傘雲と神様

伊豆半島の西海岸に張り付く道路は道幅も狭いうえに山肌に取りついてくねくね進んでいくような道で気分の盛り上がっているときにはいいけれど、そうではないと長く続く苦行みたいな道路でもある。
この日、飯を食った後どこかへ行こうか・・あまり盛り上がらないままここまで来てしまった。
6422.png
富士山に傘雲ができると雨が降ると言われています。実際、そうみたい。
まあ、晴れてなくても景色は景色。
それなりに見入るものがある。
嫁さんはこの先のあるわけないところにカフェらしきものがあったことを覚えており、そこへ行ってみたいようだ。
確かあそこ長期休業中じゃ‥まあいいかこのまま行こうか。

6423.png
結構走ってあれは大瀬崎。
絶えず見えている富士山はしかし見るたびにまとった雲の形が違う。でもずっと傘雲は被ったままだ。明日はダメだな。
あの天橋立みたいなところには淡水の池があったりして・・
実際はその手前写ってないところはダイビングの何だかというので人が大勢いてなんか楽しそう。写真には写らないけどここへも歓声みたいなのが聞こえてくる。私はなんかそういうのが苦手。もうあそこはよらなくていいや。

ここからは細い山道のようになる。
ちょっと行けばえこんなとこに?的なカフェ・・
でもでっかく準備中の文字・・
いいの別にここまで来たってだけで。
木々に阻まれて見通せないカーブに馬鹿みたいなスピードと軌跡で突っ込んでくる車を予想しながら走ればそのまんまななのが・・
ああいう奔放適当に生きているのに周りが合わせて助けてくれて・・これでいいんじゃんみたいな人を時々見かける。
無神経な言葉を吐き散らし、相手が折れてくれているのを自分の正しさが受け入れられたと誤認し武勇伝として語る人や
借金があるのに思い付きでどんどん金を使い、誰かが払ってくれると笑っている人・・実際払ってもらって・・
でもみんな、周りから素晴らしい人と認知されちやほやされていたりするのを見た。
わかるよそんなに気にしなけりゃいいんだし、もしかすると自分も誰かに対してそうなのかもしれません。
じゃいいのか・・でもたまに心に刺さるんだよなぁ・・チープなひがみなのかもな。


6424.png
さらに進んで井田。あー晴れてきた。
わずかな平地で田んぼを作っていて、ここだけ周りと全然違う景色となっている。昔はあれが命をつなぐ田んぼだったんでしょうね。
今、あそこに見える何軒かの家はみんな民宿みたいだ。
いってみたいなぁ・・と思うけれど人が苦手とか酒が飲めないコンプレックスがじゃまして。
反対側には
6425.png
明神池。
なんかこう、神様がいるみたいですね。
天橋立みたいなのがは海流が運ぶ砂礫なんかでどんどん伸び、対岸とつながると入江は池となる。
このすぐ下には古墳もある。淡水化したあの池は昔から人も潤してきたんでしょう。
ここもいいところだなぁ‥

この日、頭の中に流れていたのはクラシックじゃなかった。
訳があっておかしくなっていた高校時代、通学の電車は私にとって地獄の釜。普段はいっしょになることもなかった同郷というか同じ中学出身の人間がたまたま同じ電車になって向かの席に座った。
俺に近寄れば周りから変に思われるからよせばいいのに・・何も知らないのか?
でも彼は気にせず向かいの席に座り、イヤホンの片側を私に差し出して自分の好きな音楽を私にも聞かせてくれた。
その歌手は今も現役、よく知らないけれど多分熱狂的ファンみたいなのをたくさん持った人。
ちょっとこばかにしたような歌詞を聴いて私が思わず笑うと彼も笑った・・・そのとき窓から見えていた景色・・・
そんなことをふと思い出し、その歌手の曲がずっと・・
あれから30年近く、驚くべきことにもう孫までいた彼は同窓会を企画する一団のリーダー格だった。
すげーな。それに比べて・・・なんてなんて言わないよ。


そして
6426.png
戸田。
ここにも天橋立的なのが・・こちらは規模もかなり大きく漁港も持っている。
妙に目立つある鮮魚系料理屋は知る人にはぼったくりで有名らしい。
3日くらい前に書いた嫌になってすぐ辞めた会社の上司がもう一人の同行者が止めるのを聞かずに入った挙句まずいだのぼったくりだの文句言ってたのを覚えてる。
はじめは散々の武勇伝を真に受けてすごい人なんだななんて思っていたけれど、そのうちその人の人間性全体に疑問を感じるようになり、この下にいても人生を無駄にすると思ってすぐやめた。


