温かい食事は言葉を超える

楽器はパニック的スランプみたいな状況から脱することができた。
とは言え依然として・・だけど誰にどう思われるかも客観的にどうかということも今はどうでもいいの。
諦めて止めちゃった人になってさえいなければ、それでいいの。

そのレッスンに通う途中、毎回ある看板が目に入り気になっていた。
7540.jpg
看板を目印に入ったここ。
どう見ても人が普通に住んでる民家だけど唯一あのライトがここお店ですよこっちへ来てくださいと語ってくる。
そうですかと進めば、
7541.jpg
お店で間違いないのね。
戸を開け中へ入るとバンダナにサングラスで海賊みたいな風貌のおっさんが目でこっちですよみたいな感じで左の障子をあけ消えていった。
え?無言?
7546.jpg
こんにちは・・とかいいながら障子を開け入ってみると
おっさんがちょうど料理を運んでいるところ・・
なんか言えばいいのになぜ無言?ここすわっていいのかな?
少し遅れて、いらっしゃいませと厨房の方から・・
とか思ってたらあろうことかおっさん運んだ料理を自分で食いだした・・
まかない?
あ、違うわこの人お客さんだ。

ちょっと驚きの安価なランチメニューからステーキランチを。
しばらく待ってると厨房から声がする。
ああ一人でやってるのか、自分で持ってくのねと理解しかけたところにバンダナ氏が小さい声で
自分で取りに・・
いい人なのかもしれない。
ご飯とみそ汁は自分でよそい放題。お替りし放題。
サラダには自家製ドレッシングが2種類


https://www.youtube.com/watch?v=NIpAqkXD6zM
元々普通の和室だったところの床を張り替えたのかなここは・・一応レストランらしくBGMが流れてはいた。
隣の厨房は土間のレベルで業務用のコンロがあったり・・田舎のでっかい農家って台所もやたらにでかいけどこれはやっぱり店をやるために手を入れたのかな?

バンダナ氏は食べ終わると店主を呼んで話始めた。
僕ら日本中食べて回ってるんだけど・・評論家みたいに饒舌にしゃべっちゃう系な人だ。
色んな事全部知ってるし解ってるよみたいな。一歩間違うと嫌な人だけれど話し方でうまく不快感を封じて・・
でっかい声で原価計算できない人だな!
明らかに誉め言葉だとわかるんだけど、相手が一瞬ふっと止まったりすると場が凍るというかこちらがいたたまれないような気になったりして。
まあでも、話の流れで店主の口からいろんな裏話を聴けて面白いには面白かった。
いいなぁ、あんな風に生きられたら、よかったかなぁ・・
私は・・あまりにも人と話さな過ぎて、業務用電話で長話をしたら心が満たされたとかちょっとまずいと思う。

氏はうちの嫁さんに話しかけたりして話の場を作りかける・・
私も加わってみようかと一瞬思ったけれど何だか乗れなかった。
その後もなんだか都会のおしゃれ人間みたいな体で色々話し続けているのが聞こえる。話がここへ行こう!となったとき、
ずっと静かに食ってた奥さんが小さく冷たい声で
一人で行けば?
と答えて終わったのを嫁さんが聞いたらしい。
7545.jpg
あのねこれすごく美味しかった。
肉もだけどサラダもうまい。
スイカがうちの畑で取れました感を出してると思う。
おいしいものを食べてる間は幸せになれるのね。
豪華とか高価とか珍しいとか手が込んでるとかじゃなくて、
暖かくておいしいもの。
飯は寂しい心を救う。

また行きましょうねこのお店。

Tag:プーランク  Trackback:0 comment:0 

人間失格と優しいお茶

急にスマホに大量のスパムメールが来るようになった。
フィルタ設定しても抜けてくるし・・
メールなんか誰からも来ないんだから機能自体を停止してもいいはず。
そうしないのは何か期待をしているのか?
と自虐を書いていてみると虚しいねえ。

雨も降るかなという曇りの日、嫁さんがお気に入りの店でお茶が飲みたいっていうから。
もうお客さんも来ないと思ったのかシェフは庭仕事をしていた。
慌てて迎い入れてくれ、丁寧な対応をしてくれる。
奥さんはもう家へ帰っちゃってるみたいだ。
7190.png
一人で対応してくれるシェフの言葉遣い、やっぱりそれなりのところにいた人なのかな。
氷の入った水差しにはレモン。
きっと今切って入れてくれたんでしょう?
予想以上のレモンの香りがすごくいいのね。
よく冷えた元々美味しい水にさわやかなレモンの香り・・
水でこんなに喜べるのか・・

静かに流れているのは懐メロをオケで演奏したようなのだ。古いなぁと思っていたらだんだん時代が下がってきて私が高校に入ったころに流行った曲が流れ出した。
かわいがってくれた部活の先輩が買ったばかりのそのCDを持ってきてクラシックしか乗せたことのない私のプレーヤーで・・高校に入って数か月くらいはわずかに明るい記憶も残っている。
明るいあの曲はその後の具体的な記憶も呼び出してきた。
強迫性障害を発症し一日に何度も髪の毛を洗うという異常行動がエスカレートしていたこと。
目は見えるのに鏡に映った自分の像を客観的に理解することができなかったこと。
当時自分でそのことに気づいていたのだけれどそんなの頭のおかしい人のポエムみたいであるし、それ以前に人間不信になっており誰かに相談するという発想はまったくうかばなかった。
最近知ったDCDというのは主に自分の肉体の状況を把握する能力が著しく書けていることを指していると思うのだけれど、視覚的な認識能力の欠如もそこに含まれると思う。鏡を見て理解できないみたいなのもポエムじゃないことの説明もつくかもしれない。
・・・その先さらに別な要素を含め延々書いてしまうんだけど、身を切る思いで何かを訴えているつもりになればなるほど
それ笑えますね!みたいな返事が返ってくるのが世の中らしいのでやめる。
学校中に始まり、電車の中、そして街中で自分は悪い意味で有名になってしまい、共通のあだ名やこれ見よがしの咳払い、嗚咽が聴こえてくる。周囲から刺される人間の最も嫌な部分が現れたようなその視線・・・こういうのは統合失調症を発症している人が発する極端で異常な被害妄想に似ていると思う。
街中が連絡を取り合って自分の情報を共有しており、行く先々にスパイが現れ、行った病院では裁判所からの命令により医者に毒を打たれた・・みたいなの。
そういう人と直接対峙しなければならないことがあるのだけれど自分のあの記憶もそれに酷似している。
しかし第三者を含む具体的過ぎる記憶があれは事実だ、お前は実際に・・と教えてくる。
事実かどうかの問題はどうでもいいのかもしれない。若い大事な時期に焼き付けられたその記憶は人間に対する恐怖感や不信感、嫌悪感、嫉妬心などを埋め込んでしまいその後何年たっても自分を解放しない。

