雨とお地蔵様のおかげだった

これを書いている今は連休最終日で外は雨。
いい加減体がなまってきたので昨日自転車で体に負荷をかけてみたところ体だけじゃなく淀んだような心が少し楽になった気がした。
朝方さわやかな感じだったので朝食後また自転車で・・と思うと雨。
行きたいと思うと塞ぐように雨。
8894.jpg
5月だとまだ雪が溶け残ってるのね。
10年くらい前に私を北海道にやたらに通わせたのは何度行っても狙ったように降ってくる雨だったかも。
最初に行ったときもう空港へ行かなくちゃという頃にその雨がやみ、日の差しその光景をみてここは天国か!と思った。
その天国をもう一度見たいという思いで・・こんどこそ・・雨・・
雨だとうちの近所の畑かなんかと変わんないんだよねほんとに。
いきなり大満足しちゃったらそれっきりいかなかったかもしれず、雨のおかげと言えばおかげ。
いろんなとこ行ってみるとどうも自分は稚内方面に魅かれることが分かったのだけれど、一往復のみで割引もあまり期待できない稚内より旭川に降りることが多かった。
北海道って実際東北地方とか四国+中国地方みたいな広さがあるのに、地図帳は北海道だけ他のページと縮尺を変えて見開き1ページに入れようとするので距離感が全然間違ってたりするのね。
ちょっと走ればなつもりが実際クタクタになったり・・でも今度はそこに慣れてきてあと100kmなんて表示を見るとああもう着いたななんて思ったり。
基本的にどこもどこまで行っても広く走りやすい道がまっすぐに伸びているんだけど、
8895.jpg
天塩川と一緒に谷底を惰行するこのあたりは道幅も狭くカーブも多いうえダンプとやたらとすれ違ったりちょうど距離的にも疲れや飽きが来ていてるあたり。
厳しさに絶えてきたなかやっとかかった橋が落ちたことに絶望、村ごと離農みたいな話があったのもこのあたりじゃないか。
今山をくりぬく高速を作っているはずでいつかそれも解消されるんだろう。
あれから10年、この先いつか行けるとして歳を食っても同じように長距離を楽しく運転できるだろうか?
8880.jpg
あの看板みたいなのが示すのは北緯45を通過とか言うところだろう、この道はちょっと裏道っぽいかも。
ここから北側が私が勝手に好きだとか思っている地帯。
もう日が暮れたのか、明日は晴れることを期待しながら。
8881.jpg
温泉施設の食堂で晩めし。
内容は忘れたけどおっさんになんか小言を言われ、でもおっさん自体はいい人だと思ったような記憶が。
ここのジンギスカンは肉に少しだけ臭みがあって、逆に臭みのないジンギスカンのありがたみを知った。

旅行記によく出てくる旅人宿みたいなのには近寄らなかった。
南稚内の駅前だったかホテルで目覚めカーテンを開ければ
8882.jpg
雨。
地デジの天気予報を何度も何度も見て晴れのマークをさがす・・
何がいけないのかだいたいなんでも、強く願うと逆へ進む。
まただめか・・
絵にならない色んな所の写真をたくさん撮ってるけれど自分で見ていて自分の無念さが無念さが伝わってくる。
8883.jpg
ここはもうかなり離れたところ、ちょっとだけ見えた明るい空を目指してずっと走ってきたけど・・
エサヌカ線は一般観光客は来ない代わりにツーリングな人が来るところだったと思う。
いまはどうかな?
晴れると天空へつながる道みたいなんだけど。
8893.jpg
このあたりの牧草地は個人でなく企業みたいなのがやってるんじゃないだろうか。設備も大掛かりで・・
都会で人間関係につかれた方はここで酪農をやってみませんか?みたいなのをネット上で時々見かけた気がする。
わかんないけどそこ行けばもっときつく濃い人間関係に直面するんじゃないのかなと思ったりしてるけど・・
あれは何を撒いているのか、察しはつくけど書かない。
オホーツク海に面したここから峠を越え
8884.jpg
日本海に面したここは一般人の立ち入ることのない場所。
じゃお前は何人なんだという話だけどその手の人には有名ですよね?入っちゃったけど入ってよかったのかなそもそも。
ここも晴れるとすごいんだけど
でも今見るとこれはこれでいいね。
最果てへ・・て感じで。
8885.jpg
奥のコンロでホッケを焼き、うに丼を食ってた。
ちょうど漁が解禁になったばっかりだから!
うちのはミョウバンを入れてないからな!がはははは
みたいなお店。
ここはなにより価格も良心的だから行こうと思ったような気がする。
いろんな人の旅行記でみかけた店の値段を見て馬鹿にするのもいい加減にしろと憤慨した。
ウニ好きな人は好きですよね。
8892.jpg
アザラシも雨に濡れて。
以前稚内に行ったと書いたらアザラシを見ましたか?とコメントをくださった方がいてお返事をしそびれたままになっていた気がします。もう見てないかな。
なんか鳴き声すごいよね。
8886.jpg
利尻見えず。
左の白い小さな祠の中にはお地蔵様がいる。
願い事をかなえてくれるというお地蔵さまに、またここに来れますようにといつもお願いをしていた。
ここへは何度も来たけれど最後に行ったときだけ、そのお願いをしなかった。
8887.jpg
どこまで走ったって、雨だから。
別な曲を貼るつもりで書き始めたけど、雨の中書いてる途中でこれを聴きたくなり聴いたから。

