迷路の中で

先日行ったのとは全然違う場所にある別荘地に分け入りあるカフェを目指すのだけれど、山肌に大規模に展開した別荘地は複雑な迷路のようになっており公道ではないからかカーナビはなんとなくの近くまでしか案内できませんとか言ってる。
地形の影響でかスマホの現在地表示も位置が確定せずここかな?あれここかなとスマホ自体がふらふら迷っていた。
昔だったらこんなところに店を出しても絶対に成り立たないんだろうけどスマホな今はむしろこのこと自体が売りになるかもね。
8065.jpg
閉店時間を考えるとリミットまでもうすぐ・・というか少し過ぎたくらいか。
この日結構晴れていて西に向いた斜面だから・・なんて思っていたけれどうっそうとした木の陰になるからかもう今日は終わりですよみたいに薄暗い。
突っ込んで行った道をここじゃないと戻ったりしながら・・・
次でダメならやめるかみたいな考えが浮かびだしたところで見落としそうな小さな立て札を発見、導かれて・・
8066.jpg
あーあったあれかな?
普通の民家っぽいな。
来てみてわかったけれど別荘地として開発されたらしいこのあたりには普通に住んじゃっている人が多くいて、むしろ別荘の方が少ないくらいかもしれない。
8097.jpg
OPENと書いてあるんだから入っていいんだろうけど、実はサークルみたいな特定の人間向けの場だったらどうしようとか思わないでもない。
戸を開けるといきなりキッチンとカウンター。
先客が座っていて一歩間違えると人の家に間違えて来ちゃったのようにもみえる。
一瞬うろたえていると明るく招き入れてくれる声がした。
多分空き家を買い取ってお店にしたとかでしょう。元からのからの構造をそのまま使っていて、住むための家というよりたまに来て楽しむための別荘っぽいかなと思わないでもない。
8068.jpg
寒いでしょとストーブを出してくれるもガスのホースが届かないの図。
いいねあのふすま。昭和な感じ。
中古で売り出されていてのを購入してお店をという感じかな?
安価で気取らないメニューは一品筒に優しい説明書きがあった。
会ったけどそれ見つけたの頼んだ後で・・
まあいいやまた来て違うのも頼んでみよう。
8069.jpg
安いなと思う調子に乗って何か乗ったのを頼もうとしてしまう。またよせばいいのにウインナーコーヒー。
すごく明るいお母さん、ワッフルを注文したら
ごめんねー遅くってー、これでも食べててと
落花生をたくさんくれた。
8070.jpg
出てきたラムレーズンソースのワッフルはおいしそう。
ボリュームが予想をはるかに上回っててちょっと驚く。
8071.jpg
これもっと食べられるでしょ?と落花生山盛り追加。
さらに、知り合いの実家の庭に生えてたバナナだっけ・・
もいただく。
奥の方でお母さんの
おいしーしあわせっとかいってるのが聞こえてくる・・
人にとって大事なことは何かを教えてもらう気がする。
8072.jpg
赤ちゃんの声が聞こえる。
後でわかったけれどお母さんのお孫さんだと思う。


https://www.youtube.com/watch?v=CLkWPiMkl8k
これはモーツァルトのピアノソナタ第11番で、
殆どの人はそれがどうした?だと思いますがずっと聴いてくと最後に出てくるのは知らない人はいないであろうあのトルコ行進曲というやつですね。なんでこれが今出てきたかは置いといて。
もう30数年聴いていないこの曲だけど、音楽に興味を持った頃にテープに録音したものをさんざん聴いた。
弾けるとは思わないけれども弾こうともした。ピアノなんかあるわけなかったから妹のエレクトーンで。
どこで入手したんだったか楽譜の指番号に注目しその通り弾いてみようとしたのを覚えてる。
8090.jpg
4から降りて42で止まると自動的に親指が次のGの位置に。。みたいなのに感動した。
馬鹿がくだらないことを言ってるように見えてもそっとしておいて下さい。
しかしこれ見てるとPはあの位置なのか?
他の楽譜も見ると強弱記号なんてそれぞれ全然違うことが書いてあるのね。
驚いたのは先程電子ピアノに手を置くと30年以上前に覚えたそれを体が覚えていてやろうとするのね。
あの時の自分に会えた気がした。

帰り際にお母さんと少し話をして
すごい場所ですね・・
そうなのすごいところでわたしもじぶんでびっくり!
さっきの赤ちゃんとお母さんもそこにいて話しにしぜんに加わってくれたりして。
そっくりなのねお母さんと。
いいね家族って。
8073.jpg
別荘地の中を2時間迷ってたどり着いた人もいたそうだ。
2時間は誇張かもしれないけれど、ほんとにそんなとこ。
お店の人と話し込んでまた来ますとか言っちゃうと実は帰っていきにくくなっちゃうことが多い私は。
でもここはそういうの全然感じなかった。
人と話すと人間になれたような気がする。
またいつか。
地図上にある別荘地を経由せず山を降りる道を行ってみようとすると
8098.jpg
通行止め・・
この間の台風でか。
始めはあそこを登ってこようかとも思っていた。
それで迂回したりしてたら時間的にここへこらなかったかもな。
たまにははずれじゃないこともあるんだな。
8074.jpg
この時期5時前で真っ暗なのね。
楽しかった。
ありがとう。

Tag:モーツァルト  Trackback:0 comment:0 

このダメ人間と戦争

7405.jpg
庭にいたこの蝉は一度取り乱して暴れた後、逃げもせずずっとここにいた。
私がいるのを意識しているように見え、何か会話でもしてくれそうだった。
お前も残りを悔いなくなくやれよと言ってい・・るわけない。
いい歳をして寂しいのね、セミにすがるとか病的にダメな人だな。