そういう人間がここで静かにお茶を飲んだりしていられるのは、嫁さんがいるからだ。
奇跡のような状況にのろけを言いたいんじゃないし、馬鹿だと思われるんだろうなと思いつつ時々神様に導かれなんて書いているのはネタじゃなくて。


https://www.youtube.com/watch?v=EWipev5uCro
この日雲が出て落ち着いた気分になったので、久しぶりに音楽部屋で音楽を聴いた。
それなりの気持ちと再生環境で聴くと、深い低音や奔放と見せかけて狙っているらしい転調が世の中捨てたもんじゃないよと言っているような気がする。
実際がどうであろうと、聴いてる間は私も豊かで恵まれた幸せな人。

紅茶はポットで提供って書いてあるけど、ケーキセットの紅茶はどうかな?
値段安すぎるもんな‥
7167.png
あやっぱりカップか。
珈琲も紅茶も砂糖入れちゃう。
おいしい。
きちっとしたプロの接客という感じのシェフ、
なのに出てくるケーキはメルヘンというか子供がすごく喜びそうな感じ。
孫が喜んでくれたのでとか裏ストーリーがあったりするのかな?
なんかわからないけれど幸せな感じでいいなぁ。
シェフはまた車が視界から消えるまで店の外に立って見送ってくれたみたいだ。
今度は嫁さんと目が合って深くお辞儀をしてくれたそうだ。
ありがとう。

スパムメールはなんでか知らないけれどパタッと来なくなった。
もともとこない普通のメールはこの先もどこからも来ない。
でも着信音がするたびに、誰からだろう?と考える。
こんなの書くと嘲笑もんだよなぁとか思いながら。

Tag:プーランク  Trackback:0 comment:3 

心にわさび

伊豆の踊子に出てくるらしい旧道のトンネルへ行こうかと思った。
昔一度行ったことがある。
7114.png
でもこの先でと雨水がわだちを深く掘り下げてしまっていて・・あ、その先には警備員と重機?
ダメだこりゃと後退してると後ろに車。車種も色もいかにもそのまま突っ込んできて空ぶかなんかししそうな・・
でも、たまたまあった待避所で静かに待っていてくれた。
方向転換してすれ違う際、この先いけないんですか?と聞かれたのでやめた方がいいと思うよと言うと彼も下の駐車場に車を停め歩いて登っていった。
知らない人と普通のやり取りをした・・ただそれだけのことなんだけど、炎天下に木陰に入った時みたいな気持ちに。
いい話のつもりで書いてみたけど結局人とうまくやれないアピールか。

自分も歩こうかと思ったら嫁さんが調子悪いらしい。
休憩すれば大丈夫とか言ってるのは全然大丈夫じゃないから察してくれくらいの意味か。やめよここは。
7115.png
あるのも知らなかった細い峠道に入ってみると、近所にもありそうなどうという事のない田舎道だけど時々奇麗な絵を見せてくれる。
峠を超えてしばらく下ると
7121.png
ちょっとした看板と、農家優先駐車場に長く止めるなという注意書き。
そりゃそうだ。でも誰もいない。
7119.png
わさび田
ワサビ谷って感じ。
こんなところがあるのは知らなかった。
写真を撮りながらちょうど日の光が当たらないなぁ・・なんて思ったけれど
考えてみるとわさび田だから直射日光が当たっちゃまずいんだ。
この谷は時刻によって太陽が動いても直接日が当たらないような位置にあるんでしょうか・・

https://www.youtube.com/watch?v=DwO-H2NVHBY

この日すごく暑かったのにこの日陰は涼しく気持ちのいい風が撫でるように吹いてきてちょっと驚いた。
いいとこだろなぁ・・
夜には蛍も飛んでるんでしょうね。
観光地というのじゃないので人もいないしそれ系のものもなにもない。
7118.png
峠の向こうに浄蓮の滝というのがあって中学に入ったころに電車とバスを乗り継ぐ小さな旅行中に立ち寄った。生れてはじめての冒険旅行みたいなものだったかもしれない。
1人ではなく友達と3人・・・そうね、あの頃友達と呼べる人間がいた。
何をするわけでもできるわけでもないけれど、世の中には明るい日が差していると感じていた時期が私にもあった。
あったし、それがずっと続くと思っていた。
そこでわさびソフトというのを食ったことを今でも覚えてる。そんなものどこにでもあるのかもしれないけれど、自分にとっては初めての旅行で初めて食った土地の名物というか・・
その後何年たったのか、嫁さんになる人と知り合うとすぐに頭に浮かんだのは思い出のわさびソフトだった。
2つ買って1つを渡し懐かしいなと思ったかも忘れたけど後味にピリッとくるあのソフトクリームを食いながらふと見ると、困惑したような表情でほとんど食ってないソフトクリームが手に溶けて流れちゃっ・・
かしてと奪い取り茂みに投げ捨てた。
辛くて食えなかっただそうだ。食べるかどうかも聞かずに自分の好きなものを押し付けちゃうあたりがあれでしょう・・
あほみたいでも思い出は思い出だから。
自分の人生は不毛で失敗だというような気がいつもしているけれど、別にすべての部分が不毛の汚泥で塗りつぶされているわけじゃないのね。
7145.png
自分で自分を否定断罪して動けないように縛ろうとするのにはわけがある。
・・どうしてもこういうの書こうとしちゃうのね。
やめましょう。
7120.png
パイプがいっぱい置いてあるのはパイプを使って育てるなんとか式というのらしく・・

近所の家はどういう仕組みか知らないけれど庭のパイプからものすごい量の地下水がじゃぶじゃぶと流れ出ている。
子供の頃はそこに黒いむしろをかけて小さなわさび田を作っているようだった。
子供心に見せてほしいと思っていたけれどそれが言えなかった。
付随して色々な記憶が出てくるけれどどれも碌なものがなく、ここに書ける内容じゃない。
書きたくてしょうがないのは誰かにわかってもらいたいからだけど、他人にわかってもらいたいというのはそもそも間違いだとわかった。
所詮、孤独だ。
自分は木だと思えばいいのかなぁ。
7116.png
いいところだなぁ・・
木はさぁ、どう思ってんのかな?
俺に足があって歩けたら、口があって喋れたらお前なんかよりずっとうまくやってやるのにとか・・
7122.png
わさび田は、ずっと下流の方まで続く。
途中、わさび園営業中みたいな旗をたくさん見たけどあれなんだろう?
山葵漬け屋みたいなのかな?
アルコールアレルギーだと酒粕の入ったものも食えません。飲まないから通なわさびも縁がない。
欠陥人間でごめんね。
よく牧場が小さなジェラート屋みたいなものを庭先でやって成功しているけれど、わさびカフェやってくんないかな。
くんなくていいか。

わさびって抗菌作用みたいなものを持っているんだっけ。
すぐ臭くなってくる心の中にもわさびを置いときたい。
一番効果があるのは人との楽しいやり取りじゃないかと思っているけれど、ただのないものねだりか隣の芝生かもしれません。

