ナショナル台所セットと冬と春

古い街の裏路地みたいなところにある洋食屋に飯を食いに行ったら閉まってた。当たり前か時間過ぎてんだから。
仕方がないので最近できたチェーン店で飯を食べ・・・ああそうだあそこいってみよう。
2869.png
いいでしょう?ここ。
写真に写らないけれど底からは滾々と水が湧き出て砂を躍らせている。
底まで澱んでかびちゃってる心も洗ってくれるかも・・冷たいか。
2870.png
写真だけ見るとどっか田舎の山の上とかそんな感じに見えなくもないけれど、
実際には周囲を住宅地に囲まれ、あんまり周りを見ちゃうと・・みたいなところ。
もっと言えば生活排水そのものみたいなのが音を立てて脇から流れ込んでいるのが見えたり・・
見るからきたねーと思うんであって、みなきゃいいのか。
でもそうやって生きてきたらこんなになっちゃったけど。
2871.png
つくしが出てた。
草の中を小さな鳥がガサガサ歩き回ってなんか食ってる。
うまいのそれ?
2872.png
春って一言でいうけれど色々ですよね。


https://www.youtube.com/watch?time_continue=312&v=AculPJcCOcI
冬の終わりと新しい予感みたいな。

2873.png
いいねーつくし。
つくしも出てくるとみんな喜んで可愛がってくれるのに、同じ根でつながったスギナは目の敵ですよね。
2874.png
ピント全然あってないけど。

昔一瞬上司になった人はよく
「ピントのずれたような話してんなぁ」
と言って私に苛立ちを見せた。
あなたもずれてますよね?なんて言えるわけもなく、言ったとしたら間違いだ。
その前にいた会社と違っていきなり暴力沙汰というのはなかったけれど考え方や人間性についてこの人とは驚くほど縁がないと感じ、また自分で応募しておいて無責任なのではあるけれどここで自分が何かを発揮できる可能性も見えなかったため短期間で辞めてしまった。
その人が残したもう一つの印象的な言葉に
人を嫌いにならないほうがいい
というのがあった。
非常に単純な言葉のようでもうそれに尽きるというような大事な事であるのはわかった。
それを聞いた時点でその人への感情は懐疑的を通り越して嫌悪感でみたされていたし、その後も私は出会った何人かの方を自分で遠ざけることを繰り返してきてしまったけれど。
でもそれだけに、その言葉の意味や重要性がわかる気がする。
分ることとできることはまた別だから。

その後すぐに職を探そうとすると早く決めなければという意識だけが先行してしまいまた失敗すると思ったので、しばらく派遣社員のライン工をやりながら頭を冷やすことにした。
数か月くらいだったか毎日ほんとに無心でねじ締めかなんかを繰り返しているうちに、頭の中が勝手に整理されて当初わからなかった自分の適性や今後についての考えが自然に見えてきた。
今思うとあれは一種の座禅みたいな物だったのではないかと思う。
そして見つけた道筋は今も続いて勤続20年目。


2875.png
前に来たときは行かなかった上流の方へも行ってみよう。
今はもう大丈夫だろうけど、一時期こういうものの価値を忘れどんどん埋めて宅地化したりしてましたよね。
うちの近所にもこんなのがあったらしい。農協やスーパーがあったあの辺り・・今は駐車場だ。
2876.png
ここを残してくれた人に感謝。
その先は込み入った古い住宅地となっている。
古い家が売り払われ新しい家がどんどん建てられて・・
2877.png
その先昔の国道1号線に出る。旧道の旧道みたいな。
さらに昔は東海道だったはず。
道幅がやけに広いのは、かつてここを走っていた路面電車の交換設備があったからじゃないだろうか。
ここを電車が走っていたことを知っているの人はもうあんまりいないだろう。
そういう自分だって見たことない。
見てみたかった。

細い路地に入るけれど、古い古いお店の残骸みたいなのが続くのはこの道の何かを教えてくれている気もする。
2878.png
ナショナル台所セット。
いまならパナソニックシステムキッチンとかですか?
あちがうか、ポットに炊飯器に冷蔵庫・・とかそういうの?
ナショナル台所セットを入れてはりきってた人はいま何歳くらいなんだろう?

2879.png
ほんのわずかな時間で大きく日が傾くのね。
まだまだ冬の景色じゃない?
夏に来たときはこのベンチで本を読んでるステテコなおじいさんがいた。
今日は散歩のおじいさんが少し腰を下ろしていく。
2880.png
水って不思議な力を持ってるよね。
この先の公園のベンチには90歳近いんじゃないかという夫婦が肩を寄せて座ってた。
いいね。
あそこまでたどり着ける人がどれだけいるのか。
私もああなれるもんならなりたい。

2881.png
写ってるかな?湧水が砂を舞い上げるのをボーっと見ていた。
どんどん時間が過ぎ、買い物をして家へ帰るともう夜だった。

Tag:音楽を聴く話  Trackback:0 comment:4 

Comment

hobohobo URL|
#- 2019.03.13 Wed11:29
三島のあたりは富士山の伏流水で水が豊富と聞いたことがありますが、地域的にそんな感じの湧水なんでしょうか。
ほんと、いいとこですね。うらやましい。

昔の開発は乱暴でしたが、いまもうちの周辺(北多摩)ではすごい勢いで畑や雑木林がなくなっていってます。
根本的には変わってないのかも…
unagi URL|Re: タイトルなし
#- 2019.03.13 Wed21:22
hobohoboさん、こんばんは
そうですねこれ、藤野裕数位というやつだと思います。
三島は上流の工場がみんな井戸でんでしまうため干上がってしまってるんですよね。
一見流れているように見えるきれいな水は工場から配管でもってきたお裾分けみたいな水らしかったり・・
でもここはリアル湧水が生きています。
テレビとかでやらないでそっとしといてほしいと思います。
宅地の開発、止まらないですか・・安易に自然保護、開発反対・・とか言う気はないんですが、
こういうところに行くと失われたものは戻らないんだよなと思います。
難しいですね。

ありがとうございました。
ばけぺん URL|こんにちは。
#- 2019.03.14 Thu15:50
unagiさん、こんにちは。

「ナショナル台所セット」、写真に小さく「電化」と入っているようにも読めるのですが、70年代のシステムキッチンでしょうか?もし、そうなら若夫婦が奮発して買ったとすると定年になって10年くらいかなぁ。しかし、その時代、システムキッチンを買える若夫婦はあんまりいなかったかもですね。でも、その時、買えなくても、いつか買ってやるぞ!的な夢を与えてくれた感じがします。今、そういう近い将来に夢を与えてくれるものって何でしょうね?
unagi URL|Re: こんにちは。
#- 2019.03.15 Fri10:34
ばけぺんさん、こんにちは
家電とか明るい台所が未来や夢を感じさせてくれた時代があったんですよね。
扇風機をひな人形をしまうかのごとく清掃して大事に梱包して押し入れへ・・みたいな。


>今、そういう近い将来に夢を与えてくれるものって何でしょうね?
オーディオですね!
血痛いと悪露ですがなかなか厳しいでしょうか。
夢があのスマホの画面の中に追いやられちゃったらいけないような気もしますね。
でもそれぞれの世代が感じる夢がそれぞれあってもいいんでしょうか。

ありがとうございました。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

unagi

Author:unagi
クラシック音楽が好きです。

カウンター
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