失敗して思い出して冬の旅

犬とお散歩。
8107.jpg
後ろのあの農業倉庫、私には笑っているように見える。
最近は歳のせいか仏頂面で歩いていることも多い犬だけどふと振り返ったら満面の笑顔で走ってた・・のに私の視線に気づきサッと仏頂面に戻る・・なんだそりゃ?
このとき昼には喜多方ラーメンが食いたいなーとか思ってた。
喜多方へはいけないけれど喜多方に本店があるチェーン店が近くにあるから・・
8110.jpg
これはもう結構前、喜多方にあるその本店で。
おいし・・あでも近所のあの店と同じコンセプトで・・考えてみれば当たり前か。
家の近所で本場と同じ味が楽しめてることはわかったけど、こんな遠くまで来ていつもの味かと思うと微妙な気持ちになった思い出。

結局、嫁さんの大反対にあいラーメン屋には行けなかった。
代わりにすぐ近くに最近できた店へ行ってみるとまれにみる大失敗感に打ちひしがれたりもしたけどいいかそんなの。
会津と言えば、
8138.jpg
会津若松から只見線というそれ自体が秘境みたいなローカル線に乗ってみたことがあった。
全線乗り通そうと思うと列車は一日2本だか3本しかなく、景色見たさに日が暮れてしまう前の列車をと思えば会津若松で前泊し朝5時半ごろの始発に乗る以外になかった。
8112.jpg
会津盆地をしばらくまっすぐ走りいよいよ山へぶつかるあたりでちょうど日がでて明るくなり、谷に沿って山へ分け入るとむかし話みたいな景色が見え始める。
8113.jpg
長距離を走る列車は遅れなんかを取り戻すバッファみたいな意味でか、主要駅で長時間停車することがある。
記憶では寒くて寂しい印象もあるけれど今こうして写真を見ると、綺麗なところですね。
一本のレールに何本もの列車が乗る鉄道にとって、追突や正面衝突を防ぐ手段は絶対的必要不可欠な問題なのだけど、
8114.jpg
このタブレットというものを使う昔からの仕組みがこの時点でかなり珍しく、見てみたかった。
今はもうどこにも見られないんじゃないかな?
運転手さんも外へ出て体を伸ばしてとかかな。
8137.jpg
本当は途中のどこかで、小さな宿に泊まりつつとかがいいんだろうけどなぁ。
8115.jpg
なにかと思ったら消火栓。
雪の積もり具合に合わせて何段階もの取水口があったと思う。
きっと、雪にないところで生まれ育った私には想像もできない苦労がいろいろ沢山あるんだと思う。
8116.jpg
静かですね。
地元の人の他、ただ乗り通すこと自体が目的な人もいたけれどキッパーな時期にありがちな目障り耳障りな変な人はいない静かな車内だった。
いまはたしか災害で長期に不通になっているんだったと思う。
逆にそんな場所だから鉄道が残ったともいえる?
8117.jpg
ゆっくり進む。
旅って感じ。

https://www.youtube.com/watch?v=aWs6ZrJd3LU
これはラヴェルの作品でフォーレの名による子守歌。
フォーレがなくなった際、音楽雑誌が追悼企画として複数の作曲家に呼びかけたのに応じてという話で
8135.jpg
ガブリエルフォーレの綴りが音名化というか旋律化されてるという・・
8136.jpg
BAHCとかDSCHなら聴いてそれとわかるけどこんなの聞いただけじゃ何だかわかんないですよね。
でも面白いね。
小さいけれどいい曲ですねこれも。
8118.jpg
長大な峠のトンネルを超えると青空がみえた。
冬季通行止めなのか雪に埋もれた国道の鉄橋なんかの他にはほんとに何もない景色が印象的。
ふだん雪の降ることがないところに住んでいるから、
8119.jpg
こんな景色を見ると心中大騒ぎ。
一人ジョイント音に耳を傾ける汽車旅って音楽みたいですね。
平野に降りると終わりの予感に寂しいような気持になった。
5時間乗ったと言ってもあさの5時台からだから終着駅でまだ10時台。
でもどこへ行きたいとも思えず何をする気にもなれずそのまま家へ帰ってしまった。
私の頭はそれを虚しかったから・・と記憶しているんだけれど、
満足したから・・でいいじゃないね。
何でも極端に悪く受け止め記憶してしまうこの頭。
何故こんなふうになっちゃったかはいいとして、
死ぬまでに少しでも開放したいと思う。
大丈夫、できると思う。
少し前くらいなつもりのこの旅も、調べるとちょうど10年前の今頃だった。