日の光と緑っていいね。


Tag:プーランク  Trackback:0 comment:3 

そばとコーヒー

嫁さんがスーパーに併設の百均に入って出てこないのでプラプラしていた。
2907.png
砂に埋もれ、寸断されたレール。
なにが面白いの?馬鹿じゃないの?でしょ?
でも人口の0.1%くらいはこれを見て何か感じる人もいるんじゃないかと思うんですよね。
少ないと間違えみたいな考えがあって、進化論みたいなのに照らして考えれば確かにその通りだけどなぁ。

この近くにカフェがあって駅に看板も出ていたので歩いて見に行くと閉まってた。古民家カフェじゃない現役住宅カフェみたいなの。
ネタ系カフェは行くとやってないことが多い。商売じゃなくて趣味でやりたいときにやるんでしょうね。
探すと近くに癖のありそうな店が見つかる。こちらは道楽でやってるとかじゃなくてちゃんと実体のある店だ。やってないことはないだろう。
スマホとナビで今ほんとにどんな店でも簡単に行けちゃうのね。知る人ぞ知る店・・と言うのはもう存在しえないのか。
ずっと常連さん相手にやってきたようなお店からするとそのあたりどう思うのかな。
2908.png
ちょっとした丘の上、学校が近くにあるようだ・・地元の人以外通らないだろうという道の途中。
いってみると外観からやりたいことやりたくてやってます的なお店があった。
窓にはたばこ店内で買えますの表示。
カフェなんかじゃない喫茶店だ。
たばこかぁ・・・
まあせっかくだから入ろう。

2909.png
入るとカウンターを挟んでマスターと店の前に置いてある信用金庫なバイクの人。
サボりに来たのかと思ったけどそうじゃなくて仕事だったみたいだ。
カウンターとテーブル席が3組。
マスターの一瞬戸惑うような反応にこちらもたじろぎそうになりつつ、一番よさそうな奥の席へ勝手に座る。
いいねーあの光。
教会みたいじゃんか。
予想をはるかに上回るいい空間感にちょっと嬉しくなる。
他にお客さんはいないのでたばこの煙もなく・・

2910.png
窓もいい感じ。窓の外は牧草地・・じゃなくて隣の家だけど。

2911.png
本棚には奇麗にそろったゴルゴ13他大量のマンガが・・
いらんこと書かなくてもいいけど、子供のころ私はマンガも読まなかった。
無かった以前に自分は読みたいと思ってはいけないのだと思い込んでいたし、今でもその異常な洗脳は生きていて色々支障をきたす。もういいけど。

メニューにケーキを見つけ、価格も安価でほっとしたりしていると、
どうもマスターそばを打つらしく、正真正銘の手打ちですという各種蕎麦とコーヒーのセットが・・
あー食いてーなー蕎麦。
今まで何度も手打ちです!みたいなそばに落胆しても来たけど、でも見つけると食いたくなるよね蕎麦。
しかし、先ほど食べた昼食がまだ腹の中で暴れている。

2912.png
出てきたケーキのこの家庭的なデコレーションがいいでしょう?
なかなか見ないよねこんなの。
そしてコーヒー。
私はコーヒーに砂糖とミルクを入れちゃうような人間で珈琲を語れる人間じゃないけれど、飲みながら感じていたあの味。
うまく言えないけれど子供のころ食った焚火から出てきたサツマイモの焼き芋の甘みと香ばしさみたいなの・・
あれが、豆の味、渋み焙煎の強さ・・みたいなもんなんでしょう?
素人にもそんなものを感じさせてくれるこのコーヒーはおいしかったよ。

2913.png
壁に張られたもののなかに、
蕎麦の持ち帰りできます・・というのがあった。
コーヒーを持ってきてくれた時に頼んでみると・・
二人で召し上がりますか?わけますかいっしょにしますか?
え?
よくわかんないけどこれ自分でゆでて食べるんですか?なんて変なこと聞くと
そうしてもらってもいいけど細いし・・
ゆでてあげましょうか?
あっ、そうしてください。
わけますか?いっしょにしますか?
え?
二人別に盛ってもらうことにした。

わー、たのしみがふえたじゃんか。

2915.png
マスターが無言でこれをもってきてくれる。
マスター多分すごくいい人。
常連さんとは饒舌にしゃべるんだろうけど、わたしとの会話は蕎麦の注文の話だけ。

2914.png
蕎麦を作り終えるとマスターは湯を沸かし・・
自分でなんか飲んでた。
すごくいい表情で・・

そして、無音だった店内に音楽がかかる。
よくわかんないけど多分シャンソンだ・・
女性の歌と、かなり達者なピアノ、アコーディオン、すごく少数のストリングス・・
多分マスターが好きでなんでしょうね。
なかなかいいなと思う。
私、頭がいかれていてみんなが好きな音楽やテレビやそのほかに触れちゃいけないという強迫観念に支配され続けているので踏み込めない。病気でも故障でも変態でも馬鹿でも何でもいいけど治らない。
クラシックだけは聞いていいことになってるのね。
多分みんなが嫌いだから。

チャイコフスキーのピアノ協奏曲の1番、第2楽章の中間部にあるのは当時はやったシャンソンの旋律だとかいう話を聴いたことがあります。クラシックな作曲家の中にも仕事が終われば街へ出て酒を飲み流行歌に興じてみたいな人は沢山いたというかみんなそうだったのか。
健全な話でいいですね。

https://www.youtube.com/watch?v=fg0g9FzW7Jk
これはプーランク。

普段からゆっくりな飲食進行の嫁さんが食べ終わった後もコーヒーを飲みケーキを食べ・・
ゆっくり時間を大切に・・というより口内炎が痛くて食えないから・・

この日、しょぼくれたような気分でいじけてた。
でも帰りがけにふと、気持ちが楽になっていることに気付く。
こういう空間、時間、食べ物飲み物って、魔法みたいなのを持ってるよね。
私の場合は常連さんのいない時間に行けたからというのもあると思う。
たばこの煙、常連さんの大声の会話・・があったら外様感でつぶれてたかもな。
でもそれは私の個人的な問題ですごくいいお店だと思うし、マスター多分すごくいい人。

2916.png

持ち帰ったそばで晩飯。
ぼそっと短く切れちゃうところが本物っぽい。
超絶いい香り・・・とかじゃなく、味も香りも歯ごたえも丁寧な普通においしい蕎麦という感じ。
食っててうれしかったので買ってきてよかった。
いい蕎麦だったらツユは思い切り薄味か、出汁だけとかでもいいかな。
通ぶって水で食うまではいけないなぁ。

次の日、口内炎が痛く単純なものを食べて胡麻化したかったのでスーパーでやっすい蕎麦を買って来た。
見る人が見ればそんなの蕎麦じゃねーとか言ってバカにするようなのだ。
あれ?これでもいいなとか思っちゃったのは内緒。
そんなもんだ俺なんか。
通じゃなくていいし、みんなが絶賛するものじゃなくてもいいし自分に合ったものを見つけられることが豊かな何とかというやつなんじゃないかと思う。