https://www.youtube.com/watch?v=jSVlTWvmgQY
こういう大事な音楽は関係ない音の一切しない静けさの中で聴かなくちゃいけないんだけれど今の時期、
一番大事なところでクゥワっクゥワっクゥワっって蛙が大音響で鳴くのね。
ラテン語も聖書も宗教観も何にもわかんなくても、音楽が私を生かしてくれる。

もう帰る次の日。
一瞬晴れてく・・
8889.jpg
あの頭にモコモコ貼りつく雲取れてくれないの?
あれないほうがいいけど
みたいのこんなじゃないんだけど
8890.jpg
もしかするともう一生来れないかもしれないんだし、
お願いだから美しい姿を見せてください・・
そんなことを思いながら
8891.jpg
何時間もずーっと待ってたけど
ずっとあのモクモク出続けてた。
富士山も時々やってるよねあれ。
青空の下に輝く、雪の美しい利尻富士
一度見てみたいと思いつつまだ見たことがない。
雪のない利尻とか雪があるけど雲って消えそうな利尻とか色々見たけれどあれじゃなくて。
しかしそのことは、私がここへまた行きたいと思う理由になっているし
それまでは死にたくないので生きる理由でもある。

こんなこと書くと自己陶酔的馬鹿に見えるでしょう。
いいのよそれで。

Tag:フォーレ  Trackback:0 comment:2 

Comment

yokoblueplanet URL|素敵なウニ丼!
#- 2020.05.07 Thu14:16
こんにちは!
ウニ丼、美しいですね!
北海道は大好きです。。。今年は/この冬は出かけられなかったけれど、北海道で見たスカシユリの球根が園芸店で売られていたので日本の庭に植えたのが6−7年前。以来、数も増えてしっかり毎年咲いてくれてます。(妹によると)
開花時期は日本にいないのでまだ花を見た事がないのですが、今年はコロナウィルスのパンデミックのお陰で見られそうです。
ほんの少しだけ、庭に北海道を「移植」しました。( ^∀^)
利尻、礼文は植物も特徴的なので、観察に出かけたい場所です。
旅先で見残したもの、体験できなかったことなどは、また来なさい、と言う誘いだと思ってます。ガイドブックで全部調べて行けば、と言う人もいるのですが、そうすると感動が薄れて発見の楽しみが無くなるので、行き当たりばったり的旅の方が楽しいと思ってます。
ぜひ利尻富士を見に行きましょう!
unagi URL|Re: 素敵なウニ丼!
#- 2020.05.08 Fri12:31
yokoblueplanetさん、こんにちは
ああ北海道がお好きなんですね。
利尻島や礼文島に渡ったことはないのですが対岸のサロベツ原野とか
植物に疎い私でも地元では見られないとわかる草花に心を惹かれました。
写真じゃわからないけど、実際行くとほのかになんか香っているんですよね。
行きたいところ見たいものやりたいことが乗ってっているということはそこへの原動力になりますよね。
みんな満足しちゃったら・・次を探せる人もいるでしょうけど、
私は埋まらないところを埋めるべくこの先へつないでいきたいと思います。
コメント嬉しいです。
どうもありがとうございました。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

unagi

Author:unagi
結構さみしいけど結構楽しいよ。
クラシック音楽が好きです。

カウンター
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ


PVアクセスランキング にほんブログ村