2024/02/29

大切な持ち時間を無駄にしたくない

16647.jpg
渋谷の道玄坂でちょうど5時。よく田舎の自治体が鳴らしてる夕焼け小焼けのチャイムが鳴り響いてて
あれこんな所でも鳴るのかと
雨だし行きたいところもないのでまた電車に乗って
16648.jpg
途中で降りてみる
なんか事故か何かで遅延してたけどいつものことなんでしょう?
16649.jpg
一度来たことがあるけどでっかいね
16650.jpg
なんとなく駅から出て向かいのあそこへ行ってみようかと
昭和50年のここの航空写真を見ると駅の周りはまだ土だらけだったりしてるんですよね
私のこの田舎でも山を切り開いて宅地が造成されとかやってたけど同じころだったのね
同じころああいう3階建てくらいだけど横方向への面積を大きくとったショッピングセンターみたいなのが日本中にできたんでしょ?
それで地方のはもうみんな終わっちゃったんでしょ?
でもこういうとこはなんでも別進行ですね
いかにもデパートのなかのという雰囲気の牛タン屋があって
16651.jpg
調子に乗っていろいろ出てくるやつを頼んじゃって
たまにはいいのか
始めは静かでよかったけれど、お客結構入ってくる
一人客も多いけれどにぎやか家族が・・の続きを書くと変になっていくから
16652.jpg
あの中の店でアヒージョを食べてうわこれみんな油?と思った記憶
なんでも昨日のことのようであっという間、調べたら前に来たのもう7年前
音楽とか趣味の話じゃなくて、今はもう全然考えられないようなことをまだやろうとしていた
もうどうにもできない

あと考えても仕方がないのに出てくるあの頃ピアノを始めていれば今頃・・
16653.jpg
ベートーヴェン20番のメヌエットは3ページなので楽譜をコピーしてきまして
ハノンのあとインベンション10番を弾いて
1567.jpg
インベンション13番をゆっくりゆっくり譜読み
一応最後まで行って
途中刺激的な半音でぶつかるところでいいね!と思うとその後悪魔的に沈んでいったりこの曲いいね

忘れちゃわないようにベートーヴェン20番の1楽章も一度弾いて
やっぱり弾ける曲あると楽しいようね
録画するにはまだいろいろまずいんだけど
1568.jpg
これもゆっくり譜読み
こっちはゆっくりならなんだかんだと最後まで進んではいくから
だからしばらくは優しい古典を練習したいなと思ったりしていて

せっかく乗ってきたのに出張で練習できない日があったりして
だけど仕事があってありがたい
転職したことがあるけど次が決まっててじゃないので短い時間失業してたこともあった
やばいもんね
ピアノ趣味、これからという人は毎日やれるかが勝負ですよね
練習できる時間があるのもありがたい
2024/02/27

お金で買える範囲は狭い

3時から渋谷でコンサートという日、朝調べると御殿場は雪。
むかし雪はいろいろ経験してなめてると死ぬよというの思いますがタイヤはノーマル。でもこの日新幹線乗りたくなかった
東名チェーン規制かかってないしライブカメラを見ると路面は黒い
どうするか迷いながらピアノをちょっと練習してハノン第1部の全部を通してインベンション10番を弾き、13番の譜読みを超低速で3段目くらいまで
よしこの曲もなんとかなるなと思ったところで車に決める
16640.jpg
雪満載な車とすれ違いながら東名に乗ると御殿場で雪っぽいものが降ってきたりトンネルの上がクリスマスツリーみたいだったりもしたけど無事通過して
渋谷のなんとか公園の下にとめてたこともあったけど道がめんどくさくなる手前で駐車場も安い田園都市線のある駅から電車で
どこも混んでそうな渋谷よりこの辺で昼を食べようかとと駅にあった大戸屋で
16636.jpg
沖目鯛の醤油こうじ漬け炭火焼き定食の味噌汁をたっぷり野菜の麦みそ汁+200円に替える
沖目鯛なんて初めて聴いたけど微かに炭火感もあっておいしかったよ
後ろの席に80代の仲良し数人みたいな人が電車でいろいろおでかけみたいな話をしているのが聞え、あったこともないあの人もあんな感じだったのかなと
16637.jpg
久しぶりに来たらホームドアがついてた
急行がものすごい勢いで通過していくのを見てると逆に今までなかったことが怖い気が
ここ来るの5年ぶりくらいかな。
16639.jpg
乗った各停は空いてるので座っていっぱいついてるモニターでも眺める
同じ会社でこちら方面にある部門のよく話す人がこの辺りに住んでて田園都市線の他いろいろ乗り換えて通ってるんだった
いいとこ住んでるんだなコンサート通いまくれるじゃない
でも通勤大変だろうな。コロナで一時電車やめてたらしいけど渋滞も大変だろうな