Tag:プーランク  Trackback:0 comment:2 

嫁さんがいない

今日も練習してきて・・
先生からもらったリードは大事にしたほうがいいのかと思い普段使っていない。
今日、楽に息が入りいい音が聴こえたような気がする上にできなかったタンギングが急にできるように・・なんだ、俺だって・・よしがんばろなんて思いながらふと見ると間違って先生のなんか書いてあるリードが楽器についていた。
あー!なんて思いつつ自分で買ったリードにするともう口に入れた感覚から全然違うし息も入らないし変な音は出るし、新しいリードを出してもそれもだめ・・
自分が悪いとも思うけれど、楽に吹けるリードを知ってしまうとそういうのを探したくなる。というかあまりよくないのかもしれないリードでずっとああ俺はダメだとかやってる俺はやっぱりダメなのか。
下手ほど道具のせいにする・・と言うのはあるけどそういう事だけ言ってても駄目か。

今、訳があって嫁さんがいうちにいない。
別に出て行っちゃったとか病気だとかそういうわけじゃないけレポートけれど。

2630.png
これは先週。まだ嫁さんがいた。
最近はやりのバイキング的なものとメインの料理がセットになっているんだけどちょっと価格を上げてよそとは差別化しますよみたいな店。
注文はタブレットから・・今時ラーメン屋もこんなのだし驚かないか。
そのうち自分のスマホからオーダーして瞬時に決済も完了するみたいな話になっていくんだろうね。

取り放題な品数は少ないけれどこの
2633.png
タイミングが合えば焼きたてのピザが食い放題。
があるのですごくいい感じ。
嫁さん他周囲の女性はやっぱりスイーツがいっぱいなとこに萌えるんでしょう。
みんなパフェグラスみたいなのをいくつも置いて・・

2632.png
す、すくな・・
箸でよくかき混ぜて食べてくださいとか何とか言ってた。
実際食べてみると皿の中央部が深くなっているため意外に量もある。
食い放題=まずいみたいなので期待もしていなかったけれど、おいしかったよ。


https://www.youtube.com/watch?v=jxHQTRk5TvA

学生時代、一人暮らしを始めると自炊をした。
いろいろ作ったものを並べて、うまかったりしたこともあったけれど・・あれ?なんで?虚しい?
そのうち味噌汁がインスタントになり、おかずが冷凍食品になり、総菜になり・・
弁当でいいやという事になる頃には500円台でいろんな定食を腹いっぱい食わせてくれる定食屋に入れるようになって・・
そんな自分に周りの人間・・・床屋の爺さんやタクシーの運転手・・が学生の身分で自炊もしないで何やってんだてめーみたいに説教をしてきたのを覚えている。
なんだその空論みたいなの・・あほかなんて思っていた。

あれから25年くらいか、嫁さんがいないので夕食を何とかする必要がある。
自分で作るみたいな発想はかけらも浮かばない。
弁当を買ってくるとゴミが出る。
なんかダメ人間ぽいけど外食生活の始まりである。
ただ若いころとは違い毎日味や油の強いもの食っているとすぐにリアル病気になる可能性もあると思う。
学生や運転手あいてみたいな定食屋はこのあたりには・・
あるのかもしれないが見当たらない。

2635.png
ここは稼ぎたい中国人を募り訓練して日本へ連れてくる・・らしい系のお店。
ちゃんとおいしく、値段に対して量がかなりある気がする。
これで既に多いのに、
2636.png
まだこんなのが出てきたり。
パックをもらって持ち替えるかと思ったけれど、家にご飯があるわけでもないしゴミになるとか思いながらみんなその場で食っちまった。

次の日、
最近できたスパゲティー屋に行こうかと思っていたけどやっぱり白米が食べたくなり吉野家。
2637.png
魚が食いたくて牛鮭定食
牛皿は箸を何度かつけたらなくなっちゃって・・
ごはんに依存している感じ‥まぁ、安いからね。
ごはんがおいしかったよでも。

2638.png
そのスパゲティー屋。
チェーン店で東京にはたくさんあるらしいけどなんでこんな田舎にできたのか?
2639.png
よせばいいのに焼チーズなんてボタンを押して・・
券売機なスパゲティ。
こういうのも嫌いじゃないですよ。
気取ったおしゃれ店で1,500円位のパスタを頼んでみるとでどこでも食えるような味のもんが猫のエサくらいの量でとかふざけてんのか?と思うことがある。
ああいうがっかり感はないし。


なんか全然内容がないけれど、あれですよ。
やっぱり、嫁さんがいないってのはつまんないね。
言いたいことはそれだけ。

Tag:プーランク  Trackback:0 comment:6 

これまで何をしてきてこれから何するのか

飯でも食いに行こう。ちょっと遠くがいいな。
前の日、夜半に高地では雪がふったらしい。
散々通って見慣れた交差点を曲がると
2540.png
見慣れた光景がなんかちょっと素敵なものに見えた・・・
けど写真にしちゃうとただの何でもない景色でしかないな。
多分そこが重要で、なにかを見てどう感じるかを支配するものは自分の中にあり、その対象自体じゃないんだ・・めんどくせーからいいかそんなの。

2541.png
ケーキに粉砂糖をふると一挙に何だかとてっもいいものになったように見えます。
この山も。

出かける直前に地図上に見つけたお店に到着。
通りからちょっと引っ込んだところにあり、狭いスペースを使った駐車場が寄木細工みたいな縦列駐車になっていて笑う。
2542.png
いいね鉄骨スレートな建物。
高度経済成長期から日本を支えてきました的な。
向こう側が入り口らしいので回ると
2543.png
こんな感じ。
民家に直結・・多分元社長さん宅とかなんでしょう。
奥のドアにはDIYレンタルスペースとか書いてある。

2544.png
中はこんな絵にかいたようなおしゃれ空間だ。
ハンモックがたくさんあるのには意味があるんだろうことが何となく伝わってくる。
お酒もたくさん置いてあって。
夜はまたいい感じになっちゃうんでしょうね。

金髪?な女の子というか女性はしかしすごく一生懸命頑張って接客対応しているのが印象的で好感が持てた。
そんな事ばっか考えて俺ももう歳食ったおっさんだわ。

2546.png
ランチの何種類かある料理は皆フライパンに乗ってくる系。
サーロインステーキというのがあったけど値段を見てやめ、ポークジンジャーにする。
大盛100円。多分女性基準だから大盛でおっさん的な量になるんだろう。
でも最近大盛というと嫁さんが苦言を刺してくれるのであえて言わずに・・

2547.png
よめさんのはジャークチキンだっけ・・
なんだジャークって。

食ってるときはボーっとして気づかなかったけれど、これはアウトドア料理だよってなことなんでしょうね。
DIYレンタルルームもあるけど、たくさんのハンモックや
2545.png
おしゃれ雑貨かと思ってたあのグッズの販売コーナーはみんなアウトドア系な何かなんでしょうね。
ひとり頑張っている店主らしき彼は雑誌に出てくるような絵にかいたイケメンだ。
わたしから見ればかなり若い。
彼がこういうのが好きなんでしょう。
後で調べたらいろんなイベントを開催してどっか行ったりとかやってるみたいだ。
駐車場の奥にはでっかい外車なRV車があったけどあれも彼のなのかな?
なんか素晴らしい人生を爆走中ですね。

