極めて劣勢だけどつぶれてません。

峠を越えて。
8011.jpg
いい景色の前には人だかり。
知らない人同士互いに写真を撮ってあげたり・・
そんな楽しそうな人の輪から一定の距離を置いた場所に立ち、
前の景色もパッとしないから振り向いてみれば
8012.jpg
犬の背中みたいだな。
座椅子に座ってると腹の上に乗っかって寝そべるから目の前にこんな景色が・・
昔ふさぎ込んでいた時、いつも私のそばにいて苛立ちから舌打ちをすると即座に腹の上に乗って落ち着かせようとしてくれた。

裏道のつもりだったけど結構車通るのね。
スマホで何でも簡単に見えてしまう今はもう裏道とか知る人ぞ知るお店というのも存在しえないのかも。
以前あるカフェで禁止と気付かず写真撮ろうとしたらすごく怒られた。
インスタ映えじゃねーよ、実際来てその良さを分かってくれる人だけに知ってほしいとかなんとかでしょう。
けど、Googleマップのレビューを見るとみんな写真撮りまくり載せまくりだった。
その前にまず一言断りを入れるのが礼儀で常識だというのもありますよね。
写真撮らせてほしいとお願いすれば案外笑顔で・・・て感じでもなかったかなあの人。
8031.jpg
さらに下ると人と車であふれてる。
湖のほとりを走るとこれまた絵にかいたような素晴らしい景色がみえるけれど車をとめられる感じでもないし後ろの車も煽り気味。
その先にある駐車場は満車で人だらけ。
その先の駐車場はがら空き・・
なんで空いてるのかって、ここだともう燃える紅葉は見えないから。
その先の道の駅も車であふれ・・
8032.jpg
子供の頃、富士山の絵を描けと言われるとみんな頂上左隅に小さな丸いものをちょこんと描いたもんだった。
富士山レーダーと呼ばれたそれは今ここにある。
駐車場の通路を右側通行で突っ込んでくるすました顔のおばちゃんとぼけっとそれに続く車列、通路に平然と車をとめて店だかトイレに入ってくおっさん・・
世の中やったもん勝ちですもんね。
人混みを避けて
8013.jpg
逃げるように森へ。
逃げてばっかりだわ。
人混みが嫌いとか、人の笑顔が苦手とか客観的には人間失格というところでしょうね。
でも私は私自身なのでなりたくないのにそうなった過程も知っているし、何より自分で自分を失格扱いにしたらそこで終わっちゃうから、
だから人間合格。
8014.jpg
奇麗じゃない。

初めて一年くらいの楽器、
このまま何年続けても全く進歩しないという事が自分の中で明確になり、論理的にこのまま続けることは時間の無駄でしかないというところまで追いつめられた。
でもまだやってるよ。
詳細を書けば恥の上塗りかもしれないけど、それでも未来に希望を見てやってるよ。
8015.jpg
神様はできないものをできるようにしてなんてくれないけれど、
もうほんとにダメだというところでダメじゃないかも・・をくれるのかも。
やりたいことがあるというだけで、
世の中が明るく見え
体が軽くなるのね。


https://www.youtube.com/watch?v=_hW3aGmYkNw
メンデルスゾーンに限らずオルガン作品を残したロマン派の有名作曲家は結構いるんだけど、聴いてみると作者の個性よりオルガンという楽器の個性が前に立っちゃう曲も多いような・・
メンデルスゾーンのはメンデルスゾーン感がうまく前に出てくるような気がする。
牧歌的ないい曲ですよね。
またト長調ってそういう曲の多い調ですよね。

私は絶対音感なんかないし知らない曲の楽譜を見ていきなり頭の中で鳴らすことはできません。
楽譜が読めないわけじゃないから楽器で音を鳴らしてみながらああこういう感じかぁというのなら・・だけど楽器もあれだから・
それでもこの曲は私にとっては極めて珍しく聴くより先に楽譜を入手して自分でどんな音楽なのか探った曲。
実際ちゃんと弾いたわけでもないしそんな大した話じゃないんだけど。
でもそういうの忘れないのね。
ここはこうすべきというのがあって、他人の演奏を聴いてるときももっとこうしてよとか思ったりしてる。

続くフーガ
前にも書いたかもしれないけれどとてもいい曲だけど見栄を切らずにほのぼの終わっていく終結が彼らしいというか大金持ちの天才王子みたいだなと思う事が・・・
8017.jpg
森の中へちょっと入っていけるような小道を見つけ・・・
私有地かもしれないからあれだけど、ほんとはちょっと歩いてみるといいんだろうな。
でもこの時そんなことを少しも考えなかったのは、まだ昼飯を食ってなかったから。
時計は結構進んでる。
8018.jpg
このあとおしゃれ店を探すこともせず行ったことのあるファミレスで遅い昼食。
人もあんまりいない店内でゆっくりして満足。
昼飯が終わるともう日の光はもうすぐ終了ですよみたいな色となっていた。
傍目にどう見えるかは知らないけれど、
私の人生は無駄じゃないと思う。
大丈夫。