乗り換える急行はいつもすし詰めだけどそういうのは平気。
渋谷で降りて109から外に出ると
16642.jpg
雨と人。
何度も書かなくていいけどこういう人混みは別に平気
その先の東急百貨店を壊していて高層ビルにするらしくBunkamuraは休館だけどオーチャードホールだけはやってるという事で
16643.jpg
開場まで時間があるので向かいのタリーズコーヒーでぼーっとする
始め蓋の穴から飲もうとしちゃって開けたらこうなってて
混んでたけどなんとか座れて、ものすごく寒かったから助かった。
ほとんど同じ時間に出て行った向かいのおじさんや隣のおばさんも行く先は同じだったかな。若い人もいたけどどうかな
16646.jpg
オーチャードホール実は初めて
最近できたホールだと思ってたけどいつの間にか30年以上たっちゃったんだね
そういうああもうそんなに経っちゃったのかがいちいちグサッと来たり
ホール内でスマホに電波が来ていたり、トイレに入ってみたりするとああもう古いんだなと

帰り際みんなパシャパシャ撮ってたけど撮影禁止の札を持った人が歩き回ったり叫んでたのでかわりに
16644.jpg
公式サイト座席から見え方写真をもらって貼るのも怒られるのかな?
Sが埋まってたからだったか3階でこんな感じの席だった。
チョン・ミョンフン
東京フィルハーモニー交響楽団第997回オーチャード定期演奏会 
指揮:チョン・ミョンフン(名誉音楽監督)
ベートーヴェン/交響曲第6番『田園』
ストラヴィンスキー/バレエ音楽『春の祭典』

田園と春祭って不思議な組み合わせですよね。
春つながりでもないな、まあすごく美味しいものが2重に出てきちゃってお得な感じはあるか
しかしホールによって聴こえ方は全然違うもんなんだなというのと、耳って自動補正機能を持ってて気が付けば場所なりによりよく聴くようにイコライジングしてくれるのね‥と悪くはないけどいまいちこないというかよそ事みたいに聴いてた田園、
3楽章でオーボエのソロが終わった瞬間隣の首席フルートの人が楽器をゆすって今のよかったよと答えてるのが見えたあたりから自分も乗ってきた気がする。
4、5楽章もよかった
前に出るではないトロボーンのきれいな音が耳に残っていて、フィナーレのおしまいの方にあるホルンとトロンボーンが作る美しく張りのある伸ばしの上に弦のトレモロが乗って膨らんでゆく・・・すごく単純でもあるしやたらに聴いて知ってるはずのものに今更な発見をしたような気がしてたのは強く覚えてる
今思えば、次に来るあの複雑な音楽との対比になっていたかもな
単純なようでそうじゃない、すごさとか深さというのはどこにあるのかみたいなものを感じさせてもらうというか

オケって誰かのソロが良かったりすると他の団員がひそかに膝を叩いで拍手を送ってたりとかするものらしいんだけど、そんなの見ちゃったらまたなんで自分はやれなかったんだろうというちゃいけない病気が出かかっちゃって
今、ピアノがやれてよかった

同じく速めテンポであんまりためずにどんどん突っ込んでいく感じだった春の祭典
冒頭ファゴットがフェルマータをかなり長めにやってたいて初演時は最初のあそこでみたいなことを思い出しつつ
今時のオケが巧いのは当たり前なんだろうけど、機会があれば何度でも生で聴きたい
アルトフルートってなんか見た目に目立つよね。あとは2対のティンパニをずっと追ってた。
たまに出てくるバストランペットとかアンティークシンバルとか
昔、春祭のスコアを見つけた時はそれ自体に感動しましたけどあれももう25年くらい前か。
なんとなくそれが頭に浮かんで今あそこが‥ああやってる‥とか思ってたらあっという間に終わっちゃった
結構突然な感じで第1部の終曲をもう一度演奏してくれた
終わってからもホルンとトランペットだったか裏でずっとなんか吹いてるのが聴こえてて、普通ないじゃないそんなの
やってる方もよかったのかな
1566.jpg
翌朝。
一つ前のタイトルが2万円捨てることになるかだったから答えると行けたので丸損はありませんでした。
クラシックのコンサート、ステージじゃなく周囲にいた人にぶち壊されて今日はダメだったお金捨てたようなもんだと思うことがあります
とかいうのはもういいや
左隣の席に人が来なかったのでうつらせてもらえたことはどこかからのプレゼントだったのかな
2024/02/25

2万円捨てたことになるか

16633.jpg
2回連続で同じオケのコンサートに行くことになっていて次のチケットも送られてきた
よぎるさあ入ろうかと思ったら間違えて次のチケット持ってきちゃった!?な瞬間
傘を持つことに気を取られてそもそも持ってかなかったとか
とりあえず先に行く方の封筒だけ開封して中身を確認した。あした開いてない封筒を手にしたなら間違いだけど
と書いたところで出かけ、複数個所で連休特有の場を読まず好きに行動する人間に遭遇
だけどその場にいた店主がひそかにあっちはいいから今あんたが優先だよと言うメッセージをくれた‥かは知らないけどそういう感じがあって救われたり
帰ってピアノ練習しながらこれも自分は大丈夫だこれでいいんだと思えるようになりたくてやってるのかもななどと考えて今土曜の夜。

明日これが公開される時間はホールから出てくるころだと思う。
無事に聴けたかな?
周りに今日と同じようなのがいて台無しになるような予感。
だけど行かなきゃ0だから
人間嫌いスイッチが入っちゃってるので連休の電車は避け車で行きたかったけど箱根も御殿場も雪の予報。
新幹線使うとチケット含め2万円弱

