2019/01/03

親子とこけた人

旅行も行けないので以前の正月に北海道へ行った時の写真を見てた。
今はきっと美瑛なんか正月から人であふれていたりするのかもしれないけれど、このときはなぜか全然誰もいなかった。
9802.png
あさ一番に向かったここは親子の樹と呼ばれる木が見える場所。
前の晩に雪が降ったらしく目の前にあった世界は夢のようだった・・魅了されてその後ここへはいろんな季節に何度も行った。
考えてみると何に魅かれたんだろう?
親子というのは他人事みたいな気がしていた。
実際他人事になってしまった。

9803.png
ここはある人たちには有名なV字谷に直接レールが敷かれた場所。
興味ないと何が面白いか全くわからないかもしれませんね。
なにをどう感じるかなんて人によって全然違うんだけどそんなことあまり意識しないでいられる人は幸せ。
そういう違いで悩んだり戸惑ったりする人も幸せ。自分だけの大事なものを持ってるって事でしょう?
ちがうか。

道端の木とか何かの隙間から風がビューっとか吹き抜けてると、シッカロールみたいな雪がそれに乗ってキラキラ光りながら飛んでたりするんですよね。雪スプレーみたいな・・その先に真っ白な吹き溜まり・・
農家の庭先で乳母車じゃなくて歯のついた乳母そりみたいなのを見てワーと思ったり・・
見たことのない世界の中をあっちこっち走り回って
アリスの国に紛れ込んだおっさんみたいでしたよ。

9804.png
たしか3時ごろからもう日が暮れ始めるんですよね。
えー?もうおわり?みたいな。

9806.png
日が暮れると車運転のリスクが一気に高まるんだっけ?
本州でスキーに行ったくらいの経験なんか糞みたいなもんだぞみたいな知識は入れていった。
日没に合わせて親子の樹に向かった写真が残っているから、夕日が当たればすごいことになると思っていたのかも。
でもこの日は不発。
この時は人がいっぱいいてみんな三脚にでっかいカメラ・・私だけちっちゃいコンデジ・・
9807.png
子供の木がまたね・・って手を振ってるみたいだよね。
私には背の低い左が親父に見える。
よく知らないけれど最近美瑛の名のある木が伐採されているんですか?
元々観光用じゃないんだから全く文句はないし、一部はアホな観光客のせいだったりするんでしょう?
またいつか行ける日が来るまで元気でいてくれるだろうか?

この日は旭川の駅前に泊まり、翌朝始発の普通列車で札幌へ行ってみた。
9801.png
新幹線はあの山をぶち抜いてやってくるんでしょう?
どこに駅作るかでもめてなかった?
私は完成したその新幹線に乗ることができるだろうか?

札幌といえば少し前、指揮者のダニエル・ハーディングが滑って転んで骨折したとニュースになっていた。
世界をまたにかける超絶有名指揮者も街をほっつき歩いたりするんだね。
50代だとまだ新進気鋭の若手というイメージの指揮者界にあって10代で世界デビューした彼は神童みたいなイメージだったけれどもうそれも昔か。

なぜか日本のあるオーケストラの看板指揮者みたいな役をやってくれていたおかげで、何度か彼の演奏を聴きに行く機会があった。得にインパクトもなくて忘れちゃった演奏会もあるけれど、刺すような緊張感に包まれたマーラーの2番なんかは忘れられない。
コンサート行ってない。くだらない事に縛られていると人生終わっちゃうよな。
今年はコンサートに行こうと思うところまで行けるかな?


https://www.youtube.com/watch?v=iSnMcofIL9k
ハーディングでは聞いてないけれどマーラーの3番。
多分読んでくださる方の中にマーラーを聴くという人は2%もいないんじゃないかと感じています。
タンバリンが出てきたりして興味ない人には子供の学芸会みたいにしか聞こえないかもしれませんね。でも一方的に自分の好きな話を書かせて下さい。
この曲、季節があるとすれば夏なんですね。でも日本のセミが鳴いてるような夏を描いたとかそんなのじゃないから今聴いても大丈夫。
この曲こそは現場に行って観て感じて包まれて震えて・・そういう音楽だと思う。
体感型巨大エンターテイメントみたいなこの曲は一方で歌劇場指揮者、監督として経験を積んできたマーラーのあふれる才能、アイディア、技術がたくさん試された実験場のような側面も持っていると思う。
スコアをさんざん舐めるように読んでここはああなってるここにこんな仕掛けがある・・言いたいことはこういう事なんだろう・・とやってから行くべき・・他人には大きなお世話でしょうけれど。
もともとこのブログはそういう重箱の隅をつついたような話を書いて喜ぶつもりで始めたんですね。いろんな人に読んでもらうためにはそれだけじゃダメな事にも気づいて・・最近は飯を食ってきた話ばかりになっちゃってるか。

先程これを聴いていた時、とても幸せな気分になったんですね。
私は音楽が好き。
出来損ないだの死ねだの言われて生きてきましたが音楽があってよかった。
このブログは読んでくれる方によっていろんな受け止め方があるらしいことに書いてる私が驚いたりしていますが、
自分としてはブログのテーマは音楽が好きということ。
誰も読まないかもしれなくても、また重箱の隅ネタも書くから。


ハーディング氏は車椅子で指揮をして演奏会を断行したそうだ。
痛いんじゃないのかなぁ・・がんばるなぁ・・
まだ若いし、きっとちゃんと治るし大丈夫なんでしょう。
長く活動を続け素晴らしい仕事をのこして伝説の指揮者にならくちゃいけないんだし。
彼は私より一つ年下のはずだ。
結婚したのかな?子供はいるのかな?
きっと子供も超絶優秀だったりするんだろう。
そんなことすこしも知りたくないけど。
こっちは一年余計に生きているのに、こんなでごめんなさい。

コメント

非公開コメント

こんばんは。

unagiさん、こんばんは。

最初の写真の場所、みんな判で押したように超望遠レンズで引き寄せて撮ってますけど、unagiさんの写真、一面の雪と空と樹のバランスが素晴らしいと思いました。(わかったようなことを言ってごめんなさい。)二枚目は富良野線の最急勾配区間でしょうか?どの写真も素敵ですね!

