどそんな俺が俺なんだから仕方がない。
負けてちゃいけない・・ロングトーンしよう。
始めると外で紙をめくるような微妙な音が聞こえ・・お前の恥さらしな音はみんな外へ聞こえてるんだと自分の頭が繰り返す。
そこを何とか押しのけしばらく続けていると、うるせーほっとけよくらいな気になっては来る。
せっかくだからピアノも弾いてこうよ。
幼いころから自分から最も遠いところにあるものだと思い込んでいたピアノ。
今ならわかるけれどもし奇跡的にピアノを習いに行ったりしたら、すぐにつぶれてピアノどころか音楽全体を遠ざけていただろう。
アルバイトをして買った64鍵のシンセサイザーを経て、電子ピアノを買ったりしたけれど結局自己満足の見よう見まねで終わってしまったのか・・
まともに弾ける曲があまりにも少ないので自分に弾ける曲を自分で作った。
それももう暫く何にも弾いてないのでつっかえつっかえ・・・いちいち外の気配を気にしながら。
よせばいいのに音楽をやっている人の中へ入っていったところ元々コンプレックスの塊の私はさらに委縮してしまい、人前で音を出したりピアノに触れていい人間ではないという事に自分の中でなってしまっているようだ。
やってると楽しくなってき・・・こんどは何人かの笑い声が聞こえる。
当たり前だけど俺を笑っているわけじゃない。
無視して弾き続け・・
またでっかい声が聞こえ・・
30分くらいは弾いたのか・・中途半端なところでやめ。


https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=nqEk73LvnzQ
昔この曲が大好きで自分で弾こうとした。
でも途中で断念。
弾けたと思ってる部分も弾けちゃいないんだろう。
そんなのばっかりだ。
そんなことよりこの曲の素晴らしいところは、
1人部屋の中で夢を語っているような中間部を経て冷たい雨の降るような現実に引き戻されてからの歌。
7286.png
未来に向け何か強い決意を表明して終わっていく・・


またロングトーンに戻ると、さっきつかんだと思ったものはもう消えてなくなって最初よりひどい状態が固着していた。
やってることが的外れなんだろう。
煮え切らない感じではあるけれど、手には鍵盤の感触が残った。
久しぶりにグランドピアノを弾いたことは事実。
それでいいか。
次はレッスンが入ってると言われていたので少し早めにしまって出ると、自分が子供みたいな若いお母さんが小さな子を連れてやってきた。あの子がレッスンを受ける子なのかな?
二人ともいい笑顔。きっと素敵な人生が待っているんだろうね。

音楽を聴くことは、片思いみたいなもんで好きだと言ったもん勝ちだ。
だけど音楽をやるという事はちがう。ここはお前なんかが来るところじゃないと締め出されているような気もし・・うるせー馬鹿。
次の日の朝。
7272.png
家で一人へんてこりんな音を出している間、この人がそばに来て寝そべっててくれる。何にも言ってくれない代わりに、もうよしなさいとか言わない。
7273.png
梅雨なのに空がこんなに青かった。
いつか、こんな心になってから死にたい。

Tag:ショパン  Trackback:0 comment:4 

甘いもので機嫌なおして

7130.png
牛がいる・・え?いる?
遠すぎて見えないね。
見えるところには人が沢山いるので行かない。
7131.png
馬と・・
富士山は近づきすぎるとこんな風に見えるのね。
7132.png
今日もなんか相手にしてくれそうな・・
先日の優しい彼じゃないね。
白髪交じり?なこの人は
7133.png
おい、そこの草採ってくれっていってんだよわかってるんだろ?
近場のはみんな食っちまって届かねーんだよ・・・
言葉がなくても結構リアルな会話ってできるのね。
採ってあげたいけど牧場の人に怒られそうだし・・
7134.png
おまえらあほか・・
って感じで。
7135.png
あの彼はいなかった。
調教してるのかな?すぐそばでは2頭の馬がぐるぐる回って・・
時々雄叫びみたいなのを挙げて・・
よくわかんないけど、なんか頑張ってるんだろうね。
遠くではカッコウが鳴いてる。

ベートーヴェンの田園の2楽章でカッコウが鳴いているのが有名。
1249.png
クラリネットが3度で鳴いているんだけど、実際のカッコウはああじゃない。
1250.png
マーラーのカッコウは4度でこちらのが近いけれどそもそもリアルを狙っていくものでもないか。
ドイツのカッコウは3度で鳴いてたら笑うな。
外から聴こえてくる鳥の鳴き声に鳴いてるんじゃなくて歌ってるんだろう?と思う事がある。