東名乗ったはいいけど事故って・・
なんでこんなネガティブなの?
16634.jpg
始めは寒いというテーマで書いてたから先週寒いからラーメンでもと思った写真
心荒んでほかの写真を考えるする気にもなれず
まあこういうの数日で忘れるから

もう40年前なので思い出せないけど小学校に来て体育館で演奏したオーケストラの名前が東京フィルだったような
長い間オケの名を憶えていた記憶はあるけれどもう遠すぎちゃって
その後の全校集会か何かで誰かが書いたお礼文が素晴らしいのでお前らも聞きなさいとかいう場面で茶番なんて言葉は知らなかったけどそんなことを思った記憶ははっきり残ってる
1557.jpg
ピアノ練習、やるもの全部が新しい曲に変わったんだけど先生の言われたここまで見てこれるでしょうという言葉がプレッシャーになって
譜読み最初の日にうわこれは間に合わないよと思うのは毎回のことなのでいいんだけど次のレッスンまでの間に練習できない日というのが何日かあったりもするので焦る
けどよく考えたら月またぎでいつもより一週間多くあくんだった。なんとかなるかな
ごちゃごちゃいっても私まだハノンは第1部をやってる人
ずっと仮の単音の仮みたいな終止だったけど
16635.jpg
ここでほんとの終わりですよという和音の終止形が出て来てちょっと感動でもないけど
次のインベンションはイ短調のやつ。
いかにもバッハという感じで聞いてる分には好きだけど、視奏の練習でもあるような10番と違いほっとくとすぐ目が逃げる
ほんとは片手ずつ全曲をさんざん弾いてから合わせなきゃいけないんだろうけどいきなり両手で始めちゃって今日は2小節くらいかじっておわり
ベートーヴェンはまだ右手だけ通してみただけ
だけど、ピアノやってるというのがあってよかった。

こんなブログを読んでくれてありがとう。
2024/02/23

ああよかったなと思って死ねるか

もう何年も前から音楽とは別な興味で検索するとよく引っかかるブログがあった。
興味深い内容もだけど人柄がそうさせるのかしばし読んでみたり
今日また引っかかったのでみてみるとコロナで出かけられないのでという一文を最後にもう1年以上。
定年を迎えてすぐネットやブロと出会い20年というところだから年齢的には・・
昔語りを読んでいると通った高校は丘の上にありという話に添えられた赤坂見附の交差点や日枝神社が写る写真
えっ!?あそこ通った人なの?先日隣の日枝神社に行って
1545.jpg
皇居や国会議事堂の横にある高校に行く人ってどんな人だろうと思って調べもした
夏目漱石とか多数が東大に入ったとか
ひけらかすでもなくただ穏やかだったあのおじさんそういう人だったのか
素敵なブログ、更新されずエロ広告やロシア語のコメントが張り付くのを見ると寂しいような悲しいような。
でも素敵な人生ですねと思ったり
そうすると出てくるのは、私はなんなのこれ・・
同時にプロオケ奏者の日記みたいなのも久しぶりに読んでみて、プロ奏者に嫉妬しないけど部活で音楽みたいなのが出てきちゃってまた私は何なのが始まるので読むのをやめた。
1559.jpg
私は私ですけどそんな日、
仕事が終わってから雨の中レッスンを受けに先生宅へ。あっ玄関真っ暗。
そういうの2度目だし大丈夫ダメなら出直すでもいい。呼び鈴を押すと返事はあり鍵を開ける音
あっ!御免なさいちょっとまってて来週だと思ってたー
先生先週コロナにかかってたらしくそれは記憶も一週間ずれるよね。それより症状酷くなかったみたいで何よりです。
待ってる間に勝手にウォーミングアップできるの私にとって大変ありがたい。ハノンからはじめると絶不調。ひとつ前に書いたここ間違えるかなポイントはそのまんま間違えるしほかのところも間違えるわ引っかかるわ
その後しばらく話をして
ハノン間違えを指摘されるけど覚悟はできていたので崩壊したりはしなくて2つとも合格にしてもらった
自分ではぼろぼろのつもりなところ、指がずいぶん回るようになりましたねとかこれだけ練習してきてくれるんだからとか好意的な言葉をもらって意外というか
それはレッスン忘れてたからサービスでおだててるんだよみたいなことはいわないの。

インベンション10番は何か所か間違えて
弾き直ししなければ合格なんだけどと言われてもやっちゃうんだよなぁ・・
先生がちょっと時間でやらなくちゃならないことがあり席を外したすきに一人で弾いたらノーミスで最後まで行って
もう一度弾いてる最中に先生が戻ってきたら間違える
こりゃダメかなと思ったけどその後もう一度くらい弾いて合格をもらえた
長いトリル、低音側は響くから音量を押さえるように。今後もそういう曲が出てくるからその時はそこをしっかり

