2021/08/30

それどころじゃないというか

11223.jpg
ゆっくり寝たいと思ってた休日、犬に起こされ外へ出ればまだ日の出前。
今年はあんまり咲かないと思ってた朝顔がたくさん咲いてるのが目に入った。
出勤時には日があたってしぼんでしまうためなかなか見られずにいたけど
たまには見てよという朝顔にお会いできた。
犬のおかげか

コロナワクチンの予約は歩いていける近所の病院でとれて、腹の病気の主治医に問い合わせ接種可の返答も得てあった。
朝から用事を一つこなしてきてから病院へ
11224.jpg
歩いて行けるはいいけどこんな全然絵にならない炎天下を歩けば検温しても高めに出ちゃうねそういえば。
座って待ってる間スマホをながめると楽器の先生からメール。
行けなかった今月分を来月へ充当するレッスンの計画が入ってた。
けど、全然いける状態じゃない。
先生は一生懸命だと思う。それなのに・・と
すぐ私はダメ人間みたいなのが出てくるけどもう少し休ませていただきたい旨をご連絡する。
とりあえず目途をつけた再開予定日あたりは実際どうなっているだろうか?
気になるのは体調より仕事の方。
行った病院は整形外科なので発熱して駆け込んで来る的な人はいないという点で若干の安心感がなくもなかった。

帰ると先生から連絡があり月謝の支払い的な話を楽器店とやりとりしてとりあえず落ち着く。
楽器、やりたいけどな。

何もせず寝てると蝉の声が聞こえる。時期的に鳴いてる蝉の種類がいつもと違う気がする。
子供のころセミを採るくらいはした。
けどみんなが熱中するカブトムシやクワガタに興味が持てない自分を自分でおかしいなと思ったのは6歳ごろ。
人と遊んだりもしないままなんとなく生きてるところへ音楽ってのが出てきたのは13歳ごろ。

https://www.youtube.com/watch?v=XBGOcTgNA2E
これもその夏の朝にラジオできいて。
音楽に興味を持ったはいいけどそれを趣味としてなにかやっていく道も開けず。

腹の病気を完治させるべく何もせず寝てると
むなしいね。
だけどこのむなしいという感情がある限りはこれじゃダメだとか言ってまた楽器やろうとするから。
11197.jpg
ワクチンの副反応は当日夜打ったところが少し痛い程度で済みました。
それより腹の違和感やこの先のいろんなことの方が気になって。
一瞬イラっとするとか、仕事のことをここに書くとすぐに腹に電気が走るような痛みが来るのがわかる。
明日は会社という夜、またやたらに目が覚め腹のあたりがおかしいことにも気づく。
ごちゃごちゃ言ってないでもう図々しく居直る意外にないしそうするつもりだけどなかなか実態がついてこない。
大丈夫、なんだか知らないけど大丈夫。
重い気持ちで始まった今日も少しだけ進んだ。
8686.jpg
以前お店でカモミール茶を飲んだらがちがちに固まってた首から肩にかけての凝りがすっと溶けていったのを思い出した。
家で飲んでもみたけど、あんな魔法みたいなのは来なかったような。
あのシロップみたいなのなんだっけ?はちみつだったかな?
やっぱりいつもと違うところでゆっくり時間をかけて・・当分無理ですけどね。

上に貼ったこの曲の救われていく感じはいいでしょう?
私もいつか明るく終わる予定です。
2021/08/28

ちいさいエクレア食っていいかな

ここは田舎であるけれど立地条件的にかコロナ感染リスクが指数関数的に上昇し続けている。
どこにも行きたくないしいかないけれど、持病の薬をもらわないわけにはいかずかかりつけ医へ行く。
11198.jpg
曜日と時間的にみんな帰って待合室には私ともう一人だけというこの時、場に緊張が走っていた。
防護服と機動隊みたいなフェイスガードを付けた先生が外へ出てゆき駐車場の車の中の人へ・・
帰ろうとした爺さんに事務の人が今外へ出ないでくれというようなことを言っている。爺さん怒ってる場合じゃねーよ。
明日は我が身という言葉が浮かぶ。

いつもの先生はそっちで大変なので別な先生に呼ばれて話す。
20年位前に助けてもらったことがあるけど私を忘れちゃってるのは当然か。
助けてもらった件とは別にお前バリウム飲んだことなんかないだろうこの際やってみろ!とか言われての検査結果で、最近私を襲った病気を予言してたような記憶がかすかにあって出てくる。
レントゲン写真を見ながらこれ自体は病気じゃないので今すぐ何かをする必要はないが将来的にこれが病気を呼ぶリスクはあるというような話だったと思う。
なんでもそうだけど、その時はいまいちなんだかわからなかった話もなってみればすっと腑に落ちるのね。
先生あの時‥とか話したかったけどめんどくさいので黙っとく。
20年たってすごくまるく静かになられた先生とやり取りし、病気になって以降劇的に改善している血圧について薬の一つを軽いものに変えてみることになった。
数が減るわけじゃのでちょっとがっかりかとも思ったけど、内容的にいきなりやめるというのはまずいんだそうだ。
次回別な薬を辞められる可能性もあり、最近ろくなことがない中でこのわずかな希望的展開はちょっとうれしい。