https://www.youtube.com/watch?v=pSK-toQ1Y7Y
昔買ったこのCDは聴いていると時々遠くで鳥が鳴いているのが聴こえてくる。
防音のスタジオじゃなく窓から緑の光が差すみたいなところで気持ちよく録りましたという話で、狙いで演出だよなんて言っちゃあいけないんでしょう。
巨大ホールにも耐えうる音楽だけど、こんなところで一人か二人のために響くこの曲というのもいいですね。
7136.png
ここもお気に入り。
牛がいれば絵になりそうだけど。
牧草を捕るだけで、牛を離したりはしないんだと思う。
7137.png
いい気分でこの写真を撮ろうとしているとき、
でっかいカメラを持った人間がじゃまだからどけと叫んできた。
はぁ?
写真撮るのに邪魔らしいのは察しがつくけれど、2分くらい待ってくれよと答えると今すぐどけだか何だか叫んでいる。
なんだあれ?
この先やり取りをしてもまっとうな結果につながる可能性はほとんどないだろう。
写真を撮って車に乗にのり走りだすと結構なスピードで列をなして走ってくるクラシックカーみたいなのの一段とすれ違った。何をやっているのかは知らないがあれを撮りたかったんだろう。
そういうことだったのかぁわるかったなぁ・・なんて思うわけない。
こういう時ブログがあるとちょっと助かる。
気分悪くても、ブログネタにしよ・・とか。

しばらく下って、農家が敷地内にだしている小さなお店。
7138.png
閉店まじかでお客さんはおばさんが一人。
よくある店員がもうすぐ閉店ですよというのを鳥みたいに連呼するふざけた感じもない。
7139.png
なんだっけ・・ベリーが3種類だっけ?
美味しいものを食ったら機嫌が直る。
もうひとつ、若い店員さんが笑顔で普通に対応してくれた。
昔からの積み重ねで人に邪険に扱われたという事への過剰反応を持ってる変態だから、逆に普通に対応してもらうとそれだけでうれしく幸せなの。
7140.png
無料のお茶が冷えてて。
このなんとかベリーというのはかき氷のイチゴシロップから甘さを抜いたみたいな味だった。言い方がおかしいけど飲みやすくおいしかった。
7141.png
野菜。
7142.png
これ買ったりして。
7143.png
ここにも看板犬。
全開で吠えても音量がppくらいなのね・・
一生懸命しっぽ振ってアピール。
看板犬の仕事をがんばってた。
ありがとう。
楽しい気持ちで帰りましょう。

Tag:ショパン  Trackback:0 comment:6 

異次元的な店

子供の頃、まだバイパスもなく近くの狭い国道には昼夜問わずトラックが数珠つなぎになって走っていた。違うか夜にだったかな?
映画のトラック野郎が流行ったのはもっと前だったと思うけれど、お祭りみたいに光ったトラックや運転席が床の間みたいになったトラックを見たような記憶が。見たんじゃなくて探したのかな・・・そういうのが好きで憧れてたんだろう。
そして国道沿いにはトラック向けの飯屋がたくさんあったような記憶があります。
もう、ここにあったよなぁという跡や記憶すらなくなってしまった。
峠越えの道にはその残骸が廃墟になって・・・と思ってたら一軒が今も営業中な事に気付いた。
なんだ行ってみよう。
しょっちゅうその前を通ってたんだけどなぜか気に留まらなかった。
7063.png
初めて入る店の前の駐車場は未舗装だけどでかい。
でっかいのがたくさん入っても全然余裕。
嫁さんには行ってみる?と一応聞いて・・嫌だと言われて終わりというのも想定したけど大丈夫らしい。
7064.png
この看板犬は小屋の中で迷惑そうな顔をしており最後まで出てきてくれなかった。
戸を開けようとすると、あれ開かない?
反対側は?・・あ開いた。
7065.png
入った瞬間その世界観に包み込まれる。
結構なお客さん。えーっと・・・
いきなり異次元感が漂っているけれどよくある排他的な雰囲気では全然なくて、誰も何にも言わないけど自分はここにいてもいいんだなとなんとなく感じる。
いかにもトラックの運転手さんという人たち。
見入っているのはテレビ番組じゃなく、やくざ映画だ。
適当に空いてる席に座る。
7066.png
なんかちょっと昔の海の家みたいだな。
昭和・・とかそんなもんももう超えてると思う。
もう壁紙がはがれてるくらい何でもないことだ。
そういえば、タバコ吸う人がいなかったな・・なんでだろう?
7067.png
見渡してもトイレへの扉らしき物は見つからない。ああ外かなと思いつつ厨房を覗いてでっかい声で
トイレありますか?
目があった大将はプロレスラーみたいだ。
トイレ外なんですけね、山に向かってやってもらっていいですから・・
とか言い出すので笑っちゃった。
7068.png
あそこがトイレだけど詳細は文字化しないほうがいいと思う。
山には向かわなかったけど、あれは冗談で言ってるんじゃないと思う。

