きつねと笛

8950.jpg
サーモン丼を食ったあたりだけど別な日。
人はあまりいない。
なんかいいでしょう。
キツネが化けて出てきてどこかへ連れて行かれそうな。
呪われるとか食われちまうのは嫌だけど、楽しい感じだったらついて行ってみたいかなぁ。
宴なのだが笛の吹き手が足りないのだお前も吹けとかいわれて・・
そこでうまく吹けちゃったりすると気に入られちゃって一生返ってこれないの。
俺はきっとお前はへたくそ過ぎるとか言って追い出されるから無事帰ってこれるんだよ。
8951.jpg
このあたりに狐がいたかは知らないけれど、地元の地誌をまとめた本を読んでいると昭和の初めくらいまではこのあたりでもキツネにつかれたという話がいくつもあったりしていたようだ。
大正時代のある地区で、おかしくなった人間が出たので皆で問いただすとキツネがついており自分は隣町のきつねで帰りたいから列車にのるため駅まで送ってくれといったという。
途中急に踊りだしたりとかもしたけれど駅まではたどり着いた。
ホームにとまる列車の前までを歩いていると急に転び、
起き上がると正気に戻っていた・・
悪いものに取りつかれ系の話だけど、どこか憎めない感じがある所がちょっと好きだ。
そんなに素直に帰っちゃうってそもそも何しに来たんだろう?
列車に乗るとはハイカラだけど今だとオンラインで取りついちゃう感じだろうか。
8952.jpg
キツネはないけど犬と山道を散歩していたらタヌキが前を歩いていたことはある。
逃げるでもなく化かすでもなく、ずっと一定の距離を保ちつつこちらに合わせて歩いてくれた。
別れ際にはすぐそばまできて目を合わせ挨拶をしてくれたあのタヌキにもう一度会いたいなぁ。

https://www.youtube.com/watch?v=yntnKovoBwY
プーランクのノクターンで、なんとかの鐘という副題があるらしいけど。
きつねの音楽ってどんなのかなぁ?
聞いたら最後、虜になてしまい二度と人間界には戻れなかった・・とか。

8953.jpg
来月から楽器のレッスンが再開されることとなり日程もきまった。
レッスンがあってもなくても毎日欠かさず練習をしてるはいいけどまたしても私らしくちょっと変なことを意識したら口の形が壊れてしまいかなり前の全然ダメパターンに戻ってしまった。
一度壊れると昨日までできていたところへ戻ろうにも戻れない。
3日間くらい続いて今日、やりながら楽器だけじゃなく自分の全部がダメだとかなんとか言うところまで落っこちて・・
どうにもならないところ、ちょうどこれを書きかけていたところだったのでなんとなく狐のことを考えてた。
キツネが取り付いて笛を吹けるようにしてくんないかな・・
と思っていると少しずつ戻ってくる・・
ネタだと思ってんでしょ?
説明しずらいけど口の位置、こうと思ってたのとは全然違うそんなわけないというところが正解なのねこういうの。
よし、この形を覚えてこうと鏡を見ると
キツネの面みたいな口だった。
8954.jpg
北海道に行くとキタキツネがその辺にたくさんてよく見かける。
夜のに峠越えをしたときは道端にいっぱい出てきてこっちを見てた。
人に餌を一度もらうと自分で獲物を捕らえられなくなるらしく、情けないような顔で物乞いにくる狐に何頭も遭遇した。
そうかと思えば捕まえたネズミかなんかを咥えてうーうー言いながらわざわざ近寄りみせに来てくれた狐もいた。
みんな、頑張って生きてるのね。

みたこともないけど今このあたりに狐はいるのかな?
化かされるのは困るけど一度お会もいしてみたい。

Tag:プーランク  Trackback:0 comment:4 

Comment

kaz URL
#- 2020.05.29 Fri07:25
おはようございます。
田舎ではお狐様と呼ばれて稲荷神社に祀られて
畏れと愛着とを兼ね備えたいきものだったようです。
盛岡市内には今でも狐森という住所が残っていますが
むかしは狐がたくさん住んでいた処だったのかもしれません。
お隣の紫波町には犬吠森という住所があります。
この辺ではきっと夜な夜な狼の遠吠えが聞かれたのでしょう。
タイムマシンがあれば藩政時代のこれらの場所を訪れてみたいですね。
unagi URL|Re: タイトルなし
#- 2020.05.30 Sat10:17
kazさん、こんにちは
コメントいただけて嬉しいです。
お狐様という呼び名が、いろんなことを物語っていますよね。
神様のお使いだけど、愛嬌もあったのかなぁと。
畑を荒らしたりもしなかったのかな。
みんな大事にしたんでしょうね。
犬の方はなんだか少し怖いような気もします。
私も今、このあたりの150年くらい前を見てみたいなぁと思っています。

どうもありがとうございました。
ももPAPA URL
#Wgi4adpQ Edit  2020.05.30 Sat17:19
こんにちわ♪
狐って 狸とはちょっと違ったイメージがあって、狐の嫁入りとか何か神秘的なものも感じたりするんですが、実際は意外と小心で警戒心も強い普通の小動物のようですね。

新見南吉の "てぶくろを買いに" という短編の物語があって、小学校の3年生の国語の教材にもなっていましたが、母ぎつねが無邪気な子ぎつねのために、自分は警戒されるので子ぎつねに、夕刻町までてぶくろを買いに行かせるんですが・・

人間は狐にとっていいものなんだろうか というテーマが物語の芯を貫いていて・・非常に優れた教材で この教材を使った研究授業も何度かさせてもらったり また授業も見せて頂きました。
 


unagi URL|Re: タイトルなし
#- 2020.05.31 Sun18:34
ももPAPAさん、こんにちは
きつね、神秘的なイメージがありますよね。
神様と結びついたり。
北海道ではたくさん見かけますが
このあたりにもいたかもしれない狐をほとんど見なくなっちゃったのはなぜなのかなと思いますね。
優しすぎたんでしょうか。
神様もいなくなっちゃいそうで寂しいですね。

どうもありがとうございました。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

unagi

Author:unagi
結構さみしいけど結構楽しいよ。
クラシック音楽が好きです。

カウンター
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ


PVアクセスランキング にほんブログ村