帰ると、
家には振り子時計があって毎時30分には鐘が一回だけ鳴る。はずなのにちょうどその30分というところで鐘が何回も鳴ったのが聞こえた・・・・はぁ?
遅れてる?と文字盤を見るとちゃんと合ってる。
嫁さんもはっきりと多数回鳴ったのを聞いたという。
なんでだろう?そんなこと今まで一度もなかった。
何かを知らせようとしているんだろうか・・
すぐに悪い想像がいろいろ走り始めるけれど、具体的なこと考えるとほんとにそうなりそうなのでやめた。

この後、嫁さんといくつかの用をこなしながらある人のいる病院へ。
物を渡すだけで誰も入れないし、私はただ運転手をやっただけだけど。
その後自分たちの食料をスーパーで買うと一日終わったけれどそれでいいと思う。
そのスーパーで嫁さんがちいさなエクレアがいくつか入ってるようなのを買ってきた。
食べる?なんて聞いてくるからいや今腹の調子が・・
11199.jpg
一個ならいいか・・
わずかでも、強いストレス源から離れこんなことを言ってられる時間があることはありがたい。
腹の炎症を起こしている直接の原因は細菌だけど、もともとどこにでもいて珍しくない細菌が優位になったきっかけはあれだなと思うものがある。
理屈的にはそれを排除すればいいわけだけどそうはいかない以上、なんとかうまくしのいでいかないと。

https://www.youtube.com/watch?v=GpvFjtUOLGg
深く聞いて泣いてもいいけどよくできたお菓子みたいな曲でもあると思う。

明日もいろいろあって休日が終わればまた仕事。
仮に行き詰った仕事で奇跡が起こってももうその次がみたいなことを一行書いてみたらすぐに腹の痛みが反応してんの。
どうか、静かにさせといて。
11200.jpg
時計が何で変な時に鐘を鳴らしたのかはわからない。
次の日ワクチンを打ったのでその時間はちょっと気にしたけど何も起こらなかった。

2021/08/26

いらねーような心こそが自分自身で

犬は毎日夕方にそこそこの散歩をして夜にまたちょっとだけ外へでる。
最近ぐずって歩かないので抱えてある程度遠くまで運ぶと帰りは素直に歩いて用をすまし・・・
でも今日は腹が痛くて運べないよ。まじめに歩いてくれるかな
腹の痛さに腹が立ち、腹を立ててると腹が痛くなるのでもう寝るしかねーわとうたた寝をしてたら犬が吠えて起こしてくる。
ああもうそんな時間?
11195.jpg
今日に限ってまじめに歩いてくれた。
預かった別な犬がいるので私の犬はずっとどこか変だけど、でも全部わかってるのかもしれないと思えば
寝ぼけて何となく明日は休みだという事になってたけどでも違う。
会社いかねーと。

リストラとか社内でとかどうこうとかそういう話じゃないけど逃げ場のないところに追い込まれ周りは敵だらけだ。
進むしかないところを進む。
真面に捉えては身が持たず心を消すスイッチとかいうのが頭に浮かぶ。

かぐや姫は月でなにしてんのかな。
帰る手前、あそこはみんな清らかで年も取らないけれど物を思うこともありませんとか言って泣いてた。
あちらなりの世界があるのかもしれないけど人間界から見れば死の世界だなそれ。
人としての心を消し去ってしまう羽衣を着せられるとすべてを忘れ登って行った。

なんにも感じ無くなれば楽だけど、もうそれ俺じゃないし死んでるなそれ。
こんな情けなくストレスで腹壊してますとか言ってることも含めめちゃくちゃにちゃっても
そんな状況になっているそこが私だそうですから。


https://www.youtube.com/watch?v=LUi3fuZE-CU
エレジーみたいな曲だけど第2主題的に表れる明るく穏やかな部分も実は最初の旋律そのままなのね。
交響曲第4番の2楽章でも全く同じ旋律を全然違う性格で並べ対比させてたり晩年の傾向でしょうか。
それがもう一度出てきたときには明るく成り切れず、花が落ちていくように真っ暗い主和音へ確定していく事が忘れられない。
これが俺なんだよ
かなんか言ってるような。

そういえば今日あたり楽器のレッスンだったはず。
腹の病気で休んでるんだけど仕事方面で頭が埋まりもう忘れててた。
初めてのレッスンで片づけているとき
大変良い趣味だと思います。仕事のストレスもあるでしょう・・なんて先生が言ったのを覚えてる。
仕事のストレス解消でやろうと思ったわけでもないけどそうかなあとか。
あれから3年、もうそんな話はしない。
それ自体がストレス源になっちゃってるところが私だよなと思う
11196.jpg
だいぶ前に犬と散歩していて見たこれは何とかという力のある月だそうで、たまたまいた元気のいいおばさんが両手をひろげ光を浴びると力をもらえるから!とかなんとかいってた。
私も一緒になって力をもらったはず。