もどってくると、
7069.png
嫁さんのチキンカツが来ていた。
やっぱりでっかいね。
先に書いちゃうとここはでかいとか多いというのも特徴だけどそれだけじゃない。
美味い。
こういうでかいチキンカツって衣がとげとげして肉はパサ・・みたいなことも多い。
でもこれしっとりして柔らかですごく旨かったよ。
7070.png
わたしのはテキニンニクという名の定食。
7071.png
テキっていうから焼いてあるのかと思ったけどこれは煮豚じゃないかな・・
柔らかくてうまいのこれ。
衣がない分とんかつに比べて健康的だったりしないかな。こういうの食いたいんだけど以外にないもんね。
写真だとわかりづらいけれどオプションとかじゃなく自動的についてくる豚汁は具もやたらに多く量も多い。
なんかすごい。
今見ると野菜が少なめなのはみんな食わないからかな?
美味しいので自分一人なら食えない量じゃないんだけれど、
嫁さんのご飯が回ってくるのでなかなかきつい。
汗をかきながら最後は必至で・・
その間ずっとでっかい音量でやくざ映画のセリフが響いていた。
7099.png
日の当たる観葉植物は育ちすぎて窓や天井にぶつかって暴れてる。
メニューには刺身関係が結構あって、後から入ってきた人にはすごいのが出てた。
行けばわかる大きな特徴はあえて書かない。
会計しながら6時まで・・とか言ってるのが聞こえる。
食べるだけじゃなく、ここで長時間仮眠をとっていくみたいだ。


https://www.youtube.com/watch?v=v1CXY5NHvms
こんなの流したら怒られるかな?

7072.png
ここへくる人はみんなすごく遠くからくる人なんでしょう。
でもここを通る時は必ず寄るんだろう。
自分の家みたいに知らなきゃ絶対にわからないようなところから・・
あんまり書くといけないかな。

子供のころからトラック野郎という言葉は知っていたけれど実際映画を見たのずっと後になってからだった。思ってたのとちょっと違うイメージで笑った。もうみんな死んじゃったよね。
昔いた会社はトラックも持っているようなところだったけれど、自分のお金で少しずつついろんなものをつけてデコトラ化していくやつがいたのを思い出す。
もしかすると今は世の中的にそういう車は出入り禁止みたいな話もあるのかもしれません。まあそりゃそうだろう。
でもあいつものすごく車を大事にしてその勢いで仕事も頑張ってるようだったしあれはあれで悪いものには見えなかったなぁ。
7073.png
店から出るといきなりこの景色。
そういえば昔夜逃げした日この前の道も通った。
夜中の3時くらいだったかすぐ前にこんなでかいトレーラーが走っていて、カーブで後ろのタイヤが歩道の縁石をへっちゃらで踏みつけていくのを見てた。

重機運ぶのかな?
でっかいクレーンのクローラ片側のみ・・それでもはみ出しちゃってるよみたいなのとか、ああいうのすげーな。

食い過ぎたので近くの公園でもあるこうかと思ったけれど、嫁さんが食ったばかりで歩けないとか言い出す。
あてもなく車を走らせなんとなくたどり着いた堤防ぞいに車を停めほっつき歩く。
7074.png
電車の車庫みたいなとこ。ヘッドマークに手書きの令和。
ちょっと消えかかってて笑う。
なんだあれ、あれで走ったのかな?
調べたらあれ水族館のアシカが書いたんだそうだ。
それも面白いけれど何も知らずになんだあれ?とか言ってる方が面白かったかな。
知らないままの方がいいことっていうのも結構あると思う。
そういうの大事にした方がいいと思うけど、そんなのも知らないの?みたいなのが必ず出てきたりして。

嫁さんがあのお店にはもう二度といかないと言うのはまあそうだろう、むしろよく行ってくれたなと思う。
一人の時にまた行こう。
うちから近いこんなところにこんな店があったことになんで気づかなかったんだろう。なんでって気にしなかったからだけど。
単なる昭和な定食屋さんでは全然ない、異次元的な店だった。

Tag:ショパン  Trackback:0 comment:5 

未来とは生き続けることだ

またここへ行った。
6992.png
さすがに今日は人がたくさんいる。
けど連休の一般観光地とは一線を画していいねここ。
ポルトガル語が結構聞こえるのは場所柄か。
6993.png
うちの近くの海は石ころの転がる黒灰色の砂利浜なので、夕日が当たると金色に光る砂がサーなんて飛んでいくこの光景は何度見ても印象的。
6994.png
嫁さんがなんか言ってるので見ると
あ・・
6997.png
ちっちゃなカメさんが・・
あっ、生きてる。
どうしてここにいるの?
なんでひとりなの?
何も答えてくれないけれど、生きていることだけは間違いない。
手足を引っ込め歩くでもなくじっと砂に打たれて・・
こんなの本意じゃないでしょう?
6996.png
どんな理由があろうと、自然のものに手を出すのは間違いかもしれない。
けどすぐそばで暴れている小さな子供に見つかったらとか鳥が食っちまうぞとか・・
6998.png
海に帰った方がいいんじゃ・・
好意のつもりの無神経な言葉や干渉が人を潰していることがよくあると思う。
そのことに気づかず自分こそが真の理解者であると考え潰した犯人を探そうとしていたり・・実際見かけた。
誰かが心配になったらまずは自分を疑うべきなのか。
6999.png
元気で・・
がんばって・・

