お地蔵様と音楽

春節で長い休みだった中国も動き出したみたいで電話をしたら
あけましておめでとうございますーとか言って明るかった。
あけましたかぁ・・

こちらも小さく連休だった。
休み中には久しぶりに音楽専用部屋でじっくり音楽を聴きました。
昔は音楽を聴いて涙とかあほかなんて思っていたけれど、目頭が熱くなるくらいのことは起こるようになってきた。これも歳のせいかなぁ・・音楽っていいよねぇ。
ちゃんと音楽を聴くことは1月以上なかったと思う。
風邪で調子が悪いというのもあったけれど、楽器の練習に時間と気をとられていたから。
毎日会社帰りに1時間、スタジオの個人練習室を借りて練習をするひとり部活。
まだ基礎もなってないんだと思うけれどそれでもレッスンに行くたび教則本のページは進んでいく。
曲をやるなんてずっと先の話ですよ・・は当然のことだと思っていて何の疑いもないけれど、教則本の1.とか2.とかいうやつだって5線上に音符がのっているんだから私にとって曲だ。
とにかくロングトーンだけを繰り返すところから始まってそれは今後も続くんだけれど、初めて音符を目で追いながら曲らしきものを吹き、いいでしょうという声を聴いたときは嬉しかった。

2582.png
だるま山高原レストハウスから、夕日を受けて若干赤い富士山。
あと少し待てば桃色富士山が見られるかもしれない・・でも寒い。
寒すぎる・・次いこ。

2583.png
峠を超えて少し下るとお地蔵さまがいる。
悲しい由来のあるこのお地蔵さまは、今は芸事の上達を願う人たちが訪れる場所でもあるという。
何か月か前、また楽器を始めようかという頃にここへきてお祈りしてみると
お地蔵さまがお前なんか知らねーよとそっぽを向いているように見え・・こっちも情けない自分を何だこりゃなんて思っていたからまあそりゃそうですよねーなんて自棄になったりして。

あの時、そっぽ向いていると思ったお地蔵さまが笑ってくれてる。
ちょっと嬉しい。
もう一体はとても微妙な表情・・いや、見るたびに表情が変わる。
・・・探るようなつもりで見ているときには厳しいお顔に見えるお地蔵様、
ふと思いついてまず自分が笑ってみる。
顔だけじゃなく心も笑顔にして・・・
そしたら、穏やかに笑ってくれたような気がした。
何馬鹿なこと書いてんだと思うでしょう。いいの。
きっとこういうのって自分の心を映す鏡みたいなものなんでしょうね。
何でも感じたりやったりするのはほかならぬ自分なんだから、自分というものを教えてくれているんだと思う。


一見、大した景色は見えないようにも思えるこの場所だけど、
脇にある細道を降りていくと
2584.png
木製の小さな展望台があり、

2585.png
素敵な景色が眺められる。
天橋立のちっちゃいようなのが見える場所は戸田。
向こうには三保なんかも見えてるけど写真だとわかんないか。

2586.png
南アルプスとかでしょう?

バルトークというと、聴衆への分かりやすさにも配慮したらしい有名な数曲を除いてどれも難解で暗い音楽というイメージがあったりもする。
息子の書いた本を読んでいたら超絶技巧ピアニストでもあった彼がベートーベンのソナタを大事に丁寧に練習しているようなシーンが出てきた時にはちょっと意外というか驚いた。
そのバルトークの有名な作品の中にミクロコスモスというピアノのための曲集がある。
それが何なのかも知らないまま、CDで3枚組くらいの全集を昔買って来た。
聴き始めればすぐにわかるけれど、この曲集は初心者というかピアノを始めた子供から包括する教則本みたいなものなのであるようだ。進むにつれて難易度が上がってゆく。
おしまいの2巻に収められた曲はコンサートで弾かれることもあるというところが、ピアノを習っている人がよく口にするあの‥なんだっけ・・なんだか知らない練習曲と違うところなんでしょうか。
全然聞いていなかったけれどいま6巻を聞いてみるとなかなか面白い。


https://www.youtube.com/watch?v=kPRxjd2ETSo
そして1巻の始めはこんな感じ。
ほんとに一番最初の基礎からというところなんだろうけど、でもすでに私には難しいというかちゃんとできないと思います。
歴史に名を遺したような人について書かれたものを読んでいると、まだ言葉も話せないような頃に大人が目を離すといきなり耳コピで曲を弾き始めてた・・みたいなのありますよね。
そうじゃない普通のすごく弾ける人はやっぱりみんなこんなところから始めるもんなんでしょうか。