ベートーヴェンのソナタ20番第1楽章も結論的には合格をもらえた。
やっぱり心配通り左手の上昇音階は手がグランドピアノの鍵盤に負けて変になったりしてた
けど何とかやって最終和音は体重を乗せる。そのほかちょっと教えてもらって。
次からは2楽章。八重奏曲にも転用されてますよねなんて話をして
更にその先何をやるかという話になる。私この20番くらいの曲で地道に練習重ねたいと思ってるのは伝わってて
モーツァルトがとかいろいろ話してたらソナタアルバムの1を買ってみる?
それで、
むかしからピアノを習ってる人がソナタまで行ったとかソナチネまで行ったとか言うのを聞いてきたけど、ソナタったっていろいろあるけど誰のどれだよ?かなんか思ってた
もうあと何日かで50という歳になった今日初めてペータースが出してたソナタアルバムのことを指しているんだと知った。
ベートーヴェンだと9番とかかっこうとか悲愴が来てとかみんなおんなじの弾いてるのはそういう事だったのね

それもいいけどまだあって、
発表会の話がまた出てきたのでなんとなくショパンのノクターン10番とかシューベルトの即興曲3番とか言ってみた
あんなのでいいの?
え?
即興曲はレッスンでやるくらいで十分もっとずっと難しいのをやりなさいよというようなことを言われる
unagiさん練習してくる人だから大丈夫
最近地道にやっていかなくちゃとか独りよがりで暴走してたけど実際の自分の位置はとか考えていたけど・・もうそうだけど先生の一言でこの先
ずーっと昔からやりたいのにどうしてもできなかった恨みつらみもみんなとんで
もしかしたら私はああよかったなと思って死ねるかな
と思った
2024/02/21

心配事に雪が降る

1560.jpg
昼食べすぎちゃったのでケーキはいいやと思ったけど嫁さんが半分くれた

職場の人員を極限まで切り詰めてるので何かの理由で一人かけると危機的状況みたいな話は今どこにでもあるんでしょう。
今自分もそんな一人体制というところ。
そこへめんどくさい案件が来たと思ってたら別部門でコロナ蔓延危機。その影響が自分にもとかまあいいんだけどそんなの

来週か雪の降る地方へ出張があるんだけど今日話したら今年は雪が全然ないそうで
冬の間除雪を仕事にしている人たちや会社は今大変なんじゃないかななどと考えてみたり
何年か前初めて東京へオケを聴きに行った日は大雪で電車がみんなとまったりしていた。新幹線や地下鉄は動いていたので自分は行けたんだけど客席を見ると来れなかった人もかなりいるのかもなという感じだった。
来週コンサートで東京へ出るという日、予報を見てるとどうも雪の予感。
交通費をかけ近くまで行ったところで足止めにとかお金の損失よりも楽しみにしてたものがぽっとダメになる方がきついというか嫌ですよね
そんなつかの間の楽しみ!みたいな時に限って変なとこから呼ばれて潰されてみたいな時期もあった。
今ちょっと大丈夫かなと思うけど自治会で変な役に当たるのもやばいですよね。
そう言う思いをするのが嫌だから初めから行かないことにしようみたいな考えが浮かんでたけどそれもおかしいでしょうと最近思ってて

コンサート行けたら行けたで人込みの中でインフルとかコロナとかもらってきちゃったらみたいなのは毎回よぎる
仕事もまずいけど休んでる最中に自治会の総会かなんかが来ていない間にとんでもない役を押し付けられてたとか・・
1551.jpg
最近できたらしい民家系定食屋でメニューに豚生姜焼きと豚焼肉というのがあって、豚焼肉定食を頼んだらこれが出てきた
食べたら豚肉生姜焼きそのものだったけど、生姜焼きを頼んだら何が出てくるんだろう?
それは別に心配じゃないけど
16631.jpg
ピアノ
1563.jpg
このハノン上昇から下降へ転じるところでよく外す
外すのが怖いのでそこだけテンポをおとしたりして
ルバートかける曲じゃないだろうというのとメトロノーム鳴らさないでやってるのがバレるなというのと
1564.jpg
これ一番最後だけ指が変わる
はいいけど楽譜を見ずに指のことだけ考えてやってるので音まちがえてた
こんなわけはないよなーと思いながら数日間
レッスンで間違えて覚えたものをやっちゃう予感
1562.jpg
トリルの前指がいい加減だと次で困るのだけど、左右どちらかに意識をやると反対が変なことをしているときがある。
音楽は続くけどその後ごまかすような指展開になるので先生にはまた何やってんのと見えるだろうしレッスンでそうなる予感
1561.jpg
メトロノームと合わせていると楽しいけれど1小節目のおしまいでトリルを拾う2つの音が間に合わない、その先の左手の上行音階時々音が抜ける
私外すと弾き直す癖があってとてもまずいんだけどメトロノームに合わせてると弾き直してる時間はないのでどうなろうが前に突っ込んでいく・・弾きなおす癖やめられないかな
ここレッスンでまちがえるかもなんて思ってるから間違える訳でしょうね
だけどそこいったん把握して直そうとするから直っていくわけでもあるんだろうし
2024/02/19