推定2%未満の読者の一人としてこれからも期待しております。

Re: こんばんは。

ばけぺんさん、こんにちは
ばけぺんさんって不思議なお名前だと思って検索しちゃったことがあるんですが、
きっとカメラもお好きなんですよね?
私は昔仕事でアナログの一眼レフカメラを渡され、適当に撮ったら使い物にならない写真だらけで
閉口しました。
富良野線のあの場所はV字の勾配が面白くて私は知らないのですが
CMなんかに出たことがあるそうです。
>2%
うれしいです。
きっといるところにはいるんだと思うんですが、仲間がいっぱいいる場所に行くんじゃなくて
あえて今いるここで騒ぐみたいなところに萌えたいと思います。
よくわからないけれど、よろしくお願いします。

ありがとうございました。

2%未満のマーラー好きです(笑)。

この曲は夏、同感です。
unagiさんは飲みませんが、夏の夕方にビール飲みながら聴くことに幸せを感じておりまして(笑)。すっかり暗くなるころに、夏の夜っぽい第3楽章が来る、というタイミングでかけるのがよく。
猫が来てからマーラーを大きい音で聴けなくなってしまいましたが…(本気でビビるので)

この曲は現場に行って… ホント、そうですよね。
ちょっと前にインバル-都響のチクルスで3番だけは絶対行きたかったんですが、チケット買えませんでした。
そんなにこの曲が人気とは…。

年齢的にこの先も機会がありそうなのはハーディングやマイケル・ティルソン・トーマスあたりだと思いますが、そのへんはチケット高そうで…。
でも1回は実演聴きたいですね。

ばけぺん

unagiさん、こんばんは。

はい、「ばけぺん」はお察しのとおりペンタックスの大きなカメラです。20年くらい前は毎日のように写真を撮っていました。でも、どちらかというとカメラそのものが好きでした。

今は毎日音楽を聴いていますが、実はオーディオ機器そのものが好きなんではないか、というのと似てます(笑)。

Re: タイトルなし

hobohoboさん、こんばんは
あーいいですね。
私も飲めればビール飲みながら聞いてみたいです。
インバルやってましたね。私は途中で気づいたので3曲しか聴けませんでした。
3番は名前忘れちゃったけどロシアの重鎮みたいな人の指揮で都響が大爆発してるのを体感して泣きました。

この曲は当たれば一生忘れないものを残してくれますよね。
コンサートいいですよね。

ありがとうございました。

Re: ばけぺん

ばけぺんさん、やっぱりそうなんですね。
長岡鉄男氏が自分はカメラのコレクターだけど写真を撮ることはしない。
と言っていたのを思い出しました。
手段が目的化することを趣味というと・・
オーディオ自体が好きってまさにオーディオ趣味の王道ですね。

ありがとうございました。

2パーセント未満の一人です。
何時からか読者の一人になりました。
1945年の終戦後間もなくからクラシックを聴くようになりました。マーラーが演奏されるようになったのは、中年を過ぎてからで、聴く機会が少ないのですが、実演が良いというのは実感します。
最近は年をとったので(88歳)演奏会に出かけるのが少なくなりました。LP,CD,ブルーレイディスク、ハイレゾ(flacだけ)、SACD(少し)を聴いています。
気候が良ければ、蝶の写真を撮りに出かけます。
いろいろな考え方、受け取り方があると高齢になった今、今更ながら考えます。

明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします。
マーラーは交響曲1番と5番のCDを持っていますが、棚に眠っています。

Re: タイトルなし

オーディオとクラシックさん、こんばんは
はじめまして
読んでいただけていたなんて嬉しいです。
ありがとうございます。
クラシック音楽をちゃんと聴きたいと思ったらオーディオへの投資というか注力は必須ですよね。
日本のクラシック音楽界にブルックナーが来てマーラーが来たのは結構遅い時期らしいというのは
本で読んでなんとなく知っているつもりでしたが、
実際その過程を体験されてるんですね。
1945年というと13歳か14歳の頃でしょうか・・みんな同じなんですね。
私がクラシックを聴き始めたのも13歳の頃でバブルの手前、マーラーブームとか言ってる頃だったかもしれません。

聴き手としては自分の世界の実が見えていますからなかなか意識しないんですが、
人によってさまざまな考えや感じ方があるという事は
芸術や人間にとってとても重要な事なのかもしれないと思う事があります。
ありますが、なんだか難しいですね。
音楽って素晴らしいですね。

どうもありがとうございました。

Re: タイトルなし

エースの城さん、こんばんは
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
マーラーの1番と5番は超人気曲なんですが5番は最初に聴くにはちょっととっつきにくいかなと思います。
なんであれ相性とか好みとかありますもんね。
好きな曲を聴きまくって楽しくいきたいですね。

ありがとうございました。