7000.png
あれ流されて戻ってきちゃった・・
ほんとは淡水の池とかに住む亀だったらどうしよう・・
そんなもんここにいるわけないか。
ウミガメの子が今の時期こんなところに一人ぽつんといるのもおかしいのか?
君は誰で今どうしたいの?
そもそも大きなお世話なのか。

https://www.youtube.com/watch?v=m5qeuVOIbHk
音楽聴き始めの頃に誰かが貸してくれたCDの中にあったこれはいかにもショパンという感じがして何度も聴いたような記憶があります。ありますというか記憶があったという記憶がある程度にもう忘れかけているけれど。
いろんな曲を知ったいまは、またちょっと違う印象を持っている。
遺作という言葉を覚えたのはこれでだったと思う。姉に贈られ自作の協奏曲や歌曲からの引用がある。はいいけどコンチェルトを弾く予定の姉が練習するために書かれたなんて書いてあるのを見るとそれは短絡的すぎるんじゃないかと思わないでもない。
個人間の手紙みたいなもので本来消えてしまうはずだったのかもしれないこの曲は気に入った複数の人の写譜で残ったらしい。
きっと姉さんいつも弾いてたんだろうね。

ショパンに限らず、みんな華やかで聴き映えがして客受けのする自作をひっさげ旅芸人みたいに各地を回って名を上げようとしたんでしょうね。ショパンの協奏曲は多分そういう目的があって書かれており、だからあんななんだろう。
わかりやすくどこ行っても大人気な曲を書いて大成功した人はそれだけだと死ねばすぐに忘れ去られた。
名を上げるにはいいけど名を遺すならそこじゃないんだろうね。
希望を持った若い作曲家の記録に文句を言う気はさらさらない。
みんな若い時があって、未来を感じながら進んでいったのね。

砂浜の子亀といえば孵化したとたんにカモメに食われちゃって海へ入れるのは・・という映像が動物番組の定番で子供の頃よく見たような記憶が。強いというか優れたものが残ってゆく第1選別だ。
俺自体はまだ死んじまってないけれど子がないことは事実上淘汰されたのと
うるせー。

楽器のレッスンに行った。
今回は泣き言を書く必要がない。
といって自分でよかったようなことを書いたら間抜けだし、調子に乗るとまたひっくり返されちゃいそうな気がする。
でもうれしかった。
また頑張ろうと思った。
まだ生きてるよ。
まだ生きてくよ。

7001.jpg
しばらくすると子亀の姿は見えなくなった。
できれば、でっかく育って何十年も楽しく生きてほしいなぁ。

Tag:ショパン  Trackback:0 comment:13 

勘違い?速過ぎ?とどんだけ考えても時間の無駄。

雨の朝、玄関を開けると門に何かかかかっている。
スーパーの袋にキャベツが入っているように見え、時々野菜をくれる近所の人が置いて行ってくれたのかな?くらいでやりかけの何かをしているうちに忘れてしまった。
しばらくして嫁さんが困惑したような表情であれ・・どうする?という。
どうって、食えばいいんじゃないの?
・・・・あ、
考えてみると近所の畑でキャベツなんか作ってないし何時もあんなところに置いてかないしずっと留守にもしてない。
雨が降ってるのにあんなところに置かれ水浸しになってるあのキャベツ映像は考えてみると異常だ・・
少し前にはすぐそばで奇行が続いたことも思い出し、急に不安になる。
なんだよこれ・・