驚いて恥ずかしくなって

16630.jpg
ジョリーパスタで食べた窯焼きチーズパスタ” 播磨灘産牡蠣とグリルベーコン
美味しかったけど名前を調べようと思って見たら1215kcal・・・
その場で数字見ちゃったら絶対頼まなかったけど
まあたまにはいいのかなもう食べちゃったし
16629.jpg
冷製きのこマリネとポークパストラミのサラダ
ファミレスなんてと思ってたこともあったど、なんかいろいろちゃんとしていていいですよね
ちょうどグーグルマップを見ていたら昨年できたばかりで行った店がもうなくなっていた
あの時店主が自分の好きな物を集めてるらしいことはわかったけど店ってそこじゃなくて客がどう思うかだしなと思った
音楽もほんとにやろうと思うなら自分がどう思うかじゃなくて他人にどう聞こえるかで
インスタにピアノの練習動画を載せるとへたくそでもなんでも相手にしてくれる人がいて励みになっていたんだけど、いまもうちょっと練習しないとと思っていて
なんか小ネタでもと思ったときに
16628.jpg
ハイブリットピアノなんて言ってますが実際電子ピアノなのでチェレスタが鳴らせたりするから、
16627.jpg
チャイコフスキーの金平糖の踊りの最初の方でも練習して・・
今練習しだすとそれどころじゃないしやらないんだけど

頭の中で鳴ってたから久しぶりにくるみ割り人形を全曲聴いてみたりして
ちょっと、気分がすさんでいたので有名な花のワルツとか葦笛の踊りなんかは飛ばして
ほんとにかなり何年かぶりで
一見子供向け音楽のようだけどでも違う
心荒んでるからちょっと聴いていったんやめたんだけど
またどうしても聴きたくなって部屋へ戻って
気が付けばずーっと聴いて、終曲のアポテオーズなんか泣きそうになったりして
娑婆中敵だらけだなんて思っていたけど心が少し浄化されたような
16632.jpg
ピアノ結構練習できて
ハノンとインベンションばかり重点的にやっててなんとなく一回流して終わりだったべ-トーヴェンをやろうと
前からどうもおかしいなと思っているところがあったんだけどメトロノーム当ててみたらびっくり、勘違も甚だしいところがあった
時代が時代なら椅子けられて帰れと言われるとかじゃないか
レッスンで先生が弾き方をすごく注意してくれてと思っていたけど、弾き方以前に私そこで異常にテンポ落しちゃうからなんかいわれてたのかな
なんであれはずかしいわ
まあいいや
メトロノームあんまり好きじゃないけど古典派の入門みたいな曲だから変にもならないし
いつもずっと一人でやってるけどカタカタ言ってるのに合わせてると誰かに合わせてるみたいで楽しくなって来たり
メトロノーム相手で合わせみたいで楽しいとかちょっとどうかとも思うけど
音楽聴くのもピアノ練習するのもこんなブログ書くのも結局全部一人の独りよがりだなと思っているところ
でもレッスン受けて先生がいるし一人でもないか

少し先にコンサートがあってそのまた先にあるやつ迷ってたけど、また買っちゃったよ
やたらに高いのは値上がりしたのかステージに乗る人の数がいつもの倍以上だからか?
忙しくて行けるかわからないけどいけそうなうちに行っとかないといつ行けなくなってそれっきりになっちゃうかわからないし
2024/02/17

意外になんとかなってた

16619.jpg
まだ寒かった先週、最近できたらしい山上の店に行ってみたらまさかの外席
16618.jpg
嫁さんの頼んだなんだっけ、泥のように濃い何かが乗った珈琲とフルーツパウンドケーキ
日の光があって風はないのでそんなに苦にはならなくて
16617.jpg
かなり濃厚なラムレーズン入りチョコレートのテリーヌだっけ?
チャイと合いますか?なんて聞いたらとてもよく合いますよとのことなので
16616.jpg
ストーブがあったり

メンタル朝から変になってた。
いろいろ来ちゃって身構えたところでふっと休みに入ったのもいけないのか?それなら仕事してればいいはずで実はいいこと?
そんなんじゃないのもわかっているけど、ピアノの練習をしている間はそういうの関係ない自分でいられていいですね。
ハノンの何番だったか登りが下りに変わるところでめちゃくちゃになるのがやっとましになりかけてでもまだ怪しいところ
登りと下りで単純にパターンが裏返るんじゃないから?なんでだろう?
省略していた装飾が思うようにいかなくて必死っぽかったインベンション10番は慣れたというか少し落ち着いて自分のやってることを自分で見られるようになった気がしてきて、こうなるとまた少し楽しくなってきていいね
レッスンまでまだ何日かあるし、どこまで仕上げられるでしょうか
ベートーヴェンはいまいち進歩感がないんだけどまあいいか力抜いて。
16623.jpg
次のコンサートチケットは郵送で来た。
その前にレッスンがあってコンサートの後出張
その先仕事めんどくさいけどまあチャンスだと思えば
16626.jpg
近所の河津桜が咲き始めてた。
いつもより少し早い?
次にあの花を見るときは自治会に召集される時だよなと去年の今頃から思ってた
コンサートもう一つ入れようか
2024/02/15

書き残しておきたい

16615.jpg
こういうの初めて見かけました
私は見たことがなかったのでどこかの地方に昔から伝わるものなのかなと思ってた
そんなことより花も生きて一度きり、そこにあるんなら愛でてあげないと
16612.jpg
先日自宅改装系店で
これ120gだったと思うけどすごく満足感があるのはシェフの腕?
連休なのに静かでよかったふと見ると壁に
16620.jpg
小澤の写真。
訃報の翌日だったけど店主に話しかけたりもしなかった
先日のノベンバー・ステップスからなんとなく武満作品を聴きかじっているとピアノソロが出て来て

