出会い

リンゴのピザを食べたた後、来た道を引き返すのもなぁ・・
地図ではこの谷は行き止まり。
でも拡大すると細い林道が峠を越えていくように見える。
こういうのは行ってみると四駆の軽トラしか突っ込めないような道だったりもするけれど・・
車で林道を上るとやちょっと整備された休憩所付きのトイレと駐車場みたいなところを最後に未舗装にかわっていた。
ここから山頂まで歩けるみたいだ。
峠越えはいいからそこまで歩いてみようか。
夕刻の山は明るいと思ってなめているとやばい。
案内板には約20分とある・・まだ日暮れまで時間もあるし今日は明るい。遭難するような話でもないだろう。
4665.png
ヒノキの人工林を登っていく。
なんかこれうちの近所の山と変わらないな。
花粉症じゃなくてよかった。
4666.png
でも振り向けばなんだかいい眺めだ。
結構な坂を登っていると息も上がってくる。
リンゴとシナモンのピザが結構なカロリー感を腹のあたりで主張している。
また医者に怒られちゃうぞ。
しばらく登ると嫁さんは疲れたから途中のベンチで待ってるという。
私は一人登って登って・・頂上。
あっ・・・
4667.png
カモシカ。
葉っぱ食ってら
私の気配に気づいているはずだけど、全然逃げない。
小さな角があるから雄だということでいいのかな?
イノシシじゃないから、危なくはないだろうけど。
まじかでカモシカに遭遇したのなんか初めてだ。
とごちゃごちゃ考えていると後ろで草を踏みしめる音が・・・おっさんでも登ってきたのかな?
と思うと一匹のカモシカがものすごい速さで後ろを駆け抜けていく・・
え!?なんて驚いていると後を追ってもう一匹・・・
当たり前だけど彼らには通路とか足場とか関係ない・・人が作った地形はまたく無視して一直線に駆け抜ける・・
すげー

しかし目の前のカモシカ氏は微動だにしない。
逃げるでも威嚇するでもなく・・・葉っぱ食ってら。
大回りしながら向こうの展望台へ行こうと移動して。
まだいる・・
絶景を眺めたりして・・振り向くとあっ
カモシカはずっと同じ場所から私を凝視し続けている。
逃げないんだな・・
じゃいいかと展望台の階段を上がろうとすると
4668.png
さっとその場を離れて
ゆっくり去っていった。
考えてみると勝手にやってきたのはこちらの方で去っていったという言葉は違うのかもな。


フォーレPiano Quintet No.2, Op.115
この曲10年くらい前にいいなと思って聴いたんだけど、それっきりになっていました。
この先いろいろあって頭の中に出てきたのがこの曲。

4703.png
印象的なこの冒頭からやられて・・・
ヴィオラの言い残した伸ばしの上にチェロがのってくる・・なんだろうこの感じは・・
取り戻せない時間が手から離れて遠ざかっていくみたいなね。
ドイツの作曲家の曲はしかめ面で難しい屁理屈を言っていそうだけど、心を開いた聴き手には徹底的にわかりやすく説明してくれるようなところがあると思う。
これはそういうのじゃないと思う。
そもそも意味を探りながら聴くのが間違っているのかもしれない。でもどう聞くかは私の勝手で大きなお世話だ。
Op.115というフォーレ晩年の曲で書いた当時作者は聴覚障害でまともに音楽を耳で聴くことはできなかったようだ。
同情したくなるけれどこの人は浮気ばっかりしていた人だ。レクイエムのあの浄化されたイメージとは違う人物像があると思う。
関係ないけれど。
この楽章はすんだ世界を見せているけど後続楽章はまた違うものがあるとも思う。

4669.png
展望台に登り、こんな景色をしばし眺めて・・
むこうを海、手前三方を山に囲まれたあの町は徳川家康が隠居所に選んだ場所。
私にはわからないけど風水とか気とかいうので見てもいいところなんでしょうね。
あんまりゆっくりしていると嫁さんに怒られちゃうから帰ろう。
いきと違うルートで帰ろうか・・
4670.png
振り向けば展望台。
前を見れば
あっ!・・
4671.png
カモシカいる。
びっくりした・・もうとっくにどこか行っちゃったのかと思ったのに。
待ってたの?ちがうか。
昔々、いつも通り一人で帰ろうと思ていたら「一緒に帰ろ」といわれて
嬉しいけどどうすりゃいいかわからなくて・・
みたいなことがあった。
人生にそう何度もないので映像付きではっきり覚えていたりする。
その時もその日限りだったけど。