天気も悪いので出かけないつもりだったのにどっかいく?と言ってしまい引っ込みもつかないので気になっていたパスタ屋に行ってみた。
通りから見える看板を目印に曲がったはいいけど店への入り口がないどころかそこは都市計画道路予定地で道ですらなかった。なんだよこれ・・全然違うところから細い道に入り裏だと思った方からたどり着く。
ドアを開けるといきなり厳しい表情でにらまれたような記憶があるけれど入ったんだからどうぞくらい言われたんだろう。
二人ですというと軍隊調の命令形とまではいわないけれど
では二人席へ・・
奥さん極端にサバっとしてますね。
6970.png
ガラスを開ければテラス席というところだろう。明るくて非常にいい感じ。
窓の外には・・ワインの店って書いてあったからこれはきっと葡萄じゃないかな?
山梨へ行ったらホームセンターで葡萄の苗を売ってたのを見て嫁さんとうちにも植えようか?なんて盛り上がったけれど実際こんな感じで育ってるのを見ていらた本気でやりたくなってきた。
でも場所がな・・今ある樹のうちどれかを・・考えてみると今庭にある樹は私が植えたものじゃない。
それを動かしちゃいけないという強い思い込みは私が私以外の支配にいまだ縛られていることの象徴のような気もする。
でも生きてるもんだし長年一緒にいると家族みたいになっちゃってるから切っちまうなんてできないよなぁ・・
サバっとした人なら即刻実行できるんだろうけど。
6971.png
ランチタイムはみんな前菜とデザートと飲み物が付くセットになるようだ。
ジャガイモの何かは暖かくておいしかった。
そしてサラダ・・
6973.png
あーこの水滴がついたような葉っぱテレビで見たななんていうんだっけ・・
これなんて言うんですか?と聞いてみると
ものすごくサバっとというかバサッと低い声で
アイスプラント・・
あそこにあります・・・・奥さんドイツの軍人みたいですね。
悪気はなく性格なのはわかるけれどそこから会話が発展する可能性は微塵もおいてかない。
あーあれ・・なんて一応答えたけどもうHSPも出てこない。
6974.png
あの奥のがアイスプラントらしいけどもうどうでもいいや。
6976.png
エビのミートソース。
男には少なめの量だけど前菜とサラダもあるしゆっくり食べれば・・
6975.png
パスタがなくなるとすかさずパンが出てくる。
残ったソースをこれで食べてくださいとのこと
カウンター越しに監視しているというわけでもないんだろうけど、まあそんな位置関係なのであちらへ視線を持ってけない。
フォークを置いた瞬間にお皿を取りに来るというのはなかなか気が利いてるくらいに思っていたけれど、嫁さんに言わせればせかされてるみたい・・そういえばそうだね。
6977.png
嫁さんがなにか言ってるので見ると砂糖のスプーンにはソウル五輪のシンボルマークが・・でもこれをネタに話しかけたりしたら今度は逮捕されるんじゃないか。
6978.png
アイスも出てきて・・
雰囲気も悪くないし料理はおいしいしとてもいいお店・・・
と思っていたら夫婦でちっちゃい声でなんか言ってるのが耳に入る。
三時までだって言えよ。いわなきゃわかんねーぞ・・

え?
またしても他に誰もいない。早くでてっけってこと?
まだ2時半じゃないの?
軍隊式だから即刻退場しろってこと?
そういえば、私たちの直前に入ったカップルはものすごい速さで食べ終わって出ていった。
軍曹・・じゃなかった奥さんがテンポよくいろいろ持ってくるのと噛み合ってスムーズに終了。ああじゃなくちゃいけないのかな?
立ち食い蕎麦屋みたいだな。
勘違いかもしれないけど、勘違いでも間違えでも感じた印象で気分は作られ行動を促していく。
昔からの極端な地獄耳は聞かなくていいものばかり拾うし存在してない声まで聞いているのかもしれず、ないほうがましな気もする。


https://www.youtube.com/watch?v=GQ-NAgDpRVs
リヒテルのこの動画有名なのかもしれないけれど・・
私がクラシックが好きと知っているある人が送ってきてくれたことがあった。
練習曲だし技術を見せつけるならこれでいいんだろうけど、曲を聴こうと思ったらこんなの速すぎで正直なんだこれ?なんて思った・・返事を打つ前に別な話が割り込んできたのでそれきり・・いろんな意味でそれっきり。
逃げた楽団に正式に辞める旨を伝えられたはいいけれど、突然逃げたみたいになっちゃってるから動画をくれた人を含め在籍中好意にしてもらった人から借りたものを返さないままになってしまっている。
子供じゃないんだから会いたくないとか言ってないで借りたものは返さなくちゃならないのはわかるというか当たり前だ・・けど
6968.png
庭に朝顔の芽が出てた。
今年も11月頃まで咲いてくれるかな?

変な書きようになってるけど多分あの店はいいお店。
きっと常連さんも多いんでしょう。
私もきっとしばらくすればみんな忘れてまた行こうとすると思う。

あんなに強くここにいられないなんて思って逃げたものも時間がたつと忘れてあのまま続けていればなんて考えるんだよね。
でもそれ寂しさが勘違いさせてるだけだから。

でキャベツは何だったんだろう?