子供の頃セミを採った覚えはあるけれど、クワガタやカブトムシを捕ったことは一度もない。
なにかの用でどこかへ行くと知らない子があいさつ代わりにそういうものを持ってきて見せてくれる。それを通してすぐに打ち解け子供どうして・・というのがどこでもみられる標準的な流れだろう。
興味を持てないことが伝わると、なんだこいつみたいに去ってゆくのを見ながらホッとしつつコンプレックスを重ねる・・と、幼いころからずっとこんなようなことをやってきた。
野球をした覚えもザリガニを捕った覚えもファミコンをした覚えもマンガを読んだ覚えもプラモデルを作った覚えもない。
でもこれならできると言うのもなかった。
出来ないやらない理由は複数あったと思う。
野球なんかはDCDだろう、それとは全く別な理由もいくつか思いつくけれど今更ここに書いてみたところで何の足しにもならないだろう。
ゲーセンに行っても何もしないし行かない、カラオケもしないボーリングもしない酒も飲まないマージャンもしないパチンコもしないゴルフもしない映画も見ない歌も聴かないテレビもみないお世辞も言えない
子供が欲しいというより授かって当然と思っていたけれど、これじゃその子がかわいそうだったと思う。

あることで振り回され公的機関にも見放され誰にも頼ることができず・・と追い詰められた時、なぜ自分には子もなくなにもないのかその理由がわかった気がした。
追い詰められたゆえのそのあまりに惨めな考えは間違っていると思うし、人前にさらしちゃいけないと思う。
今は一時的に解放されたその状況が再び襲ってくることを予感し怯え、そのこと自体が自分を今だに縛り上げる大きな理由となっているとも思う。
7413.jpg
楽器をやりたい件、
前代未聞のこのおかしな人のため、ついに先生に個人的に時間を割いていただき特別に指導をしていただくことに・・
時間を開けると毎回変な事しだして固めちゃうからで・・
特別なレッスンは悪く言えば居残りか補習のようにも見えるかもしれないけれど私にとってはそうじゃない。
あなたもうやめた方がいいですよじゃないんだから。
何とかしてあげたいと言ってもらえているんだから。
そして、もっと大きな枠で私はとても幸せなんでしょうね私は。
出来る出来ないは別な問題として、やりたいことにどこまでも挑戦し続けられるんだから・・
かつて、生きる自由さえ与えられなかった人がたくさんいたことを思えば・・


https://www.youtube.com/watch?v=7nAgqJz3Wd8

幼い子を一人残しこの世を去らなければならなかった祖父は無念であっただろうと思う。
祖母と曾祖母は南方から光が音を立てて家の仏壇へ飛び込んでくるのを見たという。
本当は無事で家へ帰りたかっただろう。
いつか生まれるかもしれない孫のことを考えたりしたことはあっただろうか?
孫の私をどこかから見て憤慨したり嘆いているだろうか?
7420.jpg
幼い子供や愛する人を残し死んでゆかなければならなかった人の無念を思い、また今自分が生きられることの幸せに感謝をしたいと思う。

私にできることは、
生まれてよかったと思いながら死ぬことだと思う。
そのためにできることをしたい。
難しいと思う。
それまでの時間を奪わないでほしい。

Tag:モーツァルト  Trackback:0 comment:11 

欠陥人間と超絶犬

勤務先で健康診断があった。
聴力検査では緊張が走る。
音楽聴くのが好きとか言って実は耳が聞こえてなかったら・・でも人間の脳にはものすごい補正能力というのがあるらしいし、音楽を聴いていておかしいと思う事もないからいいのか。
実際、問題はなかった。
7373.jpg
心電図を取っているときに私の心拍に応じて電子音が鳴るのを聞いていると、昔学校であった何か身体的能力を評価するみたいな試験のことを思い出した。
沢山いる人間が一斉に同じ動きをするのだけれどその中に一人だけ明らかに異常な動きをしている人間がいて、それが俺だった。
誰も何の反応もない。
かなり異常な光景だけどやめるわけにもいかず続ける。
自分で脈をとるのだけれど私は自分の脈がつかめず、適当な数値を書いて提出したがその後特に何の沙汰もなかった。
人として相手にされてなかったのね。
工業製品で言えばラインから外されて赤札をつけられ、調査に時間をかけるよりもう廃棄ということでいいだろ・・
昔から俺はおかしいなと思っていたけれどそれが客観的明示され、誰も相手にしていなかったとはいえ人前でさらされたあの日のことは記念碑的に忘れられない。
こんなことばかり書いているけれど別に私は健常者で病気持でもないというつもりで生きてきた。
それはそれでいいし大変ありがたいことなのだけれど、ずっと抱えた本来把握すべきなにか・・何かの答えが得られないまま句然と生きてもきた。
その何かへの客観的な説明はいまだ得られず、なにかは劣等感と自己否定感として日々自分の中で自分の価値を下げ続けている。


https://www.youtube.com/watch?v=mIm8_XuuXwE&list=OLAK5uy_lMYuRufl4MU1JjjICmxNN01mVVTYrX6z4&index=12
これを書いていると頭の中で流れだしたから、ちょうどあの頃このCDを買ったて聴いていたのかも。
今考えればそんな年齢でモノラルのワルターなんか聴いてたのはちょっとおかしいかな。
かつて名盤といわれたこの演奏も昨今の流行りからすると時代遅れのおかしな演奏に聞こえる人もいるかもしれない。
じゃあこの演奏やかつてこれを聴いた人の感動は価値がなくなってしまったのかというとそんなわけはないだろう。
何が正しいかなんて人それぞれ違い、大きなお世話でしかない。
ベネディクトゥスは祝福された者みたいな意味だそうだ。
モーツァルトはレクイエムの作曲中に病でなくなってしまい、12曲目のこれはその後のものではなかったかと思う。
弟子が作曲したものなのかもしれないけれど今私にとってそのことはあんまり重要じゃない。
何が正しいかなんて人それぞれ・・