さあ帰りますよ…みたいな感じでカモシカはゆっくり歩いてゆく・・遊歩道を・・
え?遊歩道を?
私もゆっくり進む・・
4673.png
距離を調整しながらお互いゆっくり進む。
振り向いてくれたりして・・
以前タヌキとこうなったことがあった。
遊んでくれてるのかな?
間抜けそうな人間が来たからからかってるのかな・・
カモシカは好奇心が旺盛で人がいると逆に人間見物したりすると昔どこかで聞いた。
あんなのが居直って突進して来たら怖いなと思いつつ、ちょっと嬉しかった。
そのままゆっくり進んでみてもよかったんだろうけど、後は追わず元来た道から帰ることにする。
振り向くと、なんだこないのかぁ・・と言う感じでとぼとぼ遠ざかっていくカモシカの足が見えた。
あのままついていったら何があったんだろう?
正直ちょっと怖かった。
私はいつも途中でやめて逃げちゃうな。
そしてあのまま行っていたら・・なんて考えて・・
あのまま行かなかったんだから考えたってその先はない。
ないものはない。
彼は何かを教えてくれている気がするんだけど、正直よくわからない。
でもなんかこう、ありがとう。

フォーレのこの曲も今大好きなのに、なにを言おうとしているのかは今一つはっきりとわからない。
雨上がりの霧が晴れていくようなこの世界。
ブラームスやマーラーみたいに内容を分かりやすく説明してはくれない。
そういうやり取りもあるんだよね。


4674.png
檜の林はところどころ伐採して光を入れてあり、こんな自然の森が戻っている所があった。
山って日が暮れなくても夕刻になると異様な雰囲気が迫ってくる。
この後あったことは気のせいだと思うから書かない。

火の見櫓と銀杏

3691.png
うちの近くを流れる小さな川は昔の国境。
すぐそこに見えるあの小学校は隣町のもの。
その手前に建っている火の見やぐらとそこに灯る赤い電灯の寂しい感じ・・
子供の頃、すぐそばにあるのに行ってはいけない遠い場所の様な気がしていたあの光景・・・
なぜかはわからないけれど、最近急にあの火の見櫓のことが頭に浮かぶようになりました。
あぁそんなのあったなぁ・・あれ古いんだろうなぁいつごろからあるんだろう?・・なんて。
この写真は犬の散歩中にとりあえず適当に撮りました。
電球ないなぁ・・いつからかなぁ・・晴れた日があったら別なところからちゃんと写真撮ってみようかなぁ・・なんて

犬と散歩しているとあれから何日もたっていないのに、火の見櫓は跡形もなくなくなっていました。
突然すぎて驚くにもほどがある。
消防倉庫みたいなのを建て替えるみたいだ。
子供のころ当たり前のように毎日見ていたあの塔を、もう二度と目にすることができないのかと思えばちょっと寂しい。
肉親や親しい人が亡くなる直前に虫の知らせというのがありますが、
火の見櫓が知らせてきたのか?
泣きたくなってきた。

別れというか、取り返しのつかない事って本当に突然やってくるんですよね。
予感みたいなものが実は来ていたのに気づくことはできない。
もうどうやっても戻れないんだとわかったとき、あれは予感だったんだなと・・
・・・・これをここまで書いたときは自分も取り返しのつかないことになったとかなんとか思っていて・・・

翌朝、
自治会の行事でお堂の掃除にいきました。
年末恒例的な・・銀杏の葉をかたずけて草を取り・・新年迎えるため・みたいなの。
自治会に出るようになって15年、HSP的な針のむしろ状態もだいぶ緩和されましたが、誰かと楽しく話しながら・という事もない。
一人黙々と落ち葉を掃く。
銀杏の木のを感じながら・・
3695.png
本当は落ち葉って敷いといてもいいんじゃないかと思うけど、多分ダメなんでしょうね・虫が湧くのかな?

