人生は思い込みでチューブ

あの店に行くなら連休中にしようと思っているところがあった。
どこも劇混みなはずなのに
7414.jpg
さっぱりとしたこの静けさ。
いたお客さんは1人だけだった。
いつ来ても空いていてありがたい。
7416.jpg
料理がまずいとか、ボッタくりとかそんなことは全然ない。
美味しいし良心的な価格、接客にも何の不満ものない。
謎のガラガラ感・・
でも通りがかりに除くといつも窓からお客さんの姿は見える。
ちょうどいいくらい固定客をつかんでるのかな。

BGMは相変わらずショパンの名曲集みたいなのがループして・・
あ?でも盤が変わったのかな?

https://www.youtube.com/watch?v=SvcSjzXcvqw
これは流れてなかったけど。
一人異国異文化の中へ出てって勝負しようとしたショパンにとっても故郷の音楽は血や肉みたいなもんなんでしょう。マズルカはワルツよりずっと多いですよね。
でも私はなぜかあんまり魅かれることなくいまだに全曲をちゃんと聴いてない。マズルカとは何なのか、ワルツとどう違うのか・・どこかで読んだ知識棒読みじゃなく自分で感じること・・はなんとなくあるけれど聴き数が少なすぎてちゃんと説明できない。
別にそれは落ち度でも何でもないから恥ずかしいような書きようでなくてもいいんだと思うけど、何書いててもこんなこと書いちゃったら・・とか思うのも病気だな。
7536.jpg
聴き手はボーっとしてたって成り立ついい加減な立場だけど、弾く人にはそことても大事なんでしょ?
クラシック音楽を興味を持って聴くようになったのは実際中学二年生だったのだけど中二病みたいなので俺がショパンなんか聴いたらおかしいと思ってたのでCDを買ってみるのは少し遅れた。
これはとっかかりに買ったいろいろ詰め込まれたお楽しみ弁当みたいな一枚の中にあった。
10代の頃に聴いた音楽って理由に関係なく頭に焼き付いて一生頭の中で鳴り続けるのね。
途中聴かなかったからか久しぶりに聴くと、あの頃に見た光景がふと脳裏に浮かんだりする。
戻りたいなんて間違っても思わないけれど、大きな時間が過ぎ去たんだなぁという気はする。
同時に残り時間も意識するようになってきたなにかこう・・
接着剤とかムヒとかが入っているチューブ。
中身が半分以上なくなっちゃって後ろの方はもうペッちゃんこになっているチューブみたいな感じ・・
でもまだ残ってるよ。
残ってるのに捨てちゃわないようにしないと。

チューブといえばシーズン・イン・ザ・サンが流行った年、テレビでやったのをテープに録って聞いてたような記憶が少しだけある。
私は中学一年でまだクラシック音楽は知らなかった。
思い出すと笑っちゃうのは聞きながら自分にもこんな未来があるのかなと思っていたような気がすること・・
笑っちゃうと書かずにいられないのは幼い自分が微笑ましいから・・ではなく、他人から笑われることへの防御みたいなものでしょう。
そのころもう自分がそんなのを好んで聴いてると人にばれたら笑われると思い隠そうとしていたような記憶もあったり。
もう少しするとクラシック音楽を知り目覚めたのだけど、ほぼ同時になぜかいいことが続き自分に自信を持ち世の中も自分も自分の未来もみんな明るく見えた時期があった。
今まで自分は周りから蔑まれていると思っていたのはみんな勘違いだったんだ、俺は卑屈になる必要はないんだ!そう思ったの日のことを覚えている。
革命的に自分が変わるのを感じ、明るい未来に希望を持った。
明るい笑顔が笑顔を呼びどんどん好転させていくような人を時々見かける。
僅かだし勘違いだったかもしれないけれどあの経験からそういう人がどんな心境なのか、何が起こっているのかわかる気がする。
短いけれど間違いなくあったそれが崩れだしたのは突然で、止める方法もつかまる所も見つけられないまま短時間で私は人ではなくゴキブリか排水口のぬめりになった。
今は自分を人間だと思っているし人でなしと言われればお前がだろと思うだろうけど、30年たっても明るいあそこは遠く戻れない他人事のまま。
7418.jpg
ちょっと旧式なエアコンがフル稼働していた。
入ったときは涼しかったけれど飯を食って血が回ると暑い・・このエアコン、灯台下暗しみたいに近くには風が来ないので暑い・・
多分ここ出来てから一度も壁紙張り替えたりペンキ塗ったりとかしていないと思う。
きれいに掃除はされて不快感はないけれど、こうして部分に注目するとなかなかくたびれてはいる・・
暑い時
7417.jpg
ランチについてくる冷たい紅茶がありがたいね。
お盆期間はランチがありませんみたいなことは書いてないし、
そんなこと言ったってしょうがないような、知っている人だけが定期的に通ってくるお店なんでしょうね。
7419.jpg
一人で食べてたお客さんは営業かな・・そういう人が通う定食屋的な側面も持っているんでしょうね。
若干くたびれているように見えなくもない黒いレースのカーテンが外の殺人的な日差しを和らげてくれる。
遠くの方ほど波打ってって、こっちは冷風がきてますよーエアコンの近くに座ったあなたはハズレーって。
人がいないと安心できるのなんて・・まあいいや、今度はあっちへ座ろう。

Tag:ショパン  Trackback:0 comment:4 

プロフィール

unagi

Author:unagi
結構さみしいけど結構楽しいよ。
クラシック音楽が好きです。

カウンター
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