楽器の練習は毎日はりきってスタジオみたいなところにかよっていたのだけれど、最近は鏡に向かってとかなのでもっぱら家で。
普通は一瞬で理解できる感覚を得るのに8か月とかかけて・・でも大丈夫。
めげずにやってるよ。
暑いけれどクーラーは壊れて動かない。
近所迷惑になるので窓は締め切る。
クーラーなんて買えばいいのに頑なにそうしないのは、何十年も前に仕込まれた病的な精神的縛りが今も生きているからか。
いまいいたいのはその話じゃなくて。
7372.jpg
何時頃からかやっていると犬がやってきて足元にいてくれるようになった。
最近はあの部屋へ行こうとすると張り切ってついてくるというより先に行こうとする。
音を出すとすっ飛んできてくる。
いい音を出すとそれだ!・・なんていうわけはないけれど、ものすごくいい表情で楽しそう。
犬なりに、なんだかわからないけれど一緒にやろうとしてくれているんだろう。
ありがとう。
私は幸せ。

健康診断では
目は見えていたし耳も聞こえていることが客観的に明らかになった。
採血すれば赤い血が流れていたし心臓も問題なく動いているらしいグラフを見た。
一応、ちゃんと人間の機能をもっているじゃない。
人間じゃないとか死ねとかいう声もついでに思い出したけれど、
あれから30年以上死なずに生きてこれた。
神様と自分どうもありがとう。

Tag:モーツァルト  Trackback:0 comment:1 

なにやってんだとこれやってんだ

7112.png
こんな景色の中にあるお店に行った。
夢のある自作風の建物、物語に出てきそうな室内、素敵な小物、人の沢山写った写真・・
でも私は店主の言動は不適切で不愉快、ここへきたのは失敗だと思った。思ったのにブログには絵になる写真を並べ素敵なお店と悪いのはHSPな私みたいなものを書こうと・・
なにやってんの俺?
始めから素敵な店に行ったというネタを書く前提でそれ系店にのこのこ出かけてた自分もあほだ。
頑張らなきゃいけないのはそんなとこじゃないだろう。
都合よく作った自分の虚像が人に褒められているという妄想世界の中で生きていたことが人生中に何度かあった。その間リアル自分は何をするわけでもないので多くの時間を無駄にしてきた・・と、何かしなくちゃと考えるようになった今頃思う。
また自分と別にunagiさんが動き出しちゃったら後で怖いよ。
7102.png
最近犬は暑さと加齢もあるのかなかなか歩かない。
涼しかったある夕方、嫁さんと3人で結構な距離を楽しく歩いてくれた。
犬は人間よりずっと短い時間で寿命を全うするから今という時間をほんとに大事にしてあげなくちゃと思うんだけど、時間が長いからと言って私の今がどうでもいいわけでもないよね。
あるようで実は全然ないかもしれないしね時間。
7101.png
毎日通っている楽器の練習場に入ったところ。
この部屋はもともとスタジオじゃないので狭い・・狭いけど一応防音。
私の前にどんな人がどんな用途で使ったかが椅子の位置なんかでわかる気がする。
近所の若い人なのかカラオケ代わりに使ったりもしているみたいだけどこの椅子配置はそれじゃないかな。
1人でギターを練習したり、どっかで何かやるんだろう管楽器と伴奏のキーボードでとか・・
いろんな世界や楽しみがあるんだろうね。
ロビーみたいなところがあって毎回お金を払い次の予約を入れに行くのだけど、いつもバンドの仲間みたいなのが店主と楽しく話していたりする。全然関係ない人同士でも楽しくやっているのかもしれない。
初めの頃店主からなんか探るような感じで話しかけられていたような記憶があるのに今全く話さないのはやっぱり俺が・・
いやそういう話じゃなくてさ、
音楽って誰かと合わせるというところにも無限の難しさと面白さと喜びみたいなものがあるんですよね。
ですよねってお前はやってねーだろという話だけど。
でもそこをちょっとかじって知ってるの。知らないから憧れてるでも何でもいいけど
いつかそこへ行きたいという気持ちもあるけれどそれは遥か彼方の話で妄想の対象にもならない。
でもただ楽器をやりたいですじゃなくて、こういうことがしたいというのがもちろんあります。
それもずっと先だろうけど、そこは時々というかしょっちゅう思い描いて・・
・・・何書いててもお前が言うなみたいな声が聴こえちゃってほんとに困った頭だねこれ。

最近練習してて楽しい・・と思ってることに気付いた。
時間が来ても、もっと吹いてたいなぁ・・とか
それはねぇ・・結構すごいことなのね。
今まではただ必死なだけだった。
またすぐどっかいっちゃうかもしれないけどね。
教則本には指使いその他を覚えるための機能的な練習曲に交じって、どっか外国の民謡みたいなものが置いてあったりする。そういうのが結構よくて吹いてると耳について家に帰ってきてからもしばらく頭の中で鳴っていたりするんだよね。
時には歌っちゃったり・・いまもフランス民謡というのが頭の中に流れてる。
縁がないのかと思った音楽に私もすこし触れて・・・

https://www.youtube.com/watch?time_continue=676&v=2vK1855d3Gc
この曲じゃないんだけれど、
教本上にモーツァルトのあるメヌエットが出てきた。
あの人も旋律に歌い癖みたいなものがあるから、吹いてみるそれは紛れもなくモーツァルトのものだなと感じるわけ。
もう何十年もクラシック音楽が好きで、でも楽器とは縁がなくてと言う人間にとってはこれは・・
傍目には嘲笑もんだったりするんだろうけど関係ない。
誰もなんにも関係ない。
7103.png
ジャガイモの花。

レッスンに行った。
きつく怒られもしたけれど、色々もらったダメ出しはつぎから取り組まなくちゃならない点を具体的に教えてもらえたわけで実はかなりありがたい。
私にはわかりません!みたいな時とは雲泥の差だ。
教えてもらうってありがたいんだね。
45歳になって知る。