行きの道、帰りの道、掃除の終わりかけ・・・何人かの人に話しかけられました・・
たわいのない話もあったけれど、いくつかえっ?というような突っ込んだ話を聞かせてももらえた。
皆子供が私と同じくらい。
その話は私の今抱えている不安や悲しいことと関係ない訳じゃなかった。
お前はそれでいいんだからと言われた気がして、冷たい心が少し温まったような気がした。
3697.png
馬鹿だと思われるかもしれませんが、銀杏の木が導いてくれたと私は感じました。
嘆いてばかりいると人生終わっちゃうよということなのかもしれない。

せっかくいい感じでまとまったのに、その後出かけて車を運転中にネガティブ妄想サイクルが復活してしまう・・
時間がたって、少し落ち着いた。
なくさないと前に進めないものもあるはず。
大事にしたいと思うものでも、なくさなければいけないときもあるのかもしれない。
教えてくれてるんだろう。



フォーレが自分でパヴァーヌを弾いたというのがありました。
ピアノロールだから、再現性はちょっと怪しんだっけ?
このやけにたどたどしい感じはオリジナルなのかな?
でも100年を超えて作者の演奏を今聴いているのだと思えば・・
オケので耳に慣れた曲をピアノで聴いていいなと思うのはふっという和音の微妙な変化に気付かされるときですね。
冒頭他左手がスタッカートなのは原曲のピッチカートを意識してるんだろうけど、
ピアノで弾くんなら思い切りペダル踏んだっていいと思う・・
なんでお前が作者に物を言ってんだという話ですが・・


このひと浮気ばっかしてたんでしょ。
どうでもいいけど。

今頃知った

3158.png


組曲ペレアスとメリザンドの2曲目は「糸を紡ぐ女」です。
一目瞭然というか一聴瞭然、女性が歌を(口じゃなくて心でかもしれない)歌いながら糸車を回す光景が目の前に浮かびます。
昔はそこら十で見られた光景だったんでしょうか、紬歌って結構あるんでしょう?
とりあえずメンデルスゾーンのやつが頭に浮かびます。
なんか回転する動きとそこにいる人の心理とか状況なんかを描写するのって面白いんでしょうね。

3159.png
バイオリンの3連符がそれを・・オーボエの素朴な歌が・・
回ってる感みたいなのはメンデルスゾーンのほうがある気もしますが、フォーレも別にそんなもんの描写に主眼を置いてるんじゃないわってとこなんでしょう。
これがそのまま行くだけじゃなくてメリザンドの死の音楽が予告されるんですよね。
また歌い出す明るい歌を遮るようにでてくるところがあれですね・・

後半、いろんな楽器が一緒に歌って喜びみたいなものを感じながら短く歌って終わっていく歌ですが、木管の優しい歌が歌う最後の結論みたいなののエコーを第2バイオリンが奏します。

3160.png
このときこれハーモニクスなんですよね。
暖かく丸い木管の歌に対して透明ですんだこの響きが・・
話の筋は置いといてこのエコーは全地上がやさしく肯定してるみたいな大事な響きに聞こえます。



こういうの、事前に知っていてそういうつもりで聴くとそう聞こえるんですが、なんとなく聞き流してると気付かなかったりするもんですよね。
見栄はったってしょうがないし正直に言いますとこの音楽ももう30年くらいなんとなく聴いてきましたが、ここにこんなに大切な何かがあると思って聴いていませんでした。
はっとしたのはこの夏休み。
オーディオの調子が変に良かったから・・
オーディオ・・なんて言ってると興味のない人から見る何言ってんだという感じかと思いますが、音楽を全部聞きたいんですよね。
私のオーディオ萌えの震源地はこういうのかなぁ。
こういう、心の中の敏感なところにやさしく息を吹きかける・・みたいなの・・
結構あると思うんですけど
気付いていないことも多いのかなと思う。
実演にいったって他に注意がいってると気付かなかったりするんだもんね。
私はです。耳のいい人もいっぱいでしょう。
いいですよね音楽って何十年聴いてても終わりがありません。