今八方ふさがりに追い詰められているけど、冷静になってみればまだただ一人孤立してるわけじゃない。
絶望的な展開も、その場その場にはわずかながらの救いがあったりする。
この先悪い方に転べばすべて終わってしまうけれど、奇跡が起きるかもしれないし。
2021/08/24

手を離せば死んじまう

11186.jpg
海が荒れてる。
遠くに台風が来てたんだったか、16年前の写真なので細かいことは忘れた。
こんな写真に何年前とか関係ないな。
そこにいればすぐ死んじゃうような危機的状況が目の前にあるわけだけど、頑丈な柵のこちら側にいる今は絶対に大丈夫だという安心感があるにはあるか・・
11187.jpg
日が沈む。

これを書き始めたのは休日だけど朝から調子がよくなく、少し昼寝して目覚めてみるとなんにもできない自分はダメだ病がはじまっちゃってた。
患っている腹の炎症が気持直結の病気なのでそれじゃ困るけれどなっちまうものを止めるすべもなく。
今次の日。
楽器やんないせいかなと思ってたけど強烈なネガティブ震源は他所にもあることを感じ、最初の写真で波に洗われてる鉄柱にしがみついてるよう気持ちになったり。
あそこで、なんで俺がこんな目に合わなくちゃならないんだ!とか叫んだって誰にも聞こえないし波は止まないわけで今どうやったら生き残れるかを瞬時に考え実行するというその一点しかないわけだ。
あそこだとしがみつくくらいしか思いつかないけど。
じゃそうするか。
11188.jpg
沈む。

帰宅して犬と散歩しながら数日前から感じていた妙な調子の悪さは服用している抗生剤の副作用だと気づく。点滴のは全く副作用感じなかったけどな。それのせいだということにしてしまいたいだけかな。
何もせず考えなくていい病棟から出ればすぐにいろんなことに直面するのもあると思う。
ほんとは、強めの抗生剤打つよりも楽器の音が楽に自然に出せるるようになった!とか仕事の問題が解決する道筋がつけられそうだとかそんなのが来たら炎症の数値も一発でノーマルに落ち着くんじゃないかと思ってみたり。
幸い熱はないし明日で抗生剤は終わる。
問題はそこから。
11189.jpg
日が沈むのとほぼ同時に反対側から月が出てきた。
何か音に呼ばれてそちらを見たら月がぽっと飛び出てきて・・みたいな記憶。
11190.jpg
結構な速さで登る月を見てるとその音が聞こえるような気がした

間にごちゃごちゃ変なこと書いてたけどやめようか。
ゆっくり月でも眺めてるような
そんなふうでいられるといいよね。
窓からこんな景色が見える部屋に住んだらいいかなと思うけど、
実際風でぶっ飛びそうだなとか塩害すごそうだとかすぐ詰まんないことを考えちゃってだめね。
11191.jpg
星が写ってるようにも見えるけど飛行機かな?
ただのノイズだったりして。
柵の内側まで波がぶっちゃってるな。

今日も波かぶる場面があり自己批判的なのがでてくるわけだけどでも、
よくかわして流されずにしがみついてられた・・よくやったよと考えてみれば。
でもその反対方向の印象で頭も体も勝手に埋め尽くされちゃう感じがちょとまずいな。
11192.jpg
月がきれい。


https://www.youtube.com/watch?v=jjhC80M4ScE
ある種の人からすると受け入れがたい間違いみたいな演奏かもしれないホロヴィッツの月光だけど、私は音楽を知るのと同時くらいにこれを昔何度も何度も聴きいた。
最初に知った一曲というより最初に知った音楽だったかもしれない。
実際はそう思う曲が何故か3つあってどれが最初かわからないんだけど。
ピアノ習ったりしないし楽譜も読めないのにクラシック音楽に目覚めちゃった人間の多くがやるんじゃないかと思うけど私も楽譜を入手して第1楽章を弾いた弾いた。ピアノなんかなかったけどあるもんで。
弾いたの意味が世間で通用するものと別なのもわかるけどとにかく毎晩弾いた・・
だけどそんなの違うと知った時の虚しさというか。
俺も音楽がしかったけどなぁ
まだ終わっちゃったわけじゃないか。
月の写真に月光ソナタじゃいかに安っぽいけど急に聴きたくなったので。
耳の奥にこびりついてるような演奏を久しぶりに聴くと少し落ち着く。
もう35年くらいじゃないか。
すぐに、無駄に35年も過ぎてしまったとかいう意識が出てくるけどそうじゃない、
なんだかんだとここまで生きてこれた。

もう一枚写真があればいいんだけど後は嫁さんか私が写って出せないようなのだけなので12年後、この近くで
11193.jpg
このお店開店したばかりだったけどコーヒーを入れるマスターのすごくうれしそうな表情からコーヒーへの愛情が伝わってきた。
でもそれだけに、
砂糖ください
の一言が言えず。
2021/08/22