楽器を片付けながら話してくれる先生の表情が硬かったことが、頭の中でどんどん膨らみあれは私が悪いからなのだ・・と変換されていくのはいつもの癖。
でもあなたは音楽経験があるからいいですね。・・・自信を持ってください。と言う言葉があったことを忘れないようにここに書いて自分で読んだりして。
考えてみれば私はいつも挫折して、やりたかったけれど一度もやれていない音楽経験のない人だと思っているので第三者からの音楽経験があるから・・と言う言葉は驚きの宝石みたいなもんだ。
人からもらった肯定的な言葉を自動的に社交辞令だそんなもんと遮断してしまうこの頭、いろんな原因でこうなってしまったのだけど、そこを直すためにも自分で頑張って自分ができると本気で実感できるまで・・
7104.png
綺麗な景色って、どっかいかなくてもそのへんにぽっとあるんだよね。
そういうことに気付き注視するようになったのはブログのおかげ。
いろんなお店に行ってみようと思うようになったのもブログのおかげ。
自分の心を羅列しているうちに整理が進んだのもブログのおかげ。
unagiさんは単なる名前だから、変な魂を入れないように気を付けましょう。

Tag:モーツァルト  Trackback:0 comment:5 

誰もいない世界は暗いがそこで見つけなければならないものがあると思う

2906.png
してるつもりのものは練習じゃないのかもしれない。
でも、
また練習しよう。それしかないしそれがしたかったんだから。
元々人の何倍も遅いペースで進める覚悟で始めたんだから。
先生には申し訳ないけれど標準は意識せず這うように進めさせてもらおう。
年齢的にはいい加減な歳の人間なのであるけれど、頭や心を落ち着かせたったこれだけのことを考えるために丸2日くらいかかった。昔からこびりつき堆積してきたものに支配され。

楽器のレッスンに行ってきたことを書きましょうか。
今度こそ・・と書きたいところだけれど、
なかなか厳しいというより悲惨な内容となった。
何度か厳しい状況が続いたせいで頭と体が覚えてしまいあそこへ行くと金縛りにあったみたいに体が固まる・・
まいいかそんなの。
客観的に見れば楽器のレッスンとしてはもう破綻しているような状態だったのかもしれません。
どうしてそうなるのか私には理解できません!
お願いだから普通にやってみてくれませんか!
どうすればいいか教えてほしい時にどうしてそうなるの?ときかれちゃったら立つ手がないと思った幼い頃からの記憶がいくつも出てくる。逆にいえばいつも通りで特になにということもない。
1人の時にはできることが驚くほどどっかに行っちゃうのはパニックになっているんだと思う。

すこしは練習しましょうよ・・忙しいでしょうけど・・
これも流れ的にそういわれるのは当然で、少しもおかしいところがないことは論理的に理解できる。
ちょっとこたえたけど。
自分の練習というのが明後日みたいな内容で実際練習なんかしていないのと同じなのも理解できるんだけどね。
子供でも伝えればすぐその場でやり始めるような指示が・・・理解できないんだよ俺は。
それは他人から見れば、やる気がないかふざけておちょくっているようにしか見えないと思う。
幼いころから罵声も浴びたし暴力も振るわれてきた。凹むのはどうこう言って非難されることの方じゃなく、自分の体がまたしてもコントロール不能なことの方かもな。
これもまた、単に練習不足なだけでしょ・・みたいな話なんだろうけど。
そこで私はDCDじゃないかと思うんですなんて言ったってしょうがないしね。
まあそうだとして、単に趣味で習う楽器ができないだけ・・
なのに、自分の全人格と、これまでの全人生を否定されたように体と頭が受け止めてしまうのはやっぱりちょっと病気みたいなもんかもしれない。
そうでない他人には伝わらないだろうと思う。

だけど、めげません。
つぶせるもんならつぶしてみろ
このまま人間の失敗作みたいな自分のまま死ぬわけにはいかない。
物心ついたときから続く孤独なトンネルの中を行く。
誰もしらない、誰も教えてくれない、誰にも相談できない。
ひとり暗闇を探りながら進んでゆく。

そして、ブログが救いになってくれる。
誤解もなくみんなわかってくれる理想的な架空の読者、それは多分俺自身なんだけれど・・へむけて心中を告白し、決意を並べる。
孤独から少しだけ救われるがする。
今まで何度かブログに救われてきた。

そして、何時も拍手ボタンを押してくださる方へ、どうもありがとうございます。
子供のころから刷り込まれた自己否定病に押しつぶされそうなとき、拍手の数字が私を救ってくれる。
世の中に、こんなに肯定的な数字は見たことない。

人間は、単一の次元のみで生きているわけじゃないと思う。
孤独と思いつつ、嫁さんと犬がいてくれるからこうして生きていられる。
2905.png
犬とお散歩。
犬がいつになくうきうきしているのは
2862.png
久しぶりに三人そろってだから。
2863.png
桜なんかには興味がないみたいだけど、
犬って人間なんかよりずっと、家族のつながりを大切に思うみたいね。


https://www.youtube.com/watch?time_continue=532&v=9Psr7qr5Lx8
音楽療法みたいな話でモーツァルトってのがよくありますよね。
私はそういった話に興味がなくどちらかと言えば嫌いですが、聴かせるとキノコの成長が早いみたいな事例が客観的事実としてあってもおかしくないとは思う。人の心や体への治療的効果みたいなのもどこかには実際にあるんでしょうね。

もう30年以上クラシック音楽しか聴いていないけれど私がこんな欠陥不良品みたいなままなのはやっぱりあんまりモーツァルトを聴かないからでしょうか?
いえ、あなたは元からダメなのでなに聴いても効きません。
あそうですか。