恥ずかしながら・・いまごろ原作の筋書きも読んでみました・・・
なんとなくあったイメージと違う・・
なんかこう色々謎めかせてあって、受け手の想像力というかどこかを刺激するようになっているんでしょう・・・
表面的な筋の裏で別な何かを言ってるんじゃないかという・・
なるほどいろんな作曲家が刺激されて音楽をつけようとしたのもわかるような・・

ネット上にあったいろんな人が書いた筋書きを読むと、書き手の解釈でみんな鍵みたいななところのニュアンスが違っていたりするんですよね。
面白いね。
もし先に話を読んで自分の中に世界が出来ちゃってからフォーレの音楽を聞いたら、違和感を感じたかもしれません。
この紬歌も明るすぎるんじゃ?・・
でも、だから何だでいいんでしょう。好きなように聴いとけば。

ああそうだ、昨日書いたメリザンドの歌に出てくるあの伴奏音型、ランプの光、希望の光なんて思ったけど、人を疑う、信じる・・みたいなもののテーマなのかな?なんて思ったり。
いいんですよこんなの死ぬまでいろいろ考えてれば。

作曲者も、原作者も実は書いた後自分で意味を探ってたりして。
彼ら自身がいろいろ説明したかもしれないけど、それだって真実じゃないかもしれないよ。

メリザンドの歌

3143.png
フォーレの組曲ペレアスとメリザンドは前奏曲のほか、糸を紡ぐ女、メリザンドの歌、シチリア舞曲、メリザンドの死という構成なんだと思いますが、必ずしもこの通りに演奏するわけじゃないみたいですね。
持っているCDはもう一曲劇音楽からの一曲?が演奏されています。
Youtubeなんか見てるとメリザンドの歌は省略されていたりする。スコアも見つからなかった・・
コンサートなんかだと一曲のためにソプラノを呼ぶのは・・とかあるんでしょうかね。
でもこの曲もとてもいい曲ですね。


音小さいよね?聞こえないかも。

もう30年も聴いてるんだから驚かないけど、歌詞が英語なんですよね。
フォーレだからフランス語かと思う・・かな?
イギリスで上演する目的で書かれたから?
でも不思議な空気を持った印象的な曲ですよね・・
クラシックばっかりしか聴かないのでドイツ語やフランス語・・ラテン語?・・ロシア語・・みたいなのには聴きなれているんだけど意外にびっくりするのが英語ですね・・変に聞きとれる感が気持ち悪いというか・・
ヴォーン・ウィリアムズの「海の交響曲」はそういう意味で気持ち悪かった・・

3140.png
3人の盲目の王の娘が塔の中にいる
彼女たちのランプは金色の光を

みたいなことを歌うわけですが、盲目でランプというのがいきなり矛盾していますよね。
ランプは心の希望を象徴しているとかなんとかでしょう・・

弦楽器による5つの和音が上っていきます。
暗いニ短調ベースなのですが最後のは変ロ長調和音です・・この明るさに心のランプの光を感じますよね・・
たったこれだけなのに・・これものすごい表現だと思うんですよね。

色々聴いていますと、演奏によって旋律の音高に違いがあることに気付きます。

3173.png
この音、楽譜通りCで歌ってイ短調になっているものと、Cis(C♯)で歌ってイ長調になっている物があります。
勝手にやっているんじゃなくて両方の版があるんでしょうね?


これはイ長調


イ短調

暗い歌を普通に暗く歌うメリザンドと、
怪しい笑みをうかべて歌うメリザンド。
私の個人的な好みではここだけイ長調になったほうが異様な光が音楽に深みを与えてるような気がして好きです。

これだけじゃなくてそもそも歌い始めの3つ目の音符も違いますね。
ここは長調版のが中世的な旋律に聞こえてを感じさせて好きだけどな‥私は。

なんで違う版?があるのかとか何もわかりませんが、なんかこの曲面白いですね。
検索してもシチリア舞曲の話ばっかり出てきてうんざりですけど。


来ない王が迎えに来ることへの希望が歌われてたりするんだと思うんですが、
最後に三人目の娘がもう望みはない。ランプの光は消えた・・といいうと
音楽はニ短調の闇へ沈んでいきます。
これはメリザンドが歌う歌かなんかなんでしょう?
でもメリザンドの死と同じニ短調に沈んでいくのは未来を暗示しているという事?
劇に興味がないのでよくわかりませんがなんだかいいですね。

