鉄道と音楽

1120.png
上司同行なので写真を撮って遊んでいるわけにいかない。
スマホ見るふりして撮ったこれだけ。
鉄道マニアな人はこれで何線のどの駅かまで判っちゃったりするんでしょう?
写ったこの景色を見たことがあるとかそういう事ではないんです。
ある改造を受けているこの車両
それが電化された駅にいる
バックを貨物列車が通過中
ホーム間に通過線がある・・でも使われてない
架線を吊ってるビームの形状で電化の年代もわかる
こ線橋の・・・
みたいなのを読み取ってそこからまた別な情報を得ようとする。
音楽にも同じ聴き方があると思う・・

1121.png

出張先ではとてもよくしていただけて大変勉強になりありがたかった。
対策を打っていった心配ごとは無事何も起こらなかった。
対策なんてしなくても何も起こらないに決まってる・・と言えるのは無事に終わったからだ。
自分の体調が悪くでかなりつらかった。もう終わったからいいか。今日は医者へ行ってきた。

そんなことより、自分は旅行が好きなのだということを思い出してしまったかもしれない。
ビジネスホテルの部屋の鍵を開ける瞬間・・
早朝の知らない町をただほっつき歩く・・・
ローカル列車の車窓にみとれる・・
知らない町でたまたまみた誰だか知らない人の人生を想像する・・
変態みたいか・・

上司が調べた乗り換え案内では目的駅のかなり手前の駅から在来線を使うプランが表示されたみたいだ。タイミングとか料金優先で論理的に行くとそうなるんだろう。
のぞみがとまる新幹線の駅が目的地のすぐ近くにあるのにと思ってはいた。
でもその方がおもしろいので黙ってた。
そもそもそういう段取りは部下がするものだと思うんだけど、やりましょうか?なんて言えばそれはそれでまた余計なんだろう。

最近は効率化で田舎のローカル列車も短編成のロングシート車にすし詰めだったりすることもあります・・
今回は転換クロスシート車で1時間・・もっとか・・のんびりできた。
私が子供の頃、その車両が他線区のエースとして投入されたのを本で読んだ。
閑散区に回されて余生を送るその車両におっさんになってやっと乗ることができ感慨深い。
のんびりと見慣れない景色を見ながらぼーっと過ごす時間はよかった。

訳の分からないようなことを書いていますが、鉄道マニアはこれで私が何線のどのあたりでなんという形式の車両に乗ったかを当てられると思う。
こういう目の前に置かれた細かい情報を組み合わせ、別な意味を読み取る・・という点で私は鉄道趣味とクラシック音楽鑑賞は共通しているものを感じます
子供の頃の鉄道趣味が中学に入り音楽趣味に切り替わっていったのですが、同じ延長にあるような気がしてる。


出張先の修業時間を知らせるチャイムが受けねらいみたいな音楽だった。
チャイムといえばこの曲
ヴィエルヌのウエストミンスターの鐘。
昔、学校のチャイムをウエストミンスターということはこの曲を聴いて知った。
この曲は組曲の一部だったと思う。
でもほかの曲は聞いたことがない。
オルガン交響曲のフィナーレもすごく有名だけど他の楽章はほとんど聞かない。
同じオルガン交響曲のフィナーレというのでヴィドールとヴィエルヌをよく間違える。
いまだにどちらがどの曲か覚えられない。



1118.png

この人も盲目だったそうです。
点字楽譜というのが昔からあったようで読むほうは問題なかったみたいだ。
作曲したものを書き留めるのはどうしたんだろう?
自分で点字楽譜っていうのを打てるんだろうか?
助手が採譜したのか?

調子が悪かったせいか新幹線車内の冷房が寒くてつらかった。
歳をとったからかもしれない。
今後は着るものも考えないと。

Tag:音楽を聴く話  Trackback:0 comment:6 

プロフィール

unagi

Author:unagi
結構さみしいけど結構楽しいよ。
クラシック音楽が好きです。

カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