ラジカセ

1069.png
先週みかけた家族と同じかはわかりませんが、ほぼ同時発生だと思うので・・
子ガモ、1週間で大きさが3倍位になっていた・・
数は・・多分減ってる・・
しかし水草みたいなのを食ってあんなにでかくなれるのか・・
この隣の田んぼは草だらけだ・・何がダメかはわからないけどあっちのは嫌なんだろうな・・・
かーさんは時々周囲を見渡して状況を確認している。
通りかかる人たちがみんな笑顔で話しかけてくる。
自分は誰よりもあのカモの親子を見ていて知ってるんだよと・・
大人気でいいなぁ。

先日、友人が古いラジカセを持っていました。
古いとってもCDが聴けたり、ラジオの周波数はデジタル表示だったり。
今時カセットテープが再生できる装置が現役で存在するんだなんて思ってうれしくなった。
でも考えてみると
1064.png
うちにはもっと古いラジカセが現役で生きていた。
家族がこれでラジオを聴いているようだ。テープ再生系が生きているかはわからない。
私が音楽に目覚めたころに使っていたラジカセもこんな感じのもの。
もっと地味でボタンやつまみも少なかったっと思う。
元々もっと古い2台のラジカセで1台のイヤホンをもう一台のマイクにセロハンテープでくっつけて・・とかやっていたので、こんな物でも画期的だった。
ラジオのチューニング状況に合わせて光るランプがあって、ランプの光量が最大になる位置を狙うという・・・部屋のどの位置にどんな角度で置くかでも受信状況が変化していた。
そんなラジカセでFMを録音して聴いていました。
テープは従兄のお下がりの英会話教材テープをつぶして使った。
気に入った曲をダビングして作った一本のテープを宝のように毎日毎日聞いていました。
最初に作ったテープは記念にと思い今もしまい込んであります。
もう一生聴けないと思っていたけど、ラジカセあるんだな・・
そのテープを思い出すと当時頭に焼き付けられた音が再生されます。
前に録音してあったものが消去しきれずに聞こえてしまっている・・
録音ヘッドがテープに当たって時に起きるボツッ!というノイズとともに曲が始まる。
メンデルスゾーンの無言歌の第1巻、第一曲「甘い思い出」という曲です。
曲名は作者によるものではないようですね。
楽譜の出版社かなんかによるものでしょう。
朝のクラシック番組で時間の余白に流してくれたものを録音した。
7曲くらいだったか、あれから30年、全曲の無言歌全曲のCDを手に入れてから25年がたってもなお、その7曲を選んで聞いてしまう。
あの頃は何か特別な時期だったのかも。


1029.png
自分でも弾いてみたいなんて思って楽譜を買ってきたのも25年位前、弾けるようにはならなかった。
なんでも身の程知らずでごめんなさい。
この曲を聴いていていると小さな白い花が咲き乱れる野原・・という光景が頭に浮かびます。
幼いころの具体的な記憶と結びついていると思うんですが、長くなるので・・

1030.png
このあたり、中学生のころはここが童謡の「小さい秋」に似てると思いながら聴いてた。
ふと立ち止まりハッピーばかりではないというようなことをこぼします・・
その後また明るく進もうとするんですが、単純に冒頭の主題を歌うのではなくて、自分に言い聞かせるような何かを少し歌うんですよね。そしてまた前へ進んでいく・・
甘い思い出なんかじゃない・・今生きているという感じがするんです。
作者が何を思って書いたかは知らない・・超天才だったらしいし、深く感じなくてもこういうこのをサラッと書けちゃうのかもしれない。
こういう曲の世界観は聴き手に委ねられてると思う。
勝手に好きに聴けばいいと思う。

メンデルスゾーンはかなり裕福なユダヤ人の家に生まれ、才能もあって成功を保証されたような人生を送ったために、苦悩を知らない彼は創作者としては三流・・みたいなひがみ的な批判を長くくらっていたみたいです。
何が正しいかは知らないけど、いい曲を聴きそびれた人たちは損をしたという事でしょう・・

この曲はいい曲で好きです。


Tag:メンデルスゾーン  Trackback:0 comment:8 

プロフィール

unagi

Author:unagi
結構さみしいけど結構楽しいよ。
クラシック音楽が好きです。

カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