Tag:メンデルスゾーン  Trackback:0 comment:8 

すこしづつ進めばいつかは登るだろう

7958.jpg
いま犬と散歩するには一番いい時期かもね。
自分も。
ゆっくり歩いて止まってばっかりだから、どれだけ歩いても全く運動にはならないけど。
7959.jpg
エビ天の入ったハンバーガーを食った日。
食ったらちょっと歩かなきゃ。
7960.jpg
川でも見て・・
台風の時はものすごいことになったらしいこの川も今日は澄んでいて穏やか。
ここは昔からの自然な流れではなくて鎌倉時代に暴れ川を改修すべく掘られた人工の水路なんだそうだ。
実際はその後も拡幅や直線化が繰り返されて今のこの形がいきなりあったわけじゃないんだろうけど、しかし重機なんかある訳のない時代の超巨大プロジェクトだなぁ。城というか館があったらしい小さな山に登ってみる。
7961.jpg
いいね階段。
結構きつい。
きついけれど一段一段登っていれば間違いなく進んでいく。
登り終えると・・
7962.jpg
また階段。
楽器のレッスンは訳があって年内は休止という連絡が入った。
ついに引導を渡されたみたいだけどそういう話じゃなかった。
ありがたいことに自分のモチベーションへの影響はないみたいで今日も明日も練習してる。
傍目にはそんなの練習じゃないよというとこなんだろうけど。
その後もどうなるかは未定だけど今から考えたってしょうがない。
前の楽器の時も引導を渡されたのか的な出来事がきてそのまま電池切れたみたいにやめた。
でも今度はやめないの。
7963.jpg
この手の階段は終わると思うと次が待っているというのが定石であろう。
諦めようかという気持ちが出てくるけれど、
ここまで来てなにを馬鹿な・・が出てくれば大丈夫。
7964.jpg
頂上からの眺め。
晴れれば富士山も見えてなかなかの景色だと思うけれど今日は・・
この豊かな田んぼ地帯はもともと川が広がって蛇行している沼地みたいなとこだったんでしょうね。
雲の上に出るようなすごい山じゃなくても、登ってくればそれなりの景色が見られるのね。
登ってみないと始まらないし、ゆっくりでも目の前に見据えた階段をすすんでればいいか。
このあと嫁さんがみかけたチェーン店らしい大きなコーヒーショップにいった。
7966.jpg
紅茶の下には火を入れてくれる。
どこかでこういうのを見たときには感激したけどこれは巨大資本のなせる業かなぁとか思ったりして。
今まで紅茶なんてただ何となく飲んでいたけれど、嫁さんのと飲み比べアッサムよりアールグレイのが自分は好みだと知った。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=869&v=9V7DYckpj8o
たまたまBGMでこれが流れてた。
ついてる愛称は瞑想だっけ?
他にもドリーの最初の曲とかクラシックの千歳飴みたいに甘い曲が連続して流れてた。
変ホ長調にはオレンジとグリーンと金というイメージがあるのでこの曲を聴いていると音にオレンジマーマレードが塗ってあるような気がする。
音感や調性感なんて持ってないのでいつかどこかで楽譜を見た記憶がそう思わせるだけ。移調して弾かれても多分気付かない。
7965.jpg
ふわふわトロリみたいなのを狙っている思われるパンケーキは生っぽいというか乗っかりしろのない船みたいな感じで大量のクリームと合わせけっこうのっぺり。
もうちょっと焼けた感んか塩気があってもいいかな。

あまり人もいなくて静かだったけれど後ろの席におっさん二人やってきた。
座ると同時くらいに一人が堰を切ったように話し始め止まらない。
感情的で高ぶった声色から自分は不当な扱いを受けた被害者なのだみたいなことを主張しているのが解る。
ある特定の人物を愚弄し糾弾し続けているようだ。
もう一人は相づちを打つでもなく黙って聞く。
役目を感じガス抜きしてあげてんのかな。
みんな色々抱えてんのね。
さあもう帰ろう。
晩飯は炭水化物抜きにしないと・・サラダだけにしよう。

Tag:メンデルスゾーン  Trackback:0 comment:2 

リップクリームと腐らない心。

7901.jpg
天気崩れるらしいけれど朝のうちはまだ日がさしていた。
空気も気持ちがよく青い空がきれい。
いいねー
7899.jpg
いつもはもう帰るの一点張りな犬もはりきっちゃってもっと歩こうよう・・
そうだね、でもそっちじゃないよ。
この川、浚渫されて石は転がってなかったと思う。
やっぱり台風の影響はあったのか。こんなところにある訳のないでっかいコンクリート構造物も転がっていた。
上の方で何かとんでもないことになってるのかもしれないな。
7900.jpg
ずっと、訳があって下唇の裏側が擦れたり切れたりしていて痛い。
リップクリームが多少の慰めになるので塗っていた。
ある日塗ろうと思うとものすごい違和感。
は?
何この匂い?腐ってる?
調べると雑菌が入るとそうなるらしく、よくあることだそうだ。
俺は雑菌原なのか。
別に俺だけじゃないしそこは恥ずかしいとか思わなくてもいいんじゃないか。
7902.jpg
もう捨てるしかないのか、おっさんなのにはちみつの香りの・・
これを買ったのはもう結構前。
別に唇があれたりするようなこともなかったのに買ってみたのは、あることに行き詰まりこんなもんでも塗ってみたら奇跡が起こるんじゃないかと・・もちろんそんなことがあるわけないのはわかってる。
だけど藁をもつかむというじゃない。
考えてみるとそんなことしてた時点でもう先が見えてたのかもな。
7903.jpg
ふと見るときれいな空に突然真っ黒い雲の群れが現れた。
なんだあれ、悪い心が芽生えたみたいだ・・

このときは特に思いつかなかったけれど、数日後某所から電話で連絡があった。
正確な状況は見通せないけれど先の予定が未確定になったのは間違いない。
偶然なんだろうけれど再び行き詰まり奇跡でも起きないかと思っているところこういうのが来るといろんなことを考える。
悪い考えが芽生えかけている事にも気づいてる。
流されちゃいけないと思う。
やたらに何でも悪い方向へ考えるのは昔から背負っただけでなくもう遺伝でもあるのではないかと思うけれど、
チャンスに変えられるくらいの肯定的な気持ちで踏ん張ってやる。