Rain Tree Sketchというこの曲なんか好きで何度も聴いてしまう。
無調だけど前衛というより印象派の曲みたいに聴けて
出来ればいつか弾いてみたいと思ったり
ピアノは水と相性がよくいろいろあるけどこれもリアル雨だれというか
まず弾けないでしょというのはあるけど弾けるようになった時発表会でこれやりたいとか言ったらどうなるのかな
音を外しても普通の人にはバレなそうだけど、多分この曲を見てくれるような先生ならすぐ見抜いて怒られるんでしょうね

突然出張が入り朝いつもと違う方向へ走りだすとひとつ前に書いた昔短期間働いたあの時と同じコースと時間で、高速に乗りしばらく走り下りた先はもうひとつ前に書いた新横浜の駅前
16622.jpg
2つじゃただの偶然だけど3つか4つそろえば何か意味があるかなと思いながら
その後行ったところでは割と歓迎モードで仕事的には予期せず起きたトラブルがむしろ私の味方をしてくれる格好となり、せっかくだからと足を延ばした先ではしみじみとあいさつを兼ねた話が出来、また予想外の人間と意外にいい話が出来・・そんないい日の中にも水を差すような嫌なものがくるわけだけど、哀れと思ってほっとけばいいだけだと思えて
帰社してからもいい流れがあり帰宅してもいいことがあって
思い返せば私の中でつながることがまだあっていきつく先は神様のおかげ
いいことはすぐ忘れて嫌なことはむしろどんどん大きく濃く頭に残って変になったりするところがあるのでそうなる前にここに書いとこうと思う
1537.jpg
出張先でゆっくりして直帰でもよかったんだけどまじめに帰って今日も練習して
ハノンとインベンションはまだレッスンに持ってくる状態じゃないけどでも昨日より今日、少しづつ前進しると思う。
ベートーヴェン、右手を指で弾かずに手首や腕や体も使って弾く
という話はわかってるつもりだけどいまいちつかめてるんだかいないんだかわからず
パタパタ弾いて弾けた気になるのは知ってる名演をまねてしまう癖みたいなものもあるからかなと思ったり
ペダルはそんなに踏み込まない軽く踏むだけだと言われ沢山踏みかえる指示をもらっていて、私の楽器も一応ハーフペダル対応という事になってるけど・・
まあでもなんか楽しいしいいよ
2024/02/13

都心に住むような人になりたかったか

16610.jpg
地下鉄の駅を出てちょっと歩くと六本木ヒルズがでてきて・・はいいけど写真撮ってすぐ間違えて反対に歩いてきちゃってることに気付いたりして
1547.jpg
田舎から出てきてる私にはこんなとで帽子被ってランドセルを背負った子供を見ると違和感というか、どんな家族がどんな生活してるのかな・・とか
六本木と言えば
むかし転職の合間に短期間派遣のバイトでて工場に入ったことがあった。人と人がつながって東京から流れてきた娘と話す機会があって
いつもどこで遊んでんの?六本木?なんて言われそんな訳ねーだろと思ったことが忘れられない
田んぼってみんないっしょなのになんで道曲がるところがわかるの?とか何の悪気もなく言ってるのはわかるので腹も立たなかった。
その後、自慢と取られるのが嫌だから人には言わないんだけどという前置きのあと実家のあるところが何と呼ばれているかを教えてくれた。
こんなとこ来てこんなことやってるのはおかしい人だけど親も若いうちに我を通した人らしくあえて放任なんだろうなと思った記憶
田舎には絶対いないような芸能人みたいな顔立ちで、遊び仲間の中にいると言ってたある著名人の息子はその後芸能人になってるのを知ってる。
他にもいろいろあって虚言壁とかそういうのじゃなかったと思うけどあれから20年以上経って今どうしてるかな。しかるべき枠に戻ってこういうとこに住んでたりするのか
などという事を思い出しながらちょっと歩くと
16596.jpg
あれがアークヒルズ?
なんかどこもかしこもでっかいビルみんな森ビルだけどそのトップに森さんという人がいたりするんですか?どんな生活してるんですか?知っても仕方ないけど。
サントリーホールの周辺で何か食べるところをと探していたら長蛇の行列ができる海鮮丼屋というのを見つけた
どっかやり手のラーメン屋となんかが組んでるんだっけ・・なんでもいいけど3時ごろに行けば待たないかもという話があったので
途中昼時どこも混んでたので何も食べつにここまで来てちょうど3時
16597.jpg
満席かなと思ったけど案内される
日本語?English?とか聞かれてにほんごぉ
聴いてくれた人も外人。
周りはみんな若い外人。
16611.jpg
刺身は後で出汁をかけて食べるときのために2切れ残しておくようにとか
そのほかいろいろ書いてあるのを見ながら
目の前で魚を鯖いたり柚子をどうにかしたりとかを見せてるのも多分計算された演出なんでしょう?見せ方がうまく、安価に行けるわけのない割烹みたいなところに行った気分にさせてくれる
先に刺身が出て来て
16598.jpg
わざと山盛りにしたこれを自分で崩して黄身醤油をかけて
3分の2くらい食べたらいうと
16599.jpg
出汁をかけてくれるので残しておいた鯛の刺身を浮かべて・・
出汁は柚子が効いていて
夕方と夜にもこの前を通ったけど行列ができてた
普段行列のできる店なんて大嫌いだけど、なんかそんなところに俺も行ってやったみたいなのが面白いというか適当に満足
16600.jpg
日本の中心地帯を歩いてみようと思っていて
すぐに出てきた見覚えのあるあれは首相官邸?
そのすぐそばに
16601.jpg
行ってみたかった日枝神社
神社もいろいろだけどエスカレーターを持ってたり日本の中心感がすごいですよ
1546.jpg
結構長い
奥のビルはホテルニュージャパンがあったところらしい
もう40年以上になりますか
16602.jpg
雪が残ってた
16603.jpg
周りは高層ビルだけど予想以上に広くて
16609.jpg
永田町と言えば政治の中心のイメージだけど普通っぽい酒屋があって
こんなとこなのに昔からの普通の民家が何世帯かあったりするらしいけど自治会があったりもするんだろうか?
そこから
16605.jpg
坂を登ると
16606.jpg
裏側だけどあれ丘の上に建ってるのか
16607.jpg
はりきって持って行った国会図書館のカードは3年使わないと無効だそうで
再発行ののち買いそこなった音楽関係の本の他、私の原点だと思ってる1冊の雑誌を探してみつけたその一冊は1988年8月号
ネットなんかなくみんな何か知るために雑誌を読んだ時代なのとバブル真っ最中で広告収入がものすごいことになっていたんだろういろんな人がいろんなことを書いてて多角的で読みごたえがあり…またその広告も内容が豊かで・・
この後コンサートを控えていて頭がそっちへ行ってるのであんまり深く読みもしなかったけれど、昔何度も読んで覚えのあるページをめくってるとあの頃の自分に会えた気が
あの頃私はまだ明るく楽しい毎日があった
思えば、都会に憧れるとかそういう時期にそれどころじゃなくなりそのままこの歳。
毎週コンサート通いみたいな事を考えるときだけこういうとこに住むか務める生活というのをちょっちょ妄想してみたり
いまはもうこういう人生だったの最後をどうできるかというとこなのでどうということのないけど
ただピアノが弾けるようになりたい
弾けてどうなるかもわからないけどもうそれだけ。
そのためにはまず安定した生活がとかあるんだけど