いろんな人にいろんな人生がありますよね。
自分が若くいろいろできるころには何にもせずただ毎日時間が過ぎるのを待っていた。
何かおかしいとは思ったけれど、どうすればいいのかわから・・そんなに悪く言わなくてもいいんだけど。
それでも嫁さんになる人と知り合ったし、やりたいと思える仕事についてやってこれているわけだし何にもしなかったわけでもないか。


https://www.youtube.com/watch?v=okPk9oXq7iw
なんだこれ?なんて思っていた音楽も気分やタイミングが合えばあっ?・・・うーんとか言って聴き入りたくなることがある。

最近、なんで自分はこんななのかという事への説明が急に目の前に提示させられた。
何も解決しないし今更分かったってもう手遅れなのだけれど、それでも誰だかわからなかったというかどこにいるのかわからなかった自分にやっと会えたというか。
もし、若いころにそんなのを突きつけられていたら、きっと絶望して余計ひどいことになってたような気がする。
今更どうにもならないこの年齢だから逆にそれを受け入れられたのかもしれない。
まだこれで終わりでというわけでもないんだから、これからできることしよう。
私は今後も他人とは距離を置き、他人を見ないようにした方がいいと思う。
まず変えようと思うべきなのはそんなとこじゃなかった。

2548.png
いいね明り取り窓。
天上もなくかなり広い空間は暖房がよくきいてとても暖かく快適だった。
どっか古民家系おしゃれカフェみたいなので凍えたことがあったよ。
あんな家庭用エアコンみたいなのが3台・・よくこれだけあったまるなぁ・・

かつて、ここで何を作ってたのかな?
旋盤が置いてあってとか近所のおばさんが来てコネクタにピン指してハーネス作ってたとかそういうのかな?もっとなんかユニット組んでたとか・・
90年代くらいに入るとそういう仕事はみんな海外に行っちゃったりもしたわけですが、それでも残った小ロット生産とかで小回りを利かせて何かをやってたとか・・知らないし大きなお世話だけど。
今も何とか食らいついて頑張っている業者さんもいっぱいある。
でも話してみると今がダメだとは言わないけれどさすがに次の代に渡すというのは・・みたいな人もいる。
海外どころか物の原理や構造から変わって仕事そのものがなくなっちゃったってのもあるでしょう。
期待を含めまたモノ作りが国内に帰ってくるには・・みたいな事を話す人はさすがに周りにはいなくなった。
悪い話ばかりじゃなく超絶技術やオリジナリティーでこれからも調子よくいくよというところもあるでしょう。
ただの一会社員の私が偉そうになんか言ったってしょうがないけど、私の場合この先ずっと同じ状況で食っていけるとは考えにくく、もうすでに今までどおりじゃなくなっていてどうすればいいのか探ってる感じ。
なんであれこの先状況に応じて何とかうまくやっていかなくちゃとは思う。
年金も退職金もないと考えてた方がいいような未来は死ぬまで働くということ一択でしょう。
それはいいけど死ぬまで働けるのかな?

2549.png
外へ出れば富士山。

Tag:プーランク  Trackback:0 comment:0 

ちょっとした別世界

ちょっと遠くへ行ってみたかった。
といって目的地も思いつかないので地図上にたまたま発見したカフェへ向かう。
9675.png
なんとなくそんな気もしていたけれど田舎の山中によくあるコンクリート舗装の農道。
カーブでわしわし飛び出た笹の茎がこすりそうだとよければ反対側にの沢に落ちそうだったり。
実際、2トン車でも余裕なのはわかるよ。というかダンプとかのが圧倒的に走りやすいよねこういうとこ。
すぐ終わるかと思いきや意外に長くて笑う。
対向車が来たらどうしようか・・延々バックするのか・・

9659.png
あこんな山奥に民家?・・いやもうお店なんでしょ・・
でも入り口の貼り紙にはここはカフェとは別な店ですよみたいな表記が。
そうかとさらに前進すればすぐ先に何か見えてくる。

9661.png
お店のオーナーがいて駐車場上にありますよー
あ、はーい。
この展開どこかでもあったな。
気さくなオーナーさんかぁ、今日は人としゃべるモードも起動するのかなとか考えながら。

なんの予備知識もないまま来たけれど、嫁さんがテレビでここを見たことがあるといいだした。
ローカル?
ちがう、あなたも一瞬見てたけどこういうの大っ嫌いだとか言って見るのやめてたよ・・
そういえばなんかあったな、秘境カフェみたいなのをめぐる番組だっけ。
なんでテレビがネット上の素人の2番煎じみたいな事をしているんだと感じて嫌だった。
この時はまだよくわかっていないので元鉄工所かな?なんて思ったりもしていた。
よく考えれば鋼材を積んだトラックが入ってくるような道じゃなかったわけだけど。

9662.png
店の向かいはこんな。
こういうのどこで集めてくるんだろう。
ベースになっているのがほんとの古い廃屋だからいい感じにまとまって。

9663.png
古い車も何台か置いてある。
好きな人にはたまらないでしょう?
ナンバーついてるけどみんな生きてるのかな?

9664.png
引き戸をがたがた開けて入るとかなり広い空間。
先客が2組、でもよさそうな席がたくさん空いてる。
写真だと空いてるように見えるけどストーブのそばの席は空いてなかった。
まだそんなに寒くないしいいけど。
この時はまだ少し勘違いしていて廃工場系かと思っていたので

9669.png
窓の外にこんな清流があることがとても面白いなんて思ってた。

ランチメニューはカレーとなんとかパニーニの2択でいかにもカフェという感じ。
パニーニって何か知らないし・・

9665.png
私はカレー。
なんかこう多国籍的な・・いろんな味がして飽きないしおいしかったよ。
それよりここへ来るまでの道のりを含めて現実世界から遠ざかったい空間にいますなところへ料金を払うみたいな感じですねここは。
この使いこまれた感じの木のテーブルもいいよね。

頃合いを見計らって店主が話しかけに来てくれた。
かまやつひろしの若いころみたいだと思った。かっこいい人ですよ。
道がすごかったでしょう?から始まって。
休日は満席になるそうだけど見にけないしみんな離合をどうしているのかは知らない・・だそうだ。
バックするんでしょうね・・とか。

それよりここは元乳牛小屋なのだそうだ。
いくつか残っている搾乳施設の名残などを指さして教えてくれる。

9666.png
灰色の部分にわずかに残る仕切りみたいなのは牛一頭づつの区画。
その前の白いタイルの部分は餌を載せるスペース。
あー、なるほど。
乳牛小屋ということならこの場所にあるのも理解できる。
だいたい50年前に建ったというんだから実はかなり近代的で戦略的な設備であったんでしょうかね。
骨組みのJIS規格な鋼材やボルトを見ると逆に古さは感じない。