ちょっとたつと、
7904.jpg
日の光を浴びた雲は浄化されて真っ白くなってた。
やっぱり日の光に当たんなくちゃいけないんだな。
リップクリームも日に干したらよくなるかな?なんないな。
表面をどうにかしても簡単には治らない。
頭のなかも同じ。
気持ちのいい光を浴びにまたどこか出かけよう。
それしかないけどそれがあるわ。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=3600&v=9V7DYckpj8o
チープなラジカセからこの曲が流れていたあの時の朝日と気持ちのいい空気・・まだ何にも知らなくてこの明るい何かが・・
この日、朝目覚めた時からこの曲が勝手に頭の中流れてた。
今朝の空気が呼び出したのかも。
久しぶりに犬とここまで来れてよかった。


Tag:メンデルスゾーン  Trackback:0 comment:2 

夏の終わり、都合の悪いものもみんな終われ

カフェから出たら雨はやんでいた。
分厚い雲の中にあるはずの富士山が黒く見えた気もする。
せっかくだからちょっと湖の裏側へ・・
裏とか表なんて誰が決めるんだという話か。
店がいっぱいあって人のいる方が表、南側が表、明るい方が表、美しい方が表、みんなに好かれる方が表、背が高いと表、高学歴な方が表、酒が強いと表、子供が優秀だと表、みんなが表だというと表・・
考えなくても私は昔から裏側か隅の方です。
7537.jpg
あーいいですね。
いつも見る富士山よりずと近いのにずっとコンパクトに見える。
あの向こう側に住んでいる私からすればこの富士山は裏側。
裏はお前だろ
あそうですか。
写真撮ってくださいと声をかけられる。
私の歳の半分くらいのお母さん。
コンデジなのかぁ、みんなスマホになっちゃったわけじゃないのね・・
小さな子供と背の高いお父さん。
逆光で人物真っ暗だけど・・いいって言ってくれるからいいか。
素敵な思い出の一枚になりますように。
いいなぁ・・

あれから30年くらいたってるのに、
人から普通に話しかけられると驚く。
この日昔を思い出すような場所に行ったから余計に。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=4912&v=9V7DYckpj8o
この曲の名は羊飼いの訴え。
作者によるものじゃなく後の誰かによるものだと思うけれど、はじめて聴いた中学生は曲想とその題名から強い印象を受けた。
その訴えはきっと聞き入れられることもないんだろうなぁ・・・

今でもそうだけれど私は鏡に映る自分の像を理解できなかった。
こんなことを書いても誰にも通じないだろうけど他にもいろいろあるので自分はどっか欠陥があるんじゃないかと思う。
高校に入ってしばらくしたころから別な障害と合わせ変な気持ち悪いのがいると街中で有名になってしまった。
どうすればいいのかがわからずできることは何も気づいていないし何もないと自分で思い込むことだけだったけれど、今思えばそこもおかしいね。
誰にも助けを求められず神様に助けてほしいと訴えた。
でも神様というのはそういう求めには応じてくれないと思う。
逆恨みをしたら余計ひどくなったりして。
こんなの書いてちゃいけないけど。
メンデルスゾーンは超絶金持ちのもとに作曲以外にも各種才能を発揮する天才芸術家として生まれた。
そんな王子みたいなボンボンにも人知れず苦汁をなめ床をかきむしるような日があったのかもなぁ・・
7538.jpg
あ、晴れてきた。
晴れてくると山肌に色がついてくるんだけれど、
写真だと逆光になってどんどん真っ黒になってゆくのね・・
晴れればいいってもんでもないのかな。

表の方へ回ると、
人間でごちゃごちゃしてもいなくてなんだかのどかだ。
涼しくて気持ちもいい。
餌をあげるからなのか足漕ぎのスワンボートに本物の白鳥がいっぱいくっついていくのが面白い。
ボートから降りてきたにぎやかな家族の最後で若いお母さんが
おせわさまでしたー!
古風な言いようはきっとそのまたお母さんのコピーなんだろうな。
いいね、家族って。
中国語が聴こえてくると思ったらファーフェイのCEOみたいなオッサンが10歳くらいの女の子とボートを漕ぎだして歓声を上げてる。
一見あか抜けないようだけど商売で成功したセレブかなんかなんだろうな。
金髪のお姉さんが犬を二頭連れて・・Good Doggyとか言うと犬もうれしそうに・・
犬でも英語がわかるのに俺はわかんないんだから・・
色んな人がいて、みんなそれぞれに人生があるんだろう。
あたりまえか。
他人はどうでもよくて俺は俺をよりよく生きればいいんでしょう。
7539.jpg
夏も終わり
今のこの変な私ももうすぐ終わるはず。
また違う気持ちを探せるはず。

