間違えたかと思ったけどスペインだった

ちょっと遠出した先で行こうと思った店に嫁さんは行きたくないらしいことが判明。
なんだとかいって他を探すとスペイン料理の店があったので行ってみる。
カーナビがここだというそこは古いラブホテルみたいでうろたえる。
また場所がいかにもそういうのがありそうなところで・・
あれ?これちがう?つぶれたホテルを改装してレストランにしたのかな?・・とか訳の分からないことを考えながら入っていくと
7737.jpg
こんな入り口がありフラメンコギターみたいな音楽が流れてる。
ああお店か。
普通じゃない何かを狙った意匠を持った建物なのはわかるけれど外壁のくたびれた印象が結構強烈だ。
嫁さんが、
ここ高いんじゃないの?
「ランチ」みたいな表示はどこにも見当たらず確かにそれなりの覚悟がいりそうだ。
だけど身ぐるみはがされるとかそういうんじゃないだろうたまにはいいか・・
入るとすぐに人が出てきて席に案内してくれた。
昨日一昨日じゃないですよ的な空間。
7739.jpg
海の見える席。
ああいいじゃない。
7738.jpg
店員さんは丁寧だけどちょっと怖いなんて言ったらいけないか。
ランチメニューが出てきた・・・けど私の想定の倍額。
まあいいよ、ちゃんとしたパエリアを一度食ってみたかったんだよ。
店員さん、質問への答えがまたぶっきらぼうすぎてやっぱり怖い。
7740.jpg
マッシュルームのスープと前菜・・説明してくれたけれど覚えられなかった。
スペインネギにイベリコ豚にニンジンにムール貝・・ムール貝おいしかった。
7741.jpg
次に出てきたこのエビのアヒージョだっけ?はすごく美味しかったよ。
なんというかえびせんが高尚化したような超絶エビの香りソース。
パンにつけながら・・
この辺で結構嬉しくなってきた。
高いけど良かったじゃんか来てみて・・
7742.jpg
振り向くと後ろに一組いたお客さんはいなくなってた。
なんか長髪で芸人みたいなおっさんとなんか忘れちゃたけど目立つような女性がいたと思う。

パエリアは炊き上がるのに時間がかかるから、いろんな料理を取って飲みながら楽しくしゃべって・・なんだそうだ。
飲めないからこんなランチがちょうどいいな。
そしてついにお楽しみのパエリアが登場。
7743.jpg
お店の人が鍋に匙を入れてふちの方をはがしてくれる。
これもその存在を知ってから30年近く、初めて食ったよパエリア。
全然予想していなかったけどこれもあれですね、おこげを楽しむ的料理なんですね。
そして出汁がしみ込んでうまい。
レモンを絞るとまたうまい。
7744.jpg
台風が近づいていて天気は下り坂。
もう外はこんな感じに。
BGMはずっとスペインのフラメンコギターとおっさんが熱唱するビールの宣伝のあれみたいな音楽が流れてた。

スペインの音楽もかなり強烈な個性を持っていますよね。
ラヴェルやドビュッシー、リムスキーコルサコフ、ラロなど、スペインな音楽を書いた作曲家は多い。
ファリャ、アルベニス・・スペインの作曲家がいかにもスペインなのは当たり前か・・
そういうのをちょっと聞いてみたけどなんか今はしっくりこなかった。
変態的根暗にあの情熱的な音楽はマッチングしないのか・・
そして、CDを買ったけれどほとんど聴いていなかったスペインの作曲家
フェデリコ・モンポウという人がいる。
聴いてみると

https://www.youtube.com/watch?v=cteXBm9ywJU
あの唐辛子とニンニクとトマトに火が入ったような情熱的な音楽とは全然違うことに驚いた。
調べると、あまりに内向的過ぎてピアニストになれず作曲家に・・
スペイン人がみんな情熱的なわけじゃないのね。
当たり前か。
昔新潟出身の人と話していたら
雪国の人間がみんなスキーがうまいというのは大きなまちがいです
とか言いだしたことがあった。
若干切れ気味なニュアンスからいろいろあったんだろうなと思った。
私はいろいろコンプレックスだらけだから過剰なのかもしれないけれど、
普通こうでしょ?は時に卑劣な暴力となることがあると思う。
思うけれど、それが世の中であるんだろうし仕方がないとも思う。
今目の前にある状況に対してどううまくやるれかということしかないと思う。
うまくやれてもないけれど。
この人の自演、何度か聞いてると熱いものが流れてるような気がしてきた・・
7745.jpg
名前忘れちゃったこのデザートは
今まで食ったことのないような味がしておいしかった。
7746.jpg
最初にできたのは冷たいおしぼりに代わってデザートと一緒に暖かいおしぼり。
嫁さんと二人でそんなのに感嘆する。
アイスティーもおいしかった。
帰り際、間違えたのかと思った入り口をよく見てみると
7747.jpg
マンションなのか・・
ベランダの開口部が不均等なのはガウディみたいなのを狙ってるんでしょう?
きっとできたころはかなり前衛的な感じだったんだろう。
また、何か特別な日には来てみようかな。

Tag:音楽を聴く話  Trackback:0 comment:4 

Comment

さとちん URL
#- 2019.09.30 Mon19:06
私がバルセロナで食べたパエリアよりずっと美味しそう!
イベリコ豚のハムってめちゃくちゃ美味しいですよね〜。
良いお店見つけましたね♪
スペインの有名な音楽っていうと「アランフェス協奏曲」とか
「アルハンブラの思い出」くらいしか浮かびません。
モンポウ?知りませんでした。ちょっと切ない感じがする素敵な曲ですね。
あ、そうそう、私は南の島で生まれましたが、泳げないんですよ〜〜(汗)
unagi URL|Re: タイトルなし
#- 2019.09.30 Mon23:04
さとちんさん、こんばんは
イカ墨のとエビの・・しょっぱかったんでしたっけ。
本物のスペインのほんとのパエリア、
うらやましいです。
遠い国の知らない街を歩き回って、何時しか自分も溶け込んで・・
うらやましいです。
いけませんが、それっぽいお店でおいしいものを食べている間は
どっか行っちゃってる気分になれますね。
モンポウは名前だけなんとなく知っていてCDも買ったあったのですがほとんど聞いたことがありませんでした。
変わったものを食べると変わった音楽も聴くようになったりいいですね。

南の島、いいですね。みんな同じだったらつまらないし、みんなと違う分なにかを持った人がいるから
この人間世界は面白いんですよねきっと。

ありがとうございました。
レインボー URL|スペイン人がみんな情熱的なわけじゃない
#- 2019.10.01 Tue08:05
>スペイン人がみんな情熱的なわけじゃないのね。

〇スペイン旅行を思い出してしまいました。
 ご指摘は当たっていると思います。情熱的というのは一部の人達のこと、美人は少なく、田舎だったイメージが残っています(笑)。
 草々
 
unagi URL|Re: スペイン人がみんな情熱的なわけじゃない
#- 2019.10.01 Tue20:59
レインボーさん、こんにちは
スペインいかれたんですね。
うらやましいです。
街中フラメンコを踊ってトマトを投げながら闘牛をみてるようなイメージがありますが違うんですね。
言って実際にその空気を吸っていたいなと思います。

ありがとうございました。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

unagi

Author:unagi
結構さみしいけど結構楽しいよ。
クラシック音楽が好きです。

カウンター
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