2587.png
日が暮れていく。
いつも夕陽を見ながら何かすごいことが起きるんじゃないかと期待している。
でも起きないねそんなの。

2588.png
暮れた後しばらくたってからが神秘の時間・・もうちょっと後かな。
それより寒いよ。

2589.png
お地蔵様ありがとうございます。
がんばります。

Tag:バルトーク  Trackback:0 comment:2 

暗い日の箱根

幼いころ、父親の勤務先の保養所が箱根にあり家族で泊まりに行った。
父親の友人一家と一緒だった事もあった気がする。私から最も遠く出来れば見たくないと感じる光景が、今思えば私の家にもあった。
何度かあったかもしれないそれには最低な記憶となっているものもあり今はその訳もわかるのだけれど、始めのうちは楽しみだったしハワイに行くくらいのインパクトがあったと思う。

6491.png
15年くらい前か、休日の夜になると花火の音が盛大に聞えるようになった。
すぐ近くのようなのに見渡してみても何も見えないし、どう調べても近隣のどこにも花火大会を行っているところはない。
ずっと不思議だったのだけどある時わかった。
前の晩にみた箱根芦ノ湖上での花火の段取りと全く同じ内容で音がしている・・・
芦ノ湖上の花火の音がカルデラ内で反響し外輪山の淵にある私のうちまで届いていたのだった。まるですぐその辺でやっているかのような鮮明な音で。
ハワイかと思った遠い箱根は実は空間的にはすぐ近くなのだった。

先週の三連休の最終日、昼食のレストランで嫌な思いをし気分が下がる。もともとさがってたまま出かけるからそういうお店にしか出会えないのかもしれない。
曇った天気みたいな気分で行先も思いつかないまま適当に走っていると箱根。
連休の箱根なんて笑顔あふれる人間だらけだ。人間拒否症をこじらせているので近づきたくない。
人なんか来ないようなところでも眺めるか。
6486.jpg
ここは大涌谷の裏側というか何でもないようなところ。
硫黄のにおいが立ち込め、立ち入り禁止の囲い・・
記憶が定かではないけれど、あの大地震以降ただの林だったところに蒸気が出るようになった気がする。
その分、この先で出ていた蒸気は止まってしまった。
木は歩いて逃げるという事ができないから、地熱とガスでやられて枯れてしまった。
今はみんな倒れているけれどまだみんな立ったまま煙の中で悲鳴も上げずにじっとしている光景は印象的だった。
逃げることは間違いとか弱いとかいうけれど、逃げられるって得難く素晴らしいことですよね。

そこから少し下ると
6487.jpg
大涌谷の下流。上にぶら下がっているのはロープウェイ。
一昨年だったか箱根が噴火したという時にはこのあたり一体にとてつもない轟音が響いていた。
始めのうちは皆車を停めてみていたりしたけれど、ほどなく危険なため車を止められないようにする処置がされた。
私も面白がってへらへら見ていたけれど、突然何が起こるかわからないのが山の噴火である。何もなく終わったのは偶然にすぎず、ここを通過している車を巻き込む大惨事が起こっていてもおかしくなかったのかもしれない。実際、最近もそんな例がたくさん起きていると思う。
電柱に取りつけられた金具は硫黄ガスで腐食している。ガードレールも腐食ですごいことになってどのあたりまでどんな風にガスが流れたのかを教えてくれる。
この周囲の木々もすべて枯れて死の谷の様相。
6488.png
ここを流れるあの水というかお湯?
箱根の最高のお湯が流れてるんだからあれも溜めればいい風呂になるのかな?



https://www.youtube.com/watch?v=aoyhh0ZaWM0

これはバルトークの弦楽器、打楽器、チェレスタのための音楽・・の第1楽章。
弦チェレとかいったりします。
中学生の時、ラジオで初めて聴いた。
曲名にチェレスタとあるからきっときらきらとした素敵な音楽だろうと・・・
でも流れだしたのはこんななめくじの葬式みたいな・・
なんかショックを受けたような記憶が。
6495.png

今ではこの曲かなり好きで第1楽章も嫌いじゃない。
死人の声みたいに始まるけれど実はフーガかよという音楽。
箱根のロープウェイみたいに峠に向かって登ってゆき、そこを超えると主題の音高が上下反転した転回形で降りてくる。
チェレスタが鳴っているあたりはあの世への入り口が開いているみたいじゃない?彼岸花がいっぱい咲いてそうな・・
最後は1点に収束して消える。
一見、この日の私の気分みたい・・・どこまで行っても満たされないのだ・・みたいな。
でもこの楽章数学的に設計されてたりもするらしい。
おっさんのナメクジみたいな心とは次元が違うんだ。
しかしこの動画を作った人も何を考えてこんな映像をあてたんだろうか?