しつこいけど読んだ雑誌の中に読者からの投書のページがあって、ペンネームの後ろに(34)とか年齢があるんですよね
若い文体のその人もう今70なんだよなと思ったり
自分も気が付きゃその歳だよね
16608.jpg
この日ピアノを弾かなかった。
次の日やっぱりちょっともたつくような気がしてみたり
やってるうちに戻る
左手のモルデントが思うように動かなくて笑う
まあ大丈夫。
2024/02/11

ただの偶然なんだろうか?

16590.jpg
前半はあえて書きたいことだけ書こうと思います。
小澤征爾の訃報が伝わった夜、彼がいなければ存在すらなかったかもしれないノヴェンバー・ステップスがまさにこれから演奏されようというところだった。
そして、私はその場にいました。

もともと前半の弦チェレが聴きたくて行ったコンサートの休憩後、団員がそろってコンサートマスターも席に着いたところで指揮の山田和樹がマイクを持って出てきた。
それ自体異常な景色でえ?と思っていたら
話す予定はなかったんですが悲しいお知らせがあります・・
指揮者の小澤征爾先生が亡くなられました
その瞬間客席の驚きが声だけじゃなく空気で伝わる
単に有名指揮者がなくなったというだけじゃなくこれからやる曲と小澤に強い関係があることを知っている人のいる密度が日本で一番高い空間でもあったかもしれない。
初演者であることの他に差別的な厳しい状況での練習からの初演を乗り越えその先を作った経緯やさらに全くの偶然ではあるが初演時にもこの日と同じベートーヴェンの2番が演奏されたことが語られ、単なる偶然以上の何かが起こったことを感じる
途中から先生が取れて小澤さんは悲しい追悼を望んではいないはず。本来音楽は楽しいものという気持ちを持っておられるはずなので黙とうなどは行わずこれからの演奏をささげたいという言葉で締めていた。
その後それは本当にそうなり最後のベートーヴェン2番は仕掛けもあって普通じゃないと言うのもあるけどオケはかなり乗って爆発。拍手はオケがはけてもやまなかった。
あの場に、小澤さんもいたかも
たぶん一生忘れない夜になった
16589.jpg
読売日本交響楽団第635回定期演奏会
指揮=山田和樹 尺八=藤原道山 琵琶=友吉鶴心
バルトーク:弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽 BB 114
武満徹:ノヴェンバー・ステップス
ベートーヴェン:交響曲第2番 ニ長調 作品36

左右2軍にわかれてという弦チェレも現場で目で聴くべき音楽だと思う
指揮者が何言ってるか見えるこの席面白い代わりに背後から聴くセカンドグループの音が思い切り裏っぽく・・と始めは思ってたけど人間の耳って自動補正が効くのでそのうち慣れてた。
左右の掛け合いもそうだけど、チェレスタの人がこそっとピアノのところへ行ってさっと連弾をやりまた戻るとかポルタメントしてるティンパニのペダルが見えるとかそういうのも音楽の一部だと私は思う。
演奏は熱が入っていてとてもよかった。