9670.png
日が傾いてくるとかえって日が入り明るくなってくる。
50代の女性仲良し3人組みたいな人たちもいた。
ちょうど子供が大学生くらいで苦労もあるらしいけれどなんだか明るく楽しそうだ。
きっと学生の頃からの友達とかなんでしょうね。リーダー格の一人がまずしゃべり・・みたいな順番もなん十年前と同じなんでしょ?
いいねーそういうの。
俺はそういうのないから余計に。


なんの関係もないけれど

https://www.youtube.com/watch?v=9PQkOMJMWac
プーランクのフランス組曲という管楽器と打楽器の小さなアンサンブルで演奏される曲。
いい曲だと思うのだけど私は苦手な吹奏楽みたいでちょっと聴いて止めてしまう。
ピアノ版なら大丈夫。
この動画はプレリュードだけで終わっちゃうけど、続く曲もみんないい感じ。

9668.png
昔あんなのあったよなぁ・・

9671.png
猫店員登場
でもあんまり相手にしてくれなかった。

9672.png
この外席、夏は良さそうですよね。
夜はやんないんだろうけど蛍もたくさん飛びそうですよね。

9673.png
ここも山間の谷間だから、2時を過ぎるともう日陰ってた。
しかし昔どこかに普通にあったような景色ですよね。
自分も子供のころこんな景色を見た覚えがあります。
そのうちの一つに最近足場とネットがかかってるのを見た。
もう今は解体されてなくなっちゃってるんだろうなぁ・・

9674.png
全体像。
仕事の関係で平日に休めたのでここへ来ることができました。
人がたくさん来るという休日には私は近づけません。
久しぶりにインパクトのある非日常空間に来れた気がしてよかった。

Tag:プーランク  Trackback:0 comment:2 

時期が来ればなるようになるけれどさらに能動的な意思も必要だろう

6884.png
寒いけど、11月後半に入っても咲いてくれる朝顔。
この写真は違うけれど今朝も咲いていて、寒さのため全開できず星型に開いてた。
健気に頑張ってんのね。
いろいろ教わるよ。

CD1000枚くらいをリッピングして入れてあったNASのHDDが突然死んだ。リスク回避のためHDDを二つ突っ込めるものを使って同期させてあったので壊れた方を新品と交換、電源を入れると自動で再構築され無事終了。
Amazonの購入履歴を見ると4年間ほど稼働したところ。まあいいのか。
もう一つLANからも電源からも隔離した外付けHDDにバックアップを取ってあるけど今回は出番がなく済んだ。
音楽を聴く人的には1000枚というのはかなり少ない数かもしれませんが何かに打ち込んだ思い出もない私には思春期くらいから聴きこんできたこれらの盤は私を知っていてくれる友人みたいなもの・・ちょっとあほみたいだけど。
色々手に入れて聴くとわかるけれど同じタイトルでも音全然違うからねみたいな話は今いいか。
昔、CDの寿命20年説というのがあった。データ化するときその辺も考えたけれど実際どうなんだろう。

生きてると取り返しのつかない失敗っていうのが多々ありますよね。
バックアップを使って戻せるといいのに・・そんなこと考えて毎日頭の中でやり直し続けたこともあった。
でもあれ時間と人生の無駄。
失敗も導かれてんだよきっと。

6885.png
犬とお散歩。
今日は山に行ってみようよ。
ご機嫌だね?

いくらも登らないうちに
6886.png
もう帰るもん・・の形。
つい最近までどこまででも何時間でも歩くよ!いこいこ!
だったのにこのところちょっと歩くと帰ろうとする。
老いが始まっているんだろうか?
ちょっと寂しいというか心配。

この日この時間は整体に行くはずだったのをキャンセルしたんだった。
1年以上通ったけれど無意識に力んでしまい矯正ができないという事態が時々発生していた。怖いという意識が先行して走っているのは自分で感じる。しかしダメだそんなこと考えちゃなんて考えれば考えるほど意識や体の状態がコントロール不能になってゆく。それでも次の時にはうまくいったりまたダメだったりを繰り返しつつ。
先生はお金をもらってる以上何とかしようと頑張ってもいて・・
前回、先生は露骨にあーもういいわと投げやりな感じで工程を飛ばした。
私ももうやめるつもりで何も期待していなかったためそれを特にどうこう思う事もなかった。
こういう時に潮時という言葉を使うのは間違いみたいだけどまあそんなやつであろう。
書いてみて思ったけれど、楽器投げ出した時と同じだ。
思い出せば幼いころからこれと同じようなことが何度もあった。普通にやってみて・・なんにも考えないで吹いてみて・・
今新しいことに挑戦しようとしているけれど、また同じことになるのが怖い。
その怖いという意識がそうさせるんだとわかっているのに。

家に帰りふと見ると、
6887.png
ボンタンに新芽が出ていた。
霜が降りる手前くらいまで出続けるのだけどこの時期に出た枝は大きく展開することもなくそのまま寒さで死んでゆく運命だ。
同じ木の枝の新芽で何か落ち度があるわけでもなのに、出てくる時期を間違えれば活躍することもないまま死んでゆく。


https://www.youtube.com/watch?v=brC3qrv3Yv0
プーランクの黒人狂詩曲という曲で作者18歳の時に書いたデビュー作。
時代的な流れもあったらしく何の悪気もないわけだけど題名的に現在は舞台に上げにくいんじゃないか?
技術や経験の前に才能と若い野心と変な自信といたずら心みたいなのが暴走している感じだ。
でも作者のその後を色々予言しているようなものも聴きとれるし、俺はやるぞ的ないかれ感が面白い。

6883.png
フィナーレなんてなんだこりゃ。
歌詞がホノルルなのは意味があるんじゃなくてなんとなく黒人的な言葉ということでふざけているわけ。
どこかで酷評されたらしいけれど、反面好意的な大反響も得たという。
この作者は裕福な特権階級のもとに生まれたわけだけど、もし労働階級に生まれ虐げられた幼年期があったら作曲家として成功できただろうか?
なんてことをいくら考えてみたところでもうそれ別人なんだから何の意味もないんだよね。
枯れる時期に生まれちゃったものは美しい花をつけ実を持った枝を羨んだって仕方がない。
枯れるまでは精いっぱい日の光を浴びてればいいじゃない・・いや、がんばれ。


CDのリッピングは何かを考えると頭がいかれそうな危機に陥った時にそれを封じようと黙々とやった。
お盆休みでふと時間が空いたが抱えた問題が極度に深刻化しており何かあればすぐ対応するため家から離れることはできない。それより通常なら子育てにすべてを注ぎ込んでいるはずなのにそれはないしその見込みも立たない。俺の今この時間は何のためにあるのか?俺は何で生きているのか?・・みたいなのだったと思う。
現実逃避のため何かに打ち込むというのはよくある話だけど、それがリッピングというのがまたダメ人間的な気もする。
一日中そんなことをやっているのに怒らないでほっといてくれた嫁さんには感謝している。