Tag:ラヴェル  Trackback:0 comment:8 

Comment

イングリシュガーデン URL|今晩は
#- 2019.12.13 Fri22:24
只見線に乗られたのですね。しかも冬の只見線。
只見線は只見川に沿って走ってますが、四季折々にいい所です。
自分は車でしか通っていませんが。
今は途中の橋が落ちて復旧してないので全線通しての運転はしてません。
会津の冬は雪で覆われてしまいます。雪解けは5月です。
自分のような中通りの人間は冬はあまり会津に行きたいと思わないようです。
太陽のある浜通りや関東に行きます。静岡なんて最高ですね。
おそらく太陽のある地方の方々は雪を見たいのかな。
雪が降ると本当に静かです。音がありません。
静かな世界、ホントにいいですね。
ぢょん でんばあ URL|幻の只見
#- 2019.12.14 Sat09:36
こんにちは~。

会津、只見線ときて、ドキドキしました。幻の街なんですよね、只見。

古本を送ると、お金で買取するんじゃなくて、ポイントみたいのが貯まるシステムがありまして、それが只見の古書店。

特産の木工品やなんかと換えられるんですが、いっぱい貯めると森の持ち主になれたんですよ。本が木になるなんて、なんだかステキに思えました。

私は車に乗らないし、山林主になっても自分の地所を見回りにもいけないんで、あきらめましたけど、今でも時々思い出します。

行ってみたかったなあ只見。
さえき奎(けい) URL|こんにちは
#zjDuAsyg Edit  2019.12.14 Sat14:50
私も会津地方には何かとご縁があって毎年のように出かけています。
会津若松市もですが、南会津町の方へよく訪れます。
ラーメンも大好き人間なので会津若松周辺は最高ですね。喜多方まで
行く必要もないくらいです。「めでたいや」とか「古川農園」とか。
昔は尾瀬(燧裏方面)によく通っていたので、檜枝岐村にもよく行って
ましたね。私は道産子ですが、福島県というか会津地方は第二の故郷の
ように思っています。
ところで、奥さん、ラーメンお嫌いなんでしょうか(笑)?
応援ぽちです。
unagi URL|Re: 今晩は
#- 2019.12.14 Sat21:59
イングリシュガーデンさん、こんばんは
只見線、橋が落ちているんですね。
でも廃線という話は聞こえないのでちょっと嬉しいです。
私が言ったのは冬ですがきっといろんな季節がそれぞれ素晴らしいんでしょうね。
この時だったか、泊まったホテルで天気予報を見ていると
T図の上に会津、中通り、浜通りと地域名が憑依されているのを見て
ああそんな呼び名なのかと思ったのを
コメントを読ませていただいて思い出しました。
やっぱり見たことや感じたことのない世界にみんな魅かれるんでしょうね。
福島はいいところですね。
また行ってみたいです。

ありがとうございました。
unagi URL|Re: 幻の只見
#- 2019.12.14 Sat22:00
ぢょん でんばあさん、こんにちは
本が森なるなんて素敵な話ですね。
ドキドキするような幻の街・・というのも素敵なお話ですよ。

古本屋さんがあるのかぁ・・
私も車窓に眺め通り過ぎちゃっただけなのでいつか行ってみたいです。
物理的には無理なくいける距離なのに、多分しばらくいけないし行くこともないと思います。
そう思うと余計に生きたいですね。

ありがとうございました。
unagi URL|Re: こんにちは
#- 2019.12.14 Sat23:22
奎さん、こんにちは
会津よく行かれるんですね。
私は何度か行きましたが足早に通り過ぎる感じがおかったので
いつかゆっくり行ってゆっくり滞在してみたいです。
きっととてもいいところなんですよね。
嫁さんはラーメン嫌いじゃないんですが、どうもたまたまそのお店で食べらラーメンが脂っこかったらしくて・・

私は北海道にハマって何度も行きました。
今でも行きたいですが一度行くと病気のように止まらなくなると思います。
いつか放浪したいなと思っています。

ありがとうございました。
ほおずき URL|何気ない事だけど
#MG8zS2x6 Edit  2019.12.15 Sun05:37
そうですね 一番上の画像 建物が笑っている等に見えます
私もこういう画像が 好きです(笑)

ラーメンの思い出もいいですね 
何気ない事でも? いつまでも鮮明です (* ̄▽ ̄)フフフッ♪
unagi URL|Re: 何気ない事だけど
#- 2019.12.15 Sun19:14
ほおずきさん、こんにちは
ああ建物、うれしいです。
そうですね。
豪華とか特別とかじゃなくて
日常に転がっている何でもないもので
いいなと思えるようになったら
この世は最高ですね。
そんな人になりたいなぁと思います。
ありがとうございました。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

unagi

Author:unagi
結構さみしいけど結構楽しいよ。
クラシック音楽が好きです。

カウンター
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ


PVアクセスランキング にほんブログ村