太陽の塔

少し前に太陽の塔の中身が一般公開されるというニュースを見ました。
大阪万博、私はまだ生まれていません。
私の時はつくば科学万博で、行くはずだった小学校の修学旅行に熱を出していけなかったのが自分らしいか。
その後父親の会社の慰安旅行みたいなのについて行いけたにはいけた。
あのとき、子供の私には未来世界を実際に覗けるような夢の世界がそこにあるような気がした。
中学の修学旅行は花博だっけ・・その後博覧会ブームというのもあったけれどただのイベントという感じになっちゃってワクワク感は減衰していった気がする。そしてバブル崩壊・・
自分の年齢が上がってというのもあるけれど、バブルを経て戦後からの上り坂も終わりみんな未来へのワクワク感てのが覚めていったのじゃないか・・俺だけか・・
大阪万博はつくばの15年前、戦争が終わって25年目。
きっと70年大阪のワクワク感は誰にとってももっとずっと大きかったんじゃないかと想像します・・

・・・そういえば太陽の塔見たことないんだよなぁ・・

5008.png
新大阪からちょっと電車に乗って千里中央駅。
なんかこう、70年代って感じがしますよね。
エスカレータに並ぶ人の列が東京と左右反対なのを見てああここ大阪なんだな!なんて思ったりして。
私は今若干暴走中。こんなとこまで来ちゃた。
5009.png
モノレールってのもそれっぽいけどこれは万博のずっと後にできたものですよね。
いい年して一番前に乗っちゃうところがどうしようもないでしょう?
万博記念公園駅という分かりやすい名前の駅で降りる降りると・・

5010.png
あっ
いた!
なんかこう・・アニメに出てくる敵みたいじゃない?
生きてるやつがこれからどっちに進もうかうかがってるみたいだ・・
駅でいい歳をしたおっさんがひとり盛り上がる・・・
5011.png
うわ見えてきやがった・・
あの上の金色の顔が猫背で前のめりなところがかわいくて笑う。
高速道路とモノレール。
昔九州から高速を走ってきてモノレールが見えると吹田かぁ・・あのモノレールどこ行くんだろう?と思った。
そこに来れたわけだ・・
駅から万博公園のゲートまで少し歩くのか・・若い人がいっぱいいるけど公園じゃなくて近くの巨大商業施設みたいなのに向かっているみたいだ。
ちいさな子供を連れた家族が結構いる。
平日だけど学校行かなくていいのかな?
そういうお前は何だという話ですが、最近平日に休みが入るんですよ。
いつまでも続かないと思うのでこのチャンスにちょっとどこか行かせて・・


自販機で切符を買ってゲートをはいれば・・
5012.png
会えましたね・・
でっかいよね。
つくば万博の時も事前にガイドブックをなめるように読んで出来上がった頭の中の世界より、実物ははるかに大きくて圧倒された・・
大阪万博のときみんなこれ見てどう思ったのかな?でっかい屋根付きだったんでしょうあの時。
70代くらいの女性が二人で歩きながら月の石を見たとかなんとか言っている・・
彼氏と見に来たとかかもしれないのかぁ・・どうでもいいけれど。

これ残しといてくれてよかったなぁ・・

https://www.youtube.com/watch?time_continue=1081&v=pPYWZYhWuGw

プロコフィエフの
スキタイ組曲 アラとロリー
若いころの作品でちょっとわざとめちゃくちゃに暴れてる感もあるけど面白い。
2曲目はむかし桃屋のイカの塩辛のCMで流れてた。
その終曲、ロリーの栄えある門出と太陽の行進の最後の部分。
端折って言うと勇者がロリーを助けた後、太陽神と言うのが出てきて都合の悪い敵は皆焼き尽くしちゃってハッピーエンド。
基本的に長調和音だげど強烈な不況音を伴い、焼き尽くす感がすごくでていて面白いという。
とはいえ、自分と違うものは間違いで死ぬべき・・みたいな人間の排他的野蛮性を強烈にみる気もする。
今でもそうなのかもしれないけれど陸続きで異教徒、他国がいきなり攻めてきてみんな殺され乗っ取られる・・または乗っ取りに行かないと自分たちが食っていけない・・みたいな死ととなり合わせの生活を何千年もやってるとそうなっちゃうんのかな。
人間てそういうものなのかな。
でもここへ来る間にやさしい人の心を見た。
そういう人もいるんだ。
その場で私はそういう人じゃなかった。

岡本太郎が言いたかったのはそんなことでは全然ないですよね。
生命の根源といううか命は共通の一個のものだ・・理屈じゃなくてこの世の生のエネルギーみたいななんかそんなんじゃないかな・・
本当はどうなのかは知らないけど、私がどう感じるかがすべてだから。

5013.png
カメラの置台があってみんなタイマーで記念写真を撮ってた。
縄文時代の土偶とかに衝撃と影響を受けているんでしょう?
なんかかわいいところがちょっと笑っちゃうよなぁ・・
5014.png
裏の方にちょっと保存されているあれは大屋根ってやつでしょう?
その後一般化されて今では驚かない気もする・・・でも当時はびっくりするようなもんだったんでしょう?
裏へ回ると
5015.png
ネガティブ・・・過去を表現しているそうですが・・
よかった、こちら側に心惹かれるようじゃやばそうだよな。
5016.png
予約すればだれでも中を見学できるそうだけど思いついた次の日に来ちゃったので予約サイトも見なかった。
予約とかそういう予定的なものを一切入れず下調べもしないぼーっとした旅がしたいの・・
めんどくさいだけだけど。
また来る理由を残せたからいいじゃない。
5017.png
口とんがらせてなにすねてんだ・・
見る位置によっていろんな表情に見えて面白い・・奥深いくらい書いちゃおうか。
あの金色の顔は鋼管で固定されてんのね・・なんかリアルを見たような・・
目は今でも光るのかな?

5018.png
周りは巨大な緑の公園・・
こんないい感じで・・
一度時間に縛れずに一日ボーっとしてみたいなここで・・
展示館があって興味を惹かれたけれど日帰りで時間もないのでまたという事にする。
せっかく太陽が出てるのにコンクリートの建物の中で時間をつぶしてしまうのも嫌だった。
5019.png
学校の行事か小さな子がたくさん芝生で遊んでる。
その向こうのあいつはやっぱり意志をもって歩き出しそうだよね。
さらに歩けば遠足の小学生・・先生2人で見るんですね今は。
私よりずっと若い先生と小さな子供たち。
子供縁遠いので何かいいことも書けないけど。

他のところへも行きたいのでゲートを出て駅へ戻ろう。
5020.png
モノレールと・・・幼いころの絵本に未来の世界が描いてあってこんな感じだったような・・
最近の子供はどんな絵を見てるのかな?
いきなりスマホでゲームとかしちゃうのかな?

なんで私は、急にこんなものに盛り上がったんだろう?

わからないけれど太陽の塔、見ることができてうれしかった。
こういうので感動したとかいうと安っぽいけど来てよかった。


Tag:プロコフィエフ  Trackback:0 comment:8 

プロフィール

unagi

Author:unagi
結構さみしいけど結構楽しいよ。
クラシック音楽が好きです。

カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