事実としてここまで生きてはきてるんだから

長らく続いた雨がやみ久しぶりの青空を見た朝。
11175.jpg
会社行こうと外へ出た瞬間、目に入るものがみんな輝いて見えてびっくりしたのでそんなものは写らないと知りつつ写真に撮ったりして。
昔、コンプレックスだらけで卑屈に生きていた私にも急に見るものすべてが輝いて見え始めた事がありました。世の中を間違えて感じてたんだ俺は・・でも長くは続かず急にほんとの真っ暗闇へ落ちていき・・はいいけどちょうどその手前も吹奏楽部に入ったはいいけどいつまでたってもまともに音も出さない人でなし犯罪者みたいな立場が何か月も続いていた。
あれから30年以上たって全く変わらない楽器のことはほとんどいつも考え続けてるけど触ってない。腹の調子は良くならないし少なくとも今日明日の再開は無理だと考えるに至る。来週のレッスンも休みにしていただいた。
レッスンなんて書くとまっとうみたいだけど3年やって音も出ない奇人変人。いや一般論的にはやる気もないのに口先だけのふざけた人でしょう
ずーっとそんな自分でしかいられないことにうんざりするけれど諦めてやめればそんな自分にうんざりするのでそれでも何とかしようとし続けるだけ。
11174.jpg
会社で年の近い同僚が私の病状を心配していろいろと話しかけてきてくれた。
そんな風に言ってくれてるのかと思うと少し驚き大変ありがたく、
うれしかった。
帰り際駐車場の車まで歩く間に彼が最近山登りを始めたという話を聞く。
アルプスとか行っちゃう感じ?
そうですね南アルプスは1度やって・・
あ本物だね。
彼は仕事以外でもなんかやってて輝いてるらしいことを少し知っているので、どこにも属せず何にもできない私は若干の嫉妬を感じながら
仲間と?
いえ、一人で。
えひとりで?
一生もんだよね。いいね。
私も昔、山登りにはまった同じ会社の先輩にお前も来いと言われいくつか連れて行ってもらったことがあった。
そうあのとき、どっかすごく高い山に登った達成感や素晴らしい景色やただのコンビニのおにぎりが10倍うまいことや・・のほかに、子供のころから何をやってもできずな自分が何かをできたような気になったことを思い出したり。
わけがあって長くは続かなかったそのことを話してみると社交辞令でもない感じのすっごい笑顔で
unagiさん元気になったらいっしょに行きましょうよ!
・・・なんでかうれしかった。
ほんとに行くかもしれないし、話だけで終わるかもしれない。
でもそんな話をしている間自分も人間になれたような気がしてうれしかった。
それだけ。

この流れでアルプス交響曲とかヴァンサン・ダンディのあの曲を貼ったりしたら間抜けだなと思いつつ

https://www.youtube.com/watch?v=E2GrFCB9KGk
大して変わらないようだけど
中間のホルンやカウベルがアルプスの牧場を思わせる部分は単純な描写ではなくて別な意味を持っていると思っているんだけど、それをこの流れで書くと馬鹿っぽくなっちゃって恥ずかしいのでやめる。

コンデジとかスマホで写真撮るようになったのはもう山とか行かなくなってからなので、それっぽい写真はないかと探してみたけどないのね。
11179.jpg
これは山じゃなくて谷だな。
11年前の今頃
11176.jpg
黒部峡谷鉄道はいけど終着駅からどっか歩いていけるのを途中でやめちゃってるのが今見るともったいなかったかな
11177.jpg
同じ日、親不知
ここからそんなに遠くなかったような気もするけど
道すがら名物らしい料理を書いた看板がいくつも並んでいるのでどっか入ろうと
11178.jpg
こんなのを食ってた。
今調べるとタラ汁?
こういう店が嫌いな嫁さんと若干揉め気味だったようなことを覚えてる。
そうまでして入って食った味の記憶は・・いいとして
あれから10年以上歳を食った今こそ食いたいなこれ。
きっとおいしいんじゃないか。

この時身内の精神病スイッチが入ってしまい、かかってくる常軌を逸した内容の電話を無視すればどこへ行って何をしだすかわからず旅行にならなかった。
そんなことまで書くつもりじゃなかったんだけど書いてるうちに調子が悪くなってきて明るく終わるのがしんどくなり
大丈夫なんだかんだとここまで生きてこれたし。
とりあえず来週末まで無事に到達することを目指す。
乗り切れば、また違う景色も見えるうだろう。
2021/08/20

食うって生きるという事ですね。

11159.jpg
嫁さんと出会ってすぐくらいに行った梅園でとれたものらしい梅シロップを見つけて入院前に買ってきてあった。合わないだろうなーと思いつつ甘みのついてないスパルタンなヨーグルトにかけてみたら酸味に酸味が乗ってしまいあまりいい出会いとはならず。
11165.jpg
多少良くなったかなと思いつつ帰宅すると犬が散歩に出かけようとせずぐずっているところ。
一緒に出掛ける。雨のせいもあって最近また全然歩いてなかった犬が結構歩いてくれるのでよかったその調子とか思いながら。
ちょっと腹の減ったような感覚があり、おかゆのほかに何かもう一品食べられるかななんて思ってた。
わけない距離なはずだけど後半また貧血症状が軽く出てるのに気づき、帰ると立ち眩みを連発。
食ってねーからなまずいなととりあえず飲めるものと前回買って食べなかった栄養ゼリーみたいなのを食べてみたり。
嫁さんの作った野菜のスープを翌朝の分まで飲んだ。
おいしかった。
あんまりやってると今度は腹にくるし気を付けないとあれだけど。