その次に訪れた危機で考えたのがもう一度楽団に入って楽器をがんばるみたいなことだったと思う。
頑張れないまま挫折して今に至る。

もう子供ができない・・は鬱思考の原因から外れた。
次に来るのは・・と考えるのはやめよう。
嫌でもいつか直面しなければならない時期は来るんだから。

今度こそという気持ちで楽器をちゃんと習いたいなんて考えている。
教わること恐怖症の私がそんなことを考える日が来るなんて思わなかった。
今書くと長くなりすぎるけれど、体験レッスンというのに行ってみた結果やっぱりやりたいと思った。
前出の整体における硬直して先生も焦るしお手上げかみたいな状況がいきなりでてんの。
前代未聞の大惨事になるかと思ったけれどまだ神様に見捨てられたわけじゃないようだった。
行ったことがなくて知らなかったけれどどうも先生は楽器店から独立していて楽器店は教えたい人と習いたい人をつなぎ場所を貸すブローカーみたいなものらしかった。
またみっともなく逃げ出すかもしれないんだからブログには書くなよという声が聴こえるんだけれど、いいじゃない今日の時点ではこう思ったという事で。

6888.png
ボンタンの実はまだまだ青い。
道半ば。

犬は次の日、結構歩いてくれた。
まだまだ大丈夫だよね?

Tag:プーランク  Trackback:0 comment:2 

明るいメランコリー

嫁さんの車
いつものようにドアを開けたら鉄砲玉みたいに飛び降り・・
6747.png
たと思ったらまた戻ちゃった。
あれれどうしたの?

6748.png
お、お降りられまれり・・・
訳の分かんないことを言って降りようとしないのは
ここが病院だと知っているから。

別に病気じゃなくて爪切りに来ただけだけど。
診察台の上で世界一惨めな人みたいな顔になっちゃって・・

6749.jpg
終わっても興奮冷めやらず・・か、かえりますよ・・
興奮のあまり何を間違えたか自分からまた診察室へ入って行ったり・・
落ち着きなはれ。

6750.png
終わって安堵の図。
このままどこかへ連れてってあげようかと思ったけれどまだ爪から血が出ているので細菌侵入を嫌って帰宅。
初めて爪切ってやったときびっくりした。
人って爪切ったって血なんかでないでしょ?
犬も自分でびっくりしちゃって二人で大騒ぎになっちゃって・・

6752.png
10月も後半だけれど、朝顔は毎日花を見せてくれる。
他より成長が遅いことは劣っているのとは違うんだね。
今年はスダチの実はあんまりならなかった。
いいよたった1個だってなればならないことよりずっとすごい。

6772.png
夜になって会社から帰ると朝顔がまだ頑張って咲いて見せてくれてたり・・・
見てなんか言ってあげるとしぼんでいくんですよね。
なんていえばすかさず「そんなのただ気温が低かっただけだろ!」みたいなのが現れるわけだ。
そうだねさすがだね。


https://www.youtube.com/watch?v=2yU2TdWVBYM

これはプーランクのメランコリーという曲で。
メランコリーという言葉にはブラームスに見かける落ち葉が秋風にさらわれていくような世界を連想するけれど、この音楽そういうのとは全然違いますね。このタイトルには作者の皮肉が込められているんじゃないかと私は思います。
明るい月明りに照らされたノクターンみたいでもあるこの曲、おしゃれ音楽のようで意外にいろいろ面白い。

6758.png
調号変ニ長調ではじまる・・・素直に変ニ長調というわけでもないような気もするけれどまあそれがその先で

6769.png
ニ長調に転調してまた歌い始める。
自由なようで音楽には体系的な理論とルールみたいなものがあります。
変ニ長調とニ長調というのはとんでもなく遠い調でそこを一気に飛び越える転調なんてのは気が振れたような話で絶対にやっちゃいけませんよという合意のもとに何百年も音楽はやってきた。
半音って鍵盤だとすぐ隣だから最も近いんじゃないの?とか思っちゃいそうけどその距離じゃなくてね。4は2で割れるけど3じゃ割れないでしょう?・・ちょっと違うけど・・いや意外に違わないか。

ドイツにリヒャルト・シュトラウスという作曲家がいて、冒頭だけ誰でも知っているツァラトゥストラはかく語りきという曲があるわけです。
曲の結末でハ長調(でもハ短調でもないハ調か)とロ長調が同時進行する場面があるんですね。
ニーチェの書いた本は最初の3ページで読むの止めちゃったけどこの部分、人間と自然というどこまで行っても絶対融合しえないものの距離感を表現しているんだと思う。
6778.png
聴けばかなり不自然でどこまでも落ち着かない印象を受けるその部分は音楽史上前人未到のとんでもないことが行われた瞬間みたいなことになっており、何しろ一番大事なこの瞬間をこちらもそういうつもりで聴くわけ・・
こういうもの単体を考えたり作ることは別段難しいことじゃないし素人にだってできるんだけれど、それを公の場に芸術作品として出すだけじゃなく世間に認めさせるということは結構とんでもないことなわけだ。そしてそこを打ち破ってきた人間が歴史に名を刻む。
ところがこのプーランクというおっさんのこの曲はそこをそんな大げさな話の真逆、タバコ咥えて半笑いで「しらねーよ」みたいにさらっと通過してゆく。
まあ、だからと言ってプーランクが超絶革新的だとか偉大だとか言うのもまた違うとは思う。時代の流れや周囲環境もあるもんね。
それでもこれがこの人の強烈な個性なのは間違いない。調号が変わるところは新鮮な光が当たったかのようないい感じで超えるんだけれど、この冒頭の再現が半音上に出てくるところは結構すごい。
ちょっとこっちに置かせて・・と棚上げにさえたそれがいつの間にか話の本筋にすり替わっている感じ。
くだらねーと事こだわってるとおいてかれちゃうみたいな。

喜びの歌みたいにな中間部に感動してたのがおさまりまた冒頭が再現されるところ、
6770.png
今度は最初の半音下のハ長調になっちゃって・・さすがにここは楽譜無しでもあれ?とか思う。
このあれ?が大事だから。
あきらかにわざとやっています・・さらっと・・すごいね。
この人きっと、お酒飲んで話をさせても人を引き付けるような感じだったんじゃないかなぁ・・
男でも女でも両方いけたらしいけど、即興でこんなの弾かれて楽しい話と酒と・・ってそりゃツイてっちゃうだろうなぁ・・
俺は男は嫌だけど。

