霧の中でみつける

突然隣近所系問題が勃発。
楽器の音がうるさい的苦情ではなかったけれど予想を超えた展開からいろいろと思うところがあり・・
なんて書いてたけど一晩たてばもうどうでもいいやそんなもん。
9093.jpg
これはその前の週。
行きそびれていた店に行こうと思い場所が場所なので事前に電話をすると、霧がすごいですから気を付けてきてくださいね・・
一時間くらいかかる道中、遠く行く先が雲の中なのが見えていた。
9095.jpg
15ってのもなかなか見ないよな。
前回車を止めた店の前の空き地には車。
それじゃと裏へ回るとちょうど通りかかった人が
ここだよ。
ありがとうなんていってみるとすごい笑顔が返ってきて・・・
人間失敗的に生きてると、そういうスーパーインパクトなごちそうみたいのね。
9094.jpg
なんか、いいでしょうこの感じ。
昔夜中に見た映画の中にあったような・・ポルノ映画みたいなのだった気がするけどどきっと監督はいつか自分の撮りたい映画をという野望があるんだろう凝った手法や絵が挟まってって・・ほんとにどうでもいいような映画だったのにいくつかのシーンがいまだ目に焼き付いてるのはなんでか?あれももう30年以上前か。
9096.jpg
お店へはいると、どうぞと案内され・・
この前もここだったけど今日もここでいい?
え?覚えててくれたの?
あそこからでしょう?
わー、うれしいなそういうの。
9097.jpg
先客はちょうどもう終わりというところ
小さい声で、あーしあわせ・・・
どっかでも聞いたそのセリフ。
人にそう言わせる料理ってすごいよね。
9098.jpg
あのメインぽいのは新玉ねぎのステーキ。チーズとハムが乗ってピザっぽいのかな。
あとは九条ネギを間引くときに出た・・なんだっけいろいろ聞いたけど忘れちゃった。
なんかすごいでしょいっぱいあって。
ちゃんこ鍋もあって
しあわせ。

だけど、食ってると血の巡りがよくなっちゃって暑くなってくる。
霧で窓を閉め切っているのでなかなか暑い。
もともとあったらしいクーラーは撤去されてる。
あ、暑い。
今度から扇子買って持ち歩こうかな。
すいません扇風機ないですかー?
とか言えなかった。
9099.jpg
蒸し暑い音楽と言えばメシアンのトゥーランガリラ交響曲じゃないかと思うけどあんまり聴いくなくて・・
行ったことがないけどヨーロッパには蒸し暑いなんてないのかな。霧はしょっちゅう出るらしく霧が立ち込めてる音楽はたくさんあると思う。という流れでここにマーラーの1番を貼ったら負けだろう。
マーラーは例えばブラームスから指揮者としては絶賛されていたのに、前衛的すぎる作品は音楽に未来はないとか言って酷評された。
そのマーラーの2番を聴いたドビュッシーがこんな古臭いもん聴く価値があるかと席をけって出ていったという話が有名。
だけどほかのいろんな伝説と同じく、真偽の点においてかなり怪しいと思う。

https://www.youtube.com/watch?v=H4VPDbNsSzY
霧で始まるドビュッシーのこれ他を、指揮者としてニューヨークでやってたマーラーがたしか取り上げてたと思う。
自分が若いころに古参に無視された経験から、理解できてもできなくても未来を感じれば新人の新作を積極的に取り上げようとしていたようだ・・けど、自分の作風のはるか先を行くこの新しい作品はそういう事じゃなくて作品そのものの価値を見抜いてとかだったんかないかなぁ・・
マーラーも9番10番で新しい所へ踏み出そうとはしてた。
もう少し生きて交響曲第15番くらいまで書いてくれたらどんな世界があったかなぁ・・
9100.jpg
食べ終わると営業終了時刻を過ぎており、黒板にあった冷やしぜんざいを頼もうにも気が引けて。
ちょっと話をしながら玄関を出ると外まで送ってくれる。
つばめがすごいでしょう?
ほんとだ。
前回同様たくさん話しかけてくださったお店の人。
なんでか自分の喋り回路にあんまり電源が回らなくて尻つぼみな感じにばっかりなっちゃったけど
9101.jpg
またいつか来ましょう。
次は扇子持ってこないと。

楽器今日も吹いて。
なんて言うかこう絶望の沼みたいなところから出られそうになってくるとわくわくしてくるのと同時に襲ってくるのは
なんでもっと早くやらなかったんだろう?
やってれば今頃・・
というやつ。
自分の腐った思考パターン的に、もしうまくいけばこれが出てくきて暴れるだろうことは予期してた。
なんでって自分が一番よくわかってるだろ。
それにまだそんな調子に乗るとこじゃないんだよ多難はこれから・・でもこれからがあるって幸せだよね。
いいからがんばろうよ。