しかし書いてる内容がなんだか文句と愚痴ばっかりだ。
私は今何かに不満を感じているんでしょうね。
ちょっとわかりかけてるそれは考えないように蓋をしている。
こんな風でいるとそれと同じようなことが倍になって自分に返ってくると思う。・・なんて書いてたらほんとに来たんだよ・・
いけませんね。
また、楽しい日もあるでしょう。

6429.png

不条理みたいなものを感じた時にまあいいや誰かが見てるだろう、なんて自分を納得させようとすることがあります。
要するに悪い奴はいつかひどい目にあって今の状況は続かないし、まじめなつもりの自分は報われるはず・・みたいなの。
誰かというのが具体的に周囲の人を指す場合もあるだろうけれど、何だかわからない場合に感じるのが神様じゃないでしょうか?
生きづらい現代なんて言いますが、むかしは明日の太陽が見られるかわかんないような厳しい世界だったわけでどんな言葉や文化にも共通して神という概念があるのもわかるような気がします。

6430.png
こんな空を見てるとなんとなく神様のことを思ったり。
実際、私の都合に合わせて事が動くわけがない。
私が悪いと感じたその人はその後もそれを続け、生き生きと楽しそうに人生を謳歌していたりする。
私が下を向き耳をふさいで生きてるのはそれに気づくのが怖いからかも。
時々、一番見たくなかったそれを思い切り突き付けられることがある。
あれも神様?

6431.png

あまたちょっとだけ彩雲・・
いいことあるかな。
もうこの先、どこへ行くということもない。
ゆっくり空を眺める。
凝り固まっていた心が少しほぐれるような気もする。


https://www.youtube.com/watch?time_continue=315&v=Qx4JvLe9pGM

トゲみたいなものばっかり気にして、自分で勝手に刺さったような気になって・・
そんなもん関係ないんだよ。
自分のこころででよく見てごらん・・
みたいにも聞こえますよねこの音楽。
そんなこと言ってないんだろうけど。

このまま海沿いの道を進めば土肥、その先は走りやすい道路となるけれどもう時間も遅い。
峠を超えて戻ろう。

6432.png


Tag:ベートーベン  Trackback:0 comment:4 

Comment

みすてぃ URL|傘雲と神様
#.xMHh39I Edit  2018.09.06 Thu19:52
明神池が光輝き人の住む陰影の地と、その空に流れゆく
雲の向こうからまるで神様が見ておられるような、いいお写真ですね。

「また、楽しい日もあるでしょう」の言葉の次の空と雲のお写真は、
その甘い色彩からきっと良いことがあるようなと、
なんとはなく期待してしまいます~♪
unagi URL|Re: 傘雲と神様
#- 2018.09.07 Fri07:37
みすてぃさん、こんにちは

同じ場所でも光の当たり方とか空気の感じで全然違うものに見えたりしますね。
でっかい空や海は見ていないようで遠くから私たちを見ているような気もします。
今大変な方も多いと思いますが
みんないいことがありますように。

ありがとうございました。
JOOC URL|
#- 2018.09.07 Fri22:24
はじめまして。いつも拝読してます。また、いつもご訪問ありがとうございます!
多忙故、なかなか毎日はブログを開けませんが・・・ 
-「神の目は全てを見渡し 善と悪を 見分けておられる。(聖書・口語訳)」「悪に報いたいと言ってはならない。神に望みを置け。神があなたを救ってくださる。(旧約聖書より)」←ウザかったら流し読みして下さい。
クラシックの作曲家はクリスチャンが多いので、聖書を引用してみました・・ 毎回unagiさんのログには共感を覚えています。これからもよろしく!です(^-^)

unagi URL|Re: タイトルなし
#- 2018.09.08 Sat20:11
JOOCさん、こんばんは
はじめまして
いつも読んでいただけてとてもうれしいです。
ありがとうございます。

私はクリスチャンではないのですが、神、仏、先祖、魂、よくわかりませんが
何かそういうものの目を意識するというかしたいと思っています。
そうでなければ自分がつぶれてしまいそうな時もあります。

クラシックを聴くので聖書というかキリスト教的ななにかについて意識はしますよ。
うざいとは少しも思いません。
面白いのは作曲家によって神とか進行に対しての考え、感じ方が大きく違っていて
それをこんな遠くにいる関係ない私も感じる気がすることですね。
話、ずれちゃっているかもしれませんが
今後ともよろしくお願いします。

ありがとうございました。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

unagi

Author:unagi
結構さみしいけど結構楽しいよ。
クラシック音楽が好きです。

カウンター
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