https://www.youtube.com/watch?v=k0zYPxTq-XU
今時なんだといわれるような古いタイプの演奏だけどこの録音が小学校で給食の終わりを告げる合図として流れてた。
これ聴くとみんな片付けだすんだけどあのころ量が食えなくていつも終わり際は苦行。
食え!なんて言われながらさらし者みたいに昼休み中食ったこともあったけど今思えばあれじゃ体罰なんじゃないか。
別にそれがトラウマになったりもしなかったしその後食えて仕方がないようになり、医者から減量しろと言われてもなかなかできないような人に至る。

それがあんたまた痩せただろなんて言われて喜んでるのも違うと思うけれど、血圧なんかは数字がすぐついてきて劇的に改善された。
服薬してもなかなかというものが痩せたら一発なのを見てやっぱり医者の言う通り無駄に太ってちゃいけねーんだなと思ったり。
膝の痛みやコレステロールとかいろんなものが副次的に改善してるかもしれない。
この件、お前全然自分で改善できないだろ?と、
どこかから誰かがくれたトリガなんじゃないかなと思わないでもない。
病気治ってもキープしなくちゃとは思うけど、朝はちゃんと食っていいんだよね。
11173.jpg
14年前の夏も北海道にいて初めて見るでもないか、だれもいないオホーツク海は青くきれいだった。
ホテルの窓からの雨でどんよりした景色の次に
11168.jpg
朝からホタテを食ってた。
もう忘れてしまったけどこのホテルをすごく気に入り何度か宿泊したのは覚えているのできっとすごくうまかったと思う。
ホタテなんかすごくよかったんだろうな。
多分自分で勝手に取ってくるやつだから大量に食ったと思う。写真を見てくとこの日昼食を日暮れまじかに食ったりしてるから。
11169.jpg
同じ日、
11170.jpg
夜はラーメン食ってた
これは
11171.jpg
メモ用紙みたいなのに自分でいろいろ書いて組み立ててく式ラーメンだったと思う。
11172.jpg
この頃私はラーメンだとでっかいライスもつけなくちゃというところだったはずなのに写ってないのは、ついさっき昼飯を食ったばかりだからだろう。
腹も減ってないけどネタみたいな店があるから行っとかなくちゃ・・かなんかかな。
もうそんなことできないな。
このお店ソフトクリームも有名みたいで今もあり、レビューを見ると賛否両極端だった。
正直味は覚えてないけど、旅先でなんか面白かったとかそれでいいじゃない。
最近ラーメンも食ってないな。

食えるっていうのは生きてくための財源を確保維持できてるという意味もあるわけだけど、
とか書いてもな。
食えるってことは幸せ。
そう思うと食えるうちに食っとけというのもあるけど。
2021/08/18

ぶり返し

11162.jpg
これは12年前の美瑛で朝の6時台くらいじゃなかったか。

近所の畑のおばあちゃんからもらったスイカを食べる前に腹を壊して入院。
入院中またもらったらしいスイカが冷蔵庫に。
生ものはまだ食わない方がいいなと思いつつ、それでも退院して何日か夏季休暇があり体調もそこそこ回復しているのを感じていた。
休み明け前夜、なぜか夜中に何度も目が覚め意識表層とは別に体がいろいろ考えちゃってるのかなと思ったり。
翌朝何の躊躇もなく出社し、内容はともかく体調についてはさほど問題なく仕事をこなす。この日なんとなく今日は楽器の一部だけでも触り一息だけでも吹いてみようかと思ってた。
はいいけど4時くらいからどうも調子の悪さを感じ始める。
貧血か?始業式で倒れる小学生みたいだな。
そういえば自分も保健室で寝たことがあった。ちょうど麻疹か何かが流行っていてそこでそれをもらってしまい2次災害みたいな。
今だと学校なにやってんだとか騒ぎになりそうだけどあの頃はそんなお前が馬鹿くらいでしかなかったような。
11161.jpg
帰ると最近ちょっとおかしくなっちゃってる犬が玄関先で甘えてくれてちょっとうれしく。
この時かったるくてちゃんと写真を撮る気にはなれずこんな

このあと痛みと発熱が復活。
早く寝込んだけれど翌朝も微熱が続き痛みがあるので午前中は休みをもらう。
だめか
抗生剤持ってるのと熱が要連絡の閾値までは上がってなかったので病院には連絡しない。
抗生剤尽きるとすぐまた検査。
11164.jpg
これトウモロコシかな?
入院中隣のベットへ来た人の同僚が北海道の人からもらったトウモロコシをおすそ分けしてもらい・・とか話してるのが聞こえた。
すごく甘くてうまかったらしい。
そうですか、ちょうどそのころ私は絶食中。