Tag:メンデルスゾーン  Trackback:0 comment:4 

ダメ人間の構造とトマト

私のやりたい楽器はやっていると口の中が切れることがある。
肉を切ってしまわないように歯に何かを被せる工夫をしている人がいて自分も一度やってみたのだけれど、それをそこに置いとくことすらまともにできない極度の不器用さに驚き・・もしない。まあそうねみたいな感じ。それからやってない。
口の中が切れると痛い、トマトなんかは滲みてつらいことがある。
7383.jpg
嫁さんが急にラーメン屋の名前を口に出したので行ってみた。
イタリアンの発想をラーメン化みたいなコンセプトでよくみかける新規店とは一線を画す。隣には女性の一人客。
冷たい麺はないかと探すと一品だけあった冷たいトマトつけ麺というのを食った。味は見た目そのま・・すごくおいしかったよ。
写らなかったけど艶々と輝く麺はうちじゃできないと思うし、暑いのに湯を沸かして茹でるとか片付けるとかしなくていいというだけでもごちそうなんだもんね。
しかしかなり気を付けたはずでも絵に描いたように赤いスープで服を汚すのね私。・・いいけど。
素敵な時間をありがとう。
7421.jpg
私、自分の体の状態を把握しコントロールする機能みたいなのが著しく劣っていると思うんだけれど、
楽器で人間失格みたいになりながらやっててふと持ったのは
1という動作をしなければならないとき、私は説明を受けるとどうもそれを
2376√768×675.8π/sinθ+・・
みたいな複雑で壮大なものがあるのだと受け取ってしまうようだ。そしてそれを必死になって実行しようとする。
だけど実体としてそんな受け皿はないから意味不明な空回りの結果マイナス73みたいなのが出力されてんのね。
実際必要なのは1だから子供でも一瞬でやってしまう。
そして私は何か月たっても虚数域みたいな所でわけのわかんないことをやってるから周囲は
あんたおちょくってんのか?
・・・思い出せばこの感じは楽器に限らず昔から何度も重ねられ悪臭を放ってきた記憶でもある。
もうちょっと書くと
1に偶然たどり着いたり強制的に1の状況を教えてもらってできても、今度はそれを把握して固着するとことができないらしく5分もたつとまた幻の1を求め√345.1×2!×・・とかやりだすのね。
感覚神経もおかしいけど物の感じ方や考え方もおかしいみたいだ。
成長に合わせ通常行われるべき動作や訓練をしなかったからだろうか?
一度私の脳や神経回路にUSBみたいなので接続して、内部構造を客観的に診断してもらいたいなぁ。
ハード的にはどこもおかししくなく性根が腐ってるだけです・・とかだったらどうしよう。
むかし就職活動でSPIというのを受けたら客観的に出るものが出ちゃった。熱意は買うんだけど、この結果ははどうしても・・
あれからいろいろあったけれど普通に会社員として問題なく仕事をしていることにはなっているわけで、そこはありがたいことです。

あなた最初は吹けてたはずなのに、どうしたんですか?なんて言われて・・どうしたのか知りたいのは私もです。
子供が拾える1を、私はもしかするともう永久に見つけられないのかもなと思いながら今これを書いてる。
こんなこと書いても傍目には馬鹿の一言でしょう。
やる気のない人
いい訳ばかりでちゃんとやらない人
人の話を聴こうとしない人・・
実際そうなのかもね。
でもねいいの。
昔から自分でもなぜそうなるのかわからない意味不明な不具合に対して言われ続けたなんでおまえそんななの?はいいとして、ふざけてるのかとか、人のいう事を聴かないからだろとか殴られただとか・・
それらを自分もまともに受け取っちゃってきたから今のこのいかれた超絶自己否定思考と人間拒否症みたいな私がいるんだと思うのだけれど、結局何にもわからないまま自分はダメ人間だと思って死ぬより少なくとも何があってなぜそうだったのかを知ってゆくことは大きな前進だと思うから。
私は音楽が好きだから、もし楽器をちゃんとできるようになってそれから死ねたらそれは本当に幸せ。
楽団に所属していた時は周りに迷惑をかけるからやめてしまったけれど、個人でやってる今は別にリミットもないしやめる理由もないから。
先生にはご迷惑御おかけしているけれどそこはお願いするしかないよね。
辞めたってしょうがないんだから。
辞めたらどうなるかはよく知ってるから。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=1627&v=9V7DYckpj8o
ヴェネツィアの舟歌 第2
イタリアなんて一生行かないんだろうなぁ・・それより音楽できるようになりたいなぁ。
これも音楽聴き始めた夏休みによく聴いた。
自分からは異次元的に遠くにあると思っていた音楽に、もしかして自分も触っていいのかなと思ったら鳥肌が立った・・みたいな頃。
32年くらいたって、いまだ触ることができず・・

トマトといえば昔夏に祖母の家へ行くと畑からとってきたトマトを切ってしょうゆをかけて出してくれた。
なんだトマトかなんて適当に食ってみたそれが超絶旨くてびっくりしたのが忘れられない。
最近スーパーでぶどうみたいに甘いトマトに当たることはよくあるけどでもあのうまいトマトはもう何年も出会えてないなぁ・・・なにがちがうんだろう?
俺は何が違うんだろう?
全部全然間違ってんのかな。
私に向かって最初にお前はみっともない失敗だというようなことを吐き捨て嘆いて見せたのは実の親で死ぬ手前までやっていたけれど、祖母は私に否定的な言葉を投げつけたことは一度もなかった。
その祖母に、腐ってしまった私は・・別に何もしないけど、ほんとに何もしてあげられなかった。
7380.jpg
玄関のタイルが冷たいらしく夏になるとよくここに寝そべる。
今日は私より先に練習部屋の練習場所に寝そべってた。
早く練習しなさいよ・・
昨日できたことが消えちゃってまた元の糞状態に戻ってしまい・・
途方に暮れながら部屋を出ようとすると、
いつもはくっついてくる犬が出ようとしない。
私を凝視しながながら座り込んで・・
なににげてんの、練習しなさいってば!
私の心の友。