もうちょっと下ると
6489.png
早雲山駅というケーブルカーとロープウェイの乗換駅。
ロープウエイは設備更新で建物も新しくなったみたいだけどケーブルカーを含むあの駅舎は昭和すぎ。タイルの装飾・・
昭和なトイレ健在。
よくわかんないけど石原裕次郎とかの白黒映画の頃みたいな印象。
6490.png
この鏡に手書きの広告もなんか懐かしいような・・
乗り換えの人がたくさん。
あんまり見ないようにしたりして。

ケーブルカーというと麓駅と山領駅みたいなのが多いけれどここは中間にも駅を持っている。
6501.png
そんな小駅に移動してみてると結構利用者もいるみたいだ。
いい歳をしたおっさんがケーブルカーを見物して喜ぶ。
幼いころこのあたりへ来た記憶が。
当時は踏切があって線路を渡れたと思う。
踏板の間をケーブルがゴーっとかいって走っていて・・
6502.png
今はあんなの危険すぎてゆるされないだろう。引っかかって持ってかれちゃった人とかいなかったのかな?
鉄道好き少年だったから強烈に印象付けられたこの場所の記憶は忘れない。

この後強羅の駅前に降りると人だらけだ。
嬉しそうな若い人の笑顔・・そういうのが平気というか楽しいと思うときもあった気がするんだけど。でもこの日はダメな日。
カフェらしきものも見つけたけれどぼったくり臭やがっかり予感がすごいのでやめる。
もう一度山を登り
6492.png
峠を越えてロープウェイが芦ノ湖へ降りる終着駅。
ここからさらに峠を越え山を下りて富士山までの延長計画みたいなものがあったことを何かの本で昔読んだ。
実現していたとして、存続していたかどうか・・
ここも幼い時に来た記憶があり目に焼き付いていた。
初めて自分の車を持ち、地元付近に帰って来た時その光景を目にしてちょっと泣きそうになった。
最近設備更新で建物も建て替えられ、もう年月もたちすぎて長年焼き付いていたという記憶があるだけになってきたけど。
そして嫁さんと初めて会った日に走ってきたのもここだ。
考えてみれば思い出の場所だ。

駅の中の土産物屋をふらついていると
6494.png
なつかしい、万華鏡だ・・・
40年近く前、この同じ場所で祖母が妹にと万華鏡を買ってあげたんじゃなかったか・・しばらくうちの中に転がっていた。
その妹とももめてはいないがうまくいっているとは全く言えない。何を見ても嫌な話に直結する。
箱の中にいる万華鏡を覗く女の子の写真は多分その当時から変わらないんじゃないか?
彼女は今どこでどうしているだろうか?幸せになっているかな?
孫がいたりするのかな?

6493.png
幼い子を含む家族が記念撮影したりしていた。
嫁が下がってくのを見れば私も下がるし・・お互いだろう。
しかし今日はあっちを見てもこっちを見ても・・・
この日はカフェも何も諦めて帰宅。
犬と散歩していると近所の子供に子供ができたらしいことを知る。
しばらく嫁と犬の散歩に行く時このルートさけなくちゃ。

世界はバルトークの音楽とこの日の天気みたいに鉛色だ。

書いててこの記事何の内容も救いもないじゃないかなんて思っていたら
またコメントで彼岸花の別名についていろいろ教えていただきました。
どうもネガティブ傾向な・・でも神秘的な名前がたくさんあるんですね。
不思議な花。
人が苦手だけど人恋しいなんて言ってる私はコメントをいただけると
うれしいです。
ありがとう。




Tag:バルトーク  Trackback:0 comment:4 

雑踏

昔々、道路に車なんていない時代は道端に小さな鉄道が敷かれていていました。
今じゃ信じられないけど京王だって道路の真ん中を走って新宿駅に入ってたんですよ。
そんな田舎鉄道は昭和30年代くらいにほとんどはがされてしまいましたが、江ノ電が一部道路上を走ったりしているのはその名残だと思う。

3750.png
この時、電車は停車していて警笛鳴らしまくり。
左の白い車は電車をよけているつもりなんだけど電車の車両限界内に少しはいっちゃってるんでしょうね。
電車の運転士が車に向かって何か言ってる。
そこいるとあたっちゃうから!・・かな?
ということで車は電車のわきを通って前へ進んで行った。