Tag:ショパン  Trackback:0 comment:6 

花のみち、自分の道

朝起きるとうぐいすが鳴いていた。
丸っこくて艶のあるかわいい声。
時々開始の音程を変えてくるのは歌っているんだろうか?
3009.png
桃の花と富士山。
のどかないい天気。
私にはわからないけれど花粉もすごいらしい。
桃花粉でも鼻水が出たりするのかな?
3010.png
桃畑の中を行く。
まだ少し早いのかな。
でもこの日すごく温かかったからこの数時間後、日没の頃にはあたりが桃色に染まり始めてた。
とまっているようでどんどん花が開いてたんでしょうね。


https://www.youtube.com/watch?v=q9umBE2Gn7Q
この時ちょうどこの曲を聴きたいところだった。
こんなに聴く喜びにあふれた音楽が他にあるだろうか・・
いやもちろんあるんだけど今はいいじゃない。
もしこの曲を弾けたら死んでもいいと思う。
絶対弾けるわけないからそんなことが言えるわけでやっぱり死にたくなんかないですよ。
花もきれいだしさ。
いいことあるよね。

1243.png
この2重トリルなんか花がいっぱい湧き出てきたみたいに聴こえますよ。

3011.png
桃と青ってのもいいよねえ。
富士山が小さく顔をのぞかせてるのがいいよね。

3012.png
結構花開いてるのか。

3013.png
いいね、桃とふみきり。

3014.png
小さな用水路が線路をくぐる暗渠はレンガ積み。
100年以上前からあるものですよこれ。
変に目立ってわかりやすいものをありがたがるのもいいけどよりこういうのにもロマンを感じるよねえ。

3015.png
のびのび育った若者と、

3016.png
英才教育で押さえつけられ矯正され育った優秀な・・

いろんな生き方があるんだろうし、何が正しいかなんか知らないし知らなくていい。
ある人にとっての誰もがうらやむ大正解な人生も、別な人間から見れば陳腐なものだったりすると思う。
世の中全体が馬鹿にしていても豊かな人生というのもあると思う。
別に負け惜しみじゃなくてさぁ。
誰にどう思われるかじゃなくて、自分の人生を自分で生きなくちゃいけないよねえ。

3017.png
桃と富士山。
もういいか。

何か考えると辞めてしまうので何も考えずに飛び込んでみたアマチュア演奏団体では結局散々な結果となり逃げるように終わってしまった。自分はどんなものなのかを知るという意味ではやってみてよかったし、その失敗があるから今やりたくてやっていることがあるとも思う。ただ泥をかけるように逃げた形になっているのが心に引っかかっていた。
先日、その代表というかお世話になった人からメールが来ておどろいた。
復帰しませんか?の文字に心が躍る・・
でもそこに甘えるのは間違えだ。
何があったのかは自分が一番よくわかっているだろう。
もらったのは復帰のチャンスじゃなく、きちんと終わりのあいさつをさせていただくチャンスなんだと考えそうさせてもらった。
とっくに納得していたことを確認しただけなのに、なんでこんなに寂しい気持ちが襲ってくるんだろう?
でも、惑わされちゃいけないと思う。
今日も楽器の練習に行ってきた。
また勘違いかもしれないが、わずかながら進歩をしているのではないかという気持ちで次のレッスンに臨もうとしている。
これでいいじゃない。
誰にも会わない小部屋で一人練習する毎日があるだけ、この先何ができるかという見通しもまったくないけれど、
それを自分が望んだんだから。
そうできているんだから。

返事もなく当然だなと思っていたその人から暖かいメールが来ているのに気づいてまた嬉しかった。
世の中、捨てたもんじゃないと思う。


3018.png
葡萄って、冬は葉を落とすんだね。
上から見ると一本の木を効率よく這わせて最高の収益を得る工夫がよくわかる。
葡萄も大変だ。

何の生産性もない奇形の雑草かもしれないけど大きなお世話だしまあなんだっていいじゃない。
実はならないけど小さく花くらい咲かせられたりして。

Tag:ショパン  Trackback:0 comment:6 

桜パフェ

雨を予感してカエルが鳴いているのが聴こえる。
もうそういう時期か。
2951.png
天気悪いなりに雲の中から顔を見せてくれる富士山。
色々あったみたいで最近Googleマップがおかしく、どっか気持ちのいい喫茶店に行きたかったけれど見つけられないまま街まで降りてしまった。
じゃあいいやあそこに行こう。

2952.png
駐車場へ車を止め、裏口というか裏階段から・・
2953.png
テラス席を横切り・・
なかへ入ると

2954.png
一番眺めのいい席が空いてた。
夜来てもいいだろうなぁこれ。
ごちゃごちゃした模様みたに見える街をようく見てると、ちっちゃく電車が動いてるのが見えたり、目印みたいな目立つ建物が目についたりとなかなか面白い。

2955.png
誰もいないわけじゃなく、
カウンターに常連さんがいて盛り上がっている。いいね。
でっかい音でLINEの着信音がなりまくり。
それがどうした神経質な馬鹿はこないでくださいってなとこでしょうね。

2956.png
メニューを見るとスイーツ関係がすごい数でひしめいていて迷う。
いいねこういうの楽しくて。
薄っぺらいおしゃれ店とは違う実用的な店って感じだなぁ。
もちろん薄っぺらいおしゃれでもいいんだけど。
気取ってんのか砂糖やミルクなんか出さねーよみたいな店もあったけど、普通のスティックシュガーが置いてあった。
ほうじ茶のチーズケーキ。
落ち着いた和の感じのお皿に桜のクッキーがいいじゃない。
ちゃんと桜の葉の塩漬けみたいな味がしたんだよ。