今日も駄目な感じで終わったけど、
また明日頑張ります。

Tag:メンデルスゾーン  Trackback:0 comment:3 

連休は危ない

滝にでも行けば涼しいかと思った。
超絶炎天下の中を走り続け、いよいよ目的地というあたりから
7399.jpg
曇り始める。
別に冷静にならなくても曇ったのは俺のせいじゃないとわかるのに、なんか俺はダメだなとか聞こえてくる。
何か不都合があったときに願いもむなしくやっぱり原因は私なんですか?みたいな数々の記憶がそう思わせるのねきっと。
すぐそばにはキャンプ場。バーベキューのあの匂い・・小さな子供・・
心に刺さるとか言ってないで自分もやればいいだけなんだろう嫁さんと犬と。
でも絶対やらないことも知ってる。
酒・・いや、中学生くらいでもうその機会から逃げてた記憶がある。
なんで俺はやっちゃいけないとか俺にはできないとか思ってるんだろう?
いっつも曇って日が差さないような気がするのはそのあたりに原因があると思う。
そんなくだらない考えに関係なく階段を下れば、
7400.jpg
湿度があるのでさわやかではないけれど、滝の力で気温は少し低くて・・
なんかこう、神秘性みたいなのが感じられないのは上流に人の気配を感じるからかな?
一瞬日が差してくれたりすると嬉しいね。
7401.jpg
このマーク、みんな真似しようとすればすぐできるんでしょう?
俺はさ、できないんだよ。
そんな人いる訳ないと思うでしょ?
この頭やっぱりおかしいな。
いいよ生きてられれば。
7402.jpg
昔は滝の裏側へ回れたみたいだ。
7403.jpg
よく見るとあの柱状節理みたいなのは大きく欠落した部分に人が石を積んで塞いである。
無数のひび割れをコンクリートで塞いでもある。
水が入ると亀裂が大きくなって落っこちるんでしょうね。
そりゃ危ないよね。


https://www.youtube.com/watch?time_continue=2490&v=9V7DYckpj8o
クラシック音楽に目覚めた年、夏休みに入ると朝ラジオでやっているクラシックの番組を楽しみに聴いた。
まだなんでも聴けたわけではなくて、意味が解らないのを我慢して聞き流している程度であったかもしれない。
時間の余白にこの曲を含みメンデルスゾーンの無言歌を数曲流してくれたのを録音したので、しばらく毎朝それを聴いた。
まだ涼しい時間に音楽を聴いて・・何だか新しい世界が始まるような気がして豊かな気分になったのを覚えている。
実際は取り返しのつかない閉鎖的ルートへの邁進を開始したのもそこだったのかもなと今は思う。
夏の思い出なんて、こんなのしかない。
でももういいじゃない。
あの時と同じ時間、今は少しも涼しくないしあんな気持ちになることももうない。
あれからもう30年以上になるのか。

帰りは山の稜線を走る道路でと思ったけれど、
普通車780円みたいな表示を見て引き返す。
なんかくだらねーな。
いや別にくだらなくないでしょ。
連休が来ると、子も作れなかった自分、今まで何もしてこなかった自分、今も何もできない自分を見せつけられるような気がするんでしょうね。
なにか打ち込むものでも・・ってやろうとしたそれがまたダメ人間感をどんどんあぶり出し中で・・
まあ、でも生きているし、きっとまだ晴れる日が来るはずと信じていきてるよ。

今これを書いているのは夜。
今日はとても涼しくて、
7404.jpg
窓の外から冷気が入ってくる。
鈴虫の声・・
いい時間と世界じゃない。
大丈夫。
まだ大丈夫。

Tag:メンデルスゾーン  Trackback:0 comment:0 

お釈迦様と自転車と軌跡の笛

橿原神宮前の駅前レンタサイクルに行ったらおばちゃんが超絶ぶっきらぼうで笑う。
名前と住所を記述すると、ふり仮名も振ってないのに私の苗字をちゃんと呼んでくれてびっくりする。
ああ遠くへ来たんだな。
昔から周りの人間や学校の先生からいつまでたっても名前を全然違う地元読みで呼ばれそのまま返事をしてきた。
自分軽視の一端はそこから・・なんであれ何かを人のせいにしてるような人間はだめだよな。
ちょっと走ればすぐに田舎めいてきて・・
7219.png
明日香村かぁ・・飛鳥じゃないのね。
自転車通勤してんだから・・と思ったけれどいつもと違う体の位置関係と緩いギアがしっくりこなくて慣れる前にそこらが痛くなり自分で呆れる。
でも気持ちいいねー
え?ここ?みたいな路地を曲がると
7220.png
こんなのどかな光景。
ちょうどいまが田植え時のようだ。
それより、日本の歴史にでっかい杭を刻むような重大な寺院がこんなところにとぽつんとあるっていうのが笑っちゃうしいいよねぇ・・
7221.jpg
このお釈迦様は日本最古の仏像で建立当時からこの位置におられて一切動いていないのだという。最古というか日本初みたいな話じゃないだろうか・・
そんな超絶すごい話なのに、なぜか素朴で親しみやすい印象。
優しい仏様だから、俺を馬鹿にしたりはしないでくれるんじゃないか。
写真撮影可っていうのもまた超絶太っ腹ですよね。

観光バスがつけて人がわらわら出てきたので離れる。
学校の行事なんだろう中学生のグループもうろううろしている・・
人が群れているのを見るとおかしくなる俺のおかしさはどうすれば治りますか?
お釈迦様に聞いてもそういうのには答えてくれないと思う。
7222.png
蘇我入鹿の首塚
ものすごい人物名のはずなのにこんなにのどかというか・・
7223.png
昔はもっとずっと大きなお寺だったんでしょうね。
日本の仏教発祥の地は今、こんなのどかな風景の中に静かにあった。
いい午後だなぁ・・ちょっと暑いけど。