この車のひとは多分悪気も何にもないんだろうけど、
世の中なんで俺がよけるんだお前がよけろよみたいな人がいっぱいいるでしょう。
でも電車はレールに乗っかって走るという構造上よけるというのは絶対できないんだから、車がよけるしかないよねぇ。
文句言おうがあばれようが電車はよけることができません。
わかりやすくていいよね。


バルトークの中国の不思議な役人という舞台音楽があるんですが、全曲版が派手で面白い。
クラシック音楽だけど、田舎の自然とかそういうのとは無縁。
冒頭、都会の雑踏。
行きかう車。クラクションが鳴らされ、人を気遣う優しさとか温かさとかそんなものは一切ない世界。
金管が散々吠えてるのはクラクションでしょう。
複雑にいろんな音が重なるように書かれていて、演奏によってどこをどう浮き立たせるかがことあるためいろんな演奏を聴き比べてると楽しいです。
楽しいけど殺伐としすぎ。
バルトークて感じがしますよね。

3748.png
弦楽器がやっていたうねりみたいなものが木管に受け渡されるところなんかもう街がひっくり返って何かとんでもないものが吹き荒れちゃってる見たいでしょう・・どうなちゃってんのみたいな・・・
さらにその先

3749.png
ここでオルガンのペダルが乱入。
ここは演奏によっていオルガンのがそもそもないものとか出てもさっと引いちゃうものとかいろいろだけど、デュトワMSO盤はオルガンを思い切り強調しています。
もう巨大武装電車みたいなのがみんななぎ倒してるみたいな・・
舞台の内容からするとちょっとおかしいけどね。

しかしこのパントマイム中国の不思議な役人はめちゃくちゃというかものすごい内容を持っています。
売春とか強盗、殺人、めった刺しとかそういうのですよ。
挙句に殺されてるのになかなか死なず青白く光りだすとか・・
作者はこの筋書きを大変気に入っていたらしく、バルトークって不幸な人だったのかななんて思っていた。

でも息子の一人が書いた本を読んでいたら普通の勤勉でやさしいお父さんの姿が描かれてあった。
そうかぁ・・
よかった。

Tag:バルトーク  Trackback:0 comment:2 

バルトークの自演を聴いて思った

787.png

バルトークのピアノ協奏曲第2番、自作自演があったので聴いてみた。

SPですね。そりゃそうだ1938年の録音みたいです。初演から5年後。
昭和13年ですか・・
このころの録音技術がどんなものだったのかはよく知らないのですが、音的にはピアノだけを狙っていてオケはおまけ的に聴こえればラッキーみたいな感じ。
純粋な観賞用としてはあれなんでしょうが、逆にピアノだけ浮き出て聞こえるのが面白い。
ピアノが好きな人に言わせればいろいろあるんでしょうけれど、私の素直な感想は、すげー巧い・・・
自作自演にありがちなぶっきらぼうでクールすぎみたいなのもない。
こんなもの残してくれてありがとう。

754.png

第2主題が歌ってる。

773.png

ここもすごい・・
なんかこう・・疑似古代ギリシャ・・みたいな感じの音楽だと思ってるんだけど、その色を強く感じる。

終楽章のコーダみたいなところ・・ものすごく速い・・
786.png
いつもは聞き逃してしまうけどこのあたりのピアノのうねりの中に第1楽章第1主題が隠されていることがはっきりわかる・・

色々面白いね・・

もう一つ思ったのはSPの盤が終わると一回音楽が途切れてしまう・・5分くらいなのかな・・
戦前のワルターとかCDも聴いたけど、うまく編集でつなげてあるのであまり意識したことがなかった。
SPってこんな感じで盤を変えて聴いていたんですね。
ワルターとか昔の指揮者が録音で全然リピートをしないのがなんとなく納得できたような・・


全然話が飛びます・・私は音楽再生で音の立体再生みたいなものに強い興味があります。
マーラーという作曲家(に限らず多かれ少なかれみんなか)の作品は何がどの位置で鳴るかということまで音楽の重要です。それを再生して感じたい・・
ということでモノラル時代にも素晴らしい演奏があるらしいことは知っているのですが、所有している音源の大半はステレオ録音です。
どのレーベルもだいたい1957年くらいからですか・・ストコフスキーのが1954年でしたっけ?