2957.jpg
嫁さんのは桜パフェ。
いいねなんか・・抹茶のポッキーみたいなのを一本もらったりして。
盛り上がった大音量会話は続く。
でも、人の悪口や自慢じゃなく刺がない。花が咲いたとかなんとか・・
人が入れ替わると話題もガラッと変わる。
突然、
今、子供できなくて困ってる人ばっかりなんだよぉー
そんなにできるなんてすごいじゃなーい

あーあ。
でも嫁さんそういうのは大丈夫みたいだ。
今日はその嫁さんの誕生日。


https://www.youtube.com/watch?v=14yIJlgXVlE

ショパンのこの曲、穏やかですごくいい時間を過ごしているような音楽で始まり
ああいいなぁなんて思っていると何の前触れもなく突然荒れ狂う。
え?怒ってる?
こういう人いますよね。
勝手に吠えると自分でおさまりまたいい人に戻ってゆく。
また吠えるんだけど今度はいい人に戻ろうにも戻り切れないのね・・不穏な予感みたいになのに押し切らてまた暴れちゃって・・
2965.png
ねえ?なに怒ってんの?
別におこってないけど!
・・・ごめん今日ダメだから帰る・・
っと勝手に終わっちゃうところがいいですね。

この音楽だったら例えばロンド形式みたいに
平和-荒-平和-関係ないやつが入ってくる-荒-何かさとったように平和
とかやるのが王道なんだろうけどあえてどんな構造形式にも乗らず整合もとらずに言いたいことだけ言って終わっちまうというのをやろうとした意欲作かなんかなんでしょ。
ロマン派初期の若い作曲家の・・って感じでいいですね。

突然怒って帰るとか言い出す人がいますよね。
本人は主役気分だけど周囲はそう思ってないので実際みっともない人位にしか思われない。
他人事みたいに書いているけれど自分がそう思われたこともあったと思う。
ダメだねそういうの。
逆もありますよね。
無神経な口をきいて相手をいら立たせていることに気付かず何怒ってんの?と怒り出す人。
いろんな人がいて、みんなそこをうまくやっているんでしょうね。
私はうまくやれませんしもうやりません。

うちの嫁さんはそういう人じゃなくてほんとによかった。
1人きりだったらこんなお店には絶対来ないだろうし、きても外なんか見ないだろう。
見たとして、周囲の楽しそうな声に押しつぶされ怒ったような顔で会計して帰ったりするんだろうなぁ・・
そんなだったこともあったかも・・
いまそうじゃないんだからいか。

嫁さんの希望するホームセンターにいって買い物してるのを待つ。
昔はホームセンターなんか行くとみてるだけでも楽しかったもんだけど、今じゃい場所もない。
駐車場で空を見上げると
2958.png
こんな空だった。
雲が5本伸びてて戦隊ものみたいだ。
きっといいことがあるでしょう。

Tag:ショパン  Trackback:0 comment:6 

一流な人は自分で私はすごいですなんて言わないんでしょう?

2885.png
今年もボンタンの実がたくさんなりました。
もう採らなくちゃ。
もうすぐ次の花芽も出てくる。そのために油粕を埋めてやり・・剪定もしなくちゃ。
去年は寒さではのほとんどが落ちてしまったけれど今年は全く問題なく冬を越せたようだ。
思えば霜でがちがちになった日なんて何日もなかったし、外水道が凍り付いてでないという日は一日もなかった。
今年は、あったかかったんだなぁ。

謎の・・からお気に入りのに変わったあの店に飯を食いに行こうという事になり田舎な裏道を走っていると
2887.png
野菜の直売所。
嫁さんはこういうのが好きみたいだ。
芋を買ってた。
料金箱のところには貼り紙と警察官のぬいぐるみが。
お金を払わないでもってっちゃうような人が結構いるんでしょうか・・
免許更新に行くとくれるちっちゃな警察官の格好をしたクマのぬいぐるみに警護を託しているところに・・何か悲痛なものが・・
2886.png
同じ場所から富士山。
そう、今年は雪がなかなか厚くつかなかった。
あの雪だってすぐにまた飛んでしまうかもしれない。
2888.png
店内に人影は見えたけど駐車場に車はなく・・
いいねお花がいっぱいだ。