2864.png
私と二人きりの時はここまで来てくれなかったのに・・
2865.png
富士山もきれい。

2866.png
楽しいね。気持ちいいね。
2867.png
褐色だった堤防の上もいつの間にか緑に・・

おやつをもらうとお留守番体制に・・
2868.png
帰ってきたらまたご褒美のビスケットね。

レッスンに行く前にまた衝撃的な訃報を聞いた。
どこかで元気でいると思ってたその人は、実は結構前に亡くなっていたそうだ。他人のことだからあまり書くわけにいかないだろう。
若いうちは、水と飯があれば生きていけるようにできていると思う。
でも、その先は生きる理由が必要だと思う。
生きる理由を感じられなくなると人の体はすぐに自分を壊してゆくんだと思う。

誰にどう思われようと私はまだ私を尊い存在だと感じ、まだまだ長くこの世にいてもらいたいと思う。
だから生きる理由を探し確保し続けなければならないの。

Tag:モーツァルト  Trackback:0 comment:5 

今年もよろしくおねがいします。

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

9778.png
体調を崩していた犬は元気になりました。
腐ったりしてた私もこれから元気になるはず。
一昨年の元旦のブログ記事を見てみるとなかなかひどい。
鬱症状みたいなので真っ暗な気持ちで書いたのを思い出した。
昨年はなんだか明るいことを書こうとしているように見える。
多分いろんな人にコメントや拍手をもらえてうれしかったから。
今年はどうか・・大丈夫。
少しづつ、登っていきましょうよどこへか知らないけど。


隠したような書き方はみっともないので書くとクラリネットを始めました。
最近、毎晩練習場でメトロノームを相手に練習をして。
隠す必要なんてどこもないのにそうなっちゃうところがこの人生の問題点を投影してるみたいでしょ。

バッハの曲にはクラリネットは出てきませんねまだ無かったから。すぐ後のモーツァルトはこの楽器を愛したらしくいい曲があります。
というほどモーツァルトは聞いてないんだけれど。
元旦なのでモーツァルトのK.1でも聴いてみましょうか。
作者が先品番号を付けなかったために別人がつけたバッハのBWVという整理番号はジャンル別ですが、ケッヘルという人がつけたモーツァルトの整理番号は作曲順のようで1番は

https://www.youtube.com/watch?v=mgknFPVF8kM
5歳の作だそうです。
耳に残るいい曲ですよね。
この曲への感想を書いたり口に出したりすれば、そこにはその人のいろいろが透けて見えると思う。
そう思うと怖い曲だ。
なぜかYoutubeにはこの曲の?な演奏がいっぱい上がってた。
なにが?なのかは書かないほうがいいことは覚えた。
皆楽しそうだしこれでいいんでしょうね。
なによりみんなこの曲が好きなのかな?

9779.png
正月休みは練習にあけくれてやる・・なんて思ってたけど練習所もしまっちゃうのは当たり前か。
そして新品出来立ての楽器というのは馬鹿みたいに長時間息を入れちゃいけないそうだ。
前の楽器は山の中で練習しようと思いそれ用の椅子を買ったりしたけれど結局山中でやったのは一回だけだった。
いよいよ椅子の出番かとも思うけど今度の楽器は温度差や直射日光に当てるとかも厳禁らしい。
で、年末最後の練習だと思ったはいいけどよせばいいのに唇が切れかけた状態で無理に音を出そうとしたら無意識に痛みから逃げようとしてしまいまた変な癖がつきそうに・・
下唇が切れるという人は結構いて、歯に油取り紙を被せたりするそうだ。
先生も紙じゃないけどある物を当てているのを見せてくれた。
そもそもかむなという人もいるしネットを検索するといろいろ出てくるけど、他人の正解が自分に当てはまるわけじゃないのであんまり読んじゃわないほうがいいんだろうと思う。

今の私は音楽をやる人達みたいな場には近づけません。
先生を信頼して頑張っていきたいですが、遥かかなたで一人密かに練習したいと思っています。
油取り紙は買って来た。
とにかく二日くらい休んでリセットしよう。

元旦の朝。
しばらく楽器云々で音楽を聴くことから遠ざかってた。
いま音楽を聴きたい気持ちが帰ってきて止まらないところ。
でも洗濯が終了するまで待たなくちゃ。
風音がする空調や光る暖房器具は一切置かない無音の薄暗い部屋の中で目の前の空間に浮かぶ虚像を凝視しながら・・・・
私の音楽を聴くはこういうのなのでいちいちめんどくさいというかとりあえず風邪を曳きそうだ。
でもハマればすごいの。電気あんかとか電気座布団が温かくて寒いのも結構大丈夫。
その魅力を書いてくブログでもあったんだけどそもそも興味のない人に何をどれだけ訴えてもみじんも通じないという当たり前のことに気付くのに結構な時間がかかった。
まいいや元旦から欲求が来てよかった。
これがなくなったら私はもう終わりだから。
犬と散歩もしなくちゃなんないし、嫁さんを無視して部屋にこもるわけにはいかないし、今日は交響曲の一曲も聴ききることはできないだろう。
洗濯機もがたが来ていて脱水の時に大音響をたてて暴れる。
梱包用のバンドを持ってきて縛ってやろうかと思っているけどめんどくさくてやってない。
おせち料理はもともと嫌いなので食べようとも思わない。
いつもと同じ朝食、いつものこたつ。
いつもの嫁さん、いつもの犬。
これでいいじゃない。

どうか、新しく見つけた心の支えが早期に消えてしまわないように・・
どうか、嫁さんと犬が健康で幸せでいられますように。
どうか、私が無くなりませんように。
どうか、皆様が幸せでいられますように。
9800.png

Tag:モーツァルト  Trackback:0 comment:12 

山の上

6836.png
11月に入っても花を見せてくれた朝顔。
嬉しいね。
ありがとう。

6837.png
雨降って来てるのになにやってんの?
早く家に入りますよ! 