https://www.youtube.com/watch?v=9V7DYckpj8o
超絶歴史体感行為であるのと同時に、
のどかで気持ちのいい田舎のお散歩という感じ。
心をに光と風を入れてくれる。
俺は歩いて回って生んだよ的なお爺さんが一人。話しかけてみるなんてできずに・・
ちょっと走って坂道をのぼると、
7225.png
教科書他いろんなもんで見た気がするここ。
学校の行事なのか中学生の集団がアリの大軍のように群がっており非常ににぎやかな絵となっていた。
そういうのが嫌いでなんてブログに書くと嫌われるんだろうなとか考えてた。
当たり前だけど中学生の集団は一人のおっさんなんか眼中になく、訳の分かんないことを考えてくだらない世界の中にいるのは俺一人だ。
7226.png
坂を下るとまたこのうちの近所みたいな素朴な路地には
聖徳太子生誕の地
という爆弾発言的な碑が。
この先に見えるあの寺で生まれたんだと誤解していたけど、そうじゃなくてそのすぐ近くでという事?
7228.png
なんかこれ有名なんでしょう。
これは笑ってるのかな?
彫られたのが飛鳥時代だという説明書きを読んでちょっと萌える。
1500年て、いうは簡単だけど、宇宙に行って帰ってくるくらい遠いじゃない?
そんな遠くにいる目の前にあるものを掘った人に今会えたというか・・
7230.png
わかりやすく印象的な亀石
可愛いところが笑うよね。
近くには小学校が見え、ピアノと先生の声に先導されるリコーダーの音階練習が聴こえてくる。
このおじさんさんはあれだ、毎日練習してるなんていったって正しい姿がわからず何もつかめないままだから定着するものもなくロングトーンもまともに・・
昔、小学校の音楽の授業で一人で笛を吹かされたことがあって思いがけず拍手をもらったことがあった。
次のレッスンもまたくしゃくしゃで崩壊なんだろうけど辞めたらそこで終わりだから何言われても何もできなくてもまた行ってくるよ。

Tag:メンデルスゾーン  Trackback:0 comment:8 

さだめ

6144.png
今この部分を書いているのは今日。
それはあたりまえか。
勤務先のある人間が会社を辞めると言い出したらしく、その上司や周囲の話を聞いているとどうもその人間の言動は軽い。
やがて出てくる言葉として
「あいつは子供がいないから・・」
まあわかる、そしてそれは俺も同じ。
仕事を辞めたいとは思わないけれど、この人生ここで終わってもみたいなのがよぎった。
しかし死ぬは怖いし、嫌だ。
絶対に死にたくない。
長生きがしたいというより死ぬことが怖い。
怖いのつぎはもったいないか?
もったいないのなら有意義に使えばいいのだけれど、そこがどうもどうすればいいかわからない。
何を言っているのかもわからない。


1週間くらい前のこと・・・
車で家に帰ってきて、駐車場へとバックギアに入れる・・・・・!?・・
なんかやたらにジージー言ってるのが聞こえて外を見ると

6101.png
鳥が咥えた蝉を地面に叩きつけ半殺しにしているところだった。
蝉は断末魔の叫び。
バンバン叩きつけられるからそれに合わせて鳴き声も時々止まる。
かまわずバンバンやる鳥。
だんだん小さくなっていく蝉の声。
写真を撮ろうとするとなぜかスマホが勝手に再起動を始める。
なんだこれしかし・・いつもここぞというところで変な動きをするスマホ・・関係ないかこれは。
多分飼い主が悪いんだろう。

そんなことを言っている間に蝉の声は止まっていた。
あぁ・・逝ってしまったのか・・・
っと地面に投げつけるとは羽根をむしられた蝉の本体は弱くジーっとかいってまだ悲鳴を上げながら転がってゆく・・
それをまた咥えて地面に
だんだん怖くなってきた。
あれが俺だったら・・・
自分が鳥だったらと言う想像は来ない。
無残に引き裂かれる方だ。

本当に無音になったとき、寂しさと恐怖と不安みたいなものが襲って来た。
鳥にとっては普通の食事。
何見てんだよてめーというというところでしょう。
蝉としては人生の総決算を目前に・・


https://www.youtube.com/watch?time_continue=1010&v=WjvHIGdj2DA

メンデルスゾーンの交響曲第3番はスコットランドという愛称がついていてクラシック入門みたいなのがあれば必ず載ってるような曲です。
むかしだと東京タワーと上野動物園みたいな曲か・・ちがうか・・
存在は知っていたし盤も持っていたけどなぜか私が聴くようになったのは40歳過ぎてからだった。
まあそれは今どうでもいいか。

ユダヤ人銀行家のせがれで超絶セレブであったメンデルスゾーンはスコットランドに見物旅行に行ってこの曲の着想を得たという。
次の年にはイタリアへも旅行にいってそこで着想を得たイタリア交響曲というのも有名。
その同じころ今日この子に食べさせるものをどうやって得ればいいのか・・・みたいな人もいたんじゃないかと思う。

しかしそれはそういうものだろう。
名門金持ちのところへ天才として生まれちゃったんだからしょうがない。
そうじゃないところへ凡人として生まれてきちゃったのも仕方ない。
蝉に生まれちゃったのも仕方がない。
俺が俺なのも仕方ない。
赤坂で降りてサントリーホールへ行こうと歩いていると高級マンションみたいなのがありみていると小さな子供が出てくる・・
制服を着たボーイみたいな人が子供のために黒い車のドアを開ける・・
何だあれメンデルスゾーンか・・・もいいか。
そのサントリーホールへもずっと行っていない。
前回そういうのを拒絶してからまた近づきたいと思うまで25年かかった。
これから25年かかるともう生きてるかわからない。
まいいか。

第1楽章の重く切なく悲しい雰囲気の音楽の後、唐突に馬鹿みたいに明るく元気なスケルツォが続いちゃうあたりに苦労なしのボンボン感を感じないでもない・・
こういう所に注目して彼の音楽を批判する向きは当時からあったようだ。
かなり僻みも入っていたのかなと思う。