ピアノ伴奏版も聴きましたが、ピアノでこういう単純な和音の持続音しかないなものは一歩間違えるとチープに聴こえてしまいます。
どうやるとそう聞こえない演奏ができるかなんて私にはわかりませんが、こういうの演奏はかなり難しいんじゃないかなぁ・・



「メリザンドの死」
3142.png
もとはメリザンドの死を予告する音楽だった?らしいこの曲にもランプの光が出てきます。
ただ事じゃないでしょうこれ。
曲尾でも出てくるんですが、救われていきそうな雰囲気を一瞬感じさせて・・結局ニ短調の暗闇に沈んでしまいます。
希望が断たれたて死んでいくという事?

言いたいのは原作の内容や、作曲者の考えを外れたところでも、この音楽は私を引き付けた離さないということ・・
かな・・・・?

朝の情景

2127.png
4月の終わりに芽を出していた朝顔、今年は声掛けしてやろうなんて言ったのに・・
全然してやらなくてごめんね。
いつもなら棒を立てて誘導し、もっと高いとこまで登っていけ!とかやるのに、今年はほったらかしでごめん。
でも勝手に這いずり回って好きなところを登ってゆき花を咲かせて見せてくれる。
見たと思ったらあっという間にしぼんじゃうところは去年と同じ。
見ないともったいない気がしてもう十分見たのにずっと見続けてるのも去年と同じ。

この休みはずっと雨模様でしたが、8月にもかかわらず気温があまり上がらないため音楽を聴くことができました。
私にとってはありがたいことですが、これじゃ困るんだという人もたくさんいるんでしょうね。
なんでか知らないがオーディオから出てくる音の具合も絶好調だ。
昔から聴いてきた演奏が全然違って見える聴こえる。
写真で見ていた現場に実際に行ったみたいだ。
いいかそんな話は。

なぜか急にフォーレの組曲ペレアスとメリザンドを聴いてみたくなりました。
シチリア舞曲だけが飛びぬけて有名ですが、今聴きたいのはそれじゃない。
どうしても聞きたいのは前奏曲。



フォーレのレクイエムが聴きたくて買ったCDの後半に入っていました。
聴きたいのはレクイエムで・・CDをかけ替えるのも面倒だからそのまま聴き続けるというか。
別に嫌いではないんだけど、好きという事もなく・・
それがこの2,3日で急にこの前奏曲の魅力に魅了され、叫びたくなるほどいい曲じゃないかと思うようになった。
魅力に気付くのに30年・・
あと30年生きられたら今は理解できない何かも好きになれるかもしれない。
ヨーロッパの朝の田園風景みたいなのが頭に浮かぶ。
朝の、まだあまり動かない空気も感じる・・

2129.png

これは美瑛で、ちょっと真昼間過ぎて違う感じだけど・・
メーテルリンクだっけ?もとは劇伴音楽らしいけどそちらの筋書きには全く興味がわかない・・

今はいけないけど何年か前、北海道に行くのが楽しみでした。
ヨーロッパに行ったことはないけど写真で見たそれに似ている景色があるんだよな・・
でも地元の農家の人は観光客をよく思っていないんじゃないかな。
写真をよく見るとトラクターに乗っている人が鬼の形相でこちらをにらみつけていたりする。
走って追いかけてきた人もいた・・・・もちろん逃げた。
よくある車で畑に勝手に入ったとか、フイルムのごみをその辺に捨てたとか、三脚を畑に立てたとかそういう愚行はしてないつもりだったけど・・人の仕事を偉そうに見物・・ってのはいけないよな。

そういう自分も職場に関係ないような客が来ると何だてめー光線を出したくなるし。

2128.png

Quasi Adagioって時々見ますね。
アダージョみたいに・・でもそこそこのテンポで書いてあってAdagioとは違うわけでしょう・・
最初のフレーズが消えた後の休符が・・この休符が!・・みたいな話ですよねこれ。
音楽ト長調っぽいのにティンパニはHとFis・・この言い方気に入んねーんだよな・・BとF♯なんだなとか・・

いい曲だよなー

この数日、過ぎ去った些細なやり取りを思い出し頭の中で強く反論する・・みたいなのを繰り返していました。
そんなのほっときゃいいだけなのに・・
いつまでたっても稚拙なままである。
犬にはそれが分かるらしく、飛んできて私の上に乗っかってくれる。
音楽を聴いてる最中にそれが来ると悲しい。
犬には悪いが音楽部屋には立ち入り禁止。毛だらけになっちゃうといろいろ困るので‥

この前奏曲みたいに静かで豊かな心境でいたいです。
急にこの音楽を欲したのは偶然じゃないのかもしれません。

ご先祖様?