Tag:ドビュッシー  Trackback:0 comment:0 

不幸はとりつき先を探し狙っていると思う

自転車で通勤しているとわき道から左右も見ずに雰囲気だけで飛び出てくる車が結構いる。これを書き始めたきっかけは朝それの連打みたいなのに出くわしたからだけどそこは省略。
その先で自転車の女子高生が私を追い抜いていく。
バッテリー積んで・・ないな普通の自転車で。
それがまた弾丸みたいにあっという間に視界の彼方に消えてっちゃって笑った。
すげーな。
俺が嫌がられて逃げられたという話じゃなくて。
9115.jpg
これは全然自転車じゃないけど。
毎日こんなトロッコみいたので通勤だったら楽しいかな。

高校生の頃駅まで自転車を1分いやあと30秒遅れると乗り遅れるかもしれない超絶ギリギリでぶっ飛ばしてたことがあった。
今同じ時間で走ることは全くもって不可能だし、そんなことをしたら死んじゃうんじゃないか。
この歳になると自然に5分早く起きればいいだけだろ?という言葉が浮かぶけどあの頃はあと30秒寝られることがなによりも優先されそれだけだった。
最近目覚ましより先に目が覚め、老いを感じる。
9114.jpg
書いてることとは全く関係なく北海道のとある場所で季節はちょうど今頃。

リヒャルト・シュトラウスやラフマニノフは自家用車を乗り回しスピード狂だったらしいけど自転車を乗り回した作曲家なんて思いつかないなと調べたらショーソンが出てきた。
ショーソンってフランスの作曲家で名前はいろんなところで見かけるけど作品に覚えはなく、買ったCDの余白に一曲くらい入っているのかもしれないけど思いつかない。
この人は若いのに自転車事故で亡くなってしまったそうだ。
どうも自損っぽいのだけど目撃者がいないので詳しい原因はなぞに包まれたままだそうで44て私より下か・・無念だったでしょうね。
だけど自転車ってあぶねーんだな。
9116.jpg
捕った獲物を見せてくれたのかと思ったけど今見るとくわえてるの子ぎつねかな?
柱に頭を打ち付け即死状態のショーソンを最初に見たのは一緒に出掛け前を走っていた娘だという。
どのくらいの年齢だったのか・・

彼の有名らしい曲をいくつか流し聞きすると、金管の扱いよりも多層に編み込まれてわさわさ騒めいてる感じの弦楽器にワーグナーの指輪を感じ・・それより

https://www.youtube.com/watch?v=s_KT78bbxC8
劇音楽「聖セシリアの伝説」 Op. 22
聖セシリア?
調べるとキリスト教の聖人で音楽家の守護聖人だそうでいろんな作曲家がこの人の名を持つミサ曲を書いているようだ。
だけど乙女と言っときながら、
「セシリアは斬首刀の3打を耐え抜いて死刑を中止され、その後3日間生き延びたという。」
なんだそれ?
首切られたらおしまいの一会社員としてはあやかりたいなんてふざけたこと言ってる場合じゃなくもうすこし調べるともっとずっと残忍な処刑の話が出てくる。
どうしてそういう話になってしまっているのかも見えては来るけどそこに思う事をへらへら書いてはいけないかもしれない。
時々出てくる女声合唱が何を歌っているのか全然わからないけれど、この音楽はそこを描こうという話では全然ないんだろうと思う。
澄んだ音楽ですね。

この話、
はじめに人をひき殺しても私は知りませんと居直りそうな顔を見たことを書いてみたところ、いくつかのことが思い浮かんだ。
立場があれば何をしても許されるのかという世間からの批判に対しそうではないという論理的説明が出てくる。
しかし有名で逃亡の恐れがないからという一文やその後多額の賠償をという話は結局立場とお金があればすんじゃうのねとねじって解釈できなくもないことと、亡くなった作曲家は非常に裕福で恵まれた特権階級的な経歴を持っていたこと、伝説の処刑シーンが異常な話となっている理由として立場というものが考えられることなどを絡め立場と命とか言う話にしようかと・・でもそんなことをしたらここに不吉なものを呼んで自分が近々かなり悲惨なことになるような気がしてやめた。
どこかで見ている人ではない何かがそれに応じた結果を持ってくるのではないかという気がして。

今朝、ああ今日は晴れるのか自転車・・
かったるいし車でいいか。
いやだめだろ。
走り出してみれば湿ってるとは言え風が冷たくてちょっと気持ちいいじゃない。
またあの華奢な女子高生が追い抜いてゆく‥けど今日はそんなに弾丸じゃないかな。
つられたのか気付くと自分はへとへとになってたりして。
何やってんだ俺?と思いながらちょっと面白くて笑いそうになるというか笑ってたらしくすれ違う高校生が何あの馬鹿?みたいな顔をしている。
いいじゃないこういう小さな時間が。
9113.jpg
帰路はずっと登り。
高々20分くらいだろうけどはぁはぁ言いながら走っているその間は嫌な事も不安ももにょもにょもみんな忘れていられる・・それどころじゃなくて。
そのあと思い出さなきゃいいんだろうけど。
楽器を練習している間はまたくだらないことは忘れてられる。
晩飯後に犬と散歩に出かけたら夜風が涼しく気持ちがよかった。
そんなに悪くないと思う。今。
どうか、これが壊れてしまいませんように。