3楽章も悪く聴くとでっかい工場なんかで昼休み終了時に流れる陳腐なBGMに似てる気もする。
ただちゃんと聴けば作者がやりたかったのはそんな浅い音楽じゃないことはわかる。
この曲はいい曲だと思うし好きだ。
6145.png
これを書いたのはその本人かと思うと、この紙は時空を超えて人と人をつなぐタイムトンネルのような・・いや、つながってないか。
几帳面な人だったかもなと思ってみたり。



眠ろうとすると、いろいろとネガティブな記憶がよみがえってしょうもないことを考え続けてしまう。
なかなか寝付けなかったけれどやっと夢と現実のはざまみたいなところへ落ちたころ、
あの蝉が出てきてジージー言ってた。
生きてられるんだからいいだろ
といってた気がする。

Tag:メンデルスゾーン  Trackback:0 comment:0 

あさ

あさ、仕事へ出かけようとすると玄関まで犬が出てきてくれた。
久しぶりだな。
昔は毎朝見送りに出てきてくれたし、帰れば必ず玄関で待っててくれたんだけど。
最近は・・まあたまには出てきてくれるか。
6054.png
出てはきたけどしっぽを振って見送ってくれるわけでもないのね・・・
でも出てきてくれてありがと。

自転車に乗って出かけると
6096.png
最初の10分くらいは風もさわやか、朝日も綺麗でとてもいい気分。
朝日の当たった田んぼの稲なんかも生き生きしているように見える。
まとっていた雲を振り払って、富士山もさあこれから・・
その後朝日に焼かれて蒸されていく。


6100.png
写真見ていてこれを思い出した。
北海道の北の方。オロロンラインとかいうんだけれどいいところ・・
霧で辺り一面真っ白でこんな遠くまできて湿気た真っ白ってなんだよと腐っていたらすーっと霧が晴れて・・
天国みたいと言えば大げさだけどこの時のことは忘れられない。
もう一度あの体験をと飛行機の早割りみたいなのを取って・・しかしそれは出発前夜にキャンセルされそれっきり。
発狂した親族にターゲットにされたら、楽しみな気持ちや素振りを一切見せてはいけない。火に油を注ぐような結果が待っている。
発狂というのはよく使われる感情が異常に高ぶるという意味ではなく、裁判所の命令で医者に毒を注射されたとか言いながら役所に押し掛けるとか、タクシーの運転手がスパイだと言い出すとかそういうのだ。
一番の問題は自分がまともだと信じている点で、医者の前ではまともになるので診断がつかず誰にも助けてもらえない。
その後の恐怖と絶望は直面した当事者にしかわからないと思う。
落ち着いて以降もこちらの精神が金縛りにあったような状況となり常に再発におびえることとなる。
そして、自分は楽しんではいけない・・に変わっていく。
今思えば、それは子供のころから繰り返されていた。
直接それを受けていたのは父親であったけれど、父親の理解不能な言動も自覚のないままその反動を私へぶつけてきていたんだろう。
最近、私自身もあの血をもひいているのだと考えることがある。

それはいいとして長期に出張するはいいけれど、呼んでもいないという不安がまたあのスイッチを入れてしまうのではないかという不安に私はさらされている。
実際、行ってみれば何事もなく終わるのかもしれない。
また、その話が出ていて海外行きは避けられないと思う。
スイッチが入っても誰も助けてはくれない。
まあこのブログで愚痴ることができるか。
もし本当にそうなったとき、そんなことでもあるとないとでは大違いなのである。


こんなの読まされる方は不愉快でしょう。
打ち込むべきことがないとこんなことを考え、ネタがないとこんなことを書いてしまう。
これじゃいけないと思う。
思うがやめられない。

うちの朝顔が伸びててきたので棒を立ててみたんだけど・・・
6060.png
おまえのおせっかいなんかうけねーよと地べたを前進中。
親の心子知らず・・・タネをまいたときは親だったかもしれないけれど、もうその曾孫くらいか。
自分で勝手に流れてきて勝手に芽を出し根をはったんだ意地があるんだね。
そうかがんばれがんばれ。
でも水やってんのうちの嫁さんなんだから・・え?うるせぇ?



メンデルスゾーンの無言歌集第5巻の頭の曲。
5月のそよ風という名がついているらしいですが、作者でなく多分楽譜の出版編集者みたいな人によるもの。
別に5月に聴かなくちゃなんないわけじゃない。
31年前の夏休み、あさラジオで流れているのを録音して繰り返し聞きました。
明るい陽射しとひんやりした空気でとても気持ちの良い朝だったと記憶しています。
新しい、音楽を聴く楽しみを見つけて嬉しかったと思う。
今思えば、13歳の夏休みってそんな老人みたいなことを言ってるのはおかしかったのかもしれないなと思う。
皆のいるところへ行きと言う発想はみじんもなかった。
具体的にどうすればいいのか何もわからなかった。
今もわからない。
これを聴いている間はあの時の穏やかで明るい気持ちを思い出します。
何度も何度もあそこへ戻りたいと考えたことがあった。
もう戻っても全く同じ道をたどることがよくわかりそれも気が済んだ。

6056.png
今日は椅子の上ですか・・
そこはあれでしょ・・おやつちょうだいとかかまってよとかアピールする場所じゃない?
まだ朝だよ・・・

犬が笑う・・と聞いて考える内容は人によって大きく異なると思います。
そこから始まっていろいろ書いてみたのだけれど行きつく先は何時もの人が苦手、嫌いみたいな内容であった。

あほなことを書いた後、テレビを見ると大雨によって西日本で大変な事になっているのを知った。
生きていられるということは幸せかもしれない。
まじかに迫る死からもう逃れられない絶望にとらわれた人を見た時は
生きていられることが幸せなんだと本気で実感した。
あの人から何かを教わったとすればそれだろう。
しかしすぐにそこを忘れる。
そこは忘れちゃいけないのかもしれない。