私は絶対音感のかけらもないし調性和声感覚とかそういうのも怪しい。
だから音だけ聴いてこういうのを聞き取る力がそういう感覚の強い人より劣るかもしれない。
劣るったって音楽で飯を食えるわけでもない俺にそんなもんいらねーけどね・・・本当は押せば音が出るような電子楽器と違い、管楽器なんかをやるならそういう力が必要。
この曲もただ耳で聞くだけだとなんか不思議で不安定な転調してる?くらいで終わっちゃう。
だから私にとっては弾かなくても弾けなくても楽譜を見て視覚的な発見を得ることに大きな意味と喜びがあるんですね。
知らねーよってな話でしょうけど。
わかると今度そのつもりで聴くようになり、何にも知らなかった時とは違うものが聴こえるようになてくる。
もともとそういうのを書こうと思ったブログなんだけど、そんなこと書いても読んでくれる人もあんまりいないだろうし思ったことを全部だらだら書くブログになちゃって・・
最近はいろんな人に読んでもらえてうれしいです。
ありがとう。

6774.png
自由なようで最後は元の調号に戻るところがいいですよね。それでまた最終音のあの感じ・・

次の日はすごくいい天気。
自治会の仕事を終えるとちょうど昼過ぎだ。
犬も一緒にパンでも食べにどこか行こうか?
6755.png
でっかい富士山。

6756.png
後ろの木々は紅葉してるんじゃなくて台風に潮風を吹き付けられ枯れちゃってるところ・・
ちょっと悲しい感じ。
来年、ちゃんと新芽が出てくれるのかな?
犬も今日はなんかいつもと違う。
いつもならつかれちゃってヘロヘロになりながらもっとどっかいこうよー!とかいうのに。
歩きだしたらすぐ自分からもう帰りましょう・・
季節外れな暑さのせいだよね?
家族というか娘で親友みたいだから、老いを意識するのは寂しい。
朝顔も、あんなに頑張ってくれると一日でも長く頑張れ!と思う反面、最後の日を予感して何だか寂しい気持ちが来たりする。
自分も最後を感じる日が来る前に、もう少し何かしておきたい。

ずーっと暗いというか憂鬱な気分の中にいたけれど、吉野山に登ったあたりからか頭の中にやってみようということを浮かべてみたらちょっと安定してる。
薄暗いマンホールの中で梯子につかまっていて下を見ればお前人間失格だろみたいな色の泥水。
今、上を見るとさらにその上に一本の掴み棒が見えた。
登れるかもしれない・・・
そういう感じ。
これだけで少し気持ちの温度が上がる・・でもだからと言ってここにとどまればあの掴み棒は消えてしまったり、落ちてきて私を引きずり落とす錘になったり・・
進もうと手をかければ届かないことに気付く瞬間や、砂でできた棒が崩れるのを見たり・・
傍から見ればへんなポエムに見えるのかもしれないけれど大きなお世話ですよね。人の中の世界なんか人それぞれなんだから。
経験的にこういう上昇した気分もあっという間になくなっちゃってあれは幻だったのかなんて思うのも知っているけれど、いいじゃない今が良ければ。

Tag:プーランク  Trackback:0 comment:4 

位相反転スイッチ

昨日飲みきれなかった飲み物を冷蔵庫に入れておいた事はきれいに忘れているのに、転回禁止で切符を切られたことは目覚めた瞬間から頭の中に充満している。
こういうの、逆にしたほうがいいんじゃないか?
昔から悔やんでもどうにもならないことや心配しても仕方がないことを考えるのに時間を費やし結局なんにもしてこなかった。反転スイッチみたいなものがあればいいと思うけれど見つからないので都合の悪いことを考えないようにして3日目。だけれどなかなかうまくできないね。
ちなみに単純に波の位相を反転させても誰も何も気づかないはず。ぶつかる複数の波のうち一つの位相を反転させた場合は大問題だ・・いいかそんな話。

6537.png
もう何日前だったか台風が近づく海の前のカフェで昼食をとろうと思った。

近くに大学があるのかお客さんのほとんどは学生だと思う。
BGMも全く聞こえないほど話声であふれておりかなり騒々しい。学食か社員食堂みたいだ。でも嫌な思いをしなかったというか周りの会話が少しも気にならなかったのは、みんな楽しい会話をしていたからだろう。
前回来たときは隣の女の子たちが彼氏かそれ相当の人か知らないがの悪口を延々言ってた。そういう攻撃的な会話があると耳が自動的に追ってしまう。思い出せばかなり昔から。ひどくなると存在しない会話が聞こえていた時期もあったかもしれない。
店員さんもみんな学生のバイトかな。メニューを見誤ったため修正に時間を取ったところイラつくそぶりを見せるのは若い感じで微笑ましいね。ひとこと言ってやろうか・・あイラついてんのは俺だった。でも丸く収まる。

6538.png
なんかわかんないけど前菜。
パンの上にあるのは鮭のすり身とマヨネーズみたいなのじゃないか。これどこかで瓶積め買って食わずに駄目にしたよなぁ。
たまに食う分には美味しいね。
6539.png
ハニーローストポークだったっけ・・
ガラスの器にはちみつがたっぷり・・多分かけて食べるんだろう。
一口やっていたけれど、おっさんにははちみつなしのが良かった。
文句みたいだけどそうじゃなくておいしかったよ。

6540.png
飲み物が付くというから柚子ティに。
柚子風味の紅茶かと思ったらはちみつゆずみたいなジュースだった。おいしかったよ。
ブラインドは勝手に調整するなの注意書き。
日の位置が変わったからか飯も食い終えるころ店員さんが
6541.png
ブラインドを開け始める。
カップルだらけだ。
皆楽しそうでいいね。
学生時代の友達や恋人って一生わすれない存在になったりするんでしょう?
いいね若いって。

6542.png
窓の向こうにはすごい波・・
またずっと見てた。


https://www.youtube.com/watch?v=2yU2TdWVBYM

そこからまた来るまでかなり走って・・
ここは
6543.png
大井川の河口。
海はあれまくり。
6544.png
ふり返ると見えるあそこは以前来たとき小さな動物たちの楽園みたいになっていて
6016.png
いいななんて思ったところ。

そして今日、もしかして誰かいてくれるかなと思って・・

6545.png
あの時とおんなじ猫が、おんなじ場所に寝ていた。
近づいて・・不憫で写真は撮れなかった。
多分いろんな病気を患っていると思う。

若くてかっこよかったあの鶏のはどこにもいなかった。
まあ、そうだろうなぁ・・・
みんないなくなっちゃったの?
俺もだれもいないよ。
子もいないから最後の時は

俺が勝手にそう思うだげで、あのねこはひとりじゃないかもしれない。大体そういうもんだ。
そういうのも考えないようにしたい。


動物たちがいない代わりなのか
6546.png
軽トラや自転車に乗ったお爺さんがたくさん集まってきていた。
なんなんだろうか?
軽トラのお爺さんはクラッチとエンジン焼いちゃいそうな轟音を上げつつ少しも進んでないみたいな・・
もう一台の軽トラはとんでもないところに停まってお爺さんはハンドルにもたれて寝てる・・・え?まさか・・
なんだこれ・・
次これるのはいつかわからないけれど、またみんながいるといいなぁ・・

Tag:プーランク  Trackback:0 comment:4 

プロフィール

unagi

Author:unagi
結構さみしいけど結構楽しいよ。
クラシック音楽が好きです。

カウンター
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