2889.png
今日は富士山も美しく見えて最高の眺め。
休日のお昼時なのに相変わらず空いている。

先客は女性が二人。
普段は遠くで暮らす娘が母のもとへやってきて一緒に食事でもという感じ。
ランチな時間だけど値の張るコース料理が運ばれているように見えた。
他に誰もいないので会話が聴こえてくるんだけれど私的にイレギュラー感がありまくり。
親子なのに
ごはんあまり召し上がってらっしゃらないけど・・
いえ、そんなことありませんよ・・
おっしゃってるの?いらしてるの?
ないじゃないですか・・そうですよ・・と不自然さが全くなく、嫌味も感じさせない。
昔から普段からそうなんだろう。
そんな人たちでも親子の会話ってのはどこでもいっしょなんですね。
内容は他人の話だからあんまり書いたらまずいのか。
他人の悪口を言ったり、自慢や僻みを見せたりというのは一切ないところがやっぱり本物っぽい。そんな必要はどこにもないんだろう。
昔、間違い電話で「奥様わたくしクッキー焼いたんざますのよっ」てのがほんとにかかってきたことがある。
違うと分かると詫びも言わずにガチャっ!と切ったりして。
ざますはともかくなんて言うかこう・・・偽物感が・・

2891.png
豚ロースのお店風・・
ポークソテーは塩味だったっけ・・これはしょうゆベース?
ポークソテーのがいいなぁ。
あっちの二人はどうでもいいような会話がいちいち上品である。
上品というか、なんだろうトゲがないのか・・
いろんな人がいるんだね。

思い出すと、聞いてもいないのに自分の家は代々何百年も前から続いてみたいな話を始めた人がいた。
自分はどんなにすごいかみたいな話を繰り返すのを聞いてすごいですねなんて合わせていると話が続いたりよくしてくれたりする。そのうちどうも無条件で同意、同情、賛美してくれる人を集めて生きているらしいようすも見えてくる。
私もその一員か端くれなのかもしれないけれど、ずっと一人でいるので人にかまってもらうとうれしくなり自分は特別な一人なのだと勘違いちゃうみたいだ。
そのうち場というか関係が確定してくると相手は上から見下すような口を聞くようになり、私が相手に見つけていた別な魅力は疑問に霞むようになる。
疑問をごまかしきれなくなるころにはもっと私を賛美しろ、黙って従っていろ、ひれ伏せ、みたいなのが出てくるので不愉快になって終了。
というのが何度かあった。
何度もある事というのは私に原因があるわけだし、自分で書いたものを自分で読んでみれば私も相手を見下している事がわかる訳でダメじゃんか。
勘違いであったとしても一時はいい時間を過ごさせてくれた事に謝意を伝えたいと思った人もいるけれど、もうお会いする事もない。
なんだこれ・・
元々言いたかったのはそこじゃなくて重要なのは家柄ではなく本人の実際でしょう?という事。


本物感満載な親子はどうももともと都会に住んでいた人らしい。
今なぜここにいるのかも何となくわかったけれど他人のことだからそこまで書いたらいけないんだろう。
ここは景色もいいし、静かだし、料理もおいしいし・・なぜみんなここを知らないのかしら・・
ああそれ、そこは同感。
私もそう思いますよ。

https://www.youtube.com/watch?v=hlzF_jLZOL4
前にもおんなじことを書いたけれど・・別れのワルツと呼ばれることもある曲。
ショパンといえばジョルジュ・サンドという女流作家みたいなのとの恋が有名だけど、その前に互いにひかれあい結婚を真剣に考えた女性がいたらしい。
そうならなかったのは、身分が違うから。
ベートーヴェンもそんなのなかったっけ?
貴族の娘や婦人にピアノ教えてるとそうなっちゃうんでしょうね。
それは彼のその後を縛り続けただろうと思う。
後の聴き手はその辛さが創作のエネルギーを生み出し・・なんて適当なことを言って喜んでりゃいいんだけど、本人は苦しかったろうなぁ・・別な人でごまかしてる間も。
一生懸命取り組んでる人って美しく見えちゃうしね。
作曲家について書かれたものを読んでるとピアノを教えてた相手とできちゃって不倫・・というのがものすごくたくさん出てくる。
死んでしまえば忘れ去られるはずだった何人かの女性はそれで歴史に名を残すこととなった。
作品の中にその名を刻まれた人もいる。
その名は作曲家の手の中で100年たっても200年たっても人の心の中に響き続けるかもしれない。
しかし、ほんとの旦那がいたりしてまじめな人だったとするとちょっと不憫か。
あの世に行っちゃえば関係ないのかもしれないけれど、世の中は知らない方がいいことの方が多い気がする。なんだそれ。

お店のBGMはいつものショパンのポロネーズにワルツに・・有名曲が並んだいつのあれだった。
きっと何十年も同じのを回してるのかもね。
まあいいや嫌いじゃないし。
2906.jpg
どんな日のいつ行っても混んで騒々しいことのないこの店がお気に入り。
もちろんおいしいし。

Tag:ショパン  Trackback:0 comment:4 

プロフィール

unagi

Author:unagi
結構さみしいけど結構楽しいよ。
クラシック音楽が好きです。

カウンター
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