この日は天気も悪いうえに次の日朝から苦手で嫌なことから逃げられない事実に負けて気分停滞。
昼飯でもと行ってみた店では店員とのやり取りで不愉快な思いをする。
落ち着いてみると因果応報の文字も頭に浮かんできた。
ここで感情に任せた行動をとれば、自分が同じ目に合うかもしれない。
後日であるが、私もあるお客さんへの対応にまずい点があることに気付かされた。

振り返ると、あの前にあったあれは警告だったのかな?
なんて思うことが時々ある。
何か起こったら怒ってないで冷静に先の自分を見た方がいいかもしれない。

ホームセンターで嫁さんがいろいろ買い物をして。
このまま帰るじゃあんまりだけど、
でももうすぐ日が沈むのに今更ドライブったって・・
山にでも登るか。

6838.png
ここは山の稜線を走る観光道路のちょっとした展望台というか広場みたいなところ。
この場所は家からよく見えて夜になれば夜景を見に来た車のヘッドライトの明かりが見えるし、たまにカメラのフラッシュが見えたりもする。
車の運転ができない子供のころ、遠くに見えるここは手の届かない異次元的憧れの場所だった。
自転車を引いてここを目指し登ったはいいけどたどり着けなかった思い出・・
あー富士山少し見えてきた・・


https://www.youtube.com/watch?time_continue=530&v=9Psr7qr5Lx8

先日モーツァルトのジュピターを聴いてたら2楽章のあたりで何となく雲の上というか天国の音楽みたいだなとかと思ったりして。
モーツァルトはあんまりというかほとんど聴かない作曲家なのでカテゴリも作ってなかった。
モーツァルトは聴かないけれど「ワルターのモーツァルト」というのが自分の中で独立したカテゴリみたいになっちゃっててそれは結構好き。
3つほどあったどの記事にもワルターのモーツァルトなんて今時聴いてると笑われるかみたいなことを書いていた。別に誰に笑われても関係ないよね考えてみりゃ。
そろそろほかの曲も聴いてみればいいと感じられるんじゃないかとニ短調のピアノ協奏曲をかけてはみたけれど、ピアノが出てくる前に止めちゃった。


家からここが見えるということは
6839.png
ここから私の家も見えるわけで、あの光の中に私の家もある。 
双眼鏡で見ると空の上みたいなところからから自分の家が細かいところまで見えて面白い。
                   
また少し走って別な展望所へ

6841.png
今は藪に埋もれて途中からなくなってしまっているけれど家のそばから山へ向かって登っていく古い道、
多分このあたりへ出るんじゃないかと思う。
日が傾いて桃色富士山。

6842.png
いいねー夕日。
あれはさった峠とか三保、日本平も見えてる?

6843.png
見てると富士山一瞬で雲に隠れちゃったりするのね。
もうだめかと思うとまたぽっと顔を出していたりする。
見られるかどうかはタイミング次第。

昔、海の向こうに見えた利尻岳が忘れられず何度も稚内に通ったりした。
行くと雨が降って何度行っても全然見られなかったのはきっと何かのメッセージなんだろうと思う。
遠くから来た人は雲で富士山いなくてもあきらめないで粘ると見えたりするのかも。

帰り道、おでんでも買うかとコンビニによったら若いお兄さんの対応がものすごく良くて気持ちがよかった。
妙に気取った店で嫌な思いをすることがあるけれど、何の期待もないこんなところで去り際にありがとう!と言いたくて仕方がないような対応に遭遇することもある。
いいこともあるのか。

家に帰ると
6844.png
また夜まで咲いて見せてくれていた。
いいこともあるよね。

Tag:モーツァルト  Trackback:0 comment:0 

牧草地で

昔、北海道の日本離れした景色と空気が忘れられず何度もいきました。
写真を見るともう10年くらいたってて・・10年なんてあっという間だな。
5966.png
北海道というと一つの場所みたいですが東北地方とか西日本とかいうのと等価のでかさなんだから、ひとくくりに考えるのもどうかと思う事があります。
北海道に住んでますという人と話しても話が合わなかったりしますね。
私が特に好きなのは道北・・稚内とかある北の方です。
見えているのはサロベツ原野。奥に見えるのは利尻富士。
写真には写らないけれど、驚くべきさわやかな空気となんかよくわからない匂い・・音・・
いまは訳があっていけません。

家から一時間ほどのところにみようと思えば北海道に見えなくもない所がある。
梅雨の合間、少し日が出たように見えたので・・
5947.png
実際、北海道の馬鹿でっかさとまっすぐさは全然違う・・第一空気のさらさら感が・・
まあいいんだよそんなこと。
近くのコンビニで買った弁当を食ったりして・・

5948.png
静が・・ではない。
名前わかんないけどよくいる小さな鳥・・羽をバタバタさせながらピーチくぱーちくずっと大騒ぎしてる・・
遠くではカッコウも鳴いていて・・
いいなぁ・・・

5949.png
北海道だとでっかいトラクターが牧草を刈っていたりラップサイレージと言ってビニールで包んでロールキャベツみたいにしたり・・
珍しいからと撮った写真をあとで見るとトラクターの運転席からこちらを鬼の形相でにらみつける人・・降りて走ってきたこともあった・・もちろん逃げた。
汗を流し土をかぶって一生懸命働いているところをいい気になって見物なんかしてはいけないんでしょう。

この場所でも苦虫を噛み潰したような顔が見えながら走ってきた車がわざと減速して横を通り過ぎて行った。
多分この先の農家の人でしょう。
お前の来るとこじゃねーんだよといっているのかもしれない。
白線も引いてあるような公道だからいいかと思ったけど来ちゃいけないのか・・ごめんなさいね。