Tag:音楽を聴く話  Trackback:0 comment:0 

unagiさんで

9102.jpg
ちょっと北海道みたいだなと思ったりして。
霧がなければそう見えないかもしれず、霧もわるくないですかね。
ほんとの北海道に行ってこんな天気だと悪夢のようだけど結構そんなことが多かった。
嫁さんが行きたい店に行ってみればまだカフェは営業停止中。
すぐそばにある私が行きたい店は・嫁さんがいい返事をしない。
そこは素敵な時間をどうぞみたいなお店で食っておいしいところをいろいろとというんじゃない感じ。
嫁さんは甘いものが食いたいらしい。いや、もしかするともっと別な理由があるのかもな。
それじゃとどっか他へ向けて走り出したけど
9103.jpg
また戻ってきた。
私はなんかここへ行きたかった。
自分で勝手に思ってるだけじゃなくてお店の人に私はここが好きですよと素直に伝えられた店はあんまりない。
感染症問題が深刻化する際どこよりも早くお店を閉める決断をしていた店主に顔を見せたかった。
見てたよ待ってたよみたいなの。
小さなお店はどんどん人気が出ようになり、そうなればもういけない私はなぜかこのチャンスを逃しちゃいけないとか・・大げさな馬鹿だと思ってるんでしょう?
9106.jpg
入ると厨房のオーナー気づかないも前と一緒だなと思いかけるとあっ、
出てきてくれると探るような笑顔で
前に来てくれました?
そうそう
あー、もうこれで目的終了。
いや終わっちゃだめでしょ。
どっか座る・・
今日は
9104.jpg
このお店のS席はここでしょう。
前回はここで本を読んでる人がいた。
この机、どこかで誰かと何十年も仕事をしてきたと思う。
その表面にはそのことが刻まれてた。
9105.jpg
今日は霧が出てるから・・
いやそれがまたいいよ。
すぐ下の養鱒場の水音が常に聞こえてるのも実はいいのかもな。
昔水に困って龍神様をお迎えしたら今度は出すぎて困ったんだっけ?
窓の上にあるひさしの白い布は休業中に縫ったんだって。
なんかどっか外国みたいだよね。
何だかいいよね。

SNSにあった悩んだ末にお店を閉める決断を読んだことを伝えると長い戦のあとに再開したみたいな会話になる。
一度来たことがあるだけだけどそんなん関係ないからねこういう時は。
ちょっと感動的な話もここにだらだら書いちゃうと湿気ちゃって駄目よねきっと。
オーダーを聞かれてああそうかみたいな。
ケーキとかなくてピザだけど昼めし食いすぎちゃったからコーヒーと紅茶で
9111.jpg
珈琲のお替りがなんであるかって多分間違えちゃったから
そんなこと書いちゃいけないのか。
いつもは砂糖入れちゃう私も砂糖なしでおいしく飲めましたよ。
トイレに行ったときにみた
9109.jpg
この花すごいですね
と言ってみればまた話が開始。
9107.jpg
ステージみたいなあの棚にいる一つ一つの役者みたいなものについて・・
それぞれ波乱の人生みたいなのを持ったいろんな物体がここへ集まってきてるのね。
お世辞を言うとか、うざい自慢を笑顔でかわすとか
そういうの全くなしで素直に話して
9108.jpg
これも
これはね、あれはねと、いろんな話をしてくれて
ここはおしゃれでセンスのあるような人が来るところで私みたいなのがいたらおかしいのかもしれないけどそんな感じを一切見せないでくれた。

BGMはというか地元のFMが流れていて、以前来たときはその内容を少し覚えていたけれど今回何にも覚えていないのは
ほとんどオーナーとしゃべってたからでしょうね。

https://www.youtube.com/watch?v=emB1PWIhEHY

私の実態を知ってる人は誰もいない前提のここに、思うことを好き勝手に書いててもう3年くらいか。
気の置けない親しい人と会話をした事の代用となりそれが生きる糧みたいになっているわけだけど、このリアル自分本体はunagiさんじゃなく想定される周りから見た私でしゃべる私だからいつも。
ここでオーナーと話してるのは間違いなくリアル私だったけれど、でも見て聴いて話している頭は素直にunagiさんでいられたかもしれないかなぁ。
リアルにunagiさんでいられることなんかないからな。
とこんなことを書けばまたばっかじゃないとか思ってる人の顔も浮かぶ。
そんなもんほっとけりゃいいんだろうけど。
9110.jpg
書けないけど、オーナーというか奥さんというか
突然うちの嫁さんを褒め出してくれたりして・・
ありがとう。
最初はここに来たくなさそうだった嫁さんも悪い気はしなかったと思うけどなぁ。
9112.jpg
日が落ちて今くらいが一番きれでしょうと・・
そうね。
また来れるかな?
来ればいいだけなんだけど、すぐ人がたくさんくるようになるだろう。
そうなったら・・
でもこんな日が私にもあった。

Tag:プーランク  Trackback:0 comment:2 

プロフィール

unagi

Author:unagi
結構さみしいけど結構楽しいよ。
クラシック音楽が好きです。

カウンター
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ


PVアクセスランキング にほんブログ村