あの朝顔、先ほど見たところ水平に伸びていったつるは勢いをなくし先端は枯れかかっていた。
途中から分岐する芽が出ているのでそれは棒に巻き付くことを選ぶんじゃないかと思いみている。
また明後日のほうまで延びていこうとするなら大したもんだけど馬鹿だ。
棒に巻き付いたからって恩を売ったりはしないから・・

6095.png
あー今日も出てきてくれたの?
そっぽ向いてあくびしてるけど・・
ありがと。



Tag:メンデルスゾーン  Trackback:0 

雨の合間に

地震に合われた方々、お見舞い申し上げます。





雨やんでる・・
いまのうちだ散歩に行こうよ!
と犬と外に出てみれば・・
あっ
5957.png
また鹿が下りてきてる。
多分何度も来てるんだろう。
こちらをうかがいつつも余裕だ。
5999.png
それ旨いの?
雑草といえどもよく日が当たり耕された畑跡に生えたものの方が山の中の何かより柔らかくてうまいのかもしれない。
でなきゃわざわざこんなとこまで来ないよね?

5995.png
犬は駄々をこね中・・
本格的な散歩に行けなくて面白くないのと、これから私たちが飯を食いに出かけることを知っているからだ・・
ただでさえ面白くないのに私が鹿に夢中になっているのでもうどうにもやってられないというところ・・
かえるよー
・・・・・・・・・・

そして・・
地図上で近くの住宅地の奥に洋食屋があるのを発見した。
こんなのいつからあったんだろ?
いってみると民家のような作りのお店。
駐車場に車はない。まあ、時間も時間からか・・
嫁さんと写真を撮ったりしてふざけながら・・意外と中から見てるんだよとOPENの札がかかったドアを開け中へ入ると
ほぼ同時に白髪のシェフがいらっしゃいませと言いながら厨房から飛び出してくる・・
あ・・みてた?・・・・・?・・・
シェフはこちらを見るでも無く声をかけるでもなく誰もいない店内へ歩いていく・・
席へ案内してくれてるのかな?
なにしてんのかな?
と思っていると
5959.png
ぶっきらぼうに窓にかかったOPENの札をひっくり返し無言で戻っていった。
あれじゃまるで「もう終わるつもりだったのに人が入ってきちまったよ・・」みたいだ。
もちろんそんなつもりじゃないんでしょう。そんなつもりだったとしてもそれはそんな札だしとくからなのであって私が気にする必要はない。
いちいち気にしてしまうのは私に劣等感があるからだろうな思う。
自分に自信があり満たされた気持ちがあればこんなもの気にもならないし、色々あっても笑いながら対応できるのではないかと想像したりする。そういう人はそれがまたいいことを呼び、笑顔が定着したような人になるんだよね。
豊かな人生とはそういうものなんじゃないかと思ったりもする。
こんな私にもほんの一瞬そんなことを体験させてもらったことがありました。
あれは何だったんだろうとずっと思っているけれど、神様が何も知らないんじゃその後やりようがないからとあるべき姿を教える意味で設定してくれた期間だったんだろうと今書きながら思った。
しかしそれは今の今まで全く生かされていない訳で、自分の人生を貧祖だと感じているこれか・・これがずっと横たわるうっとおしいものの正体か・・
毎回、いちいち大げさでしょ?

ぱっとしないスープの後
出てきた皿を食べながら・・最近お客さんのところの社員食堂でも凝った料理だしたりしてるんだよなぁ・・なんて考える。
社員食堂みたいだとまではいわないまでも、最近いろんなところで食べてるから価格/内容みたいなものは頭に浮かぶ。
最初の印象が悪いからもう文句ばっかりで・・
フルーツを切っただけのデザートが出てきて
コーヒーも。
嫁さんに言わせるとコーヒーがうまかったそうだ。
じゃいいか。

いろんなお店のレビューなんか見てるといい店なはずなのにぼろくそに書いてあったりしますよね、
逆もある。
相性とか、人によって感じ方はいろいろだし、タイミングみたいなものもあるのかもしれない。
今日私があんまり盛り上がらないこのお店も大好きだという人がもしかするといるのかもしれない。
レビュー全然なかったけど・・新しいからかもしれないし・・

その後もシェフは接客向いてない感を色々だしていた。
逆に勉強になってありがたい。
私が今までさんざん人に嫌われてきた理由の日一つを教えてもらっているようにも思える。
また、がんばろう。


https://www.youtube.com/watch?time_continue=1047&v=kUfPtKoU4PE
メンデルスゾーンの交響曲は3番の「イタリア」と4番の「スコットランド」がクラシック入門曲みたいな超有名曲です。
超人気化は知らないけれど第5番は「宗教改革」という名前を持っていて結構好き。
4番もそうだけど重い第1楽章の後にいきなり妙に明るいスケルツォが来るところが多少ひっかっかる。
ボンボンだから音楽に深みがないなんて批判していた人たちはこういうところも気に入んなかったんじゃないかと思う事が・・
そしてまた3楽章は
5977.png
暗く沈みこんだ歌となります。
ピアノのために書いた音楽をそのままオーケストレーションしたなと感じたりする。
別に雨の音楽じゃないけれど、なんとなくこの日のイメージ。

買い物をして家へ帰って
さあ今度はちゃんとお散歩に行こ。
5963.png
ちょっとご機嫌。

5967.png
鴨も何羽かいると強いのが弱いのをいじめてるのをよく見かける。
どこもかしこもそういうもんなんだろう。
めげずに強く生き抜かなくちゃね。
5964.png
え?なにが?


Tag:メンデルスゾーン  Trackback:0 comment:2 

プロフィール

unagi

Author:unagi
結構さみしいけど結構楽しいよ。
クラシック音楽が好きです。

カウンター
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