一日休みたいところだけど午後から出社しないわけにはいかない。
飯を食うと大変なことになるけど何にも入れないのもな・・というところで嫁さんがおじやを作ってくれた。
コンソメ味にたまご・・私的にはどう見てもおじやなんだけど嫁さんはそれをおかゆと呼ぶ
前におじやだよ?と言ったらおかゆだよ!
わかったおかゆおいしいかった。
ありがとう。
11163.jpg
前も通った道で驚きもしないけれどまた飯が食えなくなってしまった。
ついに適正体重到達かとか言ってる場合じゃないだろうけどでもそんな勢いで。
病院で流動食の段階でもヨーグルトが出ていたのを思い出しなんとなくヨーグルトを買って帰る。

仕事がまずくて

腹の病気は気持ちと直結してることが自分でよくわかる。
静かに落ち着いていたいけどそうさせてくれないのが世の中か。

https://www.youtube.com/watch?v=10E_f1k-F94
もう楽器どうこうはどっか行ってしまった。いや行っちゃってはいないけどもうしばらくやれないよ。
レッスン休みたい旨連絡しないとな。
スイカも食べられないまま終わるだろうけどそんなもん来年でも再来年でも生きてりゃいつでも食えるし。
晩に嫁さんがジャガイモのポタージュみたいなのを作ってくれた。
おいしかった。
ありがとう。

今日、腹に違和感はあるけれど熱は下がった。
何とかやれるとこまでやれるようにやってくだけ。

2021/08/16

雨とスルースキル

11145.jpg
写真は晴れているけれど今外は豪雨。
スルーしとけばいいことへの不愉快さが消えず時間を無駄にしてる。
音楽を聴いてみたけれど弱音部で雨音が音楽をかき消してしまい入り込めず・・
でこれ書いてる

10年前の夏も北海道にいて、旅行に行けたのはこの時が最後。
写真の日付が26日になってて盆休みじゃないけどなんでそんなときに行けたんだっけ?切符の写真に日付が写ってるので間違いはない。
もうなんにも思い出せない自分に驚くわ。
日の光になんとなく夏の終わりを感じるかな。
11146.jpg
私は整った観光農園みたいなのよりただの農地の方が好き。
最初の写真は有名な観光農園でこの時嫁さんと一緒だったから一応そういうとこ行かなくちゃいけないのかなとか思ったんだろう。だろうってなんだよ。
稚内周辺が好きなのでよく行ったけれど稚内空港は羽田から日に一便しか飛ばずちょっと高かった。
たたき売りみたいな激安切符のあったJALが4便就航し朝一から時間が使え美瑛も見て回れる旭川空港によく降りて。
11147.jpg
翌朝は稚内近くの海岸で利尻を・・
北海道だけほかの県と地図の縮尺が違うので近くも見える旭川と稚内って実際めちゃくちゃ遠いのね。でもその間をよく車で走った。
音威子府から中川までのぐにゃぐにゃ区間をトンネルで貫く道路の工事は確かもう始まってたけどまだ開通してないかな?
また行ってみたいけど歳も食ってきたし一日中走ってるだけでも楽しいですみたいな自分は今もいるのかどうか。
11148.jpg
昼にとんかつ食ってた。
ごはんがすごいな。
もうこんなにたくさんのご飯を食べることはできないと思う。
食えば食えちゃうけどそうじゃなくて体維持しないとなんないから。
たしか、もう時間も終わりなのにいいよ食べてきなみたいにすごくよくしてもらった記憶がある。
最近読んだレストランで働いてる人のブログにはそういう客や店長のことをてめーのせいで帰れねーじゃねーかとかぼろくそに書いてあって・・
そうね、ごめんね。
とんかつも久しく食ってないな。
11157.jpg
稚内夜景

理由は省略するけど豪雨だろうが何だろうが犬は外へ散歩に行かなけれなならず、雨雲レーダを見て今が一番雨が弱まるところだという隙に行ってきたけどびしょ濡れになる。そういうもんだしいいんだけど。
大騒ぎの犬を乾かし終えたところで雨が止んでいることに気づく。
11158.jpg
稚内駅周辺の再開発はいくつかにわかれた工期の第3段階くらいだったっけ?

入院費ねん出すべく保険の申請は前回からそう時間も立っていないことからすっと終わった。
前回病院が申請用紙を段取りしてくれた限度額適用認定は自分でやらなくちゃならない。わけない内容だけど家にはプリンタがないため用紙が印刷できず。
仕事中にこそっとやっちゃうでもいいけどそんな余裕あるかななんて考えると今やりたくなり・・ネットワークプリントとかいうのでコンビニで出そうと思うけど外は豪雨。
11150.jpg
こんなとこが好き。
よく聞く車で畔に突っ込むとか三脚畑にぶっさすとかそういうふざけたことはしてないつもりだけど、農家の人がへらへらカメラをもってる見物人を快く思わないのは当然なのかもしれませんね。
ここでじゃないけどトラクターから降りて追いかけてきたので逃げた。
追いかけられた写真はないけどよく見るとトラクターから鬼の形相でにらみつけてる写真はある。
別な年だけどこの近くだったと思う。
11151.jpg
だれもいない。
時々俺は人間が大嫌いなんだなと思うことがある。
あるけどそれは今接してそう思わせた人がそうなだけで、そうじゃない人がたくさんいることをいろんな人が教えてくれる。
ありがとういろんな人。
11152.jpg
朝。
海の向こうに利尻が見えるはずなんだけど今一雲で・・とかかな
今思うとなんでそんなに利尻に魅かれたのかもわからないけど。