2083.png

昔、よその土地の一部を借りて自分の車を置いていました。
田舎のさらに端なため、そこから出た道路にはめったに車は通らない。
通る通らないは関係ないのだけど、そのことに慣れて甘えた感覚でいたと思う。

いつも通り車に乗り、そこから出ようとバックギアに入れる。
?あれ???全然うごかないじゃんか?
アクセルを踏んでも空ぶかし状態になるだけ・・
え?Rに入った警告音がはっきり聞こえる・・オートマでギアが抜ける?

その時、バックミラーにお年寄りを満載し老人ホームへ向かうワゴン車が通り過ぎるのが映った・・・

あのタイミングで、いつも通りバックしていればワゴン車は止まり切れずに飛び出す私の車に突っ込んだはず。
窓からいくつもの顔が見えたのを覚えている。何人もの人を私は殺したかもしれない・・・

その時私は、誰かが助けてくれたのだと感じました。
具体的に誰かはわからない。
でも、何か温かいものを感じた。

それから時々自分が世の中から見捨てられた失敗作だと感じることがあると、この時のことを思い出します。
見守ってくれていたということは、お前はもう少し生きろということじゃないのか。

守られているなんて思って調子に乗ればあっという間に突き落とされてしまうかもしれない。
ブログなんかに書いていいか迷った。
ブログは調子に乗って始めたものですが、私にとって大事なものになってきたので大事なことを書いてもいいでしょう?


これを初めて聴いたのは中学生の頃でしたが意味も解らないまま一発で魅了されました。
今だって意味なんかわかりませんが魅了されっぱなしです。
もうしばらくこの音楽の意味なんか分からないままのがいい気がします。

音楽を聴くという楽しみは中学の生頃に出会ったわけですが、ほぼ同時期に誰かがテープを持ってきたとか、録音してたらたまたま入ってたとか、どこかから聞こえてきたとか複数のルートから勝手にやってきたという記憶があります。
何か、誰かはわからないけど私にそれを進めてくれたのか?思う事があります。
自分から何かを探すことは知らなかった。
あんまりこんなことばかり書いてるとアホみたいですね。

でもお盆だし。
お盆の時期って地区によっていろいろですよね。
この近隣でもいろいろ、狭い範囲の地域ごとにそれぞれ異なります。
シフト表みたいに近くは重ならないように配慮されているような気がする。
昔から理由があってそうしていたんでしょう?
農業関係的な理由?
霊界の混雑緩和をねらっているのか?

今日も気温が低かったため音楽を聴くことができました。
感動もできた。
いつもは聞かない、CDの余白をうめていた曲もそのまま聞いてみた。
25年ぶりとかだと思う。
もしかすると次に聞くのも25年後かもしれない。
25年前は25年後なんてあって当たり前だと思ってた。
死んだらどこ行くのかなぁ?
サントリーホールの地下に納骨堂を作ってほしいと思ったこともあったけど、好きな曲ばかりやってる訳じゃないんだよな・・




錯綜するアルペジオと天国

45.png
フォーレ レクイエム サンクトゥス
弦楽器のアルペジオって楽譜的にも特徴的な景色になってその印象がそのまま音で聞こえる感じですけど、
こういうの良くありますよね。同じ音を上下反対に動く。
ここ、一番高い折り返しの音が2つのパート間で揺れ動いて見えるというか・・オルガンにのって・・雲の上みたいな・・
とても単純な内容なのにすごい音楽・・
この版、本人のオーケストレーションじゃないんだっけ?
でももうそんなことどうでもいいです。
オーディオなんていったら不謹慎みたいな音楽ですが、でも真剣に聴こうと思たらやっぱり・・
こんな汚れのないような音楽を作ってるけど、フォーレって浮気ばっかしてたらしーなー