2022/05/26

いい気分でいさせてはもらえない

今日も仕事でいろいろあったけれどでもやれるだけやって、
一歩間違えばわだかまりみたいなところをあえてちゃんと話をしに行ってみればその後にちょっといい展開が来て
というところでずっと抱えている重く動かない問題の社外担当者から連絡が入る。
内容は書けないけれど今置かれた中で一番いい状況で終われたと思う。
なんというかほっといても笑顔になるような気持で会社を出た。
神様ありがとうございます
13142.jpg
このちょっと明るい気持ちで今日は・・

でも、このあと楽器練習でどうなるかを予感する。
ただダメだというのとは違う、
明日レッスン。
また行けば人でなし

確か前回もそんなことを書いてたけど直前であれ行けるかなというのが来たのを覚えていて、そんなのが来るんじゃないかとどこかで期待しつつ諦めずにやってみた楽器はやっぱり駄目。
当たり前なのか。
どうすんだ明日。
久しぶりに背任で逃げてる人みたいな気持ちが返ってくる。

こういうことを書いたらなにか一つ小さな救いを書いて終わりたいところだけどなにも思いつかない。
こぎれいな写真でもと思っても最近飯の写真ばっかりでなにもない。
楽器どうやったらうまくいくのかを必死で考え続けるけれど、今まで何年もそうやっておんなじことの繰り返しなのであってどれだけ考えたって関係なく明日はまたという
もう思考が飛び過ぎて、明日の昼は変に高いもんでも食いに行こうかなとかやけくそぎみで
お前には、どうしても絶対やらせないぞという何か感じるんだけどなんだろうこれは
お前誰だよ
もうわかった
なんかできるようになって楽しくやりましたみたいなのはここにはなく、出来ないけどやろうとはしたというそういう人生なんだろうけどそれでもいいから
どうなろうがレッスンには行ってくるから

モモが亡くなって半年。
遺影に向かってもーちって

と書いたところで今翌日。
救いを求めて出かけたら救われて
今帰ってきたところ。
帰り道に海沿いを走ったら潮の香りがしたりして。
もうすぐレッスン。
一日嫌な気分でつぶさなかったしいいこともあった。
もーちゃん俺は行ってくるよ。