https://www.youtube.com/watch?v=CKtkHhYaeuI
ちょっと今こんな気分じゃないけど入院中にこれ貼ろうとしてたことがあって。
楽器の練習はしばらくしないと決めたはずなのに、
やらなくていいのかな・・ちょっとだけなら・・やらなくちゃだめだろう・・いや待て無理してまたしくじったら・・・
とか馬鹿みたいに考えてたら腹が痛くなってきた。
まあいいよ。
11153.jpg
タコしゃぶというのを食べた。
鍋のだしで味がついてますからそのままお召し上がりくださいという説明と
すごくうまかったという記憶。
11154.jpg
誰も興味がないだろうけど旭川駅はちょうど高架に切り替えられた直後でここは切り替え地点。
この日は一日雨だったらしく青空の下に美しい景色を見たかった人としては腐ってたと思う。
11155.jpg
美瑛のドイツなお店で
かぼちゃのシチューかな?
もうカフェとしてはやってないみたい。
ドイツでもオーストリアでもチェコでもなんかわかんないけどあっちにも行ってみたいけどな。
この時は飛行機を嫌って陸路で行ったんだった。それじゃ永久にドイツなんか行けないけど。
新幹線はまだ新青森までだった。
だけどなんでそんなに時間の余裕があったんだっけかな?ずっと有給取った覚えもないけど。
11156.jpg
時計台とかあんまり興味もないんだけど札幌で時間をとったらしく一応。

こんなもんでも書いてると結構な時間が過ぎて行き気が付けば雨は弱まっていた。
音楽を聴こうという気になり、静かな環境で心を使って聴くような曲を心底聴けた。
申請書類もポストに入れた。
無駄な不愉快ももうすぐ消えてなくなるだろう。
2021/08/14

薬も大事だけど

日本中が大雨で大変なことになっていると思います。
どうか少しでも被害が少なく済みますように。
11139.jpg
退院翌日の朝。
お客のお犬は何でそんなに?というくらいなついて甘えてくれるのはいいけれど主張をしない私の犬の手前それに全開で答えるわけにもいかず・・
私の犬は心を半分閉じてしまっていたけれどそれでもこの後の2日くらいで自分の立場と居場所を見つけたみたいかな。

この時私は、
直近の身内が数日前に大きな後遺症が残る病に倒れたこと、
仕事で逃げ場のない危機を目前にしていること
別な家族にも心の疾患のようなものがあるのだけれどそれを誘発するような要素が動き始めたこと
もう一つ、直近の身内に精神疾患を抱えた人がいて・・
等々が重なっているのと、
一般的によく言われる発達障害というのとは少し違うDCD(発達性協調運動障害)というのがあって、その症状を持った人の多くは成人して以降うつ症状を併発しているという。
その話を適用すると自分のこれまでの人生上の不可解な点がすっと腑に落ち私はそれに該当しているのではないかと考えているのだけど、なんであれ私は常時ネガティブな思考に支配されていたし今まさにそれが強くのしかかって
・・などで心の状況があまりいい状態ではなかった。
苦労なんて誰でもしているだろうし何か書くと待ってましたとばかりに変な鍵コメントがかみついてきたりするので抱えた不安とかをちゃんと書かずにほのめかしたりしていたんだけど、でもちゃんと書いたって通じないものを察してもらいたいなんて思ってた自分も馬鹿かなと思ったり
11141.jpg
雨が降って気温が下がったのもあり音楽をちゃんと聴きたくなったので久しぶりに音楽部屋へ入った。
久しぶりに火を入れたのと湿度のせいもあるか装置は鳴りが若干悪く・・と思ったけどすぐに音楽に引き込まれる。
ブラームスやマーラーを聴きながら私には音楽があったんだよなと思うと同時に、へたくそでも真似事でもふざけててもいいけどそれをやってみるという事をいつまでたっても許されない自分を思う。
しまいには音楽自体が私を愚弄しあざ笑う敵のように思えても来る。
音楽なんて知らなければよかったかもしれない。
もともとそのつもりだったのに。
11142.jpg
雲間からちょっと光が見えかけてきた。
どうせ閉じちまうんだろう俺の楽器と同じだとか書こうと思いながら写真を撮ったりして。