ノヴェンバー・ステップスと言えば音楽に興味を持つと同時くらいに知ってはいたけれど聞いてこれは無理だと思ったのはいつ頃だったか。それっきりで曲を把握もしてないので一歩引いて眺めるような聴き方しかできないのだけど、オケで始まってからしばらくあれ意外に聴けるな・・武満はドビュッシーの影響を受けていうけれどなどと思いつつ特殊奏法も面白い上に説得力というかオケが序奏一式終わりましたみたいな瞬間が来て尺八が入ってくるとああこれコンチェルトなんだな・・尺八と琵琶を生で聴いたのも初めてかもしれずしばらくはあんな奏法があるのかと
確かこの曲11段かなんかなんだったと思うのでそういうのを探りながら聴こうと思ったけどよくわからなかった。
オケの響きに時代の流行りに乗ったところもあるんだろうなと思いつつ、ああこれをこう感じる私も日本人だなとか、NHKのなんかの番組でBGMに出てきそうだなとかそういうので意外にこの曲聴いてるのかもなとか
多分後半にながいカデンツァがあって・・と言うのは終わってから感じたことだけど琵琶が漆で美しく仕上げられているのが見えて、あんなにバシバシ撥をぶつけて楽器傷つかないのかななんて
あれどこにぶつけてるんだろう?
マーラーに弓の樹の部分で弾けというのが出てくるけどあれもニスはげないのかな
曲終わったのかなと思った瞬間から指揮が長い静寂を確保し続ける。あとで調べたらどうもスコアで要求されてるらしい。
この曲が大好きになるとかいう可能性はあんまり感じないけれど少なくとももう一度聞いてみようとかスコアを見てみたいとか
偶然の追悼演奏みたいな機会になったことを置いといても、実演に接することが出来てよかったと思う。

良い曲なのは知ってるけど若干地味な気もしたベートーヴェンの2番がなんかすごいことになっていて、最近こじんまりやるのが流行りだけど木管が倍管。弦もなんかやたらにいて16型?もそうだけど配置がまず特殊
普通の対向配置ではなく第1ヴァイオリン、ビオラチェロコントラバスが2つに分かれ左右に展開。
ただ単に左右にいるというだけじゃなくスケルツォなんかは第1ヴァイオリン始め右側だけ次は左側だけ・・とかやってたと思う。2楽章は各パートのソロだけで始まってた
なんか、マーラー版でもあるのか?みたいな
思えば弦チェレもノベンバーステップすも左右2分割のグループがスコアで指定されてる曲だった。
ベートヴェンはそんなこと書いてないけどでもおんなじコンセプトで全曲やってんだなーこれーと思いながら
金管は倍管じゃなかったけどフィナーレコーダでティンパニと大爆発、指揮者も最後は踊ってたよ
ビオラと第2ヴァイオリンのおじさんが満面の笑みで体をゆすってるのが見えたりしててベートヴェンの2番手そういう曲ですしね。フィナーレはユーモアが炸裂
そういう面白いことになっちゃってると気づいていこう、お!?とか思いながら聴いていたらあっという間に終わっちゃった。
ブラボー叫んだりはしないけど自分も自然に拍手炸裂
なんにもなければチェロの弦が切れてた?とか書くところだけどそんなのどうでもよくて、行ってよかった

ホールを出て晩飯をとすぐ向かいのアークヒルズ?に入ってみる。いままであんなとこ終演後の客でごった返してるんだろうと思って敬遠してたけどそうでもなかった。ただ時間が遅くあそこでもいいかなと思った天ぷら屋はもう終わっていた
16592.jpg
中華そば専門 田中そば店で
16591.jpg
ネギそば
期待もしてなかったけどこれすごく美味しかった
最近よくある感じじゃなくむかしの美味しいらメーンという感じ
こういうラーメンがあったらいいのになという
隣の女性客も美味しい美味しいと連呼してた
16593.jpg
すぐそばでなんか有名らしくやたらに行列が出来るこの店にも3時ごろに行ったら入れてとかいろいろあった
いつも乗るホームライナーみたいな特急はもう間に合わないし銀座線で新橋まで出て東京か品川から新幹線かなと思ったけど
調べたら南北線で新横浜へ直行というルートがあることが判明
東急新横浜線開通したけどあんなとこいく機会もないよなと思ってたけどいきなりその機会が来てるじゃない
16595.jpg
一度だけ使ったことがある六本木一丁目駅はすぐそこで。
新横浜って変なところにあるという印象だったけどサントリーホールから乗り換えなしというのがなんだか不思議な気がする
新横浜で乗り換える新幹線は新橋まで出るのと同じ列車。だけどこちらの方が千円くらい安く済んで
そんな情報ほとんどの人には興味がない事だと思うけど
16594.jpg
新横浜、直結かと思ったらいったん外に出るのね
10年位前この前をよく車で通って道路の下を派手に掘ってるなと思ってた
最終の新幹線で小田原まで
そこから車で峠越え
昼間溶けた雪が濡らした路面が凍ってる可能性があるので変な裏峠は通らずに

小澤さん88だっけ、私が音楽を知ったころ52とかかな
私もうすぐ50
残りの人生悔いのないように