北海道に行った気分に・・なんかならないけれど、少しだけ心が休まった気はした。

ないものねだりはやめて手の届くものでいいとするというのはどうでしょうか・・
そんなのは逃げてるだけだ!
できないことほど挑戦をすべき・・
みたいなのが正しいというのはわかりますけどね。
基準値に満たない自分は不適合品だと判定して死んじまってたら本末転倒じゃないか。
しかしそう思って20年くらい無駄にしたという気持ち・・そもそもその無駄だにしたというのが
あるはずだったものという仮想の理想を勝手に設定しているのであってどうなんだというところから・・
とかこんなことを考えている時間が無駄なのであってもう何も考えたくない。
何も考えたくないなんて思うから脳は余計に考えようとするわけだからじゃああえて考えてみようとすれば

くだらね。


https://www.youtube.com/watch?time_continue=532&v=9Psr7qr5Lx8
今時ワルターのモーツァルトなんか聴いてると笑われるのかもしれませんけれど。
ジュピターの2楽章の終わりに
5968.png
木管の歌を弦がちょっと肩代わりというかリレーするところがあるんだけど、
何も言わなくても通じる親友というか仲間がすぐそばにいるんだよ。
みたいな暖かいものを感じます。
そういうのと無縁で生きてきた私は40を過ぎてよせばいいのに自分もなんて思ってしまった。
でもまぁ、子供でも普通にできるらしいそれが私には難しくて遠い世界のように見える。
嫁さんがいてくれるから嫁を大事にしてずっと生きていけばいいと思う。
分かってはいるけど最初からそれじゃ寂しいんじゃないかという思いがいちいち出てきやがるんだよな。
こんなの消えちまえばいいのに。

晴れてれば富士山が見えるんだよなーなんて考えていると
5950.png
あっ富士山だ・・
数分後には
5951.png
また雲の中に・・
自分が利尻を見に行って雲に隠れていたりするととても残念な気持ちになったのと同じように、遠くから来た人は富士山が雲に隠れちゃったらとても残念なんでしょうかね。
私は見慣れすぎててとくに・・むしろ気にしたらちょっとだけ顔を見せてくれたような気がして何だかうれしかったりして。

ほしくてしょうがないものも、手に入ってみれば何がありがたいんだかわかんなくなったりする。
手に入らないととても貴重で尊いもののような気がするけど、あったときは嫌で避けようとしていた。
失ってしまったことを嘆いているけど手放さないような努力はしていなかった・・
実は自分の一時的な気分や都合に騙されて・・なんだ
どうでもいいか。

北海道中毒みたいになっていたので急にいけなくなってしまったときは禁断症状みたいなのが出て3年間くらい苦しかった。
ちょっとアホみたいだけど。
今あるこのうだうだも3年もたてば気がすんで忘れちまうんだろうな。
忘れちゃっうことが正しいかどうかは別として。

同じ日の夜。
家の近くでなんかイベントをやってんだと妻が騒ぎ出した。
私はちょうどそういうのに行きたくない盛りなので聞こえないふりをしていた・・
犬の散歩をしていると嫁さんがどうしても行こうという・・
5955.png
すぐそばまで行って犬がいるからここで待ってるよと言うと嫁さんは一人で見に行った。
そんなもん犬がいたっていけばいいと思う。
私はああいうところに行けない変態だから。
ごめんね。
嫁さんにはずいぶん我慢をさせているのかもしれない。
まあそれはお互い様だけどね。
犬としてははどうなのかな?

5956.png
ZZZ・・・

Tag:モーツァルト  Trackback:0 comment:2 

どっかいった

いろんな警報が出ていますね。
警報って聞きたくないですよね。
嬉しい警報ってのはないですもんね。

昔旅行で、十勝だったと思います。
豚丼食った人間向けかコンビニでやけにたくさん売ってたサラダを食べ・・関係ないか・・
ホテルで寝入りばなに火災警報が鳴りました・・
が、私はどうせ何かの間違いだろうと高をくくり余裕でいた・・廊下からも誰か出て来るような音は聞こえてこない。
しばらくすると誤報を詫びる放送が入った。
でもこれ自分で言うのも恥ずかしいですが、全くおかしいですよね。
勝手に誤報と判断したけどどこにも根拠はない・・もし本当の火事ならそんなことやってる間に煙は広がり避難路を絶たれて私は死んだ可能性があると思う。
いらんことにばかり不安を感じて肝心なところで全く危機感がまったくない。
逆転させられれば効率よく生きられそうだけど、どうやるのかな。
この時の旅行も一人で、無人地帯ばかり選んですごしたけどしたけれど、よかった・・
また行きたいけれどしばらくは無理だろう。

気分転換をどうしてもしたくて、どこかいきたかった。
いつもと全然違う時間がすごせればそれで気が済むんだろうと・・
車で自分には全然縁のないベットタウンみたいなところまで行き
3287.png
一生のる必要もない路線に乗る・・

渋谷についても街自体には興味がない。興味を持ったのは
3288.png
こんなの。
クラム。
すごい深さから土をつかんでくるんだけどこういうの見てて飽きない・・
見えないところをつかむのにカメラとか付いてんのかなぁ・・
怒りもしないで笑ってみてる嫁さんには感謝の気持ちしかない。

帰りも、自分には全く縁のないような駅で降りて
3289.png
プラプラする。
鉄道マニアだった子供の頃、駅名がプラーザってなんだよと思っていたその駅へ35年後くらいに降りてみる。
街歩きでもしようかと思ったけど、駅自体がショッピングモール化していたのでその辺をふらつく。
普段なら絶対近寄らないアロマなんとかみたいなお店に入って店員さんにつかまる・・いつもならすぐ逃げるけど・・・ずっといろいろ話して教えてもらった。なんか買わなきゃまずいのかなと思ったけど、どっかいっちゃったので何も買わずに出てきた。
嫁さんの気が済むまでいろんな店を見て、地元にないような店で晩飯を食って・・