もし音楽を知らなかったら今頃何をしてただろうか?
自暴自棄の末もう死んでたかもしれないな。

https://www.youtube.com/watch?v=RyfPpwZe0_U
入院中雨が降った日にはフォーレのこれが頭の中にで鳴ってた。
第1楽章だけが気に入って後続楽章は全く聞かないんだけど。
考えてみると気に入った第1楽章だってそんなにわけがわかって聴いてるわけじゃない。
でもこれはそれでいいのか、ドイツ・オーストリア系作曲家の曲みたいに今この音符はこういうことを言ってるとかそういうんじゃないんだろうな。
風に吹かれながら、分厚い雲の間に時々青空が見え隠れするのを眺めているような・・
11143.jpg
これまで長らく意味が分からなかったり貶していたような曲に突然共鳴してかけがえのないものと感じるようになることが何度もあった。
今は全然聞く気がしない残りの楽章も10年とか20年後に急に好きになるかもしれない。それが音楽だと思う。
そんな楽しみがこの先あるかもしれないというだけでも生きている理由はあると言えるかもしれないか。
11140.jpg
いろいろあるけどそれでも時々とてもうれしくありがたいコメントを頂けるので
ブログをやっていてよかったなと思う。

午後からブルックナーとチャイコフスキー。翌日はオネゲルと・・
かなり久しぶりにまとまった量で音楽を真剣に聴いた。
昔ずーっと人生真っ暗闇だった時に音楽を聴くことだけがそばにあったことを思う。

楽器は持たずいつもの椅子に座り呼吸の練習だけをちょっと・・練習とは言えないなちょっとやってみただけ。
ああ大丈夫だから大丈夫と自分に言い聞かせる。
退院はしたけど腹の患部はまだ炎症していて、嫌なことを考えるとほんとにすぐ反応するから自分でもびっくりだわ。
抗生剤の副作用が少し出てきたかな。でも前の半分の量だしちょろいわ。
災害をもたらすような雨は困るけれど、雨のおかげで詰まってるような自分の心は少し落ち着いた。
私の犬はまたすぐそばにくっついてくれるようになった気がする。ぐわぁーとか言って寝てるだけだけど。
2021/08/12

帰るとお客がいて

入院中たくさんコメントを頂けてうれしかったし励みにもなりました。
どうもありがとうございました。
全然お返事ができていませんがどうかお許しください。
11136.jpg
ちょうど晴れた日に退院できてよかった。
嫁さんが迎えに来てくれて助手席から・・
めでたいはずだけど、いろいろ問題を抱えほとんどそれでいっぱいだったけどそういうのは書いちゃいけないと思う。
11137.jpg
歩くのも困難だった前回と違い少し離れた駐車場から歩くと杉や梅の木が作ってくれる木陰がありがたかった。
もうすぐ家というところ、もう空は秋なのか
たった1週間くらいだけど見ない間に庭の朝顔がすごい勢いであたりを制圧していて笑う。
犬に会いたい1週間ぶりだなと思いながら戸を開けると
11144.jpg
今わけがあって長期預かりのお客がいるんだった。
元をたどるといい話ではないので喜ぶものではない。でも犬にはそんなこと関係ないしな。
それはいいけど私の犬が遠慮して距離を置いてる様子が見て取れちょっとまずいなと思ったり。
お客のお犬は短い時間会ったことが数度あるだけで私のことなんか覚えていな・・とか関係なく、100年前からこのうちに住んでてあなたを待ってましたけどみたいな態度で甘えてくるのは才能みたいなもんなのかもな。
で、やきもちを焼いて怒るとかすればいいのに自ら身を引き離れたところで興味もないような顔をするうちの犬・・そんなところは似てくれなくていいよ。
あなたこそは私の特別なんですよみたいなのを伝えてもいまいち乗ってこない。
ちょっとまずいな。
はいいこ!なんていうとぞろぞろくっついてくるのは面白いと言えば面白い。
久しぶりに帰ってきたのに何でそんなに不愛想なのという家の犬だけど最近ないくらいちゃんと遠くまで散歩をしてくれた。
よかった、ちゃんと歩いて長生きしてください。

自分の体重を測ってみると絶食していたからか超えられない壁を簡単に破ってまた痩せてた。
体重だけ見るといい方向に進んでたりして。
この先いろいろまずいことを抱えているけど何とか乗り切って長生きできないかな。

https://www.youtube.com/watch?v=hPk0GGL0i0w
入院中ずっとこれの最初の2小節くらいがナースステーションから聞こえてた。
あれ何のアラームだったのかな。
あ、ここにいたことありますよね?と声をかけてくれる人が何人かあった。
同じ病棟に2度目の入院だといろんなことを最初から知ってるので楽といえば楽。
3度目はもっと・・いやそんなもんがあっちゃいけないけど。
いけないけどそれを前提とする話を先生とし、その時用の非常薬を処方してもらって帰ってきた。
帰っては来たけど楽器にはすぐには触らない。
のっかり方を間違え一度でもああ俺ダメだと思っちゃったらまたやればやるほどダメスパイラルが待ってるわけで
やめよう。
明日から天気が悪くなるらしい。
雨が心を少し落ち着かせてくれるんじゃないか。
今ここは夜。
鈴虫が鳴いてる。
気温が高いはずなのになんとなく寒くこれは・・と思ってた入院前夜にはまだ鳴いてなかった。
一週間で変わった。