調べてみたら電気的なステレオ再生の技術についてはについては19世紀には発見されていたみたいですね。録音よりずっと前から電話みたいなのはあったんですよね・・
1881年電気博覧会の会場でオペラを中継する企画があり偶然に?そこでバイノーラルの原理が構成されていて聞いた人々を脅かせたなんて言う記述が見つかりました。
すごいよねーかなりびっくりしました。
ただ、それを記録し再生させる技術と商業化みたいなのには半世紀以上かかってしまったのか・・

モノラルでも、
歴史に名を遺す大作曲家の自作自演がいろいろ残っていて興味深いですよね。
自作自演っていうのは意外によくないもんだという話があります。
ラフマニノフが自分の曲だとどうしても控えめな演奏になる(ちょっと違うかも)みたいなことを言ったというのをどこかで読んだ気もします。
でもとりあえず面白いですよね。プロコフィエフとか動く映像も残ってて・・
蝋管によるブラームスの肉声とピアノ演奏っていうのも有名ですが、実際ほとんど聞こえないんですよね・・聴いてみたかった・・
一番聞いてみたいのはマーラー。
円盤式レコードの発明が1887年で蓄音機製造販売会社「グラモフォン」の設立が1895年だそうですから、時期的にはマーラーも間に合ったのかなぁ‥
まだ電気録音ではなくてラッパ録音だしまだオーケストラの録音なんて言うのは無理だったんだろうなぁ・・
ピアノロールも聞いたけどどやっぱりオケだよなぁ・・
きっと聴けないで憧れているからいいんでしょうね。



Tag:バルトーク  comment:0 

超絶技巧もいろいろだ

750.png

普段は音楽部屋でスピーカー間に浮かび上がるオーケストラをを凝視しながら音楽を聴いています。
ヴィルトゥオーソ系ピアノ協奏曲なんかは映像で弾いてるのを見てるのも楽しいですよね。
実演だと意外に見えないし・・見た目だけならこっちのがおもしろかったりして・・
ユジャ・ワンが弾くバルトークのピアノ協奏曲第2番・・自分で譜めくりしながらガンガン叩いてくのが面白くて・・
楽譜、見てどうにかなる情報量じゃないと思うんだけど・・どんなふうに見えていて何見てるんだろう?
一瞬空いた片手で楽譜めくってくのが面白い・・そんなのおもしろがる所じゃないでしょうけど。

463.png


ピアノが黄色い声を出すと管楽器が答えるみたいな場面で
みてたらトランペットがミュートを片手に吹いてるのが写っていて、ミュートつけたり離したり・・
ポップスとかジャズみたいなのだとこんなの日常茶飯事なんでしょう?
クラシックだとどうなんですか?
自分は面白いと思っちゃって・・

この曲もいいですよね。
バルトークも作曲家であると同時に優れたピアニストでした。
バックハウスにコンクールで負けたんだっけ・・
この曲は自分のために書いたんですよね。
最初とっつきにくい感じがしていたんだけど、ラフマニノフみたいな可憐でわかりやすいものすごさとは違う方向にすごい曲で病みつきになる。
この人も人生暗いイメージがありますけど・・音楽家にはならなかった息子が書いた本を読んでいるといいお父さんだったみたいですね・・

754.png
第1楽章第2主題
下降アルペジオなんて昔からありそうだけどあんまり見ないですよね?
そういえばなんで無いんだろう?

755.png
ここみたいなピアノは打楽器だ!っていうのとこが好き。

773.png
ピアノが主題の反行形を弾き始めて・・管楽器がなんだかすごいカノンになっていて・・
楽譜の風景が面白いところですよね。
ハ長調っぽい楽譜だけどこんな中身詰まったのをパワフルに高速で弾いてすごいことなんでしょ?


772.png
第2楽章
ティンパニのグリッサンドもバルトークの音楽の特徴ですがやってますね・・
もっとやってる印象があるんですが楽譜を見ると意外にもここだけ・・


756.png
2楽章
これ黒鍵と白鍵と掌でたたくみたいな・・・

所有しているアシュケナージ ショルティ指揮 ロンドン・フィルハーモニーのCDはなんでか知りませんが、第2楽章のトリオに入るところでトラック3に入ります。
第2楽章が終わって第3楽章に入るところには何もなし・・
771.png
なんでだろう?
ミスですよね?深い理由があったり・・はしないよね。
このCDでこの曲を初めて聴いたので最初混乱しました・・
3楽章で2楽章が回想されるのかな?とか訳のわかんないことを考えたりして・・
ショルティーはもともとピアニストで、バルトークのレッスンを受けたこともあるんだって・・

Tag:バルトーク  comment:0 

プロフィール

unagi

Author:unagi
クラシック音楽が好きです。

カウンター
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