3290.png
駅を通る沢山の人とか、遠くの家だか団地の明かりを見ていると・・
いろんな人がいろんな人生実行中なんだなぁ‥と思う。
昔、親父は私の顔を見る度「お前は出来損ないで人より劣っている」と罵った。
他人を見ると自分より幸せで優れている、自分は恥ずかしいと感じる癖を抜きたい。
現在矯正中です。
すぐ戻りそうになります。
整体みたいです。
「長年ほっといたからね~」みたいな・・


michaelさんがリピート書いてないんだよと教えてくださった、
モーツアルトのハフナー交響曲でも聴きましょう。
この曲も「君の人生に乾杯」みたいだなと思って・・
私の人生に乾杯。

Tag:モーツァルト  Trackback:0 comment:2 

リピート

3277.png

夕食時テレビでBSを見ていたら通販でモーツアルト全集CD170枚・・というのをやりだした。
いつも健康食品ばかりなのでちょっと新鮮だ。
ぼーっと見てるとHMVなんかの宣伝文句とは全く違う手法のナレーションに笑った。
1曲あたり43円!とかいって低コストをアピール。
大曲、小品、重く荘厳な作品、軽い冗談音楽・・等一切考慮せず単純に曲数で割ってみる・・
よくある茶番資料、インパクトのある数字が並んでればいいやみたいな。
そのうち「仮に聞かなくても持って飾っておくだけで豊かな気持ちになれます・・」・みたいなことまで言い出した。
もうタブーみたいなのまで売り文句にする・・いいからまず買いなよみたいな・・
ありがちなバッタもんかと思ったら、HMVとかでも売ってって内容はちゃんとしたものみたいだった。
宣伝だってお金がかかるんだし、やる以上は売らなきゃなんないんじゃないか・・
クラシックなんか聞かない層をターゲットにしていると思われ・・売り切る自信もあるのかな?ちょっと面白いな。
買った人で、全部聴いてみる人ってどれくらいいるのかな・・・
むしろクラシックが好きな人ほど全部は聞かないんじゃないかなぁ?
CDも安くなっちゃったからクラシックのリスナーでも買うと満足して聞かないという状況はそこらじゅうで多発してるんですよね。
もう多発というほどひといないのかな?

なんかあれですね、音楽とか作品とか芸術とか心とか言ってるけど実際データですもんね。
データを扱う経費みたいなものが値段になっているけど、音楽の重さとか心で泣いたとかそんなのはお金じゃないってなことか。
まあ何でもいいか。

ブログで色々なCDの感想を聞かせてくれる人たちがいますが、本の付録みたいなCDの正体不明な演奏を、いつもの名盤と同じスタンスで聴いた感想を乗せてくれているのを見かけたことがあります。
ちょっと感動した。
音楽は音楽なんですよね。


3269.png

中学生のころから、ブルーノ・ワルター指揮コロンビア交響楽団のCDを聴いていろんな曲を覚えてきました。
ワルターの録音の特徴として、交響曲のリピートを徹底的に省略しているというのがあると思うんです。
ベートーベン、シューベルト、ドボルザーク、ブラームス、マーラー・・・・グレートのスケルツォはやってたかな・・ほかにもあるのか・
後は徹底的にしない。
短い曲だと本当に短くなっちゃってて・・
実演ではリピートしてたのかな?
繰り返し再生される録音芸術に対する彼の考えなのかな?
SP時代は5分で盤を変えるんだからリピートなんて無意味だったろうけどもうLPの時代だからそれはいいんでしょう?
レコード会社がそうしてくれといったのかな?
80歳過ぎて体力的な限界とかあったのかな?

マーラーのコンサートの演目なんかを見ると曲が盛りだくさんすぎてもしかするとリピートなんかしないどころかカットしまくりだったんじゃ?と思ったこともあります。
そういうマーラーも自作の1番や6番にリピートを書いてる。
コンサートの中でその曲をどう聞かせたいかで、リピーしたりしなかったりするのかな。


今日なぜかモーツアルトの40番がのフィナーレが聴きたくなってワルターコロンビア響を聴いたんですね・・
ボーっと聴いててあぁ曲が終わるなと思うと減速しない・・
あれ?リピートしてる・・・
あれリピートするんすね・・・
3270.png
モーツアルトが大好きだったらしいワルター。
彼のその特別な愛がここに出ているんだろうか?
よっぽどこの楽章に特別なものがあるのかな?
晩年、オカルト的な何かに心酔してモーツアルトの霊と会話してたみたいなことを何かで読んだ気がする。
その出てきたモーツアルトが言ったのかな?
「このシンフォニーはちゃんと繰り返しやってよね」

そんなに騒ぐ話じゃないのかもしれないけど・・30年前から時々聞いてる演奏なのに今更驚いたので書きたくなったので書いてみました。
評論家の宇野 功芳がむかし、モーツアルトにはまらないクラシックファンなんてこの世にいるのか?みたいなことを書いていました。何故かここにいるわけなんですが、ワルターの録音した後期の6曲と序曲とかだっけ・・は聞きます。
何故かあんまりモーツアルトにはまったりはしないままおっさんになっちゃった。



今、ワルターのモーツアルトなんていってると古いもんいつまで聴いてんだとか言われちゃうのかな?
誰が何言ってたって関係ないんですけどね。
僕はこれ好きですよ。



ゴールドベルク変奏曲なんか、グレン・グールドの演奏に洗脳されちゃっているので、全部のリピートをきちっと繰り返す演奏を聴くとちょっと重くなってくる・・
同じ曲でもリピートされると重くもたれるときと、きっちりリピートしてでかさを感じさせてくれと思うときがある。
通販の宣伝みたいなコストパフォーマンスみたいなので見ると、リピートなしの演奏は割高なんじゃないか・・そんなこと言う人はいないか。

Tag:モーツァルト  Trackback:0 comment:6 

プロフィール

unagi

Author:unagi
結構さみしいけど結構楽しいよ。
クラシック音楽が好きです。

カウンター
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